肌断食は洗顔方法が重要ポイント。正しい方法で肌の機能を取り戻そう

肌断食の基本は洗顔!正しい方法を知りたい

いざ、肌断食を行うとなると洗顔は重要なポイントとなってきます。肌断食は保湿もメイクもしない状態を続けるものなので、大事な肌を守るためにも洗顔を正しくおこなう必要があります。出来るかぎり肌への負担の軽減をしながら、不要なものを落としてあげるという意識も重要な部分になります。肌にとって洗顔という洗浄は必要不可欠なスキンケアなので、酸化してしまった皮脂などを肌に残したままにしてしまうと肌トラブルを引き起こします。綺麗な肌にするための大切な部分なので今回は私、水野と一緒に肌断食中の正しい洗顔方法を確認していきましょう。

肌断食中の洗顔方法の基本

洗顔しないのではなく洗顔料なしの洗顔をする

肌断食中は洗顔も行わないというわけではなく、洗顔は断食に合った方法で行われます。肌断食中の洗顔方法の基本は水洗顔のみです。原則としてクレンジングも洗顔料も使わないという方法です。水だけで汚れが落ちるか不安になる人も多いと思いますが、本来人間の不要な角質や皮脂は水溶性なので水だけで落とせるようになっています。肌断食中にはメイクなども行っていないので、水溶性の汚れだけとなり水だけで十分に綺麗にすることが出来ます。肌によって不要な汚れは水洗顔のみで落ちるので基本の形となっているのですね。

ぬるま湯を使う

水洗顔の水はぬるま湯を使いましょう。体温より高い温度の水を使ってしまうと、肌本来の潤う力を奪ってしまうので乾燥を招いてしまいます。また、肌表面についた温度の高い水は蒸発が早く、肌表面の水分と一緒に乾燥していきます。水洗顔でもっともおすすめな温度は33℃以下です。洗う際には両手にためて、何度も顔を浸すように両手を動かしながら洗っていきます。肌本来の機能を取り戻すためにもゆっくりと優しく洗ってあげましょう。

回数の基本は朝・夜2回

基本的に洗顔は、朝・夜の2回で問題ありません。これ以上行ってしまうと必要な皮脂を落としてしまいますし、少なくすると落とさなければいけない汚れが残ってしまいます。汗を沢山かいた、皮脂が多くて顔のテカリがひどい時には回数を増やしても問題ありません。自分の肌質に合わせて回数を調節してみてください。注意点としてはぬるっとする程の皮脂が出ている場合です。脂漏性皮膚炎、不全角化などの肌トラブルの原因となるので洗い方を変える必要があります。この場合には回数を増やすか、皮脂をしっかりと落とせるようにその日だけは洗顔料を使うという工夫をしてみてください。肌トラブルが起きている場合には出来るだけ皮膚科へ受診しましょう。

ごしごしは絶対NG

肌トラブルの原因となるのがごしごしと洗う方法です。日本人の女性はその美意識の高さが関係しているようで、洗いすぎ・つけすぎ・こすりすぎといわれています。メイクを落とすためのごしごし、クレンジングでマッサージ、タオルでごしごしなど普段の生活にはごしごしが多くあります。水洗顔も同じでごしごししてしまうと肌トラブルに繋がってしまいます。

具体的な洗い方の色々

宇津木式と呼ばれる水洗顔の方法は、洗面器にお湯をはり、その中に顔をいれて左右にふります。手を使わないのでこする心配もない有名な方法です。ほかにもシャワーで水洗顔を行う方法があります。低水圧のシャワーを使って顔にあてていきます。シャワーを低水圧のものにすることで心地よい水圧が生み出されて、リラックス効果と顔マッサージ効果が期待できます。最後に普通に手で水洗顔を行う方法の場合は顔を強くこすらないように気を付けましょう。水洗顔になれない間にはちょうど良い力加減をしっかりと見極めていくのが大切です。

