春の肌トラブルを解消して新生活を楽しむ~花粉と乾燥対策がポイント~

春の肌トラブル、冬は終わったのにどうして起きる?

乾燥の季節でもある冬が終わって、肌トラブルも落ち着くかしら……?と思っていたのに、やっぱり肌トラブルがおさまらない!春になったのにどうしてなのでしょうか?

はるこ先生
こんにちは!サイト編集長の春子です!さて、新しい春が来て、肌トラブルもないすがすがしい日々がはじまる…と思っていたのに、やっぱり肌トラブルに見舞われた!という経験、心当たりのある方も多いのでは?助手を務めてくれているアッキーはどうかしら?
アッキー
あります、あります!冬は乾燥するし、肌トラブルが起こりやすいと思うんですけど、春になっても落ち着かないんですよね~どうしてなんですか?
はるこ先生
そうね、たしかに冬は空気が乾燥して肌荒れになりやすいわね。でも、実は春にも肌トラブルの要因がたくさんあるの!さっそく原因と対策をチェックしていきましょう!

春の肌環境は実は過酷。肌トラブルの原因とは

はるこ先生
寒い冬も終わって、暖かな春。肌環境にも良さそう…ですが、実は春という季節は意外にも肌にとって過酷な条件が色々揃っているんですよ。

花粉や黄砂

春になると花粉や黄砂が飛びます。花粉症などアレルギー体質の人にはつらい季節ですね。花粉症の症状と言えばくしゃみ・鼻水が有名ですが、アレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)​もそのひとつです。体内の抗体が​花粉などのアレルゲン(異物)を排除しようとすることで起こる皮膚炎です。これによって肌荒れが起こります。また、黄砂自体はアレルギー物質ではありませんが、皮膚に付着することで毛穴の皮脂腺や汗腺を塞いでしまいます。そうなると、皮膚の排泄機能が乱れて肌荒れを引き起こすというわけです。

さらに、春は「春一番」と呼ばれる強風が吹く日も多く、空気がホコリっぽくなりがち。こうしたホコリによって皮膚が汚れやすいので、肌に炎症が起きやすいんですね。

意外と強い春の紫外線

強い紫外線といえば、やっぱり夏場。紫外線量が増えるので紫外線対策は欠かせませんが、紫外線は1年中降り注いでいます。実は春の紫外線量もなかなか強いことをご存知でしょうか?春の紫外線は残暑が厳しい9月頃と同程度の量なんです。紫外線対策を意識するのは5月頃から…という人も多いと思いますが、春先から紫外線はその量を増やしているんですね。ここでUVケアを怠ってしまうと知らぬ間に肌荒れが起きていたということになってしまいます。

3月・4月の気温の変化

春先は昼夜の寒暖差の激しい季節です。昨日は暖かかったのに、今日は冬物の上着が欲しくなるくらい寒いということもよくありますね。また、1日の中だけでも日中は気温が上がって汗ばむくらい暖かくなったと思ったら、夕方以降に気温がぐっと下がり急激に冷え込むというのも珍しくはありません。このように気温がコロコロ変わると体温調節機能に負担がかかって自律神経が乱れがちに。すると肌の代謝を整えるホルモンなどのバランスが崩れて肌荒れを引き起こしやすくなります。さらに気温が上がると皮脂や汗の分泌も盛んになりますが、ここに先程紹介したような花粉や黄砂が付着しやすくなり、それらの刺激も肌トラブルの原因です。

新生活へのストレス

春は生活環境がガラリと変わることもありますね。進学・就職などでそれまでの環境から全く新しい環境に身を置くことになった時、期待と緊張でストレスがたまります。ストレスによって自律神経が乱れると交感神経が優位になり血流を調節する力が低下します。血液は肌に酸素や栄養を運ぶために大切な働きをするので、血流が悪くなると老廃物の代謝も低下して肌荒れが起こってしまうのです。


