アンチエイジング・エイジングをケアする化粧水6選!


そろそろエイジングケアをしておきたいけど、エイジングケアをするにはどんな化粧水が良いの?とお悩みではありませんか?
またすでに年齢肌トラブルが出ている場合は、どんな化粧水を使えばこのトラブルを改善できるかと悩んでいる人もいるかもしれません。

ここでは、若い世代におすすめのアンチエイジングの化粧水と40代以降におすすめのエイジングケアの化粧水をランキングで紹介します。
その他にも

  •  アンチエイジングとエイジングの違い
  • エイジングケアに必要なポイント
  • エイジングケアで気になる点

についてもお教えします。

今すぐにでもエイジング・アンチエイジング化粧水を知りたい!という人はアンチエイジング世代におすすめの化粧水TOP3からジャンプしてみてくださいね♪

アンチエイジングかエイジングか化粧品はどう選ぶ?

日焼けによるシミ、目じりのシワ、そして頬に刻まれたほうれい線……。
これを読むあなたも、きっとこのような「加齢のサイン=エイジングサイン」が気になってきているのではないでしょうか。
エイジングサインを改善・予防させる方法としては、アンチエイジング化粧品を使用するのも一つの手ですよね。

undefined
はるこさん
ほうれい線などのエイジングサインも、女性にとって大敵よね……。ほうれい線があるせいで、実年齢よりも5歳ほど年上に見られた!っていう話もよく聞くわね。今回は私がそんなエイジングサインにぴったりなアンチエイジング化粧水について、徹底的にリサーチしてみたわよ。
  • リサーチした商品数⇒24商品
  •  閲覧した口コミ件数⇒30件
  • 調べたサイト数⇒20サイト

そこで今回は、スキンケアの中でも化粧水にスポットを当て、アンチエイジングに効果的な化粧水について徹底的に調べてみました。
そもそもエイジングケアとはどのようなものなのか?そしていつから始めたらよいのか?そんなギモンについても、私水野がリサーチしましたので、お見逃しなく。

※本記事でのエイジングケアとは、老化に負けない若々しい肌をめざすこと

エイジングケアとはアンチエイジングのこと?

「エイジングケア」とは、直訳すると、「エイジング」=「加齢」を「ケア」=「お手入れ」するということ。
肌における加齢とは、シミ・シワ・くすみなどの現象のことを言います。

エイジングケアは年齢肌ケアのこと

エイジングケアはシミ・シワ・くすみ・ほうれい線などのエイジングサインが出始めたお肌のケアのことを言います。
上記のようなエイジングサインが出始める原因は以下のことがあります。

紫外線

紫外線は、人の肌にとって大敵と言っていいものでしょう。紫外線ダメージの代表的なものとしては、まずはシミが挙げられると思います。
しかしそれだけでなく、様々な肌の老化の原因となっていると考えられています。

紫外線は、日が照っていなくても、そして季節に関係なく、年中降り注いでいるものです。
それなので、紫外線対策も常に意識することが大切でしょう。日焼け止めも、朝塗ってそのままにするのではなく、3時間おきを目安に塗りなおすと効果的と言われています。

乾燥

肌の乾燥は、それ自体が小じわなどの原因となるだけでなく、肌のバリア機能低下にもつながるとされています。
肌のバリア機能とは、紫外線などの外からのダメージから、肌内部の細胞を守るためのもの。
肌に適度な水分や油分が保たれていることによって十分に機能するものとされています。

それなので、肌の乾燥を防ぐことは、紫外線ダメージから肌を守るためにも大切なことと言えるでしょう。

生活習慣

肌の糖化が起こる原因として考えられているのが、食生活などの生活習慣です。

糖化は、元々血糖値が高めの方にとっては、特に注意が必要なもの。
また、普段から甘いものを好んで食べる方や、炭水化物が好きな方も同様です。糖分の過剰摂取が、糖化を引き起こす可能性を高くするとされています。

まずは、毎日バランスの良い食事を3回摂ることが基本となるでしょう。

肌の糖化って?

