肌がザラザラする原因は?顔や体の症状別の対処方法と基本スキンケア

ただの肌荒れとは思えない肌のザラザラ感…

丁寧なスキンケアをしていても良くならない肌のザラザラやくすみは、肌の状態や日頃のスキンケアの仕方に問題があるのかもしれません。どんなに丁寧にスキンケアをしていても、そのケアの仕方が違っていたら何の意味もありません。肌のざらつきの原因を知り、それに合ったケアをしていくことが大切です。私、水野が原因やケアの仕方を調べてきました。

肌がザラザラする原因

では一体、肌がザラザラする原因とはどんなことが考えられるのでしょうか?

ターンオーバーの乱れ

肌に残るざらつき感は、ターンオーバーの乱れによるものかもしれません。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりを指し、このサイクルは正常な肌だと約28日間で生まれ変わります。

具体的なメカニズムは、基底細胞が角質層に移行し、皮膚表面から垢となりはがれていくというものです。この剝がれるはずの角質が溜まって剥がれ落ちずに残ってしまうと角質肥厚となり肌がザラザラになり、ごわつきます。

逆に角質が必要以上に剥がれ落ちると、未熟な細胞が外部にさらされることになり、乾燥肌や敏感肌に繋がります。ターンオーバーが正常に行われない事でザラザラ感が生まれる事があるのです。

皮膚の潤い不足・乾燥

肌の表面の最も外側にある角質層は、水分を保ち外部からの刺激をバリアする働きをしています。しかし、健康な肌でなく皮膚の潤いが不足していたり、乾燥していると角質層に隙間ができ、水分が蒸発し肌がザラザラになってしまうのです。

又、乾燥していると外部からの刺激を受けやすく、肌ダメージを受ける事により肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

お肌のバリア機能の低下

バリア機能は外部の様々な刺激から肌を守る役割をしているのですが、このバリア機能は上記でもお話ししたターンオーバーが深く関わっており、このターンオーバーが正常に行われていないとバリア機能の低下にも繋がるのです。

ターンオーバーが乱れると、角質層に出来た隙間から乾燥が起きたり角質層が分厚くなり、あのザラザラ肌が生まれてしまうのです。

間違えたスキンケア

美肌を目指そうと、ゴシゴシと顔や体を洗ってはいませんか?実はこのスキンケアの方法がザラザラ肌をつくってしまっているかもしれないのです!肌は「皮脂膜」という膜で覆われており、この膜が外部からのウイルスなどを防ぐ役割をしています。この皮脂膜は汗と皮脂でできており、この皮脂膜により表皮からの水分の蒸発も防いでくれるのです。ハリのある肌や潤いのある肌には皮脂膜が欠かせないのです。

しかし、ゴシゴシと洗いすぎることで汚れや余分な皮脂以外にも、肌の潤いを保つために必要な皮脂膜までも落としてしまうことになり、乾燥が起こりザラザラ肌になってしまうのです。

あなたの顔や体のザラザラ感の症状はどれ?

一言に『ザラザラ肌』と言っても、その箇所や症状は人それぞれです。症状により原因となるものが違ってくるので、自分に体に起こっているザラザラ肌の原因をきちんと知ることが大切です。

コメド(ニキビ)

コメドとは、ニキビの原因となる角質のことで面皰(めんぽう)とも呼ばれており、英語でいうニキビにあたります。このコメドは、毛穴に詰まった皮脂や角栓の固まりのことを言い、顎まわりや口周りによくみられます。よく、爪などで押し出すと毛穴からにゅるっと白いものが出てきたりしますよね?あれがコメドです。

コメドが発生する大きな原因としては、肌の乾燥です。肌は、乾燥を察知すると皮脂膜が過敏に皮脂を出そうとします。この過剰な皮脂により毛穴が詰まり、コメドへと変わっていき、このコメドが増えることでザラザラ肌になります。

コメドが異常に増えてしまうと、アクネ菌が増殖しニキビになってしまうので、コメドを発生させないためにも乾燥を防ぐことが大切です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは敏感肌の人に良くみられる症状で、乾燥している肌に衣服などの摩擦によってかゆみや赤みが起きてしまいます。ダニやホコリ、花粉などに対するアレルギーが関係していることもありますが、風邪や過労、ストレス、女性では月経前のホルモンバランスの乱れなどにより症状が悪化するケースがあります。

