冬や春の肌荒れの原因、実はマスク!?清潔な使い方や対処法を知ろう


​花粉や仕事でマスクは必須、でも肌荒れしちゃって困る…

​春先の花粉攻撃、辛いですよね…。また医療従事者などは仕事でもマスクを装着することが必須です。冬にはインフルエンザなどの病気の感染予防に欠かせない。そんな必要だからこそ使用しているマスクですが、そのマスクの中で肌が悲鳴を上げているという方も少なくありません。肌荒れが辛いけれどマスクを手放せない。どうにか快適に使用できないものでしょうか。

はるこ先生、花粉症だし仕事柄マスクを付けていることが多いんですが、最近口のまわりにニキビが出ちゃって…
マスクは感染予防のために必須だものね。肌トラブルは辛いわね。でも対策をしっかりすれば快適に使えるのよ。一緒に見ていきましょう。


マスクで肌荒れやニキビが悪化するのはなぜ?

1919年、インフルエンザの大流行をきっかけに世の中に広まったと言われるマスク。​必要だから使い続けているわけですが、そんなマスクが原因で肌荒れやニキビが悪化しているという人は少なくありません。なぜマスクが原因で肌トラブルが起こるのでしょう?そんな原因について解説します。

摩擦

現在​もっとも多く使用されているのが不織布タイプのマスク。織らない布だから不織布と呼ばれていますが、不織布は細かいホコリや微粒子をキャッチしてくれることからウイルスを体内に入れないようにするための強い味方です。また、使い捨てのため衛生的に使用できることから重宝されているものの、その使用感は優しいとは言えず肌触りはカサカサとしています。マスクですから鼻からあご先までしっかりと覆われているため肌とマスクの間に摩擦が発生。すると、肌は刺激を感じてかぶれたり赤くなったり、かゆみを感じたり腫れたりという肌トラブルに見舞われたりニキビのある方はその刺激で症状が悪化してしまいます。

蒸れ

​ウィルスや病原菌を入れないようにするのがマスクの大切な役割です。そのため半密閉状態になっているのがマスクの内側。呼吸と湿度と温度で喉の乾燥を防いでくれるという働きがあるものの、マスク内部はどんどん湿気やすくなりジメジメとしてきます。つまり常に蒸れている状態になっているのがマスクの中。外気が冷たくなる冬季には水滴がたまるほど不快な状態になってしまうこともあります。そして、くしゃみや会話でとんだ唾液が加わり雑菌が蒸れて繁殖するのに最高の環境になっているのです。そんな雑菌が触れている肌は荒れるだけでなくニキビの発生・悪化につながってしまいます。

抗菌剤

​一部のマスクには抗菌剤が配合されています。もちろんそれはマスクに向かってくる細菌やカビを退治してくれる高機能な特徴なのですが、そんなマスクのプラス面のはずの抗菌剤に体内の免疫が刺激され、アレルギーの原因になってしまうことがあります。花粉アレルギーの方などは得にこの抗菌剤に反応することがあり、予防のために付けているマスクに却って体調を悪くさせられている場合があります。また、アレルギーの無い方も抗菌剤入りのマスクはおすすめできません。なんでも抗菌・殺菌とやりすぎてしまうと免疫力を低下させてしまうからです。抗菌剤の影響かもしれない…と思い当ったら、普通のマスクかガーゼのマスクなどに切り替えましょう。

マスクに付いた汚れ

​唾液などに加えて、食事や飲み物、女性ならばメイク汚れがマスクの内側に着きます。ファンデーションやチークなどは、肌の表面で皮脂と混じりあった汚れであるためメイク汚れのついたマスクを1日付けているということは、汚れを肌に付けていることと同じになりさらにそこに呼気や唾液による湿度がプラスされ雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。よって肌荒れやニキビを悪化させるのです。

マスクで肌荒れしないためのマスクの選び方

​マスクを付けたいけれど肌荒れが心配…。ニキビが悪化してしまっていてはさらに辛いものですよね?そのためには肌荒れしないマスクを選びましょう。マスク大国とまで呼ばれている日本には様々なタイプのマスクがあります。

