オイリー肌の原因とは?乾燥やホルモンでベタつき増長の理由に迫る!

大人な女性のオイリー肌、原因は何?

「すぐに肌がベタついてファンデーションが浮いてしまう」「ニキビができやすい」など、オイリー肌の方にはトラブルがつきものですよね。オイリー肌の特徴として、皮脂の分泌が多い肌だということは多くの方がご存知でしょう。しかし、肌表面同様、オイリー肌の方は肌の中も水分や脂で満ちていると思っていませんか?実は、肌表面が皮脂でテカリやすいオイリー肌でも肌内部では乾燥が起こっている状態だということもあるため、単純にオイリー肌用のケアを行うだけでは症状が改善されないというケースも多いようです。肌表面が脂性肌、肌内部が乾燥肌というこのタイプの肌質は「インナードライ肌」と呼ばれていますが、近年ではなんと8割以上の女性がインナードライ肌ではないか?とも言われているようです。そこで今回は、知られざるオイリー肌やインナードライ肌の原因や改善方法、おすすめのスキンケアなどをたっぷりお伝えしていきます。

はるこ先生
人の肌質は、普通肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌のおもに4つに分かれているの。その中でも肌トラブルが多く、ベタつきテカりなどによって自覚しやすいのがオイリー肌だと言われているわ。でも、さらにインナードライ肌は乾燥肌とオイリー肌の悪い特徴を同時に持っている肌なので、肌トラブルが起きやすいと悩んでいる方も多いのよね……。
アッキー
長年オイリー肌だと思っていても、実はインナードライ肌だった!ということもあるようですね。でも、オイリーと乾燥を同時にケアするなんて難しそうだなぁ。
はるこ先生
大丈夫!今回は徹底的にオイリー肌やインナードライ肌の改善ができるように、あらゆる角度からリサーチしてきたわ♪原因や自分の今の肌状態を知ることが改善への近道となるはず!ぜひチェックしてくださいね。

オイリー肌は2種類

「オイリー肌」と一言で言っても、脂性肌(オイリー肌)と脂性乾燥肌(インナードライ肌)の2つの種類に分かれています。まずは、それぞれの肌がどんな特徴を持っているのかチェックしてみましょう。

1. 脂性肌(オイリー肌)

脂性肌(オイリー肌)とは何らかの原因によって皮脂の分泌が通常よりも過剰になっている状態の肌質のことを言います。脂性肌の場合には、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まったり、皮膚呼吸が不安定になったり、雑菌が繁殖しやすい肌環境を作ってしまいやすく肌トラブルが発生しやすいというのも特徴のようです。

オイリー肌の特徴をチェック!

  • テカリやすい
  • ベタつきが気になる
  • ニキビができやすい
  • メイクが崩れやすい

 2. 脂性乾燥肌(インナードライ)

脂性乾燥肌(インナードライ)というのは、肌の表面では皮脂の分泌が過剰に行われているのにも関わらず肌の水分量が少なく、肌内部では乾燥が起こっている肌質だとされています。その名の通り、脂性肌と乾燥肌の特徴を併せ持っている肌質でしょう。ここで、それぞれの肌質の皮脂量と水分量についてまとめた表をご覧ください。

肌質皮脂量水分量
脂性肌多い多い
乾燥肌少ない少ない
インナードライ肌多い少ない

脂性乾燥肌は、肌表面がベタつくため脂性肌に間違われやすいようです。しかし、実際のところは肌の水分量が少ないため、肌が乾燥を防ごうと皮脂を過剰分泌している状態とも言えるでしょう。肌の乾燥は肌のターンオーバーの乱れを引き起こして、シワやシミをはじめとした様々な肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまうことが多いとされているため、適したケアが必要となります。

インナードライ肌の特徴をチェック!

  • キメが荒い
  • 毛穴が目立つ
  • 皮脂でベタつくのに肌がつっぱる
  • 部分的にカサつきがある
  • メイクのノリが悪い
  • 肌の状態が安定していない
  • シミやシワなどの肌トラブル、肌のハリ不足を感じる

オイリー肌になる4大原因!

そもそも、なぜオイリー肌になってしまうのでしょうか?そこで、考えられる4つの原因についてチェックしてみましょう。

1. 乾燥

脂性肌というと普段から肌がベタつく状態のために乾燥とは無縁のような気がしますが、実は乾燥が脂性肌の原因になっている場合もあるようです。通常であれば、肌は紫外線や外気温など様々な外的刺激から身体を守るために、自ら水分と脂分を出して調子を整える肌のバリア機能を持っているとされています。しかし、肌に合わないスキンケアなどで肌に必要な脂分や常在菌などが取り除かれてしまうと肌は乾燥を起こして水分を保つことができなくなるため、肌本来のバリア機能が低下してしまいます。このことによって、身体は肌のバリア機能を修復しようと水分ではなく皮脂を過剰に分泌してしまい、オイリー肌になってしまうと言われているようです。

2. 間違ったスキンケア

まずは、こちらのチェック表をご覧ください。

まずはチェック!こんなスキンケアしていませんか?

  • 1日に何度も洗顔を行っている
  • 洗浄力の高い洗顔料やスクラブ入りの洗顔料を使用している
  • しっかり皮脂を落とそうと、熱いお湯で洗顔している
  • 洗顔時にしっかり洗うために、ゴシゴシとこすっている
  • タオルで顔をゴシゴシと拭いている
  • 乳液やクリームは使わずに化粧水のみ使っている
  • 毛穴パックを行っている

