乾燥肌の保湿に顔マスクは逆効果?おすすめの対策を解説


マスクをして外したときは、なんだか肌がしっとりしている気がしますよね。そんな肌の感触から、「乾燥肌対策になりそう!」と思う人も多いようです。でも、マスクは使い方を間違えると乾燥肌にとって逆効果になってしまうことも。

この記事では、マスクと乾燥に関する情報について詳しくお伝えしています。

  • マスクをつけると乾燥するのは何故?
  • マスクは顔のにきびや肌荒れも招く
  • 保湿のためのマスクの選び方

このほか、マスク前の乾燥予防におすすめの保湿クリームも紹介。毎日マスクをつけている人、マスクをつけることが多い人は、是非参考にしてみてくださいね。

すぐに「マスク前の乾燥予防におすすめ保湿クリーム3選」を見たい人は、こちらからジャンプ♪

マスクで乾燥肌対策って実は逆効果?!

スッピン隠しや肌荒れを隠すためにマスクを着用していませんか?また、風邪などの予防で常にマスクをしている人は少なくないようです。

乾燥肌の人が常にマスクを着用していると、肌の状態が悪化して肌トラブルを引き起こす可能性があると言われています。

undefined
はるこさん
マスクをすると、肌を保湿できているように感じてしまうけど、実は乾燥肌を悪化させてしまうこともあるんです。
マスクによる乾燥を防ぐには、正しいマスクの選び方や使い方を知ることが大切です。
  • 医学書~雑誌まで読んだ書籍⇒30冊
  • 参考にした口コミの数⇒400件以上
  • 試した保湿クリームの数⇒約20種類 

今回は、乾燥肌を悪化させないためのマスクの正しい使い方や、マスクが引き起こす肌トラブルの原因などを私、編集長水野春子がお伝えします。さらに、乾燥肌をケアする方法も合わせて大公開。頻繁にマスクをつけている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マスクすると乾燥するのは何故?

マスクを着用すると、マスクの中に湿気が溜まることで「乾燥の対策が出来ている」と感じる人もいます。しかし、マスクの着用は知らない間に乾燥肌を悪化させる原因をたくさん作ってしまっているのです。なぜ、マスクの着用で乾燥肌が悪化するのかを考えていきましょう。考えられる原因をわかりやすくお伝えします。

バリア機能が低下し乾燥肌が悪化

長時間マスクを着用していると、マスクが肌への刺激になることでバリア機能が低下し乾燥肌を悪化させてしまう可能性があります。これは、マスクが肌に触れている部分が擦れることが原因だと考えられています。毎日、この状態を続けていると肌に大きな負担を与えて皮膚表面の角質が薄くなります。その結果、角質が傷ついて肌のバリア機能が低下してしまうのです。バリア機能が低下すると、角質の水分量が低下してどんどん肌が乾燥していく可能性があると言われています。

undefined
はるこさん
バリア機能が低下する原因はたくさんあります。マスクの着用によってバリア機能が低下する原因を見ていきましょう。原因を知ってより良い対策方法を考えることが大切ですよ!

角質がはがれやすくなる

長時間マスクを着用していると、マスクが触れている部分の角質が剥がれやすくなってしまいます。これはマスクの刺激によって角質層にまでダメージを与えてしまう事が原因です。マスクの紐の部分やフェイスライン、鼻周りは特に擦れて刺激を受けやすい場所なので注意をしましょう。角質層が剥がれるとバリア機能が低下して肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

undefined
はるこさん
角質が剥がれるとニキビや赤み、かゆみなどのさまざまな肌トラブルの原因になると考えられています。角質は肌の健康を維持する大切な役割をしているのです。

