顔のシミを消したい!試すべきスキンケア3選と皮膚科の治療法

年齢を重ねるにつれて、多くの男女に表れるシミ。シミを消したい!と思ってはいるものの、具体的に何をすればいいのか、どんな化粧品を選べばいいのかお悩みの人も多いですよね。

この記事ではシミケアを本気でしたい人が今選ぶべき化粧品TOP3を紹介。さらに

  • シミケア化粧品を選ぶときのポイント
  • 皮膚科でシミを消す方法
  • 年齢別、シミ対策法

などすぐに役立つ情報をたっぷりとお伝えしていきます。今すぐ化粧品が見たいという人はシミにアプローチ!おすすめ化粧品TOP3にジャンプしてくださいね♪

シミを消したい!スキンケアのおすすめは?

年齢と共に顔や身体に現れ、増え続ける「シミ」。ある日、鏡の前に立って悲鳴をあげたという人もいるでしょう。

1度出てきてしまうとなかなか消すことができないそのやっかいな存在は、遺伝性のものやホルモンの影響で防ぐのが困難なものもあれば、日頃のケアで防げるものもあります。

undefined
はるこさん
年齢を重ねる毎に増える肌悩みで「シミ」は常にトップ。私も若いころに浴びた紫外線に後悔しているひとりです…。
  • これまでに試した化粧品の数⇒約100種類
  • 化粧品メーカーへの電話リサーチ件数⇒20社
  • 今回調査した関連サイト数⇒50サイト以上 

この記事では本気の美白におすすめの化粧品や、皮膚科のシミ消し治療、今からでも遅くないシミを増やさない方法など、シミとさよならするための情報を余すところなく紹介します。

できてしまったからとケアを怠るとシミはどんどん増えていってしまうかも……。諦めず、日頃のケアを根気よく続けていきましょう!

※美白とは、メラニンの生成によるシミ・そばかすを防ぐことをいいます

シミケア化粧品を選ぶ2大ポイント

みなさんは、シミケア化粧品を選ぶときどんなポイントをチェックしていますか?口コミ、人気、話題性なども気になりますが、成分の働きも重要なんです!

シミのもとであるメラニンにアプローチする成分は、以下の3つのタイプに分けられます。

  • 新たなシミを作らせない予防タイプ
  • 今あるメラニンを攻める還元タイプ
  • メラニンの排出をサポートするタイプ

あなたが求める化粧品に出会うためにも、まずはどの成分がどれに当てはまるのかを見ていきましょう。

1.美白成分に注目

美白成分とは、厚生労働省に認可されたメラニンの生成を抑制してシミそばかすを防ぐ成分のことです。

これが一定量入っているもののみ「美白化粧品」と名乗ることができ、医薬部外品、もしくは薬用に分類されています。

美白成分にはたくさんの種類がありますが、そのほとんどがシミが出来る前に防ぐ「予防型」。具体的には以下のような働きに期待ができます。

  • チロシナーゼに働きかけることでメラニンの生成を抑える
  • メラニンを作れと指令を出す情報伝達物質の働き阻害する
  • メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを阻害する  など

※チロシナーゼとは、メラニンが作られるときに働く酸化酵素のこと

上記にプラスして、メラニンの排出をサポートする、メラニンを還元するなど複数の働きを持つ成分もあります。

undefined
はるこさん
ここでは「チロシナーゼに働きかけてシミを予防する」代表的な美白成分を見ていきましょう。

【アルブチン】

チロシナーゼの働きを阻害する。表示名はアルブチン、αアルブチン、βアルブチン

【エラグ酸】

チロシナーゼの働きを阻害する。表示名はエラグ酸

【コウジ酸】

チロシナーゼの活性を抑える。表示名はコウジ酸

【ビタミンC誘導体】

チロシナーゼの働きを阻害する。メラニンを還元する。表示名はL-アスコルビン酸 2-グルコシド、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルリン酸Na、アスコルビルグルコシドなど

【プラセンタ】

チロシナーゼの働きを抑制する。表示名はプラセンタエキス

【リノール酸】

チロシナーゼを分解する。メラニンの排出をサポートする。表示名はリノール酸S、リノレックスS

【ルシノール】

チロシナーゼとチロシンの結合を阻害する。表示名は4-n-ブチルレゾルシノール

【4MSK】

チロシナーゼの活性を抑える。メラニンの排出をサポートする。表示名は4-メトキシサリチル酸カリウム塩

undefined
はるこさん
続いて、情報伝達物質の働きを阻害する美白成分です。メラニンを作る指令を出す物質を抑制することで、メラノサイトの活性を抑えます。

【カモミラET】

情報伝達物質エンドセリンを抑制する。表示名はカミツレエキス、カモミラエキスなど

【トラネキサム酸(t-AMCHA)】

情報伝達物質プロスタグランジンを抑制する。t-AMCHAはトラネキサム酸の別称。表示名はトラネキサム酸、m-トラネキサム酸、TCXなど。

TCX(トラネキサム酸セチル塩酸塩)にはチロシナーゼの活性を抑える働きにも期待ができる。

今回紹介した以外にも、様々な美白成分があります。化粧品会社が独自に開発した美白成分なども多くあるので、気になる方はメーカーHPをチェックしてみましょう。

2.メラニンの還元作用に注目

ここまでに紹介してきた予防タイプでは満足できないという人は、メラニン還元作用に注目!