過剰に摂取して余った糖質は体内のタンパク質とくっついてAGEsという物に変化します。この現象を「肌の糖化」と呼びますが、AGEsに変わるとき、タンパク質は茶褐色へと変色することが分かっていて、それがくすみの原因となるのです。
お肌のハリや弾力を保つために必須のコラーゲン・エラスチンもたんぱく質の一種なので、糖質がコラーゲンやたんぱく質とくっついてAGEsになることもあります。AGEsになることでコラーゲンやエラスチンが失われるとお肌のハリや弾力が失われるので、肌を老いさせてしまうのです。

エイジングサインが出始めたお肌、または肌の糖化が起こっている場合はすぐにエイジングケアを開始する必要があります。
年齢肌トラブルのケアや、現時点での年齢でできる最大限の肌磨きを行う事をエイジングケアと言います。

アンチエイジングは老化を遅めるケアのこと

アンチエイジングはエイジングトラブルが出る前、また少し出始めたかも?という段階でエイジングケアを開始することを言います。

そして、「エイジングケアは35歳くらいから始めるものかな?」 と考えている方も多いと思います。
しかしながら、エイジングケアは、決められた年齢で始めるわけではなく、自分の肌の状態を見て始める必要があるでしょう。

エイジングケアが必要となってくる、エイジングサインについて見ていきましょう。

エイジングケアの始め時を見極める!お肌の状態チェック

  • 以前の写真と比べると口角が下がってきた
  • 目元・口元の小じわが目立つ
  • 頬のたるみ・ほうれい線が目立つ
  • 毛穴が縦長に見える
  • 肌がくすみ透明感がない

これらのチェックポイントに多く当てはまった方は、エイジングケアが必要となっているお肌と言えるでしょう。

まだこういったサインが出ていないという人も、出ていない段階からエイジングケアをしておくことで年齢肌トラブルを予防することができます。
肌の老化を食い止める抗老化に繋がるので、特に気になる症状はないけど、数年後のお肌を若々しく保ちたいと考えている人はトラブルが出る前から抗老化のケアを始めておきましょう。

どちらのスキンケアにも必要なポイントは?

それでは、実際に販売されているエイジングケア化粧水においては、どのような成分に着目したらよいのでしょうか。

高保湿成分の充実

前述したように、アンチエイジングを目指すためには、まずは乾燥を防ぐことが大切です。
そこで、化粧水における保湿成分の中でも、高い保湿力が期待できる成分について調べてみました。

アンチエイジングのために選びたい高保湿成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

セラミド

セラミドは、肌の外側の方(角層)にある成分で、水分をため込む働きを持つとされます。
また、化粧品においても、保湿力の高い成分として知られており、多くの化粧水にも配合されています。

アンチエイジング化粧水を選ぶ際に注目してほしいのは、保湿効果がより期待できる「ヒト型セラミド」です。
化粧品に配合されるものとしては、セラミド2(セラミドNS)セラミド3(セラミドNP)などが挙げられます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、人の肌の内側の方(真皮)にある成分です。
細胞と細胞の間のクッションのような働きをしており、肌に弾力やハリを与えているとされています。

また、ヒアルロン酸自体にも水分をため込む性質があるため、保湿成分として多くの化粧品に配合されています。

コラーゲン

ヒアルロン酸と同じく、人の真皮にある成分で、肌に弾力やハリを与える役割を担っているとされています。
また、化粧品に配合されるコラーゲンとしては、肌表面に膜をはり水分の蒸発を防いだり、肌の内部まで浸透し水分を蓄える効果が期待できます。

有効成分の高浸透性

アンチエイジング効果がより期待できるのが、肌への浸透力が考えられた成分です。

人の肌の内部へ浸透できるのは、分子量500以下のものであると考えられています。
一方で、今回高保湿成分として挙げたヒアルロン酸やコラーゲンは、100万や30万の分子量とされており、そのままでは肌への浸透が期待できない成分です。

アンチエイジング化粧水に配合される成分の中には、ナノ化されたものがあります。ナノヒアルロン酸や低分子コラーゲンなどがその例です。
ナノとは大きさを表す単位のことで、1ナノは1ミリの100万分の1の大きさです。
このような成分を配合することにより、肌の内部へ成分をいきわたらせ、内側から保湿できる肌を目指すことができます。

合成成分無添加で低刺激

エイジングサインが目立つようになった肌は、水分や油分が十分に足りておらず、外部刺激から肌を守るバリア機能も低下している状態と言えるでしょう。
それなので、アンチエイジング化粧水を選ぶ上でも、肌に刺激を与えない、優しい処方であることが大切となってきます。

化粧水に配合される、肌に刺激があるとされる成分は、以下のようなものが挙げられます。

肌へ刺激を与えるとされる成分

  • 防腐剤
  • アルコール
  • 合成着色料
  • 石油系界面活性剤

これらの成分の中でも、防腐剤やアルコールは、化粧水の劣化を防ぐうえで大切な成分とも言えるでしょう。
しかしながら、その成分が強すぎると、エイジングサインが出ている肌にとっては刺激となり、何らかの肌トラブルの原因となる可能性もあります。