肌バリアが低下し乾燥も悪化

皮膚表面にある角質層は、肌の水分を保つ機能を持っています。この角質層が傷ついたり剥がれたりしてしまう事で、水分を保つことが出来なくなってしまうのです。

その結果、肌の水分量が低下して乾燥が更に悪化する可能性があると言われています。

外すときに肌を乾燥させる

マスクを着用している時には、呼気などが理由でマスクの中の湿度が高くなっているので肌の保湿が出来る場合もあります。しかし、だからといって乾燥肌の予防が出来ているわけではないことを忘れないようにしましょう。マスクを外すとマスクの中に籠っていた蒸気が一気に蒸発します。この時に肌に含まれている水分を一緒に蒸発させて乾燥を悪化させることもあるようです。

マスクが皮脂を取ってしまう

皮脂は、肌の乾燥を防ぐ役割をしています。また皮膚表面をコーティングすることで細菌の付着や繁殖を予防する効果があると言われています。

マスクを長時間着用していると、マスクに肌に必要な皮脂がつきどんどん皮脂が失われてしまう可能性があります。肌の水分や皮脂が取り除かれてしまう事でバリア機能が更に低下してニキビが出来やすくなったり乾燥が悪化するのです。

マスクが触れている部分が常に脂取り紙で皮脂を吸い取っているような状態になっていることが原因です。

マスクをして寝ると乾燥対策?正しい使い方

マスクが原因で乾燥や肌荒れが起きないように、肌への負担を軽減させたマスクの使い方を頭の中に入れておきましょう。使用する際に一工夫するだけでマスクをより快適に使用することが出来るようになると言われています。普段のマスクの使い方と比較をしてみましょう。

マスクして寝るのはNG

肌が乾燥している時や肌荒れを引き起こしている時に、乾燥の予防対策としてマスクを着用して寝るのは控えるようにしましょう。寝ている間にマスクによる摩擦が起こり肌荒れや乾燥を悪化させる可能性があります。

また、寝ている間はこまめにマスクを外してケアをすることができないのでマスクの中が蒸れて細菌が繁殖しやすくなってしまうこともあるようです。

undefined
はるこさん
喉のケアなどを目的に寝ている間にマスクを着用している人もいるかと思います。これはあくまでも乾燥や肌荒れを起こしている場合のポイントなので、自分の肌の状態と相談をしながら着用を考えるようにしましょう。

付ける前・外した後に保湿する

マスクを着用していると、マスクの刺激が原因で乾燥を悪化させてしまう可能性があります。そのため、刺激を軽減させる為にもマスクを着用する前には化粧水や保湿クリームを使用して肌の調子を整えるようにしましょう。

また、マスクを外した時には蒸気と一緒に肌の水分が奪われるのですぐに保湿をすることを忘れないようにしましょう。保湿を意識するだけでも肌の乾燥を軽減させることが出来ると考えられています。

undefined
はるこさん
乾燥が気になる場合には、小まめに保湿を行うように出来ると良いでしょう。保湿を怠ってしまうと乾燥の悪化に繋がるので要注意です!

マスクはこまめに替える

長時間同じマスクを着用していると、皮脂や汗で汚れてしまいます。また、この汚れが原因で細菌が繁殖しやすくなり不衛生なマスクになる可能性があるので注意をしましょう。一日中マスクを着用する必要がある場合にはこまめにマスクを替えることが大切です。

また、使い捨てのマスクを何日も使用したり、繰り返し使えるマスクを洗わずに使用するのはやめましょう。常にマスクやマスクの中を清潔にしておくことがポイントです。

使い捨て+ガーゼで刺激を減らす

先にもお伝えした通り、使い捨ての不織布のマスクは肌への刺激が大きいと言われています。そのため、使い捨てマスクを着用する際にはマスクと肌の間に清潔なガーゼを1枚挟むようにすると良いでしょう。ガーゼを挟むことで肌への刺激を軽減させることが出来ると言われています。しかし、そのガーゼも常に清潔にしておく必要があります。

乾燥肌対策に保湿マスクを選ぶポイント

肌の乾燥やニキビなどの肌荒れを引き起こさないためには、マスク選びをしっかりと行うようにすることが大切です。

実際にどんなことに注目をしてマスクを選ぶべきなのかをチェックしておきましょう。より良いマスクを選んで乾燥やニキビなどの肌荒れを軽減させることが出来ると良いかと思います。

