クレンジングオイルの正しい選び方は?選びたい成分とおすすめ6選

クレンジングオイルはどう選べば良い?

クレンジングオイルは、一般的に落ちが良いとか、落としやすいというイメージが強いと思います。ですが、よくよく表示をみると、商品によって使っている成分が大きく違ったり、特徴が違ったりします。数ある商品の中から肌に合ったクレンジングオイルを選ぶポイントはどこなのか、見ていきましょう。

助手アッキー
クレンジングオイルは人気があるので、とりあえずいろいろ種類があるクレンジングの中でも、オイルを選んでいる方も多いのではないでしょうか?
編集長はるこ先生
意外とクレンジングオイルにこだわりがない人もいるのよね。
クレンジングオイルは、どんな人にぴったりなのか、そして選び方を詳しくチェックしていきましょう!

クレンジングオイルとはどんなもの?

クレンジングの中での位置づけ

クレンジングには、様々なタイプがあります。

オイルオイルはメイクになじみやすく、よく落ちる特徴があります。肌に付けたときはぬるっとしますが、流すとすっきりします。
クリーム肌への負担を減らしながら落とすことができます。クリームの油分が肌なじみもよく、メイクも落ちやすいです。保湿クリームのようなテクスチャーで洗い上がりの肌が乾燥しにくいです。
リキッドオイルやクリームのようなべたつきを感じずメイクを落とすことができます。水のようなテクスチャーで、コットンで拭き取りながら落とします。
ミルククリームとリキッドの間のような存在で、さっぱりと落とすことができます。さっぱりとしつつ、ミルクにもある乾燥しにくいところが人気です。
ジェルジェルは、肌にしっかりとくっついて汚れを落とすことができます。弾力のあるテクスチャーですので、さっぱり感が欲しい人におすすめです。
拭き取りコンビニでも購入できる拭き取りシートです。アイメイクは落としにくいですが、保湿成分が入っているものが多いため、乾燥肌の人にも使いやすいメイク落としです。

代表的なものをあげるだけでもこれだけ種類があります。その中でもクレンジング力が高いのが、クレンジングオイルです。

クレンジングオイルがオススメな人

比較的どの肌タイプでも使用することができますが、おすすめは混合肌や脂性肌の人です。乾燥肌や敏感肌ですと、オイルの摩擦が負担になる場合があります。ですが、肌タイプはどんなものであっても、メイクが濃い場合はクレンジングオイルを使った方がよく落ちます。きれいに落としきれずに残ってしまって肌トラブルになるよりも、クレンジングオイルでスッキリきれいに落としてしまった方が、最終的には肌の負担にはなりません

メイク落としは「乳化」がカギ

クレンジングオイルを使う時に“乳化”という言葉が出てきます。乳化とは、オイルに水を少し混ぜることで色が白くなることをいいます。乳化するとクレンジングオイルを流す時にきれいにとれやすくなるだけでなく、肌への負担を減らすことができるのです。だからといって洗浄力が劣るということはないため、クレンジングオイルを使う時は必ず乳化をした方がいいということになります。

クレンジングオイルの欠点

クレンジングオイルには、良いところがたくさんある分、悪いところもあります。

  • 他のクレンジングタイプに比べて肌摩擦が多い
  • 成分構成が肌に負担をかける

クレンジングオイルは洗浄力が強いため、それが裏目に出て、肌に負担をかける場合があります。そのため極力肌に優しい成分で出来ているものを選ぶ必要があるのです

クレンジングオイルの選び方

ノニオン系の界面活性剤のもの

クレンジングオイルには、界面活性剤が含まれています。界面活性剤とは、洗浄する時に使用する成分で、シャンプーや洗顔、衣類用洗剤にも配合されていることがあります。この界面活性剤は洗浄力が強すぎることから、肌につけるものの場合敬遠されがちです。ですが、界面活性剤の中にも種類があり、その中でノニオン系と呼ばれる界面活性剤を選ぶと肌への負担を少なくすることができます。ノニオン系は非イオン系ともよばれ、泡立つことがない成分で、メイクなどの油を落とす力が強い特徴があります。肌へ負担をかけずに、メイクをきれいに落とすにはノニオン系を選ぶことをおすすめします。

