冬の乾燥肌を諦めない!深刻な肌トラブルになる前に予防&改善ケアを

冬の乾燥肌、どうしようもないって諦めてない?

冬は普段乾燥肌ではない人でも乾燥してしまうほど、空気が乾燥しやすい時期といわれています。エアコンで室内を温めるのも空気を乾燥させ、乾燥肌の原因になってしまいます。手がカサついて違和感を感じているけど、冬の乾燥肌はどうしようもないと諦めている人も多いと思います。しかし、諦めるのはまだはやいのです。予防や対策などをとれば、乾燥肌を少しでも楽にできるようになります。ここからは、私水野が冬の乾燥肌の原因や対策などを教えていきます。

冬の乾燥肌の原因

湿度の低下

冬になるとなぜか肌が乾燥していると感じる人も多いと思います。それには冬場の湿度が関係しているのです。冬の湿度は平均30%から50%前後のようで50%を下回ると、肌に乾燥を感じ始めるそうです。しかし、冬になると部屋でエアコンをつける家庭が多いですよね。そうするとさらに、湿度が下がって肌を乾燥させてしまう原因になります。部屋で暖房をつけたときの理想の温度と湿度は、18℃から22℃湿度は45%から60%だといわれています。エアコンをつけた時は、加湿機などを使って理想的な湿度を保つようにするといいでしょう。タオルなどの洗濯物を部屋に干すだけでも違うのでおすすめです。

気温の低下

気温が低下すると、体温が下がってしまいます。体温がさがると、体がエネルギーを消費して体温をあげようとするそうです。そうすると、肌へ栄養が届きにくくなるので肌細胞の新陳代謝が低下して潤った肌を保てなくなり乾燥肌になってしまうといわれています。寒さを感じる冬は積極的に温かい飲み物を飲むようにしたり、湯たんぽを使ったりと体温をあげるように工夫するようにしましょう。

冬の乾燥肌を悪化させる原因

冬に肌が乾燥してしまって掻きむしったりすると、炎症して乾燥肌を悪化させてしまうので注意をしましょう。スキンケアをしないで放置していても乾燥肌を悪化させてしまう可能性があるので、乾燥を感じたら、しっかりと保湿することを心がけるようにするといいでしょう。その他にも乾燥肌を悪化させてしまう原因があるので紹介します。


洗顔

肌を保湿するには、まず肌を清潔にするのが重要ですが、界面活性剤など洗浄力が強い洗顔料を使って洗顔すると肌が潤いを保つのに必要な皮脂までも洗い流してしまう可能性があるそうです。そうすると、肌のバリア機能が低下して乾燥肌をさらに悪化させてしまうのです。さらに、ゴシゴシと擦りながら洗うと肌を痛めてしまい、乾燥肌を悪化させてしまう原因にもなるので止めましょう。

入浴

42℃を超えるお湯に長時間浸かると潤った肌を保つセラミドを失い、肌を乾燥させてしまう可能性があるそうです。入浴するときは38℃程の温度が理想で、入浴時間は10分から20分までが良いそうです。さらに、体を洗う前に浴槽につかると、肌に必要な成分を流してしまうので気をつけるようにしましょう。そして、入浴後は5分以内に保湿成分がたっぷり入った保湿剤で保湿するようにするといいでしょう。

食事

食生活が乱れると乾燥などの肌トラブルを起こしてしまう原因になるそうです。特にタンパク質や必須脂肪酸・亜鉛・ビタミンなどが不足すると、肌の水分保持力が低下したり肌に必要な成分を作りだす力が低下してしまったりします。保湿をしているのに、乾燥肌などが改善しないという人は自分の食生活を見直してみるといいでしょう。さらに、ダイエットをしていると、栄養が不足して肌に影響を与えてしまう可能性があるので、最低限必要な栄養を補給するなど気をつけた方が良いでしょう。

ストレス

ストレスも乾燥肌を悪化させる原因になるといわれています。ストレスは肌の体温を下げて新陳代謝も下げてしまうそうです。そうすると、肌の持っている保湿成分を作り出すのを阻害してバリア機能や保水力を低下させてしまうといわれています。なるべくストレスを溜めないように、発散方法を身につけると良いかもしれません。