肌断食中の洗顔は臨機応変に

皮脂がたくさん残っているとトラブルの元になる

皮脂は普段は肌を守るバリア機能として分泌されています。しかし、この皮脂の分泌量が多くなりたくさん肌に残っている状態になってしまうと様々な肌トラブルの原因となってしまいます。過剰皮脂は必然的に酸化する皮脂も増えてしまいます。酸化してしまった皮脂は不全角化脂漏性皮膚炎を招く原因にもなってしまうのでしっかりと対処しておくようにしましょう。また、皮脂は毛穴につまって酸化してしまうと炎症を引き起こし、場合によってはニキビを引き起こしてしまう事もあります。皮脂がたくさん残っている状態は肌断食では引き起こされやすいのでリスクをしってしっかりと丁度よい状態を保てるようにしたい所です。

皮脂が多い場合は洗顔石鹸を使う

肌断食を行っているからと言っても必ず洗顔料を使ってはいけないというわけではなりません。肌断食中に使っても良い洗顔料として純石鹸があります。毎日石鹸で洗顔するのではなく、水洗顔では落ちないような皮脂が多い日やメイクをした日の夜のみ使うという臨機応変さが必要となってきます。肌トラブルを引き起こしてしまう前に臨機応変に石鹸洗顔なのか水洗顔なのかを決めて毎日継続していきましょう。本来であれば水だけで落ちる汚れのみが肌についていますが、落ちない場合には純石鹸を使ってお肌をこすらないようにし、優しく泡で洗ってみましょう。

何故純石鹸なのかというと、様々なうるおい成分が配合されているもの、トラブルに対応したものは洗顔料と入っているものが似ており肌断食の意味がなくなってしまいます。界面活性剤を配合した石鹸も少なくないのです。純石鹸の成分は洗浄力が人の皮膚に対して無理のないだけではなく、肌の上に残った石鹸成分は常在菌のご飯となり健やかな肌を作るのに役立ちます。

牛乳石鹸は使える?

カウブランドで販売されている一般的な牛乳石鹸の場合は、含まれている天然の油によって肌の汚れを乳化させて綺麗に落とします。場合によっては少し洗浄力が強すぎてしまうだけではなく、つっぱりなどが起きてしまうので合うか合わないかは個人差が出てきます。実際に使ってみて判断してみるのも良いですが、同じカウブランドの無添加純石鹸があるのでそちらの方が肌断食には向いています。カウブランドの無添加純石鹸は皮膚科の先生もおすすめしているもので、通常のカウブランドの牛乳石鹸である赤箱や青箱とは違うので注意しておきましょう。石鹸洗顔をする場合には純石鹸がちょうど良いのでこのような無添加や防腐剤、品質安定剤の入っていないものを選ぶと良いですね。

皮脂詰まりには手ぬぐい洗顔

もし、皮脂が多くて皮脂詰まりが心配な場合には手ぬぐいを使った手ぬぐい洗顔がおすすめ出来ます。手ぬぐいを使って洗顔することでキメの細かい肌になり、毛穴も目立たなくなる特徴があります。皮脂詰まりの引き起こされやすいたるみ毛穴を作らないために手ぬぐいが効果的なのは、不要な角質と毛穴のまわりの皮脂汚れを取り除けるからです。手ぬぐいの線維と石鹸の力で簡単に優しく落とす事が出来ます。石鹸を使うので出来れば純石鹸を用意しましょう。

実際の手ぬぐい洗顔の方法

  1. マスカラや口紅などがついている場合には専用のクレンジングで先に落としておきます。
  2. ぬるま湯で顔を濡らしましょう。温度は約33℃前後が理想的です。
  3. 手ぬぐいを濡らして軽く絞り、手のひらサイズに折りたたみ、目元をゆっくり上から下に向かってぬぐいます。
  4. 手ぬぐいを軽く水洗いして汚れを落として、手ぬぐいで純石鹸を包むようにして持ってこすり付けます。石鹸を外して手ぬぐいで泡立てていきましょう。
  5. 手ぬぐいを親指以外の4本の手に巻きつけて額から顔周り、Tゾーン、顔の中心から外側の順番に円を描くようにして優しくなでていきましょう。
  6. ぬるつきや泡が残らないように丁寧にぬるま湯ですすいでください。
  7. 使った手ぬぐいを水洗いして絞り、優しく顔の水分をぬぐうと終了です。

