便秘は美肌の大敵!便秘で起こる肌トラブルの原因と改善法3選

便秘で肌荒れがひどい……

便秘が治らずに悩んでいる……。という方で、肌荒れも酷いという方はいませんか?便秘肌荒れは大きく関係しているのです。便秘と肌の関係についてや、便秘が原因で起こる肌トラブルについて詳しくご紹介していきます。便秘を解消して肌荒れを治したい!という方もたくさんいるかと思います。便秘の解消は時間がかかることがほとんどですので、便秘が原因の肌荒れを早く治すために、自分でできる改善方法をご紹介していきます。

はるこ先生
こんにちは!便秘で悩む女性は本当にたくさんいるんですよね。治したい!と思ってもなかなか治らずに諦めている人も多いのではないでしょうか?便秘になってしまうと、肌への影響も出てきてしまうのです。今回は、私、水野と一緒に便秘からくる肌トラブルについて勉強していきましょう! 

便秘と肌の関係

便秘と肌は一見、関係ないように見えてしまいますが、実は大きく関係している場所なのです。肌は内臓を映す鏡と言われることがあるように、腸内環境が悪いと肌にも影響が目に見えて出てくるのです。便秘と肌の関係についてのメカニズムについてご紹介していきます。

活性酸素の増加による肌の汚れの蓄積

人間の体にはもともと老廃物を排出するデトックス機能が備わっています。毎日食事をしたり、生活する中で、体の栄養素として使われなかった老廃物を、外へと排出する役割を担っているのが便なのです。

しかし便秘になってしまうと、この便が腸内に長い時間留まることになります。便が腸内に長く留まることによって、悪玉菌が働き便を毒素へと変えてしまいます。腸内のバランスは善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる、3つの菌のバランスが保たれることによって正常に機能していきます。便秘になる原因はこの菌のバランスが崩れていることです。悪玉菌の量が増えることにより便秘になります。

便秘になり悪玉菌が毒素を排出することによって、今度は毒素をやっつけるために活性酸素を発生させることになります。活性酸素は毒素を減らす役割を担いますが、同時に体の細胞を傷つけてしまうのです。毒素は腸内だけでなく全身を駆け巡るため、体全体で活性酸素が発生するのです。

活性酸素の発生により、肌の細胞は酸化します。酸化した肌細胞は栄養分を取り入れたり老廃物を排出したりする機能が衰えてしまいます。そのため、肌の汚れを外へと排出することが出来ずに、肌にますます蓄積されていくことになります。蓄積された肌の汚れは、ニキビの原因になったり、シミの原因になるなど、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

自律神経の乱れによる肌の新陳代謝の低下

自律神経の乱れは、便秘にも肌にも大きく影響を及ぼします。自律神経とは24時間働き続けている神経で、自分の意思では指示することができない器官を働かせることが出来る重要な役割をしています。しかし、ストレスや睡眠不足により自律神経は乱れてしまいがちです。自律神経が乱れることにより、胃腸などの消化活動が行われる副交感神経が働かなくなることで、便秘の原因になっていくと言われています。

また便秘の中には、血流が悪くなり自律神経の乱れを引き起こしてしまう場合もあるのです。自律神経が原因で便秘が起こる場合と、便秘が原因で自律神経が乱れる場合があるのです。どちらにしても自律神経と便秘の関係は、とても深いものがあるということです。

そして自律神経の乱れが、肌荒れの原因になることがあります。この自律神経の中の副交感神経は、体をリラックスさせたり、回復へと向かわせる大切な働きをしています。しかし、この副交感神経が働かなくなることによって、肌を回復させるために大切な睡眠の質を低下させることがあります。睡眠不足などが起こると、寝ている時に行われる肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。肌のターンオーバーが行われなくなると、肌は新しく生まれ変わることが出来にくくなってしまいます。そのため、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

便秘が引き起こす症状

便秘が引き起こす症状はさまざまです。比較的多くの人が感じている症状は「ニキビなどの肌荒れ」です。また、排出されない便による圧迫感による「お腹の張り」や自律神経の乱れによる「身体のだるさ」なども多くの人が感じている症状です。その他にどんな症状が考えられるのかを見ていきましょう。

  • イライラや不快感
  • 肩こりや腰痛
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 腹痛

便秘で起こる大人の肌トラブル

  • 乾燥
  • 肌の色のくすみ
  • かゆみ
  • 肌の老化
  • 湿疹
  • にきび

便秘による肌トラブルには、このようなものが多くあります。肌細胞が衰えたことによりバリア機能が低下して、乾燥やかゆみ、湿疹の原因になります。また、肌のターンオーバーが正常でなくなると、肌を若々しく保つために必要なコラーゲンなどが作り出されにくくなります。そうすることで肌の老化を引き起こすことが考えられます。ターンオーバーが乱れると肌に汚れが溜まってしまい肌のくすみが気になるようになることもあります。便秘になるということは、肌にとって悪い影響を及ぼすことが考えられるのです。

便秘による肌荒れが起こりやすい場所は?