いかがでしょうか?これらのスキンケア方法は、実は、全部間違ったスキンケア方法だと言われています。間違ったスキンケア肌の乾燥バリア機能の低下を引き起こして、オイリー肌を悪化させてしまう可能性があるため注意が必要でしょう。特にオイリー肌の方は、肌のベタつきを気にして皮脂を過剰に取り過ぎてしまう傾向にあるようですが、実はこのスキンケアもオイリー肌を増長させてしまう原因になるようです。皮脂には本来、外部からの刺激から肌を守る役割があるとされていますが、皮脂を取り過ぎてしまうことによって身体は肌を守ろうと、さらに皮脂を過剰に分泌してしまうと言われています。また、オイリー肌の方は肌が脂っぽい状態のため、化粧水のみでスキンケアを終えてしまい、保湿を十分に行えていないという方も多いようです。しかし、インナードライ肌のように、肌表面は潤っているように見えても肌内部は乾燥している状態のこともあるため、オイリー肌の改善のためには保湿ケアは必須とも言えるでしょう。

3. ホルモンバランス

男性ホルモンによる皮脂過剰

人間の身体には、男性ホルモン女性ホルモンの両方が存在していると言われています。女性は、この両方のホルモンを卵巣で作っているとされていますが、実は卵巣で作られるホルモンの量は、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が多く生産されているのをご存知の方は少ないでしょう。オイリー肌には、この男性ホルモンの存在が深く関わっているとされています。男性ホルモンの特徴の1つに、皮脂を分泌させるという働きがあるようです。この男性ホルモンが何らかの原因で過剰に働くことによって、皮脂の分泌が過剰に行われてオイリー肌を引き起こしてしまうと言われています。

男性ホルモンが過剰になる原因

男性ホルモンが過剰になる原因は1つではありませんが、大きな原因としてストレスが挙げられるでしょう。人はストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾールというホルモンを分泌するようになるようです。このコルチゾールは、心身にかかったストレスなどの負荷に対抗するためには重要な役割を持っていますが、血中にコルチゾールが増えてしまうと男性ホルモンを増加させてしまうとされています。すると、男性ホルモンの特徴である皮脂分泌の活性化によって、オイリー肌の状態に傾いてしまうと言われています。また、ストレスの他にも、睡眠不足、運動不足、偏った食事、不規則な生活なども男性ホルモンが過剰に生成される原因となるようです。

生理前に分泌される黄体ホルモン

普段は乾燥肌でも、生理前になるとニキビができたりオイリー肌に偏っていると感じたことがある方は多いのではないでしょうか?これは、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が盛んになることが原因だと言われています。女性の身体は排卵日を迎えると、エストロゲンという卵胞ホルモンよりも黄体ホルモンの分泌が盛んになるとされています。この黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きを持っていて皮脂の分泌を促すという働きがあるようです。すると、普段よりも肌がベタつきやすくなり、オイリー肌の状態になってしまうとされています。しかし、これは女性ゆえの自然な現象なので、ある程度の皮脂分泌というのは仕方がないことかもしれません。そのため、生理前には普段よりも生活習慣に気をつけて、皮脂の分泌を過剰にしてしまうその他の原因を予防することが大切でしょう。

4. 食事で油分の取りすぎ

食生活とオイリー肌には密接な関係があるようです。代表的な影響として、オイリー肌の特徴でもある皮脂の過剰分泌を起こしてしまう油分の摂り過ぎということが考えられるでしょう。例えば、ラードや肉類、バター、牛脂、ショートニングなどの飽和脂肪酸が多く含まれている食品には注意が必要だと言われています。飽和脂肪酸は融点が高いという特徴があるため、体内の不要な脂を体外に排泄する皮脂線を詰まらせて毛穴の詰まりなどの肌トラブルの原因になってしまうことがあるとされています。

また、油分だけではなく、血糖値を急に上げてしまう食事もオイリー肌の原因になると言われています。血糖値を急上昇させる食品は高GI食品とも呼ばれていますが、高GI食品は皮脂線を刺激して皮脂の分泌を盛んにさせるインスリンというホルモンを発生させるとされています。おもな食材として、砂糖、小麦粉、白米、パン、麺類、ジャガイモなどが挙げられるでしょう。皮脂分泌が過剰になることによってニキビなどの原因になることはもちろん、肥満など身体にとって悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意が必要です。

はるこ先生
上記で挙げた以外の考えられる原因としては、
遺伝的に皮脂線が大きい
加齢に伴って毛穴が開きがちになり、皮脂の分泌が盛んになる
などの原因も、オイリー肌を引き起こしてしまう場合があるんですよ〜!身体の内側、外側の両方に原因があるので、しっかりケアをしていくことが肝心ですね♪そこで、オイリー肌の改善方法について、次に詳しくお伝えしていきます!

顔のオイリー肌の5つの改善方法

オイリー肌の改善のためには、スキンケアなどの外側からのケアと同時に、規則正しい生活習慣などの肌の内側からのケアが必要となるとされています。しっかりケアに取り組むことによってだんだんとオイリー肌は改善されると言われていますので、これからお伝えする5つの改善方法をぜひ試してみてください。

1. 皮脂を取り過ぎないスキンケア

オイリー肌の方にとって、皮脂を取り過ぎないスキンケアを行うことは重要です。間違ったスキンケアによって肌が傷ついてしまうと、肌の内部の水分が蒸発しやすくなるため乾燥を起こしてしまいがちです。この乾燥を防ごうと皮脂が過剰分泌されることもあるため、オイリー肌の改善には水分量が保たれた健やかな肌状態を作ってあげるということが大切な課題になるでしょう。そこで、正しいスキンケアの方法をご紹介します。

クレンジングを選ぶポイント

オイリー肌の方はメイクをしてもだんだんと皮脂が分泌されて、夜を迎える頃には肌がベタベタの状態になっていることもあるでしょう。しかし、肌がベタベタの状態になるとホコリなどの汚れが付着しやすくなっているため、細菌が増殖しやすい肌環境になっています。肌トラブルの原因にもなってしまうため、できれば帰宅後にはすぐにメイクを落とすようにしましょう。クレンジング剤の選び方にも注意が必要です。オイリー肌の方はしっかりメイクを落とそうと、クレンジング力の高いオイルタイプを選びがちですが、オイルタイプはメイク汚れだけではなく皮脂までも落としてしまうため乾燥を引き起こす要因になりがちです。そのため、クリームタイプやミルクタイプの肌に負担がかかりにくいクレンジング剤をおすすめします。

