日焼けのシミは消える?顔や背中のケアに使ってみたいアイテム6選!

日焼けが原因のシミって消えるの?

日焼けでできてしまったシミ。無かったことにして、すっぴんにも自信を持ちたいですよね。
困ったシミには、予防&対策のWケアが重要です。特に女性が悩みがちなのが、顔と背中のシミ。

そこで今回は、【顔のシミケア】化粧品ランキングTOP3と【背中のシミケア】化粧品ランキングTOP3をご紹介。他にも

  • 皮膚科でシミを消す方法
  • 日焼け予防対策の新アイデア

などもあわせてご紹介していきます。

undefined
はるこさん
そもそもなぜ日焼けでシミができるか、おさらいしていきましょう。
仕組みがわかることで、的確な対策が取れるはず。
できてしまったシミを諦めるのはまだ早いです。

早くランキングが見たいあなたは【顔のシミケア】化粧品ランキングTOP3【背中のシミケア】化粧品ランキングTOP3にジャンプしてくださいね。にごりのないクリア肌を手に入れましょう!

※この記事でいう美白とは、メラニンの生成によるシミ・そばかすを防ぐことをいいます

日焼けで出来るシミの特徴とメカニズム

まずは、日焼けによってシミができるメカニズムなどをしっかり把握して、より効率的に正しいシミ予防を行っていきましょう。

日焼けによるシミの特徴

まずは、日焼けによるシミの特徴やシミができやすいタイプの方の特徴をお伝えします。

シミができやすい人

  • 色白の人
  • 紫外線を浴びやすい人
  • 睡眠不足など疲労のたまりやすい人

色白の人は守る黒い色素「メラニン」が少なく、紫外線ダメージを受けやすい肌質です。
通常役目を終えたメラニンは肌のターンオーバーと共に排出されますが、ダメージを受けた肌はメラニンを排出できず沈着してしまい、シミとして現れると言われます。

睡眠不足や疲れが溜まっていると肌のターンオーバーが遅れ、シミやしわの原因にもつながります。

日焼けでできるシミの種類

  • 老人性色素斑
  • 光線性花弁状色素班

一般的に日焼けによるシミは「老人性色素斑」というシミで、薄茶色類円形をしているのが特徴のシミです。
加齢によりターンオーバーの周期が長くなるとメラニンが排出が遅れ、シミとして現れるのです。

また、肩や背中などにできやすい、ごく小さな花弁状に広がって現れる「光線性花弁状色素班」というシミもあります。強い紫外線を短時間に一度に浴び、日焼けした後にできるものです。海やリゾート地で日焼け対策を忘れるとできてしまうシミなのです。

undefined
はるこ先生
日焼けもあるけれど遺伝的要素が強いのが「そばかす」、ホルモンが関係しているのが「肝斑」よ。
それぞれ対処法が違ってくるんです。

シミができるメカニズム

肌は紫外線を浴びると、身体を紫外線から守るためにメラノサイトを活性化させて、メラニン色素をたくさん作ります。
メラニン色素は黒い色をしており、ちょうど肌に黒い日傘をかぶせるような役割ですね。

通常役目を終えればターンオーバーでメラニンは排出されますが、加齢やストレス、疲労などでターンオーバーが乱れると排出が上手くいかなくなり、メラニンが色素沈着して、シミが発生するというわけです。

メラノサイトは「必要なところに集まる」傾向があり、1度シミの元ができるとどんどん濃くなっていくのはこのためです。

日焼けサロンでの日焼けはシミになる?