肌に負担の少ない成分を選ぶ

洗浄力が強いからこそ、肌への負担は極力減らしたいところです。選ぶ際に欠かせないポイントがあります。

ミネラルオイルは避ける

酸化安定性の高い油脂が含まれている、ミネラルオイルは避けたいところです。ミネラルと聞くと肌によさそうですが、実態は鉱物油のことです。鉱物油は石油から作られた成分で、低コストで油分を配合することができることから、割と幅広く使われています。最近のスキンケアでは鉱物油不使用もかなり増えてきていると思いますので、選ぶ時には慎重になりましょう。

例えば、成分表にこういったものがあります。

ビオレ パーフェクトオイル

ミネラルオイル、ラウリン酸PEG-12、イソドデカン、パルミチン酸イソプロピル、水、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、デシルグルコシド、ポリソルベート85、オレイン酸グリセリル、イソステアリン酸、イソステアリルグリセリル、ミリスチルアルコール、イソステアリルグリセリルペンタエリスリチル、エタノール、クエン酸、BHT、香料(一部略)

Source: 花王株式会社

ソフティモ スピーディークレンジングオイル

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、シクロメチコン、水、ホホバ油、イソステアリン酸、グリセリン、フェノキシエタノール

Source: Amazon

注目すべきは、ミネラルオイルですね。一番最初に書いてあります。成分表をみると、ミネラルオイルは一番最初書いてあることが多いです。他にも別名でパラフィン・ワセリン・セレシンといた鉱物油も配合されていることがあるので、気をつけましょう

クレンジングオイルのおすすめランキング

こだわりが見えるクレンジングオイル

ローズドマラケシュ|ディープクレンジングオイル

 モロッコの一部地域でしかとることができないアルガンのオイルを75%も使用しています。ビタミンEがオリーブオイルの約10倍も入っているため、エイジング効果や保湿に優れているクレンジングオイルです。また、ダマスクローズが配合されているため、アロマ効果もあります。香料が入っていますが、化学的な成分ではなく、植物の茎などから抽出されたものですので、自然の成分にこだわりをもっています。

油分アルガンオイル
成分
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、テトラオレイン酸ソルベス-30、セスキオレイン酸ソルビタン、香料、ダマスクバラ花油、ゼラニウム油

Source: 公式サイト


無添加無着色、無鉱物油、石油系合成界面活性剤不使用、パラベンフリー
使用感
他のオイルに比べて、ベタベタしないため、ダブル洗顔の必要がありません。
容量120ml
価格4,000円
  •  
  • メイクがよく落ちます
    オイル美容にハマるきっかけになったアルガンオイルです。肌が乾燥してる日は普段より多く塗らないと伸びが悪く、反対に調子がい い日は伸びがいいので1日のお肌のセルフチェックができます。重めのオイルでメイクはしっかり落ちます。

    VoCE

  •  
  • オイルが軽いです
    ダマスクローズの上品な香りにうっとりしながらマッサージすると、 するするとメイクなどの汚れに馴染み、、 こってり重ねたマスカラなどもキレイに落とせます。 洗い流した後の肌はスベスベでスッキリ。 アルガンオイルはそもそも重くないオイルのようで、 ぎっとりせずに肌が柔らかくなります。

    今日もいい感じ

助手アッキー
ウォータープルーフのメイクまできれいに落ちて、ダブル洗顔がいらないというのはポイントですね!
公式サイトでは、オトクに買える定期便や、ミニサイズの販売も行っています。

ローズドマラケシュ|ディープクレンジングオイルはこちら

シュウウエムラ|アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル

 コスメで有名なシュウウエムラのクレンジングオイルです。雑誌でも多々登場し、ランキングでは必ず上位に入るほどですので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。こだわりの8つの自然オイルで、肌に負担をかけずにしっかりメイクも落とすことができます。また、セラミドの代用としても使われるオレアミドオクタデカンジオールが配合されているため、保湿効果も高いです。

油分シア脂、サンフラワー油、スクワラン、ホホバ種子油、トウモロコシ胚芽油、ツバキ種子油、オタネニンジン根エキス、ダイサンチクエキス
成分
トウモロコシ胚芽油、スクワラン、ホホバ種子油、サフラワー油、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸イソプロピル。トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルシア脂、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、オクチルドデカノール、トリカプリル酸ポリグリセリル-6、フェノキシエタノール、ユチャ種子油、ジカプリリルエーテル、炭酸ジカプリリル、リナロール、トコフェロールゲラニオール、水、ショウガ根エキス、オレアミドオクタデカンジオール、香料

