【肌断食中の保湿】メリット・デメリット。乾燥にはワセリンで対処!

肌断食中は保湿する?しない?

肌断食とはスキンケアを全て断つことで、本来肌が持っている力により肌を元の状態に戻すということを指します。肌断食をすると、くすんだ肌が明るくなったり、ぷりぷりの肌になれたなどという成功の声も聞かれますが、乾燥が酷くて肌荒れしてしまい逆効果だった……という声も多いのが現状です。肌断食中の保湿は、皮膚科医でも賛否両論があるため、一概に保湿が必要か不要かは人それぞれ。そこで私、はるこ先生が肌断食中の保湿について詳しくお伝えしていきます。

保湿は必要な場合といらない場合がある

 肌断食は、メイクをせず、洗顔料を使った洗顔、クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品を一切省き、水だけで顔を洗い、そのあとは何も塗らずに放置することを言います。肌断食を始めてすぐは、今まで念入りに化粧水などを使ってケアしていたことが急になくなるので、肌が急激に乾燥して少しの刺激でヒリヒリしてしまったり……と肌トラブルが多く見られる傾向にあるようです。

はるこ先生
肌断食をすると、肌本来が持つ力を引き出すことができて自分から潤いを保てるようになってくるのよ。だけど肌断食中は肌が全体的に乾燥して肌がガサガサしてしまう場合が多いの。これは徐々に改善されていく証拠なんだけど、保湿をするかしないかで格闘してしまうのよね…。

毎日しっかり塗っていた基礎化粧品を全て断ってしまう美容法なので、乾燥などの様々な肌トラブルを引き起こします。肌質は人それぞれなので、肌断食中に保湿が必要なタイプと必要がないタイプを見ていきましょう。​

乾燥しているなら保湿は必要

元々乾燥肌や敏感肌の方は、肌断食をして保湿をせずに放置したままだと乾燥が悪化してしまう場合が。粉を吹くほど乾燥していると、肌本来が持つ力を引き出せないため外部から潤いを補う必要があります。乾燥肌の方が肌断食をしたら次第に肌が潤ってきた!との声もありますが、明らかに粉を吹くような酷い乾燥であれば保湿をした方がいいでしょう。

皮脂分泌が十分なら不必要

皮脂がよく分泌されているオイリー肌の方は、肌の上に潤いを保つことができるため肌断食中は保湿をしなくてもいいようです。また、オイリー肌だけではなく、洗顔をしたあと何も塗らずにそのまま放置してみてください。多少つっぱるようでも触ってみて肌がしっとり潤っているような肌質の方は、肌自身が持つ保湿力があるので肌断食中の保湿は省いていいかもしれませんね。​

保湿が必要な期間

肌断食を始めると必ずぶつかるのが乾燥という壁。特に乾燥が気になって辛いのは、肌断食を始めて3〜7日間と言われています。いきなり何も肌につけない状態が続くと、むき出しの肌になって角質層もボロボロに……。この辛い時期を乗り越えると、肌本来の力が出てきてバリア機能が高まっていくのでふっくらとした肌が実感できるはずです。​

アッキー
はるこ先生、肌断食中に乾燥が気になって耐えられないんですが、それでも保湿しないで放置するべきなんですか?

 

はるこ先生
そうね、肌断食を始めてすぐは乾燥が酷くて外出もできないっていうケースが多いみたい。乾燥が気になるなら最初の1週間は試しに保湿をしてもいいかもしれないわね。

 

アッキー
そうなのか!じゃあ保湿を1週間したら、それ以降はどうすればいいんですか?

 

はるこ先生
乾燥が気になるのは肌断食を始めて1週間ほどの場合が多いから、次第に保湿をしなくてもキメの細かいしっとり肌に近づいていくことができるのよ!

