口紅で唇が荒れる原因や対処法まとめ。おすすめ商品3選付き

口紅のお悩みでもっとも多いのが「唇が荒れる」ということ。敏感肌ではないのに、唇だけ皮がむけやすい、乾燥しやすいという人も多いですよね。

そこでこの記事では、荒れにくい口紅を選ぶポイントを詳しく紹介!他にも

  • 荒れやすい人におすすめの口紅
  • 唇が荒れる原因
  • 唇を乾燥から守るケア方法

などもお伝えしていきます。まずは口紅をチェックしたいという人は荒れやすい唇におすすめな口紅3選にジャンプしてくださいね♪

口紅が合わないと唇が荒れるかも!?

こんにちは♪編集長の水野春子です。

口紅は顔色をパッと明るく見せる、毎日のメイクに欠かせないアイテム。時間がないときも「とりあえず口紅だけは…」という人も多いですよね。

しかし一方、塗ると必ず唇が荒れる、しばらくすると皮がむけてくる、という声も数多く見られます。その原因は口紅があなたの肌質に合っていないからかもしれません。

undefined
はるこさん
せっかくお気に入りの口紅を見つけたのに、唇が荒れるから使えないなんて悲しいわよね。荒れにくい口紅の選び方を知れば、そんな失敗もなくなるわよ♪
  • リサーチした唇ケアサイトの数⇒16サイト
  • 調査した口紅の数⇒ 23種類
  • チェックした口コミの数⇒200件以上

調査の結果、口紅で荒れる原因には肌質も関係していますが、口紅の成分、テクスチャー、日常の何気ない癖などが関わっていることが分かりました。

この記事では荒れるのを防ぐ口紅の選び方と一緒に、おすすめの口紅も紹介していきます。ちょっとしたケアのポイントなどもお伝えするので、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

口紅で唇が荒れる原因

唇は、肌と比べて角層が薄く、皮脂が出る機能が備わっていません。さらにターンオーバーのサイクルが早く、水分が蒸発しやすいという特徴があります。

そんなデリケートな部分だからこそ、口紅にはこだわりを持つことが大切。荒れやすいみなさんは、こんな心当たりはありませんか?

肌に合わない成分が入っている

みずみずしいぽってりとした唇は健康的で魅力的、若さの象徴でもありますね。口紅はそんな唇の魅力を引き立てるもののはずですが、何故口紅によって唇が荒れてしまうのでしょう。

保湿成分など美容成分が配合された口紅はありますし、もちろん口紅よって唇の状態が良くなることもあります。しかし、あくまで口紅は唇に色をつけるもの。

当然色素が配合されており、その色素よっては唇が荒れる原因になってしまいます

一番問題にされているのは、成分表には青色2号、赤色202号などと表示されているタール色素。唇の荒れや乾燥の原因になりますし、発がん性やアレルギー性も認められているといわれています。

日本は海外に比べてタール色素の危険性の意識は薄いと言われていましたが、最近ではタール色素を使わず、安全性の高い天然色素を使用している口紅も増えてきています。口紅をつけると荒れることが多い方はそうした製品を使ってみましょう。

落ちにくい口紅も要注意。落ちにくい口紅はそれだけ密着性の高い油分が使われているということ。

よって、クレンジングもしっかりする必要があり、クレンジング自体もかなり洗浄力の強いもの使うため、そのことが唇の荒れの原因になってしまいます。

undefined
アッキー
タール色素入り、落ちにくい口紅は要注意ですね!
undefined
はるこさん
タール色入りは発色はきれいだし、落ちにくい口紅は便利だけど、デメリットがあることも意識すべきね。

さらに、口紅のタイプによっても注意が必要。ツヤがでるタイプのもの、マットなタイプのもの、それぞれメリット、デメリットがありますから、自分に合ったものを選ぶのも荒れない唇のために必要です。

【ツヤタイプの特徴】

  • 油分が少なめ、色素も少なめ
  • 乾燥しにくい
  • 落ちやすいので、塗り直す回数が多くなる
  • 配合されている油分が合わないと荒れることも

【マットタイプの特徴】

  • 油分少なめ、色素多め
  • 落ちにくく、何度も塗り直さないで済む
  • 乾燥しやすい
  • 落ちにくいため、クレンジングの際、摩擦で荒れやすい

ここでは代表的なツヤタイプ、マットタイプの特徴をまとめていますが、メーカー、ブランドによって差があります。

リップグロスで乾燥させている

さっと塗るだけで唇がうるおい、ぷるぷるになるグロス。唇の乾燥を防ぐために使っている方も多いのではないでしょうか?ところが、グロスは見た目に反して成分的に逆に唇を乾燥させてしまう場合があります。

グロスは蜂蜜のような粘り気がありますが、この粘度は高分子ポリマーという成分由来のもの。生理用ナプキンやオムツにも使われており、水分を吸収しますから、唇の乾燥を促進させることもあるようです

口紅が落としきれていない

特にツヤがでるタイプの口紅の場合、自然に落ちてしまうことも多いですが、その際、きちんとクレンジングしているでしょうか

口紅やグロスには、タール色素、油分、高分子ポリマーなど唇にダメージを与えかねない成分も配合されています。そうした成分がきちんと落とされずに残り続けると唇が荒れてしまう原因になります。

リップクリームを使っているのに唇が乾燥してしまうのは何故?