「還元作用」とは元に戻す働きのこと。化粧品成分における還元はメラニンの生成を遅らせるメラニンを淡色化(薄く)するという意味で使われています。

還元作用を持つ成分としては、ビタミンC誘導体とハイドロキノンが有名です。それぞれどんな働きに期待ができるのかを見ていきましょう。

【ビタミンC誘導体】

メラニンを還元する、チロシナーゼの働きを阻害する。

表示名はL-アスコルビン酸 2-グルコシド、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルリン酸Na、アスコルビルグルコシド、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)など

【ハイドロキノン】

メラニンを還元する。チロシナーゼの働きを抑える、メラノサイトの働きを弱める。表示名はハイドロキノン

ハイドロキノン皮膚科でのシミ消し治療にも使われる成分。昔は医療機関のみの取り扱いでしたが、現在は低濃度であれば化粧品への配合が認められています。

※進化型ビタミンC誘導体と呼ばれるAPPSハイドロキノンは、厚生労働省に認められた美白有効成分ではないため、医薬部外品には配合されていません。

undefined
あっきー
医薬部外品の美白以外にも、今は色んな成分があるんですね。メラニンを還元できるハイドロキノンとビタミンC誘導体…気になります!
undefined
はるこさん
「抑制」と「還元」に分けてみると、悩みに合った成分を選びやすくなるわよね。ただし、どれもすぐに実感できるわけじゃないから、まずは3ヵ月を目安に続けてみて♪

\シミが消えるクリームをチェック/

シミにアプローチ!おすすめ化粧品TOP3

それでは、シミが気になる人におすすめの化粧品TOP3を発表します♪予防を重視したいのか、攻めのケアがしたいのか、肌質に合うかなどを考えながら気になる商品を見つけてみてください。

※口コミは個人の感想です。商品の効果・効能を保証するものではありません

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

\浸透型ハイドロキノンがシミを狙う/

 

ビーグレン

  • 編集部評価:★★★★★総合98.8点
  • 初回価格:1,800円(送料無料)
  • 内容量:7日間分
  • 保証・特典:365日間返金保証、1,000円オフクーポン付き
  • メーカー:ビーグレン

アメリカの医学博士が開発したハイドロキノンクリーム。医療にも使われているナノカプセル「QuSome」にハイドロキノンを閉じ込め、過去から続く悩みにも働きかけます。

QuSomeを利用したことで角層への浸透を高めたのはもちろん、ハイドロキノン特有の肌刺激も大幅に低減。本気のシミケアをしたいという女性に、今絶大な人気を誇るクリームです。

▼ビーグレンでははじめての人限定で、相乗効果に期待ができる7日間トライアルを販売中!保湿ケアと角質ケアも同時にできるフルセットで、さらなる手ごたえを感じてください。

【7日間のトライアルセット内容】

  • クレイウォッシュ(洗顔)
  • QuSomeローション(化粧水)
  • Cセラム(高濃度ビタミンC美容液)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • ベタつきが気になる
    かなり柔らかいクリーム。軽い感じですが…使うとベタベタ…しばらく経ってもベタベタ。肌に残ります。

    @cosme

  •  
  • 肌に合わなかった
    全然肌に合いませんでした。使い始めて1週間ほどで肌荒れし、かぶれたようになりました。残念です。

    @cosme

柔らかくスルスル伸びる軽やかなテクスチャーですが、付けすぎるとベタつきを感じるようです。多く付けるほど良いわけではないので、顔全体でパール粒1~2個分を目安にしましょう。

ひとつ注意したいのが、ハイドロキノンそのものが合わない人もいるということ。トライアルは返金保証も付いているので、パッチテストのために注文してみるのもアリです。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • シミの変化を感じた
    まだ1本使い終わってないのですがシミが薄くなってます。Cセラムとの併用で効果が早かったのだと思います。肌も明るくなったので継続して使用するつもりです。

    @cosme


  •  
  • 半年続けた結果がスゴイ!
    直ぐにシミが消えるというものではありませんでしたが、半年以上を経過してからシミが嘘のように薄くなり、消えてゆきました。これからもずっと使い続けていきたい商品です。

    ビーグレン


シミに変化を感じた肌が明るくなったいう意見がとても多いのが印象的でした。通常ハイドロキノンは部分使いですが、こちらは顔全体にも使えるのが嬉しいですよね!