Source: 公式サイト


無添加記載なし
使用感 肌に優しいため、乾燥肌の人が使ってもツッパリ感がありません。濃いメイクもするんと落ちます。オイルですが軽くさらっとしています。
容量150ml/450ml
価格4,400円/11,500円
  •  
  • 摩擦が少なく感じます
    軽いテクスチャーなので、手との摩擦もそれほど気になりませんし・・・汚れが広がらず色素沈着の心配もなく、チークやシャドウなど普段からいろんな色を使用するメイクの方には、特に有難いと思います。 もちろんメイク落ちも問題無く・・・たっぷりつけたウォータープルーフのマスカラも、一回でスッキリ落とすことができました!

    くまーじょ様の辛口!コスメ裁判所

  •  
  • 何度もリピートしています
    アイラインやファンデーションがちゃんと落ちるので好きです。 何回もリピートしてます。洗った後カサカサせず潤ってます。

    Yahoo!BEAUTY

編集長はるこ先生
クレンジングオイルといえばオイル感があり多少なりともべたつきがありますが、アイティム8は本当にさらっとしているので、クレンジングオイルという感じがしません。
ですので、肌への摩擦がすくなくなり、結果的に負担をかけないことになるんです!

シュウウエムラ|アルティム8スブリムビューティクレンジングオイルはこちら

キールズ|ミッドナイトボタニカルクレンジングオイル

 アメリカで古くから歴史のあるブランドです。天然成分を意識したスキンケア品などを販売しています。ミッドナイトボタニカルクレンジングオイルは、寝ている間に肌再生が行われることを意識し、リラックス効果のあるラベンダーオイルなど、様々なオイルが配合されています。美肌効果の高いイブニングプリムローズオイル(月見草油)が肌の潤いを逃しません。

油分スクワラン、ラベンダーオイル、イブニングプリムローズオイル
成分記載なし
無添加無鉱物油
使用感使用したあとは、ぬめりも残らず肌がつるつるになります。肌の潤いを残すことができるので、つっぱらないです。
容量175ml
価格3,800円
  •  
  • 使って良かったです
    周りの友達が使っていたことから、初めてキールズにトライしてみました!結果大正解です!! さらさらのオイルがメイクをするんと落とすのに全然つっぱらない!! ダブル洗顔不要なのもずぼらな私にとって助かります。

    公式サイト

  •  
  • ダブル洗顔不要です
    スクワランの働きで洗った後の保湿度合いも高いですが、 メイクなどとの馴染みもよく、本当によく落ちます。 手にとってメイクの上に広げたときの広がりかたが早いです。 メイクの上に載せただけでさっと広がり、 ルージュはあっという間に色素がオイルに移動してきています。 オイルクレンジングなのに、 ダブル洗顔がいらないところもポイントが高いですね。

    Secret Box of OZ

助手アッキー
肌を整える成分がたくさん入っているので、スキンケアもできるクレンジングオイルとも呼ばれています。
ハーブ系の香りは高級感もあり、リラックス効果があるのがいいですね!

キールズ|ミッドナイトボタニカルクレンジングオイルはこちら

プチプラのクレンジングオイル

エリデン化粧品|おひさまでつくったクレンジングオイルE

 自然派化粧品を販売している、エリデン化粧品のクレンジングオイルです。極力自然由来の成分を使うことで、敏感肌でも使えるくらいの低刺激オイルです。添加物もほとんどが無添加となっているため、アレルギーを起こしやすい人でも安心して使えます。保湿成分も配合されているため、乾燥しません。

油分米ぬか油
成分
コメヌカ油・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・スイゼンジノリ多糖体・ハトムギ種子エキス・アボガド油・スクワラン・カニナバラ果実油・ホホバ種子油・トコフェロール・ダイズ油・グリチルレチン酸ステアリル・水・ミリスチン酸オクチルドデシル

Source: Amazon


無添加防腐剤無添加、鉱物油無添加、着色料無添加、香料無添加、エタノール無添加、シリコン無添加 
使用感重めのテクスチャーで、ほんのりお米の香りがします。
容量150ml
価格1,200円
  •  
  • 肌荒れしません
    クレンジングしたあとの肌は、しっとりするんですよね。成分のおかげかな? 毎日使っても肌荒れしないので、お気に入りのクレンジングです。