リップクリームは油膜を作って乾燥を防ぐことができますが、治療薬ではありません。油膜が取れるとまた元通り乾燥してしまう人も多くいます。

リップクリームは唇を保湿し、乾燥を防ぐためのもの。例えば、唇の皮がむけてしまっているようなすでに荒れている場合、改善させるというわけにはいかない場合もあるようです

薬用、医薬部外品の場合でも、基本的にはそのことは変わりません。現在はリップクリームの成分もさまざまですので、しっかり表示を確認して、自分に合う成分のものを見つけるようにしましょう。

無添加のものが合う、ヒアルロン酸配合のものが合うなど、人によってそれぞれです。

荒れにくい口紅を選ぶポイント

次は荒れずにきれいな唇をキープするために、5つの口紅を選ぶポイントを紹介します。

1、タール色素は無配合

タール色素は口紅の美しい色の元になっている成分のひとつですが、唇が乾燥して荒れる人もいます。

また、アレルギー性、発がん性も認められている成分ですので、できるだけ無配合を選びましょう。

2、うるおい成分も大事

最近の口紅は、ヒアルロン酸などうるおい成分が入った製品がたくさんあります。

うるおい成分が入っているとリップクリームのように唇を乾燥から守れます。

3、サンプル品でまず試す

どんな製品も自分に合っているかどうかを知るためには、まず試すしかありません。

しかし、店頭で置いてあるテスターを唇に直接塗るのはマナー違反で、衛生的にも問題があり荒れたりする可能性も。サンプルがあればまずそれを使ってみましょう。

4、「落ちにくい」は避ける

仕事中など、塗り直しができないときは落ちにくい口紅は便利なものです。

しかし、落ちにくくするために強い色素が入っています。そのため、クレンジングでもなかなか落ちません。

<落ちにくい口紅は使わないほうがよいとき>

  • 唇が荒れている
  • 肌が荒れている
  • 空気が乾燥している

5、 口紅は長く使い続けない

お土産でもらった口紅などは、長い間そのままになってしまうことがありますね。数年前のものだけど使って大丈夫なのか?と悩みますが、基本的に未開封なら消費期限はありません。

日本の薬機法では「未開封で3年以上品質が変わらない化粧品は、消費期限を記載しなくてよい」と定められているのこと。特別な消費期限がある商品はパッケージに記載されています。

このことから古い口紅も使える!と考える人もいますが、現実的には購入から1年以上経過した口紅を使うのはおすすめできません。保管状態によっては酸化したり、汗をかいたようになることもあります。

また、開封済みの口紅を1年以上使い続けるのもの避けるべきです。衛生的に問題があります。

荒れやすい唇におすすめな口紅3選

荒れてしまうことが多いから口紅選びが大変!という方におすすめな口紅3商品をご紹介します。

POLA ミュゼル ノクターナル リップスティック F

\リップクリームのようなうるおいが持続/

Source: POLA

POLA

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.8点
  • 価格:3,456円(送料無料)
  • 内容量:3.6g
  • メーカー:POLA

長時間乾燥を防ぎ、なめらかなツヤを与えるリップスティック。エクストラリッチオイルをはじめとする3種の唇ケア成分が、ぷるんとしたハリとうるおいを与えます。

独自の「色付きリップクリーム処方」により、透明感のあるシアーな発色を実現。体温で溶け出す柔らかいテクスチャーで、唇への負担も軽減できます。

※5色展開、無香料、ツヤ発色タイプ

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • 色展開が少ない
    色の種類が少ない。人それぞれ好みが違うと思いますが、選べる色が少ないと思います。

    POLA


  •  
  • カラーによっては馴染みすぎる
    塗ってないみたい!?存在感がない!?デリケートな唇が乾燥しにくく負担も感じない、よいお品なので次は違う色にしよう…

    POLA


こちらのカラー展開は、レッド、ピンク、ローズ、ベージュ、オレンジの5色。他に比べると種類が少なめですが、どれを選んでも肌から浮かず、毎日でも使いたくなる色調です。

