背中の白ニキビの原因や治し方~改善しないならマラセチア毛包炎かも

気がつけば背中に白ニキビ!どうしてできるの?

ニキビというと顔にできるイメージが強いですが、実は体にもできることがあるって知ってましたか?中でも厄介なのが背中にできる白ニキビ。対処が難しい上に、一度できると再発しやすいとも言われています。時には、うっかり潰して悪化させてしまうこともあるかもしれません……。自分では直接見ることはできませんが、服を脱いだ時や薄着の季節には人の目が気になるところ。背中に自信を取り戻すために、ニキビができるメカニズムを知って適切な対処をしていきましょう。

背中に白ニキビができる原因

ふと気がつくと背中にできている白ニキビは、いったい何が原因となって発生するのでしょうか。考えられる原因をご紹介していきます。身に覚えのあるものがないか、確認してみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、生理前に集中して背中ニキビができるのであれば、原因として考えられるのはホルモンバランスの乱れです。女性の体内では「エストロゲン」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という二つのホルモンが分泌されており、この二つが常にバランスを取り合っています。しかし、生理前後にはプロゲステロンの分泌量が増えることによりバランスが崩れ、皮脂量が増えることによりニキビができやすくなると言われています。

また、月経周期に関係なく、ストレスが原因となってホルモンバランスが乱れることもあります。過剰なストレスによって体内の機能を司る自律神経が乱れ、男性ホルモンの分泌量が増えるとされているのです。

肌の乾燥

ニキビと乾燥は一見無関係に思えますが、実は背中ニキビには乾燥が関係していることが多いです。背中は顔などに比べて角質が厚い場所であるため乾燥しやすく、何のケアもせずにいればどんどん肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると角質が硬くなり、同時に皮脂が排出されるはずの毛穴が細くなってしまうとのこと。出口が小さくなれば、たとえ皮脂の分泌量が少なかったとしてもすぐに詰まってしまいます。その結果ニキビの元となり、普段ケアをしていなければこの悪循環の繰り返しです。フェイスケアには保湿が欠かせないのと同様、背中に潤いが足りないのはニキビの原因にもなりかねません。

お手入れ不足

背中は扱いづらい部分ではありますが、だからといってお手入れをサボってはいませんか?顔や他の部位と同じように、背中も相応のケアが必要です。特にお風呂上がりなどは、もともと乾燥しやすい背中には十分な保湿が必要不可欠。「届かないからしょうがない」と言って何もせずにいては、白ニキビがどんどん増えてしまうかもしれません。ニキビができにくい環境、つまり健康な肌にするためには、毎日しっかりとお手入れをする必要があります。「背中にニキビがよくできるけどケアはあまりしていない」という人は、原因としてお手入れが不足していることを疑ってみましょう。

なお、その他には以下のような原因も考えられます。

  • 摩擦や汗などによる刺激
  • シャンプーや石鹸のすすぎ残し
  • 洗剤や柔軟剤の成分によるもの

背中の白ニキビを治す方法

背中にできた白ニキビは、悪化しないうちに治すことを心がけましょう。繰り返し何度もできる 場合は、原因を見つけて対処することも必要です。

スキンケアで治す

まずはスキンケアを見直してみましょう。背中に対してなるべく刺激を与えず、なおかつ徹底したケアをすることが大切です。

背中の清潔を保つ

お風呂に入った時、背中をきちんと洗えている人は少ないのではないでしょうか。背中を洗う時に気をつけたいのは、毛穴までしっかり洗うように意識することです。ボディソープがついたタオルや手でさっと拭くように洗うだけでは、汚れは取り除けません。しかし、だからと言ってゴシゴシ擦るように洗うのは逆効果!白ニキビにとって摩擦や刺激は大敵です。刺激により炎症を起こしてしまえば、跡として残ってしまうことも考えられます。
背中を洗う時は、洗浄力の強い石油系の合成界面活性剤などが使われているものではなく、なるべく無添加の石鹸を選ぶと良いでしょう。それをきめ細やかな泡になるまでしっかり泡立てて、撫でるように洗うことで汚れを取り除くことができます。
また、背中の汚れで考えられるのは「汗」です。かいた汗を放置しておくと、雑菌が繁殖しニキビの原因となることがあります。これを防ぐためには、こまめに汗を拭き取ることが大切です。ウェットティッシュなどを用意しておくのも良いかもしれません。

保湿ケアに重点を置く

お風呂で背中をきれいに洗った後は、保湿ケアを十分に行いましょう。保湿に使うアイテムは、顔用のものではなくボディ用のものが好ましいです。中には背中専用の保湿剤も販売されているので、困ったら専用化粧品を選べば間違いないでしょう。
ちなみに、油分がたくさん含まれている保湿剤を使うのはあまりおすすめできません。保湿は十分にできそうにも感じますが、過度な油分によってニキビが悪化するおそれがあるためです。