冬の乾燥を引きずったままの肌

冬は空気が乾燥するのでそれに伴って肌が乾燥します。冬場は特に保湿ケアを入念にするという方も多いと思いますが、それでも冬場の強い乾燥により肌は弱まっています。もちろん個人差はありますが、加齢により新陳代謝が低下すると保湿ケアをしてもダメージの回復に時間がかかるようになります。そうして冬の間、少しずつ乾燥ダメージを積み重ねた状態で春を迎えるので肌がとても不安定な状態になっているというわけです。


春の肌の状態と肌トラブル

肌のバリア機能が下がったゆらぎ肌

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」​の3つから成り立っています。表皮は0.2mmほどの厚さしかなく、さらにこの中で内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角層(かくそう)」​​​の4つの層に分けられます。一番外側となる角層はラップ程度の厚さながら、お肌の水分が蒸発するのを防いで外部からの異物の侵入を防ぐという重要な役割を担っています。角層は役目を終えると自然と剥がれ落ちます。これを肌のターンオーバー(新陳代謝)と呼び、年齢にもよりますが健康な肌ではだいたい 28〜40 日サイクル​で行われます。

本来、角層は「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」​といった保湿成分で満たされており、それを皮脂膜が覆うことで肌のバリア機能が働きます。しかし、肌の乾燥が進むとバリア構成因子が乱れて刺激を受けやすい状態になってしまいます。この敏感なゆらぎ肌ではアレルゲン、細菌・ウイルス​によって肌荒れトラブルが起こりやすくなるのです。

アッキー
冬の乾燥ダメージや紫外線の影響を受けた春のお肌はこういったゆらぎ肌になりやすいんですね。具体的にどんな肌荒れトラブルが起こりやすくなるんですか?
はるこ先生
そうね。春は花粉やほこりなどによる刺激も受けやすいし、敏感な状態になりやすいの。
では、具体的な肌トラブルについても見ていきましょう。あわせて対処法も紹介していきますね!

かぶれや炎症

春の花粉やほこりの混じった空気によって肌はかぶれなどの炎症を起こしやすくなります。花粉やほこりが毛穴を塞ぐことで皮膚の排泄機能の働きが乱されて、毛穴が炎症するためです。基本的にはマスクや花粉のつきにくい衣類などで肌をできるだけ守ってあげましょう。また、外出から帰ってきたらなるべく早く洗顔をして肌についた花粉などの汚れを落とすことで肌への負担を軽減することが大切です。

乾燥 

先程紹介したように、肌は乾燥することで外部からの刺激に弱い状態となります。特に冬の乾燥ダメージを受けた春の肌は乾燥状態が続いていて肌が不安定な状態。様々な肌トラブルが起こりやすくなります。また、春先は寒暖差の激しい時も多く肌が気温差についていけない、なんていうことも。皮脂の分泌が適切に行われずに肌の乾燥を招いてしまうのです。春のスキンケアは保湿重視で肌の状態を安定させてあげましょう。

かゆみ 

乾燥し敏感になった肌は髪の毛や衣服が触れる程度の軽い​刺激でも負担になります。皮膚は通常弱酸性に保たれていますが、乾燥によって皮膚のpHがアルカリ性に傾くと細菌が増殖しやすくなるのでかゆみを引き起こします。かゆみを感じて肌をかくと一時的には心地良いですが肌が傷ついて炎症をおこしますます敏感な状態となる悪循環に陥ります。かゆみを抑える有効成分を含んだ塗り薬やクリームを​塗ってできるだけかかないようにしましょう。

ニキビ 

昼夜の気温の変化の大きい日も多い春。体温調節機能をつかさどる自律神経も乱れがちになります。すると汗や皮脂の分泌のバランス​も乱れてニキビができやすい状態になってしまうのです。また、春は新生活がはじまり環境の変化が大きくなることも。そうしたストレスによってもやはり自律神経は乱れやすくなります。できるだけストレスをためないよう、リラックスできる時間を設けたりするようにしましょう。

くすみ

​肌が乾燥すると皮膚のターンオーバーが乱れやすくなります。新しい肌細胞が生まれ、それに押し出されるように役割を終えた角層が剥がれ落ちるのが本来なのですが、乾燥により皮膚の細胞を生み出す力が低下すると古い角質がいつまでも肌に残りくすみのもとに。いつものスキンケアに​ローションパックや保湿美容液をプラスするなどして、まずはしっかり保湿して肌本来のターンオーバーを整えましょう。


