ほうれい線の原因と消す方法!日頃の意識で若返りを目指そう

気になるほうれい線を消したい

年齢を重ねるにつれてほうれい線が気になってくるという人は多いのではないでしょうか?ほうれい線が目立ってくると老けて見えてしまうため悩みのタネになってしまいます。出来るならほうれい線を消してしまいたいですよね!ほうれい線ができる原因や対策方法で消す方法について、これから私、水野がご紹介していきたいと思います!

はるこ先生
ほうれい線に悩む女性は多いですよね。顔全体が疲れて見えたり年齢より老けてみられる原因にもなってきてしまいます。ほうれい線が出来る原因や対策方法を理解して改善していきましょう!

ほうれい線の原因

ほうれい線は年齢を重ねていくうちにだんだんと濃くなっていくというようなイメージがあるかと思います。ほうれい線の原因は加齢によるものの場合もありますが、日常生活の癖の中にも原因が隠されていることがあります。ほうれい線の原因がいったいどのようなものなのかについて詳しくみていきましょう。

肌や筋肉の衰えやコラーゲン不足

ほうれい線はもともとどんな人の顔にも刻まれています。若い頃は肌にハリや弾力があるのであまり目立ちませんが、年齢を重ねるともともとあったほうれい線が濃くなり目立ってくる印象がありますね。その主な原因になってくるのが肌や筋肉の衰え、そしてコラーゲン不足になります。肌は筋肉によって支えられています。しかし年齢を重ねてくると肌を支えている筋肉もだんだんと衰えてきます。筋肉が衰えてしまうことにより重力に負けて肌がたるんでしまいます。顔の筋肉はあまり使う機会もなくなってくるため衰えやすいです。

またハリや弾力がなくなることによってほうれい線ができることも多いようです。肌のハリや弾力はコラーゲンやエラスチンによって支えられてきました。これは肌のハリや弾力を保っている組織です。しかしこのコラーゲンやエラスチンは年齢を重ねていくうちに減少し、劣化してきてしまいます。若い頃のようにハリと弾力のある肌とは違い、量が少なくそして質もあまりよくないコラーゲンとエラスチンによって肌が支えられていることになります。コラーゲン不足が原因になり、肌のハリと弾力がなくなってしまい、ほうれい線が刻まれることになってしまうのです。

日頃の生活にも要注意

ほうれい線は、日頃の生活の中にある癖が原因で出来ている場合もあります。元々ほうれい線の溝は浅いのですが、ほうれい線の溝を濃くしてしまう原因が日常生活には潜んでいるのです。まずは下を向く人が多い人です。携帯電話、パソコン、料理、シャンプーなど生活している中で下を向く機会が多い人にはほうれい線が目立ってしまう傾向があります。頻繁に下を向くことにより重力に逆らえず、下にたるんでしまうことがあります。

もう1つは骨格が歪んでしまうことが原因でおこる場合です。特に気をつけたいことは猫背の人や頬杖をつく人、片方で噛む癖がある人です。これらの特徴がある人は骨格が歪んでしまう原因になります。骨格が歪むと全身のバランスが崩れます。バランスが崩れることによって頬がたるんでしまうのです。こうして片方だけほうれい線が目立つようになってしまいます。思い当たることがある人は注意して生活するようにしましょう。

はるこ先生
ほうれい線の原因は主には年齢によるものですが、若い人でもほうれい線がくっきりと出てしまう場合もあるんです!若くしてほうれい線が目立つ場合は骨格が影響している場合もあります。年齢を重ねた時に濃くならないように日常生活は常に気を付けていった方がいいでしょう。 

簡単エクササイズやマッサージ

ほうれい線の原因についてご紹介してきましたが、ほうれい線はマッサージで薄くすることが出来るのです。ほうれい線が薄くなるマッサージ方法を毎日の習慣にして消す方向に繋がるように努力していきましょう!

舌を使った体操

ほうれい線に効果があると言われているマッサージは、舌を使ったマッサージ方法です。舌を回すことにより口周りの普段使っていない筋肉を刺激してくれます。この方法はとても簡単で何かしながらでも簡単にできるのでオススメの方法です。口を閉じたまま舌を歯の表面に沿ってぐるぐると回していきます。これを右回り20回、左回りを20回行うだけで終了です。とても簡単にできるマッサージですが、実際にやってみると20回がとても大変で疲れます。どれだけ口周りの筋肉を使っていないかがわかりますよ。これを1日3セット行うようにしてください。個人差はありますが、1日で目に見えて効果がわかる人もいるようですよ!