適度な角質ケアを取り入れる

背中の角質に対して何のケアもせずにいると、皮脂と混ざり合い角栓になってしまうことがあります。これは当然、ニキビの原因にもなるもの。そんな状態を防ぐためには、無理の無い程度の角質ケアをするのが効果的でしょう。

背中の汚れを効率よく落とすには、先に肌を柔らかくしておくのが良いとされています。先に湯船に浸かって体を温めてから洗うことで汚れが落ちやすくなるそうです。毎日でなくてもかまいませんが、定期的に角質ケアとして実践してみると良いかもしれません。
また、角質や角栓を取り除くにはピーリング剤を使ってみるのもおすすめです。ジェルや石鹸など、その種類は様々。一人で難しい場合は家族に手伝ってもらうなどして、きれいな背中を手に入れましょう。

シャンプーは体を洗う前に行う

体を洗ってからシャンプーをすると、せっかくきれいに洗った背中にシャンプー剤が付着してしまうことになります。しかも、すすぎ残しがあればそれがニキビの原因になることも……。シャンプーをしてから体を洗えば、もしシャンプーのすすぎ残しがあったとしても石鹸で洗い流すことができます。もちろん、石鹸のすすぎ残しもないように注意しましょう。「背中は最後の砦」と覚えておくと良いかもしれません。

食べ物で治す

ニキビには、普段食べている食べ物も大きく関係しています。過剰な皮脂分泌はニキビの原因にもなりますが、脂っこい食べ物ばかり食べていてはその脂肪分がさらに皮脂となって分泌されることになってしまいます。揚げ物やスナック菓子などをよく食べている人は要注意です。また、同じく皮脂の分泌を促進させるものとして糖質も挙げられます。炭水化物やお酒などの過剰摂取には十分に注意しましょう。
ニキビを治すのに効果的とされる栄養素と、それらが多く含まれる食べ物は以下のとおりです。

栄養素多く含まれる食べ物期待できる効果
ビタミンA 
  • うなぎ
  • ほうれん草
  • にんじん
肌のターンオーバーの促進
ビタミンB群
  • 豚肉
  • にんにく
  • ごま
糖質の代謝効果
ビタミンC
  • 緑黄色野菜
  • いちご
  • みかん
  • 抗酸化作用
  • 皮脂分泌抑制
ビタミンE
  • かぼちゃ
  • ナッツ類
  • 血行促進
  • ホルモンバランスを整える
水溶性食物繊維
  • 海藻類
  • 玉ねぎ
  • 山芋
便秘解消効果
コラーゲン
  • 鶏皮
  • ゼリー
老廃物を取り除く
ミネラル
  • 海藻類
  • 乳製品
  • にぼし
新陳代謝の促進

これらを積極的に摂りながら、バランスの良い食生活をすることを心がけましょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスは、ちょっとしたことでも簡単に乱れてしまいがちです。一番気をつけたいのは、ストレスです。ある程度ストレスがたまってしまうのは仕方がないことですが、それをしっかり発散することを心がけましょう。体を動かしたり、湯船に浸かったり、どんな方法でもかまいません。
また、毎日規則正しい生活をするということも大切です。夜更かしなどはもってのほか、毎日決まった時間に起床・就寝することを心がけることで、必要以上にホルモンバランスが乱れるのを防ぐことができるはずです。

睡眠時間をしっかりキープする

スキンケアにおいて、睡眠不足は大敵です。それは顔だけでなく当然、背中のケアにも言えることです。肌は本来睡眠中に、日中受けたダメージを回復すると言われています。それなのに睡眠時間が短ければ、回復すべき部分も回復できないまま。毎日睡眠不足であればそんな状態が毎日続くことになるので、肌にはどんどんダメージが蓄積されていってしまうのです。
また、睡眠不足になることでストレスがたまると、男性ホルモンが過剰に分泌されてニキビができやすくなるとも言われています。すでにあるニキビを治すためにも予防するためにも、睡眠時間はなるべくしっかりと確保しましょう。

紫外線対策をする

紫外線はニキビに対する刺激となり、悪化させてしまう原因でもあります。「背中は日が当たらないから大丈夫!」と油断している人もいるかもしれませんが、紫外線をあなどってはいけません。薄着をしていれば肌に紫外線が当たることも考えられますし、服を着ていてもその素材が綿であれば紫外線を通してしまいます。そのため、あらかじめ背中にも日焼け止めをきちんと塗っておくか、紫外線をカットしてくれる服を選んで着るなどの工夫が必要になるでしょう。

