オロナインの成分で知る効能4つ!毛穴の角栓取りなど危険な使い方があった……

オロナインの成分や本当の効果って?

「家庭の常備薬」としてお持ちの人も多い、オロナインH軟膏。「オロナイン」として長年愛されている外用薬です。昨今は本来の使い方以外に、鼻のケアや保湿剤として使用している人もいるようですが、果たしてその使い方、どこまで正しいのでしょうか。

今回は、歴史は長くてもなかなか成分をきちんと見ることの少ない「オロナイン」を詳しくチェックしていきましょう。

はるこさん
オロナイン軟膏は、1953年の発売から早や半世紀以上、私たちの暮らしの身近にある皮膚常備薬ね。1972年に「オロナインH軟膏」に名前を変えてからも、その信頼度は変わらないわ。大塚製薬のトップブランドと言っても過言じゃないわね。
アッキー
はるこさん、僕の家にもオロナインがありますよ。ちょっと擦り傷を作った時にサッと塗っておくと、なんだか安心なんです。それに、オロナインって美容液代わりになったり汗のニオイをおさえたり、色んな事に使えるみたいですよ?
はるこさん
アッキー、ちょっと待って、それって正しい使い方かしら。オロナインは医薬品、どこでも気軽にホイホイ使ってしまうと、デメリットもあるのよ。今回はそうならないためにも、詳しいオロナインの成分から検証していきましょう。
アッキー
デメリットですか?ふーむ、はるこさんのシワ改善には向かないってことくらいかと思ってましたが……。じょ、冗談ですよ、まだはるこさんにシワは確認できませんって!……ふぅ、はるこさんのご機嫌直しにも、オロナイン効かないかなぁ……?

オロナインH軟膏の成分一覧

まずは基本情報として、オロナインH軟膏に含まれる成分をきっちり確認していきましょう。「なんとなくの肌の薬」ではなく、「この成分が肌のこんな状態に効果的」と知ることで、オロナインをもっと正しく有効活用できるはずです。

有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液

オロナインはれっきとした第2類医薬品です。スキンケア用品ではありません。薬ですから、何らかの効果を与える「有効成分」が含まれているのです。その名もクロルヘキシジングルコン酸塩液。ちょっと難しい名前ですが、このクロルヘキシジングルコン酸塩液が、1gに20%配合されています。

クロルヘキシジングルコン酸塩液とは、殺菌作用のある成分クロルヘキシジンという物質を、グルコン酸塩として水に溶けるようにしたものです。「オロナインH軟膏」のHは、このヘキシジンから来ています。難しいですね。種類としてはポピヨンヨード(イソジンなど)や、傷の消毒に使うオキシド―ルの仲間である「消毒薬」です。

数ある消毒薬の中でも特に作用が穏やかで使いやすく、抗菌作用時間もそれなりにあるため手術部位の消毒としても使用されます。ポピヨンヨードを手術に使っているのを見たことがある人もいるかもしれませんが、それよりもさらに作用が穏やかであり、肌に優しいと言えます。

細菌には一定の効果をあらわすものの、真菌(カビ)にはあまり向いていません。特に、じゅくじゅくと悪化している水虫には避けた方がいいでしょう。

はるこさん
作用が穏やかな消毒薬だから、子供の肌にも安心して塗れるのね。小さなころからお世話になっている常備薬だから、自分の子供にも安心して使えるという人は多いみたい。デザインがずっと変わらないのも、何より「安心感」を大切にしているからだそうよ。

添加物はオリブ油など

「添加物」と言うとなんだか悪いもののイメージがあるかもしれませんが、医薬品の場合は「有効成分以外の物質」のことを指します。悪いものでも、邪魔なものでもなく、薬を使いやすい快適なものにするために不可欠です。

添加物一覧

●ラウロマクロゴール ●ポリソルベート80 ●硫酸Al/K ●マクロゴール ●グリセリン ●オリブ油 ●ステアリルアルコール ●サラシミツロウ ●ワセリン ●自己乳化型ステアリン酸グリセリル ●香料 ●精製水