肌を強くこするのは絶対にしないでください。手ぬぐいをあてた時に皮膚表面が動くならば力の入れすぎなので判断基準にしてみましょう。泡で洗う程度の感覚と、手ぬぐいと皮膚が触れるから触れないかぐらいの力強さを覚えていきましょうね。円を描くようにして行うのは力が入りにくいようにするためです。

肌断食の基本を再チェック

洗顔のみのスキンケア方法

肌断食の基本は洗顔のみとお伝えしましたね。洗顔の基本は肌を保護する皮脂を残しつつも、酸化してしまった皮脂やほこり、汗などの汚れを落とすことです。酸化した皮脂は水溶性のため、水で洗いながせるので基本は水洗顔のみのスキンケア方法となります。肌の上にのっている皮脂は35度程度で肌全体に広がっていく特徴があり、ぬるま湯でもある程度のケアは可能です。皮脂過剰でなければ洗浄剤は必要ないのですね。

洗顔料がNGな理由

洗顔料が必要な理由は水では落ちない汚れが肌に付着しているからです。肌断食の場合はそのような汚れは皮脂が過剰になるという状態以外は起きない前提で行われています。そもそも洗顔料は基礎化粧品の使用を前提としていることも多く、皮脂でのトラブルを避けるためにも使われているものです。しかし、水洗顔である程度カバーできるので洗顔料ほどの強力な洗浄力が必要ないと言えます。肌断食を行っている場合には洗顔料での洗顔は肌の必要な皮脂までも落としてしまう可能性があるのでNGとされています。肌バランスが整って来れば素肌に石鹸や洗顔料は必要なくなります。

メイクは基本なし、するならメイク落としが必要ないメイク

肌断食中のメイクは基本なしですが、毎日のお仕事などでメイクを全部やめてしまうのは難しい人も多いですよね。その場合にはメイク落としが必要ない程度の薄化粧のみ可能とされています。ファンデーションは粉上のもので、リキッドファンデやUV機能のついていないものを選びましょう。ワセリンやシンプルベールを下地に使ってから薄化粧するとその分の皮膚へのダメージが軽減できるので工夫してみてください。パフで擦るようにつけるのではなく、柔らかいブラシでつけた方が肌に負担がかからないので試してみてください。また、マスカラやコンシーラーといったオイルやクリームがないとメイク落としができないメイクはNGです。普通のアイシャドウ、頬紅は問題ありません。マスカラは強いクレンジング剤がないと落ちないのでアウト、ファンデーションはリキッドではないものUV機能がついていないものとしっかりと覚えておきましょう。

乾燥にはワセリン

肌断食の基本は何も塗らないことですが、ワセリンを使った保湿は問題ありません。ワセリンは鉱物油なので嫌われがちですが、注意点を守って正しく使えば酸化することもなく肌を保護してくれます。

ワセリン保湿の注意点

  • ごく少量にする
  • 乾燥していない部分には使わない
  • 改善したら減らす、やめる
  • 精製度の高いものを選ぶ
  • 無理やり流さない

 塗る量は顔全体で米粒半分程度を手に広げ、優しく肌を包むように塗りましょう。全体に必要なければ、手で伸ばして必要な部分に指でつけていきます。乾燥がひどい場合には2度繰り返して塗っていきましょう。回数は出来るだけ少ないのが理想ですが、肌の状態に合わせて朝、昼、夜とチェックしながら行ってみましょう。

肌断食の効果

肌断食で得られる効果は毎日の繰り返しで肌に与えていたダメージが無くなり、肌が回復していくことがあげられます。肌断食ではメイクやクレンジングを行わないので、その分だけ肌への刺激がなくなります。肌本来の力を回復させてあげる良い機会になるのですね。他の効果として基礎化粧品の使い過ぎなどで眠ってしまっていた肌の機能が回復するというものがあります。素肌が健康になると内部も外部も乾燥しなくなり、キメが整う、毛穴が目立たなくなる、色ムラがなくなる、テカリにくくなる、ごわつかなくなる、ニキビができにくくなる、敏感でなくなるなどの効果が期待できます。