割り箸を使ったエクササイズ

続いてご紹介するマッサージ方法は割り箸を使ったエクササイズです。割り箸を使用して普段使っていない筋肉を動かして鍛える簡単なエクササイズ方法になっています。まず上下の前歯で割り箸をくわえます。くわえたら「い」の表情で1分間キープします。この時口角は下げずに割り箸よりも上に来るように意識しましょう。この方法で普段使っていない筋肉が刺激されてほうれい線を薄くすることができるようです。割り箸がない場合でも日頃から口角を上げることを意識することで表情筋が鍛えられたるみの解消に繋がっていきます。

簡単にできるエクササイズ

この他にもほうれい線の改善に効果的だと言われているエクササイズがあります。とても簡単にできるものばかりなので、紹介していきたいと思います。こちらの動画で確認してみてください。

やり方はとても簡単です。まず中指と薬指をほうれい線の上に乗せます。反対側の手の中指と薬指で下から支えます。続いてゆっくりと真上に引き上げて軽く舌を向きます。これを反対側も繰り返します。ほうれい線が消えるように外側からアプローチしていく方法です。たるみが原因で出来てしまっているほうれい線を重点的に力で引き上げて薄くする方法のエクササイズになります。とても簡単にできるのでぜひ試してみてください!

たった1分で毎日続けよう

続いては毎日続けやすい短時間でできるマッサージ方法です。1分あれば簡単にできるマッサージなので、空いている時間に挑戦しやすい方法です。こちらも動画があるのでご覧ください!

口の中に手を入れて下から上へとマッサージしていきます。口の中の筋肉をほぐして柔らかくすることでほうれい線を薄くする効果があるようです。次に口を膨らませたりへこませたりして内側からシワを伸ばしていきます。最後にゆっくりとリラックスしながら外からほっぺをつまんでスライドさせていきます。たるんだ頬を引き締めてほうれい線を薄くする効果が期待できます。このマッサージのポイントはほうれい線が薄くなることを意識しながら行うということです。これを毎日3セット行うようにしてください。このマッサージをする際には手を清潔な状態にしてから行うようにしましょう。頬をつまむ際には肌との摩擦を軽減するためにマッサージクリームなどを塗った状態で行なっていきましょう。

リンパマッサージでむくみ対策

ほうれい線はむくみが原因で濃く見える場合があります。肩や首のコリが原因で血流が悪くなり、顔に血液やリンパが溜まると重さによってたるみが引き起こされます。そのためほうれい線が濃く目立つ原因になるのです。むくみを解消するためにはリンパマッサージが効果的です。この際に顔を直接触ってしまうと肌にとって刺激になってしまいシワやたるみの原因になりますので首回りのリンパを流すことでむくみを解消していきましょう。

リンパを流す際には力を入れずに皮膚に軽く触れるくらいの力で流していきます。まず首の真下の鎖骨のくぼみに手のひらをあてて3回、回します。次に耳の真下の首の部分に手のひらをあてて3回、回します。次に耳の前と後ろの部分に指が当たるように挟んで優しく動かします。動かしたら首筋を通って鎖骨の部分に手を戻します。反対側も同じように行います。次に肩から鎖骨に向かって優しく流します。最後に肩甲骨から鎖骨に向かって流して終了です。これをすることで顔のむくみ解消に効果が期待できるのでおすすめです!

気になった時に押すツボ

ほうれい線に効果があると言われているツボもあります。鼻の両脇で黒目のまっすぐ下にある巨りょう(こりょう)、口角の外側にある地倉(ちそう)が効果的で、どちらも顔のむくみやたるみに効果があると言われています。この部分を指でゆっくりと5秒間押します。気になった時に出来るのでぜひ挑戦してみてください。

はるこ先生
ほうれい線は簡単なマッサージを毎日続けることも効果を得ることが出来ますよ♪ただ、マッサージのしすぎで肌を刺激すると、シミやしわなど他の肌トラブルも引き起こしてしまう原因になってしまいます。マッサージを行うときには清潔な手で、摩擦を軽減させるためにクリームなどを塗ってから行うようにしてくださいね! 