紫外線は主に肌の奥まで届くUV-A・表面に届き日焼けをさせるUV-Bの2種あり、日焼けサロンは「UV-A」のみが使われています。このため日焼けサロンはシミにならないと言われてきました。

ただし、肌奥まで届くUV-Aが美容にいいはずもなく、コラーゲンを変性させしわの原因になることも考えられます。
また、最近の研究ではUV-Aがシミの発生に深くかかわっていることもわかってきたようです。

undefined
はるこさん
では、これからいよいよ日焼けによるシミの対策方法をお伝えします。
すでにシミができてしまっている方も、シミの予防がしたいという方にも有益になる情報にしました。

日焼けのシミを消す|化粧品の選び方

まずは、基本的な日焼け対策方法をお伝えしていきます。シミがない若々しい肌を保つための方法、ぜひチェックしてくださいね。

1.美白効果のあるクリームや美容液を使う

シミの原因であるメラニンに体の外から働きかける方法として、もっとも一般的なのが美白用のクリームや美容液を使用すること。
中にはトライアルセットがお得な価格で販売されているものもあるため、一度ラインで使用感を試してから購入を検討しても良いかもしれません。

〇美白有効成分〇

  • ビタミンC誘導体
  • ルシノール
  • アルブチン
  • トラネキサム酸など

これらは「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」として厚生労働省に認可を受けています。
「ハイドロキノン」もホワイトケア成分として有名ですが、扱いが難しいため認可されていません。

ハイドロキノン配合化粧品を選ぶときには、適正な形に加工されたものを選ぶのがいいでしょう。

2. 保湿力も大切

保湿ケアは美肌作りの基本ともよく言われていますが、できてしまったシミにはスキンケアでしっかり保湿することが大切です。
メラニンを排出するにはターンオーバーが欠かせないわけですが、ターンオーバーには保湿が欠かせないからです。

乾いた肌は自力で剥がれ落ちることが難しくなり、ターンオーバーが滞ってしまうのです。
保湿ケアをしっかり行うことでターンオーバーを整え、メラニンの蓄積を防ぎましょう。

\日焼けのシミも消すクリーム/

【顔のシミケア】化粧品ランキングTOP3

さてここからは、顔のシミケアと背中のシミケア対策アイテムを順番に見ていきましょう。
背中編を先にチェックしたいあなたは、【背中のシミケア】化粧品ランキングTOP3にジャンプしてくださいね。

POLA ホワイトショットSXS

\ヒト本来の力を引き出す集中ポイント美白/ 

世界で1つの美白メカニズムを解明した、ポーラの集中美白美容液。
美容雑誌「MAQUIA」でベストオブベスト美白大賞にも選ばれた、美の専門家が認めたアイテムです。

こってり濃厚なクリームが、気になる部分にピッタリ密着。ホワイトベールを作り、ポーラオリジナルの美白有効成分「ルシノール」が長時間ケア。
ポーラ独自の美白システムで日焼けでできるシミの元メラニンに多角的にアプローチし、透明感ある肌に導きます。

体験者の口コミ

  • しっとりしたクリームで、ピタッと密着します。朝のメイクが日に日に楽しくなってきました♪(30代女性)
  • 夜洗顔している時に違いを感じるように。写真を撮るのが楽しくなりました!(40代女性)

POLA ホワイトショットSXSの特徴

  • ポーラ独自の美白有効成分「ルシノール」
  • 密着して留まる「ホワイト膜」形成
  • 「SCリキッド」が肌本来の力を助ける
  • 透明感を導き出す「m-Aクリア エキス」

ポーラ独自の研究により「メラニンの工場=メラノサイトは移動している」ことが判明。

加齢やストレスで移動が抑制されると、なんと通常の6倍ものメラニンを生み出してしまうんだとか。これがシミになりやすい原因なんですね。

そこで2つの美白有効成分、ルシノール&ビタミンC誘導体に美容成分を加えた「ルシノールEX」を採用。ショットデリバリー処方により、メラノサイトに届くよう助けます。

さらに、肌が自ら白くなろうとする「セルフクリア機能」に着目。オリジナル保湿成分「SCリキッド」「m-Aクリアエキス」でターンオーバーを整えるようサポート。うっかり日焼けのあとでも透明感に満ちた肌を保つのに役立ちます。

WEBでお得に試すには

ポーラ公式オンラインストアで送料無料。メールマガジンを購読すれば、非売品のポーラオリジナルコットンがついてきます。

公式サイト・楽天・Amazonの価格比較(税別)