    美しくなければ生きていけない

編集長はるこ先生
くまもんのパッケージがとってもかわいいですね!
無添加でよく落ちるクレンジングオイルといえば、高そうなイメージですが、それがプチプラで使用できるというところが人気のポイントなんです♪

エリデン化粧品|おひさまでつくったクレンジングオイルEはこちら

無印良品|オイルクレンジング・敏感肌用

 雑貨や食品からコスメまで幅広く取り扱いをしている無印良品のオイルクレンジングです。商品名に敏感肌用とあるように、オイル成分の100%を植物性でしあげており、鉱物油や防腐剤を使用していないため、肌に優しく使用することができます。

油分オリーブ油
成分
オリーブ油、パルミチン酸エチルヘキシル、テトラオレイン酸ソルベス-30、ポリソルベート80、オレイン酸ソルビタン、水、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリセリン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、トコフェロール、BG

Source: 公式サイト


無添加無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー
使用感少し重めのオイルで、どろっとしています。洗いあがりはスキンケア後のようにスッキリします。
容量200ml/400ml
価格879円/1,666円
  •  
  • クレンジングしっかりしてくれます。
    市販のオイルクレンジングの中ではありがたい価格です。クレンジング能力にも問題なし。

    公式サイト


助手アッキー
無印良品の商品は自然派が多いので、安心して使えますね!
このオイルクレンジング敏感肌用は非常に人気で、売り切れのこともあるそうですよ!
コンビニで販売しているところもあるため、気になる方はチェックしてみてください♪

無印良品|オイルクレンジング・敏感肌用はこちら

パックスナチュロン|ナチュロンオイル

 パックスナチュロンというブランドは、とにかく環境に負担をかけず化学物質は使用しないということをコンセプトにしています。そのためナチュロンオイルも合成添加物は入っておらず、自然に優しいオイルになっています。オレイン酸を多く含んだ100%天然の美容オイルですので、クレンジングとしてはもちろん、髪に使うこともできます。

油分ヒマワリオイル
成分
ハイブリットヒマワリ油

Source: 公式サイト


無添加無香料、合成界面活性剤不使用
使用感さらっとしたオイルで扱いやすいで、のびがよいです。
容量60ml
価格1,000円
  •  
  • メイクもするんと落ちます
    いろんなオイル(アルガン、オリーブ、スクワラン、セサミ・・・など)を使ってますが、クレンジングに関してはこれが一番メイクがするんと落ちます。ノンケミカルコスメはもちろん、ケミカルコスメでも落ちました。アイライナーなど目のキワでもバッチリ。クレンジング後もティッシュで軽く拭っておけば、すぐに洗顔できないときでもとりあえずはスッキリします。

    amazon

  •  
  • くせがないです
    パックスナチュロン好きのわたし。 オイルは初めて頼みましたが、くせがなくて使いやすいです。

    楽天市場

編集長はるこ先生
ナチュロンオイルの素晴らしいところは、いろんな使い方ができるということですね!ポーチに入れておいて乾燥した時にさっと使うこともできます。
自然の力でメイクを落とすので、肌への負担も少ないですね!

パックスナチュロン|ナチュロンオイルはこちら

代わりになるオーガニックオイル

助手アッキー
クレンジングオイルというタイトルで売られていないオイルでも、クレンジングオイルの代わりに使うことができます!オーガニックオイルは、髪やボディにも使えます。家に1本あれば幅広く使うことができますね!そんな中でもクレンジング代わりとして良く使われる万能オイルを紹介します。

ホホバオイル

ホホバオイルは、ホホバという植物から抽出されたオイルのことです。別名命の植物や、金の液と言われるほど、いろいろな効果があり、食べることもできることから昔から愛されてきました。

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルは抗酸化作用があるため、エイジングケアができる成分としても注目されています。ビタミンが多量に含まれていることもあり、肌を美肌に導いてくれます。他にも、アミノ酸やミネラルが多いことから、肌の代謝をあげ、いきいきとさせてくれます。毛穴の汚れを落とす効果も高いことから、クレンジングに使う方も多数います。

ひまわりオイル

ひまわりオイルは、サンフラワーオイルとも呼ばれています。ヒマワリの種子から抽出されたオイルのことで、食用でも幅広く使われています。健康意識の高い方に人気のオイルです。

