綿棒とオイルで角栓がごっそり?!口コミ人気の方法の分析結果とは

綿棒がニベアやオロナインより優秀な角栓ケア!?

角栓のケアは方法を間違えてしまうと、毛穴の開きや炎症の原因になると考えられています。近年ではさまざまな角栓のケアアイテムが販売されていますが、「わざわざ用意するのがめんどくさい」「手軽に角栓のケアをしたい」と考えている人もいるでしょう。実は綿棒とオイルを使って簡単に角栓を除去することが出来ると言われているのです。

少し検索すると綿棒で角栓のケアをする方法が動画や画像などで紹介されていますが、この方法は本当に肌に優しい角栓のケア方法なのでしょうか?綿棒で行う角栓のケアについての評価や実際の効果を調査していきます。効果や評価を知った上で、「綿棒でケアしたい」と思う人はやり方などを参考にしていきましょう。角栓が出来る原因や、一緒に使用するおすすめのオイルの種類なども合わせてお伝えしていきます。

【結論】肌負担は少ないが、角栓効果はイマイチ

綿棒を使った角栓の除去は、肌への負担が少ない方法だと考えられています。肌への負担が少ない方法であっても、効果がなければ意味がありません。オイルと綿棒で角栓を除去する方法は本当に有効な方法なのかを考えていきましょう。

オイルで角栓はごっそり取れない

角栓は酸化した皮脂や古い角質が混ざって出来たものです。毛穴の中にある角質は通常古くなると自然に剥がれ落ちる仕組みになっています。しかし、何らかのが原因で毛穴の中に古い角質が溜まると余分な皮脂と結びついて固まります。これが角栓なのです。

たんぱく質である角質が混ざってできているものなのでオイルを塗ったからといって完全に角栓を溶かすことは出来ません。オイルである程度柔らかくする程度の効果なのです。そのため、オイルを塗って綿棒で擦るだけで綺麗に角栓を除去することは難しいと考えられています。

また、取れたとしても、これは毛穴の中に詰まっている角栓ではなく表面に出ている落ちやすくなっている角栓です。奥に詰まっている角栓を綿棒で取り除くためには強い力で毛穴を押して角栓を押し出す必要があると考えられています。

はるこ先生
角栓を無理に引っ張り出そうとするのはおすすめできませんよ。無理に引っこ抜くことで、毛穴がダメージを受けて黒ずみなどの原因になってしまう可能性があります。また、毛穴の炎症を引き起こすこともあるのです。角栓はしっかりと溶かして除去しやすくすることが大切なのです。

肌負担もゼロじゃない

綿棒を使用すれば、肌いダメージを与えないというわけではありません。角栓を除去するシートパックは一気にシートパックを剥がすので肌に大きなダメージを与えます。このような強いダメージはありませんが、綿棒で肌をコロコロすることでも摩擦などのダメージが加わる可能性がある事を忘れないようにしましょう

また、しっかりと角栓が取り除けないことが原因で、無理に綿棒をゴシゴシしてしまう人もいます。このようなリスクによって肌に大きなダメージを与えることもあるので、肌に優しいおすすめの方法だと言い切ることが出来ません。

口コミでは取れると評判だけど?

オイルと綿棒を使った角栓の除去方法を行っている人の口コミを見ていると、「角栓が綺麗に取れる」というような口コミが多いように感じます。さまざまな角度から口コミを調べて、綿棒での角栓の除去のメリットやデメリットを考えていきましょう。効果があった人の口コミや効果が実感出来なかった人の口コミを大公開します。

効果あり

  •  
  • 1週間程度で
    4/5
    一日で完璧にきれいにはなりませんでしたが、一週間続けたところでかなり効果が見られました。 綿棒だと手で洗顔できない細かいところもお手入れしやすいので、かなりピンポイントできれいに出来ます。

    肌キメ

 

はるこ先生
実際に、綿棒とオイルを使って角栓を除去している人の中には「この方法はいいかもしれない」「これからも続けていきたい」などの高評価をしている人も多いようです。ただ、多くの人が1回で綺麗にするのではなく定期的にケアをして徐々に角栓のケアをしています。