2つ目の口コミは、ケアをしてこなかったことによってすごい量のシミに悩まされていたという40代の女性。長年蓄積した悩みをお持ちの人にも人気が高いようです♪

公式サイトを見てみる

QuSomeホワイトクリーム1.9の成分と特徴

QuSomeホワイトクリーム1.9のおもな成分はこちら!

  • 肌を明るく導く「QuSome化ハイドロキノン」
  • 肌曇りを防ぐ「進化型ビタミンC誘導体」
  • 透明感をサポートする「βホワイト・TGP2」
  • 肌本来の力を引き出す「ハイビスカス花発酵液」

本来ハイドロキノンは強力な反面、肌刺激が強く浸透が悪いという特徴を持っています。そのため今までは皮膚科などで指導を受けながら使用するのが一般的でした。

ビーグレンはQuSomeカプセルを使うことでその2つのデメリットをクリアに♪皮脂を通過して成分を角層内に届けることで、悩みのもとにアプローチします。

ホワイトケアトライアルの保証内容と安く買う方法

ハイドロキノンを1.9%配合したQuSomeホワイトクリームをお得に試すなら、ホワイトケアトライアルがおすすめです。トライアルは、

  1. メラニンを含む古い角質をケアする
  2. たっぷりと満うるおいをあたえる
  3. ハイドロキノンで攻めのケアをする

という、明るい肌を目指すための理想的なステップがすべてできるセットになっています。

内容は、洗顔、化粧水、ビタミンC美容液、ハイドロキノンクリーム、保湿クリームに加え、次回の買い物で使える1,000円オフクーポン365日間の返金保証付き!

万が一肌に合わないときはしっかり返金してくれる信頼できるメーカーなので、肌が弱い人もぜひこのトライアルからスタートしてみてくださいね♪

公式サイトとamazon、楽天の価格比較(2018年2月現在)

公式サイトamazno楽天
1,800円
(送料無料)
取り扱いなし取り扱いなし

公式サイトを見てみる

POLA ホワイトショットSXS

\世界発の美白メカニズムに着目/

Source: POLA

POLA

  • 編集部評価:★★★★★総合98.2点
  • 価格:12,960円(送料無料)
  • 内容量:20g(約3ヵ月分)
  • 保証・特典:サンプル、オリジナルコットンプレゼント
  • メーカー:POLA

気になる部分にピタッと密着する、集中美白美容液。大人気のホワイトショットSXが、2018年2月に進化してリニューアルしました。

進化したホワイトショットSXSはメラノサイト本来の働き「アライブクリア機能」に着目し、新成分m-Aクリアエキスをプラス。メラノサイトの停滞による過剰なメラニンの生成に働きかけます。

さらに美白成分ルシノール®EXや、濃く根深い過脂化メラニンに着目したオリジナル成分も配合。独自技術でメラノサイトに直接届け、冴えわたるような明るい肌を目指します。

※アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

まだリニューアルしたばかりということもあり、悪い口コミはつかりませんでした。短期間で見られるデメリットには肌刺激があげられますが、そういった声も今のところ見当たりません。

あえていうなら、値段が高くて躊躇するという意見がありました。確かに安い美容液ではありませんが、1本約3ヵ月分と意外と長持ちするのでコスパは悪くないかと思います。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • リニューアル前からお気に入り!
    リニューアル前から使用していましたが、今回の方が肌馴染みがいいです。リニューアル前のものをずっと使用していて、薄いシミはなくなりました。

    @cosme


  •  
  • 肌がトーンアップした感じ
    使い始めて1週間たちました。ホントにそばかす、ちょっと薄くなってるし、朝起きた時、顔が白くなってるかも。朝の顔がトーンアップしてました。

    @cosme

リニューアル前の商品は、シミの変化が実感できたと大好評。美白成分や独自成分はそのままに新たな成分がプラスされたので、さらなるパワーアップが期待できそうです♪

2つ目の口コミは、リニューアル後のホワイトショットSXSを使った感想です。すでに肌の明るさを感じているというのはスゴイですね!

公式サイトを見てみる

POLA ホワイトショットSXSの成分と特徴

ホワイトショットSXSのおもな成分はこちら!

  • 美白有効成分「ルシノール®EX」
  • アライブクリア機能に働きかける「m-Aクリアエキス」
  • セルフクリア機能をサポートする「SCリキッド」
  • 過脂化メラニンに着目した「m-シューター・クリアノール」
  • メラノサイトまで成分を届ける独自設計

POLAは世界で初めて、メラノサイトは本来移動しながらメラニンの量を適切にしていることを発見。メラノサイトが停滞した部分は、通常の6倍もメラニンが作られていることが分かりました!

