乾燥肌はニキビの原因!潤いでお肌を守るおすすめ保湿スキンケア3選

20代を過ぎて、10代のころ悩まされた思春期ニキビもなくなるかな?と思っていたら、今度は大人ニキビがなくならない!!

そんなあなたのニキビの原因は、乾燥肌にあるかもしれません。

乾燥肌が原因のニキビをできなくしたいなら、一般的なニキビスキンケアはNG!本当のスキンケア方法を知りましょう

乾燥肌はニキビができないはウソ!

ニキビといえば、「脂っぽい肌」「テカってる肌」など、脂性肌から生まれると思っていませんか?

確かにそれは事実。でも、だからと言って、乾燥肌ならニキビができない訳ではないんです!

むしろ、乾燥肌ゆえにくり返すニキビのほうが、スキンケア方法を間違いやすく、悪化させてしまうことも多いほど……。

そこで、この記事では、乾燥肌✕ニキビに悩むあなたのために、

  • 乾燥肌にニキビができるのはなぜ?
  • 乾燥肌のニキビ対策ポイント
  • 乾燥✕ニキビケアにおすすめの化粧品

こちらをまとめてお届けしていきたいと思います。

これを読めば、今日から乾燥肌のニキビ対策はばっちり。もうニキビができない美しい肌を手に入れましょう。

※すぐに【乾燥肌のニキビにおすすめ化粧品3選】を見たい人はこちらへ

乾燥肌にニキビができる理由

そもそも乾燥肌とは、角質層の水分量が少なく、肌がつっぱったりカサカサしてしまう状態のことを指します。

また、肌の表面上はカサカサしていなくても、角質層の水分量が少ないインナードライも、一種の乾燥肌になります。

ここでは、そんな乾燥肌ならではの特徴から、ニキビができる理由をチェックしてみましょう。

乾燥肌の毛穴は詰まりやすい

肌はいくつもの層が重なりできあがっているものですが、乾燥肌になり、ターンオーバーが早くなると、肌内部で整った層ができあがる前に、肌の一番表面まで出てきてしまいます。

このような未熟な角層は、バリア機能が低く刺激に弱いのですが、刺激を受けた角層は硬くなり、古くなってもスムーズに剥がれ落ちることができず、どんどんと蓄積。

こうして厚く硬くなってしまった角層は毛穴から皮脂が洗い流されることを邪魔してしまい、結果として毛穴に皮脂が溜まり、この皮脂をエサにニキビの元となるアクネ菌が増殖してしまうのです。

バリア機能が低下している

乾燥肌さんは未熟な角層になりやすいと言いましたが、未熟な角層は、紫外線や大気中のチリなどといった外的刺激から肌を守るためのバリア機能が弱く、すぐにニキビの炎症を起こしてしまうのが特徴です。

また、健康な肌は弱酸性ですが、乾燥肌はアルカリ性に傾いているといった特徴もあります。

アルカリ性に近い肌環境というのは、菌が繁殖するのにはうってつけ。そのため、これもニキビの炎症を引き起こす原因となってしまいます。

ニキビにも白ニキビや赤ニキビといった色で名前が変わってきますが、白ニキビは炎症前、赤ニキビや黄ニキビは炎症後のニキビ。

普段、見られるニキビが黄色や赤ニキビばかりなら、あなたの肌は炎症が起きやすい環境にあるのかもしれません。

もちろん皮脂も原因になる

乾燥肌になり、バリア機能が低下すると、脳はそんな肌を守らなくてはいけないと判断して、皮脂の分泌を促すというサイクルがあります。

そのため、乾燥肌であっても、皮脂の過剰な分泌がニキビの原因にはなりやすいのです。

肌の水分量と皮脂量について

undefined
あっきー
皮脂量が増えると肌表面はべたつくぐらいですし、その時点で乾燥肌とは言わないんじゃないですか?
undefined
はるこさん
それは違うわ。そもそも、乾燥肌とは、肌内部の水分量が少ない肌のこと。だから、肌表面はべたべたしていても、肌内部の水分量が少なければ乾燥肌の一種である”インナードライ”って呼ばれるのよ。

皮脂の過剰分泌が起こっているだけでは、脂性肌とは判断できません。

また、乾燥肌であっても脂性肌であっても、ニキビの原因になる皮脂は嫌われますが、皮脂は肌内部の水分が蒸発しないよう保護する役目があります。

そのため、ニキビを予防するためには、水分量も皮脂量も一定のバランスを保っている健康な肌を目指すことが大切です。

乾燥肌ニキビは思春期ニキビケアがNG!

undefined
あっきー
一般的に乾燥肌が原因になるニキビは、大人が悩まされることが多いので、”大人ニキビ”と呼ばれるんですよね。
undefined
はるこさん
とは言え、思春期でもメンズでも、老若男女問わず、乾燥肌にならないとは限らないわ!乾燥肌ニキビは、オイリー肌向けのニキビケアでは悪化する可能性が高いので、次に紹介するケアのポイントをしっかりチェックしていって!

ニキビ対策スキンケアの2大ポイント

乾燥肌は脂性肌に負けないぐらいニキビを発生させるのに好条件の肌環境。

そのため、乾燥肌のニキビ対策は、「乾燥させない・しっかり保湿する」といったスキンケアが重要になります!

その1:潤いを奪わない

乾燥肌対策は、保湿をするだけでは足りません。今ある潤いをこれ以上、逃さないスキンケアを心がける必要があります。

クレンジング剤も洗顔料も、商品の選び方や使い方によっては、皮脂や角層内部の保湿因子まで洗い流してしまい、乾燥肌を悪化させる恐れがあることを知っておきましょう。

クレンジングは避けるのが正解

クレンジング剤は洗顔料以上に強力な界面活性剤が入っていることが多いので、できることなら避けるのが吉。

とは言え、乾燥肌が治るまでメイクをしないというのは難しいですよね。

そこで、そもそもメイク用品を選ぶときに、石鹸で落ちるタイプを選ぶのが、乾燥しづらいだけでなく、ニキビの悪化も予防できるのでおすすめです。

どうしてもクレンジングをしたいという場合には、刺激の少ないミルクやクリームタイプを選んでみましょう。

乾燥肌にも優しいクレンジング剤を知りたいならコチラ

洗顔料は優しさにこだわる

  • 石油系合成界面活性剤不使用
  • 保湿成分配合
  • きめ細かい泡立ち

洗顔料を選ぶときには、上記のようなポイントをよくチェックしてみましょう。

石油系合成界面活性剤とは、有名どころだと「ラウリル硫酸Na」がありますが、洗浄力が非常に強く、肌に必要な保湿因子まで奪ってしまうほどなので、まずはこれを避けてください。

