パックの効果を高める使用タイミングはいつ?工夫2点で悩み改善を

パックの効果的なやり方を知りたい!

お肌へのプチ贅沢と言えばやっぱり「パック」ですよね。しっかり働いた金曜日の夜、せっかくだからちょっと高級なパックを使ってみようなんて時にふっと思うのが「どうすれば効果を最大限に発揮できるの?」という疑問。そんな疑問にお答えすべく、効果に応じたパックの選び方から、パックを効果的に使うコツ、そしてお肌のお悩みに応じたおすすめのアイテムまで一挙ご紹介いたします!

シートパックの効果から見る選び方

保湿効果で乾燥改善

– セラミド配合のものを選ぶ

パックによって保湿効果を得たいのであれば、まずチェックしておきたいのが「セラミド」を配合しているのかどうか。セラミドとはお肌の一番上の層である角質層に含まれる成分。お肌の細胞間を埋める役割と、水分を保持して角質層に潤いを与える役割を担っています。そんなセラミドは年齢と共に減ってゆくことが多いので、セラミド配合のパックで、お肌の表面からセラミドを補ってあげることが大切なんです。

– ヒアルロン酸配合のものを選ぶ

セラミドと共に注目したい成分が「ヒアルロン酸」。こちらの肌細胞の隙間を埋めて、水分を保つ成分。セラミドが活躍する角質層の、1段下の層の細胞間を埋めるのがヒアルロン酸の役割です。こちらもやはり年齢と共に減少してゆく運命ですので、パックによって補うことが乾燥の改善には大切なんです。

美白効果でシミくすみ改善

– ビタミンC誘導体配合のものを選ぶ

美白・美肌効果を目指すのであれば、必ず注目しておきたいのが「ビタミンC」。ありきたりな成分ですが、美白・美肌とは切っても切れない大切な成分なんです。というのもビタミンCはシミやくすみの原因であるメラニンの生成を抑える性質があるんです。ビタミンCの役割はそれだけではありません。コラーゲンの生成を促進してくれるため、お肌のハリ・ツヤにも効果的。お肌を白く・美しく再生してくれるんです。パックだけでなく、食べ物による摂取も効果的ですよ。

– アルブチン配合のものを選ぶ

美白を目指す際、ビタミンCと共に注目したい成分が「アルブチン」。美白効果があるということが厚生労働省によっても認められている成分なんです。こちらの役割もビタミンC同様にメラニンの生成を抑えてくれます。そんなアルブチンはコケモモなどの植物から抽出されることも多く、そういった点でも安心して使うことができるんです。

エイジングケア効果でハリツヤを

– 抗酸化成分配合のものを選ぶ

エイジングケアで欠かせないワードが「抗酸化作用」です。老化の原因の一つと考えられている活性酸素による細胞の酸化(鉄が錆びる作用と同じ作用)。そんな酸化に抗うのが抗酸化成分です。抗酸化成分にはプラセンタやカテキン、大豆イソフラボンなどがあります。そういった成分が含まれているのかが、アンチエイジング用のパックを選ぶポイントとなってきます。

– コラーゲン生成促進成分のものを選ぶ

お肌のハリに注目するのであれば、やはり「コラーゲン」は欠かせません。コラーゲンはアミノ酸が合成してできたお肌のハリを支える成分のこと。その生成を助けてくれるビタミンCといった生成を促進する成分を配合しているものをチョイスしましょう。ちなみにコラーゲン自体を皮膚に塗っても、お肌には吸収されませんので、あくまでも生成促進成分が含まれているというところがポイントです。

抗炎症効果でニキビ改善

ニキビケア用のパックを探している場合に注目したいのが「抗炎症作用」。そもそもニキビとは毛穴の奥に皮脂が詰まり、炎症を起こしてしまった状態のこと。ニキビを改善するためには、まずはその炎症を抑えてあげる必要があるんです。ニキビ用のパックを謳っている商品であれば、通常は抗炎症成分が含まれていますが、選ぶ際にチェックしてみてください。ニキビが出来ている時に、通常のパックを使用してしまうと、思わぬ肌トラブルに繋がることもありますので、あくまでもニキビ対策用のパックを選択するようにしてくださいね。

はるこ先生
パックの効果を最大限に発揮するためには、そもそもの目的をはっきりさせることが重要なんです。自身が目指すお肌の状態をまずは確認して、それに見合った成分が配合されている商品を選んでください。続いてはパックの効果をアップするためのテクニックをご紹介します。

