暑い夏、実は乾燥肌になりやすい季節だった!乾燥の3大原因と対処法

肌が乾燥して痛い…夏なのになんで?

乾燥肌と言えば秋から冬にかけての悩みかと思いきや、最近では「夏なのに肌が乾燥して……」という悩みを抱えている人が増えているそうです。中には痛みやかゆみをともなうほどひどい症状が出る人も。日本の夏は特に湿度が高いはずなのになんで?と思いますよね。冬の乾燥とは全く違う夏の乾燥肌。原因は意外なところにありました。私と一緒に夏の乾燥肌の状態や原因を知って、しっかりとスキンケア対策して夏を乗り切りましょう!

湿度の高い夏なのに乾燥肌になる3大原因

夏といえば、の紫外線!

夏と言えば紫外線ですよね。なぜ紫外線を浴びると肌が乾燥するかというと、紫外線が肌のターンオーバーを乱してしまうからなんです。

皮膚の一番下の基礎層で作られた新しい細胞が有棘層、顆粒層、角層と上へ上へとあがっていき、古くなった細胞は垢(あか)としてはがれおちる一連の流れを「皮膚のターンオーバー」といいます。これを一定のリズムで繰り返すことで皮膚の健康が保たれるわけなんですが、紫外線を浴びると皮膚の基礎層で細胞が急激に増殖し始めます。増殖のスピードが速すぎると、細胞が不完全なままターンオーバーしてしまい、角層に上がった時に水分保持力の弱い角層になってしまうんです。また、紫外線は肌の奥の真皮まで届いて、肌のハリや弾力を保っているコラーゲン繊維やエラスチンを破壊してしまいます。

クーラーや扇風機による冷え

エアコンや扇風機でも肌は乾燥します。「暖房」が乾燥することは常識で、気を使っている方は加湿器を用意してたりしますよね。実は「クーラー」も肌を乾燥させてしまうんです。その理由は体の冷え。

体が冷えると肌の細胞が活力を失い、細胞分裂のスピードが低下してしまいます。肌の水分の蒸発を防いでるのは細胞間脂質という油分は、細胞分裂の過程で作られます。そのため、細胞分裂が活発に行われない肌では、乾燥から守ってくれる油分が少なくなってしまうんです。

また、肌の表面にいる表皮ブドウ球菌という善玉菌が、皮脂を分解して「グリセリン」とよばれる保湿剤を作っているんですが、この善玉菌がしっかりと役目を果たすには適度な温度と湿度が必要です。体の冷えると善玉菌の活動が阻害されてしまうため、天然の保湿剤が作られにくくなって乾燥してしまいます。

また、体を冷やすと汗をかかなくなりますよね。汗には尿素、カリウム、乳酸など、肌を保湿してくれる成分が含まれています。乾燥知らずの代謝のいい人は冬の寒い時期にもわずかに発汗しているらしく、汗に含まれている保湿成分を肌に吸収しているんだそうです。しかし、グリセリンをはじめとする肌の保湿剤は「水溶性」なので水に溶けてしまいます。ですので、汗をかきすぎると乾燥すると言われています。汗には乾燥と保湿、どちらの働きもあるんですね。

汗をかいて乾燥を防ぐには、かいた後のお手入れが重要なポイントです。かいた汗はそのままにせず、乾いたタオルにじんわりと水分を吸収させます。ゴシゴシすると肌の角質を傷つけてしまうのでNG。とにかくそのままにしておかないことが大切なんだそうです。

その他の原因

夏に肌が乾燥する原因は大きく3つですが、細かいことをあげるとキリがありません。例えば、下記のようなことに思い当たる節はありませんか?

  • 夏は外との温度差が激しいので汗が乾燥して体温を奪ってしまう。
  • ジメジメするので体を洗いすぎて保湿に必要な皮脂を洗い流してしまう。
  • 油とり紙などで皮膚をゴシゴシこすってしまうため、必要な皮脂を拭き取ってしまうだけでなく角質を傷つけてしまう。

こんなに原因があったら何を気を付けたら良いのか分からない!と思いますよね……。大丈夫です。安心してください。まずは夏の乾燥肌の状態を把握して、要点を抑えたお手入れで夏の乾燥を防ぎましょう!