 

また、肌断食に必要な期間は特に決められていませんが、長い方で3年以上、短い方で3〜7日間という方が多いようです。肌断食はメイクも一切断つ必要があるため、仕事が長期休暇の場合は長い期間肌断食をすることができますが、なかなか難しいのが現状ですよね。そのため自分に合った期間を設けて始めてみましょう。

乾燥肌を放置するデメリット

肌断食中に乾燥肌を放置しているとダメージが深刻になり、肌断食が向いていない肌質の場合は、あらゆる肌トラブルを引き起こす可能性があります。肌断食を始めてすぐは一時的に肌が荒れてしまいがちですが、だんだん元の状態に戻っていくのが成功例。しかし、全然肌が元の状態に戻らない、寧ろ悪化しているという場合は注意が必要です。

保湿しないと肌断食を失敗しやすい

乾燥肌の肌断食は、保湿をしないと肌を過剰に乾燥させてしまうというケースがあります。乾燥すると皮脂が多く分泌されていきますが、皮脂の分泌量は年齢と共に減少していく傾向にあり、20代後半以降になると、乾燥しても皮脂をたくさん分泌することが難しくなってしまいます。そのためかさついた肌に耐えられず、肌断食が失敗に終わりやすいのです。

ひどい乾燥は肌の炎症を招く 

深刻な乾燥を放置しておくと、赤みを伴う炎症が肌に現れてきてしまう場合もあるようです。乾燥により皮膚が薄くなり、肌が外部刺激を受けやすい状態にあるため免疫力が低下してしまい、ニキビや肌荒れ、吹き出物などの炎症を招いてしまいます。特に空気中の湿度が大幅に下がる冬場の肌断食は要注意。乾燥は冬に悪化する傾向があるので、肌断食を行うなら季節を考えた方がいいかもしれません。

バリア機能の低下

本来、細胞が肌内部の潤いを蓄えてくれているのですが、肌が乾燥していると外部の刺激から守るリア機能が低下してしまうのです。バリア機能が低下すると、かゆみや赤み、ニキビなどの症状が出てきてしまったり、少しの刺激に反応して肌トラブルが悪化してしまう可能性があります。

皮脂の過剰分泌を招く

そもそも皮脂は肌の健康を維持する上で必要なもので、外部刺激から肌を守る役割を持っています。しかし​肌が乾燥しすぎると、これ以上乾燥させないために皮脂が過剰に分泌されて肌自体が自分を守ろうとします。皮脂が過剰に分泌されると、顔がテカテカしたり、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

しわなどの肌老化

酷い乾燥が続くと、小じわやくすみ、たるみなどの肌老化が徐々に現れてきて、鏡を見ると老化現象を感じてしまうかもしれません。しっかりスキンケアをしてピンとしたハリ肌を手に入れることができたのに、肌断食をした途端しわなどの肌老化が気になってマスクが欠かせない……という方も中にはいるようです。目元や口元は特に乾燥しやすいので、保湿をした方がいいかもしれませんね。

保湿するデメリット

保湿は大切だということはわかっていても、やはり過度な保湿のしすぎは良くありません。保湿をしすぎてしまった場合はどのようなことが起こるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

角栓やニキビの原因になる

角栓は小鼻周辺によく見られる、白くポツポツとしたもののこと。そとそも角栓は、皮脂とケラチンタンパク質という角質細胞が混ざり合ってできています。油分の多いクリームなどをたっぷりつけて保湿をすると余分な皮脂が出てきてしまい、角栓ができて毛穴が詰まり、ニキビにつながってしまう場合があります。

自分の皮脂がでなくなる可能性

しっとりタイプの化粧水をたっぷりつけたり、保湿効果の高い美容液や油分たっぷりの乳液やクリームを使い、シートマスクや部分用のクリームを付けてさらに美容オイルを伸ばすなどといった過度な保湿は、肌に負担が……。やりすぎた保湿を続けていると、自分で皮脂を作り出さなくなり、余計に乾燥してしまうと言われています。適度でシンプルな保湿が大切なのかもしれませんね。

