肌荒れの原因は女性ホルモン?7つのホルモンバランスを整える方法

肌トラブルはホルモンバランスの乱れが原因かも?

ちゃんとスキンケアをしているつもりなのに肌が乾燥しやすい、皮膚にかゆみが起こりやすい、ニキビがなかなかなくならない等、慢性的な肌トラブルに悩まされている方は案外多いと思います。その肌荒れの原因が何なのかがわかれば対処しやすいのですが、はっきりとはわからないことのほうが多いですよね。実は、その肌トラブルの原因が、女性ホルモンのバランスの乱れである可能性もあるのです!私が女性ホルモンと肌荒れの関係をご説明し、ホルモンバランスの整え方も伝授しますので、肌荒れにお悩みの方はぜひ参考にして頂ければと思います。

はるこ先生
女性ホルモンは、思った以上に私たち女性の身体に影響を与えているんです。体調を左右する女性ホルモンのことを知っておけば、自分の体調管理もしやすくなりますよ!

女性ホルモンと肌荒れの関係

まずは、女性の身体と関係の深い女性ホルモンのことを、詳しく見ていきましょう。女性ホルモンが肌荒れとどのようなつながりがあるのか、要チェックです!

美肌と関係の深い女性ホルモン「エストロゲン」

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、生理の終わり頃から徐々に分泌量が増えていき、排卵直前にピークに達する女性ホルモンです。エストロゲンは妊娠出産に関わるだけでなく、女性の健康や美容、心の状態にも大きな影響を与えています。エストロゲンの分泌量が増えると体調が良くなり、心も安定してきます。そのエストロゲンの主な働きはこちらです。

  • 卵胞を成熟させる。
  • 子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすくする。
  • 体温を下げる。
  • 精子が子宮に入るのを助けるために粘液を分泌させる。
  • 自律神経や脳の働きを整える。
  • 血流を良くし、骨の形成を助ける。
  • 女性らしい身体をつくる。
  • 肌の皮脂量や水分量を調整する。
  • コラーゲンを生成する。

また、排卵後から生理前には、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えてきます。子宮内膜を厚くして体温を上げ、妊娠を助けるホルモンです。プロゲステロンの分泌量が多すぎると、月経前症候群を起こしたり、感情が激しくなったり、肌荒れを起こしたり等、心身のバランスが崩れやすくなるため、排卵後から生理前までは体調を崩す人がでてきます。

エストロゲンが減少すると肌荒れしやすくなる

エストロゲンは「美肌ホルモン」ともいわれていて、女性らしい柔らかな身体つきをつくったり肌のハリを保ってくれるので、シワやたるみを予防したり、肌の調子を良くしたりといった作用があります。生理から排卵まではエストロゲンの分泌が増えるので、体調も肌の調子も良くなることが多いのです。エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスがちゃんととれていれば良いのですが、プロゲステロンが多すぎたりエストロゲンが少ないと、肌荒れが起きやすくなるといわれています。

ホルモンバランスが乱れる原因

女性ホルモンは、ちょっとしたことですぐにバランスを崩してしまうのだそうです。ホルモンは脳から指令が来て分泌されるので、脳がストレスを感じるとホルモンの分泌にすぐに影響を与えてしまいます。ストレスや睡眠不足、不規則な生活、食生活の乱れ、運動不足、ダイエット、更年期など、身近によくある問題が主にホルモンバランスを崩す原因となっています。

男性ホルモンの影響も!

女性には女性ホルモンしかないと思いがちですが、実は男性ホルモンも少しは持っています。同じように男性も女性ホルモンを持っています。男性ホルモンは、やる気を出させたり身体や筋肉を成長させたりする働きがあるのですが、それ以外に皮膚の皮脂腺を刺激する作用も持っています。ストレス等で女性ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの影響が強く出てしまい、皮脂が多く分泌されてニキビや吹き出物ができやすくなるといわれています。

アッキー
男性のなかでも女性ホルモンがつくられ、女性の中でも男性ホルモンがつくられているんですよ!このことは案外知らない人が多いかもしれませんね。

ホルモンの影響で起こる肌荒れの症状

エストロゲンが減少する排卵後から生理前はとくに、肌荒れが起こりやすくなります。エストロゲンが減ると肌の皮脂量や水分量の調整がうまくいかなくなるので、どうしても肌が乾燥してきます。乾燥肌になると肌のバリア機能の働きが衰えて、ちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみや湿疹などの肌荒れを起こしやすくなります。生理前にニキビや吹き出物ができやすくなる経験をしたことがある方は多いと思いますが、それは男性ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌されたためにニキビ等ができやすくなったのです。

ホルモンバランスを整える7つの方法

先ほど、ホルモンバランスが乱れる原因を見てみましたので、ここではホルモンバランスを整える方法を7つご紹介しましょう!肌荒れだけでなく、心身の健康を保つためにも、日頃からホルモンバランスは整えておきましょうね。

1.バランスの良い食事を心がける

身体は食べ物でできています。毎日摂る食べ物は、ホルモンバランスにもとても影響を与えています。日頃から女性ホルモンのバランスを整える食べ物を積極的に摂るようにしたり、規則正しく栄養バランスの取れた食事を心がけることで、ホルモンバランスも整ってきます。女性にありがちな偏った食事や過度のダイエットはもちろん、暴飲暴食もホルモンバランスに悪影響を及ぼします。食事はいつも腹8分目くらいで済ますようにしましょうね!

オススメの栄養素はイソフラボンとビタミン

大豆に含まれているイソフラボンは、体内でエストロゲンと似た作用をすることで知られています。納豆や豆腐、油揚げ、豆乳、みそ等を毎日の食事に取り入れて、こまめにイソフラボンを摂るようにしましょう。とくに、エストロゲンの分泌が少ない排卵から生理までの時期には、意識して摂ると良いでしょう。また、ビタミンB6やビタミンEにも、ホルモンバランスを整える作用があります。ビタミンB6は、マグロ、カツオ、レバー類、ナッツ類、バナナ等に多く含まれ、ビタミンEは、ナッツ類、かぼちゃ、アボカド、うなぎ等に含まれています。副腎皮質ホルモンの分泌を促して肌の不調を緩和したり、ストレスを軽減してくれるパントテン酸も摂ると良いでしょう。うなぎや干し椎茸、レバー類、納豆、落花生等に多く含まれています。

ホルモンバランスに悪影響を与える食事とは?

同じものばかりを好んで食べたり、添加物の多い加工品を頻繁に摂るのはNG。また、脂肪分が多いので乳製品の取りすぎにも注意しましょう。自律神経を乱しやすいカフェインは良質な眠りの妨げになり、ホルモンバランスも崩しやすくなるので、夕方以降にカフェイン入りの飲食物を摂るのは控えましょう。

2.早寝早起きをする

人間には、昼間は動き、夜は休むという、活動する時間と休息する時間のリズムがあります。夜更かし等の生活の乱れによって休息の時間、つまり睡眠のリズムが崩れると、体内の機能もバランスを崩してしまい、女性ホルモンも影響を受けて乱れてしまいます。早寝早起きをすると、人間の身体にもともと備わっているリズムと調和するので、身体の調子が整ってきます。毎日早寝早起きをするのは難しいかもしれませんが、休みの日であってもいつも同じくらいの時間に起きる癖をつけておくと良いでしょう。また、良い睡眠をとるために、寝る前はパソコン等の画面を見ない、部屋の電気を暗めにする、シャワーではなくお風呂に浸かる、寝る2時間前までに食事を済ます等、よく眠れそうな環境を整えるようにしましょう。

3.毎日適度な運動をする

運動をすると、エストロゲンの分泌がうまく調整されることがわかっているそうです。定期的に運動をする人は、乳がんや更年期障害にもなりにくいといわれています。ジム通いやマラソン等のような激しい運動をしなければならないわけではなく、毎日適度な運動をしていれば、自然とホルモンバランスが整ってきます。一駅分歩くようにする、エスカレーターではなく階段を使う、掃除等の家事を一生懸命する、早足で歩くなど、毎日コツコツできることで良いので、運動する習慣をつけましょう。

4.アロマでリラックス

アロマオイルには、クラリセージのようにエストロゲンと似たような作用のある成分を含んだものがあり、ホルモンバランスを整えるのに役立ちます。また、ローズやゼラニウム、イランイランといった精油も女性ホルモンを調整する作用があるほか、その香りで気分をリラックスさせ、ストレスや緊張感の緩和にも効果を発揮します。ラベンダーやグレープフルーツ、オレンジスイートなども心身をリラックスさせる効果があるため、ホルモンバランスを崩す原因となるストレスを軽減してくれるでしょう。

5.身体を冷やさない

女性の身体は男性よりも体温が低く、筋肉量も少ないので冷えやすくなっています。冷えると血流が悪くなるし、身体の基本的な働きを保つ自律神経やホルモンのバランスを乱してしまいます。とくに、お腹まわりが冷えると卵巣に影響して女性ホルモンの分泌が減少するので要注意です。身体を冷やさないようにするためには、まめに身体を動かしたり、お風呂にゆっくり浸かったり、下半身を温めて頭寒足熱を心がけたり、冷たい飲食物を避けて温かいものを食べるようにすると良いでしょう。

はるこ先生
アロマオイルをお湯に数滴入れて、良い香りのなかゆっくりお風呂に浸かると、本当にリラックスできてストレス解消になりますよ!ホルモンバランスを調整してくれる精油を使えばさらなる効果が期待できますね♪

6.恋愛をする

恋愛をするとキレイになる、といわれますよね。恋をしている女性は、女性らしく色っぽく見えることがよくあります。エストロゲンは女性らしさを生み出すホルモンなので、恋愛をするとエストロゲンの分泌が増えるのではないかという意見があるようです。はっきりとした根拠はないようですが、恋愛をして気持ちが満たされると、ストレスも解消されて身体にも良い影響を与える可能性は高いといえるでしょう。

7.サプリを活用する

エストロゲンの分泌を高めるサプリを摂ることで、ホルモンバランスの調整を助けることもできます。ホルモンバランスを整えてくれる成分には、ビタミンB6、ビタミンE、プラセンタ、大豆イソフラボン、リグナン等があります。ただ、サプリメントだけに頼るのではなく、あくまで補助的なものと考えて、上記の方法を実践しながら併用するようにしましょう。

おすすめサプリ:エイジングリペア

エイジングリペアは馬のプラセンタエキスが主成分で、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンB群などが配合されているサプリです。プラセンタは主に哺乳類の胎盤から抽出されたエキスで、自律神経やホルモンバランスを調整したり、細胞の働きを活発にしたり、抵抗力を高めたりといった身体に有益な作用が期待できる成分です。健康だけでなく美容にも効果があり、エイジングケアをサポートする成分としても注目を集めています。エイジングリペアは口コミランキングでも1位を獲得した人気のプラセンタサプリで、内面から身体もお肌も若々しく元気にしてくれます。ホルモンバランスを整えてくれる成分がしっかり含まれたサプリですので、ぜひお試しください!

メーカーMEJ
価格(税別)定期コースなら初回4,400円  2回目以降8,800円、単品だと11,000円

エイジングリペア

アッキー
女性の心身や肌の調子には、ホルモンバランスがとっても影響を与えているんですね!日頃からホルモンバランスが整うような生活ができれば理想的ですが(^_^;)大事なところなので、もう一度おさらいします♪

ホルモンバランスを整えるポイント!

  • イソフラボンやビタミンを積極的に摂り、規則正しいバランスのとれた食事を心がける。
  • 早寝早起きをして生活のリズムを整える。
  • 毎日適度に身体を動かす。
  • アロマをうまく利用してストレスを発散する。
  • 身体を冷やさないように気をつける。
  • ホルモンバランスを整えるサプリも補助的に摂ればさらに効果的。

改善できないときは産婦人科で治療

ニキビや吹き出物等がたくさんできて、上記の方法を実践してみたけれどいまいち改善する効果が感じられず、肌荒れがなかなか良くならない場合には、女性ホルモンの専門家である産婦人科を受診してみましょう。肌のことだから皮膚科?と思うかもしれませんが、ホルモンバランスの乱れが原因で起こっている肌荒れなら、産婦人科を受診するほうが良いです。初めてだと行きにくいかもしれませんが、血液検査等でホルモン量を測ることこともできますので、しつこい大人ニキビ等でお悩みの方は一度受診してみてはいかがでしょうか?

ホルモン治療の内容

産婦人科では、ホルモン量の分泌を測る検査をしてくれます。その結果、ホルモンバランスの乱れがあると診断された場合は、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整え、男性ホルモンの分泌を抑えてくれるようなホルモン剤を使用した治療を受けることになります。ニキビの原因となりやすい皮脂の分泌を促す男性ホルモンを抑制する抗アンドロゲン剤が処方されたり、エストロゲンとプロゲステロンが含まれているピルを摂ることで男性ホルモンの働きを抑えたりします。

病院で処方される主な薬

ピル

ホルモンバランスを整えるために病院でよく処方される薬は、ピルです。ピルは、飲んだことはなくても一度は聞いたことがある方がほとんどだと思います。避妊薬として使用されることが多いのですが、生理不順や婦人科系の病気の治療等にも使われています。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれていて、含有量が多いほど効果も強いのですが、副作用がかなり出ることもあるので、医師の指示に従って正しく摂ることが大切です。主に、低用量ピルが処方されることが多いです。

漢方薬

漢方薬では直接女性ホルモンを増やしたり減らしたりすることはできませんが、ホルモンバランスが整いやすいような体質へと改善させる目的で処方されることがあります。血流を良くして冷えを改善させる当帰芍薬散や加味逍遙散などが使用されることが多いです。

ホルモン治療のメリット

肌荒れ改善の効果以外にも、ホルモン剤を摂ると、生理不順、月経困難症が改善されたり、子宮ガンや卵巣ガン、大腸ガンの予防、自律神経失調症の軽減等にも効果があるといわれています。

デメリットもある

個人差がありますが、ホルモン剤を摂ると副作用が出ることがあります。頭痛や吐き気、不正出血、食欲増進のほか、血栓症や子宮頸ガンのリスクが高くなるといわれています。体質的にピルが合わない人もいるので、必ず医師の診断を受け、指示に従いましょう。

はるこ先生
できれば生活の改善や食事、運動等で自然にホルモンバランスを整えたいところ。改善が難しく、止むを得ずホルモン剤を摂る場合にも、薬だけに頼らずに、ホルモンバランスを整える方法も取り入れてくださいね!

編集部イチオシ!肌荒れ対策におすすめの化粧品

ホルモンバランスの乱れによってできた大人ニキビ、吹き出物、乾燥やかゆみでお悩みの方にオススメの化粧品があります。女性のホルモンバランスに着目した化粧品ですので、肌荒れ対策としてぜひお試しください!

ラ・ミューテ美肌セット

ラ・ミューテには、美肌成分がふんだんに含まれ、優雅な香りで女性の美しさを引き立たせる最高級ダマスクローズが使われています。ダマスクローズは昔から美容や健康のために用いられており、血行を良くして肌を活性化させたり、保湿成分により肌トラブルを改善したり、抗菌消炎作用や鎮静効果もあるといわれています。その優雅な香りによってストレスを軽減し、ホルモンバランスにも良い影響を与えてくれます。日本国内で無農薬栽培された、こだわりのダマスクローズを使用してつくられています。初めて購入する方には、初回限定20%オフの美肌セットがオススメです。

セット内容ビオリズム洗顔フォーム、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液
価格13,680円(税抜)

ラ・ミューテ

  •  
  • ニキビができにくくなってビックリ
    4.8/5
    20代 女性
    まず瓶がガラスで出来ており高級感があり気に入ってます。 化粧水自体はサラっとした、水っぽいテクスチャで気持ち良く使えます。 すぐにお肌になじみ浸透は早いです。 乾燥肌なのですが冬にこれと美容液だけでも、十分乾燥せずに使えました。 少し気になる時はクリームも足してましたが。 ニキビはたまに出来ていたのですが、これに変えてから1か月1回も出来ずにビックリしました。私のお肌には相性がいいようです。

    @cosme

 

保湿もしっかりでき、なじみも良いようですね。ローズの芳しい香りがホルモンバランスを整えてくれて、生理前にできやすい大人ニキビ撃退にも効果が期待できそうです!

エストロゲンの分泌を促して美肌を取りもどそう

エストロゲンは、女性らしさを生み出し、心も前向きになり、肌の調子も整えてくれる大切なホルモンです。ストレスや不規則な生活などが原因でホルモンバランスが崩れると、女性の身体にはすぐに影響がでて、様々な不調が起こってきます。なかなか改善しない肌荒れにお悩みの方は、エストロゲンの分泌不足が原因かもしれません!もしやと思ったら、ホルモンバランスを改善する方法をぜひ試してみてください。ホルモンバランスは健康的な生活のためにはとても大事なので、いつも気をつけておきたいですね!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事