パックの効果アップを狙う工夫2点

少し温めて使う

冷蔵庫で冷やしたパックをお風呂上りに……。確かに気持ちいいのですが、パックの効果を発揮するためには場合によっては逆効果。というのも、冷たさでお肌が引き締まってしまい、有効成分の浸透を妨げてしまうことがあるんです。しっかりと浸透させるためには、パックを少しだけ温めて使うのが効果的。袋に入ったままの状態で、お風呂のお湯などにつければちょうどよく暖まりますよ。ただし、加熱しすぎると思わぬ事故の元ですので、レンジでチンなんてことはやめてくださいね。

ラップを上から密着させる

パックをよりお肌に密着させるためのテクニックとして、パックの上からラップで覆うという方法もあります。パックからの蒸発を抑え、保湿しつつ、成分がしっかりとお肌の方へと向かってゆきます。顔全体をラップで覆ってしまうと息ができませんので、気になる部分の上にラップで密着するようにしてください。

パックの効果をあげるための注意点

頻度は週1〜2回を目安にする

お肌の状態を整えてくれるパックですが、頻度は週に1~2回程度で十分とされています。というのもパックには有効成分がたっぷりと入っているため、毎日のように使用してしまうと、お肌が栄養過多な状態になってしまうんです。それはご飯の食べ過ぎが身体に良くないのと同様です。また連日のパックによってお肌を甘やかしすぎると、本来持っている力も損なわれてしまいます。週末のお楽しみくらいに思っておくことが肝心なんです。ただし例外もあり、韓国の1日1パックや化粧水パックなどは連日行っても問題ありません。

毎日行うと良くないと言われる理由は?

パックには通常たっぷりの有効成分が含まれています。毎日のように使ってしまうとお肌が栄養過多の状態になってしまうんです。思わぬ肌トラブルに巻きもまれないためにも、週1~2回を目安にしましょう。

パック時間は指定時間を守る

お肌に良い成分が含まれているパック。できるだけ長い時間つけておいた方が良さそうな気もしますが、実はそうではありません。パックをしている間、お肌にとっては非日常的な時間です。あまりに長い間つけていると肌呼吸などの妨げにもなってしまいますし、パック自体が乾燥してお肌までつられて乾燥してしまうなんてことも起こりえます。あくまでも指定の時間を守って使うことが大切なんです。

タイミングはお風呂上がりすぐ行う

効果をしっかりと発揮するためには、タイミングも重要です。理想のタイミングはお風呂上りすぐ。お肌が清潔な状態になっていますし、お風呂の蒸気で程よくあたためられ、有効成分が浸透しやすい状態になっているからなんです。お風呂のタイミングでパックを暖めておけば、一石二鳥です。

パックが効果がないと言われる理由は?

お肌に有効な成分をしっかりと含んだパックですが、お肌の状態によっては合わない場合もあり得ます。とはいえ、自身の状態に合わせたパックを選んで、正しい使い方をすればそれなりの効果は得られますよ。

【目的別】おすすめの顔パック

毎日使える化粧水がわりのパック

– ルルルンシリーズ

なんだかお肌がお疲れ気味で、毎日お化粧水代わりにパックが使いたいという人におすすめのルルルンシリーズ。3種類のパックが用意されていますが、それぞれの特徴は以下の表のようになっています。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
ルルルンコメセラミド薄めしっとり化粧水代の代わりにパックがしたい
青のルルルンリピジュア
ヒアルロン酸
グリセリルグリシド
薄めしっとり◎乾燥気味の人
白のルルルンビタミンC誘導体
植物エキス
薄めさっぱり◎美白効果を狙いたい人

それぞれ特徴が全く異なりますので、お肌の状態に合わせて選択する事が重要です。こちらの商品は連日使うことを想定していますので、大量に入ったお得なセットが売られているのもポイントの一つです。

ご購入はこちらから

– クオリティファースト|オールインワンシートマスクモイスト

同じく連日化粧水代わりに使いたいという要望のためにつくられた商品が「クオリティファースト|オールインワンシートマスクモイスト」です。早速特徴をみてみましょう。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
クオリティファースト
オールインワンシートマスクモイスト
ベビーコラーゲン
ヒアルロン酸
セラミド・レシチン
ビタミンC誘導体
厚め非常にしっとりお肌をしっかりと潤したい

お肌の潤いを保つために、様々な有効成分が含まれているのがこちらの商品の特徴。お肌をしっかりと潤したいという人向けのアイテムとなっています。同シリーズにはエイジングケア向けのアイテムや、美白のためのアイテムなどもありますので、目的に合わせてお選びください。

ご購入はこちらから

美白効果が期待できるパック

– ドクターシーラボ|フォトホワイトC薬用ホワイトニングマスク

積極的に美白効果を狙いたいという人に大人気のアイテムがドクターシーラボの「フォトホワイトC薬用ホワイトニングマスク」です。まずはその中身についてチェックしてみましょう。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
ドクターシーラボ
フォトホワイトC薬用ホワイトニングマスク
ビタミンC誘導体
MDIコンプレックス
しっかり厚めしっとり◎積極的な美白効果が欲しい