肌断食中の保湿はワセリンで

肌断食中の保湿は、ワセリンを使うことがおすすめです。ワセリンは、安心で安全の油分なので皮膚科の治療薬としても多く使われています。肌断食をしていると、目元や口元がカサついたり、全体的に肌がヒリヒリするといった乾燥による刺激を感じてしまいがち。そこでワセリンを塗って肌を保護し、乾燥や外部刺激から守ってあげましょう。

ワセリンを使っていい理由

肌断食中の肌はむき出しの状態なのでとてもデリート。ワセリンは、皮膚科での治療や赤ちゃんの乾燥対策などとしても使われており、非常に肌に優しいため肌断食中のむき出しで敏感な肌にも安心して使うことができるというわけなのです。

おすすめのワセリン

ワセリンには多くの種類がありますが、純度が高い白色ワセリンがおすすめです。特に精製度が高く、安全だと言われているのが「日本薬局方」と記載された白色ワセリン。紫外線を浴びてダメージを受けた肌や炎症のある皮膚に最適で、お肌に浸透せず保護してくれるだけなので肌断食中にぴったりです。白色ワセリンは皮膚科や薬局、ドラッグストアなどでお手頃価格で購入することができます。

ワセリンの塗り方

ワセリンを塗る時のポイントは、乾燥している部分に米粒の半分程度の量を均等に伸ばして塗ること。付けすぎてしまうと顔全体がべたついたり、テカテカしてしまいます。本当に少量だけを薄く伸ばして保湿する程度にしておきましょう。塗るタイミングは、夜の洗顔後の清潔な肌がおすすめです。日中の乾燥が気になる場合も少量のワセリンを塗ってあげましょう。

ワセリン以外の保湿は使っていい?

ワセリンがない方は、自宅にある保湿アイテムでケアをしたくなりますよね。でも、肌断食中はワセリン以外のものを肌に塗ってしまってもいいのでしょうか?素朴な疑問にお答えします。

ホホバオイルなどのオイル

オイルには界面活性剤が含まれていないから、肌断食に使ってもいい!というイメージが強いはず。ですが、ホホバオイルなどのオイルを使っていると角質細胞が剥がれにくくなり、肌の奥で待機している新しい細胞が生まれにくくなってしまうのです。これを繰り返すと皮膚自体が薄くなるため肌断食は避けた方がいいでしょう。

保湿クリーム

肌断食中は界面活性剤が含まれたものを断つことも重要です。肌をしっとりもちもちにさせる保湿クリームですが、実は界面活性剤が含まれているものがほとんど。肌断食中の敏感な肌に、界面活性剤が入った保湿クリームを補給しても、肌にとっては不純物が混ざってあまり良くないと言われています。

asvc

肌断食ではなかなか消えないシミ。そこで肌断食中に人気なのがASVC(活性保持型高濃度ビタミンC)​。ASVCはアスコルビン酸と呼ばれるビタミンCとグリセリンでできており、顔全体に塗布し、3分待って流すだけ​なので肌断食におすすめです。ただ、保湿力はほとんどないため、ワセリンと一緒に使うことをおすすめします。長く置いたままにしておくとヒリヒリしたり赤くなってしまうので、放置時間をしっかり守ってくださいね。

肌断食はやめたほうがいいとも聞くけど?