メラノサイトの停滞は、加齢やストレスなどで誰にでも起こりうるそう。このまったく新しい美白のメカニズムに着目し、新成分をプラスしたのが新生ホワイトショットSXSです。

POLA ホワイトショットSXSの保証内容と安く買う方法

ホワイトショットSXSの購入は、公式サイトがおすすめです。あまり知られていませんが、POLAの公式サイトでは3つのお得なキャンペーンを行っています。

  1. お好みのサンプルプレゼント
  2. 商品レビュー投稿で非売品コットンプレゼント
  3. お友達紹介でおふたりに豪華サンプルセット贈呈

公式通販を利用すると、5,000円以上で1種類10,000円以上で2種類サンプルを選ぶことができます。

最新美容液やファンデ約1週間分などかなり豪華な内容になっているので、気になる商品がある人はこの機会に一緒に試してみてはいかがでしょうか♪

公式サイトとamazon、楽天の価格比較(2018年2月現在)

公式サイト

amazon

楽天
12,960円
(送料無料)
11,990円
(送料別)
12,300円
(送料別)

公式サイトを見てみる

ディセンシア サエル 薬用美白美容液

\敏感肌のくすみ3原色をクリアに導く/

Source: サエル

ディセンシア サエル

  • 編集部評価:★★★★★総合97.5点
  • 価格:1,480円(送料無料)
  • 内容量:10日間分
  • 保証・特典:30日間返金保証付き
  • メーカー:ディセンシア

サエルは敏感肌向けに開発された美白シリーズ。敏感肌は、炎症による赤み、乾燥による青み、メラニンによる黄みと3つのくすみができやすいのが特徴です。

これら3色が重なり合うと黒っぽい色になり、シミをより濃く目立たせてしまいます。そんな敏感肌特有の「くすみ3原色」に着目したのがサエルの美白美容液。

美白成分アルブチンに加え、土台を整えるセラミドナノスフィア、肌荒れを抑えるトラネキサム酸などがトータルで働きかけ、健やかで透明感のある肌に導きます。

※アレルギーテスト、医師立ち合いテスト済み(すべての方にアレルギーおよび皮膚刺激が起こらないというわけではありません)

▼ディセンシアサエルでは、10日間じっくり試せるフルライントライアルをご用意しています。30日間返金保証付きなので、敏感肌の人も安心してトライしてください♪

【10日間のトライアルセット内容】

  • ホワイトニング ローション コンセントレート 
  • ホワイトニング エッセンス コンセントレート 
  • ホワイトニング クリーム コンセントレート 
  • サエル ホワイトCCクリーム(1包)

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • しっとり感が物足りない
    サラサラしたローション状の美容液でした。1包なので効果はわかりませんが、もう少ししっとり感があっても良いと思いました。

    @cosme

  •  
  • サラサラで塗りにくい
    水のようなとろみのない無色無臭の液体です。手からこぼれそうになるので、ちょっと塗りずらいです。ベタベタはしません。

    @cosme


化粧水のようにサラサラとしているため、しっとり感が足りない、塗りにくいという意見がありました。しかしこれは、敏感肌にはありがたいテクスチャー

肌表面がベタついていると痒くなったり、付着したほこりが刺激になることがありますよね。こちらはそういった嫌な残り方をせず、肌をなめらかに整えてくれます。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • トーンアップを感じた
    使用開始三週間ほどで全体のトーンアップ、シミが薄くなるという効果を感じ始めました。生理前になるといつも肌荒れやニキビができて悩んでいましたが、そういった肌トラブルがなくなりました。

    @cosme


  •  
  • 頬の色素沈着に変化が
    頬の高い位置にうっすらと色素沈着を起こしておりましたが、これ使用して1週間で薄くなり始めました。正直こんなに早く効果が出るなんて思ってみなかった。

    @cosme

口コミでは、1週間~3週間ほどで肌の変化を感じられた人が多い印象でした。敏感肌の慢性的な炎症、乾燥が抑えられたことで、肌本来の明るさを取り戻したと考えられます。

肌が安定し、ニキビや肌荒れが起こりにくくなったという声も♪新たなシミやニキビ跡を作らせないためにも、継続していきたい美容液ですね!

公式サイトを見てみる

ディセンシア サエル 薬用美白美容液の成分と特徴

ホワイトニングエッセンス クリアリストのおもな成分はこちら!