冬の乾燥は肌トラブルに発展しやすい

乾燥した肌は刺激に弱い

乾燥した肌は、皮脂の分泌量が低下・天然保湿因子・セラミドなどが含まれている細胞間脂質が減り、角質層が含んでいる水分が減ってしまっている状態です。そうすると皮膚の表面がカサカサになってしまい、肌を守るバリア機能が低下していて花粉やホコリなど外部からの刺激を受けやすい状態になっているそうです。それを防ぐためには、角質層まで浸透して保湿をしてくれる成分を含んだ保湿剤でスキンケアをする必要があります。

かゆみの原因になる

肌が乾燥すると、かゆみを感じることがあります。かゆいからといって掻いてしまうと炎症を起こしてしまう可能性があり、さらに肌を傷つけてしまいます。かゆみを感じたら、保湿をしたりかゆみを鎮静させてくれる薬用クリームを塗ったりすると良いでしょう。


肌の老化

肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ肌に弾力がなくなってしまいシワやたるみなどの原因になるそうです。さらに、古い角質が落ちにくくなって肌がくすんでしまったり、コラーゲンが不足するとシミができたりと肌の老化が進んでしまいます。

ニキビ

肌が油っぽいとニキビができると思っている人も多いでしょう。しかし、乾燥していてもニキビができてしまうのです。肌が乾燥すると肌のバリア機能も低下しているので、刺激を受けやすくなおかつ毛穴すぐ皮脂が詰まってしまうそうです。乾燥ニキビは普通のニキビとは原因が違うので、ピーリングなどの肌にダメージを与えてしまうスキンケアはしないように注意しましょう。

冬は特に皮脂欠乏性湿疹の危険が高い

皮脂欠乏性湿疹とは、肌が乾燥することによってヒビがはいったり、カサカサして白い粉のようなものが肌にふいていたりする症状があらわれます。乾燥によって角質が剥がれてしまうためそのような症状がでるそうです。掻いてしまうと余計に悪化してしまうこともあります。主に加齢によって皮脂量が減っていくと見られるそうですが、アトピーを持っている人や体を石鹸などで洗い過ぎる人も皮脂欠乏性湿疹になる可能性があるそうです。そして空気が乾燥する冬も、肌が乾燥しやすくなっているので、誰でもこういった症状がでてしまう危険性が高いといわれています。やはりしっかり保湿をして予防をするのが大切です。

乾燥肌が原因のかゆみ対策


乾燥して肌が痒いならかゆみ止めクリームが◎

肌が乾燥して痒くてどうしようもなくなってしまうと、結局掻いてしまいますよね。しかし掻いてしまうと、さらにかゆみが増したり肌を傷つけてしまう可能性があるそうです。痒いときは掻かずに、かゆみ止め成分が入っているクリームを塗るようにしましょう。かゆみに効く有効性分は抗ヒスタミン剤・クロタミトン・リドカインなどがあります。

抗ヒスタミン剤(かゆみの原因のヒスタミンを抑える効果がある成分で、素早くかゆみを鎮めてくれるそうです。)

クロタミトン(かゆみを鎮める効果が高く、他のかゆみ止めとは違うメカニズムでかゆみを抑えるそうです。)

リドカイン(神経を麻痺させて、かゆみを感じなくさせる成分です。)


ユースキン I (アイ)のクリームタイプ

配合されている有効成分:クロタミトン・ジフェンヒドラミン・グリチルレチン酸・イソプロピルメチルフェノール・ビタミンE酢酸エステル

内容量/価格:65g/1,000円・110g/1,400円

ユースキンIの商品ページはこちら

かゆみ肌の治療薬 ムヒソフトGX

配合されている有効成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩・パンテノール(プロビタミンB5)・トコフェロール酢酸エステル・グリチルレチン酸

内容量/価格:60g/1950円・100g/1,274円・150g/1,566円

ムヒソフトGXの商品ページはこちら

メンソレータムADクリームm 

配合されている有効成分:クロタミトン ・リドカイン・ジフェンヒドラミン・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)・グリチルレチン酸

内容量/価格:50g/780円・90g/1,180円・145g/1,450円

メンソレータムADクリームmの商品ページはこちら


ぶつぶつや湿疹に効く薬

ぶつぶつや湿疹などにはステロイドが使われている塗り薬を使う人もいるでしょう。とても強い抗炎症作用があります。アトピーなどの場合、病院で処方されたりもしますね。しかしステロイドが入っている塗り薬を使いたくないという人もいます。それは、副作用が起こる可能性があるためです。ステロイドはコルチゾールという成分が元になっていて、コルチゾールは常用しすぎると免疫力の低下や性ホルモンなどに影響を及ぼしてしまうことがあるそうです。さらに使い続けると、体が馴れてきてさらに強いステロイドじゃないと効果がなくなってしまうようになる可能性もあるといわれています。症状が酷いときに少し使うなど、頻度などを考えて使うように注意したほうがいいでしょう。

