肌の赤み消しの決め手は下地!おすすめ6選で透明感を手に入れよう♪

肌の赤みをちゃんと隠せる下地が知りたい

女優さんは、ときによって一般人らしさを出すために、小鼻周に赤みを足し、赤ら顔にすることがあると言います。つまり、“肌色が均一でない赤ら顔=垢抜けない、やぼったい印象”ということ。

しかし、この記事を読んでいるアナタは、「赤みを上手に消して、垢抜けない印象から抜け出したい!」と考えているはず。

「カバー力の強い下地を使ってみたけど、イマイチだった」

「もともと、肌が薄くて敏感だから、肌に合う下地を選ぶのが難しい……」

「ニキビやニキビ跡の赤みもしっかり隠したい!」

undefined
はるこさん
この記事は、このような「自分の肌に合った赤みをカバーできる下地が見つけられないでいる」あなたのための記事です!
  • 肌色に合わせたおすすめコントロールカラー
  • ニキビやニキビ跡にも使えるコンシーラー
  • 【部位別】肌の赤みを消すコツ

これらを学んで、透明感ある肌をGETしちゃいましょう♪

※すぐにおすすめの下地ランキングを見たい人は、 『【イエロー】イエベの赤みにおすすめTOP3』へ。

肌の赤みをカバーする化粧下地の選び方

赤み消し効果の高い化粧下地は、これらのポイントを押さえることで選び出すことができるようになります。

色の補正効果があるものを選ぶ

下地を塗ると厚塗りになると思っていたり、ベタベタするのが嫌だといった理由で、下地を使わずにファンデーションを塗っている人を見かけますが、それは大きな間違い。

下地には化粧持ちを良くしたり、色の補正をしたりと様々な効果があります。

また、ファンデーションだけで肌をキレイを見せるのは、とても難しいもの。気付いたら、不自然な厚塗りになっていませんか?

実は、下地を重ねる方が厚塗りせずにカバーすることが可能です。

undefined
はるこさん
そんな便利な下地にもいくつかの種類があるけど、肌の赤みが気になる方には、色付きの補正効果がある下地『コントロールカラー』がおすすめよ♪

コントロールカラーは、補色することで、肌色を均一に美しく見せるための化粧下地。

あくまで別の肌色で覆い隠すことで色ムラを隠すようなBBクリームなどよりも、よりナチュラルな美肌を作り上げてくれるのです。

色選びはグリーンorイエロー

コントロールカラーにはいくつかのカラーがありますが、赤み消しには、グリーンかイエローを選ぶようにしましょう。

グリーンは肌色がブルベ寄りの人、イエローはイエベ寄りの人におすすめです。

一方、肌色に関わらず、赤みが気になっている人は、パープルやピンク、オレンジといったカラーはより赤みを強調させてしまうので、避けるようにしてください。

ブルベ・イエベの見分け方

イエベの人に多い特徴

  • 手首の内側に見える血管が緑っぽい色をしている
  • 日焼けすると、キレイな小麦色になりやすい
  • 洋服はオレンジ・ブラウン系の温かい色が似合う
  • アクセサリーはゴールドの方が合う

ブルベの人に多い特徴

  • 手首の内側の血管が青みがかっている
  • 日焼けはしにくく、赤くなるだけ
  • 洋服の水色・グレー系の涼しい色の方が似合う
  • アクセサリーはシルバーの方が合う

自分の肌がイエベかブルベかは、上記それぞれの特徴のどちらに多く当てはまるかで、ある程度の判断ができます。

undefined
はるこさん
どちらにも同じぐらい当てはまるという場合には、服屋さんで、暖色系と寒色系の服を顔の下に当てて、暖色系のほうが顔色がよく見えるならイエベ寄り……というようなチェック方法が分かりやすいですよ♪

赤みの強さで使い分けるのもOK

広範囲に赤み出ている場合には、コントロールカラーもほぼ顔全体に塗り広げることになると思います。

しかし、そうではなく、小鼻の赤みだけなど部分的に使用するなら、赤みが強いならグリーン、赤みが薄いならイエローといった使い分けでも、上手に赤みを消すことができますよ。

肌への優しさも考慮して!

  • 添加物や石油系界面活性剤など、刺激成分が少ない
  • 保湿成分含有など、乾燥しづらい
  • 石鹸でOFFできると、なお◎

肌に赤みが出ているとういことは、ニキビの炎症などの何らかの肌トラブルが起きているケースもあれば、肌が薄い、敏感肌、アトピーといった元々、肌が弱いケースもあります。

どちらにしても、これらの肌に使う下地をカバー力だけで選んでしまうのは、肌に合わずに更に赤みを悪化させてしまうことにもなりかねません。

そこで、上記のような肌への優しさも兼ね備えた下地を選ぶことをおすすめします。

ニキビの炎症がある人は、スキンケアも特別なものを使いましょう

しつこい大人ニキビに本当に効く化粧水を徹底調査しました!女性誌や口コミで人気の化粧水も辛口ジャッジ。厳選・大人ニキビにおすすめの化粧水はもちろん、「使わないで欲しい!」化粧水も紹介します。あなたもこれで、辛い大人ニキビとサヨナラしましょう!

【イエロー】イエベの赤みにおすすめTOP3

こちらは、イエベさんにおすすめの化粧下地【イエローコントロールカラー】のランキングTOP3です。

ちなみに黄色人種である日本人の肌は、たとえイエベでなくてもイエローは馴染みやすいので、色選びに悩んだときには、まずイエローから始めることをおすすめします。

NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエロー

\ちょっとそこまでのお出かけならこれ一本/ 

Source: 楽天

NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエロー

  • 価格:2,700円(税込)
  • 内容量:30g
  • メーカー:常盤薬品工業株式会社

イエベ向けコントロールカラーランキング1位は、カバー力高めの『NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエロー』。

NOV自体が敏感肌向けの化粧品ブランドなので、肌に赤みが出やすい肌の弱い人でも安心して使える化粧下地となっています。

商品特徴

  • 保湿成分配合・無香料・低刺激性
  • 紫外線吸収剤不使用なのにSPF35・PA++
  • パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み
  • ノンコメドジェニックテスト済み

NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエローは、上記の通り、肌への優しさを追求して作られているのが特徴。

ちょっとした刺激で肌にすぐ赤みが出てしまうという人におすすめの化粧下地です。

*全ての方にアレルギーが起こらない、コメド(ニキビのもと)、皮膚刺激が発生しないということではありません。

1位の理由

低刺激性でありながらも、カバー力もバツグン。更には、普段のお出かけ程度なら十分な日焼け止め効果まで入っているNOV ベースコントロールカラーUV。

そのため、時短したいときには、NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエローとファンデーションだけでベースメイクを完了させることもできるのが魅力的です。

お得に買う方法

NOV ベースコントロールカラーUV ナチュラルイエローは、公式サイトのほか、楽天やAmazonでも取り扱いがあり、値段は基本的にどこも変わりません。

普段使っているショッピングサイトで購入できるのは助かりますね。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年5月現在・すべて税込)

公式サイト楽天Amazon
2,700円2,700円2,700円

楽天を見てみる

ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 03

美のホルモン「イソフラボン」配合

Source: 楽天

ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 03

  • 価格:3,456円(税込)
  • 内容量:25ml
  • メーカー:株式会社ネイチャーズウェイ

ランキング2位の『ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 03』は、比較的、薄付きタイプの化粧下地です。

テクスチャもみずみずしいので、「赤みは薄めだけど、広範囲に渡るので、伸びが良いものが欲しい」のなら、ぴったり。

また、石鹸OFFが可能なことや、女性ホルモンに近いはたらきを持ち、美のホルモンとも呼ばれるイソフラボンなど美肌成分も配合されているので、「メイクしながらスキンケア」を叶えてくれるでしょう。

楽天で見てみる

dプログラム メディケイテッドコンシーラーベース

\下地を超えたケア成分配合/

dプログラム メディケイテッドコンシーラーベース

  • 価格:2,700円(税込)
  • 内容量:25g
  • メーカー:株式会社資生堂

ランキング3位の『dプログラム メディケイテッドコンシーラーベース』は、薬用タイプの化粧下地です。

肌荒れ予防、ニキビ予防、保湿を叶えてくれる有効成分が、かなり高い割合で配合されているので、肌トラブルを隠しながら解決してくれる効果が期待できます。

ただ、テクスチャはかなり硬めで黄みも強め。顔全体に広げるのもOKとなっていますが、どちらかというと、ニキビ跡など部分的な濃い色ムラをカバーすることに適していそうです。

公式サイトを見てみる

【グリーン】ブルベの赤みにおすすめTOP3

こちらはブルベさんによく似合う化粧下地【グリーンコントロールカラー】のランキングTOP3です。

赤の正反対のカラーになるので、赤みを消す効果はグリーンのほうが高め

そのため、イエベさんでも小鼻の赤みだけなど、部分的に濃い赤み消しになら、グリーンも重宝しますよ。

THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH

\色白じゃなくても自信が持てる肌へ/ 

THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH

  • 価格:4,536円(税込)
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社ACRO

ランキング1位の『THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH』は、白浮きしづらい化粧下地

一般的にグリーンのコントロールカラーは、色白さん以外には白浮きしやすいこともあり、その点でブルベ色黒さんからも愛用されています。

商品特徴

  • 天然由来成分80%
  • シアバターなど自然派潤い成分配合
  • 紫外線吸収剤不使用なのにSPF22・PA+++

薄付きタイプの適度なカバー力で、わざとらしくない赤み消しをしてくれる下地です。

そのため、濃い赤みのある人には物足りなさがあるかもしれませんが、口コミでも、ナチュラルメイク好きの人から大プッシュ

また、保湿力も高く、乾燥を防ぎ、それにともなう皮脂の過剰分泌もガード。そのおかげで、時間が経ってもメイクが崩れにくく、鼻やおでこがテカりづらいのも魅力的な使用感です。

1位の理由

THREE アンジェリックコンプレクションプライマーは、カバー力こそそこまで高くはないものの、肌の質感をナチュラルに美しく見せてくれるのが高ポイント。

隠しすぎることでかえって違和感を与えてしまう厚塗りメイクに嫌気が差しているあなたにおすすめです。

お得に買う方法

ブランド「THREE」は、各地の百貨店でも取り扱われているほか、公式サイトからも通販が可能です。

決して安い下地ではないので、自分の肌色に合うか心配な人は、コスメカウンターで試させてもらいましょう。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年5月現在・すべて税込)

公式サイト楽天Amazon
4,536円4,174円4,580円

公式サイトを見てみる

ファンケル カラーコントロールベース

\ナチュラルなのに見違える美肌完成/

Source: 楽天

ファンケル カラーコントロールベース

  • 価格:1,461円(税込)
  • 内容量:15g
  • メーカー:株式会社ファンケル

ランキング2位の『ファンケル カラーコントロールベース』も、薄付きタイプでカバー力は低めの化粧下地。

しかし、とても伸びが良く、広範囲の赤み消しにおすすめです。口コミでも、「肌に透明感が出る」「肌色がワントーンアップする」など、広範囲の赤みに悩む人に愛用者が多く見られます。

ただ、UV効果がほかのランキング商品と比較すると低めな点だけは、評価がマイナスポイントになってしまっているようです。

楽天で見てみる

DHC Q10モイスチュアケア クリアカラーベース グリーン

\思わず触れたくなる透明感実現/

Source: Amazon

DHC Q10モイスチュアケア クリアカラーベース グリーン

  • 価格:1,544円(税込)
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社DHC

ランキング3位の『DHC Q10モイスチュアケア クリアカラーベース グリーン』は、比較的プチプラなのに、美容液タイプの化粧下地。

うるおい成分やハリサポート成分をたっぷりと配合することで、肌の赤みを隠しながら、スキンケアまで行ってくれます。

また、光を反射するパウダーも配合されているので、ただ赤みを隠すだけでなく、肌の内側から輝いているような透明感まで引き出され、マイナス5歳肌も夢ではありません

Amazonで見てみる

ピンポイントの赤み消しにはコンシーラー

本当に部分的な濃い赤みをピンポイントで狙い撃ちたいなら、コンシーラーがおすすめです。

もちろん、広範囲の赤み消しはコントロールカラーに任せて、部分的な赤み消しはコンシーラーといったW使いもOKですよ♪

ニキビやニキビ跡の赤みにおすすめ

コンシーラーは部分的な肌の赤みの中でも、ニキビやニキビ跡の赤み消しにおすすめです。

ただ、赤く炎症を起こしている状態のニキビは、本当なら隠さないほうが良いということは忘れずに。

どうしても隠したいなら、薬用コンシーラーを使うようにしてくださいね。

オルビス アクアスポッツコンシーラー

\もう、ニキビ隠して俯かない/

Source: Amazon

オルビス アクアスポッツコンシーラー

  • 価格:1,296円(税込)
  • 内容量:12g
  • メーカー:オルビス株式会社

『オルビス アクアスポッツコンシーラー』は、薬用成分配合でニキビ、肌荒れを予防しながら、ピンポイントな肌の赤み消しに役立ちます。

ノンコメドジェニックテスト済ということで、ニキビの発生や悪化も起こりにくく、正にニキビができやすく、それを隠したい人にぴったりのコンシーラーでしょう。

また、オイルフリーなので、脂性肌でニキビができやすいという人でも安心して使うことができます。

*全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

Amazonで見てみる

ニキビができやすい人は、洗顔を見直してみましょう

【2018年最新】大人ニキビに効くおすすめ洗顔料を集めました。使っちゃダメな洗顔・おすすめのフォーム・石鹸・泡だてないタイプ別でランキング!口コミで話題の22商品を調べたこの洗顔特集であなたにぴったりの洗顔料が絶対見つかります!

肌の赤みを隠すメイク術

良い化粧下地を手に入れても、メイクが上手じゃないと、「なんだかゴテゴテしてる……」「隠してます!って感じがよく分かる……」なんてことに。

ここでは、肌の赤みを上手に隠すためのメイク方法を学んでいきましょう♪

ステップ1:保湿ケア

メイクがうまく乗らないのは、その化粧品が悪いのではなく、あなたのお肌がガサガサだからかも……。

また、保湿が十分でないと、乾燥から皮脂の過剰分泌が起こり、メイク崩れやテカりの原因になったり、バリア機能も落ちて、肌の赤みを悪化させることにもなりえます。

そのため、メイク前の保湿ケアは入念に行いましょう。ちなみに、脂性肌の人も、顔表面の皮脂と角質層の潤いは別物なので、同じく保湿ケアは徹底してくださいね。

undefined
はるこさん
潤い成分が肌に浸透する前にメイクをはじめてしまうのも、メイクがよれる原因なので、ハンドプレスでしっかり浸透させてあげて!

敏感な肌に優しい保湿化粧品が知りたいなら、コチラの記事もCHECK!!

ステップ2:下地

ここで言う下地とは、顔全体に使う普通の下地のことです。

コントロールカラーやコンシーラは、基本的に顔全体に塗ると不自然になってしまうので、普通の下地を別途使うことで、よりナチュラルな肌に見せることができますよ。

下地は、指の腹を使い、顔の中心から外側へ伸ばしていくのが基本。ただし、小鼻周りだけは、上から下へと伸ばしましょう。

そして、顔全体に伸ばしたあとは、スポンジで軽く押さえていくと、より密着感が高まります。

カバー力◎素肌美人に見える下地はコチラ
艶肌になれるメイク下地TOP5~つやっと仕上げる手順も伝授!

ステップ3:コントロールカラー

化粧下地で顔全体の肌色をある程度、均一にしたら、いよいよ気になる赤みをコントロールカラーで消していきます。

このとき、赤みを消したいからといってコントロールカラーを厚く塗ってしまうのはNG。

厚塗りはかえってやぼったく見えてしまいますし、ヨレやすくもなるので、あくまで薄く塗り広げることを意識しましょう。

塗り終わった後は、通常の下地同様、スポンジで軽く押さえることをおすすめします。

鼻の赤み消しのコツ

小鼻の赤みなど狭い部分に塗る時は、中指か薬指など指1本に下地をなじませます。

そして、鼻の赤みが気になるところにポンポンと叩き込むように優しく乗せましょう。

頬の赤み消しのコツ

頬など小鼻周りよりも範囲が広い部分は、指2本に下地をなじませるのがおすすめです。

頬の内側から外側へと、薄く伸ばしていきましょう。

undefined
はるこさん
よりピンポイントな濃い赤みには、このタイミングでコンシーラーを使うようにするのがおすすめです♪

ステップ4:ファンデーション

下地とコントロールカラー(+コンシーラー)を上手に使えば、この時点で肌色は均一になっているはず。

でも、これだけだと、あまりに均一すぎて、のっぺりとした能面のような印象になってしまいます。

そこで、肌に更に輝きを与えるためにファンデーションを使うほか、仕上げにチークも入れて、赤みとは違う血色の良い美肌に見せるようにしましょう。

ちなみに、ファンデーションも顔の中心から外側に向かい、指やスポンジでポンポンと優しく肌を押さえながら、広げていくのがポイントです。

肌を擦るように塗り広げてしまうと、刺激から赤みを増してしまう恐れがあるので注意してくださいね。

敏感な肌に優しいファンデーションを知りたいなら、コチラの記事もCHECK!!

赤みを消す下地で肌に透明感Get♪

肌の赤みを上手に消すためには、まず、自分の肌色を知り、赤みの程度を把握することからはじめましょう。

そして、それらに合う化粧下地を手に入れられれば、もう透明感ある美肌はゲットできたようなもの!

その赤みがきれいに隠せたなら、今よりもメイクをはじめとしたオシャレが楽しくなると思いませんか?

それを想像しながら、自分にぴったりの化粧下地を探してみてくださいね♪

【イエロー】イエベの赤みにおすすめTOP3』へ戻る

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事