シミやそばかすを消す方法!試してみたい対策7つとおすすめの化粧品

シミやそばかすのない肌になりたい

明るく透明感ある肌は年代問わず女子の憧れですよね。そんなお肌でもシミ・そばかすが出来てしまうと印象はガラリと変わってしまいます。出来てしまったシミ・そばかすはレーザー治療などで取り除くのもアリですが、また出来てしまう可能性も……。そんなことにならないためにシミ・そばかすの原因を作らない生活習慣や化粧品の見直しも必要です。「シミ・そばかすを本気で消したい!」というあなたへ、その方法やこれ以上増やさない方法を私が伝授しますね!

アッキー
シミやそばかすっていつの間にか出来てしまうけど、消すのは大変そうですよね~
はるこ先生
確かに時間がかかる場合もあるわね。
今回は短期間で結果が出る方法も紹介するから、シミ・そばかすで悩んでいる人は必見よ!
まずはシミ・そばかすがなぜ出来てしまうのか、チェックしていきましょう。

シミやそばかすの原因

そばかすもシミの一種

シミの種類

「シミ」とひとまとめにして認識している人が多いかもしれませんが、シミにはいくつか種類があって原因や発生しやすい年代も異なります。そばかすは幼い子供からティーン世代までの人に多く見られるので大人になって出てくるシミとは別物と思いがちですが、実はそばかすもシミの一種です。ここでシミの種類をいくつかおさらいしておきましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑はシミの中でも一番目にすることの多い種類のもので、主に紫外線によるダメージが原因で起こるシミです。といっても紫外線を浴びてすぐに現れるというわけではなく、今までに蓄積されてきた紫外線ダメージが後になって浮き上がってきます。主に肌のターンオーバーが滞ってくる40代頃から症状が現れやすいと言われています。老人性とついていますが、紫外線対策をあまりやっていない人やアウトドアで過ごすことの多い人なら若い世代でもできてしまうことがあります。

炎症性色素沈着

ニキビ・日焼け・アトピー・虫刺され・化粧かぶれなどの痕がなかなか治らずシミのようになってしまうことがありますよね。こうしたシミのことを炎症性色素沈着といいます。ニキビなどの皮膚炎症で発生した活性酸素が肌を刺激しチロシナーゼという酵素が活性化してメラニンを作り出してしまうことが原因です。肌のターンオーバーでそのまま放置していたら消えてなくなることもありますが、色素沈着が残っている間に日焼けしてしまったり炎症がひどいものだったりすると消えるまでかなり時間がかかることもあるので注意が必要です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は主に頬骨周辺に左右対称にモヤっと広がる薄茶色のシミのことで、特に30代~40代の女性に多く見られる症状です。妊娠中や経口避妊薬の服用中にも現れる場合があることから、女性ホルモンのバランスが崩れが原因と考えられています。閉経後はホルモンバランスが安定して肝斑が薄くなる場合もあり、消えてなくなる人もいます。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(じゃくらんはん)というシミは一般的には「そばかす」という名称で知られています。名前の通りスズメの卵(卵殻)の模様に似た形のシミが鼻の周辺や頬などを中心に顔全体に広がる淡褐色のシミです。色白の人に現れやすく、家系的にそばかすが見られる人がいると症状が現れやすいことから遺伝によることが多いとも言われています。紫外線を浴びることでも増えやすくなるので注意が必要です。

シミができるメカニズム

ここまで代表的なシミの種類を見てきましたが、基本的にシミが現れるメカニズムは同じです。シミはメラニンが多く作り出されることで発生しますが、メラニンはもともと肌細胞を守るために大切なものでもあります。メラニンが作り出される仕組みを見てみましょう。紫外線やストレス、皮膚の炎症などにより発生した活性酸素が表皮細胞を刺激すると、メラノサイト(色素細胞)を活性化する情報伝達物資が生み出されます。メラノサイトにその物質が届くと肌を守るためにチロシナーゼという酵素が生まれメラニンを作り出し始めます。こうしてできたメラニンが表皮細胞に過剰に蓄積され色素沈着して残るとシミになります。