夏の乾燥肌の状態

表面は脂っぽいインナードライ

夏の乾燥肌は表面は脂っぽい割に内側が乾燥している「インナードライ」という状態になりやすいと言われています。肌のバリア機能が低下することで、内部に水分を保持できなくなった状態です。

「インナードライ」は乾燥していることに気が付きにくく、「自覚のない乾燥肌」のまま秋・冬を迎えてさらなる乾燥で中も外も目も当てられない状況になってしまうケースがとても多いそうです。夏は湿度もあるし、触った感じしっとりしているから「私は大丈夫」と思っている人がなんと80%以上なんだとか。チェックリストを作ってみたので、これを機に自分の肌を見直してみてください。あなたもひょっとしたら「自覚のない乾燥肌」かもしれません。

    インナードライチェック

    • いつも丁寧にケアしているのになぜかテカる
    • 毎日お手入れしているのに、毛穴の黒ずみが目立つ
    • 触った感触はしっとりしているのに、顔がつっぱる感じがある
    • 肌がゴワついた感じがある
    • 顔の一部がカサカサしている
    • いつもより化粧のノリが悪い
    • 大人ニキビができやすい

ニキビや湿疹の肌荒れができやすい

乾燥していると、肌は乾燥を防ごうとして余分に皮脂を分泌します。それをまた脂とり紙や過度な洗顔でぬぐい取ってしまうと、肌は「まだ乾燥しているな」と思ってドバドバ皮脂を分泌しはじめます。多すぎる皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌の餌になり、大人ニキビや肌荒れの原因に。

また、夏の乾燥肌はバリア機能の低下によるものなので、紫外線によって傷ついたDNAが細胞の修復機能を働かせて炎症を起こす「日光皮膚炎」、外部の刺激が肌のバリアを超えることでかゆみを起こす「皮脂欠乏症湿疹」などの疾患も起こりやすくなってしまいます。

汗でかゆみやアトピー悪化の危険

皮膚の角質層は、健康な状態だと水分を保って外からの刺激を防いでくれる働きをしているのですが、乾燥してしまうと角質層に隙間ができ、外からの刺激が防ぎきれなくなってしまいます。さらに、かゆみを感じる神経線維が皮膚の外側に向けて伸びはじめ、数も増えて刺激に敏感になるためかゆみを感じやすくなります。そんな弱った肌に汗が長時間とどまると強い刺激になり、かゆみがアトピーを悪化させてしまう危険があります。

夏の乾燥肌をケアするためには保湿だけでなく、バリア機能を守るためのスキンケアや汗、気温、紫外線などに気を使う生活が必要になってきます。それでは、夏の肌の乾燥を防ぐには何に注意すればいいんでしょうか?具体的なスキンケア方法をみていきましょう。

夏の肌の乾燥を防ぐスキンケア方法

夏でも洗顔しすぎはNG

夏の乾燥を防ぐには皮脂と角層を守ることが大切です。洗顔のし過ぎは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、ジメジメが気持ち悪い夏でも洗顔のし過ぎはNG。夏はさっぱりするスクラブ洗顔を使う人も多いですが、摩擦と刺激で角層を傷つけてしまうので使わないようにしましょう。

洗顔の後にナイロン系の硬いタオルで肌をゴシゴシ吹いてしまうのも、角層を傷つける原因になるので良くありません。洗顔後は肌触りの良いタオルを顔に当てて水分を吸収させるだけにしておきましょう。拭き取りタイプのメイク落としでこすり過ぎるのもNGです。

本来、肌の余分な皮脂や古い角層、チリや埃などの汚れは水洗いだけで落ちます。皮脂が多めの人は洗顔料を使う方が良いですが、1日に何度も顔を洗うのは避けた方が良いでしょう。洗顔は朝と夜の2回で十分です。洗顔料を使う時は良く泡立て、指が直接肌に触れない程度に優しく泡を馴染ませます。泡は残らないようにしっかりとすすぎましょう。