その上で、洗いながら保湿もできる洗顔料や、きめ細かい泡立ちでゴシゴシと擦らなくても毛穴の汚れをかき出してくれるような洗顔料を選ぶのがおすすめです。

大人ニキビにおすすめの洗顔料を知りたいならコチラ

その2:しっかり潤す

肌を潤すというと、化粧水などで水分をとにかく与えるようなイメージがありますが、保湿スキンケアは肌内部(角層)に保湿成分を届けることが第一。

その上で、肌表面もケアし、角層に届けた保湿成分が蒸発しないように蓋をする必要があります。

乾燥肌さんは角層内の保湿成分が少ないのはもちろん、肌表面の皮脂も少なくなりがちなので、適切な油分を美容クリームなどでプラスしてあげることも大切です。

保湿ケアの選び方

  • セラミド含有
  • 添加物不使用・低刺激
  • 特にアルコール不使用

乾燥肌さんは上記のような保湿効果が高い化粧品を選ぶことをおすすめします。

セラミドは角層内の保湿因子の内、8割を占めると言われている成分で、肌の保湿のキーマンとなります。

また、パラベン、香料、着色料などといった添加物がなるべく使われていない低刺激化粧品もバリア機能が弱っている乾燥肌さんにはおすすめ。

特に、角層の水分を蒸発させてしまうアルコール(エタノール)に関しては、必ず不使用のものを選ぶようにしましょう。

ニキビ肌さん向けの保湿化粧品については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

乾燥肌の二キビにおすすめ化粧品3選

乾燥肌のニキビケアには、こちらのような化粧品をライン使いすることがおすすめです。

ライン使いをおすすめする理由は、シリーズ化されている化粧品は、そもそもがライン使いを基本として保湿力やそのほかの効果のバランスを考えているから。

特に乾燥肌さんは保湿因子の多くが少ない、肌環境が悪いなど、多くの肌問題を抱えていることが多いので、すべてに対応するためにも、なるべくライン使いをしてみましょう。

乾燥肌の人におすすめ

インナードライではなく、敏感肌でもない乾燥肌さんには、乾燥対策に主軸を置いたこちらのスキンケア化粧品がおすすめです。

エトヴォス モイスチャーライン

\ニキビをつくらない肌環境へ/

エトヴォス モイスチャーライン

  • トライアル価格:2,052円(税込)
  • 内容:洗顔石けん、化粧水、保湿美容液、保湿クリーム
  • メーカー:株式会社エトヴォス

肌のカサカサに悩む乾燥肌さんには、『エトヴォス モイスチャーライン』のような保湿成分”ヒト型セラミド”が5種類も配合されたスキンケア化粧品がおすすめ。

ヒト型セラミドは、人が元々持っている保湿因子セラミドに最も近いので浸透率も高く、砂漠のように乾燥しきった肌も素早く潤し、毛穴のつまりにくい柔らかな肌を作ってくれるでしょう。

一方、ニキビに対する有効成分は配合されていませんが、そもそもニキビ有効成分はニキビの予防でなく、できてしまったニキビに対処するためのものなので、皮脂分泌の少ない弱った肌にはかえって刺激になっていしまう恐れも……。

そのため、ニキビ発生の根本的な原因である肌の乾燥をどうにかしたいと思っている人におすすめです。

公式サイトを見てみる

インナードライの人におすすめ

乾燥肌の中でもインナードライのため皮脂が多く、ニキビの炎症しやすさに困っているなら、赤ニキビや黄ニキビをケアできるこちらのスキンケア化粧品がおすすめです。

ビーグレン ニキビケアセット

\赤ニキビを予防&ケア/

ビーグレン ニキビケアセット

  • トライアル価格:2,052円(税込)
  • 内容:クレイ洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリーム
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

『ビーグレン ニキビケアセット』は、肌に潤いを与えて乾燥させず、それでいてビタミンCの効果で皮脂の分泌をコントロールしてくれる効果が期待できます。

ビタミンCは乾燥を招く恐れがあるので生粋の乾燥肌さんには不向きですが、皮脂過剰なインナードライさんにはぴったりでしょう。

また、ビーグレンの洗顔料はクレイタイプなのですが、このクレイが毛穴の奥まで入り込みやすい上、皮脂をパクッと吸い込み離さないといった特性持ち。

こうして過剰な皮脂をしっかり洗い流すことができるので、赤ニキビの予防とケアにもってこいですよ。

公式サイトからの購入だと、365日返金保証もついてきます。

公式サイトを見てみる

敏感肌の人におすすめ

乾燥性敏感肌で、一般的なニキビケア化粧品は刺激が強くて使えないという人には、低刺激が特徴のこちらのスキンケア商品がおすすめです。

ノブAC

\ニキビ&ニキビ跡をターゲット/

Source: 楽天

ノブAC

『ノブAC』は、乾燥肌&敏感肌が原因の”大人ニキビケアのために生まれた”スキンケア商品です。

シリーズ商品はどれも薬用タイプで、ニキビケア成分をしっかり配合。ニキビを徹底して悪化させないように働きかけてくれるでしょう。

そのため、乾燥性敏感肌さんの中でも、炎症が起こりやすく赤ニキビができやすい人におすすめ。マイルドピーリング成分「AHA」も配合されているので、ニキビ跡ケアにも◎です。

また、無香料、無着色、ノンコメドジェニックテスト済といった肌にやさしい処方も嬉しいですね。

*全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

楽天で見てみる

さらにスペシャルケアで、ニキビ肌にピッタリの美容液を使ってみませんか?こちらの記事で紹介しています。

乾燥肌ニキビのスキンケア方法Q&A

ここでは、間違えやすい乾燥肌ニキビのスキンケア方法についてをチェック。

あなたも間違ったスキンケアを行っていないか、日頃を思い返しながら読み進めてみてください。

化粧水と保湿クリーム、両方必要?