化粧品や食べ物で予防対策

肌のハリや弾力がなくなることで出来るほうれい線。ほうれい線を予防するためには化粧品や食べ物での対策も効果があるようです。ほうれい線が気にならない肌を作るために必要な知識についてご紹介していきます。

肌のハリ・弾力や乾燥肌はほうれい線の大敵

ほうれい線は、肌のハリ・弾力がなくなってしまうことや乾燥が原因でできることがあります。肌のハリや弾力がなくなってしまうと、たるみが引き起こされることになります。たるみによって頬が下がり、口元と頬の間に線が出来てほうれい線になるのです。

肌が乾燥すると肌に潤いがなくなり、肌のキメが乱れやすくなります。そうすると肌の柔らかさが保つことが出来なくなりハリが失われてしまうのです。それによってたるみになってしまうということです。ほうれい線を予防するためには肌のハリ・弾力の低下や乾燥を予防する必要があります。

成分効果がある症状具体的な効果
セラミド乾燥肌にうるおいを与える
アスタキサンチンハリ・弾力 乾燥コラーゲンやエラスチンの生成を促し肌に潤いを与える
エラスチンハリ・弾力ハリ・弾力を作るために必要な成分
コラーゲンハリ・弾力ハリ・弾力のもととなる成分
コエンザイムQ10ハリ・弾力コラーゲンの保護・生成する
プラセンタハリ・弾力 乾燥コラーゲンの生成を助け潤いのある肌を作る

毎日のお手入れにこれらの成分の化粧品をプラスすることにより、ほうれい線の予防・改善につながっていきます。アンチエイジングと呼ばれる年齢肌対策は早めに行っておく方がいいでしょう。これ以上悪化させないためにもこれらの成分を含んでいるものを毎日のお手入れにプラスすることをおすすめします!

お肌のお手入れで気をつけたいこと

ほうれい線を予防するためには日頃からの肌のお手入れも重要になってきます。ほうれい線が出来る原因はハリや弾力、乾燥が原因になることが多いです。ハリや弾力、潤いが失われる原因の1つになってくるのが紫外線です。紫外線は肌に直に当たることによって、肌のバリア機能が壊されてしまいます。バリア機能が壊されることで肌の水分が保てなくなり、ハリや弾力も失われてしまいます。ほうれい線を予防するためにも1年中通して紫外線対策をすることが大切です。

また、スキンケアの際に顔を触ることも肌にとっては大きいダメージになることがあります。特に洗顔やクレンジングの際にゴシゴシとこすって洗うことによって肌のバリア機能が壊されることがあります。日々の習慣の中でもあまり顔を触らないように心がけましょう。

効果的な食べ物

ほうれい線を予防するためには食生活を心がけることも大切です。また、しっかりと噛んで表情筋を動かすことも必要でしょう。片方だけの歯で噛むことが歪みに繋がり、ほうれい線を濃くする原因にもなるので注意しましょう。ほうれい線を目立たなくする効果を発揮する食べ物をしっかりと摂取するようにしましょう。

成分名具体的な食べ物
タンパク質ヨーグルト・卵・チーズ・鳥のささみ・マグロ
ビタミンAにんじん・レバー・緑黄色野菜
ビタミンCブロッコリー・いちご・ピーマン・ジャガイモ
ビタミンEナッツ類・ゴマ
アスタキサンチン紅鮭・いくら・エビ・カニ

おすすめスキンケアグッズ

ほうれい線を予防・改善するためには化粧品で補うことも効果的だと言われています。毎日のスキンケアによって肌にハリ・弾力・潤いを与えることによって若々しい肌を作っていきましょう。

セラミディアル モイスチャーライン

セラミド配合化粧品で肌の水分を保ち外側からの刺激から肌を保護することが出来ます。ヒト型セラミドを配合し人の肌と同じ構造のセラミドを肌に浸透させることによって潤いを保つことが出来ます。肌に優しい処方でシリコン、パラベン、キレート剤、石油系合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料は一切使用していません。肌に刺激のない成分のスキンケア用品で肌を水々しい肌へと導いてくれます。洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリームの2週間分トライアルセットが2,052円で購入することが出来ます!乾燥によるほうれい線に悩んでいるという人にはおすすめの商品です!

セラミディアルの特徴

  • ヒト型セラミド配合
  • 肌に優しい処方成分
  • 洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリーム 2週間分
  • トライアルセット税込2,052円

セラミディアルでほうれい線対策する人はこちら!