洗顔料を選ぶポイント

洗顔料は添加物が少なく、比較的配合成分がシンプルな固形石鹸をおすすめします。また、皮脂や汚れがよく落ちると言われているスクラブ入りやパウダー系の洗顔料も、肌を傷つけてしまう恐れがあるため避けるようにしましょう。また、洗い上がりがスーッとするメンソール入りの洗顔料は使用感はさっぱりとして気持ちが良いかもしれませんが、肌内部の水分までも一緒に蒸発させてしまう可能性があるため、注意が必要です。しかし「肌に優しい」だけの洗顔料は、その分洗浄力が低いという場合もあります。皮脂や肌の汚れ、古い角質をしっかり落とすことができないと、時間の経過によって酸化してしまい肌トラブルや老化を進めてしまう原因にもなるため、しっかりと洗い上げることも肝心です。

正しい洗顔方法&注意点

ここで、正しい洗顔方法についておさらいしておきましょう。洗顔は毎日行う行程ですので、正しく行うことによって肌への負担を軽減させることができます。皮脂を取り過ぎない洗顔方法をお伝えしていきますので、ぜひポイントを押さえていきましょう。

①洗顔前には手を洗う

手には目には見えない雑菌がたくさん存在すると言われています。せっかく洗顔をするのに肌に雑菌がついてしまうと肌トラブルの原因になるため、必ず洗顔前には手を洗って清潔な状態にしてから始めましょう。

②ぬるま湯で顔を洗って顔を濡らしておく

顔を濡らさないでいきなり洗顔料をつけてしまうと、肌への負担になってしまう場合があります。また、熱すぎるお湯は皮脂を過剰に洗い流してしまうと言われています。そのため、32〜34度ほどのぬるま湯で顔を濡らして、毛穴を開かせておきましょう。

③洗顔料を泡立てる

洗顔料を適量取って、キメ細かい濃密な泡を作りましょう。手で泡立てづらい場合には、洗顔ネットを使用すると短時間で簡単に泡を作ることができます。

④鼻やおでこ(Tゾーン)→頬→目元→口元の順番で洗う

皮脂が多く出やすい部位から洗っていくことがポイントです。決してゴシゴシとこすらずに、泡を転がすようにして洗っていきましょう。毛穴の黒ずみが気になる鼻などは、指の腹を使って丁寧に洗い上げていきます。頬は、滑らかに力を入れずに洗うことが肝心です。目元、口元は皮膚が薄く乾燥しやすい部位のため、泡を乗せるだけでも十分だと言われています。

⑤しっかりすすぎを行う

32〜34度ほどのぬるま湯で、しっかりと洗い流していきます。この時にも肌をゴシゴシとこすったりせずに、ぬるま湯を顔につけていくような感覚ですすぐようにしましょう。フェイスラインや髪の生え際にはすすぎ残しが起こりやすいため、洗い終わったと感じてもしっかり洗顔料が落とせているか再確認するとより安心です。

⑥タオルで水分を取り除く

清潔なタオルを優しく顔に当てて、水分をタオルに吸収させていきます。

2. 保湿ケアも重要

オイリー肌の方は皮脂の量が多いため保湿は必要ないと思っている方がいるようですが、実はこれは間違いです。肌表面には皮脂がたっぷり分泌されていたとしても、肌内部水分が足りていないインナードライ肌の可能性もあるため、保湿ケアは重要だとされています。しかし、保湿ケアにあまりにしっとり感があるスキンケアを使用すると肌がベタつく原因となるため、さっぱりタイプでも潤いを保てるタイプの化粧水を利用するようにしましょう。また、肌を引き締める効果がある収れん化粧水や、整肌成分を含んだ化粧水などを使用するのもおすすめです。代表的な整肌成分には、ビタミンC誘導体レチノールトコフェロールフラーレなどがありますので、ぜひ参考にしてください。

保湿ケアを行う上で注意が必要なのは、顔の部位によっても肌の状態が違うため、それぞれの部位に適した保湿を行ってあげることです。特に目元や口元は皮膚が薄いうえに皮脂腺が少ないため、乾燥を起こしやすい部位です。丁寧に保湿をするようにしましょう。セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液などを使用して、潤いを補うことをおすすめします。しかし、ひどいオイリー肌でスキンケア後にすぐ皮脂の分泌によって顔のベタつきを感じるようであれば、皮脂の分泌が盛んな部位のみを洗顔しても良いようです。

3. 皮脂をコントロールする有効成分をチョイス

スキンケア商品やサプリメントを選ぶ際に、皮脂をコントロールする有効成分が配合されているものを選ぶというのもオイリー肌の改善には有効でしょう。一般的に効果があると言われている有効成分は、ビタミンCイソフラボンの2つが挙げられます。ビタミンCが美肌作りに効果があるというのはよく知られていますが、皮脂の分泌を抑えてくれる効果があると言われているため、ニキビの改善予防にも有効な成分でしょう。できてしまったニキビ跡の改善にも期待ができるため、身体の内側からはサプリ食事などで、身体の外側からはスキンケアアイテムビタミンC誘導体が含まれている商品を選んでみても良いかもしれません。また、イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促してくれる効果があるとされていて、皮脂の分泌を正常に整えてくれると言われています。また、イソフラボンには美白効果もあるようです。ビタミンC同様、身体の外側内側の両方から取り入れるようにしましょう。

4. 食事内容の見直し

皮脂の分泌量は、食事の内容を見直すことによってもコントロールできると言われています。特に、脂っこいもの甘いもの刺激物などの食事は皮脂の分泌を盛んにすると言われているため、できるだけ控えるようにしましょう。植物性の油はなるべく避けて、野菜を積極的に毎日摂ることが大切です。そこで、皮脂のコントロールのためには欠かせない栄養素をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

