脱毛のありがち肌トラブル&防ぐために心がけたい6つのこと

医療レーザーで脱毛前に肌トラブルのリスクを知っておこう

毛深いと毎日のムダ毛処理が億劫になってクリニックやサロンで脱毛処理をする方も多いことでしょう。しかしレーザーや光脱毛処理は肌に大きなダメージを与えるため、痛みと同時に炎症などの肌トラブルが起こりやすいものです。せっかくムダ毛がなくなっても肌が赤く腫れてしまったりしては大変!長期間にわたって行う脱毛をする時には、快適に施術ができるよう肌トラブルの予防法やクリニックやサロンの選び方などを事前にチェックしておくことが大切です。また起こりうる肌トラブルも予備知識として押さえておくことをオススメします!


アッキー
レーザー脱毛で綺麗になってもボツボツ肌に炎症が起こるのは嫌ですね。はるこ先生、例えばどんなトラブルが起こるんですか?
はるこ先生
脱毛をするとすべすべになるけれどちょっと肌トラブルが心配よね。毛嚢炎とかやけどとか起こる場合があるから、できるだけ予防できるようここで予防しておきましょう!

 

脱毛後にありえる肌トラブル

脱毛クリニックやサロンでよく起こる肌トラブルの例を見てみましょう。必ずしも起こるものではありませんが、敏感肌では特に注意が必要です。もちろん普通肌でも脱毛をするレーザーやフラッシュは肌に負担をかけますのでしっかり読んでおきましょう。

蕁麻疹のようなブツブツ

蕁麻疹のようにブツブツができる皮膚が角質化してしまった「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」はレーザー脱毛によって起こることがあります。肌にダメージを与えた時に起こり、とりわけ二の腕や背中にたくさん発生しやすい赤いぶつぶつです。

毛嚢炎

毛嚢炎はダメージを受けた毛包にブドウ球菌が侵入することで起こります。毛嚢炎は出力の高いレーザー脱毛で起こりやすくニキビと似た炎症です。ニキビはアクネ菌が原因ですが、見た目は同じなので判断がしづらいでしょう。そんなときは脱毛した後に突然ニキビのような吹き出物ができたなど経路を辿ってみると良いでしょう。

やけど

やけどは光脱毛でもレーザーでも起こりうるトラブルです。部位には関係なく出力の強さによって起こるので毛の太さや量、肌のタイプに合わせて適切な脱毛器や出力で施術することが大切です。

シミ

シミの原因となるだけでなく、普段肌を守っている役割をしているメラニン色素をレーザーで破壊してしまうと、体は肌を守ろうとしてメラニンをどんどん生成してしまいます。その結果紫外線を浴びることにより肌にシミができやすくなるのです。

内出血

毛穴に針を刺してそこに電流を流して脱毛をするニードル脱毛によって起こります。針が毛細血管を傷つけてしまうことが原因となるのですが、一週間ほどすると自然に治るようです。しかし症状が改善しない場合は脱毛をしたクリニックやサロンでアフターケアをしてもらいましょう。

硬毛化や増毛化

レーザーで産毛を脱毛をすると硬毛化や増毛化が起こりやすくなります。本来レーザーは強い光のエネルギーの熱によって、毛根やその周辺にダメージを与えて脱毛をしますが、産毛は薄く細いため熱を吸収しづらく、毛根や周辺組織を破壊することができずに逆に散乱した熱によって毛を成長させてしまうのです。その結果毛が硬く濃くなったり増えてしまうのでしょう。

汗が増えるという声

脇毛など汗をかきやすい部位を脱毛した後に、汗っかきになったという方もいるようです。しかし実際には脱毛によって汗が増えることはありません。ムダ毛がなくなったことにより体温調整ができず、さらに汗が直接肌に伝うためムダ毛があった時よりもじっとりと感じてしまうのが原因です。

エステの光脱毛では脱毛できない、なんてトラブルも

メラニン色素が多く作られている焼けた肌では光のエネルギー熱の温度を通常よりも高くしてしまい、やけどや毛嚢炎やシミなどが起こってしまいます。サロンでの光脱毛をしたいときにはくれぐれも日焼けには注意しましょう。


脱毛の肌トラブルを防ぐための6か条

脱毛後には赤みやブツブツなどの肌トラブルが起こりやすいものです。敏感肌である場合はもちろん、普通肌でも体調や肌の状態によってデリケートになってしまうでしょう。うっかり脱毛で肌トラブルが起こらないようここで注意事項をチェックして快適な脱毛が出来るようにしましょう。