アスタリフト

アスタキサンチンとリコピンのパワーによって肌にハリをもたらしてくれます。アスタキサンチンは抗酸化力が強く肌のアンチエイジングに効果を発揮します。独自のナノ化技術により浸透力や安定を高めた高濃度の配合に成功しています。リコピンにも抗酸化力が含まれていてアスタキサンチンとリコピンのWの効果によって肌のハリにアプローチしてくれます。こちらは先行型美容液、化粧水、美容液、クリームのトライアルセットで5日分税込1,000円で試すことが出来ます!よかったら試してみてください!

アスタリフトの特徴

  • エイジングケア成分アスタキサンチン配合
  • 抗酸化力の強いリコピン配合
  • 化粧水、美容液、クリームの5日分セット
  • トライアルセット限定税込1,000円

アスタリフトが気になる方はこちら!

ビーグレン ほうれい線用ケアセット

ビーグレンからはほうれい線に特化したセットが販売されています。肌本来の力を取り戻し、ハリ感や潤いのある肌へと導いてくれます。独自の浸透テクノロジーであるQusomeにより超微小カプセルに成分を包み込むことで奥深くまで届けることが可能になっています。独自成分であるエイジリカバリーコンプレックスの力によってハリ感のある若々しい肌作りをサポートしてくれます。洗顔料、化粧水、マッサージ美容液、美容液クリームの5点セットで1週間分お試し価格税込1,944円で試すことが出来ます。ほうれい線ケアに特化したセットですので、気になる方はぜひお試しください!

ビーグレンの特徴

  • ほうれい線特化型セット
  • 独自成分エイジングリカバリーコンプレックス
  • 浸透テクノロジーQusomeによる高浸透
  • 洗顔料、化粧水、マッサージ美容液、美容液クリームのセット
  • 1週間分お試し価格税込1,944円

ビーグレンが気になる方はこちら!

メイクで目立ちにくくさせよう

ほうれい線対策をするにはメイクを使うことも1つの手です。ほうれい線を目立たなくするにはスキンケアからベースメイクにかけてをしっかりと行なっていくようにしましょう。

メイク前には十分なスキンケアを

ほうれい線をカバーするにはメイク前のスキンケアをしっかりと行うことが大前提です。ハリも潤いもしっかりと肌に与えてからでなければほうれい線をいくらメイクで隠したとしても時間が経つにつれて逆に目立つようになってしまいます。メイクの前にしっかりと肌に浸透させるように心がけて行いましょう。ハリ・弾力・乾燥に効果があると言われているスキンケアを使って夜までハリと潤いのある肌を保てるように手でしっかりと肌の奥へとハンドプレスしていきましょう。

シリコン製の下地を使う

シリコン製の下地を使用することによってほうれい線を目立ちにくくすることが出来ます。シリコンは肌表面をなめらかに整えてくれると言われています。そのためへこんで線になってしまっているほうれい線に乗せることで肌を均一に整えようと肌に密着してくれます。深めのほうれい線に悩んでいるという人はシリコン製の下地を使用することをおすすめします。肌をなめらかに整えてくれることによりファンデーションも密着しやすくなるため化粧崩れもしにくくなります。

コンシーラーやファンデーションの塗り方

ほうれい線を目立ちにくくするためのコンシーラーやファンデーションの塗り方についてご紹介していきます。コンシーラーはファンデーションの種類によって順番が変わってきます。パウダーファンデーションの場合はファンデーションの前に使用し、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合はファンデーションの後に使用します。

コンシーラーでほうれい線を目立ちにくくするためには影を飛ばして光に変えるため、肌の色よりも明るめのものを使っていきましょう。コンシーラーはリキッドタイプのものはテクスチャもなめらかで使いやすく厚塗りにもなりにくいのでおすすめです。

コンシーラーの塗り方はほうれい線の上を交差するように塗って行くのが良いでしょう。短めの線を何本か書いてその後指で優しくなじませて行きましょう。

次はファンデーションの塗り方です。ほうれい線を隠す場合に、ファンデーションを何度も重ね塗りしてしまうのはNGです。口元はよく動かす場所なためファンデーションを重ねても崩れやすくなってしまいます。ほうれい線を隠す時のファンデーションは薄くブラシやスポンジで塗ることを心がけましょう。

美容整形で完全に消す場合

自分でほうれい線対策をしても消えない……。と悩んでいる人は最終手段として美容整形の力を借りることもいいかと思います。美容整形ではほうれい線を消す治療法がたくさんあります。どんな種類があるのか見ていきましょう。