【オイリー肌を改善する栄養素】

栄養素働き食材
ビタミン C代謝を高める、美肌効果赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、ブロッコリー、ゴーヤ、アセロラ、キウイ、イチゴなど
ビタミンB2脂肪の代謝を高める、皮脂の分泌を抑えるアーモンド、卵、乳製品、納豆、レバー、海苔など
食物繊維脂肪や糖分を体外に排出する玄米、ひじき、わかめ、大豆、さつまいも、里芋、こんにゃく、干し柿、キウイ、リンゴなど
不飽和脂肪酸(DHA、EPAなど)脂肪の代謝を促進する、中性脂肪やコレステロール値を下げるサバ、サンマ、イワシなどの青魚など

5. 日常生活の見直し

オイリー肌の原因の1つにはホルモンバランスの乱れが挙げられますが、ホルモンバランスは睡眠不足や偏った食生活など、不規則不摂生な生活習慣によっても乱れてしまうことがあるようです。そのため、オイリー肌でお悩みの方はこの機会に日常生活の見直しを計ってみてはいかがでしょうか?早寝早起きはもちろん、質の良い睡眠栄養バランスの取れた食事適度な運動など気をつけることはたくさんありますが、規則正しい生活を心がけることによってオイリー肌は徐々に改善されていくでしょう。特に大切なのは、質の良い十分な睡眠時間の確保です。人間は寝ている間に女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が盛んになるとされているため、きちんと睡眠を取ることによって肌のターンオーバーが正常化されて肌トラブルの解消にもつながると言われています。このホルモンの分泌は肌のゴールデンタイムと言われる夜22〜2時の間がもっとも盛んになるとされているため、ぜひ意識して睡眠をとるようにしましょう。

オイリー肌のメイク方法

オイリー肌の方は皮脂が多い傾向にあるため、ばっちりメイクを行っても時間が経つとだんだんとファンデーションが浮いてきたり、アイメイクが流れてしまったりと悩んでしまう方が多いようです。しかし、オイリー肌の方でも崩れにくいメイクのコツを知っていれば、きっと今よりもメイクの持ちが良くなるはずです。そこで、メイクアイテムの選び方や、メイクのコツをお伝えしていきます。

ファンデーションの選び方

ファンデーションにはパウダータイプやリキッドタイプ、クリームタイプなど、様々なタイプのものが販売されています。その中でもオイリー肌の方におすすめなのは、パウダーファンデーションミネラルファンデーションです。パウダーが入っているファンデーションは、余分な脂分を吸収してメイクを長持ちさせてくれると言われています。逆に避けた方が良いのは、クリームタイプやリキッドタイプ、スティックタイプのファンデーションです。これらのファンデーションには油分が多く配合されているため、皮脂と混ざってファンデーションを浮かせてしまう原因となるようです。しかし、中にはリキッドタイプでも皮脂のコントロールをしてくれるタイプのファンデーションも販売されているようです。もしも、リキッドタイプが好みだという方はブランドの製品紹介を参考にして、皮脂を調整してくれるタイプのファンデーションを選ぶようにすると良いでしょう。

ベースメイクのコツ

メイクが崩れないためには、ベースメイクをしっかり仕上げることが大切です。そこで、ベースメイクのコツについてもチェックしてみましょう。それぞれのメイクアイテムごとにご紹介します。

化粧下地の選び方&メイクのポイント

化粧下地肌の表面をムラなく整えてくれる効果があるため、ファンデーションを綺麗に仕上げたり、オイリー肌の悩みの1つになりやすい毛穴をカバーする点でも必要です。そこで、オイリー肌の方に適している化粧下地の選び方やメイクのポイントをお伝えします。

【化粧下地を選ぶポイント】

  • 油分が少ないオイルフリー
  • UVカット加工がされている
  • ノンコメドジェニック

【メイクのポイント】

洗顔後に化粧水で肌を潤して、毛穴を引き締めてから化粧下地を塗っていきましょう。この時、化粧水がしっかり乾いてから下地を塗ることが肝心です。塗りすぎてしまうとメイク崩れの原因になるため、少量ずつ伸ばしていきましょう。もしも、化粧水などのスキンケアのベタつきやテカりが気になるようであれば、ティッシュで優しく余分な脂を取り除いてからメイクを始めると、メイク崩れを防ぐことができるようです。

コンシーラーの選び方&メイクのポイント

コンシーラーはシミやニキビ跡などの肌の悩みをしっかりカバーしてくれます。しかし、油分が多く配合されているタイプが多いためニキビなどがある場合には悪化してしまったり、メイク崩れを引き起こしてしまう場合もあるようですので、コンシーラーの選び方やメイクのポイントも押さえていきましょう。

【コンシーラーを選ぶポイント】

  • パウダータイプがおすすめ
  • ニキビやニキビ跡を隠す目的であれば、イエロー系やベージュ系にする

【メイクのポイント】

パウダータイプのコンシーラであればファンデーションの後に、クリームタイプの場合にはファンデーションの前にコンシーラーを使用します。広く伸ばしてしまうと、メイク崩れを引き起こしてしまったり、うまく肌の悩みをカバーできない場合もあるため、隠したい部位にピンポイントで乗せて、ポンポンと肌に馴染ませていきましょう。

オイリー肌のメイク直しの方法

どんなにベースメイクを丁寧に行っても、特に夏場などにはメイク崩れが起きてしまう場合もあるでしょう。そんな場合に焦らず、速やかにメイク直しを行う方法についてもお伝えします。

ティッシュオフでテカリをなくす

あぶらとり紙は、皮脂を取り除いてくれるためオイリー肌の方には必須のアイテムかもしれません。しかし、実はあぶらとり紙は皮脂と一緒に肌の水分までも取り除いてしまうため、乾燥を引き起こして余計に皮脂分泌を過剰にしてしまうこともあるようです。そこでおすすめなのがティッシュオフです。軽くティッシュをテカリが気になる部分に当てて抑えるだけで、余分な皮脂を取り除けます。ただし、こすってしまうと肌にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