両方必要です。乾燥肌は水分も油分も足りていない状態なので、化粧水で水分、保湿クリームで油分を補充することでニキビのできにくい肌環境へと整えられますよ。

ニキビには油分がNGといったイメージがありますが、乾燥肌さんはそもそも水分も油分も足りていないのがニキビの根本的な原因となっていることを忘れてはいけません。

また、たとえ皮脂が多いインナードライでも、保湿クリームは必要。油分を外から補ってあげることで、乾燥から起こる過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

そのほか、比較的肌がべたつきやすい夏も保湿クリームは使いましょう。

乾燥といえば秋冬のイメージが強いですが、夏もまた紫外線や汗など、肌のバリア機能を低下させる要因が多いので、油断は大敵と心得てくださいね。

ニキビにはやっぱり薬用化粧品?

一概に薬用だから良いとも悪いとも言えません。ものによっては乾燥を悪化させるものがあるためです。薬用を選ぶなら抗炎症作用配合・高保湿の化粧品を選ぶようにしましょう。

乾燥肌のニキビにパックは効く?

ニキビ予防には◎、すでにできてしまっている炎症ニキビには×です。

乾燥肌の対策として、お肌に潤いを与えるパックを使用時間を守り、適切に使うのはOK。

また、毛穴対策に剥がさない、乾燥しないタイプのクレイパックもおすすめです。

ただし、炎症ニキビができているときには、パックの成分やシートそのものが刺激になり、炎症を悪化させてしまう恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

ピーリングでニキビは治る?

皮膚科で行う場合は効果的だと言われています。ただ、自己判断の上で行うのは、ニキビや乾燥が悪化する恐れがあるのでおすすめできません。

乾燥肌はターンオーバーが通常よりも早くなってしまっている恐れがあるので、ターンオーバーを更に早めてしまいかねないピーリングは使いどころが難しいのです。

ニキビケアに重要なのって洗顔じゃないの?

乾燥肌のニキビケアに最重要なのは、乾燥させないことです。そのため、洗浄力の高い洗顔料を使ったり、ゴシゴシと洗顔してしまうのはNG。一時的に毛穴汚れがスッキリしても、更なる乾燥を招いてしまう恐れがあります。

乾燥肌さんの毛穴汚れや詰まりは、肌環境が整ってくることで自然と解決していきます。

無理に汚れをかき出そうとするのではなく、肌に優しい洗顔&保湿を心がけてください。

乾燥肌ニキビの薬を使った治し方

ここでは、乾燥肌のニキビケアに使える市販薬の選び方や注意点を見ていきましょう。

市販の塗り薬の効果

市販の塗り薬はスキンケア商品と違い、ニキビの赤みや炎症を抑える効果、アクネ菌を殺菌してニキビの進行を抑える効果に特化しています。

そのため、ニキビの悪化や長期化を防ぎ、ニキビ跡予防にも効果を発揮してくれます。

ただ、スキンケア商品よりも効果が強いため、使い方や肌質によっては、かえって乾燥など肌荒れを招いてしまう恐れもあることは知っておきましょう。

ペアアクネクリームW

Source: アマゾン

『ペアアクネクリームW』は、抗炎症成分と抗菌成分が配合されていて、白ニキビだけでなく化膿してしまったニキビにも効果を発揮してくれます。

ただし、アルコールなど肌を乾燥させる成分も配合されているので、ニキビができていない箇所には使用しないようにしましょう。

テラ・コートリル

Source: アマゾン

第2塁医薬品に分類される『テラ・コートリール』は、比較的、皮膚科で処方される薬に近く、肌に比較的優しいとされるステロイド剤「ヒドロコルチゾン」が配合されています。

この成分は抗炎症作用を持ち、化膿ニキビに効果的ですが、長期使用は肌のバリア機能を低下させてしまう恐れや、ステロイドざ瘡というニキビができる副作用もあるので、注意してください。

使い方の注意点

薬を使う前に知っておきたいこと

  • 出来たニキビを治すものであり、予防するものではない
  • 市販薬であっても購入前には薬剤師に相談する
  • 有効成分や薬効を熟読し、その目的以外には使わない
  • 大量のニキビは皮膚科で診てもらう

ニキビ薬を使う上で、まず、知っておきたいのが、薬はあくまで対処療法だということ。

予防のために使ったり、抗炎症の薬なのに炎症していない白ニキビに使うなど、本来考えられている用途以外で使うことは避けてください。

中には、「ネットで紹介されている本来とは違う使い方が人気だから……」と試してしまう人もいますが、薬は化粧品よりも効果が高い分、思わぬ副作用を招く恐れもあるので、とても危険です。