便秘が原因で起こる肌荒れは、頬に出来やすいという特徴があります。特に多いのは、頬にニキビが出来るということです。肌荒れの原因には、乾燥やターンオーバーの乱れなど様々なものがありますが、その元凶がもしかしたら腸内環境の乱れである可能性もあるということです。

便秘になる原因

便秘は、便の通過が遅くなり腸の中に長時間便がとどまっている状態の事を言います。また、排便が3日程度ない状態の場合「便秘」だと判断していいと考えられているのです。しかし、中には毎日排便をしていても「隠れ便秘」になっている可能性があります。これは、一度に排出する便の量が少なかったり、便を排出してのスッキリ感がない場合の事を言います。実際にどんな事が便秘の原因になっているのかを見ていきましょう。

バランスの悪い食生活

毎日忙しいと朝食をぬいてしまいがちになります。またダイエットなどのために、あえて朝食を摂らない人も多いです。朝食を摂らないと朝起きてから腸の活動を始める事ができません。腸は、食べ物が徐々に腸の中に入ってくることで活動を始めるのです。摂取する食べ物の量が少なくなったり、次の食事までの時間が長くなると腸の働きが弱くなり便秘になる可能性があるので注意をしましょう。

また、忙しい時などはコンビニのお弁当やファーストフードなどで手軽に食事をすませてしまうことも多くりがちですが、これを続けると栄養が偏って便の排出を妨げてしまうこともあります。食物繊維やミネラル、ビタミン不足も便秘の原因になることを頭の中に入れておきましょう。常にバランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

運動不足

便を排出する時には、腸でぜん動運動というものが起こります。これは、腸の中にある輪っか状の筋肉がくねくね動くことで便を肛門まで運ぶ動きです。また、便を排出する時には腹筋を使っていきみます。腹筋を使っていきむことでぜん動運動を行うことが出来るのです。運動不足になると、腹筋の働きが低下します。その結果、腸をしっかりと動かすことが出来なくなります。腸の動きが悪くなり、便が排出されるまでに時間がかかると便が固くなり便秘になるのです。また、長時間腸に便が滞在していることで有害物質が溶けて腸内環境が悪くなることも便秘の原因だと言われています。

はるこ先生
便秘の原因を作らないようにするだけではなく、食生活の改善や運動はより健康的な身体を作り上げる為に大切なことです。一度自分の生活を見直してみましょう。

生理前

生理前は、女性ホルモンが原因で便秘になってしまう可能性があります。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。生理前の便秘と深い関わりがあるのは黄体ホルモンです。黄体ホルモンには、腸のぜん動運動の働きを制御する働きがあります。生理前にこのホルモンがたくさん分泌されることで、腸の動きが弱くなってしまうのです。その結果、普段便秘ではない人が便秘になったり便秘の人の症状が悪化することがあるのです。

便秘は病気が原因のことも!

便秘は、生活習慣の乱れや腸内環境の悪化が原因なだけではなく病気が隠れている可能性もあります。「おかしい」と感じた時にはすぐに医師に相談をすることをわすれないようにしましょう。何をしても便秘が改善されない、急に便秘になった、血便が出るなどの症状の場合にあは「大腸がんや直腸がん」の可能性があります。また、下腹部にしこりがあったり残便感がある場合には「子宮筋腫や卵巣のう腫」の可能性が考えられると言われています。その他にも以下のような病気の可能性もあるので注意をしてください。

腹痛を感じる場合

  • 過敏性腸症候群
  • 腸閉塞
  • 大腸憩室症
  • 巨大結腸症
  • 骨盤腹膜炎

腹痛を感じない場合

  • 低カリウム症
  • 本能性低血圧症
  • 脊髄の腫瘍
  • 甲状腺機能低下症

便秘による肌荒れの改善方法3選

便秘と肌の関係について、わかっていただけたでしょうか?出来ることなら、便秘も肌荒れもどちらも予防して、健康的な体でいることを心がけたいですよね。そこで、便秘による肌荒れを改善する方法を3つほどご紹介していきたいと思います。