  • 美白有効成分「アルブチン」
  • アルブチンをサポートする「デイリリー花発酵液」
  • バリア機能を強化する「セラミドナノスフィア」
  • 肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸2K」
  • アルコール、香料、紫外線吸収剤不使用

敏感肌は外部刺激やバリア機能の低下により、美白効果を実感しにくいといわれています。サエルの美容液はまずバリア機能を強化し、炎症を抑えることで肌そのものを整えます。

さらに美白成分アルブチンと、それをサポートするデイリリー花発酵液でメラニンの黒色化をブロック。徹底した敏感肌向け設計で、優しい美白を実現しています。

ディセンシア サエル トライアルの保証内容と安く買う方法

ディセンシア サエルの美白美容液がはじめての人は、30日間返金保証付きトライアルセットから試してみましょう。保証付きなら敏感肌でもチャレンジしやすいですよね。

セットになっている化粧水、美容液、クリームにはすべて美白成分が配合されており、合わせて使うことでさらなる相乗効果に期待ができます。

くすみ3原色が起こりやすい敏感肌ほど美白ケアが大切。今まで何を使っても合わなかったという人こそ、ぜひサエルで美白スキンケアの実感をしてみてください♪

公式サイトとamazno、楽天の価格比較(2018年2月現在)

公式サイト

amazon

楽天
1,480円
(送料無料)
取り扱いなし取り扱いなし

公式サイトを見てみる

皮膚科でシミを消す方法

シミを消したい人にもっとも人気なのは皮膚科で行うシミ治療。皮膚科であれば高濃度のハイドロキノンや、レーザーなど様々な治療を行うことができます。

ここでは皮膚科で行えるシミ治療をいくつかご紹介していきます。日々のスキンケアと合わせて検討してみても良いかもしれません。

塗り薬で消す方法

シミ治療に使われる一般的な塗り薬には「トレチノイン」と「ハイドロキノン」があります。どちらかひとつではなく、ふたつを同時に塗ることが多いです。

【ハイドロキノン】

別名「肌の漂白剤」とも呼ばれる成分。メラニンを還元する、メラノサイトの働きを弱めることにより、すでにできてしまったシミにも働きかけます

化粧品への配合は2%以下が望ましいとされてますが、皮膚科の塗り薬では高濃度が利用できるのが大きなメリットです。

ただし、人によっては成分に対するアレルギーや、白斑など重篤な肌トラブルが起こる可能性があるため、医師の指示に従って使用することが大切です。

【トレチノン】

強制的に肌の生まれ変わりを促進させることでメラニンの排出を促し、同時にハイドロキノンを肌に届きやすくします。また、小じわやハリに対する悩みにも使用されています。

ほとんどの人に皮むけ赤みヒリヒリかゆみなどが起こるため、使用前は肌への作用をよく確認しましょう。

【特徴】

  • 方法……洗顔、保湿後、外用薬(塗り薬)を塗る
  • 用途……一部のシミ、そばかす、肝斑など
  • メリット……家で続けられる、レーザーが当てられない肝斑にも可
  • デメリット……赤み、かゆみ、ヒリヒリ、皮むけ、ハイドロキノンはごく稀に白斑
  • 予算……2つで15,000程度(保険適応外)
  • 期間……およそ3ヵ月(個人差アリ)

レーザーで消す方法

特殊な波長を持つレーザーを当て、メラニンを分解する治療です。一般的なシミにはQスイッチレーザーが有名ですが、炭酸ガスレーザーではイボやほくろの治療もできます。

レーザー後は徹底した紫外線対策をしないと、同じ部分にまたシミが出来ることも。施術から1週間ほど患部に保護シールを張って過ごすことが多いため、受ける時期にも注意が必要です。

【特徴】

  • 方法……シミ部分にレーザーを照射。1箇所30秒ほどが目安。
  • 用途……シミ、そばかす、ほくろ、肝斑など
  • メリット……ピンポイントで治療できる
  • デメリット……赤み、痛み、かさぶた、施術後は保護シールを張る
  • 予算……1cmほどのシミで1~2万円程度(基本保険外治療)
  • 期間……1回~5回程度(個人差アリ)

※レーザートーニングは肝斑にも当てられますが、逆に濃くなる可能性もあるといわれています。医師によって見解が違うため、カウンセリングでよく確認しましょう。

飲み薬で消す方法

ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸、L‐システインなどの飲み薬を症状に合わせて処方されます。長期間飲み続けるのが基本ですが、トラネキサム酸は医師が指示した期間のみ使用します。

【特徴】

  • 方法……1日に2~3回に分けて服用。
  • メリット……医師の診察の上、最適なものを処方してもらえる
  • デメリット……ドラッグストアなどで購入した方が値段が安い場合も
  • 予算……1ヶ月分で10,000円程度(基本保険適応外)
  • 期間……3ヶ月~長期(薬による)
undefined
はるこさん
このほか皮膚科で行われる治療には、美白注射や手術なども。先天性のシミ(アザ)には保険が適応されることもあるから、お悩みの方は一度受診してみるのもいいかもしれないわね。
undefined
あっきー
シミを消したいなら皮膚科が効率的…と思っていたけど意外と大変そう。シミの治療をしたら、予防美白でこれ以上作らせないことも重要になりますね!