施術名施術方法メリットデメリット
ヒアルロン酸注射ほうれい線にヒアルロン酸を注射して溝を無くす ・即効性がある
・10分程度で終わる
・半年しか持たない
・顔の神経を傷つける恐れがある
高周波治療(サーマクール照射してコラーゲンを強制的に作らせる・エイジングケアに効果的
・ほとんど痛みがない
・即効性はない
・定期的な治療が必要
・高額
糸リフトアップ 

糸を皮膚に挿入し皮膚を持ち上げる・ダウンタイムがほぼ無い
・2年間ほど持つ 
・術後に腫れる場合がある
・ほうれい線が消えない場合もある
フェイスリフト耳周りを切開して表情製筋膜を持ち上げる ・効果は約10年続く・値段が100万円程と高い
・切る手術なので勇気が要る

施術前は十分に医師と相談を

ほうれい線の治療を整形手術で行う場合には必ず医師に相談するようにしましょう。自分がやりたいと思っていても医師が勧めない場合もあります。医師に止められた場合は素直に従うようにしましょう。また、施術をしても効果には個人差があります。定期的な治療が必要になるものもありますので、お金にも時間にも余裕を持って整形手術に挑むことが大切です。またクリニック選びもとても大切です。アンチエイジング治療の実績があり安心安全に行えるクリニックでの施術をするようにしましょう。

はるこ先生
これらの美容整形手術には個人差があります。自分のほうれい線の深さによって効果が出づらい施術も中には含まれています。どうしても消したい!という方は医師とのカウンセリングをしっかりと行った上で行うように心がけましょう。美容整形手術にはお金がかかりますし、1度行ったら治せなくなってしまうリスクを伴うこともあります。医師選びは慎重に行うようにしましょう!

男性のほうれい線が出来る理由と対策

ほうれい線は女性だけの悩みではなく、男性でも悩んでいるという人はたくさんいます。ここからは男性のほうれい線の原因と対策についてご紹介していきたいと思います。

男性のほうれい線の原因はなに?

男性のほうれい線が出来る原因の多い理由は日焼けによるものです。男性の肌はもともと女性よりもダメージを受けにくいと言われています。女性よりも皮膚が分厚く固い作りになってるからです。そのため、男性はほとんどが紫外線対策を行いません。男性は皮脂の量が多いためあまり乾燥を感じる人はいないかもしれませんが、乾燥がなく肌が綺麗に見えていても紫外線は肌にダメージとして浸透しているのです。ほとんどが過去のダメージによるものです。若い頃から紫外線対策をしてこなかったために、蓄積されたダメージによって肌の柔らかさもなくなりたるみが発生します。そしてほうれい線として出てきているということです。他にも女性と同様に、下を向く癖のせいや体の歪みが原因となっている場合もあります。

どうやったら男性のほうれい線を消せる?

男性のほうれい線を消す方法ですが、対策方法としては女性と同じ方法です。ダメージの受けた肌に潤いとハリを与えることによってほうれい線にアプローチすることはできます。また下を向く癖や体の歪みにも気をつけることが必要です。男性はメイクで隠すという習慣がない方が多いため日頃のケアで改善していくしかありません。ほうれい線に効果があると言われている食べ物をしっかりと摂ってこれ以上たるみやほうれい線がひどくならないように適度な紫外線対策も行なっていきましょう。

日頃から意識して肌の若返りを

ほうれい線を消す方法についてご紹介してきました。ほうれい線は加齢によるものや生活習慣の癖の中にも原因が隠されていました。若々しい肌を保つためには日頃から意識した生活をおくることが大切です。ほうれい線や若返りに効果があると言われている食べ物を多く摂取したり、化粧品で足りない成分を補ってあげることで、ほうれい線対策をすることができるでしょう。若返りをはかるためにも、対策や予防をしっかり行なってほうれい線が濃くならないよう心がけて生活していきたいですね!

はるこ先生
ほうれい線に悩んでいる人にはためになる情報がたくさんあったのではないでしょうか?ほうれい線を予防、改善するためには日頃から意識して生活することが大切なのです。化粧品や食べ物で必要な成分を補って、マッサージを積極的に行うようにしてみてはいかがでしょうか?気にならない日が1日でも早く訪れることを私は祈ってます!