効果なし

  •  
  • コツがあるのかな?
    2/5
    効果ありましたか? 何度かやってると綺麗になるのかな? 主はあまり実感できません。 コツとかあれば聞きたいです。

    ママスタジアム

はるこ先生
実践してみたけど全く効果が得られなかったという人の少なくないようです。気軽に出来る方法ですが、効果がなければ意味がありません。角栓の状態や方法などによって効果は変わってきますが「確実に良い効果が得られる」という訳ではないことを頭の中に入れておきましょう。

メリットがある

はるこ先生
いつでも簡単に出来るというメリットを感じている人が多いように感じます。また、オイルと綿棒を用意するだけなのでコスパが良いという意見も多いです。

デメリットもある

  •  
  • オリーブオイルが原因で……。
    2/5
    ただし私の場合、オリーブオイルをよく洗い流していなかったからか、ニキビができやすくなってしまいました。 またこの方法は、今現在の毛穴の汚れをある程度落とすことはできますが、やはりしばらくするとまた角栓などで毛穴が目立ってしまいます。

    肌キメ

  •  
  • ベタベタする
    1/5
    オリーブオイルだよね?私も綿棒二本使ってグイグイ押してみたけど、何にも変わらずベタベタするし一回でやめた。

    ママスタジアム

  •  
  • 逆に詰まった
    1/5
    毛穴ケアにオイルは絶対にダメだよ。つまらせるだけ。

    ママスタジアム

はるこ先生
オイルを活用したケア方法なので、使用したオイルのすすぎ残しでニキビが大量に出来てしまうこともあるようです。また、人によってはオイルのべたべた感が気になったりオイルが毛穴に詰まって角栓ができやすくなったと感じている人もいますよ。

 他のケア方法と比較してみて

はるこ先生
他の方法で角栓を除去したほうが肌に優しいし効果的だと感じている人も多いです。また、実際に行ってみて綿棒は肌に悪いと感じて泡パックやジェルパックを行っている人もいます。

さまざまな角度から口コミを見ていると、角栓の除去が出来たとしても定期的にケアをする必要があるようです。

毛穴の中に詰まっている頑固な角栓は一度では除去することが出来ないのです。また、綿棒をゴシゴシと擦ることで「肌に負担が掛かる」という意見もありあまりオススメできる方法ではないように感じます。その他にも、綿棒での角栓のケアが原因が毛穴が開いたり黒ずみが悪化したりニキビなどの肌トラブルを引き起こしている人もいるので注意が必要と言えるでしょう。「安い」「気軽に出来る」ことのみが綿棒での角栓取りのメリットだと判断できます。

それでも興味ある?【綿棒で鼻の角栓を取る方法】

綿棒とオイルで角栓を除去する方法のデメリットやリスクを知った上で「気軽に出来るなら試してみたい」と感じる人もいるかと思います。興味がある人は、肌への負担を軽減させながら正しい方法でケアを行っていきましょう。綿棒で鼻の角栓を取る方法をご紹介します。

綿棒を使ったケア方法は「肌表面の角質を無理矢理剥がす」ということがないので数々のケア方法の中でも負担が少ない方法だと考えられているようです。また、綺麗に除去できなくてもいいから一時的に毛穴を綺麗にしたいと考えている人におすすめです。大切な日の前日の毛穴のケアに活用してきましょう。

準備するもの

準備するものはとてもシンプルです。「綿棒」と「オイル」を用意しましょう。オイルは普段自宅で使用しているものでも良いでしょう。また、綿棒は、普段使用している100円ショップなどのもので十分です。

基本の方法

まずは綿棒とオイルを使った基本の方法を頭の中に入れておきましょう。しっかりと手順を守ってケアをしていくことが大切です。間違えた方法でケアをしてしまうと肌トラブルの原因を作りだすこともあるので注意をしましょう。