油分の少ない化粧水やクリームを使う

化粧水は肌の油分と水分のバランスを保つためのもの。肌表面に皮脂が溜まりやすい夏は、油分が少なく水分が多いさっぱりしたものの方が良いでしょう。「オイルフリー」や「さっぱりタイプ」と書かれているものを選ぶと油分が少ない化粧水をチョイスできます。

また、毛穴の開きを防いで皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル酸・パルミチン酸リン酸アスコルビルなど)が入っているもの、インナードライを防いでくれる保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなど)が入っているものを選ぶのがおすすめです。

大人ニキビに悩んでいる場合は、「医薬部外品」や「薬用」で、「ノンコメドジェニック済」という表記があるものがおすすめです。医薬品ほど効果はありませんが、症状を緩和・予防する効果が期待できます。「ノンコメドジェニック済」というのは、ニキビに効果があることをテストで確認していることを表しています。

日焼け止めで紫外線対策

紫外線は角層の奥の真皮まで届いて、肌のバリア機能や保湿機能を破壊してしまいます。ですので、特に紫外線の強い夏は日焼け止めなどで対策をしなければ、肌に重大なダメージを残してしまいます。乾燥だけでなくシミの原因にもなるので、紫外線対策はしっかりと考えましょう。

帽子と日傘で直射日光の90%以上は遮ることができます。しかし、紫外線は壁や地面に反射するので、直射日光だけを防げばいいというわけではありません。日焼け止めは夏の必需品です。

同じ日焼け止めでも、フェイス用、ボディ用と用途によって分ける方が望ましいでしょう。顔の皮膚は他の皮膚よりも敏感で刺激に弱いですから、刺激の少ないものを使ってあげる方が余計なトラブルを避けることができます。ボディ用は範囲が広く汗で崩れてしまいがちですから、伸びと持ちが良いものをチョイスしたいところです。

効果の高さはSPFとして表示されています。例えばSPF30よりSPF35の方が持ちが良いと考えてOK。およその持ち時間はSPF1=20分程度。汗で流れてしまうこともありますので、どんなに効果が高いものでも1日のうちに塗り直しが必要になります。特に10時~14時の紫外線が一番強い時間帯は、細かに塗り直しをしてあげる方が良いでしょう。

夏の乾燥におすすめスキンケア6選

ノブAC(NOV)

オイルフリーのさっぱりした使用感が夏のジメジメした肌にぴったりなニキビケア用品です。セラミド。リピジュア、ヒアルロン酸の三種類の保湿成分が肌の潤いを保ち、ソプロピルメチルフェノールの殺菌効果が大人ニキビを防ぎます。無香料、無着色の無添加。また、ビタミンC誘導体による美白効果と、サリチル酸のマイルドピーリング効果で余分な角質を除去してくれます。

  •  
  • よかったです。
    4.5/5
    私自身、たまにですが、油分の多い食事をした際、翌日には必ず大人にきびができてしまいます。 若い頃は、治りも早かったのですが、大人になってからは治りが遅く、一度できてしまったら困りものです。 そのような時は、にきびにもよく、にきびが治った後もずーと使用できるようなスキンケアセットがあればいいなぁと思っていたところ、ノブ ACアクティブトライアルセットを知りよかったです。 ノブ ACアクティブトライアルセットは、香りもなく、お肌にやさしいという感じで、お肌の毛穴の奥の汚れや過剰な皮脂を取り除いてくれるような使い心地でした。 クレンジングリキッドは、メークとの馴染みがよく、メークも汚れもきれいに落とせました。 ウォッシングフォームは、固めと感じましたが、しっかりと泡立ちましたし、洗い上がりのお肌がしっとりとしていて、きれいに毛穴の汚れまでも落ちたという感じでした。 フェイスローションは、お肌への浸透力がよく、つけた後はさっぱり感があってとても好きです。 モイスチュアジェルは、つけた後のお肌は、すべすべお肌になれました。 エッセンス(美容液)は、乳液とクリームを足したような感じであり、お肌を改善しながら、なめらかにしてくれる感じでした。 ノブ ACアクティブトライアルセットは、とてもおすすめ商品です。