素材にこだわる

・不織布

現在主流になっている使い捨てマスクの素材はほとんどが不織布から作られています。ウィルスや菌を通しにくい性能があるものの摩擦や蒸れによる肌トラブルに悩む人も多かったり、抗菌剤入の不織布マスクでアレルギー症状が起きる場合もあります。化学繊維であるため、肌触りがゴワゴワカサカサしているのが特徴です。しかし、改良を重ね肌に優しいものも販売されています。

・ガーゼ

綿のガーゼから作られたマスクは肌触りが良く通気性も良いのが特徴です。昔はこのガーゼマスクが主流でした。肌触りの良さのみならず繰り返し洗って使用できるというメリットがあるものの、ガーゼの目は粗くウィルスや菌が通過してしまうというデメリットもあります。しかし、ガーゼマスクも進化しており体に優しいメリットからガーゼマスクの愛用者も少しづつ増えているようです。

※松並木のオリジナルガーゼマスク Nuddy Cotton 1枚 ¥1,296

※オーガニックコットン 洗える立体マスク 1枚 ¥1,296

化学物質不使用・無添加・無着色なのでお肌の弱い方でも安心して使用できますね。


不織布マスクしか使用できない場合

​そうはいっても職場などでガーゼマスクを付けているのはちょっと…という方も多いかもしれません。そんな場合には織布マスクの中にガーゼを入れておきましょう。衛生上、このガーゼは何枚か替えを持参しておいて時々交換した方が良いでしょう。ガーゼを挟むことによって、肌への擦れが減るためマスクの繊維が直接肌に当たることが防げます。マスクの摩擦によってかぶれたり、乾燥するといった肌ダメージを防止、改善が期待できるでしょう。

自分に合ったサイズを選ぶ

​摩擦などの刺激を軽減するためには、まず自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶことが大切です。大きすぎても小さすぎてもいけません。

ゴムの負担の少ないもの

​長時間マスクを装着していると、耳にかけるゴムの部分が痛いと感じる方も多いようです。耳にかけるゴムの部分が細すぎても痛みを感じますが、マスクのサイズ自体が合っていないこともあるでしょう。また、耳にあたる部分が柔らかい素材で平らになっていたりすると負担がかからないため痛みを感じないようですね。

※ミミストップEX マスクの紐に取り付けてゴムによる耳の痛みを軽減します。眼鏡などにも使用できます。

敏感肌用を選ぶのも◎

​日々進化していくマスクですが、もちろん敏感肌用も売られています。皮膚の刺激となる物質を含んでいないため安心して使用することが出来ますね。また、ガーゼマスクを選択することも敏感肌の方には良いでしょう。

※皮膚刺激性ゼロレベル M-101 サージカルマスク メジャーリーガー 50枚入り ¥780​


マスクをするときの注意ポイント

​マスクを快適に使い続けるためにはいくつか注意するべきポイントがあります。

マスクの清潔を保つ

伊達マスクなどという言葉があるくらい、日常的にマスクをする人が増えていますが6人に1人は2日以上同じマスクを使用していると言われており、病気予防のはずのマスクが清潔に使用されていないという実態があるようです。マスクの中は高温多湿。唾液や汚れもあるため雑菌が繁殖しています。やはりマスク本来の「清潔を保って使用する」ということを忘れないようにしましょう。そのためには、

  1. 清潔な手で装着すること
  2. ​1日1枚を目安にマスクを交換する
  3. マスクの外側のフィルター部に触らないようにする
  4. 外す時口まわりを覆うフィルター部分を触らないようにする
  5. マスクを外した後も手を洗う
  6. 廃棄する時には口に当てていた部分を包むようにして捨てましょう。
  7. ガーゼマスクはほつれが気になる時は手洗い。洗い替えをして2枚は持っておく

このようなことに注意してマスクに付いた雑菌を自分や他人に付けて広げてしまわないように気を付けましょう。清潔なマスクは病原菌の拡散を防ぎ、肌トラブルも軽減してくれます。