パウダーファンデーション or パウダーで直す

余分な脂をティッシュオフしたら、パウダーファンデーションかパウダーを使用してベースメイクを直しましょう。この時、スポンジを利用するとヨレの原因となるため、ブラシを使用することをおすすめします。ブラシは同じ方向に動かすのではなく、四方八方から動かしたり、くるくると回すようにすると筆の跡がつかずにベースメイクを直すことができます。

保湿効果のあるスプレーやミストも効果的

皮脂の分泌が特に盛んになる夏などには、ティッシュオフした後に保湿効果のあるスプレーやミストを顔に吹きかけるのも効果的です。このように化粧水を顔に吹きかけることによって、気化熱によって肌の温度を下げることができるのと同時に、肌に水分を与えることができるようです。スプレーをした後には、軽くティッシュで抑えてファンデーション or パウダーを乗せていきましょう。

はるこ先生
オイリー肌の方は、皮脂の分泌によってどうしてもメイクが崩れてしまいがち!でも、メイクを直すポイントさえ知っていれば安心でしょう♪
ちなみに、メイク崩れを防ごうと、アイメイクにウォータープルーフのメイクアイテムを使用している方もいると思いますが、実はウォータープルーフは水には強くても油には弱い場合があるから、オイリー肌には向かない可能性もあるんです!そのため、皮脂に強いお湯でオフできるフィルムタイプのメイクアイテムがおすすめですよ♪

オイリー肌とはどんな状態?

一般的に肌トラブルが多いとされるオイリー肌ですが、実際オイリー肌とはどんな状態の肌質なのでしょうか?オイリー肌の特徴とともに、起こりやすい肌トラブルについても知っておきましょう。

肌を守るはずの皮脂が多い

肌には皮脂や汗が混ざり合って皮脂膜を肌表面に張ることによって、紫外線やホコリなどの外部の刺激から肌を守ったり、角質が剥がれ落ちることを防ぐ機能が備わっているとされています。そのため、適度な皮脂の分泌は人間の肌にとってなくてはならないものだと言えるでしょう。しかし、オイリー肌の方の場合には、皮脂が適度ではなく過剰に分泌されている状態です。過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まってしまったり、酸化したりすることによって、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうと言われています。

オイリー肌が原因の肌トラブル

オイリー肌の方は皮脂が過剰に分泌されているため、様々な肌トラブルを引き起こしがちです。そこで、おもな肌トラブルについて見ていきましょう。

毛穴のトラブル

オイリー肌の方は皮脂が過剰分泌されて毛穴をふさいでしまうことで、毛穴トラブルが発生しやすい肌質だとされています。よく知られている毛穴トラブルとしては「いちご鼻」があります。いちご鼻は、鼻の頭の毛穴が黒ずんでいちごのブツブツのように見えてしまい、メイクをしてもなかなか隠せないため悩みの1つになりやすいようです。鼻の頭など皮脂の分泌が盛んなTゾーンは、オイリー肌の方ではなくても皮脂が溜まりやすい場所ですが、鼻の毛穴に溜まった皮脂は酸化してしまうことで黒ずみとなってしまいます。ピーリングや洗顔などで毛穴を綺麗にしたとしても、皮脂によって広がった毛穴はまた皮脂を溜めてしまうため、時間が経つと黒ずみを作るという悪循環に陥ってしまうようです。

ニキビ

ニキビは、アクネ菌という細菌が異常繁殖することによって炎症を起こしてしまうという状態です。アクネ菌はどんな肌質の方にも存在していますが、オイリー肌は過剰に分泌される皮脂が毛穴に詰まってしまいやすいためアクネ菌が繁殖しやすい環境になりやすく、ニキビができやすいと言われています。思春期の頃のニキビは、おもに成長期のホルモンバランスの乱れによって起こるため、時間が経つと自然に落ち着いてくるのが特徴です。しかし、大人になってからのニキビはホルモンバランスの乱れ以外にも原因が様々なので繰り返して起こりやすく、オイリー肌の方の悩みの1つになりがちです。また、思春期の頃のニキビがおでこや鼻周りのTゾーンにできやすいのに対して、大人ニキビは顎やフェイスラインなどの口周りにできやすいという特徴があるようです。

くすみ

オイリー肌の方は、皮脂が過剰分泌されるため顔のくすみを引き起こしやすいようです。毛穴に詰まった皮脂は、過酸化脂質になることによって肌にダメージを与えてくすみだけではなくシミやシワなどの肌の老化を進めてしまうと言われています。特に、メイクをしている場合には夕方以降にくすみを感じるという方が多いようですが、これは皮脂にファンデーションなどの化粧品の油分が加わり、酸化して黒ずんでくることによってもくすみが発生してしまうとされています。そのため、正しくクレンジングをしてメイクをしっかり落とすということも大切でしょう。

アッキー
オイリー肌は様々な肌トラブルが発生しやすいと言われていますが、大人になってからの肌トラブルは繰り返して起こりやすいという特徴があるため、早めに対策を練ることが肝心ですね!オイリー肌が本格的な肌トラブルに発展してしまうのを防ぐためには生活習慣を整えるということも大切ですが、なんといっても正しいスキンケアを行うことが改善への近道です!
そこで次に、リサーチしてきたおすすめのオイリー肌を改善するスキンケア商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

おすすめ7つのスキンケアでオイリー肌対策!

「オイリー肌は体質」だと諦めていた方も多いでしょう。しかし、オイリー肌は普段のスキンケアによってだんだんと改善させていくことも可能だとされています。そこで、オイリーの肌の悩みを改善してくれるスキンケア商品をリサーチしてきました!商品ごとに特徴はもちろん違いますが、共通点は保湿を行いながら肌の悩みを改善させることに効果が期待できる商品ばかりです。オイリー肌に多く見られるニキビや毛穴の悩みを解消してくれるアイテムも揃っていますので、お気に入りのスキンケアが見つかるかもしれません!