    @cosme

ニキビケアに高評価を付ける人がいる一方で、サリチル酸によるマイルドピーリング効果によるものなのか、肌のひりひり感やあかみを訴える口コミもありました。購入を検討しているなら、まずはお試しでトライアルセットを試してみることをおすすめします。

商品名NOV ACアクティブ
メーカー常盤薬品
価格1,500円
効果ニキビケア、美白、ケミカルピーリング
使用感さっぱり
保湿度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆

ノブAC(NOV)

アクアフォース特別セット

肌が作り出す天然の保湿剤「グリセリン」をメインに配合したフェイスケアセットです。肌の調子には「睡眠、疲れ、精神的ストレス」よりも「角質層の水分量」の方が関係が大きいということを前面に打ち出し、角質層に水分をとどめて逃がさないことに徹底的こだわっています。使用感は「さっぱり」と「しっとり」の2種類から選ぶことができます。

  •  
  • 敏感肌に悩んで
    4.5/5
    敏感肌に悩んでおり、 肌に優しい化粧水を探していたところ こちらの化粧水に行き着きました。 冬場なのでしっとりタイプの方が いいだろうなとは思ったのですが、 気に入って使っている乳液が結構 重たいので、さっぱりタイプを 選んでみました ^ ^ 以前は、肌に化粧水つけるだけで ミミズ腫れとまではいきませんが 線状に赤くなってしまっていたのに こちらは何の問題なく使えました! また、なかなかの乾燥肌ですが、 こちらをつけて乳液をつけると 冬でも乾燥せずに使用できました。 なのにこのさっぱり感、 夏場にはとても最適そうです。 オルビスの製品ということで 安心して使えるのも嬉しいです。 リピしたいです ◎

    @cosme

  •  
  • 物足りない
    1.5/5
    肌には優しいのは分かったんですけど化粧水というか水?!と思うくらい何も感じませんでした。普段インナードライなことってなくて診断してもらっても、水分だけは十分だったんですけど、使った翌日は水分足りなくてのテカリを初めて感じました。バシャバシャ使わないと物足りなくてコスパ悪そうだなーと思いました。

    @cosme

 敏感肌の方でも安心して使えるオルビス製品。商品を通してやり取りする社員さんの評判が良く、「オルビスなら」と使っている人も多いようです。ただ、水分量にこだわっているからか、物足りないという意見もチラホラ見られます。水分は十分で油分が必要な肌の人には合わないかもしれません。インナードライは油分が多い状態であることが多いので、インナードライチェックで心当たりが多い人は試してみる価値アリ。

商品名アクアフォース特別セット
メーカーオルビス
価格1,296円(税込み)
容量お試しセット3週間分
効果肌の角質層の水分量を整える
使用感「さっぱり」と「しっとり」の2種類から選べる
おすすめ度★★★★☆

アクアフォース特別セット

セラミディアル

シリコン、石油系界面活性剤、香料などを成分を一切使っていない無添加化粧水です。お肌の角質層で細胞と細胞の隙間を埋め、保湿する効果のあるセラミドに着目。「ヒト型セラミド」と肌がセラミドを生み出す力をサポートする「POs-Ca®」(ホスホリルオリゴ糖Ca)配合で、肌が本来もっている保湿力をサポートする化粧品です。ターンオーバーを正常に保ち乾燥肌のバリア機能を回復させ、乾燥肌などのお肌のトラブルを総合的な解決を目指します。

  •  
  • 全く刺激がなく今までのどの基礎化粧品よりも良かった
    5/5
    お試しで10ml使いきりました。 朝晩使いで1週間くらいでなくなりましたが、もうびっくりするほど肌が生まれ変わりました。 目の周りのちりめんジワが目立たなくなった、 というより 消えた! それに肌の調子もよくて、透明感が出てきました。化粧塗りもよくなり崩れにくくなりました。 こんな優れものがあるなら、もっと早く見つけたかったと思いました。 匂いも良くて癒されるし、なんといっても保湿力抜群。 敏感肌&乾燥肌だけど、全く刺激がなく今までのどの基礎化粧品よりも良かったです。 もちろんリピします。