化粧は控えめに

マスクを装着するのなら、しっかりメイクはトラブルの元になります。メイクはしてからしばらくすると皮脂と混じりあい、「汚れ」に変化するからです。汚れをマスクで封鎖して呼気の湿気で雑菌を増やしてしまうのは、濃いお化粧であればさらに雑菌が喜ぶ環境になってしまうということだからです。そうなると肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

長時間の使用を避ける

どうしてもマスクはつけっぱなしになってしまうことが多いもの。マスクをし慣れてしまって今さら外すのが恥ずかしいという方もいるかもしれませんが、時々マスクを外して「換気」をすることは健康上でも大切なことです。やはり長時間使用しているとマスクとの摩擦を受ける時間も長くなるうえ、中で蒸れている状態という良くない環境になってしまうからです。時々換気することと、マスクの状態によっては新しいマスクに交換するというのも良い方法です。

ワセリンなどで肌を保護する

マスクで覆われている肌は乾燥しがちで、トラブルが起こりやすいもの。そうなのであれば、マスクを装着する時から肌を保護しておくというのも一つの方法です。その際、何を使用したらよいか迷ったらワセリンを選択しましょう。ワセリンはかぶれなどにも使用出来、お肌に刺激を与えません。肌に触れるものに刺激を感じる場合などの保護剤としての役割を果たしてくれるのです。ワセリンでお肌を守ってマスクを装着しましょう。

正しくつけて摩擦を防ぐ

​不織布のマスクは摩擦によって肌トラブルが起きやすいものですが、正しいマスクの付け方をしていないために余分な摩擦を起こしている可能性も大きいのです。正しくマスクを装着すると摩擦が防げるだけでなく、マスクが本来持つ飛沫感染の予防する力も高まります。

・正しいマスクの付け方

  1. ​鼻・口・あごを覆うようにマスクを装着します。
  2. 鼻の部分を抑えてフィットさせて、スキマが出来ないようにしましょう。
  3. 使用中、口まわりを覆うフィルター部分は触らないようにしましょう。
  4. マスクを外す際はフィルター部分の表面に触れないようにゴムひもを持って顔から外します。
  5. マスクを外した後は手を洗いましょう。

マスクを正しく付けて顔にフィットさせるだけでウイルスのカット率が90%以上にアップするのです。

すっぴんやニキビを隠すためのマスクはNG

ちょっとそこまで出たいけれどノーメーク!なんて時にパッとマスクを付けて出るようにしているという女性は多いですよね?また、気になるニキビを隠すために大き目のマスクで覆ってしまう…じつはコレ、お肌のためにはNG行為。マスクは雑菌が繁殖しやすいアイテムなのでお肌のトラブルを増進させてしまいます。特にニキビに対しては刺激も与えてしまうので悪化する場合が多いのです。すっぴん隠しやニキビ隠しにマスクを常用している方は要注意です。

マスクのQ&Aこんな使い方はOK?

​マスクには花粉症や風邪、インフルエンザ予防としてだけではない使い方をする人が増えています。そんな使い方にはメリットもデメリットもありますが、何より大切なのは清潔なマスクを正しく使用することが大切です。

寝るときにマスクをするのが良いの?

メリットとしては、のどの乾燥対策になるため湿度の低い冬場を始め、エアコンなどの乾燥からのどを守ってくれるということ。また寝室内に残っているウイルスや花粉をシャットアウトしてくれるというメリットがあります。デメリットとしては寝返りによって肌に摩擦が生じることから肌トラブルが起きる場合があることや、人によっては睡眠の質が落ちて夜中に目覚めてしまったり、マスクのゴムによって耳が痛くなるなどが挙げられます。いずれにせよ清潔なマスクを使用することは必須です。寝る時には肌当たりの良い、ガーゼ素材もおすすめです。

マスクをすると肌の保湿にもなるんですよね?

