【病気と体臭の関係】注意したいニオイの種類と考えられる病名

病気特有の臭いと普通の体臭の違いって?

体臭と聞くと男性の問題と思う人が多いかも知れませんが、体臭は私たち女性にとっても重要な問題なのです。男女を問わず、体臭が発生するメカニズムは全ての人が同じだと言われています。病気が原因ではない『普通の体臭』の多くの場合汗が細菌によって分解されたときに発生する臭いと、皮脂腺から分泌された脂が酸化して細菌に分解されたときに発生する臭い、若しくはその両方が原因とされています。

それに対して『病気が原因で起こる体臭』は、その病気が原因で発生した成分や老廃物が蓄積して、血中に溶け出すことで起こる場合が多いと言われています。その為『普通の体臭』は個人差はあれど皆似たり寄ったりな臭いなのに対して、『病気が原因で起こる体臭』はその病気によって臭いが異なると考えるのが一般的でしょう。


undefined
あっきー
つまり体臭の原因が病気だった場合、臭いによって『どんな病気か』を判断する事も出来るって事ですか?
undefined
はるこさん
そう言い切ってしまうのは早合点だけど、臭いによって『こんな病気の可能性がある』と言う一種の目安にする事は出来るんじゃないかしら?
昔は日本でも体臭で病気を診断していたって言うしね。


気になる体の臭いは病気が原因かも?

昔から『病気に罹ると特有の臭いが発生する』事は広く知られてきたことで、実際日本では明治時代まで体臭によって病気を診断する『嗅診』と言う診断方法が一般的でした。特に身体に直接触れる事が許されない高貴な身分の人たちを中心に行われていたと言われています。病気に罹ると体内で特有の物質が作られたり溜まってしまう事が多く、これらが血液を通して体中に運ばれて汗などに交じる事で体臭となります。

昔の人たちにとって体臭とは、病気を診断する上で重要な要素だったわけです。ではどんな病気にどんな臭いがあるのでしょうか。私、水野が説明していきたいと思います。

肝臓疾患

肝臓の病気は多くの場合『カビ臭さ』『アンモニア臭』を伴う事が多く、しかも臭いそのものが強烈である場合も多いです。

肝炎

肝炎とは肝臓が炎症を起こしている状態の事で、肝臓が炎症を起こすとカビの様な特徴ある臭いが発生します。肝炎の場合は体臭だけでなく、口臭としてもカビの様な臭いが発生するので異変にも気づきやすいでしょう。

肝硬変

肝硬変に罹った際にもアンモニア臭がする事が有名です。肝硬変の際に発生するアンモニア臭はかなり強烈なようで、体臭以外にも口臭・尿・便などにもその臭いが発生し、肝硬変かどうか見極める際のシグナルとも言われています。

皮膚病

皮膚病の中にも体臭が変化するものがあります。病気の種類によっても臭いは異なりますが、よく言われるのは『脂臭さ』『カビ臭さ』です。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは分泌された皮脂が皮膚を刺激する事で起こる皮膚疾患の一つで、脂漏性皮膚炎に罹ると体臭が脂臭くなると言います。脂漏性皮膚炎の原因はマラセチア真菌という皮膚の常在菌だとされるのが有力で、このマラセチア真菌によって皮脂が遊離脂肪酸という物質に変化する事で皮膚を刺激したり、脂臭い臭いを放つようになると言われています。

アトピー性皮膚炎

『アトピー性皮膚炎は体臭が臭くなる』と言われることが多いですが、アトピー性皮膚炎の場合は体臭そのものが臭くなると言うよりは、ステロイド剤や血と滲出液の臭い、黄色ブドウ球菌の繁殖が原因で生臭いような臭いを放つことが多いそうです。アトピー性皮膚炎の人の肌は乾燥がちで、抗菌ペプチドの分泌が少ない為、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい環境です。その為、厳密には体臭と言うよりは体表面の臭いがきつくなると考えた方が良いかも知れません。

糖尿病

糖尿病で体臭が甘くなる、と言う話を聞いた事のある人は恐らく多いと思います。実際に糖尿病に罹った人のブログなどで『甘い臭いがする』と知人から指摘された話や、周囲に糖尿病の方が語った話が存在しているのでそれは確かなようです。