また、ときどき出来るニキビに市販薬で対処するというのはOKですが、大量のニキビが顔中に発生など、明らかに普段とは違う肌状態のときには、自己判断せず、すぐに皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

ニキビ跡はニキビ薬では治らない

undefined
あっきー
ニキビは毛穴が詰まりコメドができること、ニキビ跡は炎症ニキビにより肌に傷ができてしまった状態を指します。
undefined
はるこさん
それぞれ原因が違うので、炎症を抑えたり、菌の増殖を防ぐニキビ薬は、ニキビ跡にはなんの効果ももたらしてくれれないの。

また、ニキビ跡は深くなればなるほど、真皮層といって皮膚の奥深くまで細胞が傷つけられてしまいます。

こうなると、皮膚科でレーザーを当てるなど、本格的な治療を行わないことには治すことが難しくなってしまいます。跡になる前に適切に薬を使ってニキビを悪化させないようにしましょう。

乾燥とニキビを悪化させる隠れた原因

乾燥肌とニキビは、スキンケアだけでなく、こんな毎日の習慣にも悪化させる原因が隠れているものなんです。

ひとつずつ、少しずつでも、悪習慣を断ち切り、健康で美しい肌を目指しましょう!

睡眠不足

睡眠不足は脳に大きなストレスを与え、体の調子や心の調子を司る自律神経のはたらきを妨害してしまいます。

自律神経のはたらきが悪くなると、血行不良や女性ホルモンの分泌阻害など、肌に必要な栄養がいきわたらなくなり、肌の状態が悪くなる原因に……。

睡眠不足はただ睡眠時間が少ないだけでなく、体内リズムが狂うことでも起こるので、なるべく毎日同じ時間に寝て、起きる生活をするよう心がけましょう。

偏った食生活

スイーツやスナック菓子の食べ過ぎなどももちろん肌にはNGですが、ダイエットのためといって、お肉を避けて油脂やたんぱく質が足りなくなってしまうのもNG。

油脂もたんぱく質も、皮脂やセラミド、コラーゲンといった保湿因子の材料になるからです。

ダイエットをするのであれば、単純に品数を減らすのではなく、バランスの取れた食事で食べすぎないことを心がけるようにしましょう。

喫煙やアルコール

タバコを吸うと体内のビタミンCが、お酒を飲むとアルコールを分解するためにビタミンB群がそれぞれ大量に消費されるほか、どちらも活性酵素を体内に発生させてしまいます。

これらはどれも、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因

アルコールに関しては適度であればそこまで問題ないと言われていますが、適量は人によって違いがあるので、そこを弁えることと、空きっ腹で飲まないなど肝臓への負担を考えて楽しむようにしましょう。

紫外線

紫外線による日焼けは肌の炎症によって起こるもの。

炎症を起こした肌は乾燥が進みますし、すでにニキビができているなら、アクネ菌の活動を活発化させ、炎症を悪化させることにも繋がります。

美白だけでなく、ニキビ予防のためにも、「日焼け止めを塗る、一定時間ごとに塗り直す、帽子や日傘を上手に使う」などして、紫外線からお肌を守るようにしましょう。

ストレス

脳はストレスを感じると、女性ホルモンの分泌を低下させ、代わりに男性ホルモンを多く分泌させます

これはストレスに対抗するための防衛本能の一貫ですが、男性ホルモンには皮脂を増やし、皮膚を厚くするはたらきがある上、肌の水分維持に役立つ女性ホルモンが減れば、乾燥肌もニキビも悪化させる原因に。

ストレスをゼロにすることは難しいので、溜め込まないことを意識して、日頃から積極的にストレスを解消できることに取り組むようにしましょう。

潤いケアで目指せつるっと肌♪

ニキビケアといえば、よく洗う、よく皮脂を取るといったイメージが強いですが、”乾燥肌✕ニキビ肌”なら、何よりも潤いケアが大切。

くり返す大人ニキビに悩んでいるなら、今の自分のスキンケアは保湿が十分かどうかを改めて考えることから始めてください。

この記事を読んで、今のあなたに本当に必要なスキンケアが分かったなら、潤いたっぷりニキビができないつるっと肌に着実に近づいたはずですよ♪

【乾燥肌のニキビにおすすめ化粧品3選】へ戻る

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事