  1. まずは、クレンジングを使ってメイクや顔の汚れを綺麗に洗い流します
  2. クレンジングが肌に残らないように洗顔料を使って優しく洗顔をします
  3. 洗顔料はしっかりと泡立てて優しくマッサージをするようなイメージを行いましょう
  4. ぬるま湯ですすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します
  5. 顔についている水分をふき取ります
  6. 蒸しタオルを使って鼻の毛穴を開きます
  7. 綿棒にたっぷりとオイルを染み込ませます
  8. 綿棒を鼻全体にコロコロ転がすようなイメージで角栓を除去します
  9. 綿棒の滑りが悪い時には肌にもオイルを軽くつけます
  10. もう一度洗顔をして肌に付いているオイルを綺麗に洗い流します
  11. すぐに化粧水で水分補給をしましょう
  12. 保湿ケアもしっかりと行って開いている毛穴を閉じることが大切です
undefined
はるこ先生
角栓の除去をした後に保湿ケアをしっかりと行わないと、毛穴が開きっぱなしになってしまうので注意をしましょう。化粧水で毛穴を引き締めてあげるようにケアすることが大切です。

綿棒2本で押し出しするのはダメ

綿棒2本を使って毛穴の中に溜まっている角栓を押し出す方法もありますが、この方法はあまりおすすめできません。本来角栓は少しずつ生成されます。

この生成された角栓は角質のターンオーバーと一緒に自然に押し出される仕組みになっているのです。まだ、自然に押し出されていない状態の角栓を無理に押し出すと肌の機能が過剰に反応して、未発達の角質をにダメージを与える原因になることがあります。未発達の角質がダメージを受けると、皮脂の分泌が活発になって角栓が出来やすくなるので注意をしましょう。

また、無理に綿棒でゴシゴシとすると肌に大きなダメージを与えます。ダメージを軽減させる為には、オイルをたっぷりと使用して肌への摩擦を軽減させてあげることが大切なのです。

オイルは何を使う?ダメなのは?

ケアにはどんなオイルを使用してもいいと言う訳ではありません。どんなオイルを使用するべきなのかを知っていくことも大切です。間違ったオイルを使用すると、肌に大きな負担を与えてニキビや炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意をしましょう。

それぞれのオイルが使用できるのかをお伝えします。

ベビーオイル

ベビーオイルは、赤ちゃんにも使用できる刺激の少ないオイルです。顔や身体、髪の毛などさまざまな部分に使用できるので1本持っていると重宝するという意見が多いのです。ベビーオイルでの角質の除去は、肌に優しいオイルなのでOKだと言われています。

オリーブオイル

オリーブオイルは、肌に優しい植物性のオイルです。そのため、鼻の角栓の除去に使用することが出来ます。に優しい植物性のオイルの中でも、比較的手に入れやすいので多くの人が活用しているようです。

サラダ油

サラダ油の中には、多くの油分が含まれています。また「自宅にある」という点ではすぐに用意出来る万能のアイテムだと感じる人もいるかと思いますが、サラダ油での角栓の除去はNGです。

サラダ油の油分はとても多いので鼻に擦りこむように使用するとニキビが出来やすくなる可能性があります。また、毛穴の中にサラダ油が溜まって黒ずみが出来やすくなるようです。

はるこ先生
ケアをしたはずなのに肌トラブルが起きやすくなってしまう可能性がある事を忘れないようにしましょう。身近なものでケアを行いたい時には「オリーブオイル」がおすすめです。

ホホバオイル

ホホバオイルはクレンジングやヘアケア、ニキビケアなどさまざまなケアに使用することが出来るオイルです。非精製のホホバオイルの中にはビタミンやミネラル、アミノ酸など肌の健康を維持する効果のある成分が豊富に含まれているのです。角栓のケアにも使用することが出来ますが、お風呂の中にホホバオイルを入れると湿気で品質が落ちるので湿気が多い場所での保存や使用は避けましょう。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは油分を取り除く強い力があります。そのため、クレンジングオイルで角栓のケアをすると皮膚に必要な皮脂まで取り除かれてしまうのです。必要な皮脂が取り除かれると、皮脂の分泌が活発になり角栓ができやすくなると考えられています。クレンジングオイルはメイクを落とすものなので角栓のケアに使用するのはやめましょう。

はるこ先生
クレンジングオイルでの角栓のケアをおすすめしている人もいますが、角栓が悪化する原因になるのでおすすめできません。

角栓が取っても取ってもできる理由

定期的に角栓のケアをしているのにすぐに毛穴が角栓で詰まってしまうという悩みを抱えている人もいるかと思います。角栓を取っても再び角栓ができる理由を見ていきましょう。角栓ができる理由を知って、頻繁に角質が出来ないようにしっかりと肌のケアをしていくことが大切です。