生理中はさける

生理中はホルモンのバランスが乱れやすくなり、普段は健康な肌であってもデリケートな状態になっています。そのため脱毛によってダメージを受けやすく、肌トラブルが起こりやすくなるので控えましょう。

紫外線対策をする

日焼けをしているときは基本的に光脱毛はできません。それはムダ毛の濃い色に反応して脱毛する光脱毛を行うと、光を当てた部分が熱くなるため、日焼けをした肌ですとさらにやけどなどの肌トラブルが起こりやすくなるからです。また可能であっても脱毛がきれいにできなくなるので、脱毛をする時は日焼けに注意して過ごしましょう。

乾燥対策をする

肌が乾燥した状態で脱毛をすると、肌のバリア機能が弱っているため脱毛によって炎症などのトラブルが起こりやすくなります。施術前後には保湿クリームをつけて肌を潤うことで肌へのダメージを軽くすることができるでしょう。砂糖を使用した無添加の「みんなの肌潤糖」は肌に負担をかけずにかさつきを抑えてくれるので、脱毛前後や普段のお手入れにぜひオススメです。


みんなの肌潤糖

赤ちゃんにも使用できるほどの無添加の保湿剤は、砂糖を主原料としており乾燥肌をしっとりと潤います。砂糖を水で溶かしてできるペースト状のテクスチャーを肌に数分つけて洗い流す個性的な使用です。肌のバリア機能を高めながら乾燥をしっかり防いでくれるでしょう。

内容量:100g 価格:3,000円

公式サイトはコチラ

脱毛後は運動などは避ける

脱毛後の肌は少なからずダメージを受けておりデリケートな状態になっています。そんな時に運動をして汗をかくと細菌が繁殖しやすくなり、毛穴に侵入しては毛嚢炎などの炎症を起こしやすくなります。また脱毛後は肌に余熱が残っており、運動をすることでさらに体温が上がることで、かゆみなどを起こしてしまうので避けるようにしましょう。

肌に異常があるときは避ける

自己処理で剃刀負けをしたり、ニキビなどの炎症がある時は脱毛を避けるようにしましょう。光やレーザーの熱により、炎症を悪化させてしまう危険があります。また一部分なら脱毛が可能ですが、炎症部分を避けて行うことになるのできれいに脱毛できないので治ってから脱毛をすることをお勧めします。

症状が長引いたら医療機関を受診

脱毛後にかゆみやブツブツなどの炎症などが改善しない時は、ただちに脱毛を行ったサロンやクリニックへ相談しましょう。クリニックならドクターが診察を行なってくれるほか薬が無料なのでお勧めです。

お肌以外におこりえるトラブル

サロンやクリニックで契約をするときに起こりがちな金銭トラブルは肌トラブルと同様よくあることです。期待していた料金よりも上乗せして契約させられてしまったなど後悔することもしばしば。契約時点で不満になってしまわないように今からお得な料金で施術できるよう勉強しておきましょう。

契約回数内で終わらない

クリニックやサロンによっては個人の事情で中断して契約回数内に終わらなくても追加料金なしで脱毛を行ってくれます。また脱毛を一通り完了してもまた生えてしまったときに保証期間内なら無料で施術を行ってくれる場合もあるので、脱毛前には保証期間があるのか、どのくらい設けているのかチェックしておきましょう。

金銭トラブル

脱毛サロンやクリニックの公式ホームページでは、大々的に料金をアピールしているところが多く、ついその料金だけで全身脱毛が出来てしまうと思いがちです。しかし、実際訪問をしたときにその料金には期限があったり、条件付きということがよくあります。またカウンセリング料など様々な追加料金がかかることもあり、トータル料金が倍以上になってしまうことあるでしょう。カウンセリングでは無料で行ってくれるところがほとんどですので、しっかり自分が行いたいコースの料金を隅々までスタッフに確認して納得できる契約をするようにしましょう。

トラブル知らずで脱毛するために

長期間にわたって行う脱毛サロンやクリニックを決めるときには、失敗のない選択をするためにいくつかポイントをピックアップしました。快適で満足できる施術を行うためにはそれぞれのクリニックやサロンの事前調査を行うことが大切です。

脱毛クリニックorエステの違いを知る

脱毛クリニックは強い出力レーザー脱毛を行う医療機関であり、医療関係の免許を持っている医師のみが施術をすることができます。小さな医院のような場所での脱毛となるため、肌トラブル対処も万全で必要に応じて診察や薬代も無料です。一方エステはドクターでない専門知識を得た一般人が比較的出力の弱い光脱毛を行います。施術後は保湿ローションなどのアフターケアは行ってくれますが、クリニックのように本格的な診察などは行わず仮に皮膚科へ行っても治療代や薬代は実費になります。

脱毛の種類

VIOなど、どんな部位の脱毛を行っているのか事前に公式サイトでチェックしておきましょう。カウンセリングでここの部分は行なっていないといわれては無駄足を運んでしまいます。またそれぞれの脱毛部位にはどのような脱毛機を使用しているのか、痛みなど特徴などを知ることで施術に対するちょっとした心構えができるでしょう。

最初にしっかり相談できるところを選ぶ

ほとんどのクリニックやエステでは、無料カウンセリングを行っています。親身になってアドバイスや施術のステップ、施術時間などオープンに話してくれるところが良いでしょう。またメリットだけでなくデメリットなどもはっきりと伝えてもられると信頼が高まります。またカウンセリングを利用して勧誘をするところはやめたほうがいいでしょう。

口コミなどでも評判チェック

公式サイトでは脱毛をしたくなるような宣伝をしているので、つい勢いにのせられて決めがちです。しかし実際に脱毛をした方の口コミでは、期待はずれだったという意見も多くあります。例えばミュゼでは毛嚢炎や火傷跡が残ったりすることがあるトラブルが発生しており、アフターケアは自分で行うということになるようです。実際施術を受けた方の肌タイプや毛質、使用した脱毛機器などによっても効果が異なるので、口コミでは賛否両論が多いものです。そんなときは大多数のコメントを参考にして良し悪しの判断をすると良いでしょう。

体験コースをお試しするのが◎

多くのサロンやクリニックではお手頃な料金で体験コースを実施しています。脱毛には時間がかかるので効果ははっきり評価できませんが、全身脱毛ができたり施術法を体験することができます。さらにスタッフの対応やサロンやクリニックの雰囲気などもじっくり知ることができるので良いチャンスとなるでしょう。中には数カ所の体験コースを行なってしっかり脱毛をしている方もいるようです。


アッキー
サロンやクリニック選びのコツを覚えることができました!どれも魅力的なオファーをしていますので、これらの注意点に気をつければ満足のいく脱毛ができますね!


永久脱毛のデメリットも知っておこう

永久脱毛はムダ毛処理から解放されてすべすべ肌を維持できるのがメリットです。しかし肌にダメージを与えたり痛みがあったりすることも確かです。またすぐに効果が出るのではなく1年を通して施術をしなければいけない、コストが高いなどのデメリットもあるでしょう。

事前の自己処理が大変

脱毛をする2日前には2mmほどの長さにムダ毛を剃っておく必要があります。脱毛をするときは毛根のメラニン色素に反応してダメージを与えることで脱毛するのですが、ムダ毛があると毛を焼いてしまう恐れがあり肌にもダメージを与えてしまうからです。自己処理を忘れてしまうとせっかく予約した日に施術ができなくなる可能性が高くなるのでしっかり行なっておきましょう。

時間もお金もかかる

クリニックでレーザー脱毛をするときには2ヶ月に1回、サロンでは24回コースの場合毎月2回施術を行ないます。いずれも一般的に全身脱毛が完了するには1年ほどかかり、完全にムダ毛が生えてこなくなるには2年ほどの期間がかかります。全身脱毛料金はアリシアクリニック約29万円~、湘南美容外科クリニック約44万円~となっています。

痛みがある

出力の高いレーザーは光よりも強い痛みがあるため、麻酔などが利用できるクリニックも多いものです。とりわけヒゲやVIOなどには痛みを抑えた最先端の脱毛機を使用しており、快適な脱毛ができるよう取りはからっています。

VIOの脱毛は心構えも必要

VIOは脱毛部位の中でも激しい痛みを感じる部分です。とりわけレーザーでは光脱毛よりも痛みが3倍にもなるということで、思わず叫んでしまったりすることもあるようです。しかし中には脇の下より痛みが少なかった、思ったより痛くなかったというコメントもあるので、前向きに施術を受けると痛みを少なく感じることができるかもしれません。


肌トラブルが起きないよう、クリニック選びは慎重に

レーザーでも光脱毛でも肌トラブルはつきものです。必ずしも起こることではないので、しっかり予防法を把握してトラブルを避けるようにしましょう。クリニックやサロン選びはもちろん、自己の体調管理などもしながら適切なタイミングで行えば、トラブルなしのすべすべの肌に仕上げることができます!