春のゆらぎ肌を守るスキンケア方法

はるこ先生
肌の状態を整えるために洗顔を正しく行うことは外せないポイントです。洗顔の正しいやり方をみていきましょう。

基本の洗顔を正しく行う

花粉やホコリを優しく除去

春の空気には花粉やホコリが混じりやすくなっています。これらが肌に付着したままでは肌トラブルのも。まずはきちんと花粉やホコリなどの汚れを落とすことが大切です。花粉やホコリはぬるま湯で流すだけで簡単に落ちるので、洗顔料をつける前に軽く洗い流しましょう。ゴシゴシこすらずにさっと流すだけで十分です。

皮脂の落としすぎには注意する

皮脂も肌トラブルのもとになる場合もありますが、それはあくまでも過剰に分泌した皮脂が毛穴を詰まらせたりすることで起こること。本来、皮脂はお肌の潤いを守って外部刺激から肌を守る役割をしています。ですので、必要以上に皮脂を落としてしまうと肌が乾燥しやすい状態になり、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。皮脂によってお肌がテカテカする状態はたしかに皮脂をきちんと落としてあげた方が良いですが、肌がしっとりと潤う程度には皮脂を残したいですね。

クレンジングや洗顔料の選び方

クレンジングや洗顔料は何を基準に選んでいますか?「CMで見たからなんとなく」「特売だったから」と適当に選んでしまうと思わぬ肌トラブルを招いてしまう場合も。自分の肌質にあったものを選ぶことが重要ですが、まずポイントとなるのは汚れがきちんと落とせるものであるかどうかです。うるおい成分が入っているもの、肌に優しい処方になっているものなど色々ありますが、洗浄力が弱いと肌に汚れが残ったままになってしまいます。これではいくらニキビケアや保湿ケアをしても汚れが邪魔をして本来の効果を得られません。そして、ニキビが気になるならニキビケアタイプ、乾燥が気になるならしっとりタイプ、肌荒れを起こしていて敏感な状態であれば敏感タイプなど自分の肌質にあったものを選びましょう。

正しい洗顔方法

まず、洗顔前に手をきれいに洗いましょう。そして、洗顔料をしっかり泡立てること。きめ細かい泡で洗うと、がクッションとなり摩擦によるダメージを軽減できるからです。さらに洗顔自体はあまり時間をかけすぎず、1分程度で終わらせるようにしてください。角質層は洗浄剤によって5分くらいで破壊され始めてしまうので、その前に洗い流すことがポイントなのです。丁寧に…と思うあまり時間をかけすぎてしまうのは逆効果なんですね。

洗い流す時は人肌の温度のぬるま湯で流しましょう。あまり熱いお湯では皮脂を過剰に洗い流してしまいますし、冷たい水も肌に負担がかかるのでできるだけ避けることをおすすめします。こめかみ部分や、あごの下などは洗浄剤が残りやすい部分なのですすぎ残しがないように注意しましょう。

はるこ先生
クレンジングや洗顔料をきちんと選んでも、間違った洗顔方法では肌は荒れる一方。正しいやり方で洗顔することが美肌への第一歩です。
アッキー
なるほど。いつもなんとなく洗っていましたけど、ここにあげたポイントを意識するのが大切なんですね。

正しい洗顔のポイント

  • 洗顔前に手を洗う
  • 洗顔料をしっかり泡立てる
  • 時間をかけずに1分程度で終わらせる
  • 流すときはぬるま湯で
  • すすぎ残しがないように

 保湿ケアでバリア機能を向上させる

保湿ケアの選び方

保湿アイテムも洗顔料やクレンジング同様に肌質にあったものを選びましょう。特に春先は冬場の乾燥ダメージが残っているのでセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合のものを選ぶと良いですね。代表的な保湿成分には以下のようなものがあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸 
  • コラーゲン 
  • グリセリン 
  • NMF 
  • メーカーが独自開発した保湿成分​​
はるこ先生
もちろん毎日使うものなので、使い心地の良いもの、香りが良いものなど自分にとって使い続けたいと思えるものを選びましょう。