角栓を取っても原因は未解決

角栓をとっても根本的な原因が解決出来ていません。角栓は、余分な皮脂や古い角質が混ざって出来ているものなのです。そのため、根本的な解決をする為には余分な皮脂が分泌されないようにしっかりと肌のケアを行ったり、毛穴に詰まっている古い角質を取り除いてあげることが大切だと考えられています。余分な皮脂の分泌や古い角質の詰りが何故起こるのかを考えていきましょう。

肌の乾燥

肌が乾燥していると、毛穴の中に余分な皮脂や汚れが溜まりやすくなってしまいます。乾燥すると肌がカサカサになって硬くなります。皮膚が硬くなることで毛穴の伸縮力が低下して余分な皮脂や汚れが溜まりやすくなるのです

鼻や口周りはさまざまな刺激を受けやすい場所です。そのため、摩擦などの刺激が原因で皮膚が硬くなって乾燥し角栓が詰まりやすくなると考えられています。

はるこ先生
角栓とは関係なさそうな肌の乾燥も実は深い関係があるのです。洗顔後は肌が乾燥しやすいのですぐに保湿ケアが出来ると良いでしょう。

ターンオーバーの乱れ

生活習慣や食生活の乱れ、スキンケア不足などは肌のターンオーバーの乱れの原因になります。ターンオーバーが乱れて正常に行われないことにより、古い角質が肌の表面に残りやすくなってしまうのです。また、どんどん古い角質が蓄積されることで角質が硬くなったり分厚くなることもあるので注意が必要です。これが原因で肌が固くなると毛穴の汚れが排出されにくくなって角栓ができやすくなります。

過剰な皮脂

皮脂の分泌が活発になると、毛穴の中に皮脂が溜まりやすくなります。毛穴に余分な皮脂が詰まることで角栓ができやすくなってしまうのです。皮脂腺の働きが活発な10代~20代の人が過剰な皮脂に悩まされやすいと言われています。

また、生活習慣の乱れなどが原因で男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂の分泌が活発になるので注意をしましょう。肌の内部の水分量が低下して皮脂がたくさん作り出されてしまう事もあります。

はるこ先生
皮脂の分泌が活発になっているからといってスキンケアを怠ってしまうと、さらに過剰な皮脂の分泌を引き起こす可能性があると言われています。皮脂が多くてもしっかりとスキンケアをすることが大切です。

無理やりケアでよりできやすい肌に

一度にたくさんの角栓のケアが出来る商品として、シートタイプのものも販売されています。シートタイプはシートの粘着力で角栓を引っ張り出す方法として知られています。ですが、このような方法は肌の表面の角質を無理に剥がしてしまうことにより、ターンオーバーが乱れる原因になることがあります。

また、毛穴の奥に詰まっている角栓を引き抜くと毛穴の炎症に繋がったり、皮脂の分泌を活発にする原因になるので注意をしましょう。

毛穴の状態を悪化させる角栓のケア方法

  • シートタイプで無理に角栓を引っ張り出す
  • 手で押し出す
  • 強くこすって除去する
  • クレンジングオイルでケアをする
  • 洗顔料でゴシゴシこする

毎日の簡単ケアで角栓を取る方法

毎日のケアを怠っていると毛穴に角栓が詰まりやすくなってしまうと考えられています。嫌な角栓に悩まされないように普段のスキンケアでしっかりと角栓を除去していきましょう。簡単に出来る角栓を取る方法を大公開します。おすすめの商品を合わせてお伝えするので参考にしていきましょう。

クレンジングと洗顔の見直し

間違ったクレンジングや洗顔の方法は、毛穴の中にメイク汚れや余分な皮脂が溜まりやすくなってしまいます。これが原因で角栓が出来ないようにしっかりとクレンジングや洗顔で汚れを落とすことが大切なのです。

オイル系のクレンジング剤を使用すると、毛穴の中にクレンジング剤が残り黒ずみを作り出すこともあるので注意をしましょう。オイルが含まれていないクレンジング剤で綺麗にクレンジングします。