保湿用か花粉対策用か

マスクの着用は乾燥肌を悪化させるという話をしましたが、正しくマスクを着用することで乾燥肌の予防や肌荒れの予防を行うことが出来ると言われています。

マスクを選ぶときにまずチェックしたいのが、通気性です。

乾燥や肌荒れの悪化を防ぐ保湿用のマスクを選ぶときは、細菌や花粉が侵入しにくい構造になっているものはおすすめできません。通気性が悪くなると肌荒れを引き起こす原因になってしまうので、通気性が良いマスクを選ぶようにしましょう。

そのほか、保湿用のマスクを選ぶときは、肌荒れや乾燥を悪化させないために以下のポイントに注目して選ぶことが大切です。

  • 通気性の良い素材のものを選ぶ
  • 刺激の強いアロマや香料が含まれているものは選ばない
  • 顔のサイズにあったマスクを選んで刺激を軽減させる
  • マスクのゴムの部分が布になっているものを選ぶ

マスクの中には、花粉対策用のマスクというものもあります。花粉対策用のマスクは、花粉が入ってこないというところが一番のポイントになります。そのため、花粉対策用のマスクは保湿用とは反対に、肌にしっかりと密着しフィットします。

マスクはどれも同じように見えるので、つい適当に選んでしまいがち。しかし、実は種類や用途によって使用感や特徴が違います。乾燥肌や肌荒れが気になる人は、マスクの種類をしっかりとチェックしてから選ぶようにしましょう。

undefined
アッキー
マスクはどれも同じように見えるけど、種類によって機能や特徴が違うんですね。

 

undefined
はるこさん
その通り!花粉対策のマスクは、花粉を通さないように肌にぴったりとフィットしたものなの。
マスクによる肌の乾燥や肌荒れを防ぐには、通気性の良いマスクを選ぶようにしましょうね。

サイズにこだわる

近年では、「子供用」「女性用」「男性用」などとサイズが違うマスクが販売されています。自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶようにしましょう。

大きなマスクを着用していると、肌に触れる面積が大きくなり摩擦による乾燥や肌荒れが起こりやすくなってしまうと言われています。また、緩いマスクは少しの振動で動いてしまうので摩擦が起こりやすいのです。

素材にこだわる

保湿用のほか、花粉症対策や仕事、風邪の予防を行うためにマスクを着用しなければいけない場合もあります。どうしてもマスクを着用する必要がある場合には、肌への負担を軽減させるマスクを選ぶようにしましょう。

コンビニやドラッグストアで気軽に購入できるマスクの多くは「不織布」という素材を使用しています。不織布は肌への刺激が強いので肌荒れや乾燥を引き起こしやすいのが特徴です。どうしてもマスクを着用する必要がある場合には、刺激の少ないコットンやシルク素材のマスクを選ぶようにしましょう。

undefined
はるこさん
乾燥肌の人がマスク選びを怠ってしまうと乾燥の悪化に繋がってしまう可能性があります。
マスクを選ぶときは、その機能やサイズ、素材などをしっかりチェックして選ぶようにしましょうね!

マスクは顔のニキビや肌荒れも招く

頻繁にマスクを着用していると、肌の乾燥を悪化させるだけではなくニキビなどの肌トラブルの原因を引き起こしてしまう可能性があると言われています。実際に、なぜニキビや肌荒れが起きるのかを考えていきましょう。考えられる3つの原因をお伝えしていきます。

肌への摩擦

マスクを着用していると、マスクが触れている部分に摩擦が生じて肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。顔は身体の中でも皮膚が薄くデリケートな部分です。そのため、摩擦による刺激を受けることで肌がダメージを受けてニキビや肌荒れが起こるのです。特にマスクのゴムの部分や輪郭の部分はこのような理由で肌荒れやニキビが起こりやすいと考えられています。