では何故糖尿病の人から甘い臭いがするのでしょうか。その正体は『ケトン体』と呼ばれる脂肪酸とアミノ酸の不完全代謝産物が原因です。糖尿病初期の人は体内で糖を吸収する事が難しくなり、慢性的なエネルギー不足に陥ってしまいます。そうなると身体は体脂肪を分解してエネルギーを作るのですが、体脂肪を分解する過程で作られる副産物がこの『ケトン体』です。体内で作られたケトン体は血液を通して体中をめぐり、汗や尿と共に体外へ排出されます。その際に体臭として現れるのが糖尿病特有の『甘い臭い』なのです。

胃腸の疾患

胃腸の疾患や不調が起こった時は『硫黄の臭い』『腐敗臭』がすると言われています。

胃炎・胃潰瘍

胃炎や胃潰瘍などが起こった場合は、消化不良から食べた物を消化しきる事が出来ずに胃の中で発酵してしまう為、口臭が腐ったような臭いになるようです。

逆流性食道炎

胃酸が逆流する事で、口の中にまで胃酸が上がってくる事があります。胃酸は刺激臭を伴いますので、すえたような酸っぱい臭いが口臭として出てしまう事があります。

十二指腸潰瘍

胃炎同様に消化不良を起こしやすく、胃の中のものが発酵する事で臭いを発します。しかし十二指腸潰瘍の場合は胃よりも下の腸の部分の潰瘍ですので、溜まった臭い物質が口まで上がり切らずに吸収されて、血液を通して全身から『腐敗臭』『硫黄の様な臭い』がしてしまう事が多いと言います。

肺の疾患

肺は呼吸を司る臓器ですので、肺の病気に罹ると息から『腐敗臭』『硫黄臭』がする事が多いです。

膿胸

膿胸とは読んで字の如く『肺に膿が溜まる病気』の事です。胸に膿が溜まる訳ですから、膿胸に罹ると息から『腐ったような臭い』がするようになります。

結核

昔は不治の病と言われた結核も臭いがする事で知られています。結核に罹ると膿胸同様に腐った卵のような臭いがすると言います。

肺腫瘍

肺に発生する上皮細胞由来の腫瘍で、悪性のものと良性のものがあります。肺腫瘍もまた口臭などが強烈な『腐敗臭』になる病気です。

undefined
はるこさん
肺の病気に罹った場合、病気の種類に問わず『タンパク質が腐った臭い』がすると言うわ。特に重い肺の病気程この臭いがする傾向が強い為、身に覚えのある方は病院での診察をお勧めします。

がん

犬が臭いでがんを見つけた、と言う話が以前TVで紹介されていました。一説にはがん細胞には特有の臭いがあり、犬などの嗅覚の鋭い生き物にはかぎ分けられるとも言われています。またがんと一口に言ってもどの場所にできるかによって臭いが異なるようです。体臭が出やすいがんについて一例を挙げてみましょう。

胃がん

胃がんは胃に出来るがんですので、胃の不調などから『腐った卵の臭い』が体臭や口臭として発生すると言います。

大腸がん

大腸がんに罹っていた場合、悪臭の原因の一つとされる『メタンチオール』が健常者の10倍以上検出されると言います。メタンチオールは腐った玉ねぎの臭いがするので、大腸がんに罹った場合も同様に腐った玉ねぎの臭いがするとされます。

肺がん

肺がんに罹った場合も息や体臭から『腐敗臭』がする事で知られています。特に腐った卵腐った生ごみの臭いに近いとも言われるのでその臭いは相当なものでしょう。

臭いの種類で病気が分かる?体臭チェック

undefined
あっきー
病気によって体臭が変わるなんて、何だか不思議ですね。近いうちに臭いで病気を診断できる技術とか出来てしまうんじゃないでしょうか。
undefined
はるこさん
実はスウェーデンで行われた実験によると、体臭から病気を診断する事は可能だとも言われているのよ。もしかしたら本当にそんな技術が出来る日が来るかも知れないわよ。
undefined
あっきー
すごいですね!そうなったらもっと早い段階での病気発見が可能になるかもしれませんね。