肌断食はリスクが非常に高い美容法なので、肯定派と否定派で分かれています。 100人中100人が肌断食をして美肌になれた!というわけではないので、普段通りのスキンケアをしていて特に何もトラブルや悩みがないなら、肌断食をせずに今のスキンケアを続けた方が無難かもしれません。肌断食をするならまずは自分の肌の状態をしっかり見極めることが大切ですよ。

保湿に対する見解は専門科でも分かれる

 肌断食中の保湿は、専門家でも意見が分かれているようです。年齢とともに皮脂の分泌量や肌の水分をキープする力が衰えてくるため、肌断食をしたからといってすぐに潤いに満ちた美肌になれるわけではありません。肌の潤いに必要なセラミドやコラーゲンなどの成分は外部から保湿ケアをして補ってあげる必要があるという専門家や、肌には本来の治癒力があるから保湿は一切必要ない、という専門家など、断食中の保湿は未だこれといった正解がないのが現状です。​

 効果なし・肌疾患が悪化する人もいる

肌断食をしても効果が実感できずに、アトピーなどの肌疾患が悪化する方もいるようです。乾燥を放置してしまうことで、皮脂分泌が過剰になり赤みやかゆみを伴う脂漏性皮膚炎になるパターンも……。

はるこ先生
多くの基礎化粧品の中には、油分と水を均等に混ぜるための界面活性剤や防腐剤などの肌に刺激の強い成分が入っているものがほとんどなの。界面活性剤などの肌への負担がかかるものが含まれた基礎化粧品を長年使っていると、肌にストレスが蓄積されて肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるのよ。

 そのため、界面活性剤などをできるだけ排除したシンプルなスキンケアを心がけるようにするといいでしょう。

肌断食が合わない人におすすめ保湿ケア3選

肌断食を始めてみて、なかなか効果が出なかった、乾燥が悪化してしまった…などという方におすすめの保湿ケアをご紹介します。合わない肌断食を続けていると、あらゆる肌トラブルやしわなどの肌老化を招いてしまうので、シンプルで肌に優しい保湿ケアをしていきましょう。

セラミディアル

 エトヴォスのセラミディアル モイスチャライジングローション​​は、保湿力をサポートするグルコシルセラミドや、肌表面でうるおいを守るヒアルロン酸、アルロン酸の2 倍の保湿力を持つリピジュア®​を配合している高保湿化粧水です。角質層に浸透してうるおいを守る浸透型ヒアルロン酸が肌表面と角質層内をダブルで保湿し、お肌を乾燥から守ってくれるだけでなく、人の肌の保湿成分と同じアミノ酸の天然保湿因子(NMF)も入っているため、みずみずしく潤いに満ち溢れた肌に導いてくれるでしょう。

なめらかで肌なじみの良い質感で使いやすく、シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は不使用でお肌にやさしい低刺激処方。天然ラベンダー花水香りに包まれてリラックス効果も!シンプルでおしゃれなデザインも女性に大人気です。

べたつきがないのでストレスフリーな使い心地です。

化粧水だけでなく、乳液や美容液も大人気です。


​150ml・3,200円(税抜)

そのほかにも、クリアソープバー​やモイストアミノフォーム​などの洗顔料、モイスチャライジングセラム​やモイスチャライジングクリーム​など基礎化粧品が一式揃っています。


セラミディアル 詳細はこちら

ラミューテ

 ラミューテのエンリッチ化粧水​は、超微粒子ナノヒアルロン酸やナノコラーゲンを配合し、肌のすみずみまで浸透・保湿してくれます。独自の蒸留・熟成法により、一般的蒸留法の約3倍の美容成分を含む熟成ダマスクローズウォーターが肌の芯から潤いで満ち溢れた美肌へと導くでしょう。

ダマスクローズ​は大人女性の肌トラブルの要因である女性ホルモンバランスにアプローチしてくれるので、乾燥やニキビなどにも効果的ですよ!乾燥が気になる部分には、コットンにたっぷりローションをたっぷり含ませ5~10分ほどパックとして使うとバラ由来のアミノ酸が肌に潤いを届きぷるぷる肌に。​

  •  
  • ずっと悩んでいた乾燥に効果が!
    4.5/5
    22歳・乾燥肌
    私はずっとお肌の乾燥で悩んでいましたが、このエンリッチ化粧水を使ってみて、お肌に変化が感じられました♪ 化粧水がすごくお肌にすぅーっと浸透して翌朝のお肌の乾燥が全然感じられませんでした! それが嬉しくて毎日お肌のケアをするのが楽しみになりました!! もっと使ってカンペキなモチモチお肌を目指したいと思います!