蒸れで雑菌が増えやすい

マスクは細菌やホコリのの侵入を防いだり喉の乾燥を予防するためのアイテムです。そのため、通気性が悪く自分の呼気ですぐに蒸れてしまいます。

一日中マスクを着用していると、蒸れたマスクの中の湿度はどんどん高くなってしまいます。常に湿度が高い状態になれば乾燥の予防が出来ると考える人もいますが、マスクの中の湿度が上がると細菌が増えてしまいます。肌に細菌が増殖すると、肌荒れの原因になってしまう可能性もあるので注意しましょう。また、マスクの中の湿度が上がると、肌が湿気でふやけてマスクの刺激を受けやすくなってしまいます。

こういった肌荒れや肌への刺激が原因で、乾燥を悪化させる可能性があるようです。

また、汗や皮脂がマスクの中に溜まることで肌が不衛生な状態になってニキビが出来やすい環境になる可能性もあるので注意をしましょう。

undefined
はるこさん
汗や皮脂がマスクの中に溜まることで皮脂を餌にしているアクネ菌が繁殖しやすくなってしまうと考えられています。

マスク自体の成分

マスクに含まれている成分が原因でニキビなどの肌荒れを引き起こす可能性があります。これは、マスクの素材であるコットンなどの繊維が肌で擦れて「肌を守ろう」という機能によって皮脂が過剰に分泌されてしまう事が原因です。

また、近年では女性が使いやすいようにという考えでマスクにアロマや香料が含まれている商品もあります。良い香りのマスクを着用することで気分をリフレッシュさせることが出来ますが、このアロマや香料が肌への刺激になってしまう可能性がある事も忘れないようにしましょう。

undefined
はるこさん
着用しているマスクの繊維が肌に合わない事が原因で、肌荒れやニキビを引き起こしている可能性が考えられます。人によってはアレルギー反応による赤みや痒みを感じることもあるので注意をしましょう。

マスクを使わない肌荒れ乾燥対策

マスクだけでは乾燥肌の対策をしっかりと行うことが出来ません。マスクを着用する以外の乾燥肌の対策をしっかりと行うようにしましょう。

乾燥は、スキンケア不足や生活習慣の乱れ、ストレスなどさまざまなことが原因で起こると言われています。肌のケアをしっかりと行ってマスクをしなくても乾燥が気にならないようにしていくことが大切です。乾燥肌のケアに大切な事をお伝えします。

スキンケアを見直す

スキンケアの方法を間違えてしまうと、肌に必要な皮脂を取り除いたり水分量が低下する可能性があります。まずはスキンケア方法を見直して、肌を乾燥させないようにしていきましょう。乾燥を予防する洗顔方法や保湿方法をご紹介します。自分の普段のスキンケア方法と比較が出来ると良いでしょう。

乾燥させない洗顔方法

  • 手を洗い清潔にします
  • ぬるま湯で顔をすすいでほこりや汚れを洗い流します
  • 泡立ちのよい洗顔料をしっかりと泡立てましょう
  • 油分の多いTゾーンに泡をのせて泡を転がすようなイメージで優しく顔全体を洗います
  • すすぎ残しがないようにぬるま湯で十分にすすぎます
  • 清潔なタオルで水分を優しくふき取っておしまいです
undefined
はるこさん
ゴシゴシと洗顔をしている人は、皮脂の取りすぎになっている可能性があるので注意をしてください。また、乾燥が気になる場合には洗顔料の使用を1日1回にすることも大切です。

洗顔後の保湿方法

洗顔後は肌の水分が蒸発しやすくなってるのですぐに保湿を行うようにしましょう。手やコットンを使用して化粧水をしっかりと肌に浸透させてから、保湿力のある美容液やクリームで水分の蒸発を防ぎます。この時に、一度にたくさんの量をつけるのではなく少量ずつ数回に分けてしっかりと肌に浸透させることが大切です。乾燥が気になる場合には、保湿効果のある成分が含まれているアイテムを使用する必要があります。

また、スキンケアを念入りに行う時間が少ない人はマスクパックを有効活用する方法もあります。マスクパックは顔に貼っておくだけで良いので時間がない人におすすめです。ただし、長時間マスクパックを貼っているとマスクパックに含まれている水分と一緒に肌の水分が奪われる可能性があるので注意をしましょう。