1. ビーグレン:クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは、天然クレイであるモンモリロナイトを使用した泡立たない洗顔料です。肌の汚れや角質、余分な皮脂のみを引き寄せる吸着洗顔でしっかりと肌を洗い上げるため、肌にとって必要な皮脂や潤いはしっかり守ってくれるようです。また、使い続けることによって肌が本来持っている水分と油分のバランスを整えてくれる効果があるため、滑らかな美肌に導いてくれる効果が期待できるでしょう。クレイウォッシュには、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムの他にも4つの美容成分が配合されていて、大人ニキビや乾燥肌、テカりなどの肌の悩みにアプローチしてくれます。ちなみにビーグレンの公式サイトでは、肌の悩み別のトライアルセット¥1,800で購入できます。365日間の返金保証もついているため、気軽に試せるのも嬉しいですね。

注目成分モンモリロナイト、グリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カミツレエキス、ヒアルロン酸
商品カテゴリ洗顔料
容量150g
価格¥3,800
  •  
  • 価値のある買い物でした!
    21歳
    ニキビができなくなり、毛穴が目立たなくなりました。肌がきれい!と褒められることも多くなり、化粧ノリが良くなりました。ファンデーションがスーッと伸びて気持ちいいです。洗いあがりの触ったときのつるつる感がずっと続きます。肌がワントーン明るくなったような感じもあります。高かったけどとても価値のある買い物でした。

    @cosme

  •  
  • 5年以上使っています!
    32歳
    5年以上使っていますが初めてのクレイ洗顔がこれでした。泡立ちがなく使用感はさっぱりして使い始めは洗顔できてるのか不安になるくらいでしたが、年齢とともにお肌を保護してくれている感じが分かってきました。私の場合は使用後も乾燥が気になることはありません。 ピーリングではなくお肌にやさしく毛穴をケアしてくれるところが魅力です。洗顔力の強い商品を使っていた頃は物足りなさを感じていましたが、これだけでもちゃんと毛穴が目立たなくなっています。

    @cosme

ビーグレンのクレイウォッシュは、ニキビや毛穴のトラブルが減った!という声が目立っていました。近年では泡洗顔がすっかり主流となっていますが、泡立たない吸着洗顔のすっきりとした使用感にはまっている方も多いようです。潤いを残してしっかり洗い上げてくれるため、インナードライ肌の方にもおすすめです。 

ビーグレン:クレイウォッシュ ¥3,800

2. Non A.(ノンエー)

Non.Aの洗顔石鹸は、ニキビ肌に悩む方におすすめの専用石鹸です。従来の約4倍もの弾力のある泡で、しっかりと皮脂汚れや古い角質を洗い上げてくれる効果が期待できるでしょう。この泡を作り出すためにNon.Aは「カリ含有石ケン素地」を開発したそうです。また、この洗顔石鹸にはローヤルゼリーヒアルロン酸リピジュアという天然の潤い成分がたっぷり配合されているため、肌の潤いは保ったまま洗顔することができるため、オイリー肌、インナードライ肌の方はぜひ試していただきたい洗顔石鹸です。Non.Aの洗顔石鹸は、単品価格¥2,9403個セット¥7,980と、セットの方がお得な値段になっています。初回限定で全額返金保証キャンペーンが実施されているので、継続して使用したい方にはセットでの購入をおすすめします。ちなみに、初回限定の特典には泡立てネットNon.Aのローションジェルがプレゼントでついてくるそうですので、ぜひ併せて効果を試してみるのも良いかもしれません。

注目成分ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュア
商品カテゴリ洗顔石鹸
容量100g
価格単品価格¥2,940、3個セット¥7,980
  •  
  • 1回使用しただけで、顔が明るくなった!
    34歳
    もともとニキビが大変できやすい肌です。大人になってからはとにかく顎顎顎・・・(中略)皮膚科の薬も慣れると効かなくなる時期もあったりするので、何か他に対策がないかと、たまたまネットでみつけたこちらを、試しに使ってみました。 泡立ちがとてもいいです!洗い上がりもさっぱり 1回使用しただけで、顔が明るくなったのを感じて驚きました。 1週間使用し、その期間新しい顎ニキビもできにくく、治ってはでき治ってはできで、同じようにたくさんあったニキビ跡も、薄くなってきています。

    @cosme

  •  
  • 洗顔が楽しみになりました。
    22歳
    にきび、ニキビ跡に悩んで、いろんな化粧品を試しましたが、一番効き目がありました!!使い始めて4日ですが、ニキビもなくなり始めて、跡も薄くなった気がします。細かい泡がすぐでき、洗顔後はすっきりです。洗顔が楽しみになりました。 こんなに効果があらわれたのは、初めてなので、本当驚いています。リピしたいと思います!!

    @cosme

Non.Aの洗顔石鹸は、ニキビができにくくなったというだけではなくニキビ跡の改善にも効果が見られた!という声が見られました。美白成分は配合されていないようですが、しっかり泡洗顔で汚れを落とすことができるため、くすみなどの肌の悩みができるのかもしれませんね。ダブル洗顔をすることで通常のメイクは落とせるそうですので、クレンジングの手間が省けるのもメリットです。

Non A. 単品価格¥2,940、3個セット¥7,980

3. プロアクティブ+

プロアクティブはテレビCMやメディアでも話題のブランドなので、ご存知の方も多いでしょう。プロアクティブは処方を一から見直して、「プロアクティブ+」というおもにニキビケアに特化したスキンケア商品を開発したそうです。有効成分であるサリチル酸がニキビを予防するだけではなく、乾燥などの肌の悩み対策として天然由来の植物成分も配合されているようです。そのため、乾燥肌や敏感肌の方など、どんな肌タイプの方でも使用できる処方になっています。ここでご紹介する「3ステップセット」はニキビができにくい肌質に改善することはもちろん、3ステップ目の薬用クリームには美白成分も配合されているため、透明感のあるクリアな肌を叶えてくれるとされています。初回限定で電動洗顔ブラシ&ボディブラシ or 電動洗顔ブラシ&ローラー付き美容液もプレゼントでついてくるため、要チェックです!