    @cosme

  •  
  • リピ決定です☆
    4.5/5
    乾燥肌でどうしようもなくて色々調べてたらセラミドが良いとのことで、こちらの商品を購入しました。 化粧水→こちら→スクワランオイル の順番で使用しています。ちなみにブランドは全てバラバラです。 今まで使ったことのある美容液には感じられない保湿感。肌表面だけ潤うのではなく、表面はしっとり、肌の内側からむっちりと潤いを感じます。 次の日の朝も変わらず内側からの潤いを感じたままです。 もっと早く出会っていれば。。と思うほどです。 リピ決定です☆

    @cosme

口コミでは刺激が全くない優しい使用感が評判です。敏感肌、乾燥肌の方は化粧水選びに苦労されると思いますが、セラミディアルなら安心して使えそうですね。他の化粧水に比べても肌の生まれ変わり具合に驚く口コミが多く、実力はホンモノのようです。

商品名セラミディアル
メーカーエトヴォス
価格2,592円(税込み)
容量お試しラインセット2週間分
効果セラミドで肌本来の保湿力を取り戻す
使用感さっぱりしたテクスチャで、優しく浸透する
おすすめ度★★★★★

セラミディアル

ラピエル

保湿成分はリピジュアとプロテオグリカン。プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸と一緒に細胞外基質を作っている優れた保水性を持っている成分です。肌のハリにもかかわっています。とても希少な成分だったそうですが、最近ではサケの鼻軟骨から効率的に抽出する技術が確立され、広く普及し始めています。ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があり、肌のターンオーバーを促す働きが確認されています。もともと体に存在する成分なので、アレルギーや副作用を心配しなくていいところも嬉しいですね。

また、グラウシンという他の化粧水にはないラピエル独特の成分が配合されています。グラウシンには脂肪を燃焼させる効果が確認されていて、小顔効果やむくみ解消効果が期待できるほか、なんと「二重になった」という驚きの口コミが。

これは副作用みたなもので、公式に謳われている効果ではありません。ただ、SNS上でそんな口コミがあるのも事実。信じるか信じないかはあなた次第……という状況です。効果には個人差があるようですが、初回無料なので試してみる価値はあるかもしれません。

商品名ラピエル
メーカーエトヴォス
価格先着200名送料のみ(650円)
容量お試し2週間分
効果保湿・引き締め効果
使用感伸びが良く使いやすい
おすすめ度★★★☆☆

ラピエル

みんなの肌潤-アトケアタイプ

「赤ちゃんでも使える保湿ケア用品」が売り文句の無添加化粧水です。着色料、合成香料、防腐剤不使用はもちろん、放射能試験とパッチテストを済ましている徹底ぶり。砂糖の高い浸透力・吸水力・保湿力に注目した珍しい化粧水で、ビート糖、植物性オイル(ラベンダー、ティートゥリー、ハッカ等)など天然由来の成分へのこだわりも人気の理由です。日々の洗顔に取り入れても良いですし、入浴剤としてお風呂にも入れられる使いやすさも良いですよね。

  •  
  • アトピーのカサカサに
    5/5
    春のひどいアトピーが落ち着いた頃、ちょうど、こちらの商品の効き目も現れて、人には見せられなかったカサカサ部分もツルツルになりました。肌潤風呂との併用が最強です。クリームなしで、膝まで粉をふかなくなりました。難を言うなら、詰め替えしないと使いにくいこと。詰め替えてもお風呂で水分が入ってしまうことがあり、保存するのは少々面倒です。

    Rakuten

 

  •  
  • しっとりつるつる
    5/5
    使用3回目ぐらいで鼻のザラザラがつるつるになりました!!! 化粧水の浸透も良くなりお肌もちもちです♡ アトピー跡のくすみが薄くなった感じはまだ感じられませんが、肌全部は少し明るくなったかな?? リピしたいと思う商品でした(*^ω^*)

    Rakuten

口コミでは、アトピーや乾燥肌に悩む方のリピートが多かった印象です。こうした悩みをもつ方は刺激の強いものが使いにくいので嬉しいですね。「赤ちゃんでも使える」というキャッチコピーは本当みたいです。