乾燥やニキビが悪化する期間がある

肌断食をすると一時的に肌が乾燥に傾いたり、ニキビが沢山出来てしまうことがあります。美肌から遠ざかっているイメージが出てきますが、肌断食では今まで化粧品で保湿されていた肌が一気に乾燥してしまうので、一時的に毛穴が塞がりやすくなり更にニキビが出来やすくなってしまいます。一時的なものなので乾燥やニキビは肌断食を続けて肌のバリア機能を取り戻すと自分の力で治っていきます。

日焼け止めが使えない

肌断食はメイクやスキンケアを出来るだけ減らして負担を軽減します。紫外線などが気になってしまいますが、基本的に日焼け止めクリームを肌断食中に使うのはNGとなっています。日焼け止めが使えない理由は、肌のバリア機能を低下させてしまう界面活性剤が多くふくまれているためです。また、日焼け止めを使うとクレンジングの必要が出てきます。界面活性剤が含まれたアイテムを使ってオフすることになるので更に肌質を悪化させてしまいます。ノンケミカルと書かれていても、界面活性剤がはいっているので注意してください。

界面活性剤を含む日焼け止めを塗り続けるとメラニンの蓄積を抑えたり、遺伝子の傷を修復する本来の肌の力を弱くしてしまいます。日焼け止めで肌を保護している変わりに、肌自体の乾燥を促進して内部ではメラニンが増加してしまいます。日光から身を守っているのにもかかわらず、シミが増えてしまう、くすみがでてきてしまうという悪循環が出来上がってしまいます。シミが増えたから日焼け止めを塗っているのにシミがもっと増えたというのはこのような原理があるからです。

また、日焼け止めを使わないとなるとどうしても紫外線の対策ができないのでシミやくすみが出来てしまうことがあります。外出を避けるというのはとても難しいので出来る限りの対処を続けていかなければなりません。シミやくすみが出来てしまわないように対処するためにも、日焼け止めを使わないで出来る対策をしていきましょう。肌断食中に使える紫外線対策は以下のものがあります。

肌断食中に行える紫外線対策

  • 15分以下なら気にしないようにする
  • 肌に負担のかからないコスメで紫外線カット
  • ワセリンベースの日焼け止めを使う
  • 飲む日焼け止めで皮膚には負担をかけない
  • 長袖、日傘、帽子、サングラスを使う

これらの方法は使えるのでしっかりと覚えて実践してみましょう。肌断食によって肌の代謝が正常になればある程度の日差しでもシミやくすみは出来なくなっていきます。それが肌本来の力です。


 期間は”ずっと”

肌断食の実施期間はずっとです。肌断食を初めていくと途中肌荒れを引き起こしてしまう時期が来ます。この時期を乗り越えて肌が本来の力を取り戻した時にはもうスキンケアやコスメ用品から自立できているという事です。その状態を継続していくのが肌断食なので継続期間はずっとになるのですね。しかし、ずっと続けていられない人もいると思います。そんな時は肌プチ断食を行ってみましょう。

プチ肌断食の方法

  1. 夜、メイクを落とします。
  2. 一切のスキンケアアイテムを使用しない
  3. 翌朝ぬるま湯のみで丁寧に顔を洗う
  4. 通常のスキンケアを行う

丸一日使わないのが難しい人でも簡単に行える一晩断食です。1週間に1度程度行うのがベストとされています。このようなプチ断食を行う上では紫外線の影響を強く受けた日にはしない、プチ断食翌日には顔剃りをしないという注意点があります。これを守って行ってみてください。他の方法では、化粧が不要な時期を3日間作って行うというものです。肌断食の方法と同じですが、期間を短くして肌の休息期間を作るものなので初めての人はプチからスタートしても良いですね。

肌断食が合わない人へおすすめ保湿ケア4選

肌断食がすべての人に合うわけではありません。やり方によって合わない人も出てきますし、日ごろのメイクによっても違います。また、生活習慣などの行動パターンでも合わない、合うというのが出てきます。合わない人はいないとされている肌断食ですが、向き不向きがあるという事です。そこで肌断食が合わない人におすすめ出来る保湿ケアをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