また、洗顔料は刺激の少ないものや超微粒子の毛穴の汚れを落とす成分が含まれているものがおすすめです。

クレンジングと洗顔の正しい方法

  1. ポイントメイクなどの落ちにくい部分は、ポイントリムーバーなどを使用しましょう
  2. クレンジング剤で優しくマッサージをするようにメイクを落とします
  3. すすぎ残しがないようにぬるま湯でしっかりと洗い流します
  4. 洗顔料をしっかりと泡立てます
  5. 油分の多いおでこや鼻に泡を置いて優しくマッサージをするように洗顔をします
  6. 乾燥しやすい部分は軽く泡を当てる程度で十分です
  7. ぬるま湯でしっかりと洗顔料をすすぎます
  8. 刺激を与えないように清潔なタオルで押さえるように水分を拭きとります
はるこ先生
洗顔やクレンジングは、ゴシゴシと強い力で擦らないことがポイントです。すすぎ残しがないように生え際やフェイスラインを意識してすすいでいきましょう。

おすすめ!オルビスクレンジングリキッド

オルビスのクレンジングリキッドは、オイルが含まれていないのが特徴です。オイルは含まれていませんが高い洗浄力でしっかりとメイクを浮かせて落とすことが出来ます。それだけではなく、オイル特有の使用した後の嫌なベトつきを感じたりオイルが原因で毛穴が黒ずむのを予防することが出来ます。

また、オイルが顔に残ることが原因で起こる肌荒れの予防にも効果的なのです。簡単にすすげるのに、しっかりとメイクが落とせる注目のアイテムです。

オルビスクレンジングリキッド

▼オルビスクレンジングリキッドの口コミ・体験レポはコチラ!▼

オルビス クレンジングリキッドは落ちない?マツエクにも使える?通販値段比較・口コミ・成分・使い方・販売店リサーチ

おすすめ!どろあわわ

どろあわわは密度の濃いもこもこの泡が特徴です。成分の中に含まれている超微粒子の沖縄産マリンシルトと国産のベンナイトという泥で毛穴の汚れをしっかりと洗い流します。また、洗顔による乾燥を予防する効果のあるヒアルロン酸やコラーゲン黒砂糖エキスで肌に潤いを与えながら汚れを洗い流すのも魅力です。わざわざ洗顔料でゴシゴシしなくても泡を転がすように洗顔をするだけで綺麗に余分な皮脂や汚れが洗い流せるアイテムです。

どろあわわ

▼毛穴汚れにおすすめのクレンジングを知りたい人はこちらをCHECK

毛穴の汚れを落とすクレンジングアイテム18選!肌も頭皮もスッキリ

▼毛穴ケアにおすすめの洗顔料をもっと知りたい人はこちらをCHECK

開いた毛穴はニキビの原因!おすすめ洗顔料でつるんっと卵肌

セラミドで保湿ケア

顔や毛穴にある余分な皮脂や汚れを取り除いたら、しっかりと肌の保湿を行うことが大切です。保湿を行わないと肌が乾燥して角栓ができやすくなってしまいます。保湿成分にはさまざまな種類のものがありますが、中でもおすすめなのがセラミドデス。セラミドは、人間の肌の一番上の層に存在している成分で細胞の間を埋める効果があります。

また、肌馴染みが良く細胞間の隙間を埋めることで外からの刺激から肌を守ることが出来るのも注目のポイントです。

保湿効果のある有効成分

  • ヒアルロン酸
  • スフィンゴ脂質
  • 大豆レシチン
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • リピジュア
  • 天然保湿因子

おすすめ!エトヴォス

エトヴォスのモイスチャーライジングシリーズは、保湿効果の高い人型セラミドを配合している商品です。また、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるとされてる「リピジュア」や肌の保湿成分と同じアミノ酸である「天然保湿因子」でしっかりと肌の保湿を行うことが出来るのも嬉しい効果です。肌に潤いを与えるだけではなくプラセンタエキスで肌にハリを与えることが出来るとも考えられています。

さまざまなアイテムが販売されているので自分に合ったアイテムを見つけ出しましょう。

エトヴォス

おすすめ!ラミューテ

ラミューテは、肌に浸透しやすい超微粒子の「ナノヒアルロン酸」と「ナノコラーゲンが配合されているのが特徴です。この2つの成分でしっかりと肌に潤いを与えて保湿をすることが出来ます。また、肌に悪影響を与える可能性のあるパラベンや鉱物油などの成分が含まれていないので安心して毎日使用することが出来るのも嬉しいポイントです。天然の潤い成分であるダマスクローズで透明感のある肌を作りだすことができると考えられています。

ラミューテ

ニキビ用化粧品を使うのも◎

角栓のケアはニキビ用の化粧品でも行うことが出来ます。これは、ニキビの原因になる過剰な皮脂の分泌を抑える効果や古い角質を除去するピーリング効果が化粧品の中に含まれていることが理由です。

また、毛穴が詰まった状態をそのままにしておくとニキビの炎症を引き起こす原因になってしまう事もあるので炎症を抑える効果のある成分が含まれているものもオススメなのです。ニキビ用の化粧品の多くは、保湿ケアがしっかりと出来るものなので角栓のケアやニキビの予防だけではなく肌の保湿をしっかりと行うことも出来ます。

おすすめ!ノブAC

ノブACは繰り返し出来る大人ニキビの予防や改善が出来る商品です。乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用出来るように低刺激に仕上げています。また、リピジュアやヒアルロン酸で肌の保湿を行った上で、アラントインやビタミンB6誘導体でニキビの予防を行っていきます。アラントインは肌の古い角質をケアして再生を促進させる作用のある角栓のケアにおすすめの成分なのです。

ノブAC

おすすめ!ルナメアAC

ルナメアACは、毛穴の汚れをしっかりと取り除いて角質層に潤いを与えることとが出来るシリーズです。洗顔料に含まれているスクラブは、肌への負担を軽減させながらしっかりと毛穴の汚れを洗い流すことが出来ると考えられています。また、毛穴の綺麗にした上でニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムなどのニキビに対しての有効成分を浸透させるのです。植物由来の4つの潤い成分が含まれているのも魅力です。

ルナメアAC

▼ルナメアACの口コミはこちらをCHECK▼

ルナメアACの効果と口コミ大検証。技術の力でニキビの悩み解決しちゃおう

毛穴や角栓専用化粧品も!

毛穴や角栓のケアを行うことを目的としている化粧品を販売されています。専用の化粧品を使うことで、角栓による悩みを根本的にケアすることが出来るのです。また、再び角栓がすぐに出来ないようにケアすることも魅力です。毛穴や角栓のケアを行う化粧品の中には皮脂の分泌量をコントロールする成分や、肌を保湿する成分、余分な皮脂や汚れをしっかりと取り除く成分、毛穴を引き締める効果のある成分などが含まれているのが特徴です。

おすすめ!ヴェルモア

ヴェルモアは、毛穴や角栓のケアを行う専用の化粧品です。コラーゲンやエイクトインヒアルロン酸の効果で肌にしっかりと潤いを与える事が出来ます。また、美白効果のある成分で毛穴の黒ずみをしっかりとケアしたり外からの刺激から肌を守る効果を得ることが出来るのも魅力です。セイヨウナシ果汁発酵液という成分で、角質を柔らかくして角栓が取れやすいようにするのも注目のポイントです。

肌に負担を掛けることなくしっかりと角栓の除去を行うことが出来ます。

ヴェルモア

▼毛穴ケアにおすすめの化粧品をもっと知りたい人はこちらをCHECK

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

角栓は毎日のスキンケアで解決しよう

角栓は定期的に除去しないと毛穴の奥に詰まって取れにくくなってしまう事があります。頑固な角栓になる前に毎日のスキンケアで角栓や毛穴の汚れのケアをしっかりとケアしていきましょう。また、角栓が目立つようになってきたら肌に負担を与えない有効な方法でケアをすることも大切です。角栓を作らないように、出来てしまったらすぐにケアが出来るようにしていきましょう。角栓をそのままにしておくと、毛穴が汚れて見えたり肌がゴワゴワする原因になってしまうと考えられているのです。これを機に、普段の角栓のケアを見直して毛穴の悩みが解消出来ますように。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2019.02.12 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2019.02.12 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2019.02.12 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2019.02.12 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2019.02.12 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.12.26 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事