合成着色料は、商品を良く見せるために配合されていると言えます。
健康的な肌の場合は問題ないかもしれませんが、エイジングケアを必要としている肌にとっては、避けるべき成分と言えるでしょう。

石油系界面活性剤は肌のバリア機能を低下させる恐れがあるといわれています。
敏感肌は元々バリア機能が低下している状態なので、さらに低下してしまうとより刺激に弱いお肌になってしまうので、石油系界面活性剤が含まれる化粧水はおすすめできません。

ランキングからベストワンを見つけよう!

次からエイジングケアにおすすめの化粧水を紹介していきますが、その前にどういった基準で化粧水を厳選したのかを紹介します。
化粧水を選んだ基準は以下です。

  • 低刺激
  • 美容成分の充実
  • 効果…保湿効果・肌ハリ効果・美白効果
  • コスパがいい…価格と効果のバランス
  • 口コミ評判

これらの基準から商品を選び、独自に評価しています。

点数が高いものから順に並んでいますが、1位だから必ずしも良いという物ではありません。
いずれもおすすめのエイジングケア化粧品なので、あなたにピッタリの化粧水を見つけてみましょう。

アンチエイジング世代におすすめの化粧水TOP3

まずはアンチエイジング世代におすすめの化粧水TOP3を紹介します。年齢肌トラブルを予防したい20~30代におすすめです。

B.A ローション

 \アンチエイジングの“極み”がここに!/ 

B.A ローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98.5点
  • 価格:11,880円21,600円(税込)
  • 内容量:60ml / 120ml
  • メーカー:ポーラ

ポーラのエイジングブランドと言えば「B.A」。そして数多のベストコスメ受賞歴にも含まれているのが、こちらのB.Aローションです。

皮膚に備わる誕生因子に着目し、肌の生まれ変わりを最先端の技術でサポートします。“ぷるぷるの水まんじゅう”のような肌を目指したという開発秘話にあるように、翌朝は内側から溢れるハリと、なめらかな肌を実感できるでしょう。

基本は2プッシュで十分ですが、シワやハリのなさが顕著に出やすい目元や口元には重ねづけを。こうすることで、将来のエイジングサインをより遅らせることができます

フローラルウッディの香りは年齢を問わない落ち着いた香気で、“天然”にこだわっています。他の化粧水とは一線を画すその実力を、まずはハーフサイズ(60ml)からお試しください!

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • 量の減りがわからない…
    30代
    素敵なデザインのボトルですが、化粧水の減り具合がわからないので、いつ無くなるのか。。予測不能です。

    公式サイト


  •  
  • 値段が貼るのがネック
    4/5
    30代
    さすがお高いだけあって、肌なじみが格段に良いです。ついついローションおかわりしてしまいます。 値段が張るのでマイナス1です。

    公式サイト

スタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴的なB.Aですが、たしかに中身は見えない仕様になっています。化粧水の出方などをみて判断しましょう。

購入前はその価格に足踏みする人もいるようですが、「値段以上の価値がある」とリピートする人が圧倒的なので、まずはハーフサイズから試してみることをおすすめします。

良い口コミからみるメリット

  •  
  • これまでの化粧水とは別格!
    41歳
    この化粧水はつけたその日に『今まで使っていたのとは全く違う』と思いました。まず、ローションをつけた部分がつるんとして、肌がふっくらとして毛穴が締まります。そして、化粧ノリがとても良いです。 基礎化粧品にこそ投資すべきと改めて気づかせてくれたローションです。

    @cosme

  •  
  • 敏感肌なのに問題なし
    32歳
    使い始めて1週間ほどですが、くすみ抜け、しっかり潤って毛穴やザラつきゴワつきが感じなくなりました。おそるべしポーラ!!!!!超乾燥肌でかなり敏感なのですが、満足いくしっとり感で、肌荒れもないです。 お値段もおそるべしですが、皆さんおっしゃる通り、2プッシュで十分ですのでランニングコストはいいかと。