商品名みんなの肌潤
メーカー株式会社 北の達人コーポレーション
価格3,640円(税込み)
容量100g 1ヵ月分
効果アトピー・敏感肌・乾燥肌のケア
使用感スクラブ状のテクスチャを水で溶かしてペースト状に
おすすめ度★★★★☆

みんなの肌潤 アトケアタイプ

ビタブリッドCスキン

保湿成分コラーゲンの合成に必要な「ビタミンC」と「ミネラル」のハイブリッド、それが「ビタブリッドC」です。ビタミンCは摂取してもお肌に届くのは1%未満だと言われています。お肌に直接塗ることで角層に必要なビタミンCを効果的に働かせることができるんです。肌の保湿にプラス、保湿剤をお肌自身が生み出す力をサポート。薬ではなくビタミンCとミネラルを配合した栄養成分なので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

ビタミンCやミネラルは紫外線で破壊されやすく夏場は特に不足しがち。塗るタイプのビタミンCでお肌の環境を整えてあげましょう。

  •  
  • 辛さがぐんと軽減しました。
    5/5
    以前は、頭皮湿疹で悩まされた際に使用し、辛さがぐんと軽減しました。もぅすっかり治ったので、今回は、顔は、ローションに混ぜてスプレー。体は、ボディミルクに混ぜて塗っています。 もはや例年なら秋の乾燥が始まって、春よりもひどい花粉症も発症するシーズンだと思っているのですが、なんだか、調子が良いです。この状態が続いてくれると、ほんとパラダイスです。正直言って、パウダーなので使いやすくはありません。健康なお肌の方には、実感がしにくいのかもしれません。でも、深刻にお悩みでしたら、一度使ってみることを是非ともおすすめしたい商品です。

    @cosme

商品はパウダー状で、化粧水やクリームに溶かして使うのが一般的です。「お肌の調子が良くなった」という話ももちろんありましたが、「ずっと悩んでいた深刻な悩みを解決してくれた」という口コミが目立っていました。バランスの良い食生活は大切ですがなかなか難しかったりもするので、夏場のお肌の栄養状態を整えてあげるには持って来いの商品ですね。

商品名ビタブリッドCスキン
メーカービタブリッドジャパン
価格7,452円(税込み)
容量1月分
効果ビタミンCやミネラルを補う
使用感手持ちの化粧水などに溶かして使用
おすすめ度★★★☆☆

ビタブリッドCスキン

夏でも肌が乾燥しない方法・日常編

加湿器を有効活用

夏場、エアコンが効いた部屋に加湿器を使うのはとても有効です。空気は温度が高い方が水分を多く含んでいられるため、冷えた空気は保持できる水分量が少ないんです。「湿度」は「ある温度の空気が保持できる水分量に対して、どれぐらいの水分を含んでいるか」という値なので、同じ湿度でも気温が違うと空気中の水分量は違ってきます。つまり、冷房は「湿度」を下げる意味でも乾燥しますし、それにプラスして「空気中の水分量」も減らしてしまいます。

さらに、冷房を止めて冷えた空気が温まると、空気が保持できる水分量が増えます。でも空気中の水分の量は変わらないため湿度は下がってしまうので、乾燥に拍車がかかるんですね。冷房が効いた部屋の湿度を保つには、空気中の水分量を増やすしかありません。そこで加湿器!夏でも冷房が効いた部屋の加湿は、お肌を乾燥から守ってくれるんです。

ビールの飲みすぎに要注意

夏の風物詩である冷たいビール。夏になるとTVCMでもおいしそうなビールがたくさん宣伝されています。暑い夏に冷えたビールはとても美味しいですが、実はこの時、胃腸は悲鳴をあげているんです。胃は冷えると動きが鈍ってしまうので、消化活動も正常に機能しなくなってしまいます。

その結果消化不良や下痢、胸やけなどの症状を引き起こしてしまうのです。その状態が慢性的になれば虚弱、食欲不振、慢性胃炎などの疾患になってしまうことも。

かき氷やジュース、アイスクリームなどの夏ならではのつめたい食べ物にも要注意。食べる時は一気に飲んだり食べたりせずに、口の中でゆっくり温めて飲み込むようにしましょう。