保湿に効果的な化粧品を使う

乾燥肌をケアするためには、保湿効果の高い美容液やクリームを使うようにしましょう。

保湿に効果的な美容成分は、以下のような成分です。

保湿効果のある美容成分

  • セラミド
  • ライスパワーNo.11
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ココナッツオイル
  • ホホバオイル
  • アルニカ花エキス
  • サクラエキス

セラミドは角質層に存在する成分で、肌のうるおいの50%を占めるといわれています。水分を間にはさみ込み、湿度が0%になってもうるおいを逃しません。ヒアルロン酸は肌の一番奥にある真皮に存在する成分で、1gあたり6lもの水分を抱え込むことができます。この2つの成分は、保湿効果がある成分として有名なところですよね。

そのほか、ココナッツオイルやホホバオイルなどの植物オイルは、油分を与えて肌を保護してくれます。植物エキスとしては、アルニカ花エキスやサクラエキスのほか、ローズエキスやアロエエキスなども保湿効果がある成分です。

乾燥肌をケアするためには、こういった保湿成分がたっぷり入った美容液やクリームを選ぶようにしましょう。

undefined
はるこさん
保湿効果がある美容液やクリームと、さきほど紹介した保湿方法で丁寧に保湿して、しっかりと乾燥をケアしていきましょう!

 加湿器を使う

部屋が乾燥していると、肌の水分が奪われやすくなってしまいます。そのため、部屋の加湿をしっかりと行うようにすることも大切です部屋の湿度が65%~70%程度になるように意識をしましょう。乾燥していると感じた時には加湿器の使用をおすすめします。また、いつでも湿度が分るように湿度計を部屋に設置しておくといいでしょう。加湿器の使用以外にも部屋を保湿する方法がいくつかあるので紹介します。

  • 濡れている洗濯物を室内に干す
  • お湯を沸かして蒸気を発生させる
  • 浴室のドアを開けておく
  • カーテンや絨毯に霧吹きで水分を与える
  • コップに水を入れて部屋に置いておく
undefined
はるこさん
自宅に加湿器がない場合には、加湿器を使用しない方法を参考にしてみましょう。また、これらの方法が旅行先などでも行うことが出来ますよ!

食事を見直す

食生活を見直して、乾燥肌の予防や改善を行う効果のある栄養を積極的に取り入れるようにすることも大切です。肌が乾燥している時には、皮脂の分泌量や角質の水分量が乱れている可能性があります。そのため、この原因を予防改善していくことが大切なのです。また、毛細血管の血行を良くして肌の乾燥を予防することも大切だと言われています。

お肌の健康に嬉しい栄養素

<ビタミンA>

  • 効果:皮膚や粘膜の水分を保持する効果。新陳代謝を促進させる効果。
  • おすすめの食材:レバー、サバ、イワシ、乳製品など。

<ビタミンB>

  • 効果:新陳代謝を促進させる効果。乾燥による肌の炎症を抑える効果。
  • おすすめの食材:レバー、卵、豚肉、納豆など。

<ビタミンC>

  • 効果:コラーゲンを生成して乾燥を予防する効果。抗酸化作用。
  • おすすめの食材:赤ピーマン、黄色ピーマン、レモンなど。

<ビタミンE>

  • 効果:血行促進をして新陳代謝を促進させる効果。抗酸化作用。老化の原因となる過酸化脂質を分解する効果。
  • おすすめの食材:アボカド、アーモンド、ナッツ類など。

<セラミド>

  • 効果:皮膚を外的刺激から守る働き。角質層の水分を保持する効果。角質層に存在している脂質。
  • おすすめの食材:こんにゃく、しらたき、大豆、ひじき、わかめなど。

<α-リノレン酸や亜鉛>

  • 効果:細胞分裂の手助けをする効果。
  • おすすめの食材:えごま油、タコ、赤身肉、卵黄など。

マスク前の乾燥予防におすすめ保湿クリーム3選

風邪や花粉症対策、仕事などでどうしてもマスクをしないといけないときもありますよね。そんなとき、乾燥肌だと肌の乾燥が悪化しないか心配です。マスクで起こる乾燥を予防するためには、肌の水分を逃さないようにしておくことが大切です。