症状としては、乾燥している肌に毛穴が盛り上がったような丘疹(きゅうしん)が固くなり、触った感じがザラザラとした状態になります。かゆみを伴う事が多く、かきすぎてしまうと丘疹が徐々に固くなり大豆ほどの大きさの痒疹結節(ようしんけっせつ)が出来てしまう事もあるようです。

主に症状が現れる場所は、四肢や背中、首や胸、顔では額や目の周りなど、上半身に見られるケースが多く、強い痒みを伴います。

サメ肌(魚鱗癬)

サメ肌とは、魚鱗癬(ぎょりんせん)と言い、主に遺伝による原因が多いと言われています。そのため、先天性の皮膚疾患とも言われます。しかし、乾燥肌がひどくなると、ガサつきや引っかかりがおきてしまい、サメ肌になる事もあるのです。サメ肌になると皮膚の代謝が正常に行われないので、本来剥がれ落ちるべきの古い角質が残ってしまったり、肌が乾燥してしまう事に繋がります。

ザラザラ感以外の主な症状としては、皮膚が網状にひび割れしていたり、赤い発疹のようなものが見られるのが特徴です。又、夏は比較的症状が落ち着いていても、冬になり乾燥がひどくなると症状が出てくることもあります。

毛孔性苔癬

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは、体の毛孔内に角質が溜まり、皮膚上にまで盛り上がり丘疹になり現れる症状のことです。よく二の腕や太ももなどにザラザラした感触を感じる事がありますが、この症状が毛孔性苔癬なのです。

特徴としては、体全体ではなく一定の範囲にまるでのようにブツブツが広がり集まっている状態で、触った感じがザラザラしているのです。ニキビのように細菌により炎症を起こしているわけではないので、痛みや痒みの自覚症状はほとんどありません。そのため、気が付かないうちに出来ていた!というケースも多く、ケアが遅れてしまう事もあるようです。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎とは、カビの一種である癜風菌(でんぷうきん)又はマラセチアファーファ―が毛穴に増殖し、増える疾患です。カビなので高温多湿を好み、汗などと密接に関係しているので汗をかきやすくなる春から夏にかけて発症し、悪化することが多いでしょう。

症状としては、赤くてブツブツとした発疹が多く発生し、ニキビと非常によく似ているのですが、大量に広い範囲に見られた場合はマラセチア毛包炎を疑った方がいいと思います。赤みがあるものの、痛みや痒みなどが無いのもまた特徴です。

発症しやすい場所としては、主に背中や首元などに多いとされています。これは、汗をかきやすいという点と、皮脂が多いという点から首より下や皮脂が多い背中などに発症しやすいのです。

症状別の改善方法

肌をザラザラにしてしまう原因は分かっていただけたと思いますが、ではその症状に有効な改善方法とは一体どんなものがあるのでしょうか?

コメド(ニキビ)

コメドの改善方法は、適度なケアです。上記でもお話しした通り、ゴシゴシとこすってしまうと乾燥を招き、皮膚を傷つけてしまう事になります。毛穴に詰まった汚れなどを取る事はもちろん大切なのですが、あまりキレイに落としすぎると皮脂膜までも落としてしまう事になるので、優しく洗うことが大切です。又、洗った後は潤いを与えることも忘れずに行いましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、乾燥肌の方や敏感肌の方に起きやすい症状なので、有効的な改善方法としては保湿が良いでしょう。保湿クリームを塗る事で衣服などの摩擦から肌が守られて、丘疹が固くなることも防ぎます。又、風邪やストレスなどの体の不調から現れる事も多いので、バランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレスを溜めないなどの体質改善もおススメです。

サメ肌(魚鱗癬)

サメ肌は、ひどい乾燥状態が起きてしまった結果として現れる症状なので、改善には時間がかかるでしょう。ザラつきが気になる、かゆみがあるなどの場合は肌を乾燥から守ることが良いでしょう。保湿クリームを付けることで、乾燥を防ぎサメ肌の進行を食い止めることが期待できます。