    @cosme

口コミで多かったのが、たった数回の使用で毛穴やくすみ、乾燥の改善が見られたということ。敏感肌の人も問題なく使えているところが安心ですね。

また、「肌の基礎代謝が上がっている気がする」という劇的変化を実感している人も!みなさん、お値段以上の効果を得ているようです。

公式サイトを見てみる

B.Aローションの成分と特徴

B.Aローションの要となる成分はこちら。

  • 肌の誕生因子のひとつ「バーシカン」を配合
  • シルクの原料として使われる希少な「ゴールデンLP」を配合

バーシカンは、胎児期に大量に生み出される成分のこと。大人になるにつれてほとんどが消滅してしまうこの成分を補うことで、みずみずしい赤ちゃんのような肌を保つことができます。

また、濃密なのに肌にスムーズになじんでいくテクスチャーへのこだわりが強いのもポーラの特徴。

効果・成分・テクスチャーすべてにおいて、アンチエイジングの極みを追求した贅沢なローションに仕上がっています。

B.Aローションを安く買う方法

全国のポーラカウンターをはじめ、公式ストアかアマゾン、楽天にて販売中。価格は下記の表にあるとおりですが、公式ストアで購入すると、レビュー投稿で特製コットンがもらえたり、人気アイテムのサンプルがもらえる特典なども付いてきます。

このローションだと送料も無料なので、ぜひ安心の公式ストアを利用しましょう。

楽天・Amazonと公式ストアの価格比較(2018年2月現在) ※120mlで比較

公式ストアamazon楽天
21,600円18,300円20,520円

公式サイトを見てみる

アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II

\美白成分と保湿成分で若々しい肌をサポート/ 

Source: 公式サイト

アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:5,400円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:アンプルール

速攻型ビタミンC誘導体マキベリーエキスなどの肌老化を防ぐ4つの成分を複合化したAOカプセルが、肌の老化をストップさせ、若々しいお肌を維持していくアンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II。

AOカプセルは化粧水に含まれる新安定型ハイドロキノンの働きをサポートする力を持っているので、ハイドロキノンが持つメラニン色素に働きかける効果にも期待できます。
保湿成分も含まれているので、美白ケアとエイジングケアだけでなく、肌に潤いを満たす保湿ケアも一緒に行う化粧水です。

とろりとした濃厚なテクスチャーで、口コミでは「浸透していることを実感出来る」「しっとりする」という声が目立ちました。お得でさまざまな特典がつく定期購入がおすすめ。

公式サイトを見てみる

ジェイドブラン ハイドレーティングローションM

 \天然由来の保湿成分が乾燥肌を潤いで満たす/

Source: 公式サイト

ジェイドブラン ハイドレーティングローションM

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.2点
  • 価格:6,226円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:ジェイドブラン

肌本来の保湿力を高めるオーガニック成分の他、高保湿成分のリピジュアや肌の状態を整える作用を持つセラミドを配合しているジェイドブラン ハイドレーティングローションM。

肌の状態を整え、さらにリピジュアがたっぷりの潤いを取り込むことで乾燥しがちなゴワゴワ肌を柔らかくしてしっとりとした状態に。
肌本来の力を高め、美白有効成分のビタミンC誘導体がしみやくすみにも働きかけていくので、複数の年齢肌トラブルに働きかけてくれる化粧水です。

化粧水を含む、洗顔からクリームまでのフルラインをお試しできるトライアルセットもありますので、初めての人は公式サイトで販売中のお試しアイテムから使ってみてくださいね。

公式サイトを見てみる

*デリケートな肌の方は敏感肌用のエイジング化粧水についても紹介されているコチラの記事もどうぞ↓↓

敏感肌用におすすめのランキングTOP3!化粧水からファンデーションまで18選!

エイジングケア世代におすすめの化粧水TOP3

次にエイジングケア世代におすすめの化粧水TOP3を紹介します。年齢肌トラブルが出ている40~50代におすすめです。

ビーグレン QuSomeローション

 \長時間続く潤いがお肌を柔らかく潤す/

Source: 公式サイト

ビーグレン QuSomeローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:5,400円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:ビーグレン

加齢とともに硬くなっていくお肌の角層を整え、さらに長時間続く潤いを届けることで柔らかなモチモチ肌へと導いてくれるビーグレン QuSomeローション。

角層を整える作用を持つペプチドとホメオシールドが乱れがちなお肌を正常に整え、VCエチルが肌環境を整えて健康的なお肌へと変えていきます。
肌のバリア機能を構築する作用を持つアッケシソウエキスがバリア機能が低下したお肌を守ってくれるので、肌を守りながら肌の状態を整えていく化粧水です。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • 残念
    シミやニキビに効果的とネットでみてトライアルとライン使いとで使用しました。 私には、可もなく不可もなく。 効果はないけど、高くて、これならまだ自分に合う違う商品があると思いました。