そこでおすすめなのが、クリームによる保湿。化粧水だと肌の水分と同じように、マスクを外すときに蒸発してしまいます。しかし、油分で蓋をしてうるおいを肌に閉じ込めるクリームなら、マスクを外すときでもうるおいを逃しません。

次に紹介するのは、マスクの前の乾燥予防におすすめの保湿クリームです。マスクをする前の習慣として、ぜひ取り入れてみてくださいね。

エトヴォス モイスチャライジングクリーム

\うるおい逃さずしっかりキープ/

Source: 公式サイト

エトヴォス モイスチャライジングクリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:1,900円(税抜)
  • 内容量:14日分
  • メーカー:エトヴォス

エトヴォス モイスチャライジングクリームは、「ヒト型セラミド」を5種類配合。人間の肌の中にあるセラミドと同じ構造をしているから、肌なじみがよくさっと浸透し、肌にすみずみにうるおいを与えます。

セラミドのほかにも、ヒアルロン酸や天然保湿因子(NMF)などのうるおい成分のほか、シアバターホホバオイルなど乾燥した肌の油分を補う成分も配合。メドウフォーム油が肌に保水膜を形成し、うるおいを逃さずキープします。

エトヴォスでは、こちらのクリームを含めたモイスチャーラインお試しセットを1,900円(税抜)で販売中。フルラインで使うとさらに効果的という口コミもあるので、ぜひライン使いで試してみてくださいね。

【モイスチャーラインお試しセット(2週間分)】

  • クリアソープバー
  • モイスチャライジングローション
  • モイスチャライジングセラム
  • モイスチャライジングクリーム

公式サイトを見てみる

悪い口コミからみるデメリット

  •  
  • 少し伸ばしにくい
    かなりこっくりしたクリームで保湿力があり、シリコン使ってないのに肌にしっかりと引っ付いて保護してくれている感じがします。このクリームのテクスチャーは、少し伸ばしにくく、かなり好みが分かれると思います。

    @コスメ

  •  
  • 伸びの悪さが気になる
    オールエトヴォスで使い始めたところ、肌の調子が安定しました。 相変わらずクリームの伸びの悪さが気になりますが、やはりライン使いした方が効果的のようです。

    @コスメ


こっくりとした固めのテクスチャで、ぴったりと肌に吸着し肌の水分を守ってくれるクリームです。

その固めのテクスチャは好みが分かれるようで、肌の上での伸びにくさを感じるという声も見られました。ただ、ライン使いすると効果的との声も多く、手のひらでしっかり温めたり、オイルを混ぜるなど、工夫をして使っている人もいるようでした。

良い口コミからみるメリット

  •  
  • 乾燥肌が改善してきた
    かためのクリームですが1プッシュして手のひらで伸ばしてからハンドプレスするとしっかり保湿出来ます。 モイスチャーラインをライン使いしていますが乾燥肌が改善してきて毛穴も小さくなってきました。

    @コスメ


  •  
  • 翌朝の肌が違う!
    若干重めの感じはしますが、乾燥が気になる部分になじませると翌朝の肌が違います。 私はインナードライ肌なので、部分的に水分が足りないために脂浮きがすると言われたことがありますが、その脂浮きがなくなりました

    @コスメ


化粧水や美容液で肌にうるおいを与えた後に、このクリームでしっかりと蓋をすることでうるおいを逃さずキープ。「乾燥肌が改善してきた」「翌朝の肌が違う」という嬉しい口コミも多く見られました。

マスクをする前に、肌にうるおいを与えてこのクリームで蓋をすることで、マスクによる乾燥もケアできそうですね!