又、最近ではサメ肌用の薬用クリームなども売られているので、サメ肌になってしまったからと言って諦める事はありません。上記でもお話しした通り一種の皮膚疾患の場合もあります。皮膚が網状にひび割れしてしまう程の酷い症状の場合は、皮膚科を受診することをおススメします。

毛孔性苔癬

毛孔性苔癬は、良性疾患のためそのまま放置していても健康上に問題が起こるわけでもなく、他の人への感染の恐れもないので問題はないので心配はいりません。しかし、見た目が気になる場合には、皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。

皮膚科ではこの毛孔性苔癬に対して、保険適用の場合の治療法として、肥厚した角質を除去する塗り薬を処方したり、乾燥による角質の角化を防ぐための保湿剤を処方してくれるところもあります。又、保険適用外でもレーザー治療や薬剤を塗布し詰まった角質を溶かして除去するケミカルピーリングを用いた治療法などがあります。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は、上記でもお話しした通り見た目に赤いブツブツの発疹が表れるぐらいで、痛みや痒みなどがないため発見が遅れる事があります。普段確認しづらい背中に多く発症するのも、発見が遅れる原因の一つでもあります。首元や背中などに、身に覚えのない赤い発疹が表れたら皮膚科を受診しましょう。

元々人の皮膚に在菌しているカビなので、酷くならない場合はそこまで心配する必要はないのですが、異常に繁殖してしまうとどんどんと広がっていってしまうので、皮膚科を受診し、抗菌薬を処方してもらった方が良いでしょう。そのままの状態で放置してしまうと、ニキビ跡のように残ってしまい、消すことが難しくなってしまうので、特に見た目が気になる女性の方は注意が必要です。

肌を滑らかに!ザラザラ解消方法

もう治らないかも……と諦めていたザラザラ肌でも、その箇所に合ったケアや解消法をすれば、滑らかな美肌に変えられるのです。それぞれの悩みに合ったケアの仕方を知り、滑らかな肌を目指しましょう。

足のブツブツ・ザラザラ

足のブツブツ・ザラザラ肌に悩んでいる女性の方は多いと思います。この多くの原因は、ムダ毛処理の間違った方法にあるでしょう。ムダ毛処理をカミソリでした後の足を見て見ると、赤いブツブツがありませんか?これはカミソリ負けによる炎症が起きているサインなのです。カミソリ負けをしてしまう主な原因として考えられるのは、切れづらいカミソリを使っていたり、何度も同じ個所を逆剃りしていることです。

切れづらいカミソリで剃ると、何度も同じ個所を剃る事にも繋がり、角質までもそり落としてしまう事になるのです。よって肌へのダメージが強く、赤く炎症してしまう事になります。

又、カミソリの保存補状態も深く関わっていて、お風呂場に置きっぱなしにするなど保存状態が悪いと、さびてしまい剃り味が悪くもなります。さらに、湿気の多い場所なので菌が繁殖しやすくもなるので、衛生的にもよくありません。

肌を傷つけずに足のムダ毛処理をする方法は、逆剃りではなく、膝から足首に向かって処理をしていき、剃り終わった後はクリームなどで保湿をして潤いを与えましょう。そうすることで剃った後も滑らかな肌を手に入れる事が出来ます。

鼻のザラツキ・角栓

小鼻のザラツキや毛穴に詰まった角栓によるゴワツキは、洗っても洗っても中々取れづらいものです。小鼻のザラツキはメイクのノリにも大きく影響してきて、どんなに隠そうとしても隠しきれずに、返って化粧崩れの原因になる事も…そうならないためにも正しいケアの仕方が大切なのです。

そもそも鼻のザラツキは、毛穴に詰まった汚れが溜まり、角栓に変わりザラザラとした肌になってしまうのですが、念入りに洗顔していてもザラザラが残ってしまう!と感じる方もいると思います。そんな方は、洗顔のし過ぎが原因かもしれません。洗顔のし過ぎは、肌に必要な皮脂膜までも取り除いてしまい、結果肌を乾燥させてしまいます。また、毛穴に詰まった汚れ(角質)をしつこく取ろうとすると、肌が自らを守るために次々と新しい角質を生み出すようになり、余計に毛穴が詰まってしまうのです。

そうならないためにも、スクラブ洗顔料などの肌を傷つけるような洗顔は避け、クレンジングの時間を短めにして優しくピーリング石鹸や酵素洗顔料などを使って洗っていくと良いでしょう。洗顔後もしっかりと保湿することが大切です。

お尻のザラツキ・乾燥

意外と気づかないのがお尻のザラツキ!何気なく触ったお尻がザラツキを感じて焦ってケアを始めたという方も少なくないようです。でもどうしてお尻がざらつくの?と疑問に感じると思いますが、お尻は意外と刺激を受けやすい場所であり、スキンケアが大切な場所でもあるのです。お尻はストッキングなどの化学繊維が触れやすい場所であり、下着のゴムなどが当たる場所でもあるので、日々刺激を受けているのです。その刺激を受ける事により敏感な肌が摩擦をおこし、乾燥や肌トラブルが起きてしまいます。

お尻のザラツキがひどくなると、黒ずみが目立つようにもなってくるのでしっかりと保湿をしてあげる事が大切です。又、摩擦などの刺激を受けないようにしたり、下着を肌に優しい素材に変えたり、締め付けの強い下着は履かないようにするだけでも肌への刺激が軽減されて、ザラツキ解消になります。

肌のバリア機能を高めるスキンケア

バリア機能は肌表面にある薄い角質層の事で、この角質層が肌の潤いを蓄えて乾燥などを防ぐ役割をしています。肌のザラツキはこの皮膚のバリア機能が低下し、肌が角質層を厚くしようとする事ザラザラとした肌触りになってしまいます。ザラツキを無くすには、角質を厚くしないようバリア機能を高める事が大切です。

では、バリア機能を高めるには具体的にどのような事をすればよいのでしょうか?

皮脂を落としすぎない

最初にお話しした通り、肌は皮脂膜で覆われており、その皮脂膜が外部からのウイルス侵入を阻止し、肌内部からの水分の蒸発を抑えてもくれます。スベスベの肌にはこの皮脂膜が必要不可欠で、この皮脂膜までも落としてしまうようなゴシゴシとしたクレンジングは、肌を傷つけバリア機能を低下させてしまうので注意が必要です。皮脂を落としすぎないよう優しく洗いましょう。

十分な保湿

バリア機能が低下しているということは、肌が敏感になり、乾燥しているということ。このような肌状態では刺激を受けやすく、肌を傷めやすくなってしまうので、それを避けるためにも十分な保湿が必要になってきます。

保湿をすると肌の代謝がよくなりターンオーバーが正常に行われ、バリア機能も高まります。バリア機能を高めるためにも、十分な保湿を心掛けましょう。また、ターンオーバーを正常にするためにも、バランスの良い食事や十分な睡眠もしっかりと取るようにしていくことが大切です。

紫外線対策

バリア機能が低下している時は、刺激にも弱くなってしまっています。特に紫外線は肌にダメージを与えやすく、シミやそばかすの原因になる他に、肌から潤いを奪い、乾燥させてしまう事にも繋がります。乾燥や肌へのダメージはバリア機能を高めるためには避けたい事なので、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

ザラザラ・ポツポツ改善に使えるスキンケア商品

自分の力で治すのは中々難しい…そんな方におススメしたい肌のザラザラやポツポツの改善をサポートしてくれる商品があるんです。おススメアイテムを使って、滑らか肌を手に入れましょう!

首、顔回りのポツポツ:シルキースワン

価格:¥2,980(キャンペーン価格)

こちらのシルキースワンは、首や顔回り出来たザラザラやポツポツを取り除き、キレイで滑らかな肌にしてくれる商品です。ザラザラ・ポツポツの原因でもある古くなった角質を、優しく取り除くために使われているヨクイニンやハトムギで取り除き、さらに杏仁オイルや杏仁エキスで角質ケアをすることで、肌を傷めずに滑らか肌を実現することが出来るでしょう。年齢のせいだから…体質だから仕方ない…などと諦める必要はないのです!

  •  
  • 気になるザラザラが減って効果抜群のアイテムです!
    5/5
    27歳 女性
    病院でも首イボ治療に処方されるヨクイニンエキス配合。 ヨクイニンには消炎、皮膚再生、保湿、皮膚柔軟化作用があり昔からイボ取りに使われている成分です。 (中略) ザラザラポツポツも減って、手で触ると顔と同じくらい滑らかに! 背中が肌荒れしやすいので、背中にも塗ったりと、 首元だけでなくポツポツができやすい脇や太ももの付け根など身体や顔にまで使えます

    @コスメ

 

ザラザラしやすい意外にも年齢が出やすいのが首元ですが、美容成分も配合されているこちらの商品を使っていくことで、ザラツキはもちろん首回りが明るくなりハリが出てことでシワもなくなるなど、効果は絶大のようですね。

商品はこちら

二の腕のブツブツ:ピュアルピエ

価格:¥5,334(キャンペーン価格)

二の腕のブツブツを無くして滑らか肌にしたい方にはこちらのピュアルピエがおススメです。二の腕に残る頑固なブツブツ、ザラザラは乾燥により起こる皮脂の過剰分泌が原因です。これを避けるためにも潤いを与えて保湿をすることが大切なのです。

保湿効果が高いとされている尿素入りのクリームは、ブツブツ対策としてもよく使われますが、濃度が強すぎると肌の良い角質までも溶かしてしまう恐れがあるのです。よってバリア機能までも壊されてしまい、結果乾燥をよりひどくしてしまうケースもあります。

しかしこちらの商品は、そんな角質を削ってしまう尿素のような作用のものではなく、保湿成分を主とした成分が多く含まれているので、ブツブツをケアしながら潤いを与えてくれる効果が期待できるのです。

  •  
  • 全然再発しなくなりました!
    5/5
    23歳 女性
    今まで薬局に売っているクリームを使っていたんですけど、最初は少しよくなったかと思っても、必ず再発していました。でも、ピュアルピエを使い始めてから4ヶ月が立ちますが、まだ一度も再発していません。 ホントにお勧めです!!

    ピュアルピエ

尿素入りのクリームでありがちなのは、再発です。角質ごと削り落としてしまうので塗った直後は効果が感じられるのですが、又すぐにブツブツが出てきてしまい、傷ついた肌は余計にザラザラしてしまいがちにも…

しかしこちらの商品は、潤いを与えながら治していくので、再発もしにくいようです。根本的な部分から改善していけるので、長年の悩みを解消してくれそうですね。

商品はこちら

ボディのニキビ:クリアボディローション

価格:¥1,300

皮脂の多い背中はニキビが出来やすいのですが、具体的にどんなケアをしたらいいか分からないですよね。顔と背中では皮膚の厚みが違うので、ケアの仕方も異なってきます。ボディにはボディ用のケアアイテムが必要なのです。そこでおススメしたいのがこちらのクリアボディローションです。敏感肌や肌トラブルが多い人が愛用するオルビスから、体のニキビケアができるローションが発売されているんです。

特徴は何といっても手軽さです。背中にシュッとひと吹きするだけで毛穴を詰まりにくくする作用と、ニキビケアをする作用が働き、ゴワつき知らずのスベスベ肌に導いてくれるでしょう。逆さにしてもスプレーできる特殊なボトルを使っているので、自分ではケアしにくい背中でも、これなら簡単に出来そうですね。

  •  
  • 産後のトラブル肌を激変させたアイテム!
    5/5
    31歳 女性
    信じられない! 産後、上から下までブツブツでボディソープ変えたり 入浴剤入れてみたり色々やったけど デッカイのやらちっちゃいのやら 本当にブツブツでした… あんまり期待してなかったのですが まさかの使用2日で明かに減ってる! ちっさいのが無くなってる!!

    @コスメ

 

産後のトラブル続きの肌にも効果が期待できる商品のようです。お手入れのしにくさもあって中々ケアが難しい背中ですが、シュッとひと吹きするだけの手軽さも続けられる特徴のようですね。 

商品はこちら

どんな症状も肌の潤いを保つことが大切

様々な原因により、肌のザラザラが起きてしまうということを分かっていただけたでしょうか?どの症状にも言える事は、乾燥は大敵だということです。肌が乾燥することにより何らかの形で肌に影響が出て、ごわつく肌の原因になってしまうのです。ザラザラ肌を予防・解消するには肌の潤いを保つことが大切なのです。滑らかな美肌を目指し、肌の保湿方法をもう一度見直してみましょう。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2018.12.06 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2018.11.27 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2018.12.06 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2018.12.06 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2018.09.01 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.11.30 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事