公式サイト楽天Amazon
SXS/12,000円(税別)
SXS/12,000円(税別)
SXS/11,981円(税別)

POLA ホワイトショットSXS

  • 価格:12,000円(税別)
  • 内容量:20g
  • 保証・特典:5,400円以上で送料無料
  • メーカー:ポーラ

公式サイトで詳細をみる

ビーグレン ホワイトケア

\医学会が認めた浸透テクノロジー採用/

薬学博士ドクターケラー氏が開発した米国サイエンスコスメ。
浸透技術として医学会にも認定された「Qusome」を採用し、その高い浸透力で見違えるうるおいを実感。

高い効果が期待できる分変質しやすい難しい成分を「Qusomeカプセル」に包み安定化、角層まで浸透させて長時間留まらせます。

特にビタミンCをピュアな形で届ける「Cセラム」、ハイドロキノンをトラブルの根元まで浸透させる「ホワイトクリーム1.9」は透明感に満ちた肌作りにおすすめ。

日焼けによるシミの悩みに寄り添う5つの贅沢アイテムが、公式サイト限定で7日分税別1,800円。ビーグレンにしかない「浸透技術」、ぜひその肌で違いを感じてください。
<セット内容>
クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレン ホワイトケア

  • 価格:1,800円(トライアル価格)
  • 内容量:7日分
  • 保証・特典:365日返金保証
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

公式サイトで詳細をみる

アスタリフトホワイト

\最先端のシミ予防テクノロジー/

富士フィルム80年の研究を美容に活かした、美白スキンケアライン。
美容液にはビタミンC誘導体、クリームにはアルブチンと違う種類の美白有効成分で多角的にホワイトケア。

さらに独自のナノテクノロジーで「ナノAMA」を開発。保湿やエイジングケアが期待できる美容複合成分「AMA」を肌の奥の角層までしっかり届け、しっかり働かせるよう設計しています。

公式サイト限定でお得なトライアルセットが税別1,000円。5日分の充実したセットで、肌への使い心地を試してみてください。

<セット内容>

ジェリー アクアリスタ、ブライトローション、エッセンス インフィルト(美白美容液)、クリーム、パーフェクトUVクリアソリューション

アスタリフトホワイト

  • 初回価格:1,080円
  • 内容量:5日分
  • メーカー:富士フイルム

公式サイトで詳細をみる

【背中のシミケア】化粧品ランキングTOP3

背中は日焼け止めを塗りにくく、うっかり日焼けをしやすいところです。
おしゃれの大事なポイントである背中や肩のシミを防ぐために、美容成分たっぷりのクリームでお手入れしましょう

POLA ホワイトショットCXS

\POLAの高い研究力が光る”面”の美白力/

美に敏感な女性が選ぶ、MAQUIAベストオブベスト美白大賞受賞アイテム。「顔のシミ」で1位のSXSがポイントケアなら、面のケアはお任せ。

みずみずしく広がる美容液だから、日焼けが気になる背中に広く使えてなめらかにうるおい&美白ケアしてくれます。
もちろん顔の肌全体のくすみや、ファンデが厚塗りになりがちなあなたの悩みにもピッタリ。 

SXSと同じ美白有効成分「ルシノール」配合で、日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、クリアな肌に導きます。

体験者の口コミ

  • スッと肌に染み込んでいく感じ。抜けていくような透明感を感じます。(30代女性)
  • 軽い使い心地で、べたつきが苦手な私も気に入りました。鏡を見るのが楽しみになってます。(40代女性)

POLA ホワイトショットCXSの特徴

  • 「浸透ナノカプセル」でメラノサイトへ届けるサポート 
  •  肌の隅々まで浸透する「クイックショット感触」
  • SCXと同じ「ルシノールEX」配合で澄み渡った肌に 
  • メラノサイトの移動に着目した成分「m-Aエキス」配合