ただ、すべて透け感のある仕上がりのためベージュは塗っていないみたい!?という意見も。元の唇の色に赤みが少ない人は、レッドやローズが華やかでおすすめです。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 朝から晩まで付けていられる
    リップクリームかと思うくらい、するする~っと伸びて軽い着け心地です。これは多少乾燥するくらいでガサガサになったりせず朝から晩まで付けていられます。

    @cosme


  •  
  • 長時間しっとりが続く
    とても上品に仕上がります。唇が乾燥して荒れがちな冬でも、長時間しっとりとしています。お値段もお手頃で、色違いで持ちたくなります。

    POLA

この口紅は乾燥で荒れやすい人に特に人気!口コミでは、1日中付けていてもガサガサになりにく、しっとりが持続するという声が多く見られました。

また、仕上がりも非常に上品でオンオフ問わず使えるのも魅力です。サッと塗るだけでとろけるように馴染み、みずみずしい唇にメイクしてくれます。

公式サイトを見てみる

ミュゼル ノクターナル リップスティックFの成分と特徴

ミュゼル ノクターナル リップスティックFのおもな特徴はこちら!

  • ナチュラルな薄付きを叶える「色つきリップクリーム処方」
  • なめらかに伸びる「メルティングリッチ処方」
  • 唇にうるおいを与える「エクストラリッチオイル」
  • ハリと保湿に着目した「ヤグルマギクエキス、ベリーコンプレックス」

大きな特徴は、保湿クリームを混ぜたような色付きリップクリーム処方。力を入れなくてもスーッと伸びる軽やかなテクスチャーで、唇の閉塞感を感じません。

高い保湿力を持つエクストラリッチオイル、ハリのある唇に導くヤグルマギクエキス、ベリーコンプレックスも配合し、空気が乾燥した場所でもうるおった唇をキープします。

ミュゼル ノクターナル リップスティックFを安く買う方法

ミュゼル ノクターナル リップスティックFの購入は、公式サイトがおすすめ。POLAのオンラインストアでは、以下のキャンペーンを行っています!

  • レビュー投稿でオリジナルコットンプレゼント
  • 5,400円以上の購入でサンプルプレゼント
  • お友達紹介でセラムのサンプルプレゼント(B.A限定セットのみ)

こちらの口紅1本でも、コットンプレゼントには参加可能♪ファンデーションやスキンケアのサンプルも気になる人は、この機会に2本まとめ買いするのもお得です。

※amazonや楽天は公式ではないため偽物や保証が受けられないこともあります

公式サイトとamazon、楽天の価格比較(2018年1月現在)

公式サイトamazon楽天
3,456円
(送料無料)
在庫切れ2,592円
(送料別)

公式サイトを見てみる

ハーバー リッチカラールージュ

\タール色素不使用なのに鮮やか発色/

Source: 楽天市場

HABA

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93.5点
  • 価格:2,592円(送料別)
  • 内容量:4.5g
  • メーカー:HABA

肌に負担のかかる成分は使っていないので、ほかのメーカーは無理でもHABAなら安心という方も多いです。

無添加なのはスキンケアだけではなく、メイクアップ商品でも同じです。リッチカラールージュはタール色素不使用無香料パラベンフリーで、唇が荒れやすい方にも使いやすいのが特徴です。

SDヒアルロン酸、ビタミンE、ザクロオイルなど保湿成分もたっぷり配合。長時間うるおいが続き、気になる縦ジワの目立たないふっくらとした唇に仕上げてくれます。

※12色展開、防腐剤パラベン・合成香料・石油系界面活性剤・鉱物油・タール色素すべて不使用

商品を見てみる

エトヴァス ミネラシアールージュ

\クレンジング不要!石鹸で簡単にオフ/

Source: エトヴォス

エトヴォス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92.3点
  • 価格:3,240円(送料別)
  • 内容量:2g
  • メーカー:エトヴォス

口紅を塗ると必ず荒れてしまい、口紅が濡れないと悩んでいる方におすすめです。

タール色素ではなく天然色素が使われていますので、自然な色合いが人気です。

保湿成分によりリップクリームを使わなくても、カサカサしません。洗顔料で簡単に落ちるので、クレンジング剤が肌に合わないという方にも安心です。

※4色展開、タール色素不使用、*パッチテスト済み(※すべての方に刺激が起こらないというわけではありません)

公式サイトを見てみる

口紅から唇を守るための重要3か条

唇を荒れさせないために、口紅を使う際、どんなことに気をつけるべきか。3つの対処法をご紹介します。

1、口紅の前に下地やリップクリームを使う

肌も唇も健康的で美しい状態をキープしトラブルを防ぐには、うるおいを保ち、乾燥を防ぐことが大切。唇はなにかとダメージを受けやすい場所ですし、口紅やグロスの成分が乾燥を助長することもあります。