正しい付け方

基本的には洗顔後の清潔な肌に化粧水→美容液→乳液やクリームの順につけていきます。水分を補給したうえで、油分で蓋をするイメージですね。化粧水はコットンなどを使うより、手のひらで肌になじませるように重ね付けしましょう。コットンを使ってパタパタをたたくように化粧水をつけるとコットンの繊維が肌に刺激となることがあるためです。また、乾燥がひどい場合はブースターと呼ばれるスキンケアアイテムの浸透を高めるアイテムを化粧水の前に使用するのもおすすめです。乾燥によって固くなった角質層に浸透し、ブースターが引水となって化粧水の浸透をアップさせます。

紫外線ケア

春の紫外線量はあなどれません。3月頃からすでに紫外線量は急増してきます。紫外線によって角質にダメージを受けると、保湿力が低下して乾燥を引き起こすので早いうちから紫外線ケアをしましょう。日焼け止めはその数値が大きいほど紫外線をカットしますが肌への負担も大きくなるので、春先であれば「SPF15~25」​や「PA+」「PA++」​くらいのものをこまめに塗りなおすようにしましょう。日差しが強いと感じる日は帽子や日傘などの日焼け対策のアイテムを身に着けるのも良いですね。

春のトラブル肌におすすめのスキンケア3選

草花木果・どくだみ(整肌トライアルセット)

どくだみには多くの働きがあり、古くから珍重されてきた植物。そのどくだみのエキスが、肌の角質層までうるおって肌の保湿力を高めてくれます。アクネ菌を抑えるエキスや肌のバリア機能を高める温泉水などによって肌をいたわりながら整えます。また、化粧水と保湿液には有効成分である「ACコントローラー」が配合されているのでニキビのできにくい肌環境に導きます。べたつかないのにしっかり潤す独自開発成分の「清潤環植物成分」も配合。

​使用感​べたつきは気にならないのにしっとり潤い実感
​効果​ニキビケアをしながらしっかりと潤い保湿
​特徴100%天然香料/​鉱物油・パラベン・タール系色素・合成香料無配合
  •  
  • しっとりしてニキビが落ち着いた
    4.5/5
    24歳・女性
    大人のニキビに効くようでしたので どくだみをチョイス。 洗顔料が石鹸なので泡立ちが心配でしたが、 全然問題なかったです。 化粧水(しっとり)に関しては 肌にのせた感じは 意外とあっさりかなぁって思いましたが ハンドプレスしていると だんだん肌がしっとりしてきます。 最終的にモチモチです。 少し薬草?っぽい香り 大人ニキビが結構落ち着いたふうに感じたので 現品購入も視野に入れてます。

    @cosme

はるこ先生
ニキビケアをしながらしっかり保湿もしたいという方におすすめ! 

セット内容

・整肌洗顔石けん・どくだみトライアルサイズ 20g
・整肌化粧水・どくだみ(しっとり)トライアルサイズ 40ml
・整肌保湿液・どくだみ(しっとり)トライアルサイズ 13ml

商品サイトへ

ラミューテ美肌セット

天然の洗浄成分が肌に優しく汚れをしっかり除去。リセットされたお肌がダマスクローズの天然保湿成分と豊富なナノ保湿成分配合の化粧水で肌のすみずみまで潤います。さらに保護美容液によって肌が自ら潤ってハリ弾力を作り出せるように育んで守ります。

ラインで使うことで「補う」「守る」「作り出す」という「新モイスチャリングサイクル」がきちんと発揮されて肌本来の機能が高められます。

使用感​​ダマスクローズの香りに癒されながらスキンケア
​効果内側から潤いすべすべ肌に​
​特徴​パラベン・アルコール・合成着色料・鉱物油・石油系合成界面活性剤 すべて不使用
  •  
  • ストレス肌に効く
    32歳・女性
    使い始めてからお肌も潤って調子がよく、毎回テンションが上がっています♪ 香りはローズというときついイメージがありますが、ほのかに優しく香るので、心地よく、ストレスお肌にきく!という感じ。 商品と一緒に届いたホルモンバランスの表なども、とても参考にしています。 自分のサイクルを知ること、ホルモンの関係、お肌にはとっても重要ですね。

    ラミューテ公式サイト

はるこ先生
ホルモンにお肌が左右されやすい女性におすすめ! 