注目成分サリチル酸
セット内容薬用洗顔料、薬用美容液、薬用クリーム、(初回限定 電動洗顔ブラシ&ボディブラシ or 電動洗顔ブラシ&ローラー付き美容液)
容量薬用洗顔料:60g、薬用美容液:30g、薬用クリーム:30g
価格¥4,900
  •  
  • テカリが気にならないようになった♪
    32歳
    ニキビにずっと悩まされていましたが、こちらの商品を使用してニキビの発生を抑えることができました。私の場合は脂性肌で、顔のテカリも悩みだったのですが、テカリが気にならないくらい皮脂を抑えてくれるのが嬉しいです。ピリピリするような刺激もなく、とても使い心地が良いので、今後も使用したいと思います。

    @cosme

  •  
  • ニキビへの効果はバッチリ!
    20歳
    泡立てずに使う洗顔は初めてでしたが、意外とよかったです。スクラブがソフトスクラブなのでそこまで痛みもなく、洗い上がりがしっとりしていました。美容液やクリームもみずみずしくて肌馴染みがよかったです。プロアクティブを使い始めてニキビは一切できていないのでニキビへの効果はバッチリだと思います!朝と夜にたったの3ステップでケアができて効果もあり、どんな肌タイプの方にも使えるのでニキビに悩んでいる方にはとても良い商品だと思います。

    @cosme

プロアクティブというと、10代の頃にお世話になったという方が多いのではないでしょうか?しかし、新しいプロアクティブ+は、大人ニキビの改善にも効果が期待できるようです。また、オイリー肌特有のテカリが気にならなくなったという口コミもあったため、根本的な肌質改善をお考えの方にはおすすめのスキンケア商品です。プロアクティブは60日間返金保証がついているので、まずは気軽に試してみましょう。

プロアクティブ+ 3ステップセット ¥4,900

4. シーボディ

シーボディのVCシリーズは、毛穴とニキビをケアしてくれるスキンケア商品です。化粧水、クリーム、美容液全てにビタミンC誘導体が配合されているため、ニキビや肌トラブルが起きにくい肌質に改善する効果が期待できるようです。できてしまったニキビ、生理前ニキビ、ニキビ跡の全てにアプローチしてくれるビタミンC誘導体は、VC200というビタミンC誘導体で通常のビタミンCのなんと200倍もの効果があると言われています。また、大人ニキビの大きな原因である乾燥を防ぐための美容液成分もたっぷりと配合されているため、健やかなターンオーバーを促してくれるようです。VCスターターセットは1週間分のトライアルセットとなっていますが、きっとビタミンC誘導体の効果を実感することができるはずです。本商品を購入前に、ぜひライン使いでお試しください。

注目成分ビタミンC誘導体、プラセンタ、高機能ビタミンA・E誘導体
セット内容化粧水、クリーム、美容液
容量化粧水:150ml、クリーム:20g、美容液30ml
価格¥1,944
  •  
  • また買いたいです♪
    15歳
    また買いたいです♪ この1週間セットを使ってみて右のこめかみニキビ・フェイスラインのニキビ2つが薄くなっていくのを実感しました♪(中略) 私は脂性肌なのでクリームも付けていいのかなー?と思いましたが付けてもニキビが増えることなくしっかり保護をしてくれました♪ 久々にいい買い物したなぁ?と思いました♪ そしてニキビ跡ですが、右頬の上に集中していたニキビ跡が少しばかりか薄くなりました♪1週間でこんなに実感できて自分の肌に合った商品に出会えて本当に良かったです

    @cosme

  •  
  • 大きいサイズも買ってみたいと思います。
    23歳
    コレを使ってから、3~4日でボコボコしていて、赤みのあるニキビがスッと炎症が治まったんです。 新たにニキビも出来なくなりました。使用感は、かゆみもなく、しっとりして浸透もいいです。 (中略) まだ完全には治ってないのですが、こんなに効果が感じられたのは初めてなので、大きいサイズも買ってみたいと思います。 ニキビで悩んでる方、このスターターキットは安いので、すごくオススメです!!!☆☆一緒にニキビ肌から卒業しましょう(^^)♪

    @cosme

シーボディのVCスターターセットは、1週間という短い期間でもニキビの改善が見られた肌質が改善されたと感じている方の口コミが多く見られました。リピーターも多いようですので、その効果が期待できますね。オイリー肌の方はどうしても皮脂トラブルによるニキビが発生しやすいため、ぜひVCスターターセットを試してこの機会にしっかり改善していきましょう!

シーボディ VCスターターセット ¥1,944

5. TRANSDERMA

TRANSDERMAのTRANSDERMA Cは、肌に万能だと言われている高品質のビタミンCが配合されたスキンケア商品です。肌の角質層までビタミンCを浸透させることができるため、オイリー肌の方が気になる毛穴の引き締め、そして肌のキメを整えてくれる効果が期待できるでしょう。また、防腐剤をはじめ肌に不必要な成分は徹底的に排除して作られているため、肌の弱い方でも安心して使用することができます。トライアルセットは約3日分となっていますが、レギュラーサイズはなんと¥16,000という高価格なので、万が一肌に合わなかった場合には相当な痛手となってしまいます。そのため、しっかりトライアルセットを試してみて効果の有無を確かめてみることをおすすめします。

注目成分高品質ビタミンC
セット内容美容液、化粧水、洗顔石鹸
容量美容液:1.2ml、化粧水:10ml、洗顔石鹸:5g
価格¥1,500
  •  
  • 透明感が出ます。毛穴が小さくなります。
    40歳
    透明感が出ます。毛穴が小さくなります。 肌質に合ってるようで私にはとても良いです。 朝晩とワンプッシュずつ使うと乾燥して小皺が目立ってしまうので 夜のみAと一緒に使用しています。 今使っている基礎化粧品で効果を感じなくなったら トランスダーマを投入するのをお勧めします。(中略) 肌質は肌理が粗く脂性肌です。 毛穴とテカりに悩んでいましたが同じような肌質の人に特におすすめです!