ニキビが炎症してしまったときの治療法

「白ニキビ」と「黄ニキビ」。見た目が似ているためよく間違われやすいのですが、実際には全く違います。 簡単に言えば、白ニキビはただ毛穴に皮脂が詰まっただけの状態。それに対して黄ニキビは、白ニキビが炎症を起こし、膿を持っている状態のニキビのことです。黄ニキビになるとはっきりと黄色(白)くなっているのが分かり、その周りはうっすら赤くなっていることもあるでしょう。
ニキビは基本的には、「白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ」という順に変化していきます。つまり、黄ニキビは最も危険な状態と言っても過言ではありません。そんな状態になってしまった背中ニキビは、どのように治療すれば良いのでしょうか。その方法についてご紹介します。

抗炎作用の化粧品を使う

炎症してしまった場合、無理に触ると悪化したり跡になってしまったりする可能性があります。そんな時には、抗炎作用のある化粧品で炎症を抑えましょう。初期段階であれば、それだけでニキビ自体が治ることもあるようです。継続しての使用はあまりおすすめできませんが、いざという時のために用意しておくと安心かもしれません。

ニキビ薬で治療

顔にニキビができた時と同じように、ニキビ薬を使って治療を試みてみるのも良いでしょう。市販薬でもかまいませんが、それよりもおすすめなのは病院で処方されるニキビ薬です。診察を受けた上で処方される薬であれば、背中ニキビにもダイレクトにアプローチできるはずです。「たかがニキビで」と思うかもしれませんが、すぐにでも治したい、跡を残したくないという人にとっては有効な手段であると言えるでしょう。

背中のニキビケアにおすすめ商品8選

背中のニキビは、甘く見ずにきちんとしたケアをすることが大切です。繰り返す厄介な背中ニキビに悩まされている人にもおすすめなアイテムをいくつかご紹介します。ぜひ、自分にぴったりの商品を見つけてみてください。

石鹸のおすすめ

どろあわわ

Source: アマゾン

どろあわわは、もっちりとした濃厚な泡が特徴の洗顔料です。2種類の泥を有効成分として配合しており、毛穴の奥の汚れまでも吸着して落としてくれるとのこと。顔だけでなく、背中のニキビケアとしても効果が期待できます。なお、確かな洗浄力を持ちながらも肌に本来必要な潤いはキープ。それどころか、コラーゲンヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に配合されているので、保湿効果もばっちりだそうです。白ニキビの時点でどろあわわでケアすることで、それ以上の炎症を防ぐことができるでしょう。
商品情報

  • 容量:110g
  • 価格:2,980円(税抜)

どろあわわ

ビーグレン-クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは、その名の通りクレイタイプの商品です。クレイは肌に少ない刺激で洗うことができるので、ニキビケアにもぴったり。泡立ちは少ないものの、優しくくるくると洗うと汚れをしっかり吸着して落とすことができるそうです。皮脂を取りすぎる心配もなく、洗い上がりはしっとり。乾燥肌や敏感肌に悩む人でも、安心して使うことができます。
商品情報

  • 容量:150g
  • 価格:4,104円(税込)

ビーグレン-クレイウォッシュ

ローションタイプのおすすめ

メルシアン

Source: 公式サイト

逆さにしても使える、スプレータイプのローションを吹きかけるだけの簡単ケアがメルシアンの魅力です。水のようなさらっとしたテクスチャながらも、その保湿力は抜群。ベタベタとした不快感はなく、しっとりとした潤いをキープすることができるそうです。有効成分として注目なのは、ニキビを抑える効果があるとされるグリチルリチン酸2K。肌に刺激になることもなく、敏感肌でも問題なく使用できます。
商品情報

  • 容量:60ml
  • 価格:8,240円(税抜)

メルシアン

クリアボディローション

Source: アマゾン

シュッとひと吹きするだけで乾燥しがちな肌の調子を整えてくれるという、魅力的なアイテムです。毛穴に働きかけるため、繰り返しできてしまいがちな白ニキビの予防に効果的とのこと。また、配合されているグリチルリチン酸ジカリウムによって、すでにできてしまっているニキビのケアもできるそうです。逆さにしてもスプレーができるので、背中でもどこでも楽に塗布することが可能です。
商品情報

  • 容量:215ml
  • 価格:1,404円(税込)

クリアボディローション

ジェルタイプのおすすめ

ジッテプラス

Source: 公式サイト

アクシア-トリプルヒアルロン酸という独自成分の配合により、高い保湿力を実現している商品です。肌の表面だけでなく、角質層の奥まで届く美容・保湿成分がたっぷり入っています。また、水分と油分の絶妙なバランスにより、乾燥知らずの肌を作ることができるとのこと。今あるニキビに対して働きかけるだけでなく、白ニキビの予防効果も期待できます。同時にメラニン生成を抑えることもできるそうなので、シミやニキビ跡が気になる人にもおすすめです。
商品情報