ある程度の肌の乾燥防止にはなります。また、唇がしっとりとしたり、顔を覆っていることによる紫外線防止効果もあるのですが、マスクが顔に密着していることによって起こる摩擦による肌トラブルやニキビの悪化のリスク、一見良さそうな湿気があるマスク内の環境も実は雑菌が発生しやすいということがあります。清潔な状態のマスクを使用すること、マスクの付けっぱなしは却って乾燥させてしまうことがあります。

寝る時にしても保湿目的にしてもとにかく清潔なマスクを使用することが必須条件。摩擦や付けっぱなしにも注意が必要ですね。

マスクが原因の肌荒れの治し方

​マスクを愛用していたら肌荒れしてしまった…。そんな状態になっている肌にはどんなことが起きているのでしょうか?それは「肌のバリア機能が低下してしまっている」ということです。

肌のバリア機能を上げる

​人間が本来持っている肌のバリア機能は乾燥や睡眠不足、ストレス、不眠、偏った食生活などによって崩れやすい他エアコンや紫外線、化繊の衣類、ダニ・ホコリ・アレルゲン、洗顔時のこすりすぎ、乾燥してかゆい肌を掻くなどの外的な影響でも低下してしまいます。マスクによる肌荒れもまず、そんなバリア機能の影響を受けているのです。​

マスクで荒れてしまった肌を回復させるためには、やはり肌のバリア機能を上げることがなにより大切です。先に述べたように乾燥や水分不足はバリア機能低下のサインであり、ターンオーバーの乱れから来ています。化学繊維である不織布マスクの使用をお休みして肌の復活を目指すのも早く回復する道の一つです。

クレンジングは刺激の少ないものを選ぶ

メイクをしっかりと落としたい。と洗浄力の強いクレンジング剤を使用していませんか?また、シートタイプでふき取りクレンジングなどの摩擦も大きな刺激となるため良くありません。洗浄力の強いクレンジング剤は脱脂力も強いものがあり、マスクを使用して肌荒れした肌をさらに削り取ってしまう可能性があります。すると荒れて痛んでいる部分がさらに乾燥し、かゆみや炎症が進行してしまうのです。クレンジング剤はミルククレンジングなどの肌に優しいものを選び、人によっては香料などにも気を付けて自分の肌に刺激を感じることのないものを選択しましょう。

皮脂を落とし過ぎない洗顔を心がける

​クレンジングの後に石鹸で洗顔。つまりW洗顔を行っている人は多いかもしれませんが、マスクによって荒れた肌には「洗いすぎ」になってしまいます。メイク汚れをしっかり落としたい、ニキビも気になるから皮脂もきっちり落としたいという思いかもしれませんが皮脂は肌バリア機能のためにも大切な存在です。また、洗顔によって皮脂を落とし過ぎることによって余計に皮脂の分泌量は増えてしまいます。すると毛穴詰まりの原因などにもなるため肌荒れの治りが遅くなってしまいます。

化粧水やクリームでしっかり保湿

​マスクによって肌荒れをした肌は乾燥が進行しているケースが多いものです。そのためケア方法としてはやはり保湿が一番大切です。セラミドなど人の肌に近い成分を含んだものや、刺激の少ない化粧水などを選んでケアしていくことで、肌荒れも改善されていくことが期待できます。その時にもコットンなどでこすったりせず、清潔な手で優しくお手入れするように心がけましょう。

口周りのケアを入念に

マスクでの肌荒れで一番症状が出やすいのは口周りですよね?普段からも歯磨きや食事などで動かす回数の多い部位のため、汚れも付きやすくその分洗ってふき取るという行為も多いところです。そこに肌荒れが加わるという状態は辛いもの。

敏感肌用コスメを使う

​ドクターズコスメなどと呼ばれるものや、敏感肌向けの処方で作られているコスメを使用するのもおすすめです。肌のバリア機能が正常に働かず、ターンオーバーが乱れている時には普段は普通肌や脂性肌だったという方でも敏感肌に傾いている状態になっています。バランスを整えて健康な肌を取り戻すためにも自分の肌に合った敏感肌用コスメを使いましょう。

マスクの肌荒れにおすすめスキンケア3選

​マスクを使用することによって起こる肌荒れにはそれまでのスキンケアを見直すことも必要かもしれません。敏感になってしまったり、大人ニキビになってしまっているお肌のバリア機能を正常化して内側からもっちりとした水分量が与えられるおすすめスキンケアをご紹介します。