    @cosme

  •  
  • 満点です!
    19歳
    私的に毛穴効果がきっちりでるから、満点です! 洗顔後すぐに使って1週間ほどで毛穴がきゅっと閉じました。過去のニキビによる毛穴がきゅっと閉じたんです、悩んできた私には感涙もの。指で引っ掻いちゃったりして、ニキビが潰れ、涙型に開いたような毛穴が重力に逆らうようにきゅっと閉じたのが非常に嬉しいです。 美白効果に関しては徐々に明るくなってきました。焼けていない胸元と顔の色が近くなってきていて今後に期待しています♪

    @cosme

オイリー肌の方は、毛穴の開きが気になるという悩みも多いようです。このTRANSDERMA Cは、その気になる毛穴の開きが改善された、即効性があったという嬉しい声が続々と届いていました。トライアルセットは3日分という短い期間ですが、もしかしたらこの期間で効果を実感できる可能性も大です!公式サイトでは「美肌女優の使用率NO.1!」と謳われていますが、ぜひこの機会にセレブなスキンケアを試してみませんか?

TRANSDERMA C  トライアルセット ¥1,500

6. ヴェルモア

ヴェルモアは、毛穴の開きニキビケアができる美白美容液です。古い角質をケアするフルーツ酸、毛穴の角質を美白する高濃度プラセンタ、保湿力の高い浸透性低分子コラーゲンの3つの処方で、乱れた角質を整えて、集中的に美白と保湿を叶えてくれるようです。また、グリチルリチン酸2Kがニキビの悪化や予防をして、オイリー肌の方のあらゆる悩みにアプローチしてくれます。オールインワンなので、洗顔後のお手入れが楽なのも嬉しいですね。ちなみにヴェルモアは毎月先着300名様限り40%OFF(¥4,980のキャンペーンを行っているようです。ぜひこの機会をお見逃しなく!

注目成分フルーツ酸、高濃度プラセンタ、浸透性低分子コラーゲン、グリチルリチン酸2K
商品カテゴリ美白美容液
容量30ml
価格通常価格 ¥8,300、定期コース¥4,980
  •  
  • 肌がやわらかくなめらかに♪
    35歳
    使用してみて一番感じたのは、肌がやわらかくなめらかになってくること。 角質が柔らかくなるから、確かに毛穴も目立たなくなってきたように感じました。

    @cosme

ヴェルモアは毛穴の悩みを解消してくれると話題の商品ですが、実際の口コミを見ても、肌が柔らかくなった毛穴のざらつきが目立たなくなったという声が多かったので、その効果に期待ができそうですね。60日間の返金保証が付いているため、まずは体験してみて効果を実感してみましょう!

ヴェルモア 通常価格 ¥8,300、定期コース¥4,980

7. ビタブリッドCスキン

ビタブリッドCスキンは、モンドセレクション2016で最高金賞を受賞している話題の美容パウダーです。肌に塗ると約12時間かけて継続的にビタミンCが肌の角質層まで浸透していくため、肌質を根本的に改善することができるようです。あらゆる肌状態の方、肌の悩みに対応することができるため、オイリー肌の方やインナードライ肌の方にももちろんおすすめすることができます。また、さらにマデカッソシドという肌鎮静&再生を促す成分や、肌バリアを高めてくれるセリンベタイン加水分解コラーゲンなど、保湿成分も配合されているため、その効果に期待が高まります。ビタブリッドCスキンは普段のスキンケア商品と併用することができるため、現在お使いのスキンケアにプラスしてみてはいかがですか?

注目成分ビタブリッドC、マデカッソシド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲン
商品カテゴリ美容パウダー
容量3g
価格通常価格¥6,900、定期コース¥5,520
  •  
  • こんなにツルツルの肌は初めてです♪
    27歳
    使い続けて1ヶ月経ちました。 肌のターンオーバーがとても正常になり、残っていたニキビが全部消え去って「私の肌ちゃんとターンオーバーできたんだ…!?」と驚きが隠せません……。 今までニキビができて治るまでの間に新たなニキビができ…という仁義なき戦いをしていたのでこんなにツルツルの肌は初めてです。

    @cosme

  •  
  • こんなに速攻性を感じたのは始めて!
    29歳
    色々ビタミンCのコスメを使用してきましたが、こんなに速攻性を感じたのは始めて! 10日程で、毛穴がきゅっとしているのを感じました。 いつものコスメに混ぜるだけなので、お気に入りをそのまま使えます。 プラスビタミンCの色んな効果を取り入れられる感じ。 くすみもオフされて、全体的にお肌が明るくなったように感じています。 コスパもいい感じ。 お肌状態が安定して、強くなったような気がしています。

    @cosme

ビタブリッドCスキンは、幅広い年齢層、あらゆる肌質、それぞれの肌悩みの方がそれぞれ効果を実感しているようでした。定期コースだと通常価格より20%OFFの¥5,520です。肌質を改善するためにはある程度の期間が必要だと言われていますが、この機会にじっくりと美肌作りに取り組んでみるのも良いかもしれません。

ビタブリッドCスキン 通常価格¥6,900、定期コース¥5,520

表面の皮脂に騙されず、正しいケアで水分量をUpさせよう!

オイリー肌は、他の肌質の方よりも肌トラブルが起こりやすかったり、メイクがすぐに崩れてしまったり……と悩んでしまう方も多いでしょう。しかし、オイリー肌は間違ったスキンケア不規則な生活習慣によって、過剰な皮脂分泌が起きている状態のため、これらの要因を取り除いていくことによって改善することも可能だと言われています。また、インナードライ肌は肌表面がオイリー肌のようにベタついて見えても、肌内部では乾燥が進んでいることもあるようです。肌表面の皮脂に騙されずにしっかりと正しい保湿ケアを行って、肌内部に水分を蓄えられるような健やかな肌を作っていくことが大切です。ぜひ、自分の肌質を理解して正しいケアを行い、肌トラブルとは無縁の美肌を叶えてくださいね。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事