中学生も男性にも簡単シミ対策

今の時代、男性はもちろん中学生でも美白を気にする人が多いもの。でも美白化粧品や皮膚科は敷居が高い、今はそこまで必要としていないという人もいますよね。

そんなみなさんは、心構え次第で誰にでも簡単にできるシミ対策を始めてみましょう。もちろん、もっと美肌になりたいという女性にもおすすめです♪

しっかり保湿ケアをする

明るく透明感のある肌を目指すなら、日々の日課として欠かすべきでないのが保湿です。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下してしまったり、肌本来の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまうなど様々な影響が出てきます。

ターンオーバーが乱れると、メラニンを含んだ古い角質が肌に残る、毛穴が詰まる、ゴワつくなどの原因になり、くすみやシミなどの肌トラブルに。さらに乾燥はニキビにも良くありません。

通常10代~40代であれば、28~55日ほどの周期でターンオーバーが行われ、肌は生まれ変わるといわれています。

このサイクルを正常に導くためにも保湿は重要なんです。ターンオーバーとバリア機能を保つことはシミケアの要と心得て、毎日丁寧に保湿を行いましょう。

肌への刺激は避ける

シミはメラニンが排出されず、肌に残り続けることで起こります。このメラニンが作られてしまう大きな原因として有名なのが、紫外線ですよね。

ですがそれだけではなく、肌への摩擦刺激などもメラニンが作られる原因になります。例えば、脇やデリケートゾーンなど摩擦が多い箇所、職業によっては膝なども黒ずむことがありませんか?

これらはすべて、メラニン色素が原因だと考えられます。顔への刺激で多いのが、クレンジング洗顔タオルなどでゴシゴシこすりすぎてしまうこと。

こういった毎日行う習慣の積み重ねがシミを作ることもあるので、肌を触るときは優しく、できるだけ刺激になるようなことは避けることが大切です。

紫外線対策をする

シミ対策としてまず最初に思い浮かぶのが紫外線対策だと思います。

「学校・職場へ通学・通勤時間」「洗濯物を干す時」「曇りの日の外出」など気を抜きがちな日でも同じように、日焼け止めを塗る帽子を被る日傘を差すなど紫外線対策を行いましょう。

屋外ほどではありませんが、紫外線(UVA波)は室内にいても当たっています。車の運転をする方などは特に、片手、顔の片側だけ紫外線が当たりやすいので注意してみてください。

【使用する日焼け止め数値の目安】

  • ショッピング、日常の家事など…SPF10~20、PA+~++
  • 屋外でのレジャー、運動…SPF30~50+、PA+++~++++

◆SPFとは

肌が真っ赤になるサンバーンシミそばかすの原因となるUVB波を防ぐ数値。何も付けていない素肌と比べ、紫外線に当たってから肌が赤くなるまでの時間(平均20分)をどれだけ遅らせるかの目安です。

例:SPF30の場合「30×20分」で、約10時間赤くなるのを遅らせるということ。ただし赤くなるまでの時間には個人差があります。

◆PAとは

肌の真皮まで届き、シミそばかすシワたるみなど光老化の原因となるUVA波を防ぐ数値。+の数が多いほど強力にブロックします。

undefined
はるこさん
表記されている日焼け止め効果は「顔全体で500円玉大の量」を塗ったときに得られるから、ケチらずたっぷり使うことが大切。また定期的な塗り直しも忘れないでね♪
undefined
あっきー
日焼け止めの数値は高くなるほど、肌への負担がかかるといわれているんですよね。帽子・日傘・サングラスなどを上手に使って対策していきましょう!

栄養バランスに気を配る

食べ物やサプリなど、身体の中から働きかけることもできます。先ほどのターンオーバーの話からも分かるように、明るい肌を目指すなら健康的な肌を意識することが大切です。

健康的な肌を作るのにおすすめの成分はビタミンCコラーゲンなど。こういった成分を含むサプリや食べ物を積極的に摂ると良いといわれています。

その他、抗酸化作用のある成分もおすすめです。抗酸化作用とは、身体をサビつかせる(老化させる)原因となる活性酸素を抑制する働きのこと。

抗酸化作用のある成分はポリフェノールコエンザイムQ10ビタミンA・C・Eなどビタミン類、他にも多くの成分があります。

【肌のために摂ると良い成分】

  • コラーゲン
  • ポリフェノール
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • オメガ3系脂肪酸
  • アスタキサンチン
  • L-システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ  など

生活習慣を見直す

生活習慣で気をつけるべきなのは「睡眠」。ターンオーバーが行われるときに必要な成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されているため、寝不足は肌トラブルを引き起こすんですね。

肌のゴールデンタイムは22時~深夜2時にかけて、この時間に寝ていることが美肌の秘訣、と昔はいわれていましたが、最近の研究では様々な見解をされています。

成長ホルモンが分泌されるのは入眠してから3時間だそう。このときにぐっすりと深い眠りについていることがより重要だといわれています。

これなら夜勤の仕事をしている人も可能なはず。アロマやライトにこだわる、寝る前はスマホやパソコンを見ないなどに気を付けて、良い眠りを心がけましょう。

市販で人気のケシミンでシミは消える?