便秘薬を飲んで便秘解消に努める

便秘解消を考えた場合に、まず効果が期待できるのは便秘薬です。便秘を解消するための薬はたくさん販売されています。その中でもおすすめの商品をご紹介していきます。

3aマグネシア

「お腹に優しい便秘薬」と言われているのが、この3aマグネシアです。便秘に効果があると言われている成分は酸化マグネシウムです。酸化マグネシウムは、病院で処方される薬としてもメジャーな成分となっています。酸化マグネシウムには、腸内で水分保持を行うことによって便を柔らかくする効果が期待できます。

また、定期的に使用しても効果が感じなくなるということが少ないため、安心して使用することが出来ると言われています。注意すべき点として、下痢になるという副作用が現れる場合もあります。水分を与えることによって便が柔らかくなりすぎてしまうことで起こります。その場合には、量を調整しながら摂取することを心がけましょう。

3aマグネシアは、成人で寝る前に1回3錠から6錠を飲みます。寝ている間に水分によって便を柔らかくし、翌朝の排便を促してくれる効果が期待できる薬です。値段は90錠入りが税込745円、360錠入りが税込2,556円になっています。

3aマグネシアはこちら!

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンSは、赤ちゃんからお年寄りまで服用することができると言われる便秘薬です。腸への定着がしやすいと言われる、ヒト由来の乳酸菌を配合していて、小腸から大腸まで広く定着します。乳酸菌を定着させることで増やし、整腸作用を発揮してくれる便秘薬です。

乳酸菌を使用することで、腸内環境を根本から整える効果が期待できるでしょう。便秘だけでなく下痢やお腹のハリで悩んでいる方でも使用することが可能です。お腹に優しいので、年齢問わず使用することが出来ますが、他の便秘薬よりも整腸効果の方が高いので、効き目を感じることに時間がかかる場合もあるようです。

用法用量は、15歳以上で1回3錠、1日3回を目安に服用します。容量は45錠、130錠、350錠、540錠、と症状に合わせて選べるサイズになっています。値段は税込で、45錠が377円、130錠が797円、350錠が1,866円、540錠が2,045円となっています。(Amazon価格)

新ビオフェルミンSはこちら!

3aマグネシアと新ビオフェルミンSの商品比較

商品名有効成分メリットデメリット用法用量値段(税込)
3aマグネシア酸化マグネシウム
  • 即効性が期待できる
  • 常用しても問題ない
  • 下痢になる場合がある
寝る前
1回3錠〜6錠 
90粒入り 745円
360錠入り 2,556円
新ビオフェルミンS ヒト由来の乳酸菌
  • 根本から腸を整えることが出来る
  •  腸に優しい成分
  • 即効性が感じられない場合もある
1回3錠 1日3回45錠 377円
130錠 797円
350錠1,866円
540錠 2,045円
はるこ先生
どちらにも様々なメリット・デメリットがあります。便秘でつらい症状が出ている場合には、このような薬を頼ることも効果的ですね。用法用量をしっかりと守り、使用するようにしましょう!

サプリメントで腸内からくすみやにきびを治す

薬を使用しての改善はちょっと……と思っている方もいるかと思います。そのような方には、サプリメントの摂取をおすすめします。サプリメントの成分によって腸内環境を整えることで、便秘解消やニキビなどの肌荒れを改善する効果が期待できます。おすすめの商品を2種類ご紹介していきます。

NEW青玉V

NEW青玉Vは、体の健康に必要な成分がたくさん詰まっているサプリメントです。亜鉛、葉酸、カルシウム、鉄分、銅、食物繊維の6大栄養素の他にもビタミン、ミネラル、アミノ酸など40種類以上の栄養素が含まれています。便秘に効果があると言われている食物繊維はキャベツの5倍含まれており、腸内環境を整える効果を期待することが出来ます。また、亜鉛やビタミン、タンパク質など、肌を健康に保つために欠かせない栄養素をたくさん含んでいます。肌を健康に保つために必要な栄養素を摂ることで、内側からニキビやくすみなどの肌トラブルをブロックする効果が期待できます。

1日30粒を目安に摂取することが勧められています。今なら定期購入の方に限り、初回限定1,000粒入り1袋が税込980円で試すことが出来ます。2回目以降は2,138円の送料無料でお届けです。腸内環境や肌トラブル以外にも、体の健康を保つために必要な栄養がたくさん含まれているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

便秘の有効成分美肌の有効成分摂取量値段
食物繊維亜鉛
ビタミン
タンパク質
1日30粒初回限定1,000粒入 税込980円
※2回目以降 税込2,138円

NEW青玉Vが気になる方はこちら!

きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実は、内側からキレイにしていくことで便秘解消、美肌へと導く効果が期待できるサプリメントです。腸内環境を整えるために欠かせない成分である、ビフィズス菌、天然オリゴ糖、食物繊維など豊富に含まれています。また、美肌へと導くために注目されている成分、クチナシの実、レスベラトロール、マキベリーを配合しています。この成分には、酸化したものを還元する効果が期待できるため、活性酸素に負けない肌を作る効果が期待出来ます。肌荒れを防ぐと言われているビタミンも多く含まれていて、肌荒れと便秘解消どちらにも効果が期待出来るサプリメントなのです。

摂取は1日3粒目安で、1袋90粒入りとなっています。定価税込5,400円となっていますが、定期購入コースで、初回限定税込1,980円で購入することが出来ます。2回目以降も26%オフの税込3,980円で購入することが出来ます。肌と便秘の関係を考え抜かれた栄養素で、便秘と肌荒れに悩んでいる方にはぴったりのサプリメントです。

便秘の有効成分美肌の有効成分摂取量値段
ビフィズス菌
天然オリゴ糖
食物繊維
クチナシの実
レスベラトロール
マキベリー
ビタミン
1日3粒目安初回限定90粒入 税込1,980円
※2回目以降 税込3,980円

きらりのおめぐ実が気になる方はこちら!

緑の知恵

緑の知恵は、4種類以上のビタミンやミネラルを含んでいるサプリです。植物性の乳酸菌の効果で腸内環境を整え、便秘による肌荒れのケアを行います。内側から肌の手入れを行うので、スキンケアをしても肌荒れが治らないという人におすすめです。既に出来ているニキビに作用して再びニキビができないようにケアするのが特徴です。製薬会社の商品なので安心して毎日活用することが出来ます。

価格容量飲みやすさ注目の成分
通常価格5,400円(税抜)90粒★★☆☆☆・植物性の乳酸菌:腸内環境を整える
・米セラミド:肌の保水力を高める効果
・アスパラガス:イライラの解消効果
・キウイ種子エキス:活性酸素を取り除く効果
・しそ葉エキス:免疫機能のバランスを整える効果
はるこ先生
ニキビだけではなく、悩みの種であるニキビ跡にも効果的だという声が多いように感じます。酸っぱさがあるので、飲みにくいと感じている人もいました。

緑の知恵

体にうれしいマルチビタミン

体にうれしいマルチビタミンは、食生活の乱れが原因で腸内環境が悪くなっている人におすすめのサプリです。健康維持に大切なビタミンをバランスよく配合しています。野菜が嫌いな人でも、毎日しっかり栄養を取り入れることが出来るのです。食品由来の原料を使用しているので、安心できるサプリとして多くの人に知られています。副作用や余計なカロリー摂取がないのでダイエット中の人でも活用可能です。

価格容量飲みやすさ注目の成分
2,000円(税抜)60粒(1日2粒)★★☆☆☆・デュナリエラ:皮膚や粘膜の健康維持効果
・パン酵母:皮膚や粘膜の健康維持効果
・とうもろこし油:骨の形成をサポートする効果
・植物油:細胞の酸化を予防する効果
はるこ先生
美容や健康維持の為に活用している人が多いです。ただ、独特な臭いやカプセルの大きさが「飲みにくい」と感じる場合があるので注意をしてください。毎日忙しい人におすすめです。

体にうれしいマルチビタミン

スキンケアアイテムで外側から乾燥を改善する

便秘が原因になっている肌荒れには、内側からのケアがとても大切ですが、外側からケアすることも大切です。肌荒れにより発生した乾燥などを改善するためには、しっかりと保湿を行い潤いを与えることが必要です。肌荒れ改善におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

シーボディ

出来てしまったニキビを治すことニキビが出来にくい肌を目指すことを両方叶えてくれる化粧品です。毛穴トラブルを探し出してアプローチする最新型ビタミンC誘導体を配合し、出来てしまったニキビや今作られているニキビの他にこれから出来るニキビにまで効果を発揮します。肌荒れを改善するために肌に負担がかかる成分は極力排除し、長く続けやすいスキンケア化粧品です。

特徴セット内容値段
・最新型ビタミンC誘導体配合
・これからできるニキビにも効果的
 ・肌の負担を抑えた処方
・VCローション 20mL
・VCビタール 2g×7包
・薬用VCエッセンス 8mL 
1週間分 税込1,944円

シーボディも、肌荒れに効果が期待できる化粧品です。便秘による肌荒れ、特にニキビに対して高い効果が期待できます。1週間分のトライアルセットが販売されているので、便秘で悩んでいる方にもおすすめですよ!

シーボディが気になる方はこちら!

ノブAC(NOV)

ノブACシリーズはニキビなどの肌荒れに効果があると言われているスキンケアです。肌荒れしにくい肌へと導く効果があるスキンケア化粧品です。保湿成分であるヒアルロン酸Naとリビジュア、ニキビなどの肌荒れ防止成分であるアラントイン、感光素201号、ビタミンB6誘導体が配合されています。また無香料、無着色、オイルフリーなど低刺激性となっており、肌トラブルによって弱くなった肌への刺激を最低限に抑えており肌に優しく使用することが出来ます。

特徴セット内容値段
・低刺激
 ・肌荒れ防止成分配合
 ・保湿成分配合
・クレンジングジェル 15g
・ウォッシングフォーム 15g
・フェイスローション 20mL
・モイスチュアジェル 6g
1週間分トライアルセット 税込1,620円

1週間試すことが出来るトライアルセットが販売されています。肌に対して刺激が少なく、肌荒れを防止成分や保湿成分が含まれているため、便秘が原因で発生したニキビや乾燥などの肌トラブルに効果があるといわれています。便秘による肌荒れに悩んでいる際には、NOVを使用することで肌荒れを改善する効果が期待できます。ぜひ使ってみてください!

ノブACが気になる方はこちら!

根本解決!便秘解消の方法6選

便秘による肌荒れは、スキンケアなどを使用することで応急処置を行うことは可能です。しかし、それと同時に根本から解決していく必要があります。薬やサプリメントに頼ること以外にも、自分で出来る改善方法を同時に行うことで、便秘をより効率よく治すことが可能になります。根本から解決するための方法をご紹介していきます。

便秘に効くツボを押す

体には、便秘に効果があると言われるツボが存在しています。その中でも即効性が高いと言われるのが、お腹のツボです。便秘に悩んでいる場合、意識してツボを押すことによって解消へと導いてくれるでしょう。

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)とは、お腹のおへそ付近に2箇所あるツボです。おへそから左右に指2、3本分離れた所にあります。内臓の働きを活性化させるツボと言われていて、便秘にも効果が期待出来ます。指3本を揃えて左右のツボを同時に押します。お腹が軽くへこむほどの強さで押しましょう。

大巨(だいこ)

大巨(だいこ)というツボも、おへそ付近に2箇所あるツボです。先ほどの天枢から指2、3本分下がった場所にあります。ここに便が溜まっている場合には固くなっています。大巨を刺激することにより、腸の働きを促進する効果が期待出来ます。このツボは、指2本でゆっくりと押しながら揉むようにしましょう。あまり強く押さずに、揉むことを意識しながらゆっくりと行いましょう。

水分をとって便を柔らかくする

便秘を解消するためには水分補給をすることが大切になります。水分が足りないことで、腸への刺激が少なくなり、排出されないことが多いからです。便秘の場合には、積極的に水分を摂取するよう心がけましょう。1日の水分摂取量の目安は1.5〜2Lと言われています。

特に目が覚めてすぐに摂取する1杯の水は、便秘に効果が期待出来ます。眠っていた腸を水を摂取することによって動かすことで、腸の働きを良くしてくれます。朝はコップ1杯の水を摂取し、その後も積極的に水分を摂りましょう。

便秘解消効果のある飲み物を飲む

便秘には、改善が期待出来る飲み物を摂ることも有効です。便秘解消効果が期待出来る飲み物を習慣化して続けることで、便秘になりにくい体を作ることも可能なのです。自分が続けやすいものを毎日摂ることをおすすめします。