肌に存在する「細胞間脂質」と似た構造の「浸透ナノカプセル」を入れることで、浸透しやすい肌の状態をサポート。 

美白有効成分「ルシノール」はもちろん、ポーラオリジナルの美容成分を隅々まで届け、冴えわたる透明感に導きます。
美白だけでなく、美容液の機能性の高い保湿力も求めたいあなた向きのアイテムです。

WEBでお得に試すには

こちらもSXSと同様、公式サイトなら送料は無料。
メールマガジン購読で、非売品のポーラオリジナルコットンがおまけについてきます。

公式サイト・楽天・Amazonの価格比較(税別)

公式サイト楽天Amazon
CXS/15,000円(税別) CXS/15,000円(税別) CXS/14,813円(税別)

POLA ホワイトショットCXS

  • 価格:15,000円(税別)
  • 内容量:25ml
  • 保証・特典:5,400円以上で送料無料
  • メーカー:ポーラ

公式サイトで詳細をみる

シーボディ ミネラルボディシャインジェル

 \27種類の美容成分が日焼け後の肌をケア/

楽天ランキングで4冠達成!色素沈着が起こる原因に着目して作られたボディジェル。
ボディ用としてはかなり贅沢に、「プラセンタ」「新安定型ハイドロキノン」「アルブチン」など美容&ホワイトケア成分をたっぷり27種類も配合。日焼けケアはもちろん、気になる黒ずみもケアします。

ベタつかずにさらっとしたテクスチャーで、日焼け後の肌を優しくうるおわせ、なめらかにブライトアップ。
身体のケアにはもちろん顔にも使用することができるため、1本で全身のホワイトケアを行うことができると人気の商品です。

ミネラルボディシャインジェル

  • 価格:5,500円(税別)
  • 内容量:200g
  • 保証・特典:ポイントバックあり
  • メーカー:イルコルポ

公式サイトで詳細をみる

ニベア リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク

 \日焼けによるボディのシミ原因をケア/

プチプラながら、美白有効成分としてビタミンC誘導体「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」を配合。
メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

別名「安定型ビタミンC」とも呼ばれる成分で、美白成分としての働きは非常にマイルド
その分刺激も少なく、敏感肌の人でも使いやすいアイテムです。ユキノシタエキス、オリーブ油で潤いもキープ。 

日焼けでダメージを受けた肌をやさしく癒し、べたつきなくサラリと整える家族で使えるアイテムですね。

リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク

  • 市販価格:1,000円前後
  • 内容量:150ml
  • 保証・特典:ー
  • メーカー:ニベア

公式サイトで詳細をみる

シミには生活習慣も関係してる?


1. 栄養をしっかり摂る

現代では忙しさのあまり栄養バランスが偏った食事を取っていたり、3食まともに食べられなかったりという方も多いようですが、シミケアに取り入れたい栄養素や食べ物を知って、体の中からもケアしたいものです。

肌に良いと言われているビタミン以外にもシミケアに取り入れたい栄養素はまだまだありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

積極的に摂りたい栄養と食べ物

シミケアに積極的に摂りたい栄養と食べ物をまとめました。比較的手に入りやすい食べ物ばかりなので、ぜひ毎日の食事の際に意識して取り入れるようにしましょう。

<ビタミンC>

  • 活性酸素を除去する抗酸化作用がある
  • メラニン色素の生成を抑制する

多く含まれる食べ物……赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、芽キャベツ、ケール、レモン、イチゴ、キウイ、アセロラなど