「しみ」と「そばかす」の違い

そばかすもシミの一種というお話をしましたが、シミが紫外線や皮膚炎症、加齢などの後天的な要因で発生するのに対してそばかすは遺伝的な要素が関係するところがシミと違うところです。年齢的にもシミは30代以降に現れやすいですが、そばかすは幼少期から思春期にかけて多く見られます。ただどちらもメラニンが関係していることから、これ以上悪化させないための対処法は同じです。次の項で具体的な対処法をチェックしていきましょう。

シミやそばかすを消す方法

皮膚科で治療する

塗り薬

シミ・そばかすを消すために皮膚科で処方される塗り薬は主に2種類あります。まずハイドロキノンという成分を配合したクリームは簡単に言うとお肌を漂白する作用があって、シミ・そばかすの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑制します。美白効果が高いのでハイドロキノン配合の化粧品も販売されていますが、皮膚科で処方されるクリームは化粧品よりも高濃度のものになります。ハイドロキノンクリームと一緒に処方されることが多いのがトレチノインクリームで、肌のターンオーバーを促す効果があるので若返り薬とも呼ばれています。どちらの薬も強力な作用があり治療途中で赤みや皮剥けなどのトラブルが起こる場合もあるので、お医者様の指示に沿って使うようにしましょう。

飲み薬

市販薬でもよく目にするビタミンC配合の薬は肌の色素沈着を抑える作用、コラーゲンの生成を促進する作用、抗酸化作用などの働きがあってシミ・そばかすに効果的な内服薬です。また30代以降の女性に多い肝斑に効果的な薬としてトラネキサム酸配合の内服薬が一般的です。トラネキサム酸は抗炎症・抗アレルギー効果のあるアミノ酸の一種で、メラノサイトの働きを抑制してメラニンの生成を抑えるのでシミ・そばかすができるのを防いでくれます。

レーザー

シミ・そばかすを早く何とかしたい!という方にはレーザーなどの機器を使った治療が手っ取り早いかもしれません。シミの程度によっては1回で施術が完了する場合もあるようです。一般的にレーザー治療はメラニン色素に反応するレーザーを当ててメラニン色素を持つ細胞を破壊し取り除くという方法です。照射した部分は軽い火傷を負う状態になり、1週間程度でかさぶたとなって剥がれていきます。浅いシミや肝斑などのシミにはレーザー治療はあまり向かず、代わりに微弱なパワーのレーザーを当てていくレーザートーニングフォトフェイシャルという光治療が行われることが多いようです。どちらも真皮層に働きかけることでコラーゲンの生成を促してくれるので美肌にも効果的です。

美白化粧品を使ってケアする

皮膚科での治療は敷居が高すぎるという人は、すぐに始められる美白化粧品でケアするのもおすすめです。厚生労働省が認可している美白効果のある成分がいくつかあるので、化粧品を選ぶ際の参考にするといいですね。主な美白成分をいくつかチェックしてみましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCをお肌に浸透しやすく改良されたものです。メラニンの生成を抑制したり、既にできてしまった色素沈着に働きかけて肌のターンオーバーを促したり、コラーゲンの生成をサポートしたりします。抗酸化作用も強いのでこれからできるシミ・そばかすの防止にも効果的です。最近は更に浸透力の高いAPPSと呼ばれるビタミンC誘導体が注目を集めています。

トラネキサム酸

もともと止血剤や抗炎症剤として使われていた成分です。メラノサイトの活性化因子であるプラスミンの働きを抑えることでメラニンが作り出されるのを防いでくれます。肝班を改善する効果が認められていて、市販品にも配合されていますね。

アルブチン

コケモモやリンゴンベリー、サンタベリー、ウワウルシ、梨などから抽出された成分で、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の生成を抑制する作用があります。新しいシミ・そばかすの生成をブロックする働きをしてくれます。

プラセンタエキス

牛や豚の胎盤から抽出された成分で、アミノ酸とミネラルなどの栄養がバランス良く配合されています。肌のターンオーバーを正常にする作用やハリを与える効果からアンチエイジング化粧品にも配合されていることが多いです。肌細胞の生まれ変わりを活発にすることで色素沈着を防いでシミ・そばかす防止につながります。

ハイドロキノン

皮膚科が処方する塗り薬にも配合されている成分ですが、化粧品の場合病院で処方されるクリームよりも低い濃度で配合されています。ただその働きは薬と同じくメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制したり、メラニンを黒化させるチロシナーゼという酵素の働きも抑制してくれます。表皮を守る役割をするメラニンが生成されにくくなる分、日焼け対策も一緒に行う必要があります。

ターンオーバーを促進する

年齢ごとのターンオーバーについて

肌の新陳代謝を表すターンオーバーは年齢によって徐々に遅くなっていくのを知っていますか?通常28日周期でお肌は生まれ変わっていきますが、加齢とともにその周期も変化していきます。個人差はありますが、20代で28日周期だったターンオーバーは30代では40~45日、40代では55~60日とどんどん遅くなっていきます。ターンオーバーの周期が崩れてくると、古い角質が表面に残りシミが目立ちやすくなってしまいます。お肌の生まれ変わりを促進するケアが大切になってきます。

睡眠、食事など生活習慣

お肌の生まれ変わりは夜22時から翌2時までの間に活発に行われるといわれています。この時間に睡眠を取っていないとターンオーバー周期が滞ってくるので夜更かしは程々にすることが大切です。また脂っこい食べ物や甘いものなど偏った食生活も肌のターンオーバーにはあまりよくありません。皮膚を修復する作用のあるビタミンAや皮膚の生成を促すビタミンB群、肌の新陳代謝には欠かせないビタミンCなどを多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

スキンケア

食事や睡眠のほか、お肌の外側からもケアすることでターンオーバーを促すことができます。先ほど触れた美白化粧品の中にも肌のターンオーバーを促すプラセンタなどの成分が配合されているものがあるので、積極的に使うようにしましょう。古い角質が表面に留まっていると肌の生まれ変わりがうまくいかないので、適度なピーリングを行うことも効果的です。肌細胞を傷つける原因となる日焼けを避けるために日焼け対策も必ず行うようにしましょう。

冷え対策

冷えは万病の元と言われるほど私たちの体にとって大敵です。体が冷えることで血行が悪くなり新陳代謝に必要な栄養が十分に行き渡らないことからターンオーバーが滞ってしまいます。適度な運動を習慣にする、温かい食べ物を食べるようにする、フェイスマッサージを取り入れる、など出来ることから冷え対策を始めてみてはいかがでしょう。

市販薬でケアする

シミ・そばかすに内側からアプローチするために、市販のサプリメントを摂るのもお手軽なケア方法です。美白化粧品でもお馴染みのビタミンCは美肌効果・美白効果があるのでサプリメントとして摂るのもおすすめです。細胞の代謝を促すビタミンB群や肌の代謝を正常にする働きのあるL-システインはお肌のターンオーバーを整えるのに最適です。皮膚科でも処方されるハイドロキノンアルブチンが配合された塗り薬も濃度は低くなりますが市販されているので試しに使ってみるのもアリだと思います。

簡単にできるシミ・そばかす対策

紫外線を浴びない

紫外線に当たると肌細胞を守ろうとするためにメラニンが生成されてしまうので、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが一番簡単にできるシミ・そばかす対策かもしれません。とはいえ全く紫外線を浴びないというのは難しいので、紫外線対策をしっかりするようにしましょう。今すぐには実感できないかもしれませんが、紫外線対策をしっかりすることで数年後の肌の状態が全く違ったものになりますよ!

シミやそばかすに効く食べ物

かぼちゃやニンジンなどの緑黄色野菜や鶏・豚のレバーは皮膚を修復する作用のあるビタミンAが摂れるのでおすすめです。皮膚や粘膜を健康に保ってくれるビタミンB群を摂るには豚肉や大豆、卵、乳製品などが最適です。抗酸化作用が高くメラニンを分解する作用のあるビタミンCはイチゴやミカンなどのフルーツやブロッコリーなどの野菜に多く含まれます。抗酸化作用や肌のターンオーバー促進に効果的なビタミンEはナッツ類やアボカド、ウナギなどに多く含まれます。それぞれバランス良く摂るように心掛けましょう。

メイクで隠す方法

シミ・そばかすを消すにはそれなりに時間がかかるものですよね。今すぐシミ・そばかすのコンプレックスを解消したい!という人にはメイクで隠すという方法も一時的にアリではないでしょうか。最近ではカバー力と美白効果の高いBBクリームなども多く販売されているので、美白ケアしつつカバーすることもできます。ただ根本的な改善ではないので、スキンケアや生活習慣、サプリメントなど色々な方面からケアしつつ最終的には部分メイクなしでくもりのないお肌を目指したいですね。

シミ・そばかすに効くハイドロキノン配合化粧品

ハイドロキノンとは

シミ・そばかすのケアで何度か出てきたハイドロキノンですが、もともとはイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶などに含まれる天然成分です。写真の現像などに使われてきましたが、現像する人の肌が白くなったことから美白効果が発見されたと言われています。メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制したり、メラニンを黒化させるチロシナーゼの働きを抑制することから美白効果が認められています。その効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍と言われています。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

薬学博士が開発したコスメブランド・ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は美白ケアに特化したシリーズの最後に使う夜用美白クリームです。皮膚科が処方する塗り薬にも配合されているハイドロキノンがビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome化されて配合されているので、シミ・そばかすなどの必要な部分まで美白成分を届けてくれます。肌本来の力を引き出してくれるハイビスカス花発酵液・肌の明るさを保つβホワイト・生き生きとした肌へ導いてくれるゲンチアナ根エキスも配合されています。シリーズで試せるトライアルセットも販売されているので、まずはライン使いでお肌に合うか試してみるのがおすすめです。

商品名メーカー名価格

容量

QuSomeホワイトクリーム1.9ビーグレン6,000円(税抜)15g

口コミ

  •  
  • シミが薄くなった
    46歳
    シミと検索するとハイドロキノンがいいことが分かり、 ビーグレンを使用する事になったきっかけは、こちらでした。 シミ薄くなりましたよ!! 夜のみの使用だったので4ヵ月程は持ったし、 セールでまとめて買うとコスパはそこまで悪くありません。 ホワイトエッセンスと併用するのがいいみたいです。

    @cosme

夜のみ使用するよう推奨されているので、かなり長持ちしそうです。結果も出るならコスパ最高ですね。

  •  
  • コンシーラーがいらなくなった
    5/5
    30代後半
    こめかみと頬に米粒くらいのシミが5つあり、ずっと気にしていましたが、ホワイトクリームを使用して1カ月で、濃い茶色から薄茶色に変わっています!!小さいシミなら、もうコンシーラーがなくても、ファンデで綺麗に隠れてくれるので、すごく感動しました(涙) 半年くらい使ってみて、肌の変化を楽しみたいです。乾燥、刺激、一切感じませんでした。

    ビーグレン公式サイト

さすがハイドロキノン配合というだけあって、効果てきめんですね。メイクで隠さなくて良くなるのが理想的です。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス

ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンスは美白ケアに特化したシリーズの美容液で、美白成分のアルブチンQuSome化されて配合されています。メラニンを生成する酵素・チロシナーゼの生成を抑制することで紫外線によるダメージをブロックして新しいシミ・そばかすが出来るのを防いでくれます。アルブチンの働きをサポートしてくれるカッパフィカスアルバレジエキスや肌を明るく保つエバーセルホワイト、肌の保水力を高めて肌のバリア機能を高めてくれるポリグルタミン酸などが配合されていて、透明感あるお肌へ導いてくれます。

商品名メーカー名価格

容量

QuSomeホワイトエッセンスビーグレン5,000円(税抜)15ml

口コミ

  •  
  • 肌全体が明るくなった
    39歳
    美白ラインとcセラムを使用していますが確かに肌全体が明るくなりました。 使い出してまだ1ヶ月ほどなんですが、頬の赤みが少し治まりつつあります。 やっぱりラインで使うほうがいいのかも。

    @cosme

やはり美白ラインで使うと結果が出やすいようですね。ホワイトエッセンスとホワイトクリーム1.9を併せて使うと話題の美白成分が同時に試せておすすめです。

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス

食生活やスキンケアでこれ以上作らない工夫もしよう

シミ・そばかすができるメカニズムからケア方法、効果的なスキンケアアイテムまでお話してきましたが、いかがでしたか?できてしまったシミ・そばかすは時間をかけてケアしていく必要がありますが、新しいシミ・そばかすはこれからの生活習慣やスキンケア、紫外線対策で防ぐことができますよ。しっかりケアすることできっと数か月後、数年後のお肌が変わってきますよ。やっかいなシミ・そばかすをこれ以上増やさないように、今回お話したケア方法を毎日の生活に取り入れてみてくださいね!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事