敏感肌が知りたいニキビケア!肌に合うおすすめ化粧品9選付き

敏感肌にできるニキビをどうにかしたい

肌が敏感状態なだけでも辛いのに、ニキビもできてしまって最悪…。
敏感肌用のケアを優先すべきか、ニキビケアを優先すべきか…こんな状態の肌からどうやってスキンケアするのがベストなのか迷ってしまいますね。

肌質にもニキビにもお困りのあなたに知っておいてほしい敏感肌のニキビケアの方法とおすすめのスキンケア化粧品をを徹底的に解説していきます。 

undefined
はるこさん
敏感肌のニキビケアは優しく、肌に刺激を与えないようにすることが前提!ケア方法も詳しく教えていくから、早速今日から実践してみましょう。
  •  調べたサイト数⇒54サイト
  • リサーチした敏感肌のニキビケア化粧品⇒19商品
  • 閲覧した口コミ件数⇒40件

今日から実践できる敏感肌のニキビケア方法を知ることですぐに肌を良い方向に導くためのケアをすることができます。
この記事を読んでニキビなどの肌荒れが起きにくい健康的で美しい肌を手に入れましょう! 

すぐにおすすめのスキンケア化粧品をチェックしたい人はニキビに悩む敏感肌におすすめ化粧水3選からジャンプ! 

敏感肌にニキビができる原因

敏感肌なのにニキビにお悩みの人は、なぜニキビができてしまうかをご存知ですか?
ここでは敏感肌にニキビができる3つの原因について解説していきます。 

原因1:乾燥による角質層の乱れ

肌が乾燥すると肌内部の水分量が減少し、角質層のバランスが乱れてしまいます。
角質層が乱れると肌のキメが整わなくなるだけでなく、毛穴が開くことで毛穴に汚れが蓄積しやすくなり、角栓が溜まりやすい状態に。 

ニキビの原因菌であるアクネ菌は汚れや皮脂、角栓などを餌に繁殖していくため、乾燥→角質層の乱れ→毛穴の開き→ニキビに繋がってしまうというわけです。 

また乾燥で毛穴が開くと肌の表面積が増えてしまうのですが、これによっても乾燥が悪化してしまいます。
そして汚れの溜まりやすい開き毛穴も増えてしまうため、ニキビの初期段階である白ニキビがいくつもできてしまうこともあるのです。 

敏感&オイリーなら隠れ乾燥肌を疑って

敏感肌なのにテカリが気になるという場合は、オイリー肌ではなく、隠れ乾燥肌を疑った方が良いかもしれません。
肌がテカっているとどうしてもオイリー肌だと勘違いしてしまいそうですが、実は乾燥によって皮脂が出ているだけの可能性があります。 

皮脂は肌を外的刺激から守る働きをしていますが、乾燥によって肌表面に皮脂が出ていないとなると、肌を守るために皮脂を多く分泌し始めます。
これが乾燥によるテカリの正体です。 

皮脂と肌の水分量は別物ですので、皮脂が多くてテカっている=乾燥していないと勘違いしないようにしましょう。 

原因2:バリア機能の低下

健康な肌は正常にバリア機能が働いていますが、敏感肌はバリア機能が低下しています。
そのため紫外線や雑菌などの外部刺激に弱く、これらがニキビの原因になることも。

外的刺激には様々な物がありますが、代表的なものが紫外線やホコリなど。これらによる刺激を受けると肌がダメージを受けて乾燥し、乾燥することによってニキビが出来やすい環境を招いてしまいます。 

その他のニキビに繋がりやすい刺激としては寝具などに付着している雑菌があります。
雑菌が付着している枕やシーツに肌を直接つける事で雑菌が肌に付着し、その雑菌が毛穴に入り込むことで炎症を起こしてニキビになってしまいます。

原因3:肌のPHの変化

人の肌は健康な時には弱酸性の状態です。
弱酸性の肌であれば肌荒れの原因となる菌の繁殖を抑えることができるのですが、敏感肌は肌がアルカリ性に傾きがちです。

特にアルカリ性の洗顔料を使用すると、洗顔後は肌がアルカリ性に傾きます。
健康な肌はアルカリ中和能力によって一定の時間をかけて肌を弱酸性に戻しますが、敏感肌はアルカリ中和能力肌も低下しているので肌がアルカリ性の状態が長くなります。

アルカリ性の肌はニキビの原因菌が増えやすくなりニキビが発生しやすくなってしまうのです。

undefined
あっきー
敏感肌のニキビの原因を3つ見てきましたけど、乾燥っていう言葉が良く出てきますね。

 

undefined
はるこさん
そうね、敏感肌は乾燥によってニキビが出来やすいから、ニキビをどうにかしたいならまずは乾燥ケアをすることが先決よ。毎日肌に優しい保湿化粧品でケアしていけば、角質層まで潤って肌が整ってくるから、徐々に乾燥もニキビも気にならない肌になるんじゃないかしら。

 

undefined
あっきー
ニキビをケアするためには敏感肌さんも安心して使える保湿化粧品が必須ですね!次で敏感肌さんのニキビケア化粧品を選ぶ時のポイントを紹介していきますよ。

 

敏感肌におすすめのニキビケア化粧品とは

敏感肌でニキビにお悩みの人は、ニキビも敏感肌もケアすることが大切。
ではどちらもケアするにはどんな化粧品を選べばいいのか、詳しくお教えしていきます。 

保湿力の高いもの

ニキビの原因の項目で挙げたように、敏感肌のニキビは乾燥によって起こる可能性が高いといえます。
そのためスキンケアに重視すべきは保湿です。 

おすすめの保湿成分には以下のようなものがあります。 

  • ヒアルロン酸 
  • リピジュア 
  • セラミド 

お肌に優しい保湿成分を肌に浸透させることで肌内部の水分量を一定に保ち、角質層を正常に整えましょう。
バリア機能が低下している敏感肌は水分量だけでなく油分量も減少しているため、化粧水だけでなく油分が含まれる乳液で仕上げることも忘れないでくださいね。 

現在テカリが出ているお肌はテカリを抑えるためにサッパリタイプの化粧水を選びたくなるところですが、乾燥が原因による皮脂の場合は保湿が第一となるため、さっぱりではなくしっとりタイプを使用するようにしましょう。 

乾燥の原因にならないもの

敏感肌でニキビに悩んでいる人は、保湿をしつつニキビケア化粧品を使いたくなると思います。
しかしニキビケア化粧品には皮脂をコントロールするビタミンC誘導体やライスパワーNo.6などが含まれていることがあり、皮脂をコントロールすることで肌の乾燥を悪化させる恐れが。 

乳液を保湿力に優れたものにしていても、化粧水に皮脂をコントロールする成分が含まれているとせっかくの保湿力が相殺され、肌の乾燥をケアすることができません。
ニキビケアをしながら保湿ケアもするなら、皮脂をコントロールする成分が含まれていないニキビケア化粧品を使いましょう。 

洗顔やクレンジング選びも重要

ニキビケアをする上で大事になってくるのがクレンジングと洗顔です。 

クレンジングではメイクを、洗顔では汚れや皮脂を落としていきますが、ニキビの原因を落としきるためにゴシゴシ擦ってしまいがち。
ゴシゴシ擦ることで肌に負担がかかり、乾燥が悪化したり、赤みやひりひりと言った肌トラブルを招く恐れがあります。 

そのため敏感肌の人は、肌の汚れを落とす適度な洗浄力があり、角質層のうるおいは逃さずに保ってくれるものを選びましょう。
洗浄力の強いクレンジングでないと落とせないメイクは肌が弱い敏感肌の人には不向きなので、洗顔石鹸などで落とせるメイクをすることもおすすめです。 

低刺激なもの

敏感肌はバリア機能が低下しているため、健康な肌に比べて刺激を受けやすい肌と言えます。
健康的な肌であれば何ともない成分でも、敏感肌の場合は刺激となって肌トラブルを起こす可能性があるのです。 

そのため、肌に刺激を与えてしまう可能性がある添加物が極力含まれていない低刺激なものを選ぶことをおすすめします。

肌に刺激を与える可能性のある成分

  • 石油系界面活性剤
  • アルコール
  • シリコン
  • 合成香料
  • 着色料 など

 

これらは肌に刺激を与える恐れのある添加物となっているため、成分一覧に含まれていないかをチェックしておきましょう。 

薬用化粧品の有効成分にも要注意

化粧品は肌の保湿などの効果が期待されるものですが、薬用化粧品は化粧品の効果だけでなく、肌荒れ・ニキビを防ぐ、美白などの効果が認められた有効成分が一定量入っているものを言います。
ニキビに関してお悩みなのであれば、その悩みに働きかけてくれる薬用化粧品がおすすめです。 

ただ薬用化粧品に配合されている有効成分の中には、敏感肌に刺激を与える恐れがある物もあります。
例えばニキビや肌荒れを防ぐために働いてくれるサリチル酸ですが、この成分は肌に刺激を与える恐れがあるため、敏感肌にはおすすめできません。 

薬用化粧品でニキビケアをしたいのであれば、グリチルリチン酸ジカリウムなど「抗炎症作用」のある有効成分が配合されたものを使ってみてくださいね。 

ニキビに悩む敏感肌におすすめ化粧水3選

ニキビにも敏感肌にも悩まされているあなたにおすすめしたい化粧水3選を紹介していきます。
シリーズで販売されているものはフルラインで使うことでより高い効果を得られますので、気になる化粧水を見つけたら同シリーズの乳液やクリームもチェックしてみてくださいね。 

ニキビのできない肌を目指すなら

エトヴォス モイスチャライジングシリーズ

\たっぷりの潤いを与え肌を整える/

Source: 公式サイト

エトヴォス モイスチャライジングシリーズ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97.5点
  • 価格:2,052円(税込)
  • 内容量:クリアソープバー(10g)・モイスチャライジングローション(30ml)・モイスチャライジングセラム(10ml)・モイスチャライジングクリーム(5g)
  • メーカー:エトヴォス

肌の角層を正常に整えて水分の逃げにくいお肌を作り、常にうるおいで満ちたしっとり肌をめざすエトヴォス モイスチャライジングシリーズ。 

洗顔石鹸・化粧水・美容液・クリームの全てに乾燥ケアに必須のセラミドを配合、セラミド以外にもヒアルロン酸やリピジュアといった高保湿成分が乾燥を徹底的にケアしていきます。
洗顔からクリームまでのフルラインでケアしていくことで水分補給も油分補給もできますので、徐々にバリア機能がしっかり働く健康的でモチモチの肌へと変わっていくでしょう。 

刺激に弱い敏感肌を優しくケアしていくため、石油系界面活性剤や鉱物油、シリコンなどの6つの添加物不使用となっているため、敏感肌のケアにおすすめのシリーズです。 

公式サイトを見てみる

薬用でニキビをしっかりケアしたいなら

ビーグレン クレイローション

\ニキビを優しく癒しながら保湿ケアも/

Source: 公式サイト

ビーグレン クレイローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:3,996円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:ビバリークレンラボラトリーズ

炎症を起こしたニキビを優しくケアするグリチルリチン酸ジカリウムが、ニキビケアにもニキビなどの肌荒れ予防のためにも働いてくれるビーグレン クレイローション。 

ヒアルロン酸やカミツレエキスと言った保湿成分が肌を潤している間に、天然クレイのモンモリロナイトが肌表面に潤いの膜を作り、肌内部のうるおいを逃さずにキープ。
さらに潤いの膜が敏感肌を刺激から守ってくれるため、毎日ケアすることで潤いの膜がお肌を守り続けてくれるでしょう。 

とろみのある化粧水が肌を優しく包みますが、ベタつきなくスーッと肌に馴染むため、ベタつきが気になる肌にもインナードライ肌にもおすすめの薬用化粧水です。 

公式サイトを見てみる

ニキビもニキビ跡も気になるなら

dプログラム アクネケアローションW

\ニキビもニキビ跡も優しくケア/

Source: 公式サイト

dプログラム アクネケアローションW

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:3,780円(税込)
  • 内容量:125ml
  • メーカー:資生堂

肌が弱い敏感肌のために作られたdプログラムの一つであるアクネケアプログラムは、敏感肌をケアしたいけど同時にニキビもケアしたいという人におすすめのシリーズです。 

アクネケアローションWは薬用化粧水で、ニキビをケアするグリチルリチン酸ジカリウム、ニキビ跡にアプローチするトラネキサム酸などを配合。
繰り返して出来るニキビに働きかけてくれますが、化粧水の保湿力はそこまで高くないため、化粧水後のクリームなども忘れずに使ってケアしてくださいね。 

公式サイトを見てみる

大人ニキビにおすすめの化粧水をもっと知りたい人はこちらをチェック!

敏感肌とニキビに優しいスキンケア方法

敏感肌でニキビができているお肌を優しくケアしていくことで、肌への刺激を抑えて調子を整えていくことができます。
ここでおすすめのスキンケア方法を紹介していくので、早速実践してみてくださいね。 

クレンジング

クレンジングはオイルよりもミルクタイプ

敏感肌は刺激を受けやすい肌質のため、肌に負担をかけてしまうクレンジングは極力使わない方が良いのですが、使うのであればミルクタイプがおすすめです。 

オイルタイプは洗浄力が強いことからメイクをしっかり落とす事ができますが、肌への刺激が強いというデメリットがあります。
ミルクタイプはサラッとして使用感も良く肌への刺激が少ないという特徴があるので、ミルクタイプのクレンジングでメイクを落としましょう。 

敏感肌におすすめのクレンジングが知りたい人はこちらをチェック!

クレンジングのポイント

クレンジング料は肌に優しいミルクタイプだとしても多少は肌に負担がかかりますので、素早くメイクを落としましょう。 

ニキビが気になっている場合は毛穴の中の汚れをしっかり落とすために時間をかけてしまいがち。
しかし毛穴を中心にクレンジングすること、そして時間をかけることで肌に負担をかけるため、敏感肌の人はクレンジングで毛穴ケアをしないようにしておきましょう。 

クレンジング力が弱めの肌に優しいクレンジングの場合、ポイントメイクがしっかり落ちきらないということもあります。綺麗に落とそうとするとゴシゴシ擦ってしまうかもしれませんので、ポイントメイクリムーバーを使って先に落としておくと良いですね。 

洗顔

洗顔料は洗浄力の強くないものを選ぶ

敏感肌のバリア機能は低下してしまっている状態なので、極力刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。
優しく汚れが落とせる敏感肌用の洗顔料もあります。

また、洗浄力が強いものは皮脂汚れをすっきりと落とすことができますが、肌の潤いを保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
角層が乱れている敏感肌の状態で、肌を保護する役割のある皮脂も流れてしまうと肌はますます乾燥して負のスパイラルに陥ってしまうので注意してください。

肌に優しい低刺激の物・洗浄力が強すぎないもの・保湿成分が配合されているか、これらのポイントに注目して洗顔料を選んでみてくださいね。 

敏感肌におすすめの洗顔料を知りたい人はこちらをチェック!

洗顔のポイント

洗顔の時に気をつけたいことにお湯の温度があります。
洗い流すときに熱く感じるお湯で流すのはNGです。お湯の温度が高いと肌に必要な皮脂まで流れ出てしまい肌の乾燥を引き起こすからです。
30~32度のぬるま湯で洗うようにしましょう。 

洗顔料はしっかりと泡立てることで、その泡がクッションとなり手のひらによる肌への摩擦負担が少なくなりますよ。

また、力を入れて顔をこするように洗うのも避けましょう。洗顔料を洗い流した後にタオルで水分を拭き取る時も同様です。
タオルでこするようにふき取るのではなく、水分を押さえるようにして顔をふいてくださいね。

保湿ケア

敏感肌は肌の保水力が低下しています。
特に洗顔後は皮脂汚れなどと共に肌の水分も失われがちなのでしっかりと保湿しましょう。
タオルで優しく水分を拭き取った後に、化粧水で水分を与え、乳液や美容液、クリームなどで水分に蓋をします。

化粧水は肌全体に馴染ませたら両手を使って肌に押し込んでしっかりと浸透させます。
その際、手の力が強いと肌に負担をかけてしまうため、優しく押し込んでいきましょう。 

美容液を使うのであれば化粧水後に同様のやり方で美容液を侵透させ、乳液かクリームを馴染ませて肌表面に蓋をします。
化粧水や美容液で保湿成分と美容成分を補給し、乳液かクリームで蓋をすることで保湿成分や美容成分を肌内部に留めておくことができますよ。 

さらに進んだ敏感肌のニキビ対策

敏感肌のニキビ対策はスキンケア以外にも気を付けたい点があります。
日常生活の中で気を付けておきたい事なので、こちらも実践できることから始めていきましょう。 

紫外線対策は必ず行う

紫外線は肌細胞にダメージを与え、肌の水分やハリを保つ力が低下します。
水分を保てない肌はますますバリア機能が低下してさらに外部刺激に弱い状態になってしまうのです。
水分量が低下したお肌は乾燥してしまうため、毛穴が開いて汚れなどが溜まりやすくなり、ニキビに繋がってしまいます。 

外出する時はほんの短時間でも油断せずに日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりして紫外線対策をしましょう。

敏感肌の人は日焼け止めも低刺激で肌に優しいものにこだわりましょう。
SPFの数値が高いものは肌への負担も大きくなってしまうため、一日にどれくらい紫外線を浴びているかによって数値を選んでください。 

また日焼け止めに保湿成分や美容成分が配合されているものもありますので、肌への負担が少なく、保湿成分などがしっかり配合されている日焼け止めを選びましょう。 

敏感肌におすすめの日焼け止めを知りたい人はこちらをチェック!

ファンデーションはパウダータイプを使う

肌にとって異物がつくことなのでメイクをすること自体、実はとても負担になります。
敏感肌の状態は基本的にはメイクしないことがベストです。

しかし、どうしてもメイクをしなくてはならないのであればファンデーションはパウダータイプを選びましょう。
油分が少なければ肌への負担も軽減でき、クレンジングではなく洗顔でも落とすことができるからです。

一方、リキッドタイプはカバー力はありますがその分洗顔だけでは落ちにくく肌に負担となるので避けた方が良いですね。

ニキビに悩む敏感肌におすすめのファンデーションを知りたい人はこちらをチェック!

生活習慣を見直す

いくらスキンケアや化粧品を見直しても、普段の生活が乱れていては肌荒れは防げません
生活習慣が乱れていると男性ホルモンが優位に立ち、バリア機能の低下につながってしまいます。 

バランスの良い食事をきちんと食べて、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

お肌は食べた物から作られますし、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌細胞は生まれ変わります。
また、ストレスも肌荒れの原因となるので運動をしたり音楽を聞いたり、自分なりのストレス解消法を見つけるのも良いですね。

生活習慣の乱れを整えることでホルモンバランスが整い、肌の状態も正常に整ってくるため、敏感肌のケア効果も期待できます。 

症状に合った薬を使う

ニキビは色々な原因で出来るため、敏感肌のためのケアをしていてもできることがあります。 

出来てしまったニキビにはニキビケアの市販薬を使うこともおすすめです。
市販薬で早めに治すことによってニキビの悪化を食い止め、ニキビ跡にならずに治せる可能性が高まります。 

ただ敏感肌は市販薬によってはトラブルが起きたり、ニキビが悪化する恐れもありますので、使用前に必ずパッチテストを行いましょう。 

敏感肌向けのニキビ薬の選び方

敏感肌の人がニキビケアの市販薬を選ぶ時に注目しておきたいのが乾燥させないか・保湿をしてくれるかという点です。 

思春期ニキビ向けの薬は肌を乾燥させる成分が配合されているものが多いため、思春期ニキビ向けではなく大人ニキビ向けの薬を選びましょう。
大人ニキビ向けの物は乾燥させない・保湿もするというおすすめのポイントがありますが、全ての大人向けの薬が乾燥させないわけではないので注意してくださいね。 

また出来てしまったニキビを悪化させずにケアしていくには刺激となる添加物が含まれていないかもチェックしておきたいポイント。
香料や着色料、アルコールなどの成分が含まれていないかを見ておきましょう。 

敏感肌とニキビに関するQ&A

敏感肌でニキビが出来ている人は、スキンケアの中で気になる点もいくつかあると思います。
ここでは敏感肌でニキビにお悩みの人から寄せられやすい質問を3つご紹介します。 

毛穴ケアでニキビは予防できる?

毛穴に詰まった汚れや皮脂を無理に落とそうとすると、敏感肌に負担をかけてしまいます。また毛穴ケア化粧品を使うことで肌が乾燥し、その乾燥によって肌環境が悪化するだけでなく、さらに汚れが詰まりやすくなるためこちらもおすすめできません。

ニキビのある敏感肌さんのケアにおすすめなのが優しい洗顔と保湿を重視したスキンケア。角質層が潤うことで肌の状態が整ってくるため、毛穴トラブルの改善の他、ニキビも少しずつ気にならなくなってくるでしょう。

ニキビを予防したいからと言って肌に負担をかけてしまうと、肌トラブルが起こるだけでなく敏感肌の状態を悪化させてしまいます。
刺激に弱い敏感肌は優しくケアしてあげましょう。 

市販のプチプラ化粧水で敏感肌のニキビケアはできる?

プチプラ化粧水で敏感肌のケアはおすすめできません。

その理由は

  • 保存料などが多く含まれているので肌に刺激を与える可能性がある
  • プチプラのニキビ向け化粧水は思春期ニキビ向けの保湿力が低めのものが多い

プチプラ化粧水はユーザーが多いことから口コミの数も多く、中には高評価を得ているものもあります。しかし高評価を得ているからと言って敏感肌&ニキビに悩む人からも支持を得ているとは言えませんので、プチプラ化粧水でのケアは止めておいた方が良いでしょう。 

敏感肌用のニキビ化粧品を使っても治らないのはなぜ?

敏感肌と一言で言っても、肌の状態は人によって差があります。そのため敏感肌の人から支持を得ている敏感肌用のニキビ化粧品を使っても、思ったように効果が出ないこともあるのです。

また敏感肌用となっていても、人によってはそれが合わないこともありますので、敏感肌用だから絶対大丈夫と思いこむことも危険です。刺激を受けやすい肌質の人は、初めて使う化粧品は必ずパッチテストを行いましょう。

敏感肌用のニキビケア化粧品をいくつか使ったけど全く効果が見られないという場合はセルフケアが難しいかもしれませんので、皮膚科医に相談してみることもおすすめです。  

最後に確認!あなたは本当に敏感肌?

自分の肌は敏感肌だと認識している人もいれば、私の肌ってどんな肌?と肌質がわからない人もいます。
ここでは敏感肌について、敏感肌のセルフチェック法について紹介していきますので、自分は敏感肌なのかどうかを確かめてみましょう。 

敏感肌とは

簡単にいうと、角層が荒れた状態の肌です。
敏感肌は肌本来のバリア機能を失っているので、刺激に非常に弱い状態になっています。

肌の表面は角質細胞が並びその隙間を埋めるように細胞間脂質で満たされています。この構成を「角層」と呼びます。
しかし、空気の乾燥や紫外線などの刺激によって肌が乾燥し角層が乱れると、その隙間から水分の蒸発が進みさらに刺激に弱い状態へと陥ってしまうのです。 

角層が正常な状態であれば、外部刺激から肌を守るバリア機能を果たせるのですが、角層が乱れてしまうとどんどんバリア機能が低下してしまいます。

undefined
あっきー
乾燥することによって刺激に弱い状態に陥るのが敏感肌って言うことは、敏感肌って乾燥している状態なんですね。
undefined
はるこさん
そうね、乾燥が悪化していくことによって敏感肌に変わってしまうわ。同じ刺激に弱い肌にビニール肌って言う物があるんだけど、あっきー知ってる?
undefined
あっきー
ビニール肌?…ビニール袋みたいな肌ってことですか?
undefined
はるこさん
まぁ名前の通りね。ビニール袋みたいにツルツルで光があるから一見美肌に見えるんだけど、実は刺激に弱くてキメがなくなっていることでツルツルに見えてるの。こちらもかなり刺激に弱い状態だから、ちょっとした刺激でもすぐに肌がダメージを受けて肌に赤みとかのトラブルが出やすいのよ。ビニール肌も刺激に弱いから、敏感肌と一緒で肌に優しいスキンケアが必要ね。

 

お肌の乾燥の原因

お肌が乾燥してしまう原因にはいくつかあるので、ここで紹介します。 

  • クレンジング・洗顔で強く擦る 
  • 一日に何回も洗顔をする 
  • 化粧水を適量以上につけ過ぎる 
  • 偏った栄養バランスの食事ばかりしている 
  • 日焼け止めを塗っていない 
  • ストレスを溜めがち 
  • 睡眠不足 

乾燥の原因はスキンケアだけでなく、生活習慣にもあります。
スキンケアは正しい方法で、生活習慣の乱れを正して規則正しい生活を送るようにしましょう。 

敏感肌のセルフチェック

敏感肌の状態がわかっても、自分の肌が敏感肌かどうかがよくわからない…という人も多いかと思います。
ここで敏感肌のセルフチェック方法について紹介しますので、当てはまる点があるかを見てみましょう。 

敏感肌のセルフチェック

  • 化粧品で肌がヒリヒリしたり赤みが出たことがある 
  • 汗をかくと肌がかゆくなる
  • 洗顔後に肌がつっぱる
  • メイクが崩れやすい
  • 生理前にニキビなどの肌荒れが起きやすい

一つでも当てはまる点があれば敏感肌の可能性がありますので、敏感肌におすすめの優しいスキンケアを今日から始めましょう。
肌に優しいケアを続けていくことで敏感肌特有の気になる症状が徐々に気にならなくなってくるため、肌が強く健康的になるまでしっかりケアを続けてくださいね。 

「ニキビが出来る=敏感肌」というわけではない

ニキビができるから私の肌は敏感肌と思っている人もいますが、実はこれは間違い。 

ニキビは思春期に良く見られる肌トラブルで、思春期ニキビは脂性肌で過剰な皮脂分泌が原因によって起こるケースが多くなっています。
そのため敏感肌のように乾燥によってニキビができることもあれば、思春期ニキビのように過剰な皮脂分泌によってニキビができることもあるという事なので、ニキビができるから敏感肌というわけではありません。 

中には肌の乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビができてしまうケースもあります。
こちらは皮脂が出やすい脂性肌とは異なり、肌が乾燥することによって肌を守るために皮脂を多く出してしまいます。

脂性肌なのか、敏感肌なのかによってニキビケアに使う化粧品が異なりますので、どちらの肌質かを見極めることが大切です。 

肌質を見極めるには洗顔後の肌の状態を確認してみてください。
肌がつっぱるようであれば敏感肌・乾燥肌の可能性が高く、つっぱりを感じなければ脂性肌の可能性が高いといえます。 

脂性肌のスキンケア方法について知りたい人はこちらをチェック!

しっかり保湿でニキビ知らずな健康肌へ

敏感肌になってしまっても、その原因を見直すことで肌質を改善することは可能です。
肌質が改善するということは、肌本来のバリア機能も正常になるということ。
肌のバリア機能が整えば、ニキビもできにくい状態になります。

肌質の改善に取り組んで、敏感肌からニキビに負けない健康肌を目指しましょう。

もう一度おすすめのスキンケア化粧品をチェックしたい人はこちらかジャンプしてみてくださいね♪ 

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2019.02.12 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2019.02.12 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2019.02.12 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2019.02.12 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2019.02.12 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.12.26 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事