衣服や寝具選びも重要

肌がカサカサしていると、衣服や寝具に引っかかりを感じることも少なくないでしょう。さらに、堅い素材の衣類や寝具を使っていると乾燥した肌と擦れて痛めてしまう可能性があります。気持ちよく眠るためには、肌に優しい素材のシルクを選ぶことをおすすめします。

乾燥肌を予防&改善する方法

皮脂を落としすぎない洗顔方法

間違った洗顔をすると、皮脂を落とし過ぎてしまい乾燥などの肌トラブルを招いてしまう原因にもなります。皮脂を落としすぎない正しい洗顔方法は以下の通りです。

  1. 手を洗います。
  2. 約33℃ほどのぬるいお湯で顔を洗います。
  3. 洗顔量をよく泡立てます。
  4. Tゾーン・頬・目・口の順に擦らずに優しく泡で洗います。
  5. ぬるいお湯で擦らないように流します。※洗い残しのないようにしましょう。
  6. フェイスタオルで軽く抑えるように水分をとります。

このときに使う洗顔料はなるべく肌に優しい成分のものを選ぶようにするといいでしょう。

化粧水やクリームで保湿ケア

皮膚科で処方の保湿剤

  • プロペト(ワセリン系の保湿剤で低刺激なのでアトピーや敏感肌に効果があるといわれています。肌が炎症を起こしていても使えるそうです)
  • ヒルロイド(ヘパリン類似系物質の保湿剤で皮膚の乾燥を防いで、血行を促してくれる効果があるといわれています。傷の治療にも使われるそうです。)
  • ケラチナミン(尿素系の保湿剤で古い角質をとって、角質層の保水力をサポートする効果があるそうです。)

※用法や用量を守って使いましょう。


化粧品におすすめの保湿成分

乾燥肌の場合は化粧品にも気をつけるようにしましょう。そして化粧品を選ぶときは、保湿成分が配合されているものを選ぶようにして肌が乾燥するのを防ぐようにするといいでしょう。保湿成分はたくさんあるので、自分が求める効果のあるものを選ぶと良いでしょう。


  • セラミド(肌の水分を保つ水分保持力や、バリア機能を高めてくれる効果があるといわれています。)
  • ヒアルロン酸(保湿力が高く、肌にハリを与えるのでシワの予防や改善に役立つそうです。)
  • エラスチン(エラスチンには水分保持力があるので肌の表面を保湿してくれる効果があるそうです。)

温度の高い入浴はNG

寒い冬は熱いお湯で体を温めたい人も多いでしょう。一見、体を温められるしお湯に使っているので保湿が出来ていると考えがちです。しかし、温度の高い(約42℃以上)お湯に浸かるのは、乾燥肌になってしまう原因になるそうです。温度の高いお湯は肌をふやかして、肌にある保湿成分が流れてしまうといわれています。温度は約38℃くらいにして、入浴するのが理想的です。さらに入浴後はすぐに保湿剤を使って体を保湿するようにしましょう。


洗い物にはゴム手袋をしよう

洗い物にはゴム手袋をするのをおすすめします。毎日水仕事をしていて、手にツッパりを感じたりアカギレができたりと肌にダメージを感じたことがある人は多いでしょう。しかし、家事をしないわけにもいきませんよね。油を落とすのに優れている洗剤を使うと手の油まで洗い流してしまう可能性があり、さらに何度も水で手を洗うのも乾燥を進めてしまう原因になるそうです。ゴム手袋をしていれば手に直接洗剤や水がつかずに済むので良いでしょう。

食べ物で体の中から改善

乾燥肌は、食生活も関係するそうです。食事制限のダイエットや普段の食生活が乱れていると、栄養が不足して肌を健康に保つ成分が失われて乾燥肌を引き起こしてしまうそうです。普段の欲時を見直して、タンパク質や必須脂肪酸・亜鉛・ビタミンをバランス良くとるように心がけましょう。心当たりのある人は、まずは食べ物で体の中から乾燥肌を改善させるようにしてみることをおすすめします。