この商品の特徴の一つが水溶性のビタミンC誘導体を使っているということ。よりお肌に浸透しやすく、しっかりと美白効果を高めてくれます。またサメの軟骨から抽出したMDIコンプレックスを配合する事によって、お肌のハリにも効果を発揮してくれます。

ご購入はこちらから

– SK-Ⅱ|フェイシャルトリートメントマスク

同じく美白効果をしっかりと狙いたいという人におすすめのアイテムがSK-Ⅱの「フェイシャルトリートメントマスク」です。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
SK-Ⅱ
フェイシャルトリートメントマスク
SK-IIピテラしっかり厚めしっとりお肌本来の力を取り戻したい

SK-Ⅱならではの有効成分である「SK-IIピテラ」をたっぷりと配合しており、お肌本来の力をとりもどしつつ、美白・美肌へと導いてくれるアイテムです。さすがはSK-Ⅱと言わんばかりの贅沢なアイテムですので、週末の夜などにのんびりと贅沢な時間を過ごすのにもおすすめです!

ご購入はこちらから

エイジングケアにぴったりのパック

– EGF|ディープモイストマスク

様々な有効成分をたっぷりと配合しているということで大人気のエイジングケア用パックが「EGF ディープモイストパックです」。まずは早速その有効成分についてチェックしておきましょう。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
EGF
ディープモイストマスク
EGF
プラセンタ
プロテオグリカン
セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン
濃縮酵母エキス
アルブチン
シルク
プラチナ
しっかり厚めしっとり・もっちりしっかりとコシのあるお肌を取り戻したい
しっかりと潤したい
美白効果も欲しい

配合成分の欄が圧倒的なのが一目瞭然ですね。お肌にコシを与える成分、お肌にうるおいを与える成分、そしてお肌の透明感を高める成分から成り立っています。しっかりとエイジングケアをしたいという人の支持を集めているのも納得の内容ですね。

ご購入はこちらから

– 東洋新薬|フラビアマスク

同じくエイジングケア用パックで人気の商品が東洋新薬の「フラビアマスク」です。まずはその概要についてご紹介いたします。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
東洋新薬
フラビアマスク
フラビア厚め
※ナタデココシート使用
しっとりお肌をしっかりと潤したい

独自成分であるフラビアをたっぷりと配合しているのが特徴です。そしてもう一つの特徴がナタデココ繊維によるシートを採用しているというところ。極細繊維で形成されているため、お肌にしっかりと密着して、有効成分がお肌の隅々まで行き渡るのを助けてくれるんです。

ご購入はこちらから

ニキビがあっても使えるパック

– 肌美精|うるおい浸透マスクAD

ニキビが出来ている時には基本的にはパックを使わない方が良いのですが、もちろんニキビ対策用のパックというものも存在しています。その代表格が肌美精の「うるおい浸透マスクAD」です。それでは早速概要をチェックです。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
肌美精
うるおい浸透マスクAD
ビタミンC誘導体
グリチルリチン酸2K
緑茶エキス
厚めさっぱりニキビの炎症を抑えたい
ニキビ跡を治したい

ニキビ跡のケアにも効くビタミンC誘導体と炎症を抑えるグリチルリチン酸がポイントです。そしてニキビの原因の一つであるお肌の乾燥を抑えるための緑茶エキス成分も欠かせません。ニキビケアアイテムをお探しであればぜひトライしてみてください。

ご購入はこちらから

– PEC|スキンオペレーションシリーズマスク25

同じくニキビ用パックとして人気のアイテムが「PEC スキンオペレーションシリーズマスク25」です。シリーズで様々な商品展開をしていますが、マスク25はニキビの炎症を抑える効果に着目したアイテム。まずは概要についてご紹介です。

アイテム名配合成分シートの薄さ使い心地こんな人におすすめ
 PEC
スキンオペレーションシリーズマスク25
グリチルリチン酸2K
酢酸トコフェロール
厚めさっぱりニキビの炎症を抑えたい

グリチルリチン酸2Kと酢酸トコフェロールという二つの成分によってニキビの炎症を抑えてくれるのが特徴です。とりあえずは炎症を抑えたいという人はぜひトライしてみてください。

ご購入はこちらから

目的によってパックを効果的に使おう

パック特集、如何でしたか?パックを効果的に使うコツは何といっても目的をはっきりさせることです。自分にとってどんな成分が必要なのかをまずはしっかりと見極めてください。それさえできれば、あとはお風呂上りにほんのり温めたパックを使うのみです。お肌へのプチ贅沢と共に、ゆっくりと素敵な夜をお過ごしください♪