乾燥肌にはオリーブオイルが効果的!?全身美容に使える活用法とは

全身美容に効果的なオリーブオイル

オリーブオイルはオメガ9に属する不飽和脂肪酸の天然植物オイルです。保湿効果のあるオレイン酸が豊富に含まれており、乾燥肌にはぴったりの成分となるでしょう。他にもビタミンEやビタミンAなど肌を健やかに整える栄養素がたっぷり。そこでオリーブオイルでカサカサ肌を滑らかに整えてみませんか。オリーブオイルの種類や活用法、そしてお勧めのオリーブオイルスキンケア製品をチェックしてすべすべの肌を維持しましょう!


はるこ先生
オリーブオイルは肌にも健康にも良い優れたオイルなのよ。肌にお勧めの種類や飲み方ですっきり乾燥肌をすべすべにしたいわね!
アッキー
オリーブオイルは食べるだけじゃないんですよね。肌にどんな効果があるのか、他にも使い方があるかじっくりチェックしましょう!

 

 オリーブオイルが乾燥肌に効果的

オリーブオイルはスキンケア製品に頻繁に使用されているほど肌を健やかに整えてくれます。天然植物オイルとして乾燥肌にも使用できるオリーブオイルは保湿効果や肌のバリア機能を守ってくれる効果をたくさん秘めているのです。

かゆい乾燥肌の主な原因

肌が乾燥すると痒くなるのは肌を守っているバリアの機能が低下してしまうからです。本来この皮脂膜が作れないと、角質層が破壊されて肌がデリケートになります。デリケートになった肌には雑菌などが肌に付着しやすくなり角質層にある神経を刺激します。そしてヒスタミンを引き起こす神経ペプチドが分泌してしまうことで痒くなってしまうのです。

オリーブオイルが保湿に効果的

オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸を75%含んでおり、このオレイン酸は保湿成分として働きかけます。さらに高い浸透性のあるスクワレンや保水をしてくれるリノール酸も含まれていることからしっとりと肌に潤いを与えることができるのです。

どんなオリーブオイルを使えばいい?

オリーブオイルは肌に保湿を与える優れた天然植物オイルですが、使用目的によって適切なオイルが異なります。一見同じように見えるオリーブオイルでも、食用のものを肌に使用しても効果が出なかったということもあります。食用と美容用のオリーブオイルを使い分けて健康と美容に役立てましょう。

食用なら「エキストラバージン」

オリーブオイルを料理に使用するときは、精製度の高いエキストラバージンオイルがオススメです。精製されていないオリーブオイルよりも軽めのテイストで、まろやかですっきりとしています。食用としては申し分ないクオリティですが、分子量が大きく不純物も混ざっていることがありスキンケアには向いていません。

肌に使用するならスキンケア用に

乾燥肌改善のためオリーブオイルを使用したいときは、分子量の小さいピュアなオイルを使いましょう。ベタつきにくく肌への浸透力も食用より◯で使い勝手が良いです。ピュアオイルはその名の通り不純物が存在しないため、刺激に弱い敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめできます。

飲んで内側から美しく

オリーブオイルを飲んでつまりを解消しながら肌を内側からみずみずしく整えましょう。肌を健やかに維持するには、腸内環境もしっかり整えておく必要があります。腸が元気ですと肌にも栄養が届くのでニキビなどの吹き出物も予防できるでしょう。オリーブオイルで頑固なつまりをすっきりさせましょう。

オリーブオイルの飲み方

オリーブの芳香の高いエキストラバージンオイルを一日30cc食事の1時間前に飲みましょう。食物繊維を含む食品と一緒に摂取することで効果が高まるようですが、オリーブオイルを直接飲むのが苦手な方は、ドレッシングやスープにプラスして摂取するようにしましょう。いずれも加熱せずにオリーブオイルを使用することが大切です。

飲むときの注意点

オリーブオイルはつまりを改善してくれると同時に、お腹を緩くしてしまうことがあります。一時的なものなら問題ありませんが、オリーブを飲むたびに緩くなってしまうときは中止をしましょう。お腹の調子が通常通りになったら開始しても構いませんが、症状が繰り返すようなら無理に続けず他のスキンケア法を見つけましょう。