<ビタミンB2>

  • 新陳代謝を活発にする働きがある
  • メラニン色素の排出を促す

多く含まれる食べ物……タラコ、イクラ、魚肉ソーセージ、ウナギ、海苔、豚レバー、牛レバー、鶏レバー、乳製品、卵など

<リコピン>

  • 抗酸化作用がある
  • メラニン色素の生成を抑制する

多く含まれる食べ物……トマト、スイカ、グレープフルーツ、ケチャップ、柿など

<エラグ酸>

  • 肌の老化を抑制する
  • メラニン色素を抑制する

多く含まれる食べ物……ザクロ、いちご、クランベリー、ブラックベリー、ナッツ類など

<L-システイン>

  • 新陳代謝を活発化させる
  • メラニン色素の排出を促す

多く含まれる食べ物……シラス、カツオ、ブリ、ヒラメ、サワラ、豚肉、牛赤身肉、鶏胸肉、大豆、きな粉、チーズ、ナッツ類、ゴマなど

<アスタキサンチン>

  • 抗酸化作用がある
  • 肌へのダメージを修復する
  • メラニンを抑制する

多く含まれる食べ物……桜エビ、オキアミ、シャケ、イクラ、甘エビ、車エビなど

サプリメントで補給する

シミケアに取り入れたい栄養素をお伝えしましたが、食生活が偏ったり不規則な場合にはサプリメントで必要な栄養素を摂取するというのも有効な方法です。

サプリメントで摂取する場合には食前食後の30分以内に摂ることが理想的だとされています。過剰摂取はせずに、適量を毎日続けて飲むように心がけるようにしましょう。

POLA ホワイトショット インナーロック タブレット IXS

\1日2粒でからだの中から透明感を目指す/

Source: ポーラ

POLA ホワイトショット インナーロック タブレット IXS

  • 編集部評価:★★★★★ 総合99点
  • 価格:6,696円
  • 1回あたりの値段:223円/30日分/60粒
  • メーカー:ポーラ

こちらのサプリには「ベイベリー」というポーラオリジナルの原料が使われています。その正体は1回採ったらもう採れないといわれるヤマモモの樹皮。果実のエキスとともにメラノサイトに働きかけます。

公式サイトで詳細をみる

2. 質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとるというのも、シミなどの肌トラブルには外せないことです。

人は寝ている間に成長ホルモン女性ホルモンが十分に分泌されると言われていますが、このホルモンの働きは肌のターンオーバーを正常に促して、シミの元となるメラニン色素の排出をサポートすると言われています。

特に、肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜22~2時の間には特にホルモンの分泌が盛んになるようですので、ぜひ意識的に睡眠を摂るように心がけるようにしましょう。

質の良い睡眠をとるためにしたいこと

  • 安眠できる環境を整える
  • 睡眠の2~3時間前に食事を終えておく
  • 睡眠の1時間前には入浴をして、熱すぎるお湯は避ける
  • 寝る前にストレッチを行う
  • 寝る前にパソコンや携帯電話などを見ないようにする
  • 寝る前にコーヒーやお酒、タバコなどの刺激物を摂らない
  • ストレスを解消する
  • 早寝早起きを心がける

皮膚科でシミを消す方法

自分でできるシミ予防やケアもありますが、どうしても気になる時は、皮膚の専門家である皮膚科で治療を受けることもできます。美容目的の場合は全額自己負担となることが多いようですが、プロによる施術なので高い安心感があります。

薬で治療

市販の化粧品でもメラニンに働きかける成分が入っているものがありますが、皮膚科で処方される薬はさらに濃度が濃く、効果が高いものが期待できます。塗り薬と飲み薬があるので、タイプ別にそれぞれ見ていきます。

塗り薬で治療

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

ハイドロキノンはメラニンを作るチロシナーゼの生成を阻害する作用があります。
トレチノインはビタミンA誘導体です。皮膚の細胞が作られるのを活発にする作用があり、ターンオーバーを早くすることからメラニン色素を押し出すといわれています。

飲み薬で治療

  • シナール
  • トランサミン

シナールはビタミンCが主成分。メラニンの生成を抑制する以外にも、メラニンの元になる活性酸素を取り除く働きやターンオーバーを促す作用などが期待されています。

トランサミンはトラネキサム酸を主成分とした薬。メラニンの発生にかかわるプロスタグランジンを抑制することから、最近になって美白目的に使われるようになりました。

レーザーで治療

大きなシミや濃いシミなどは、セルフケアをしてもなかなか改善が難しい場合もあるでしょう。その場合には、皮膚科でレーザー治療を行うこともひとつの選択肢になります。

シミのある部位に特殊なレーザーを当ててメラニン色素を破壊することでシミを改善するという方法になるようです。レーザーの種類はたくさんあるため、医師がシミの程度や肌質などから、適したレーザーを用いて治療が行われます。