ココア

ココアには、マグネシウムが含まれています。マグネシウムは腸に入り込むことで水分を抱えます。一度抱え込んだ水分を離すことがないため、便の水分をキープして排出をスムーズに行う効果が期待出来ます。また、不溶性食物繊維が含まれていて、便の量が増える効果が期待出来ます。便秘にとってココアはとても有効な飲み物なのです。

乳酸菌飲料

乳酸菌が入っている飲み物はたくさん販売されています。乳酸菌はもともと善玉菌として腸内に存在しています。悪玉菌が増えることで乱れた腸内環境を整える効果が期待出来るのです。毎日続けることで、腸内バランスを整えて便秘になりにくい体へと導きます。

牛乳

牛乳には、ラクトースと呼ばれる乳糖という成分が含まれています。このラクトースは腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果が期待出来ます。また、善玉菌がラクトースをエサにする際に発生する酸性物質が悪玉菌の増殖を抑える効果が期待出来ます。

温かいお茶

お茶にはカテキンが含まれていて、腸内の悪玉菌の増加を抑制する効果が期待出来ます。また、ビタミンCが大腸まで届き、乳酸菌などの善玉菌を増やしたり、便をやわらかくする作用があります。ただし、過剰な摂取は便秘を悪化させる可能性もありますので、1日1杯程度の摂取を心がけましょう。また、冷たいお茶は腸を冷やし、機能を低下させる恐れがあるので、温かいお茶を摂取するようにしましょう。

食事を改善する

便秘には、食生活を改善することも大切です。普段栄養バランスを気にしていない場合には、栄養不足が影響していることもあります。便秘解消に効果があると言われる栄養素は積極的に摂るようにしましょう。

食物繊維を摂る

便秘に効果がある栄養素として、食物繊維が挙げられます。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、どちらもバランスよく摂取することによって便秘の解消を促します。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は大体1:2のバランスでの摂取が推奨されています。

水溶性食物繊維は、昆布、わかめ、こんにゃく、果物などに含まれています。水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らしてくれる効果が期待出来ます。不溶性食物繊維は、豆類、ごぼう、ブロッコリー、たけのこ、さつまいも、じゃがいも、キノコ類などに多く含まれています。腸内で水分を含んで膨らみ、腸を刺激して働きを促します。

また、食物繊維とともに摂取することで高いデトックス効果が得られる栄養素があります。魚介類や緑黄色野菜に含まれている亜鉛やセレンと呼ばれるものです。また、ビタミンA、C、Eについてもデトックス効果が高いと言われています。これらにはキレート作用と呼ばれるものがあり、外に出したい毒素と科学的に結合することによって、排出を促してくれるのです。食物繊維と一緒に摂取することによって、高いデトックス効果を発揮してくれます。

酵素を摂る

酵素は消化活動を正常に行うために、なくてはならない栄養素です。胃腸の消化活動と深く関係があるのは消化酵素です。消化酵素の力によって消化機能を働かせることになります。消化酵素が少ないと、消化機能が十分に働かずに、消化されなかった物質が悪玉菌のエサとなってしまいます。

消化機能を正常に働かせるためにも、食物酵素を摂取することが大切です。酵素は直接食べ物で摂取することは出来ませんが、酵素を摂取することによって食べ物の消化を高めることで、体内の酵素を活性化する働きが期待出来るのです。

食物酵素が含まれている食べ物は、味噌や納豆、生野菜やフルーツなどです。これらの酵素を多く含む食材の摂取を心がけることで、便秘改善へと繋がっていきます。

善玉菌を増やす食べ物をとろう

腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を増やす必要があります。食生活の中に、善玉菌を増やす作用のある食べ物を取り入れるようにしましょう。ビヒィズス金や乳酸菌などは、定期的に身体の中に補充してあげることが大切です。ヨーグルトなどの発酵乳製品の中には、さまざまな乳酸菌が含まれています。乳酸菌は体質によって合う合わないがあるので、自分の身体に合った乳酸菌を見つけましょう。1週間を目安に200g程度の発酵乳製品を摂取して様子を見てください。

また、穀物やイモ類、海藻類には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、便を出しやすくするだけではなく腸内の善玉菌の栄養源になります。栄養源を与えることで善玉菌が増えやすくなるのです。その他にも、善玉菌を増やす効果のあるオリゴ糖がおすすめです。オリゴ糖は、バナナや牛乳、ゴボウ、玉ねぎなどに含まれています。