運動で発汗を促す

運動で発汗を促すのは乾燥肌の改善に役立つそうです。なぜなら、汗をかくと不必要な毒素を排出することができるためだといわれています。さらに運動をすると新陳代謝が上がり、肌のターンオーバーの乱れを整えてくれます。ストレス解消にもなるので乾燥肌の原因の解決も期待できますね。


部屋の湿度を上げる

冬になると、外の湿度だけではなく家の中の湿度も低くなっています。とても肌が乾燥しやすい環境なのです。加湿器を置いたり、洗濯物を干したりして部屋の湿度を上げるように心がけるといいでしょう。

顔の乾燥におすすめスキンケア4選

セラミディアル 

エトヴォスのセラミディアルシリーズのモイスチャーライジングローションです。保湿だけではなく、潤いを持続させる力の保水力を高めてくれる効果があるそうです。天然由来の保湿成分(ホスホリルオリゴ糖Ca・ラベンダー花エキス)を配合していて、肌のバリア機能を高めてコンディションを整えてくれるといわれています。その他にもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていて、ベタつかずに乾燥した肌を保湿してくれます。同じシリーズでクリームや美容液もあるので合わせて使ってみてもいいかもしれません。

シリコンフリー・パラベンフリー・界面活性剤不使用・無鉱物油・合成香料不使用・着色料不使用

モイスチャーライジングローションのポイント

  • 高保湿成分が配合されている
  • 保水力を高める効果がある
  • 肌バリアを高める効果がある
  • 肌に優しい6つのフリー処方
  • 同じシリーズの併用できるスキンケア商品がある
  •  
  • リピ決定です
    4.2/5
    40歳 女性
    敏感肌なので強い化粧水だとすぐに赤くなったりピリピリするので普段はアルビオンのスキコン使ってますが、冬~春先は潤いが足りなく乾燥で荒れてしまうのが悩みでしたが、こちらを使用したら解決しました。 きちんとプレスして使用すればべたつきも感じません。 しばらく使っても特にトラブルも出ないので私には合っていたのだと思うのでリピ決定です。

    @cosme

冬の肌荒れにも効果が実感できたようですね。敏感肌の使用者でも使えるような成分でできているのはとても安心です。 

内容量/価格:150ml/3,200円

エトヴォス モイスチャライジングローションの購入はこちら

ラピエル 

肌を引き締めて、保湿してくれるフェイスクリームです。美容成分のグラウシンが肌のバリア機能を高めて保水力をアップしハリのある肌へと導いてくれるそうです。さらに美容成分や保湿成分のグリチルリン酸2kやプラセンタエキス・カタツムリ分泌液・ローズ水・5つのセラミドなども配合されていて、あらゆる肌トラブルにも対応し肌に潤いを与えてくれるといわれています。香りはローズフローラルでリラックスしながら使うことができますね。朝にも使えるほどベタつかないのでベタつきが嫌な人にもおすすめです。

ネクステージ ラピエルのおすすめポイント

  • 美容成分グラウシンが配合されている
  • 肌のバリア機能を高めてくれる
  • 高い保湿効果がある
  • ベタつかない
  • ローズフローラルの香り
  •  
  • 翌日ももちもち肌が続きます
    3.5/5
    29歳 女性
    肌にバリアを作ってお肌を保護し、水分も逃さず、さらに保湿、エイジングケア効果もあるそうです。 かなりこっくりしたクリームですが、肌に馴染みやすく、翌日ももちもち肌が続きます。 ヒアルロン酸、ローズ水、プラセンタエキス、セラミドなど肌に良い成分もたっぷりです。 パッケージも可愛すぎます!

    @cosme

 

保水力を高められるので肌のハリが持続しているようですね。 パッケージが可愛いという口コミがいくつか見られましたが、女性には嬉しいポイントになります。

内容量/価格:30g/7,389円

ラピエルの購入はこちら


みんなの肌潤糖

植物由来成分でできたスキンケア商品です。原料の80%がビート糖でできていて、浸透力・保湿力・吸水力に優れているそうです。20%は植物オイルでできているので、赤ちゃんにも使えます。敏感肌や乾燥肌の人も安心して使えますね。保湿したい部分をきれいに洗ってから使うとより効果を得られるそうです。