    ラミューテ公式サイト

ローズの香りに癒されながら保湿ケアができてリッチな気分になれますよ。

  •  
  • かなりニキビが減ってきた
    4.5/5
    29歳・普通肌
    最近、お肌に小さいニキビが出来ていて悩んでいました。でもラ・ミューテの化粧水を使い始めてからお肌の油分が整ったのかかなりニキビが減りました!! 混合肌なので油分が整うのはとってもHappy♪香りも強すぎないのでお肌に優しく気持ちよくケア出来ます。すぐにお肌になじんで浸透していくのもうれしいです。 毎回ケアの後お肌にふれてしっとりツルツル感を実感してます。 これからも使い続けます♪♪

    ラミューテ公式サイト

ラミューテの化粧水は、女性ホルモンバランスにアプローチ​してくれる効果もあるのでニキビ肌にもおすすめ!


 内容量・価格

100ml・6,300円(税抜)

​ 初回限定で、ビオリズム洗顔フォーム 120g、エンリッチ化粧水 100ml 、アドバンス保護美容液 30gの美肌セットもお得です。​

ラミューテ 詳細はこちら


 みんなの肌潤

「砂糖」がもつ「浸透力」「吸水・保湿力」に着目されて作られたみんなの肌潤糖は、原料の80%が北海道のビート糖で残り20%は、肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイルでできています。シンプルな処方ですが、その原料や加工にはこだわりが!特殊技術を開発して砂糖の角を丸く加工し、植物性のオイルでコーティングすることで赤ちゃんの肌にも優しく馴染むのだとか。

放射能試験も定期的に実施していて、品質審査が厳しいモンドセレクションにおいても5年連続で最高金賞を受賞。砂糖の力で肌を柔らかく、潤いが浸透しやすい状態にしてくれるそうです。

  •  
  • あるのとないのとでは肌のもちもち感の違いが!
    4.5/5
    23歳・敏感肌
    現在5袋ほどリピートしています。劇的になにかが変わる!といった商品ではなく、肌の状態を安定させるといった感じの商品になります。1度、試しに購入をやめていたのですが やはりあるのとないのとでは肌のもちもち感の違いが大きく、失ってから 良かったんだなと思い再度購入しました。私は顔にも背中や足にも使用しています。少し価格が高いため星を下げていますが、品質はとても満足しています!にきび、アトピー等で購入を悩んでいる方がいれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか(^^)

    アットコスメ

肌の状態を安定させ​てバリア機能を高めてくれます。使ってみればリピーターが多いのも納得できるはずですよ。

  •  
  • 全身ケアでつるつるに
    4.4/5
    45歳・敏感肌
    朝晩使って4袋目になりました。 なんとなく続けていたのですが、この冬はお肌にトラブルがまったくありませんでした。 たまに全身に使うと、つるつるになるのもいいですね。 もう少しお安いといいのですが、、、続けようと思います。

    アットコスメ

  顔にも背中や足​に​も全身に使えて、しっとりさに病み付きになる方が多数!​


容量・本体価格
100g・3,000円(税抜)

みんなの肌潤ろーしょん​、みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~​、みんなの肌潤風呂​のライン使いがおすすめです。​

 みんなの肌潤 詳細はこちら


肌断食中も乾燥したら保湿しよう

肌断食はリスクを伴う美容法なので、挑戦する場合は自分の肌の状態を見て確認しながら行っていき、少しの異常が出てしまったらすぐに中断しましょう。過度な保湿ケアで、手をかけすぎてもあまり良くない一方、乾燥を放置して全くケアをしないのも良くありません。肌断食中は特に乾燥したら適度な保湿をして、自分の本来のお肌としっかり向き合ってあげてくださいね。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事