セラミディアル

価格

セラミディアル モイスチャーラインお試しセット ¥2,400(税抜)

初回web限定価格 500円OFF ¥1,900(税抜)

特徴

肌が乾燥している原因はセラミド不足の可能性があります。その可能性を研究して補えるようにしたのがこのセラミディアルシリーズです。肌の専門家が考えたセラミド配合ケアによって優れた保湿力を実現しています。保湿成分を濃縮した洗顔によって、つっぱらないで肌を綺麗に出来ます。化粧水はタイトジャンクション形成で作ることで水分蒸発を防いでいきます。美容液にはヒト型セラミドを配合することでみずみずしい肌へ導いてくれます。インナードライ解消にも効果的ですね。最後に保湿クリームで肌のうるおいを逃さない、美容成分を浸透させやすくする事で保湿ケアが期待できます。インナードライの人や超乾燥肌の人におすすめの保湿ラインとして人気があります。

セラミディアルについてはコチラ

ラミューテ

価格

ラミューテ美肌セット 通常価格 ¥17,100(税抜)

定期半額お試しコース 50%OFF ¥8,550(税抜)

特徴

ラミューテは季節の変わり目や環境の変化で必ず肌が敏感になる、肌に合う化粧品が無くて悩んでいる、赤くなりやすい、化粧品がピリピリするといった敏感肌にぴったりの化粧品です。敏感肌の根本原因である女性ホルモンの乱れ、角質層の感想、バリア機能の低下の3大要素にトータルでアプローチしてくれるので独特な敏感肌の改善につながっていきます。この3つの原因にアプローチするだけではなく、改善へと向かうための力にもなってくれるので使う程に肌が強くなっていきます。敏感肌で悩んでいる多くの人から支持を集めているのがラミューテなのですね。

ラミューテについてはコチラ

みんなの肌潤

価格

単品定価価格 ¥8,896(税抜)

お試し定期コース 15%OFF ¥7,616(税抜)

年間購入コース 4分割払い 20%OFF 3セット1回で¥21,504(税抜)

特徴

がさがさ・ごわごわの原因は人それぞれですが、共通した特徴があることを研究によって見つけ実感できる答えを出したのがみんなの肌潤です。それが潤いが保持出来ない肌になっているという特徴です。砂糖から作られたトータルスキンケアのみんなの肌潤シリーズは潤いが保持出来ない肌をトータルでサポートし、がさがさ・ごわごわを改善していきます。砂糖がもつ浸透力と吸水・保湿力が潤いを溜めることができる肌に導いてくれるのが特徴的です。バリア機能をサポートするので乾燥から肌を守って健康的な肌へ向かう期待が出来ます。簡単なステップで潤い特化型のケアが受けられるとして人気のアイテムです。

みんなの肌潤についてはコチラ

ビタブリッドCスキン

価格

美容パウダー・ボディ用 通常価格 ¥6,900(税抜)

定期お届けコースの場合は20%OFF

特徴

全身ビタミンC12時間パックの健康処方にプラスアルファして作られたのがビタブリッドCスキンです。肌鎮静効果や再生効果、肌バリア強化で肌を保護してくれるので乾燥肌やがさがさ肌に効果が期待できます。ビタミンCは食事から取るだけでは十分ではないという独自の視点からビタミンCを有効的に届けるシステムを作り上げています。肌の状態が気になるすべての人におすすめしたいのがビタブリッドCスキンですね。独自のハイブリッド構造によって多くの効果が期待できます。

ビタブリッドCスキンについてはコチラ

水洗顔のみが難しいなら、徐々に化粧品を減らす方法も

肌断食によって化粧品を全ていきなりなくしてしまうのには抵抗があるかもしれません。もしかしたら合わないという事もあるのでご紹介したアイテムを使ってみるのも良いかもしれませんね。肌断食では一気に色々な化粧品をやめてしまうので、過ごしにくいかもしれません。そんな場合には化粧品を徐々に減らして肌をゆっくりと強化していくという発想も必要です。是非自分に合った方法で綺麗な肌に近づいていってみてくださいね。