パラベンフリー・界面活性剤不使用・無鉱物油・合成香料不使用・着色料不使用・アルコールフリー

みんなの肌潤糖のおすすめポイント

  • 植物由来成分でできている
  • 浸透力・保湿力・吸水力に優れている
  • 赤ちゃんにも使える
  • 6つのフリー処方
  •  
  • 続けようと思います
    4.2/5
    45歳 女性
    朝晩使って4袋目になりました。 なんとなく続けていたのですが、この冬はお肌にトラブルがまったくありませんでした。 たまに全身に使うと、つるつるになるのもいいですね。 もう少しお安いといいのですが、、、続けようと思います。

    @cosme

若干価格が高めですが、リピートしたくなる効果が得られているようですね。 全身に使えるので乾燥が気になる部分のケアができます。

内容量/価格:35g/1,200円・100g/3,000円

みんなの肌潤糖の購入はこちら


ビタブリッドCスキン

ビタブリッドCスキンは、ビタブリッドジャパンの美容パウダーです。ビタミンCとミネラル(LDH)でできたパウダーで、肌が持っている力を高めサポートしてくれる効果があるといわれています。汗などの老廃物と混ざるとビタミンCが放たれて肌の奥に浸透してくれるそうです。パウダータイプなので、そのままも使えますが化粧水やクリームに混ぜて使う人もいるようです。

パラベンフリー・界面活性剤不使用・無鉱物油・合成香料不使用・着色料不使用・アルコールフリー・旧指定成分無添加

ビタブリッドC スキンのおすすめポイント

  • 肌本来の力をサポートしてくれる
  • 使い方を工夫できる
  • しっかり肌に浸透してくれる
  • 肌に優しい7つのフリー処方
  •  
  • 化粧のノリもよくなりました
    4.2/5
    45歳 女性
    美肌ビタミンであるビタミンCを世界有望8大技術にも選ばれた技術により、約12時間、継続的にじっくりと浸透させる 「12時間継続的に」と衝撃的な文言、ジョギングで疲れた私の肌に是非使ってみたいと思いました 使いはじめて2週間弱ですが、お肌が明るくなってきましたしハリも出てきてお化粧のノリもよくなりました 何といっても普段使っている化粧水に混ぜるだけというシンプルさが面倒くさがりの私にはうってつけで継続中です 1本使い切る頃の自分のお肌が楽しみです

    @cosme

 楽に使えて、効果を実感できるのは嬉しいですね。パウダーというと不思議に感じますが、全体的にも口コミ評価がたかいので、気になる人は試してみると良いかもしれません。


内容量/価格:35g/1,200円

ビタブリッドCスキンの購入はこちら

乾燥する冬のメイク下地

下地はしっかり保湿タイプをチョイス

肌が乾燥したまま化粧をして、のりが悪かったり粉をふいてしまったという経験をしたことはありませんか?乾燥した肌はバリア機能が低くなっていて、そのままファンデーションを塗ってしまうと肌に大きなダメージを与えてしまうことになります。化粧下地には、保湿成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。最近では下地やファンデーション・さらに日焼け止めが1つになっているBBクリームが販売されています。それ1本で下地としても使うことができる優れものです。アヤナスのBBクリームは、保湿成分も配合されているのでおすすめです。

アヤナスのBBクリーム

外部刺激ブロック・エイジングケア・保湿・薄化粧・化粧下着・毛穴補正・UVカットの効果がある万能なクリームです。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分もたくさん配合されているので、乾燥した肌もケアしながら使うことができるそうです。

内容量/価格:25g/4,000円

アヤナス BBクリームの購入はこちら

下地の塗り方

肌の乾燥がとても気になるときは、肌に美容オイルなどで保湿をしてから下地を塗るようにしましょう。おでこ・頬・鼻・顎の順番に塗って、外に向かってのばします。このとき、厚く塗りすぎないように下地の量に気をつけましょう。

冬に乾燥が気になる前から乾燥ケアはスタートしよう

みなさん、いかがでしたか?乾燥肌を改善するのはなかなか難しいので、肌が乾燥してしまう前に予防できた方がいいですよね。冬はとても乾燥する季節なので、普段乾燥肌ではない人も乾燥してしまう可能性が高くなっています。美しい肌を守るためには、保湿が重要です。自分に合った保湿剤を見つけてケアするように心がけましょう。また、エアコンを付けたら加湿器をつけるなど、湿度に注意することをおすすめします。湿度を保つことは、風邪の予防にもなるので一石ニ鳥です!