酸っぱい臭い

体臭として最も一般的な臭いが、恐らくこの『酸っぱい臭い』でしょう。まるで何かがすえた様な酸っぱい臭いで、この臭いが体臭として発生する場合の原因として考えられるのが『乳酸』『アンモニア』です。激しい運動や強いストレスを受けると人体は乳酸を分泌します。乳酸とは脂肪族ヒドロキシ酸に分類される水溶性有機化合物の一種で、筋肉を動かす際に、エネルギーとして使われる糖質(グリコース)が分解される際に発生する副産物です。通常は分解されますが、余り多く乳酸が溜まり過ぎると分解が追い付かずに汗と共に体外に放出されます。そして放出された乳酸が皮脂と結びつくことで、この『酸っぱい体臭』が発生するのです

もう一つの原因である『アンモニア』は、体内でタンパク質がアミノ酸に分解される過程で生み出されます。アミノ酸はアミノ基(NH2)と呼ばれる物質で構成されていて、体内で分解されたアミノ基は最終的にグルタミン酸に集められます。集められたグルタミン酸はミトコンドリア内で更に分解されることで、α‐ケトグルタル酸とアンモニアに分けられます。有害物質であるアンモニアは通常肝臓で処理されて尿素となって尿等と共に排出されますが、何らかの原因で肝臓の機能が衰えている場合、処理しきれなかったアンモニアが汗や皮脂に混ざる事で『酸っぱい体臭』が発生します。

病気が原因で『酸っぱい体臭』が発生する場合、『肝臓の病気』『糖尿病』が考えられます。肝臓の病気や機能低下はアンモニアの処理を遅らせ、また糖尿病でもアンモニアの処理が上手くできずに酸っぱい臭いが発生します。

甘い臭い

甘い臭いが体臭として発生する場合は上記したように『ケトン体』が原因でありますが、もう少し踏み込んで説明すると、甘い体臭は体脂肪が分解されてエネルギーとして利用される際に作られたケトン体のうち、『アセトン』と呼ばれる物質によって起こります。ケトン体とは元々『アセトン』『アセト酢酸』『β‐ヒドロキシン酢酸』の3つの物質の総称を指しますが、アセトンはジメチルケトンとも言われる有機化合物で、最も単純な構造をしたケトンです。このアセトンは大変甘い香りをしている為、汗などに混じり体外に放出されると、あの『甘い臭い』が発生するのです。

病気が原因で甘い香りが体臭として派生する場合は、まず真っ先に『糖尿病』が疑われます。他にもダイエットなどによるエネルギー不足でも起こり得ますが、これは病気じゃないので省いておきます。もしも糖尿病が原因で甘い体臭がする場合は、砂糖やお菓子の様な人工的な甘さではなく、バナナやココナッツの様な甘い臭いだと言われています。

カビ臭い

カビ臭い体臭がする場合、大きく分けて二通りのパターンあります。それは『体内からの臭い』『体表面からの臭い』です。カビ臭い臭いが『体内からの臭い』だった場合、原因として考えられるのは肝機能の低下です。肝臓が悪くなると体臭がきつくなる、という話を聞いた事はありませんか。実はこれは本当で、知っている人も多いと思いますが、肝臓には体内で発生した有毒物質を分解する解毒作用があります。その為肝臓疾患などを初めとした、肝臓の機能が低下する事態に陥った場合は解毒が十分にされず、有毒物質が体内に回り汗や息に交じってしまい体臭がきつくなるのです。

カビ臭さが『体表面からの臭い』だった場合は、カビ菌などの真菌が原因である場合があります。例えば上で紹介したマラセチア真菌などもカビ菌の仲間ですし、水虫もカビ菌によって起こります。こういったカビ菌が原因で起こる皮膚病が原因で皮膚表面からカビの臭いがする事もあるそうですが、具体的にどんな病気がカビ臭い体臭になるのかについては不明確なところが多かったので、断定はできない状態です。


病気が原因でカビ臭い体臭が発生した場合、体内からの臭いならば肝炎などの肝臓の病気が疑われ、体表面の臭いであるならば真菌などによる皮膚病の可能性が疑われると考えられます。特に真菌による皮膚病の場合は本当にカビが原因なので、カビそのものの臭いがして当然でしょう。