それでは、これらがどんな役割をするのか順番に確認しましょう。

物質名役割
ラウロマクロゴール合成界面活性剤。水となじみやすくする
浸透力を高める働き
ポリソルベート80合成界面活性剤。食品にも使われる乳化剤
数値が高いほど油に近く、これは最も高い80
20、60、65、80がある
硫酸Al/Kミョウバンのこと。皮膚の収れん、殺菌などの働きが期待できる
マクロゴール合成ポリマー。薬剤のなめらかさを作る
ステアリルアルコール 保湿、皮膚の保護、柔軟の働きが期待できる。
グリセリン化粧水に含まれることの多い、代表的で優秀な保湿剤の1つ
オリブ油オリーブ油のこと。保湿効果が期待できる
サラシミツロウミツロウとは、蜂が巣で作り出すワックス成分のこと。
サラシミツロウはミツロウを精製し脱臭などを施した成分
ワセリンいわゆる鉱物油。石油から作られるが非常に精製度が高く、
「白色ワセリン」は赤ちゃんでも使用できる
自己乳化型ステアリン酸グリセリル古くから使われている合成界面活性剤
香料香りづけ。オロナインのあの香りはこれによるもの
精製水界面活性剤が含まれているので、水と油で軟膏状に変化
アッキー
思ったよりたくさんの界面活性剤が含まれていますね!界面活性剤を使うことで軟膏をなめらかに使いやすくするほか、肌に殺菌成分が浸透しやすくなるのでしょうね。
はるこさん
そうね、その働きは「傷薬」としてはとても優秀よ。保護しながら傷を癒していくわけで、冬場冷たい水を頻繁に使ってあかぎれを起こしているような手にはおすすめね。

オロナインにステロイドは含まれている?

いいえ、ステロイド薬は含まれていません。

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンのこと。 患部に塗ることで一時的にその部位の免疫力を抑制し、暴れすぎている体の抵抗=炎症を抑える働きがあります。強く頼もしい薬であると同時に、注意が必要な薬でもあります。

オロナインはそのようなステロイド薬の成分は配合されていません。とは言え、あくまで医薬品。用量・用法は守り、正しく使いましょう。

オロナインと同じ成分の軟膏はある?

クロルヘキシジングルコン酸塩液を有効成分としている、「メモA」と言う医薬品があります。

知名度ではオロナインに勝てないかもしれませんが、有効成分の数はオロナインより多く、頼りになるかもしれないのが「メモA」と言う消毒薬です。エスエス製薬から販売されており、常備薬としてはこちらもいいでしょう。クロルヘキシジングルコン酸塩液の他には、こんな有効成分があります。

有効成分働き
ジブカイン塩酸塩ずきずきする傷の痛みを癒します
アラントイン荒れた肌を修復するのに役立ちます
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE酢酸エステル)血行を良くし、治りを早めるのに役立ちます
酸化亜鉛汗などを抑え、患部のただれなどを防ぎます
はるこさん
消毒だけじゃなく、傷の修復に役立ってくれる成分が配合されているのね。オロナインも昔からあって安心するけれど、ライバルも負けていないって感じがするわ。

オロナインH軟膏の効能4つ

オロナインH軟膏の成分がわかったところで、詳しい効果・効能もチェックしていきましょう。「消毒薬」としての働きが主なものですが、どんなことに使えるのでしょうか。

赤ニキビの炎症を抑える

ニキビの原因の1つ、アクネ菌。アクネ菌が繁殖することで炎症を起こし、炎症がひどくなると周囲が赤くなっていわゆる「赤ニキビ」になってしまいます。ここで活用したいオロナイン。赤くポツンとなってきた時点で、ニキビの部分にのみオロナインを使いましょう。アクネ菌や雑菌の繁殖を抑制し、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

清潔さが大切なので、患部をしっかり洗顔などでキレイにしておきましょう。その後、清潔な指やオロナインを付けた綿棒などで患部に塗ります。すりこむと刺激になってしまいますから、優しく乗せておくようなイメージで……。健康な肌にオロナインがついてしまわないように気を付けてください。早く良くなりますように。 