セット内容

・ビオリズム洗顔フォーム 120g

・エンリッチ化粧水 100ml

・アドバンス保護美容液 30g

商品サイトへ

セラミディアル モイスチャーラインセット

「ヒト型セラミド」「ヒアルロン酸」などの保湿力を重視した成分を集結させたこちらのセット。乾燥したお肌を攻めの保湿で潤いに満ちた肌へと導きます。隣り合った細胞同士を密着させる「タイトジャンクション」形成によって水分蒸発を防ぎみずみずしさを実感。肌の保水力を高めてうるおいを逃がしません。

使用感​​しっかり保湿、天然油分で肌を柔らかく
​効果​高保湿成分で徹底保湿
​特徴​パラベン・シリコン・合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤​ すべて不使用
  •  
  • セラミドの力がすごい
    30代・女性
    化粧水は使用したことがありますが乾燥がひどいのでラインで揃えてみました。最後にクリームを塗るとベタつかずマットにみえますが肌を触ってみるとうるうるしているのがわかります。日中すっぴんですごしましたが全く乾燥しませんでした。夜お手入れして翌朝起きて触っても乾燥せず潤いが残っていました。セラミドの力ってすごい!.

    エトヴォス公式サイト

 

はるこ先生
とにかく乾燥が気になる方、インナードライ肌の強い味方! 

セット内容

・モイスチャライジングローション 150ml

・モイスチャライジングセラム 50ml

・モイスチャライジングクリーム 30g

商品サイトへ


さらに春の美容の悩みを軽減するには

マスクや衣服で肌をカバー

上で紹介したようにアレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)​は体の抗体によるアレルギー反応です。春の空気には花粉やホコリが含まれているのでこれらが肌に付着することは肌荒れの原因になります。​できる限り花粉やホコリといった異物が肌に付着しないように対策しましょう。手軽なところではマスクや長袖の衣類などでなるべく肌を保護してあげること。衣類も花粉が付着しにくいように加工されたものなどもありますから、そういったものを選ぶのも良いですね。花粉用のメガネ、ゴーグルなども有効です。

帰宅したらメイクは落とそう

メイクをしたままではファンデーションなどが毛穴を塞いだ状態のままということ。また、花粉やホコリなども春の空気に混ざって肌に付着しています。これらの汚れが毛穴に詰まると肌トラブルの原因となるので、帰宅したら早めにメイクを落として肌の負担を軽減してあげましょう。メイクを落としたら保湿ケアで肌をいたわることも忘れずに。

洗濯物は外に干さない

​春の空気にはホコリ、花粉が含まれているので洗濯物を外に干してしまうとせっかくきれいに洗った衣類に花粉やホコリがついてしまいます。花粉の飛散している時期は乾燥機を使ったり室内干しにするなどをして乗り切りましょう。それでもどうしても外に干したい場合は洗濯物を花粉や黄砂から守りながら干せるカバーも市販されているのでそういったアイテムを利用しましょう。

睡眠や食事にも気をつけよう

美容のためには十分な睡眠やバランスの良い食事は欠かせません。これは春だけに限ったことではありませんが、特に春先は新生活がはじまりストレスもたまりやすくなります。質の良い睡眠をとって疲れを癒し、3食しっかり食べて健康的な体を保つことが美肌を育てます。


春はお肌の調子を整える絶好の機会、健康な肌を目指そう

冬のダメージを引きずって、このまま紫外線の強い夏に突入すると肌はますます深刻なダメージを受けてしまいます。だからこそ春先は肌の調子を整えるにはとても良いタイミングなんですね。春のうちにしっかりと保湿、花粉対策、紫外線対策をして肌荒れを改善し健やかなお肌を目指しましょう!