出来ることなら安くて良い美白化粧品を手に入れたい!これは誰もが思うことではないでしょうか。市販のプチプラで人気の美白アイテムといえばケシミン

名前のイメージからシミを消したい人に向いている、と考える人も多いようなので、詳しく調査してみました。

男性に人気のケシミン

Source: アマゾン

「ケシミン」は小林製薬から販売されているクリームのことですが、ケシミンというくらいですから、できてしまったシミにも効果が期待できそうですよね。

ケシミンに配合されている有効成分は「L-アスコルビン酸2-グルコシド」「グリチルレチン酸ステアリル」「トコフェロール酢酸エステル」の3つです。

この中でシミケアができそうな成分は、L-アスコルビン酸2-グルコシドと、トコフェロール酢酸エステルの2つ。つまりはビタミンC誘導体ビタミンEです。

この2つは一緒に塗ることで相乗効果があり、シミに対しても期待できます。ただ、口コミを調査したところによると実感できるまでかなりの時間がかかるという意見がほとんど。

というのもケシミンクリームは、できたシミに対しシミを消すのではなくできる前のシミ予防のためのクリームなのです。

そのため、今あるシミを消したい人にはあまりおすすめはできないということになります。

年齢別:シミの原因とケア方法

ひと言にシミといってもその種類は様々。実は、年齢によってできやすいシミがあるのをご存知でしょうか。もちろん個人差はありますが、知っていれば予防対策もしやすいはず。

ここではそういった年齢毎にできてしまうシミについて解説していきます。まずはシミのメカニズムから見ていきましょう

シミの出来るメカニズムとは

シミができてしまうのは冒頭から何度も登場している「メラニン」という色素によるもの。このメラニンは、肌や髪の色などを作っている色素であり、様々な刺激により生成される量が変化します。

通常このメラニンは肌の細胞を守るためにあり、肌トラブルなどを防ぐのにとても重要な存在です。そして不要になったメラニンは、ターンオーバーにより自然と排出されていきます。

ですが、メラニンが過剰に作られすぎたりターンオーバーが乱れると、色素が肌に残りシミとなって現れます。こうなってしまう要因は紫外線が有名ですが、その他…

  • 乾燥
  • 合わないスキンケア
  • 摩擦
  • ストレス
  • ニキビ
  • たばこ
  • 睡眠不足

なども過剰生成、ターンオーバーの乱れに繋がるといわれています。心当たりがある人はひとつずつ改善を目指していきましょう。

20代

20代は乾燥や紫外線、ニキビなどが原因でシミができることが多いようです。特に色白な方はシミが出やすいといわれています。

また、できてしまったシミを隠そうとしてコンシーラー、ファンデーションなどを誤った方法で使い、悪化させてしまうケースもみられます。

この年代でシミを予防するには、紫外線対策保湿をしっかりすることが大切。特に紫外線対策は年齢を重ねてからのシミ予防にも重要なので、季節を問わず習慣にしましょう。

できてしまったシミは、まだ薄い状態であれば市販の化粧品で薄くすることが可能でしょう。今回紹介した商品では、保湿と美白が同時にできる「ディセンシア サエル」がおすすめです。

30代

30代に入ると多くの方が肌の変化を感じているといわれています。今までなかったはずのシミを見つけた、という人も多いのではないでしょうか。

30代でシミが気になり始めた場合、紫外線はもちろんですが、ターンオーバーの乱れストレス、長年の間違ったスキンケアなどが原因となることが多いようです。

特にこの年代は育児や仕事でストレスを感じやすい年代でもあり、肌のくすみも気になってきます。

30代のシミ予防は、20代と同じくまずは紫外線対策保湿。そして、食生活や生活習慣の見直しを合わせて行うこと、美白化粧品サプリなどを使いシミ予防を行いましょう。

年齢を重ねる毎にお肌は乾燥しやすくなり、ターンオーバーも乱れやすくなります。日頃のケアを怠らないようにしましょう。

ピンポイントのシミをケアしたい人には、今回紹介した「ビーグレン」「POLA ホワイトショットSXS」などがおすすめ。もっと確実に消したい人は、皮膚科で治療を行うのもいいでしょう。

40代

40代で増えてくるシミで代表的なものは「肝斑」。肝斑はほお骨のあたりなどによく現れ、左右対称なのが特徴です。

肝斑は女性ホルモン摩擦がおもな原因だといわれています。ホルモンバランスは自分ではどうにもならない部分もありますが、摩擦を徹底的に防ぐことも重要なケアです。

もちろん紫外線などが原因でシミができる人も多いので、40代のシミ予防も30代から引き続き、紫外線対策保湿美白化粧品などを使用しましょう。

ちなみに、肝斑は皮膚科でも時間がかるといわれています。多くの人は肝斑とシミが混在しているそうなので、素人目で判断せず、気になったときは早めに皮膚科に行ってみてください。

セルフケアでは、「ビーグレン」「POLA ホワイトショット」がおすすめ。シミができやすい頬やこめかみなどは、こういった美容液で集中ケアしていくのが◎です。

種類別:シミの原因とケア方法

最後にシミの種類や原因、シミタイプ別のケア方法などをご紹介していきます。

老人性色素斑(日光性色素斑、日光性黒子)

【原因】

おもな原因は紫外線。顔や腕、手など日差しにあたりやすい場所にできるシミ

【見分け方】

30~50代に多い。ほお骨やこめかみなどのあたりにできやすい。1mm~10mmほどの大きさ。平坦で丸いかたちの物が多い

【ケア方法】

美白化粧品をスキンケアに取り入れる。適度な角質ケアを行う

【治療法】

レーザー治療(QスイッチルビーレーザーやYAGレーザー)、外用薬

炎症性色素沈着

【原因】

ニキビ、傷、虫刺され、肌刺激など炎症によってメラニンが過剰に生成される。乾燥肌、敏感肌にできやすい

【見分け方】

ニキビ跡、傷跡、虫刺され跡、毛抜きなどをよく行う部分のシミ、脱毛箇所、普段日に当たらないような箇所のシミ

【ケア方法】

比較的消しやすいシミなのでまずは自宅でケアを。スキンケアの方法を見直す、美白化粧品を使用してみる

【治療法】

レーザー治療(QスイッチルビーレーザーやYAGレーザー)、外用薬

肝斑(かんぱん)

【原因】

女性ホルモンや慢性的な摩擦が影響。妊娠中やピルの服用中、30~40代の女性の多く見られる

【見分け方】

ほお骨、鼻の下、額など左右対称にもやっと現れる

【ケア方法】

美白化粧品を使用。紫外線対策、摩擦を起こさないスキンケアで悪化させないように気をつける。睡眠も大切(ホルモンバランスに影響)

【治療法】

内服薬(トラネキサム酸)、外用薬、レーザー治療(レーザートーニング)

そばかす(雀卵斑)

【原因】

遺伝的なものが多い。紫外線より、濃くなることも

【見分け方】

鼻を中心に顔全体に散らばっている。小学生など子供の頃からある

【ケア方法】

紫外線対策、スキンケアの見直し、ビタミン類などを積極的に摂る

【治療法】

レーザー治療(YAGレーザー)、フォトフェイシャル、ピーリング、外用薬など

脂漏性角化症(老人性いぼ・老人性疣贅)

【原因】

老化症状のひとつ、紫外線の影響ででることが多い

【見分け方】

やや盛り上がっていることが多い。ほくろや皮膚がんなどと見た目が似ており、素人目では判断が難しい

【ケア方法】

紫外線対策、スキンケアを見直す、たばこ過度のストレスにも注意

【治療法】

凍結療法(液体窒素)、レーザー(炭酸ガスレーザー)、手術など

花弁状色素斑

【原因】

急激に浴びた強い紫外線によりできる

【見分け方】

花びらのようなかたちで、背中や肩などに出ることが多い

【ケア方法】

時間が経てばなくなることもあるが、真皮までダメージが及ぶと消えないことも。紫外線対策、ビタミン類を積極的に摂る

【治療法】

レーザー治療、フォトフェイシャル、外用薬など

遅発性両側性太田母斑(ADM)

【原因】

生まれつき、色素を作る細胞がその箇所に集中しており、成人後に活発になり出現。ホルモンバランスや紫外線、間違ったスキンケアが問題の場合も

【見分け方】

額、目の周り、頬のあたり、顔の両側に成人後にできる。目の下のクマと思っていたものが遅発性両側性太田母斑という場合も

【ケア方法】

自宅でのケアではほとんど改善が見られないといわれている

【治療法】

レーザー治療(Qスイッチレーザー)

undefined
はるこさん
皮膚科でのシミ治療は、一部を除き保健適用されないことがほとんど。自由診療だから、費用も評判も病院によってピンキリなのよね。
undefined
あっきー
病院によって取り扱っているレーザーや薬も違いますよね。皮膚科での診察をお考えの人は、事前にHPなどをチェックして価格や治療法を確認すると良さそうです。

毎日しっかりケアして輝く肌をGet♪

いかがでしたか?シミに悩んでいるのなら、何を求めるかによって使う化粧品を選んだり、皮膚科を検討したりとアプローチの仕方がたくさんあることが分かりましたね♪

シミを予防するにはスキンケア紫外線対策がとても重要です。すでにできてしまったシミを薄くしたい場合でも、スキンケアは欠かせません。

そのほか、生活習慣やストレスがシミに影響を与えてしまうことも覚えておきたいですね。正しいケアで年齢に負けない美肌を目指しましょう!

もう一度おすすめ化粧品を見たいという人はコチラからジャンプ♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事