切り傷の悪化を防ぐ

紙などを扱っていたり、料理のときにうっかり切ってしまうことのある切り傷。傷口は小さいものの、深さがあるのでピリピリとした痛みが起きやすく、早く何とかしたいものです。特に傷の部分に雑菌がついてしまうと、化膿したり悪化してしまう恐れが。もちろんここでもオロナインが活躍します。

軟膏タイプなので傷にピッタリとつき、長い時間消毒効果を働かせ、傷の悪化を防いでくれます。また、傷の痛みは傷口が空気と触れることにも原因があるため、その隙間を防いで痛みを和らげる働きも期待できます。できるだけ軟膏が落ちてしまわないよう、絆創膏などでふたをしておくといいでしょう。 

軽い火傷の化膿を防ぐ

オロナインは火傷(やけど)による化膿も防ぐ働きがあります。火傷をすると皮膚はダメージを受けます。ダメージを受けた皮膚は外部からの刺激を受けやすく、雑菌も繁殖しやすくなってしまうのです。一度化膿してしまうと膿が出たりなど、完治までに時間がかかってしまうことも。早めのオロナインで、火傷の化膿を防ぎましょう。

火傷をしたら、オロナインを塗っておけば大丈夫?

オロナインが使えるのは非常に軽いやけどに対してのみです。

オロナインは、「軽いやけどに使う」と記されています。「軽いやけどってどのくらい?」簡単に火傷の深さを確認してみましょうか。 

火傷の深さ皮膚の症状火傷後の経過治療にかかる期間
Ⅰ度赤くなる
少しただれがみられる
一過性であり、傷が残ることはほとんどない数日程度
Ⅱa度水膨れ・ただれ短期間色素沈着が起こることがある1~2週間
Ⅱb度潰瘍(上部皮膚の欠損)が起こる軽い瘢痕(はんこん)
いわゆる火傷痕・ケロイドができる
1~2カ月
Ⅲ度潰瘍、壊死(皮膚組織が死んでしまう)
痛みを感じるところも欠損するため
痛みを感じない
瘢痕、深い火傷の跡ができる2カ月以上

このように、Ⅱ度以上の火傷は回復までに時間がかかり、正直、オロナインを塗っている場合ではありません。火傷をしたら急速に流水で冷やすのはもちろんのこと、水ぶくれが起こったら破らないようにして病院へ行きましょう。

オロナインを使っていいのは、非常に軽いⅠ度の火傷のみです。表面がヒリヒリして、やや痛みを感じるものの、数日で治癒するものを指します。それでも水で数分冷やし、ダメージが大きくならないようにしましょう。

はるこさん
とは言え、「じゃあⅠ度って具体的にはどんな火傷?」と思うかもしれないわね。一番わかりやすいのは「日焼け」よ。数日間ヒリヒリするものの、痛みが持続することはほとんどないわ。

軽度の水虫菌の繁殖を抑える

オロナインは水虫菌の繁殖も抑えます。とは言え、消毒薬としては非常に穏やかなものなので強い効き目はありません。真菌(カビ菌、水虫の菌)は、消毒薬に対しての耐性が強く、効きづらい面があるのです。治癒するまでの力強さはなく、あくまで、水虫の薬を買ってくるとか、医者に行くまでのつなぎの方法と思った方がいいでしょう。

特に、ジュクジュクしている水虫はかぶれてしまう場合もあるので、避けておきましょう。

アトピー肌の炎症にオロナインは効く?

消毒成分により、掻き壊してしまった部位で細菌が繁殖するのを防ぐことはできるでしょう。ただし、ただれやかぶれの部位に使用してはいけないと注意書きされています。

その高い殺菌作用から、アトピーにも活用できないか?と思われる人もいるようです。乾燥した肌を掻き壊してしまった場合に、その部位に塗ることで細菌の繁殖を防ぐことはできるでしょう。しかし効用には「アトピー性皮膚炎」と書かれていないうえ、かぶれには使用してはいけないと書かれていることから、大きな効果を求めることは難しいでしょう。

アッキー
水虫もアトピーも、もっと向いている薬があるはずです。オロナインは優しい消毒薬なのでいろいろと使いたくなる気もしますが、改善するのに時間がかかってしまうことになりかねません。モチはモチ屋!専門の薬を使うことも大事です。