ひまわりオイルの特徴

ひまわりオイルには、必須脂肪酸のオレイン酸やビタミン、ミネラルが含まれているため、美容はもちろん健康にも効果があります。エイジング効果のある抗酸化作用や、抗炎症作用もあるため、肌荒れしている人にもおすすめです。肌タイプを選ばないため、幅広く使用されています。べたつきがない特徴もあります。

セサミオイル

セサミオイルを直訳するとごま油です。ですが、普段皆さんが食べているごま油とは種類が違います。ごま油は焙煎されていますが、セサミオイルは焙煎されていないため、ごま油のような香りはしません。選ぶ時は、出来ればキャリアオイルと呼ばれるマッサージなどで使えるものを選びましょう。

セサミオイルの特徴

セサミオイルにはビタミンEの他にも抗酸化作用のある成分が多数含まれているため、エイジングケアの他にも肌のターンオーバーを正常化あせることができます。肌を柔らかくする効果もあるため、クレンジングで使用したあとは肌がもちもちになります。

編集長はるこ先生
オーガニックのオイルのほとんどは、アイメイクやリップメイクを落とす洗浄力がありません。必ずポイントメイクは落としてからにしましょう!

クレンジングオイルの使い方

乳化させる

クレンジングオイルを使ってメイクを落とす場合は、必ず乳化させる必要があります。乳化させることで肌への負担を減らし、メイクを浮かせる事ができるため、忘れずに行いましょう。

乳化のやり方

  1. クレンジングオイルを手に取り、メイクになじませます。ここではまだ水は使用せず、オイルのみ顔につけます。
  2. 手にオイルが残っていればそのまま、残っていなければ少しオイルを出し、水を2~3滴おとしてなじませると、白くなります。
  3. 乳化したら手になじませ、顔につけ、顔につけていたオイルも乳化させます。
  4. ぬるま湯でよくすすぎます。
助手アッキー
この時のポイントは、時間をかけないことです。
例えば、顔にクレンジングオイルをつけたまま、乳化に時間をかけてしまうと、肌トラブルのもとになってしまいます。
ささっと行うことがコツですね!
乳化させたオイルを顔につけるときは、こすらずに、なじませるだけでOKです。

摩擦をかけずにメイクを落とす

摩擦は肌へのダメージが強く、乾燥肌や敏感肌の原因にもなってしまいます。こすらずに優しくなじませるように行いましょう。また、クレンジングオイルの量が少ないと、伸ばそうとしてより摩擦が起きてしまいます。しっかりメイクになじませるためにも適量を使うようにしましょう。クレンジングオイルによっては、ポイントメイクを落とすことができないものもあります。その場合は、先にポイントメイク専用のもので落としてから使用するようにしましょう。

毛穴マッサージのポイントは?

オイルといえば毛穴マッサージが有名ですね!毛穴マッサージでオイルを使う時は、蒸しタオルなどで毛穴を開いてから行いましょう。指で摩擦を起こさないようにくるくると優しくすることがポイントです。

クレンジング後は洗顔を

クレンジングオイルを使った後は、必ず洗顔をしましょう。クレンジングオイルと洗顔は役割が違います。クレンジングオイルは油性のメイクをなじませてきれいにするため、洗顔料は汗や皮脂ホコリなど水性の汚れを落とす役割があります。クレンジングオイル使用後に肌がもちもちで状態が良くても、汚れは取り除けていません。そのままだと皮脂やホコリが残ってしまい、炎症が起こる場合がありますので、洗顔はきちんと行いましょう。

頭皮マッサージに使うのはOK?

頭皮にもたくさんの汚れがついているので、クレンジングオイルで落とすこともできます。クレンジングオイルには毛穴の汚れも落とすことができるため、頭皮の毛穴汚れをきれいにすることができるのです。ですがクレンジングオイルは元々メイクを落とすためのもので、洗浄力が強い商品が多いです。メイクをしているわけでもない頭皮につかうと、成分が強すぎて肌トラブルが起こる場合があります。使用する場合は成分をしっかりとチェックしておきましょう。

配合油分に注目してオイルを選ぼう

クレンジングオイルを選ぶ時は、どんなオイルを使っているのかあらかじめチェックするようにしましょう。天然オイルを使用しているものであれば、より肌に負担をかけることなく使用することができます。洗浄力があるクレンジングオイルだからこそ、肌に優しいものを選ぶようにしましょう!