公式サイトを見てみる

エトヴォス モイスチャライジングクリームの成分と特徴

  • ヒト型セラミドを5種類配合
  • マカデミアナッツ油やホホバオイル、シアバターなどの油分を与えてなめらかな肌へ
  • 肌を整える4種のビタミン9種類の植物エキスを配合
  • 肌にやさしい6つの不使用
    <シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料>

人間の肌にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミドを高配合。角質層までさっと浸透し、うるおいを持続します。

また、ホホバオイルやシアバターで肌に油分を与え、メドウフォーム油が肌に保水膜を形成。肌の水分を逃さずうるおいを守ります。

シリコンや合成香料など肌への刺激となる添加物は極力カット。敏感な肌にもやさしい低刺激なクリームです。

エトヴォス モイスチャライジングクリームを安く買う方法

エトヴォスの公式サイトでは、モイスチャライジングクリームを始めとしたスキンケアラインをたっぷり2週間試すことができる「モイスチャーラインお試しセット」1,900円(税抜)で販売中です。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)
公式サイト楽天公式 Amazon
1,900円(税抜)2,400円(税込)取り扱いなし

公式サイトを見てみる

ヒフミド エッセンス クリーム

\ ヒト型セラミドで奥から弾むような肌へ/

Source: 公式サイト

ヒフミド エッセンス クリーム
  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:980円(税込)
  • 内容量:7日間
  • メーカー:小林製薬

ヒフミドは、肌なじみの良いヒト型セラミドに着目して作られたスキンケアラインです。クリームや化粧水はもちろん、洗顔料やメイク落としなどスキンケアライン全てにヒト型セラミドを採用しています。

エッセンスクリームに配合されたヒト型セラミドは3種類。さらに、うるおいのベールを作るリピジュアのほかホホバ種子油マカデミア種子油などの成分を加え、奥から弾むようなふっくらとした肌へと導きます。

公式サイトでは、エッセンスクリームを含めたヒフミドのスキンケアラインに、花柄のトートバッグがついた1週間お試しセットを販売中です。ライン全てにヒト型セラミドが配合されているから、セラミドの力をじっくりと体感することができますよ。

【ヒフミドお試し花柄トートバッグセットのセット内容】

  • マイルドクレンジング
  • ソープ
  • エッセンスローション
  • エッセンスクリーム
  • UVプロテクトベース
  • 花柄トートバッグ

公式サイトを見てみる

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

\独自の浸透技術でうるおい深く浸透/

Source: 公式サイト

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:1,800円(税抜)
  • 内容量:7日分
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

肌は日々生まれ変わります。QuSomeモイスチャーリッチクリームは、この「生まれ変わりのリズム」着目して作られたクリームです。

ビーグレン独自の浸透技術で、角層の深くまで成分を浸透。うるおいに満たされた肌へと導き、乾燥による肌の「生まれ変わりリズム」の乱れを整えます。

ビーグレンでは、肌悩みに合わせたトライアルセットを販売中。中でも、乾燥肌の人におすすめなのが、QuSomeモイスチャーリッチクリームを含ん1週間のお試しセット「乾燥・保湿ケアトライアルセット」です。その名のとおり、乾燥・保湿ケアするために作られたセットなので、乾燥肌に悩む人はぜひ一度試してみてくださいね。

【乾燥・保湿ケアトライアルセットのセット内容】

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

(2018年3月5日までヘアターバンのプレゼント付)

公式サイトを見てみる

乾燥肌対策にはマスクより保湿ケアが◎

乾燥対策を行おうと考えている場合には、マスクの着用だけではなくしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。保湿を怠ってしまうと、肌の乾燥が悪化するだけではなくさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性がある事を忘れないようにしましょう。マスクを着用するメリットやデメリットを知った上で、適切な方法で肌の状態をケア出来るといいでしょう。自分に合った方法で乾燥の予防対策を行いましょう。

もう一度「マスク前の乾燥予防におすすめ保湿クリーム3選」を見たいときはこちらからジャンプしてくださいね♪

▼乾燥肌におすすめのスキンケア製品をもっと詳しく知りたい人はこちらをCHECK▼

乾燥肌にスキンケアで潤いチャージ!方法とおすすめブランド15選♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事