埃の臭い

幾つかの健康サイトなどでは、『埃の臭い』が体臭として現れる場合は『精神的な疾患』が病気としては疑われると紹介されていました。しかし、どうして精神的な疾患に罹ると埃臭い体臭になるのかについて、調べた限りでははっきりと分からない状況です。病気と臭いの関係を調べた論文の中には『ある種の精神疾患は体臭が埃っぽく変化する』という記述はあったのですが、どういったメカニズムで埃臭い体臭が発生するのかは憶測の域を出ませんが、『脂肪酸の臭い』『精神疾患のせいで身体を不潔にする』『精神疾患に罹ると特有の物質が分泌される』の3つの理由が見つかりました。


精神疾患に罹った際に発生すると言われる埃臭い体臭は、所謂加齢臭と同じようなもので、皮脂腺から分泌される脂肪酸の臭いで埃っぽく感じてしまうと言うものです。後の『精神疾患のせいで身体を不潔にする』『精神疾患に罹ると特有の物質が分泌される』の二つについては、精神疾患に罹ると掃除や入浴を疎かにする傾向が増える事から結果的に体臭が臭くなる、というものと、精神疾患に罹るとある種の特有な物質が分泌されて、その臭いが埃っぽいから体臭が埃臭くなる、というものです。

何れの場合も、実際の埃のような臭いがする訳ではなく、なんとなく『埃っぽい』ような臭いがするだけだと言われています。

アンモニア臭

アンモニア臭が体臭として発生するメカニズムは『カビ臭い体臭』のそれと同じだと言われています。主に肝臓の機能低下により有毒物質を処理しきれずに、残った有毒物質が血液で運ばれて汗や皮脂と共に体外に放出される為アンモニアの様な臭いがします。アンモニア臭とカビ臭い臭いとの大きな違いは、肝機能の低下が著しいかそうで無いかにあります。一般的に肝臓の機能低下がそれほどでもない初めの時期はドブや排水溝の臭いがして、機能低下が深刻になるとアンモニアの臭いがするとされます。

もしも病気が原因でアンモニア臭がする場合に考えられるのは、『肝硬変』等の深刻な肝臓の病気です。他にも腎臓の機能低下でも臭いが起こりますので、糖尿病でもアンモニア臭がする事があります。体臭としてのアンモニア臭はかなり強烈な分類とされ、一度嗅ぐと思わず『うわッ』となる程強烈な刺激臭だと言われています。

腐敗臭(異臭)

胃腸の病気に罹った際には、何かが腐った様な体臭がすると事が多いようです。腐敗臭が体臭として発生するのは、胃腸の病気で消化能力が衰えた結果、胃の中にある残留物が発酵する事で何かが腐った様な臭いが発生します。そういったメカニズムで臭いが起こる為、胃腸の病気に罹った場合は体臭だけでなく口臭も腐敗臭になる場合が一般的です。特に胃よりも腸に何らかの疾患がある場合は、臭いの原因物質が腸壁などから吸収されて血中に溶け込み、体臭として出やすいと言われています。

また肺の病気に罹った際にも腐敗臭が出やすいでしょう。肺と言うのはリンパ管が多く存在していますので、病気で肺の機能が衰えると老廃物の排出が上手くいかずに臭いがするようになると言います。特に動物性の脂質を分解する際に発生する『インドール』『スカトール』『アミン類』等は強い腐敗臭を伴いますのでこれらが腐敗臭の原因と見なされています。

腐敗臭がする際の病気で考えられるものは『胃炎』『腸炎』等の胃腸の炎症、若しくは『結核』や『肺炎』などの肺の病気です。また同じ腐敗臭でも、腸の病気の際に発生する腐敗臭は硫黄の様な臭いや発酵臭が多いのに対し、肺の病気の際はタンパク質が腐った臭いや生ごみが腐った臭いがするそうです。

脂臭い

脂臭い体臭は病気でなくとも体質によっては出やすい人も多くいます。脂臭い体臭の原因は、恐らく見当が付くでしょうが過剰に分泌された『皮脂』が原因です。本来ならば肌を守る為に分泌された皮脂は、時間の経過とともに酸化してしまい『過酸化脂質』という物質に変化します。脂臭い臭いは、この過酸化脂質を肌の常在菌が分解する過程で発生すると言われています。

脂臭い体臭の背景に病気があるのだとしたら、考えられるものとしては『脂漏性皮膚炎』があります。上でも紹介しましたが、脂漏性皮膚炎はマラセチア真菌が皮脂を遊離脂肪酸に変化させることで起こる病気で、皮脂の過剰分泌が原因で起こるとも言われています。脂漏性皮膚炎は特に頭髪が脂臭くなる事が多く、何日もお風呂に入っていないような脂臭さがあると言います。