 漢方で便秘体質改善

便秘体質がなかなか改善されないという人もいるかと思います。漢方薬は「生薬」を調合し身体の調子を整えるものです。便秘の解消に効果的だと言われている漢方を参考にしてみましょう。漢方を使用することで、便秘のケアが出来るといわれています。便秘の改善に使用される主な3つの漢方は以下です。

大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)

便秘の改善効果のある漢方薬として有名なのは「大黄甘草湯」です。これは、病院でも処方されることがある漢方薬です。また、便秘の改善効果があると言われている漢方薬には、市販されているものも含めてそのほとんどに「大黄」という成分が配合されているのです。どれにしようか迷った時には、この漢方がおすすめです。比較的即効性のある漢方薬です。

桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)

この漢方は身体への負担が少ないのが特徴で、無理なく排便が出来ると言われています。大黄甘草湯に比べて即効性はそれほどありませんが、楽に便秘を解消させたいと考えている人に支持されています。お年寄りや体力が少ない人でも使用できます。

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)

この漢方は桂枝加芍薬大黄湯の成分とほとんど変わりません。しかし、下剤作用のある大黄という成分が含まれていないのでお腹緩くなることで起こる腹痛が起きにくいのが特徴です。即効性の少ない漢方で、長期的に便秘を解消したいと考えているひとにおすすめです。

運動や睡眠も大事

運動不足や睡眠不足は身体にさまざまな不調を与えます。その1つとして挙げられるのが便秘です。運動不足になると腸の働きが鈍くなります。そのため、鈍くならないように定期的に運動をすることが大切です。運動といっても激しい運動をする必要はありません。無理のない程度の自分にあった運動を見つけるようにしてください。ラジオ体操やウォーキング、ストレッチなどでも十分です。また、睡眠不足になるとホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなります。この状態も便秘の原因になるのでしっかりと睡眠を取るように心掛けましょう。

はるこ先生
便秘を根本的に改善するためには、日々の心掛けが大切です。便秘になりやすい人は、便通があったことを記録しながら覚えておくことも効果的です。便秘になりにくい体を作るためにも、様々な方法を試しながら長い目で見て行っていきましょう。

赤ちゃんの便秘による肌荒れの原因

赤ちゃんにも便秘の症状が現れることがあります。赤ちゃんの肌荒れが、必ずしも便秘が原因になっているということではありません。乾燥肌やアトピー性皮膚炎が原因になることもあります。しかし、便秘の症状とともに赤い湿疹が発生する乳児性湿疹が出た場合には、便秘が原因の肌荒れの可能性が高いようです。赤ちゃんの便秘による肌荒れの原因が一体どこにあるのか、詳しく見ていきましょう。

ストレス

赤ちゃんの便秘の原因としてストレスが関係していることがあります。赤ちゃんが感じるストレスには、生活リズムが乱れたことが主な原因と言われます。赤ちゃんは自分が置かれている環境や、雰囲気の変化などを敏感に察知します。そのため、ちょっとした生活リズムの変化や習慣が変化することに対してストレスを感じてしまいます。

生活のリズムが乱れてしまうと、ストレスにより自律神経が乱れてしまいます。そのため、腸の働きが低下してしまい便秘に繋がってしまうのです。赤ちゃんは大人よりもとてもデリケートなので、生活リズムの変化が便秘に繋がってしまうことがあるのです。

水分不足

生後5ヶ月頃までの赤ちゃんが摂取できる栄養素はミルクのみです。母乳か粉ミルクで栄養を摂取しています。ミルクには、水分を補給する役割もあります。しかし、このミルクの量が少ない場合に、水分不足となり、便秘が引き起こされることもあるのです。

1歳前後の赤ちゃんには、体重1キロあたり150mlの水分が必要だと言われています。1歳以降は体重1キロあたり100mlと言われています。この量を下回ってしまう場合には、水分不足が影響して便秘を引き起こしている可能性が高くなります。

こんな症状なら便秘かも!

  • 便が2日以上出ない
  • 便の量が少量しか出ない
  • 便が硬い
  • 食欲不振
  • お腹がパンパンに張っている
  • 大きい声で泣き続け、機嫌が悪い

赤ちゃんは、自分で言葉を発することが出来ないため、泣いて教えてくれることもあります。しかし、それだけでは便秘で辛いということに気付かない場合もあります。赤ちゃんの便秘に気づくためには、毎日の便をしっかりと観察することが大切です。

また、ミルクやご飯をすぐにもどしてしまったり、食べなかったりする食欲不振にも便秘が関係していることがあります。そのような時に見極めるためにも、毎日の便の量や硬さ、回数などをしっかりと観察するようにしましょう。

赤ちゃんの便秘解消方法4選

便秘は大人だけでなく、赤ちゃんにとっても起こります。そこから乳児性湿疹が発生する可能性があるのは前述した通りです。辛い便秘から早く赤ちゃんを解放させてあげるためにも、解消方法を実践してあげることが大切です。

母乳を改善する

赤ちゃんの便秘を解消するためには、母乳を改善することが効果的だと言われています。赤ちゃんの便秘の原因が水分不足の場合には、母乳の量が少なかったり母乳の質によって飲めなくなっている場合があります。

脂質や糖質の多い食事を続けていると母乳もドロドロになり、赤ちゃんが飲みにくくなってしまいます。赤ちゃんが母乳を嫌がる原因には、お母さんの食生活が関係していることも多いようです。赤ちゃんにしっかりと水分補給させるためにも、栄養を考えた食事を心がけるようにしましょう。

生活リズムを整えてストレスを減らす

ストレスが原因になっている便秘の場合には、生活リズムを整えてあげることも効果的です。赤ちゃんはちょっとした生活リズムの変化にも敏感です。そのため、母乳の時間がバラバラだったり、お風呂に入れる時間が決まっていなかったりすると、赤ちゃんにはストレスになります。

忙しい育児の中で、生活リズムを整えることは簡単ではありませんが、赤ちゃんのストレスが減るように、なるべく同じ時間に同じことを行うように習慣づけることで、赤ちゃんのストレスを減らしてあげることが大切です。

「の」の字のマッサージをする

赤ちゃんの腸は大人に比べるとあまりうまく働かないことも多いようです。そのため、腸にマッサージをして刺激してあげることで、便の排出を促すことが期待出来ます。赤ちゃんを仰向けに寝かせて「の」の字を書くようにお腹をマッサージしてあげます。マッサージなので、あまり強く押しすぎないよう注意してください。

綿棒浣腸をする

どうしても治らない赤ちゃんの便秘には、綿棒浣腸をしてあげることも効果的です。こちらは即効性と確実性があると言われている方法で、正しいタイミングと方法で行えば高い効果を発揮してくれます。

用意するもの

  • 大人用綿棒
  • ベビーオイル
  • おむつ替えシート

の3点です。赤ちゃんの授乳・食事の30分後がいいとされています。綿棒浣腸を行う前に綿棒を柔らかく少しほぐして、ベビーオイルを含ませてあげましょう。

やり方

  1. 赤ちゃんをリラックスさせた状態で寝かせて足を広げる
  2. ベビーオイルを含ませた綿棒を赤ちゃんの肛門に当てる
  3. 優しく円を描きながら綿棒の頭まで挿入する
  4. くるくると円を描きながら15秒から20秒刺激する
  5. 綿棒を引き抜いて指の腹で肛門を押さえてまた刺激する

以上です。綿棒を挿入している際にはお腹を軽くさすったり、つかんだりするとより高い効果を感じられます。この方法には、即効性が期待出来るので、必ずおむつ替えシートを準備して行ってください。やりすぎなければ癖にはならないようなので、どうしても便が出ない!という時には試してみてください。

はるこ先生
赤ちゃんの便秘を改善するためには、このような方法が効果的だと言われています。しかし、これでも改善しない場合があります。そのような場合には、病院に行って医師に相談するようにしましょう。赤ちゃんの健康を守るためにも、毎日きちんと便の状態を確認してあげることがとても大切ですよ!

腸内から便秘を解消して肌をきれいにしよう

肌と便秘には大きな関係があったということがわかりましたね。肌を美しく保つためには、内側から綺麗にするということが必要なのです。食事や水分補給など日々の習慣を改善し、便秘解消に努めるようにしましょう。便秘は短期間での改善は、難しいと言われています。便秘改善策を実践しながら、肌荒れに効果があるスキンケア用品を使用して肌荒れ予防を行なっていきましょう。便秘も肌荒れもどちらも改善して、体の内側も外側も美しくなるように心がけていきましょう!

はるこ先生
便秘と肌には深い関係がありましたね。便秘に悩んでいるという方は、肌荒れを改善するためにもぜひ行なって欲しい対策がたくさんありました!肌が綺麗であることは、腸内環境が美しいこととも関係してくるのです。自分で出来る対策方法を見つけて、便秘になりにくい体質を作っていきたいですね♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事