セラミディアル

エトヴォスのセラミディアルは、1本で美容液+乳液の保湿効果を持つ美容液です。マスクによる肌荒れ改善に役立つ肌に優しい処方です。

​商品紹介​効果​使用感保湿度​​おすすめ度
5種のヒト型セラミドとNMF(天然保湿因子)配合の保湿美容液。人の肌にあるセラミドと同じラメラ構造で1gあたり6ℓもの水分を保持します。​高い保湿効果で肌のバリア機能を回復。乾燥した肌を内側からしっかりと保湿してくれる。​​トロリとしているが肌に乗せるとサラサラに。べた付かずしっかりと保湿してくれる。★★★★★​​★★★★★
  •  
  • 保湿問題解消!
    5/5
    40代 女性
    使用から2週間強が経ちましたが、いいです!一日ツッパリ感がありません。 朝晩乾燥時には2プッシュ、湿気のある日は1プッシュして使っています。 乳液のようなテクスチャーです。ポンプ式で出しやすいです。 顔に付けた後は、ハンドプッシュで温めています。 保湿に重点をおいたものは油分があり過ぎてベタベタになってしまうし、ローションパックがいいというので、これを徹底してもツッパリ感はとれないし、どうしたらいいのー?と何年も悶々としていましたが、解消されました!

    @コスメ

エトヴォスのセラミディアル

 ラミューテ​

製薬会社との共同開発によって生まれたラミューテは、​ローズの天然うるおい成分とナノ保湿成分(ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸)配合。女性ホルモンのバランスに着目した最高級ダマスクローズ化粧品です。大人の肌荒れやニキビに効果を発揮。

​商品紹介​効果​使用感保湿度​​おすすめ度
​無農薬有機栽培の100%国産天然ダマスクローズを使用。ローズの香りは女性ホルモンを刺激すると言われています。
大人ニキビの3つの原因、女性ホルモンの乱れ・乾燥バリア機能の低下・毛穴のつまりをスッキリ解消します。また、プラセンタやヘキサペプチドー3が肌のハリもアップします。​さらりとしたテクスチャーなのに内側からしっとりとモチモチになる。★★★★​★★★★★
  •  
  • 5/5
    20代 女性
    乾燥肌なのですが冬にこれと美容液だけでも、十分乾燥せずに使えました。 少し気になる時はクリームも足してましたが。 ニキビはたまに出来ていたのですが、これに変えてから1か月1回も出来ずにビックリしました。

    @コスメ

 サラリとしているのにしっかりと内側から潤うのは大人ニキビには嬉しいですね。乾燥肌の方にも満足いただける使用感のようですね。

ラミューテ公式サイト


ノブAC(NOV)

​敏感肌のスキンケアとして広く知られているNOVですが、ノブACというニキビケアラインは特におすすめです。マスクを使用することによって出来たり悪化したニキビを穏やかに解消してくれます。

​商品紹介効果​​使用感​保湿度​おすすめ度
​敏感肌・乾燥肌が気になる人の大人ニキビを優しくケアするスキンケアラインです。体調の変化やストレスがきっかけとも言われている大人ニキビは正しいスキンケアで改善が期待できます。敏感で乾燥もある大人ニキビ肌を優しく保湿。ニキビケアにありがちな乾燥やツッパリのない潤いある肌に。​とろみはほとんどないサラリとしたテクスチャー。肌にしっかり浸透する。★★★★​​★★★★★
  •  
  • 使い心地良し!
    5/5
    30代 女性
    思った以上に私の肌に合ってて、すっかり気に入っちゃいました。 突っ張る感じや、ヒリヒリする感じもなく、とても使い心地がいいです。 ノブを使うようになってから、友達から肌がキレイになったと褒められます

    @コスメ

ヒリヒリや突っ張りなどの刺激がないのは、安心して使い続けるための大切なポイントですね。 

春も冬もマスクは大活躍。かぶれないよう清潔に気をつけよう

花粉症などのアレルギーの方が増え、寒い風邪の季節の冬に限らず季節を通してマスクを付ける人が増えました。マスクは花粉や風邪から守ってくれる強い味方。かぶれないように清潔なものを使用することが何より大切です。健康のために使用しているはずのマスクでかぶれてしまわないように、正しく取り扱いましょう。