費用は数千円から数万円とクリニックや照射範囲などによってバラつきがあります。

ピーリングで治療

日焼けによるシミをケアするには「ピーリング」と言う方法もあります。
ピーリングとは、肌に溜まった古い角質を落として肌のターンオーバーを整えるよう導くことです。

皮膚科でのピーリングは濃度が高く、複数回かけて治療が行われることも珍しくないようです。こちらも健康保険適用外となるので、クリニックによって費用は違います。

日焼け予防もしっかり行おう

シミを作らせないためには、日焼けを避けるための2つの方法もチェックしておきましょう。何気なく使用している日焼け止めの選び方や、日焼け対策をこの機会に再チェックです。

1. 目的にあった日焼け止めを使う

紫外線対策として、多くの方が日焼け止めを使用して日焼けを予防しているでしょう。日焼け止めを選ぶ際に目安となるSPF/PAという数値がありますが、この2つの値はどんなことを表すのかおさらいしておきましょう。

<SPF>

  • SPF1~50+という数値で表示される
  • おもに皮膚を赤くする日焼けの原因であるUV-Bを防ぐ効果を表す

<PA>

  • PA+、++、+++、++++ という記号で表示される
  • おもに皮膚を黒くする日焼けの原因であるUV-Aを防ぐ効果を表す

肌への余分な負担を避けるため、日焼け止めは目的によってSPFを使い分けましょう。
日常使いは20、長めの外出なら30~40、スポーツや水辺に行くなら50がおすすめです。

undefined
はるこさん
こまめに塗り直す、適量を塗ると言ったことも実はとっても大事!
SPF50はとっても強力だけれど、落ちてしまえば意味がありません。

 メディパラソル

しっかりと対策したはずなのに黒く焼けちゃったなんてこと、ありますよね。そんな方にオススメしたいのが新・紫外線対策なんです!

新・紫外線対策とはズバリ飲む日焼け止めサプリ」。ニキビ肌や敏感肌の人が使いやすいのもポイント。皮膚の紫外線による損傷自体を軽減するので、うっかり焼けをしっかり防げます。

undefined
あっきー
一番のオススメは「メディパラソル」というサプリメントです。
効果はもちろん、他の商品と比べて値段がお手頃だから、初めての方も試しやすそうですよ。

\新感覚の日焼け止め対策/


こちらのサプリは紫外線が強く夏の乾燥が厳しい地中海の「地中海植物性ポリフェノール」をたっぷり含んでいます。海外製品は不安という人も多いのですが、こちらは国内生産で日本人向けにブレンドされています。

体の内側から栄養素を補給して、1日1粒で元々体に備わっている力を整えてくれるそうです。

メディパラソル

  • 初回価格:990円
  • 内容量:31日分/31粒
  • 保証・特典:送料無料
  • メーカー:株式会社ビアンネ

 公式サイトで詳細をみる

2.帽子などで日焼け対策を行う

UVカット効果のある帽子や日傘などは手軽な日焼け止め対策ですね。
UVカットのパーカーやカーディガン、ボトムスなども増えてきたので、積極的に取り入れたいものです。

また、目から入った紫外線によってもメラニンが作られやすくなると言われますから、UVカット効果の高いサングラスも併用するとなお◎です。

日焼けのシミは予防と対策でケア!

シミを作らないためには、日焼けをしないことがベスト。でもうっかり日焼けをしてしまった後でもシミを作らせない対策を知っておくと安心ですね。速やかにケアを行うことによって、きっと将来の美肌を叶えることができるはずです。

シミの予防&改善のためには、身体の内側、外側両方からのケアを欠かさずに行うことが肝心です。ぜひお伝えしてきた日焼けケアを参考にして新しいシミケアを始めてみてください。