オロナインH軟膏の危険な使用法5つ

家庭の常備薬であるオロナイン。その手軽さや知名度から、「こんな事にも使えるんじゃない?」と言う使用法が、SNSを中心に話題となりました。しかしオロナインはあくまで消毒薬。こんな使い方は、肌へ悪い影響を及ぼしてしまうかもしれません。

鼻パックや毛穴の角栓取りをする

オロナイン鼻パック。誰もが知ってる身近な常備薬が美容にいいとして、SNSで話題となったほか、美容系ブログでも実践した人の多い方法です。方法としては、オロナインをたっぷりと塗り、しばらく置いた後でオロナインを洗い流します。その後、鼻パックをすることで驚くほどごっそりと角栓が抜ける!と言うもので、その手軽さからも人気を呼びました。

……が、もちろんおすすめの方法ではありません。オロナインは多種類の界面活性剤(水と油をなじみやすくする成分)が含まれています。これによりクリーム状で使いやすくなっているのですが、肌の油分も落としすぎてしまうことがあるのです。この「肌の油分を落としすぎる」ことが確かに一時的とは言え「ごっそり角栓が取れる」につながっているかもしれません。

しかしオロナイン鼻パックで角栓が取れた後は、ポッカリ毛穴が開き、次の角栓が簡単に作られてしまう状態に。次の角栓は前の角栓よりも大きくなり、よりいっそう毛穴が目立つことになってしまうのです。健康な皮膚に使うことで、少なからず肌もダメージを受けます。オロナインを角栓取りに使うより、まずは角栓のできにくいスキンケアを目指しましょう。

アッキー
角栓は確かに美容的観点からすると邪魔なんですけど、皮膚の中に雑菌など悪いものが入り込まないようにしている重要な役割もあるんです。だから、角栓は「すっぽり抜く」のではなく、スキンケアや生活改善で小さくしていくことを目指しましょう!

赤ちゃんの顔の肌荒れに使う

結論として、赤ちゃんの顔の肌荒れには使わないようにしてください。赤ちゃんはただでさえ皮膚が薄く、刺激を受けやすいのです。その分ちょっとしたことでもかぶれたり、ただれたりしやすくなります。そんな状態の肌に、消毒薬であるオロナインを塗ることは論外です。オロナインの公式サイトでも、かぶれやただれに使用してはいけないことが記されています。

同様に、おむつかぶれにもオロナインを使ってはいけません。赤ちゃんの肌は「治療する」と言うよりは「守る」ことを先決にしてあげてください。おむつかぶれの原因がうんちやおしっこにあるのなら、おむつを頻繁に替えたり、うんちの度にシャワーでキレイに洗い流すなど、原因を取り除く方が先です。

とても大切な赤ちゃん、後悔しないためにも、自己判断で薬を使わないようにしましょう。小児科に行って使える薬をもらいましょう。

はるこさん
ちなみに「ベビーパウダー」も、赤ちゃんの汗腺に詰まってしまうことがあるから頻繁な使用は控えるように言われているわ。昔とは常識が変わっていくことって多くあるから、パパやママはいつでも勉強が大切になるのね。

かぶれや虫刺されに塗る

かぶれ、虫刺されは公式サイトでもNGが出ています。かぶれのようなジュクジュクしているもの、虫刺されのように掻き壊す可能性のあるものはかえって悪化したり副作用が出てしまう恐れがあるのだとか。

かぶれも虫刺されも、かゆみを抑える働きのある「虫刺され薬」を活用しましょう。どんな皮膚疾患も、効能に書かれていない症状に対して薬を自己判断で使うのは危険です。

ワキガの臭い消しとして使う

消毒薬として使われるオロナイン。その殺菌効果を活用して、「ワキガや汗のニオイ対策に使えるのでは?」と言う話も出ています。ここまでくるとなんでもあり、言ったもの勝ちのような感じも出ていますが、当然脇の下の臭い対策に使うのは不適切です。

デオドラント剤は、殺菌効果で汗のニオイを抑えるだけでなく、汗腺に働きかけ汗そのものを抑えることも大事な働きの1つです。オロナインにはそのような働きはありません。制汗剤に含まれることの多いミョウバンがオロナインにも含まれますが、制汗効果までは期待できないでしょう。

そもそも成分のほとんどは水と油でできていますから、ヌルヌルとして不快ですし脇の下に塗ると大切な服に油染みを作ってしまうかもしれません。さらに、健康な肌にオロナインを使うことは推奨されません。脇の下に使うのもやめてください。

保湿剤として肌に塗る

ニベアやワセリンが、「こんなに安いのに美容にいい!」と話題になりました。それに対抗をするように出たのが「オロナインを美容液のようにして使う」方法。寝る前にオロナインをたっぷりと肌に塗り、一晩寝てから洗顔をするとツルツルピカピカ……だそうですが、これもやめておきましょう。わざわざ消毒薬のオロナインで行うことではありません

消毒成分の入っている皮膚薬を長時間健康な肌に乗せておくと、肌本来のバリア機能が崩れ、乾燥肌になったり、敏感肌になってしまう恐れがあります。「オロナインなら平気」と言うような安心感から来ているのかもしれませんが、これがポピヨンヨードやオキシドールであったらどうでしょう。そんなことをしようとは思わないでしょう。

消毒薬に含まれる界面活性剤は、陰イオンを持った細菌としっかり結びつくよう、陽イオンに傾いています。しかし陽イオンの界面活性剤は肌には刺激となってしまうのです。クリームのような見た目から、美容にも活用したくなってしまう気もしますが、あくまで消毒薬。健康な肌には使用しないようにしましょう。もちろん化粧下地として使用してもいけません。

ちなみに「オロナインを肌に塗るとオロナイン皮膚症が起きる!」との話もありましたが、それは昭和40年ごろに販売されていたオロナインの話で、現在そのような症状がおこることはないそうです。

はるこさん
アッキー、わかったかしら。こんな理由で汗のニオイ対策や美容液代わりの使用はNGなのよ。ハンドソープで髪の毛を洗おうとはしないように、殺菌成分の入っているものは使用方法に注意が必要なのよ。
アッキー
なるほど、ちゃんと肌に合った使い方をするようにします。それにしても、ニベアやワセリンも美容にいいとして話題になりましたよね。それらはオロナインと何が違うんでしょうか。気になるので、次で確認してみたいと思います。

ニベアやワセリンとの成分比較

オロナインパックと同じくらい、SNS上で話題となった「ニベア青缶美容法」や「ワセリンパック」。これらの成分はオロナインと何が違うのでしょう。美容法として本当に使ってもいいのでしょうか。最後に検証してみましょう。

ニベアの成分と効果

高級でセレブなクリーム「ドゥ・ラメール」と成分がかなり似ているとして話題を呼びました。似てはいるものの、ドゥ・ラメールにしか含まれない美容成分もあり、同じような働きが期待できるかはやや疑問が残ります。まずはニベアの全成分を確認しておきましょう。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

Source: ニベア公式サイト

成分表を見てわかるとおり、ワセリンも含まれています。保湿剤としてスクワランやホホバ油、グリセリンなどが含まれます。これは水分をキープし、うるおいを保持することに役立ちます。次に保護成分としてワセリンやミネラルオイルが配合。この2つはどちらも石油由来の鉱物油です。

ワセリンが鉱物油のうち固形パラフィンと流動パラフィンどちらも含んでいるのに対し、ミネラルオイルは流動パラフィンのみなので、一般的なオイル同様サラサラとして使いやすい特徴があります。どちらも基本的には同じものと言う考えでいいでしょう。

はるこさん
ハンドクリームにも顔のクリームとしても使えるわ。ただ、テクスチャーがかなり硬いから市販のクリームのようななめらかな使い心地ではないわね。よく手のひらで温めて、ハンドプレスするような使い方がおすすめよ。

保湿剤と保護成分どちらも含まれているので肌のスキンケアに使用するには最も向いていると言えるでしょう。ただし水分を補うような働きは無いため、化粧水を補った後に蓋をするクリームのような使い方をしてください。また、オイリー肌の人はたっぷり塗るとかえってニキビができやすくなることも。自分の肌状態を見極めてください。

これからも一緒に♪ニベア大缶

ワセリンの成分と効果

ワセリンの全成分は「ワセリン」のみです。他に余計なものは含まれていません。逆に、余計なものがなにも含まれていないからこそ赤ちゃんにも安心して使える保護剤であるのです。おむつかぶれなどが心配な時、塗っておくことでうんちとおしっこの成分が肌に直接触れるのを防ぎ、おむつかぶれが起こらないようにします。また、冬の寒い日に水仕事をする前に塗ることで乾燥による刺激から肌を守ってくれるでしょう。

ワセリンの最もいいところは「保護に優れている」点です。この働きにより、リップクリームなどにはワセリンが含まれていることがほとんどでしょう。水の刺激はもちろん、風や冷たさなどからも守り、肌内部のうるおいが逃げてしまうことを予防します。

ワセリンって鉱物油でしょう?肌に塗って大丈夫なの?

精製度の高い白色ワセリンは、アレルギーなどの心配の少ない安心度の高い保護剤です。

ワセリンやミネラルオイルは、石油からできている鉱物油です。これだけ聞くと「え!?じゃあ石油を肌に塗っているの!?大丈夫なの?」とびっくりする人もいるでしょう。化粧品会社はそのような「悪いイメージ」を避けるために、スキンケア商品に「無鉱物油」=鉱物油を使っていませんよと言うアピールをしているものも多くあります。 

しかし精製され不純物をできる限り取り除いた白色ワセリンは、植物オイルに比べアレルギーを起こす可能性も低く、安全性に優れていると言われます。また、「油焼けする」と言う噂も、はるか昔の不純物が残っていたワセリンに言えることで、今のワセリンでそのようなことは起こりません。紫外線に当たると酸化するからワセリンはダメとも言われていますが、現在のワセリンが光を受けて酸化してしまうことはないそうです。

また、開封するとすぐに酸化すると言う話もありましたが、ワセリンはすでに強固に結合している物質であり、酸素と結合(=酸化)する余裕はほぼ無いようです。

医療現場や皮膚科医から出される軟膏の基材にも多く使われることから、信頼度も高いと言えるでしょう。

たっぷりで使いやすい保護剤【第3類医薬品】白色ワセリン

オロナイン、ニベア、ワセリンを比較してみる

「オロナインとニベア、ワセリンは何が違う?」最後に表にして、その違いをチェックです。

商品名お主な用途金額他との違い
オロナインH軟膏傷やニキビの消毒100g600円前後あくまで消毒薬。
保湿やスキンケアには向かない
ニベアクリーム肌の保湿・保護・柔軟性を保つ169g500円前後
(いわゆる青缶)
保湿・保護の働きがあり、スキンケアに向いている
ただし少しテクスチャーが硬いので、化粧水などで
水分を補った後がおすすめ
消毒効果はない
白色ワセリン肌の保護500g800円前後保護の働きが最も高い
温めると水分が無くても良く伸びる
(オイル状になる)ため、リップケアやヘアケア、
赤ちゃんのおむつかぶれ防止におすすめ
はるこさん
安価で手に入り、誰からも親しまれているとして同列に並びやすいこの3つのアイテムだけれど、実は活用方法が全く違っていたのね。どれにも言えることは、「1度買うとなかなか無くならない」ってことかしら……とは言え何年も置いておくと劣化する可能性があるから、使用期限は守ってね。

オロナインは正しい方法で使おう

オロナインはとても身近にある薬で、何にでも使いたくなってしまうものの代表でもありますね。「万能薬」なんて言われたりもしますが、実際にそのようなことはなく、きちんと使用法が定められている薬でした。それでも、きっと変わらずにオロナインはあなたのそばにあるのでしょう。正しい使用法で、あなたの「困った」の解決に役立ててください。

アッキー
オロナイン軟膏、僕もわかっているようであまりよくわかっていなかったのですが、今回なんだかスッキリしました♪これで、これからは正しい使い方で活用できそうです。ぜひみなさんも、正しく使っていって、健康で美しい肌にしてくださいね。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事