もしや病気?セルフチェック方法

病気と臭いに関係性があるのであれば、日頃から体臭には気を付けておきたいですよね。しかし自分の臭いって自分では分かり難いですし、かと言って誰かに嗅いでもらうのは気が引けます。そこで自分一人でも簡単にできる『体臭のセルフチェック方法』をご紹介していきます。今日からでも是非試してみて下さい。

1.一日着ていた下着やインナーの臭いを嗅ぐ

自分の体臭をチェックする上で一番手軽な方法がこの『一日着ていた下着やインナーを嗅ぐ』事です。自分の臭いと言うものは客観的に判断するのが難しいですが、直接肌に身に着けていた衣類の臭いを嗅ぐ事で自分の体臭を客観的に感じる事が出来るようになります。この方法を試す際には、鼻をリセットするために一度入浴する事をお勧めします。入浴する事で肌に付いた体臭を洗い流し、臭いになれた鼻をリセットする事が出来るからです。

2.枕や寝具の臭いを嗅ぐ

よく30代以降の男性は枕から加齢臭がする、という話を聞いた事はありませんか。実際個人差はありますが、人は寝ているときにコップ一杯分の汗をかくと言われていて、寝具と言うものは思いのほか使う人の体臭が染み込みやすいのです。朝目を覚ましたら部屋を換気し、シャワーを浴びてから寝具やパジャマの臭いを嗅いでみて下さい。それが貴方の体臭です。

3.布やティッシュで身体を擦る

上の二つほどはっきりとは分かり難いですが、身体を擦った布やティッシュの臭いを嗅ぐのも体臭を確認できる方法になります。特に臭いの出やすい脇の下や首回りを布やティッシュで擦り、その布をビニール袋などに入れて、一度外で深呼吸してから臭いを嗅いでみます。身体を擦る布やティッシュは臭いが分かりやすいように無臭の物を使いましょう。特にラップフィルム等は無臭で臭いが分かり易い素材でできていますのでお勧めでしょう。

気になるときは病院で検査してみよう

上記した臭いが発生したからと言って、確実に病気という訳ではありません。しかし分かってはいても、どうしても不安になってしまうのはしょうがない事です。もしも貴方がどうしても心配だと思うのであれば、一度病院で検査をしてみる事をお勧めします。万が一にでもそれで病気が発見される可能性だってあるのですから。

何科にかかる?症状からチェック

病院で診てもらうと言っても、体臭で病気を疑う場合は一体何科に受診すればいいのか分かりにくいですよね。そういった場合はどうすればいいのでしょうか。

総合案内に相談する

何科に受診したらいいのか分からない場合、一番良いのが『総合案内に相談する事』です。総合案内は症状別に患者さんに受診案内をする場所ですので、何処に受診すればいいのか分からない場合はここで相談する事が最も確実です。

酸っぱい臭い

酸っぱい臭いの場合、一番初めに思いつくのが糖尿病です。内科や内分泌科への受診が一般的でしょう。

ドブやカビ、アンモニア臭

ドブやカビ臭い場合、またはアンモニア臭がするときは肝機能の低下か肺の病気があるかもしれません。内科や消化器科、呼吸器科がお勧めです。

脂臭さ

脂漏性皮膚炎が疑われますので、皮膚科への受診を検討しましょう。


もしどうしても何科に科かってよいのか分からない場合は、取り敢えず内科を訪ねるのが宜しいと思います。体臭を伴う病気は多くの場合、体内部に原因がある事が多い為、まず初めに内科で診てもらうか相談するのがスタンダードな方法と言えるでしょう。

病気以外の体臭は自分で改善!

undefined
はるこさん
例え病気じゃないとしても、体臭があると周りの人たち迷惑をかけてしまう事もあるわ。なるべく日頃からのケアを心掛けましょう
undefined
あっきー
最近では『スメルハラスメント』なんて言葉もあるくらいですから、体臭の管理は体調管理と並んで重要な要素となってきている様です。
undefined
はるこさん
体臭の消し方や改善方法等をまとめてみましたので、気になる方は是非お試しあれ♪