オイル美容でもオリーブオイルを

オイル美容で使用できるオススメのオイルは実に様々な種類があり、その数は30もあるそうです。ここには主に使用される美容オイルを4つピックアップしました。それぞれの特徴を抑えて自分に使いやすいものを選びましょう。

種類特徴について
ホホバオイル主成分であるワックスエステルが肌に保湿、ハリを与えてみずみずしく整える。古くなった角質層を除去して肌をすっきり記事する。
オリーブオイルビタミンEやビタミンA、オレイン酸などの成分により肌の保湿、ハリ、弾力、バリア機能などをトータルに整える。スクワレンで浸透性を高めて肌の水分を維持する。
アーモンドオイル低刺激で敏感肌や乾燥肌にも快適に使用できるオイル。栄養素が法雨に含まれており高い浸透性でエイジングケア、保湿、炎症を緩和する。
アルガンオイルステロール酸やビタミンEなどを配合しており健康と美容にオススメ。美白、日焼け止め、エイジングケアをサポート。

オリーブオイルを使ったオイル美容のやり方

オリーブオイルで早速スキンケアをしましょう。通常ではスキンケアの最後にオイルを1〜3滴ほどつけるのが基本ですが、お好みのよって最初につけたり混ぜたり、タイミングや効果的な使用法などを押さえて肌を健やかに整えましょう。

洗顔後すぐにつける

洗顔後にオイルを数滴つけたあと、化粧水、美容液の順番でスキンケアをします。オイルをスキンケアの最初に使用することで細胞間の隙間を潤いで覆ってくれうのでしっとりと滑らかな肌に整えてくれるのです。

化粧水をつけたあとにつける

化粧水のあとにオイルを数滴つけてから美容液を使用します。化粧水と一緒にオイルをつけると肌に馴染みやすくなるのでオススメです。

マッサージに使用する

入浴後にオイルをたっぷり顔につけてマッサージをしたあとホットタオルを顔に置いてオイルを浸透させましょう。みずみずしく肌が潤い乾燥を抑えてくれます。その後オイルを拭き取らずに化粧水、美容液をつけます。

気をつけたい注意点

乾燥肌に潤いを与えてくれるオリーブオイルですが、敏感肌の方はオイルをそのままつけて紫外線を浴びるとかゆみなどの炎症が起こることがあります。そのため乾燥がそれほどひどくないときは夜のみのスキンケアとして使用すると良いでしょう。

スキンケアでの活用法は他にも

オリーブオイルでスキンケアをするときには直接肌につけて保湿するだけでなく、他にも様々な活用で潤いを維持することができます。ここで様々なテクニックを身につけて健やかな肌を保ちましょう。

メイク落としのクレンジングと洗顔

保湿成分であるオレイン酸を多く含むオリーブオイルで洗顔やクレンジングをすると、肌のバリアをしている皮脂までを除去してしまうことがないため肌を乾燥させずしっとりとした仕上がりになります。さらに汚れた皮脂と馴染みやすくなるので、古くなった角質層を除去してくれることが期待できます。オリーブオイルをつけたあと余分なオイルをキッチンペーパーなどで拭き取った後蒸しタオルを10秒ほど顔におき、オイルやメイクを拭き取り、洗顔料で洗顔をして完了です。

潤いを保つフェイシャルパック

乾燥肌をさらに効果的に保湿したり、角栓ケアをするならオリーブオイルパックがオススメです。オリーブパックは気になる部分にオイルを適量つけてサランラップで覆うだけの簡単ケアです。

化粧水にプラスしたり乳液代わりに

化粧水、または美容液に数滴オイルを混ぜたり、乳液代わりとして使用するのもオススメです。ベタつきがないのでメイクがしやすくなったり就寝時にも快適に使用できるでしょう。

乾燥した唇にオイルパックを

皮膚が薄い唇はとても乾燥しやすい部分です。蒸しタオルで唇を温めてオリーブオイルをつけてラップで覆いましょう。10分ほど待ってからラップを剥がして終了です。潤いのあるリップが完成しルージュもさっとつけることができるでしょう。

リキッドファンデーションに混ぜる

スキンケアだけでは潤いが足りない時にはメイクが崩れやすくなります。そんな時にはリキッドファンデーションにもオイルを混ぜると滑らかさがアップし化粧直しの手間も省けるでしょう。

その他の活用方法

さらにオリーブオイルはヘアケアやボディケアにも効果を発揮します。マッサージをしたり、入浴剤としても活躍しますので是非利用しましょう。敏感肌や乾燥肌でシャンプーが合わなかったり、入浴後体が痒くなる時にもオススメです。

ボディや頭皮のマッサージオイルに

ボディや頭皮をオリーブオイルでマッサージをすると血行が良くなり肌を健やかに保つことができます。また頭皮が必要とする皮脂を除去してしまうことがなく、シャンプーの強い洗浄成分から守ってくれるので頭皮の乾燥やフケの防止にもなるでしょう。

ヘアトリートメント

髪の保湿も手がけるオリーブオイルはヘアトリートメントにもオススメです。オイルを適量とりマッサージをしながら浸透させ、シャンプーで洗い流すだけで完了です。効果を高めたいときはシャワーキャップをして10分ほど置くと髪のパサつきが軽減できます。

湯船に入れれば全身に潤いを

バスタブに直接オイルを大さじ1杯入れて入浴すると全身がしっとりと潤い、入浴後にありがちな乾燥を防いでくれます。さらにお好みのアロマをプラスすれば心身ともにリラックスできるでしょう。


アッキー
ヘアケアやボディケアもできるオリーブオイルがあればしっとりが実感できます。かさつきをなくすためにもいつもストックしておきたいですね!

 

おすすめな美容オリーブオイル

オススメの美容オリーブオイルで全身のスキンケアをしましょう。美容用のオリーブオイルを使用すれば浸透も高まり、肌に負担をかけず快適なケアができるでしょう。

DHCオリーブバージンオイル

天然のエキストラバージンオリーブオイルを100%使用した低刺激のオイルです。オイルの精製度が0.1以下と低く安定した成分であり、保存料などの添加物を配合することなく頭皮や顔、ボディに優しく使用することができるのです。さらっとした使用感で肌の水分と馴染みやすくみずみずしく肌を整えてくれるでしょう。使いやすいプッシュタイプのボトルでです。

内容量:30ml 価格:3,620円

  •  
  • お肌の救世主です
    赤みとヒリヒリ感は少しとれた感じ。

    DHC

  •  
  • 出来たニキビや吹き出物に!
    潰すとニキビ跡として残るのがすごく嫌で、このオリーブバージンオイルが効果あると口コミで見たので、早速塗って寝ると、翌日以降に潰すことなく赤みもとれて、治りも早いです。

    DHC

ヒリヒリ感がなくなったりニキビなどの炎症を抑えてくれるオリーブオイルは天然の薬としても大活躍。いつでも一本持っておくと重宝することでしょう。 

公式サイトはコチラ

 オリブ油

天然薬品として100%のオリープオイルを使用したオイルは肌のバリアを保護したり、様々な炎症を抑えてくれます。火傷にも作用してくれるのでマルチユースができるでしょう。3つのサイズがラインアップしており、家族全員でたっぷり使用できます。

内容量と価格:50ml・・・510円、100ml・・・790円、500ml・・・3,000円

  •  
  • ツルツル
    乾燥肌の私にはピッタリ。体用のケアに、ニベア青缶とこちらとアロマエッセンスを混ぜて使っています。ツルツルになります。

    @コスメ

  •  
  • クレンジングにオススメ
    4/5
    クレンジングに使っています。色々調べて濡らしたコットンにオリブ油をたらし、重ねたポイントメイクもきれいに落ちます。

    @コスメ

乾燥肌がみるみるうちにすべすべになった瞬間はとても嬉しいものです。オリーブオイル100%の効果が発揮されているのでしょう。またメイク落としにも使用できるのでリムーバーを買う手間が省けますね! 

 

購入サイトはコチラ

無印良品のオリーブオイル

オリーブオイルを100%使用したオイルはしっとりと乾燥を抑えながらヘアケアやスキンケアに大活躍。無香料、無着色で肌への負担を軽減しながらかさつきを改善してくれるでしょう。

内容量:200ml 価格:1,500円

  •  
  • 髪にツヤが出る
    ほんの少しを手に伸ばして使うと、髪にツヤがでてまとまりやすくなります!

    良品計画

  •  
  • サラサラしたテクスチャー
    サラッとした付け心地がお気に入りです。

    良品計画

髪にツヤが出てパサつきがなくなるとヘアスタイルもやりやすくなります。またオイルでもさらっとしたテクスチャーなのでベタつきがなく快適です。

公式サイトはコチラ 

子供や赤ちゃんの乾燥肌にも使える? 

オリーブオイルは子供や赤ちゃんにも使用できるでしょうか。デリケートな肌は乾燥しやすく、オリーブオイルで改善できたらあれこれ保湿製品を揃える必要がありません。ここではオリーブオイルで保湿効果が得られるのチェックしましょう。

保湿効果が得られるのか?

子供や赤ちゃんへの保湿には、適切な保湿剤を使用することをオススメします。オリーブオイルは肌に保湿効果がある成分がたっぷり含まれていますが、肌の保湿を目的として作られたスキンケア製品には劣ります。もともとオリーブオイルは食用として使用されているので、保湿効果は第二に得られるメリットとして考えてよいでしょう。

 「オリブ油」を勧める人も

オリブ油はベタつきがなく浸透性が高いオリーブオイルとして赤ちゃんや子供にも有効と言われています。すぐに乾燥肌を潤してくれるので乾燥による掻き壊しも予防できるでしょう。 

かさぶた取りには使えるオリーブオイルを

新生児に起こりやすい脂漏性湿疹のかさぶたを取るのにオリーブオイルが使用されています。入浴をする30分ほど前にオリーブオイルをつけて優しくマッサージし、柔らかくなったかさぶたをとり除きましょう。赤ちゃんには不純物が少なく透性の良い美容用のオリーブオイルを使用するのがオススメです。 

気をつけたい注意点

赤ちゃんや子供にオリーブオイルを使用するときは、赤ちゃんにも使用できる低刺激のものかチェックしましょう。天然オイルのオリーブオイルですが、赤ちゃんにとっては刺激となることがあるので気をつけて使用することが大切です。

オイル美容の注意点

肌に効果的なオリーブオイルですが、オリーブオイルでスキンケアをするときには、後でこんなはずじゃなかった!と期待外れにならないようにここでちょっとした注意をチェックしておきましょう。

ニキビがあるときは使用しない

ニキビができているときにオリーブオイルでスキンケアをしてしまうと、オリーブオイルに豊富に含まれているオレイン酸などの油分がニキビを悪化させてしまいます。それはニキビのアクネ菌がオレイン酸を好んで繁殖させてしまうためによって起こるのでニキビがあるときはオイル美容を避けましょう。

パッチテストでお肌に合うかチェック

オイル美容をして炎症が起こってしまったり油焼けをしてしまってはせっかくの効果を発揮させることができません。そのためオイル美容の前にはパッチテストを行っておくと良いでしょう。太ももや腕の内側などにオイルを塗って一日待って反応を見ましょう。肌に問題がなければ使用しても大丈夫です。 

オイル保湿で乾燥肌は治るわけではない

元々食用として作られているオリーブオイルはオレイン酸などが含まれており保湿効果をもたらしますが、乾燥肌を完全に治すには保湿力が不十分であることがあります。オリーブオイルを塗っても乾燥が続くときは、セラミドなどを配合したスキンケア製品で本格的なケアをすることをお勧めします。

40代以上には特におすすめ

ホルモンの分泌が減少して潤いやハリがなくなってくる40代になると保湿は大切なスキンケアとなります。通常のスキンケアプラス、オリーブオイルをプラスして肌を健やかに保ちましょう。スキンケア製品の効果も持続しメイクのノリも良くなります。

余計に乾燥する可能性も!?

オリーブオイルはあくまでも普段のスキンケアの補足として保湿を高めるものです。そのためいくら保湿効果があると言ってもこれだけで肌のコラーゲンを生成をするなどして潤いを与えることはできません。オリーブオイルは保湿効果のあるスキンケアをした上で、水分を逃さないようにカバーするものとして使用しましょう。

 

オリーブオイルで美肌になろう

天然オイルであるオリーブオイルは肌にたくさんのメリットを与えてくれます。普段から乾燥肌に悩んでいる方はオリーブオイルで潤いある肌に整えて肌のバリア機能を向上させましょう。使用をするときにはオススメのオイルや注意事項もチェックすることで快適なスキンケアができます!