だからこそ、リップクリームの保湿で手厚く守ってあげましょう。口紅を塗り直す際も忘れずにリップクリームも塗り直しましょう。

▼おすすめのリップクリームやケア方法が知りたい!という人はコチラの記事も要チェック♪

普段どんな方法でリップケアをしていますか?唇は乾燥しやすくカサカサになりやすい部分だと考えられています。ぷるぷる唇を手に入れるリップケアの方法を試して理想の唇を手に入れていきましょう。日頃からしっかりとケアを行うことが大切です。

 2、クレンジング時は優しく

特にマットな口紅の場合、密着性が高いため成分が落ちにくいことがあります。そんなとき思わずゴシゴシこすってしまいがちですが、できるだけ優しくこすらず落としましょう

肌に使っているクレンジングでは落としきれないときは、唇専用のリムーバーがおすすめ。コットンに染みこませて、丁寧に落としましょう。コットンはこまめに変えながら落とすときれいに手早く落とせます。

乾燥が気になる方はリップクリームで落とすという裏技も。リップクリームを何度か唇に塗って、口紅が油分によって溶けはじめたら拭き取ります。一度で落とせないときは、何度か繰り返してください。

▼クレンジング方法やおすすめリムーバーが知りたい!という人はコチラの記事もチェック!

皆さんは口紅をどんな落とし方で落としていますか?実はしっかりと落としていると思っていても、口紅は濃い色素を有しているため、落とせていないことが多いのです。年齢の出やすい唇のケアを今からでも始めてみましょう。

 3、ぶつぶつや腫れる症状がでた場合はすぐ病院へ

リップクリームなどでケアしていても、ブツブツができたり、腫れたりと唇の荒れが治らないという方は、口紅、リップクリーム、歯みがき粉などの成分によりアレルギー反応を起こしていることも考えられます。

特に乾燥しやすい季節は、アレルギーでなくてもいつも荒れている方も多いので、見過ごしてしまう場合もありますが、明らかな症状が出ているときは皮膚科医に相談しましょう

潤いを維持する唇ケアと日頃の注意点

最後に、乾燥した唇をうるおすスペシャルケアと、荒れを防ぐ日常の注意点を紹介します。病院に行くほどでもないけど長年唇が荒れ続けている…という人はぜひ取り入れてみてください。

ラップを使った唇パック

唇が荒れているとき、空気が乾燥しているときは、一手間かけた唇パックで予防していきましょう!

用意するもの

  • 蒸しタオル
  • ラップ
  • リップクリーム(ハチミツ、ワセリン、オリーブオイルでもOK)

方法

  1. 蒸しタオルで唇を数分温める
  2. リップクリーム(ハチミツ、ワセリン、オリーブオイルでもOK)をたっぷりと唇にのせるように塗る
  3. 唇をラップで覆い、10分ほどパック※息が苦しくならない程度にしてください

蒸しタオルで唇を温めると書きましたが、蒸しタオル同様血行が良くなるお風呂もおすすめです。簡単な唇パックですが、以下のことには注意してください。

  • 唇をもっとふっくらさせたい!と思っても10分以上は行わないでください。刺激が強すぎる場合があります。
  • ヒリヒリするなど刺激を感じたら直ちに中止してください

唇が荒れないために日頃注意すべきことは?

口呼吸、唇をなめる、リップクリームの塗りすぎなど唇に負担をかける癖に気を付けていきましょう。

口紅だけではなく、唇は荒れやすい原因が多いです。日頃から鼻呼吸ではなく、口呼吸している方は要注意。空気が唇に触れる際乾燥します。

唇をなめる癖のある方がいますが、唇に唾液がつき、その唾液が蒸発する時に唇の水分まで一緒に蒸発することに。なめることでリップクリームも落ちてしまいますね。唇をなめる癖は意識して改善すると良いでしょう。

唇が荒れるからといって、リップクリーム1日何度もつけるのも要注意!デリケートな唇を刺激しすぎることによって、荒れを引き起こしている可能性があります。

自分にあった口紅できれいになろう!

口紅を塗ると荒れる方は普段から気にかけていると思いますが、それほど荒れを感じない場合、なんとなく気に入った色の口紅を選んでしまいますよね。

しかし、口紅の選び方やケアの仕方ひとつで、唇の印象は変わります。健康的なふっくらとした唇は自分で作り上げるもの。少しの心がけと、入念な口紅選びでみずみずしく美しい唇を目指しましょう!

もう一度荒れにくい口紅が見たい人はコチラからジャンプ♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事