 主な体臭の原因

体臭の主な原因は大きく分けて3つあります。『皮脂腺によるもの』『エクリン腺によるもの』『アポクリン腺によるもの』です。皮脂腺が原因で起こる体臭は、皮脂腺から分泌された皮脂に含まれる脂肪酸が空気に触れる事で酸化して過酸化脂質に変化し体臭が発生します。所謂オイリー肌の人ほど皮脂腺が原因で体臭が起こり易く、生活習慣の乱れで起こる体臭もこれが原因となる場合が多いです。

エクリン線が原因で起こる体臭は、雑菌の繁殖によるところが大きいです。エクリン腺から分泌される汗はその殆どが水分で、それそのものに体臭となる原因はありません。しかしその汗を放置しておくと、雑菌が繁殖して結果的に臭いが発生してしまうのです。

アポクリン腺が原因で起こる体臭は、アポクリン腺から分泌された汗が脂肪酸と交わる事で起こります。アポクリン腺は脇の下などに多く存在し、分泌された汗と脂肪酸が交わり、雑菌が繁殖する事であのワキガの臭いが発生すると言います。

体を清潔に保つ

体臭の改善に最も効果があり確実なのが『体を清潔に保つ』事です。上で紹介したように体臭の原因は体内から放出された汗や脂肪酸が原因であるところが殆どなので、石鹸やボディソープで物理的に肌から取り除いてしまえば臭いの原因は除去できるという訳です。しかしだからと言って体を洗いすぎるのは禁物です。洗浄力の強すぎるボディソープで体をゴシゴシと洗いすぎると、体から必要な皮脂まで奪ってしまい、結果的に余計に皮脂を分泌させる事態に陥ってしまいかねません

新陳代謝を高める

新陳代謝が悪い人は体臭が臭くなる傾向が強いと言います。何故なら新陳代謝が悪いという事は、体内の老廃物や毒素を排出する機能が低く、体内に臭いの元をため込んでしまうからです。代謝を活発にすれば体内で作られた老廃物や毒素を排出する機能も高まり、例え汗をかいても臭いがし難くなるという訳です。

代謝を高めるのに最もお勧めなのは運動です。運動は心肺機能の向上や血行の促進に効果があり、血流が良くなれば全身に血液や酸素がいきわたり細胞の活性化に繋がります。細胞が活性化されれば自ずと新陳代謝も活発になっていきます。

しかしあまり激しい運動をする事は体臭改善の視点からすると宜しくありません。激しい運動をすると筋肉は糖質からエネルギーと乳酸を作り出します。乳酸はある程度までならエネルギーとして再利用できるのですが、その限界値を超えると体内に溜まり体臭の原因になってしまいます。運動は適度なものにするよう心掛けて下さい。

バランスの良い食生活

いくら体を清潔に保ち新陳代謝を高めても、体臭の元となる物質を食事で取り込んでいたら堂々巡りです。食生活を見直すことも体臭改善には重要な要素です。体臭の原因になるものとして最初に挙げられるのは『脂質の多い食事』です。脂質の多い食事ばかりとっていると、皮脂腺から分泌される脂肪酸の量も増え、体臭の原因に繋がってしまいます。皮脂とは体脂肪から作られる物なので、原材料となる脂肪が多い食事をとっていると太るだけではなく体臭まで臭くなってしまいます。

また体臭改善に効果が高いとされる食材にはヨーグルトと糠漬けがあります。腸内環境と体臭には密接な関係があり、腸内環境が悪いと腸内に消化や排泄しきれずに内容物や便が溜まってしまい、その匂いが腸壁から吸収されて血液に乗って全身を巡り汗に混ざってしまうからです。ヨーグルトに含まれる善玉菌や発酵食品である糠漬けには腸内環境を整える効果が期待できます。

気になる体臭を感じたら病院を受診してみよう

体臭とは私たちが思っているほど厄介な存在ではなく、寧ろ体の不調や健康状態を表してくれるバロメーターのようなものなのかもしれません。貴方の体臭がある時期を境に変わってしまったら、いくら体臭対策をしても改善されなかったとしたら、もしかしたらそれは体から発せられたSOS信号なのかもしれません。もしも気になる体臭を感じたら、早めに病院を受診してみる事をお勧めします。病気の早期発見に繋がるかもしれませんよ。

undefined
はるこさん
体臭は貴方の健康状態を表すバロメーター!
もし気になる事があったら早めに病院へ受診する事が大切です!