    アットコスメ

  •  
  • リピートしない
    かなり乾燥肌ですがこちらの化粧品の使用感は重く感じます。 他の方の口コミほどに本当に浸透してるのか疑問です。 潤ってる風で、実は浸透してないから表面が重くなるんじゃないのかな。 ある程度は潤いますが。

    アットコスメ

可もなく不可もなく、使用感が重いという声がありました。

加齢による乾燥や乾燥による肌トラブルに悩む人におすすめの化粧水なので、これらのお悩みがない人が使っても特に効果を実感できないかもしれません。
使用感が重いのはしっかり浸透していない可能性もあるので、お肌に優しく押し込んで完全に浸透させるようにしましょう。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 乾燥の時期もローションでしっとり
    毎年秋から冬にかけ乾燥がひどく、特に口周りや目元など顔の皮膚はヒリヒリしていて粉が吹いてしまうほどでした。しかし洗顔後QuSomeローションをつけた途端にしっとりと肌になじみ、今では慌ててクリームを重ねなくても良いほどに!

    公式サイト

  •  
  • ほうれい線に効いてる感じ
    効果は、サンプルの段階で感じましたので即効性もあると思います。自分で言うのもお恥ずかしいですが見た目年齢は10歳は若いと言われていましたが自分ではほうれい線が気になりだしていましたので、10年近く使用していたメーカーを止め、こちらにTryしました。 人様に物を勧めるのは苦手な私ですがこちらの商品だけは自信を持ってオススメ出来ます。

    公式サイト

お肌にしっとり馴染む、ほうれい線に効いているという声がありました。

お肌にたっぷりの潤いを与えていくので、カサカサしていたお肌がしっとりとしていきます。
潤いを継続して与えていくことで乾燥で発症したほうれい線の改善にも働きかけていくので、年齢肌トラブルにお悩みの人にもオススメです。

公式サイトを見てみる

ビーグレン QuSomeローションの成分と特徴

  •  角層を整える働きを持つ数種類のペプチドを配合
  • 4つの美容成分と独自テクノロジーを複合化
  • 17時間留まる潤いが加齢で硬くなったお肌を柔らかくする

年齢や乾燥によって乱れがちなお肌の角層は、角層内のバランスが崩れることで乾燥が悪化し、日増しに状態は悪くなります。
この乱れた状態を数種類のペプチドが働きかけることで正常に整え、さらにホメオシールドとVCエチルもこの働きをしてくれます。

肌状態を整えるホメオシールドとVCエチル、バリア機能を構築するアッケシソウエキス、肌の内側から弾力を与えていくEDP3の4つの美容成分をビーグレン独自テクノロジーのQuSomeと複合化。
このテクノロジーと複合化することで角層の奥にまでしっかり成分を届け、その成分を長時間留めることで効果を最大限に発揮します。

4つの美容成分を長時間肌に留めてくれるので、お肌のバランスをしっかり整えてくれますよ。

ビーグレン QuSomeローションを安く買う方法

ビーグレン QuSomeローションは市販での取り扱いがないので、ネット通販サイトでの購入となります。
公式サイト・楽天・amazonで取扱いがあります。

amazonが最も安くなっていますが、公式サイトは送料無料・365日の返金保証という特典を用意しています。
購入することでの特典が非常に大きいので、公式オンラインショップでの購入がおすすめです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイト楽天amazon
5,400円(税込)5,785円(税込)5,300円(税込)

公式サイトを見てみる

アスタリフトホワイトブライトローション

\美白×保湿のアプローチで美しい肌に/

Source: 公式サイト

アスタリフトホワイトブライトローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:4,104円(税込)
  • 内容量:130ml
  • メーカー:富士フィルム

アスタリフトホワイトブライトローションは、ナノ化された独自成分が配合された美白化粧水です。

中でもナノAMAは、「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」を複合しナノ化した美白有用成分
それにうるおい成分であるフェルラ酸を加え、肌の奥に浸透し、内側からハリや透明感のある肌を目指すことが期待できます。 

アスタリフトホワイトブライトローションは市販の他、公式の通販サイトで購入できるので、気になる人はオンラインショップを覗いてみましょう。
化粧水からクリームまでのセット+先行美容液とUV乳液がついたお得なトライアルセットがありますので、初めて使う人はお試しから使ってみましょう。

公式サイトを見てみる

オルビスユー モイストアップローション

\年齢肌トラブルを探し出すHSP配合/

Source: amazon

オルビスユー モイストアップローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.4点
  • 価格:3,024円(税込)
  • 内容量:180ml
  • メーカー:オルビス