  • 容量:60g
  • 価格:6,980円(税込)

ジッテプラス

ルフィーナ

Source: 公式サイト

合成着色料や合成香料などは一切使用されていない、無添加のニキビケアクリームです。今あるニキビに対してはグリチルリチン酸が持つ抗炎症作用が働きかけ、炎症を抑える効果が期待できるそうです。また、ルフィーナには高い保湿効果を誇る「シロキクラゲ」と「低分子コラーゲン」が配合されています。肌の深層部まで十分な保湿作用を届けることによって、乾燥を防ぎ、ニキビの予防にも繋げることができるでしょう。
商品情報

  • 容量:60g
  • 価格:9,720円(税込)

ルフィーナ

サプリのおすすめ

きらりのおめぐ実

植物由来の成分のみを使い、安全・安心にこだわったサプリメントです。ビフィズス菌や天然オリゴ糖をはじめとする7種もの有効成分が、内側から肌の調子を整えてくれるとされています。商品名の通り、自然からできた「実」として考えられ作られた商品。自然の力で肌自体を変えてニキビ対策をしたいという人におすすめです。
商品情報

  • 容量:90粒
  • 価格:10,800円(税込)

きらりのおめぐ実

緑の知恵

外側からどれだけケアをしても効果が見られない……という時には、このサプリで内側からケアしてみてはいかがでしょうか。製薬会社の研究により生まれた自然由来のサプリなので、安心と確かな効果が期待できます。4種類のビタミンが配合されており、食事で摂りにくい栄養素も補うことが可能です。ニキビができにくい体づくりにぜひ取り入れてみてください。
商品情報

  • 容量:90粒
  • 価格:5,400円(税抜)

緑の知恵

治らない背中ニキビはマラセチア毛包炎を疑って

「どれだけケアを頑張っても全然治らない!」という場合は、ただのニキビではなく「マラセチア毛包炎」という病気かもしれません。化粧品やサプリでも効果が見られない場合は、マラセチア毛包炎を疑ってみましょう。

マラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎

ニキビは、アクネ菌が原因となって引き起こされるというのが一般的な認識だと思います。しかし、体にできるなかなか治らないニキビは、マラセチア菌という菌によって引き起こされるマラセチア毛包炎である可能性があります。マラセチア菌はなんとカビの一種。背中を不潔な状態にしていたり、皮脂分泌が多かったりすると発症することが多いようです。アクネ菌と同様、皮膚に存在する常在菌ではありますが、免疫力が低下しているとマラセチア毛包炎を発症しやすいとのこと。免疫力は、体を温めたり腸内環境を改善したりすることで高くすることができるとされています。
マラセチア毛包炎の場合、症状がある程度進んだとしても、ニキビとは違って痛みなどを感じることは少ないとされています。そのため、背中ニキビと間違えるどころか、存在にすら気づかないということもあるかもしれません。

マラセチア毛包炎は皮膚科で治療

マラセチア毛包炎になると、自然治癒は難しいと言われています。そのかわり、病院で適切な治療をすれば完治はしやすいとのこと。背中ニキビではないことに気づいたら、自力で治そうとするのではなく素直に病院に足を運びましょう。病院での治療法は主に以下の三つです。

塗り薬

マラセチア毛包炎の治療で処方される塗り薬は「ニゾラール」が多いようです。これは抗真菌剤の一つで、1〜2ヶ月間塗り続けることで徐々に改善が期待できるとのこと。注意点としては、必ずマラセチア毛包炎に対してだけ塗布することです。誤って普通の背中ニキビに対して使用すると、症状が悪化したり跡が残ってしまったりすることがあるとされています。マラセチア毛包炎になっている部分は事前によく確認しておきましょう。

抗生物質

塗り薬で症状が改善しない場合には、マラセチア菌を抑えるために抗生物質が処方されることもあるようです。ただし、普通のニキビの治療に使用する抗生物質とは異なるものです。自己判断で使用したりしないように気をつけましょう。

ケミカルピーリング

炎症が起きている部分に特殊な薬剤を塗布することで、肌のターンオーバーを促す方法です。皮脂が詰まっている場合には有効な方法であると言えるでしょう。また、マラセチア毛包炎による色素沈着を解消するためにケミカルピーリングが用いられることもあるようです。古い角質を除去し新しい肌に入れ替えることによって、徐々に正常な状態の肌に戻すことができるとのこと。

背中もマメにチェックしてニキビの早期対策を

ニキビに気をつけるべきなのは、顔だけではありません。普段あまり見えない背中も、ぬかりなくチェックしましょう。もしもニキビができたとしても、早い段階で対策をすれば悪化したり跡に残ったりすることはありません。予防のためにも、毎日丁寧なケアを心がけましょう。

顔のニキビも同時にケアしたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね!