水洗顔でニキビだらけのお肌を改善!実践する前に正しいやり方と注意点を予習

水洗顔でニキビを改善!でも間違えれば逆に増えるかも?

ニキビが多い人の中には、こまめに洗顔をしなければ!と1日に何度も洗顔をしている人がいますよね。しかも、ニキビ肌用の洗浄力が強い洗顔料を1日に何回も使用している人も多いはず。実はこれがニキビ肌を悪化させている場合があるんです!

undefined
あっきー
そういえば僕が高校生の頃、同級生の女の子が休み時間のたびに洗顔をしていたっけ。あれってあまり良くなかったんですね。 
undefined
はるこさん
そうね。洗顔料の洗浄力が強くて、必要な皮脂まで奪い取っているのが原因になるみたい。洗顔料を使うよりも、水だけで洗った方が良い場合もあるのよ。でも間違ったやり方では悪化するかもしれないので注意しなきゃね。

10代の頃はニキビに悩まされていたものの、正しい知識のおかげでニキビ肌を克服できた私、はるこ先生が水洗顔でニキビを改善するにはどんな所に気をつけたら良いのか、詳しく解説します。

【重要!】ニキビ肌になってしまう原因

ニキビ肌をキレイにするためには、ニキビ肌になる原因を改善するのが前提になります。アナタの肌はどうしてニキビができやすいのか、その原因を探ってみましょう!

皮脂が詰まっている

ニキビができる一番の原因は、毛穴に皮脂が詰まっているからです。正常なら新陳代謝(ターンオーバー)の働きで、余分な皮脂は毛穴から排出されるはずです。ですが、新陳代謝の働きが乱れてスムーズに皮脂が排出されないと毛穴に皮脂が詰まったままになります。詰まった皮脂が酸化したり、ニキビの原因菌・アクネ菌が繁殖して炎症を起こすとニキビになるのです。皮脂が詰まる原因として考えられることはいくつかありますが、代表的なものは以下の通りです。

ホルモンバランスの崩れ

成長期にはホルモンバランスが不安定で、女性でも男性ホルモンの影響を受けやすくなります。男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。他にもストレスや生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが崩れやすくなるので注意しましょう。

食生活の乱れ

油っこいものや甘いものが大好き♪というアナタは要注意!このような食生活を続けていると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。またビタミンが不足すると皮脂のバランスを崩しやすいので栄養バランスを考えた食事が必要です。

インナードライ肌(隠れ乾燥肌)

自分は皮脂が多いから脂性肌だと思いこんでいる人も多いようですが、実は肌の中は潤いが足りないインナードライ肌(隠れ乾燥肌)の場合が多いそうです。肌がダメージを受けないように、なんとか潤いを保とうとするため、皮脂が過剰に分泌されているんです。これが間違ったスキンケアを招く原因にもなっています。

肌の機能が低下している

健康的な状態の肌ならニキビはできにくいものです。何らかの原因で機能が低下しているので、ニキビができやすくなっていると考えられます。主な原因は以下の通りです。

間違ったスキンケア

自分では良いものだと思いこんでいるスキンケア方法が、実は大きな間違いになっている事が多いです。特に洗い過ぎや肌に合っていない洗顔料、化粧品については十分注意しなければいけません。1日に何度も洗顔をしている人や、洗顔料や化粧品を使って肌トラブルが増えた人はスキンケア方法を見直してみましょう!

紫外線のダメージ

紫外線が多い夏だけでなく、一年中UV対策をしなければ肌トラブルが出やすくなります。紫外線は肌に大きなダメージを与えるため、UV対策を怠っているとすぐに肌機能が低下し始めます。ニキビだけでなく、肌老化を招く原因にもなるので注意しましょう。

睡眠不足とターンオーバーの乱れ

しっかり睡眠をとらなければ、日中に受けた肌のダメージを回復できません。肌は眠っている間にターンオーバーの働きによって生まれ変わり、日々のダメージを回復させています。ターンオーバーがきちんと行われなければ、いつまでも古い角質が残ったままになって毛穴を詰まらせる原因になります。

乾燥によるバリア機能低下

肌は適度な潤いを保っていなければ健康状態を維持できません。特に潤い成分のセラミドが不足しがちになると乾燥肌を招き、肌のバリア機能を極端に低下させる原因になります。過剰に皮脂を分泌させてニキビができやすくなる原因にも繋がります。

【水洗顔のススメ】アナタは水洗顔に向いている?

正しいスキンケアの基本は、正しい洗顔です。ニキビを改善するための方法として、水洗顔をおすすめしたい人は以下の通りです。

こんな人に水洗顔がおすすめ!

  • 乾燥肌の人
  • インナードライ肌の人
  • 混合肌の人
  • 炎症・赤みのある人

 自分の肌質がよくわからないという方は、下記の特徴を参考にして肌の状態を観察して判断してくださいね。

肌タイプ主な特徴

乾燥肌

  • 肌に触れるとカサカサしている
  • 笑うと小じわができやすい
  • 肌トラブルが尽きない

インナードライ肌(隠れ乾燥肌)

  • 皮脂が多いけど肌がつっぱる気がする
  • 毛穴が目立つ
  • こまめに洗顔をしても皮脂が多い
混合肌(場所によって肌質が違う)
  • 頬はカサカサ(乾燥)、鼻はベタベタ(オイリー)
  • 目元や口元にシワが多い

脂性肌(オイリー肌)
  • 顔全体がテカテカしている
  • メイクが崩れやすい

見分けが付きにくいのはインナードライ肌と脂性肌です。正確な判断は難しいですが、洗顔後に肌がつっぱりやすい場合はインナードライ肌の可能性が高いでしょう。オイリー肌の方に水洗顔をおすすめできないので要注意です!余分な皮脂を取り除くためにも、自分に合った洗顔料を使いましょう。

水洗顔がニキビ肌に良い4つの理由

アナタの肌質がオイリー肌以外なら、水洗顔のスキンケアをおすすめします!ニキビができやすい人に水洗顔をおすすめしたい理由は4つあります。

1.刺激が少ない

洗顔料の洗浄力によって違いますが、洗顔料を使うことで多少なりとも肌への刺激があるものです。ニキビなどの肌トラブルが現れている状態に、更に刺激を与えることは肌に良くありません。できるだけ余計な刺激を与えないという意味で、水洗顔が効果的だと考えられます。

2.常在菌に優しい

私達の肌には複数の常在菌が存在しています。絶妙なバランスを維持していれば肌トラブルが起こりにくいと言われていますが、アクネ菌などのニキビの原因菌が優位になるとニキビができやすいと考えられます。常在菌の中でも表皮ブドウ球菌などの善玉菌を優位にするためにも、過剰な洗顔は禁物。水洗顔は常在菌を程よく残せるのが大きなメリットですね。

3.保湿成分を程よく残す

肌の潤い成分として必要な皮脂・セラミド・天然保湿因子などは、洗顔料の洗浄力が強すぎるとごっそりと奪われてしまいます。水洗顔なら程よく残すことができるので安心ですね!

4.肌のターンオーバーを促す

水洗顔は肌に余計な負担をかけないので、肌の状態を正常に保つことが期待できます。肌本来の働きとして、ターンオーバーで新しい皮膚に生まれ変わってダメージから回復する自然治癒力を促せると考えられます。

undefined
はるこさん
この4つの理由を見ているだけでも、水洗顔をしているとニキビ肌の改善に役立つことがわかりますよね。肌に余計な刺激を与えない所がポイントですね!

効果的な水洗顔のやり方

いよいよ今回のテーマのキモになる、水洗顔の正しいやり方を説明しますね!

undefined
あっきー
待ってました!水洗顔というからには、要は水で洗えば良いだけですよね!?
undefined
はるこさん
違うわよ、あっきー!水洗顔はこれから紹介するステップをしっかり守らなきゃ!間違わないようにしてね♪

1.手をキレイに洗う

実はここが重要!手にたくさん雑菌が残っている状態で洗ってしまうと、顔で余計に繁殖して肌トラブルを招く原因になります。水洗顔を続けて、逆に肌トラブルが増えたという人はこの段階で間違っていることも多いのです。

2.優しく水洗顔をする

水洗顔は冷たい水で洗うものだと思っている人も多いですが、ぬるま湯で洗うのが正解です。ところで、ぬるま湯ってどのくらいの温度なの?と疑問を感じる人もいますよね。温度の目安は肌質に合わせて調整しましょう。

肌質オススメの温度
乾燥肌30~33℃
混合肌33〜35℃
オイリー肌・インナードライ肌34~37℃

温度設定が40℃以上になっていると要注意!ぬるま湯だけでも必要な皮脂まで奪い取ってしまう可能性があるので注意してくださいね。ぬるま湯を手ですくって、顔にかけるというイメージで洗ってください。くれぐれもゴシゴシとこするのはNGです!肌に余計な刺激を与えてしまい、肌トラブルを引き起こすかもしれません。だいたい20回から30回くらい水をかけるイメージで洗いましょう。

最後にぬるま湯ではなく、冷たい水にして顔全体に水をかけて仕上げます。冷水をかけると、ぬるま湯で緩まった毛穴をキュッと引き締める効果を発揮します。

3.タオルで水分を吸い取る

最後に水分を清潔な吸水性の良いタオルを使って吸い取ります。この時もタオルでゴシゴシこするのはNGです。タオルの素材はオーガニックコットンやガーゼなどの素材は肌に優しいのでおすすめですよ。

水洗顔の注意点

水洗顔をする時に注意しておきたいポイントがいくつかあります。この注意点に気をつけなければ、肌トラブルを招くこともありますよ!

水洗顔の頻度について

水洗顔は肌に優しいから、一日に何度やっても良いと思っている人も多いのですが、これは間違い!水洗顔でも朝だけか、朝晩2回だけにしてください。どんなに肌に優しい洗顔方法だといっても、洗顔をする度に肌に刺激を与える可能性があるからです。

夜は洗顔料を使う

水洗顔だけを続けていると問題になるのが、汚れが溜まってしまい肌トラブルを招く場合がある事です。やはり水洗顔だけでは余分な汚れを落としきれない部分もあるため、夜だけは洗顔料を使って洗顔することをおすすめします。洗顔料はできるだけ刺激の少ないものを使いましょう。

逆に悪化する場合も

水洗顔はある程度継続しなければ良い効果が発揮されません。でも、しばらく続けても改善が見られない場合は他の原因が考えられます。例えば、ニキビだと思って水洗顔を続けていたら、更に肌荒れがひどくなる場合があります。仮にニキビではない、脂漏性皮膚炎などを発症していたのかもしれません。脂漏性皮膚炎は正しい治療を受けなければ改善が難しいので、病院で適切なスキンケアを指導してもらいましょう。

【Q&A】水洗顔初心者さん必見のよくある質問

水洗顔に関する疑問点でよく聞かれるのが、水洗顔中のメイクや副作用についてです。同じ事が気になっていたというアナタのモヤモヤを解決しましょう!

水洗顔中のメイクはどうしたら良い?

ノーメイクまたはナチュラルメイクがおすすめ!できるだけ肌に負担をかけないようにしましょう。

水洗顔は肌への負担を減らして、ターンオーバーを促すという目的があります。それなのにゴテゴテにメイクをして肌に負担を与えては全く意味がありません。基本はノーメイクがおすすめですが、外出時にメイクしないわけにはいかない!という方は薄いナチュラルメイクにしておきましょう。この場合は朝だけの水洗顔にしてくださいね。

ナチュラルメイクをする時には、ホホバオイルなどの天然オイルを薄く肌に馴染ませて化粧下地変わりにしてください。ホホバオイルは人の肌に近い性質があるので、オイルでもベタつきにくく、化粧崩れもしにくい特徴があります。後はミネラルパウダーを使って、薄く肌に馴染ませるだけで十分です♪

水洗顔って副作用があるの?リバウンドも心配…。

一時的ですが、ニキビや吹き出物が増えたり、「はたけ」や乾燥、かゆみを伴う場合があります。

水洗顔を続けていると、逆に肌の状態が悪くなったと感じる方がいます。でも、好転反応として現れている可能性もあるので、確実に「副作用」とは言えない部分も多いです。肌の乾燥やかゆみ、「はたけ」はよく見られる現象です。はたけとは、毛穴に詰まっていた角栓が出てきた状態です。ターンオーバーが正常化しつつある段階だと考えられます。ただし、明らかに肌の異常を感じた場合は、皮膚科医に相談してくださいね。

実際に水洗顔を試してみた人の口コミ

これから水洗顔を始めてみようと考えている方は、実際に試してみた人の経験談をご覧になってみてはいかがでしょうか?ぜひアナタも参考にしてくださいね。

水洗顔を実践している一般の人の声

  •  
  • ニキビに効果があった
    ニキビと脂性酷くて2年間色々な洗顔料試してもダメ、増え続ける一方だったのに 開始3日目にして脂ギッシュじゃなくなって新規ニキビ数が減った もしかして今まで洗顔料に負けてニキビになってたのか?

    kohada.2ch.net

今まで洗顔料を使った洗顔を続けていた人が、水洗顔に変えてみたところニキビが良くなったという報告も多いです。この方は早い段階で良い結果が見られたようですね。

  •  
  • ニキビ跡が薄くなった
    自分は8ヶ月くらいで元の赤味が10段階の8とすると3くらいまで落ち着いた まあニキビ跡というよりは石鹸で洗いすぎの炎症で赤かったみたいだけど

    kohada.2ch.net

ニキビ跡を薄くするためには、肌の生まれ変わりを促して新しい皮膚が再生するのを気長に待つことになります。この人も8ヶ月かけて気長に続けた結果、良い結果が見られたようですね。

  •  
  • 水洗顔でリバウンドした?
    1ヶ月くらいは変化無し 2ヶ月目からはにきびが少し増えて それからは脂性肌も改善されました。

    www.fumi23.com

水洗顔を続けてしばらくすると、リバウンドといって逆にニキビが増えるなどの現象が見られることがあります。この時点でやめずに続けた結果、良い肌質になったという意見もあります。

この人は水洗顔を続けて鼻の黒ずみが目立たなくなったそうです。いちご鼻で悩んでいる人にも良いようですね。

水洗顔を実践している芸能人

芸能人にも水洗顔を続けてキレイな肌を維持している人がいます。憧れの芸能人のようなツルツルの素肌を維持するために水洗顔を実践する人も多いようです。

黒木瞳さん

50代とは思えない美しいお肌を維持している秘密は、洗顔をし過ぎないように気をつけているからなのだとか。肌を乾燥させないためにも、泡洗顔ではなく水洗顔を実践していると言われています。

梨花さん

ママになってもモデルとして活躍して美を維持している梨花さん。梨花さんも肌に負担をかけない洗顔を実践しています。ぬるま湯にスクワラン入りのタオルを浸して顔に押し当てるように洗う洗顔方法を実践しているそうです。

石田ゆり子さん

ツルツルの素肌を維持している女優の石田ゆり子さんは、朝にぬるま湯でさっと洗い流すだけの水洗顔をしています。最後に冷水で引き締めるのも忘れないそうです。

【水洗顔中でもOK】夜の洗顔におすすめの洗顔料

水洗顔はできるだけ洗顔料を使わないのが基本になります。でも、夜に関してはメイクやホコリなどの汚れがたくさん付着しているため、水洗顔だけでは汚れを落としきれないと考えられます。そのため、夜だけは洗顔料を使って洗うのをおすすめしていますが、できるだけ刺激の少ない洗顔料を使うことが大切です。そこで、水洗顔中でも安心して使える、刺激の少ない洗顔料をピックアップしてみたので、おすすめできる順に紹介します!

Non A.(ノンエー)

 

おすすめポイント

  • 医薬部外品
  • 着色料・香料・エタノール・鉱物油を無添加
  • グリコール酸(ピーリング成分)を無添加

特徴

肌の潤いを保ちながら余分な汚れを落とせるように工夫されています。潤い成分として配合されているのは以下のとおりです。

ローヤルゼリー豊富なアミノ酸を含んでいます。健康的な肌を維持するために役立ちます。
ヒアルロン酸肌に本来備わっている保湿成分。日々の生活で失われがちな潤いを取り戻す役割を果たします。
リピジュア細胞膜や涙から作られた潤い成分。潤いを維持して刺激から肌を守る役割があります。

とても泡立ちが良く、泡の洗浄力で毛穴に詰まった汚れもスッキリ落とします。メイク汚れもダブル洗顔でOK!クレンジング剤が不要です。

価格

  • 1個 2,940円 送料540円
  • 3個セット 7,980円 送料無料

Non A.(ノンエー)

美容液石けんアクナイン

 おすすめポイント

  • 9種類の美容成分を配合
  • 返金保証付き
  • 肌に刺激を与えるラウリン酸などを無添加

特徴

ニキビ肌に安心して使える成分にこだわって開発された石鹸です。美容成分として含まれているのは以下の通りです。

スクワラン元々肌にも存在している保湿成分。お肌の潤いを維持する保湿効果を発揮。
カキタンニン毛穴を引き締める効果が期待できます。
クロレラエキス
藻由来の成分。保湿性に優れていて、肌を乾燥から守ってくれる役割があります。
チャ葉エキス肌荒れを抑えてお肌の潤いを保つ役割があります。
クズ根エキス保湿効果や美白効果が期待できるとされています。
ハトムギエキスターンオーバーを正常化する役割と保湿効果が期待できます。
アロエベラエキスとろみのある保湿成分です。
米ぬか肌サイクルを正常化して適度な潤いを保持する役割があります。
グリチルリチン酸2K肌荒れを防ぎ適度な潤いを保つ役割があります。

美容成分をたっぷり配合し、肌に刺激を与えるラウリン酸やアルコール、パラベンなどを含んでいません。洗浄力が強すぎない石鹸を探している方におすすめです。

価格

  • 通常 3,500円 送料別途
  • 定期コース 2,500円 送料無料

美容液石けんアクナイン

よかせっけん

Source: アマゾン

 おすすめポイント

  • 汚れを吸着して落とす
  • 洗顔ランキングで1位獲得!
  • 医薬部外品

特徴

南九州のシラス大地にある、とても細かいシリカパウダーを使用しています。豊富な天然ミネラル成分を含んでおり、肌に優しい洗浄力を発揮します。シリカパウダーは肌の毛穴よりも小さく特殊加工されたものです。毛穴に入り込んで汚れを吸着して落とすことができます。美肌成分6割以上、洗浄成分4割未満の成分構成です。有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、医薬部外品の肌に優しい練石鹸です。

価格

  • 通常価格 1,800円 送料別途
  • 定期コース 1,705円 送料無料

よかせっけん

こちらの記事でも、水洗顔にピッタリの洗顔料を紹介しています!

水洗顔でニキビを改善するなら肌の調子の見極めが大事!

水洗顔でニキビを改善したい場合は、肌の状態をしっかり見極めてから行うようにしてください。肌質に合った温度で洗うようにして、余計な刺激を与えないことが重要です。肌が持っている力を取り戻すまでどのくらいの期間がかかるのかは個人差があります。ある程度期間がかかるものだと考えて、諦めず地道に続けてみましょうね。ただし、途中で肌トラブルが悪化しすぎた場合は、必ず皮膚科医に相談することをおすすめします。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事