夏の乾燥肌には、紫外線で破壊されがちなビタミンや、胃腸の調子を整える食物繊維などが多く取れるものがおすすめです。質の良い脂質を含むアボガド、食物繊維・ビタミン類が豊富に含まれているアーモンド・ブロッコリー、セラミドたっぷりのこんにゃくなどを意識的に摂取するのが良いでしょう。

睡眠で肌を回復

また、睡眠も肌にはとても大切です。肌は寝ている最中に成長ホルモンが分泌されることによってターンオーバーが促されるわけですが、睡眠不足が続くと成長ホルモンが正常に分泌されず、肌の組織が不完全な状態のままターンオーバーしてしまいます。その結果、隙間だらけのバリア層が形成され、刺激に弱い保湿力のない肌になってしまいます。

また、寝る時に扇風機や冷房の風をダイレクトに受けながら寝るのは、体を極端に冷やしてしまうためお肌はもちろん、健康にも良くありません。冷房で室内を冷やし過ぎるのも同じです。

夏の乾燥肌におすすめのメイク術

メイク前にしっかり保湿

メイクをキレイに仕上げるには、まずはスキンケアでお肌を整えることが大切です。メイクがキレイに仕上がるかは、ファンデーションのノリにかかっているとよく言わますが、その前のお肌がしっかりしていないとどうしてもノリが悪くなってしまいます。

メイク前のケアはまずは洗顔から。酸化した皮脂は化粧崩れの原因になるだけでなく、お肌にも悪いのでしっかりと洗い流してしまいましょう。次に化粧水と乳液で保湿をします。洗顔後は水分が蒸発しやすいので、なるべく早めに保湿をしてあげるのがポイントです。化粧水。美容液、乳液と塗っていき、それでも乾燥した感じが強い時もう1度化粧水と乳液を重ね塗りします。

下地&ファンデーションの選び方

化粧崩れが起きやすい乾燥肌でも、いくつかのポイントに注意して下地&ファンデーションを選べばキレイなメイクに仕上げることができます。乾燥肌の下地&ファンデーションでおすすめなのは、「油性のもの」「保湿成分が配合されているもの」。どちらも肌の水分を適度に保ってくれます。

油性かどうかは水に濡らしてみると分かりますが、店頭で濡らすのは難しいので店員さんによく特徴を聞いてみてから試供品をもらうのが良いでしょう。油性だとどうしても使用感が重くなりがちです。自分の肌には合わないと思ったら、「油性乳化型」のものが比較的軽めなので、そちらをチョイスするのも〇。加えてコラーゲン、セラミド、レシチン、スクワランなどの保湿成分が含まれているものを使用すれば、乾燥肌でもしっとりと仕上げることができるかと思います。

また、ファンデーションにはたくさんのタイプがありますが、乾燥肌の場合は「リキッドタイプ」や「クリームタイプ」のように水分が多いタイプの方がきれいに仕上がります。

薄く塗るのが崩れにくさのコツ

化粧崩れを防ぐには、下地を薄く塗るのがポイントです。手の甲で温めるようにして馴染ませ、鼻を中心に顔全体に馴染ませていきます。特に顔の中でも動きが多いTゾーンは、厚くなってしまうとよれや崩れの原因になってしまいます。指で力を入れずに撫でるようにして塗り、最後にスポンジで抑えることで過剰な油分を取り除きます。そうすることで密着度が高まり、ムラなく仕上げることができます。

夏もしっかり乾燥対策で肌荒れを防ごう

今回は、夏の乾燥肌の原因や解決法について解説してきました。湿気が多くて嫌になる季節ですが、肌の内側だけが乾燥していることもあるんですね。夏にどれだけしっかりケアをしているかで、秋、冬の乾燥がつらい季節の過ごしやすさも変わってきます。乾燥は美容の大敵。ニキビや肌荒れの原因になるだけでなく、メイクも崩れやすくシワが目立って上の年齢に見られてしまうこともあります。乾燥肌に年中悩まされないために、しっかり対策して肌トラブルを回避しましょう!