「そろそろアンチエイジングをスキンケアに取り入れようかな……」そんな30代の方におすすめなのが、オルビスユーモイストアップローション。

こちらには、ヒートショックプロテイン(HSP)が配合されています。HSPは、紫外線ダメージなどから肌を守るはたらきを持つことが分かってきています。
HSPを配合することにより、加齢によって気になってきたくすみやたるみを改善させる効果が期待できます。

オルビスユー モイストアップローションは市販の他、公式の通販サイトで購入できるので、気になる人はオンラインショップを覗いてみましょう。
化粧水を含む、洗顔から保湿液までのセットをお試しできるトライアルセットがありますので、初めて使う人はお試しから使ってみましょう。

公式サイトを見てみる

*しばらくプチプラ化粧水でシンプルケアしたい方はコチラの記事もどうぞ↓↓

化粧水24選!お安いプチプラ&おすすめをタイプ別でランキング!

教えて!美エイジングのための素朴なQ&A

ここではエイジングケアとして知られているけど、これって本当?という疑問についてお答えしていきます!エイジングケアについて気になることがある人は必見です。

アンチエイジングになる水の飲み方って?

水は人間にとってとても大事なものです。
水をたくさん飲むことで体内の水分を新鮮なもので保ち、体内の老廃物を水と一緒に排出することができます。

これによって体内の巡りが良くなり、さらに肌にたくさんの水分を蓄積することでお肌の乾燥を防ぐこともできるといわれています。
アンチエイジングというよりは健康法の一つですが、体にもお肌にも良い影響を与えるのでアンチエイジングの一つとして実践してみても良いでしょう。

ただ水を飲み過ぎると体が冷えて逆に巡りが悪くなるということもありますので、飲み過ぎには注意してくださいね。

エイジングケアにおすすめな化粧水パックの方法は?

雑貨店やドラッグストアなどにはエイジング成分が配合されているシートパックなども販売されていますので、一度は使用したことがあるという人も多いでしょう。
しかし既製商品のシートパックには防腐剤やアルコールと言った刺激成分が大量に含まれているものも多いため、これによってトラブルが起きる恐れがあります。

おすすめは手持ちのエイジングケア化粧水をシートパックに染み込ませて使う方法。
化粧水が染み込んでいないシートパックを購入し、それに手持ちの化粧水を染み込ませて使ってみましょう。

オールインワンジェルを使っている場合は寝る直前にジェルを顔に薄く伸ばして、そのまま眠りましょう。
眠っている間はジェルによってお肌が密封されている状態なので、美容成分や保湿成分がお肌に浸透し、ジェルがその成分の蒸発を防いでくれるので寝起きはしっとりとしたお肌になりますよ。

メンズのエイジングケアはいつから始めるといい?

男性はスキンケアをしないという人が多いですし、女性のようにメイクをすることもないため鏡を見る機会が少なく、自分の顔をまじまじと見ることもあまりないと思います。
そのため女性に比べると肌の老化に気付きにくいので、男性はいつ頃からエイジングケアを始めるべきかがわかりませんよね。

特に肌の悩みがなくても、30代頃からエイジングを意識したケアを始めておくことがおススメです。
その頃からしっかりケアをしておけば年齢肌トラブルを予防し、若々しいお肌を維持できますよ。

30代からの基礎化粧品について知りたい方はコチラの記事もどうぞ↓↓

30代に人気の基礎化粧品TOP 10!エイジングケアも始めよう♪

アンチエイジングからのエイジングケアで美しく年を重ねよう

アンチエイジング化粧水は、様々な効果を謳うものが販売されています。
その中から自分に合ったものを選ぶのは、なかなか大変なのではないでしょうか。
しかしながら今回は、エイジングケアのポイントや、エイジングサインに効果が期待できる成分についても見てきたので、化粧水選びのヒントとなったのではないでしょうか。

20代頃からアンチエイジングケアができる化粧水でケアしておき、40代頃からエイジングケアの化粧水でケアしていくことで年齢肌トラブルを防ぐことができます。
若いときから継続してエイジングケアをしておくことで数年後のお肌も若々しく保てますので、エイジングケアなんてまだまだと思わずに若いときからしっかりケアをしておきましょう。

もう一度おすすめの化粧水を見たいという人はコチラからジャンプしてみてくださいね。

※本記事でのエイジングケアとは、老化に負けない若々しい肌をめざすこと