【最新版】日焼け止めおすすめ18選!絶対に焼かないアイテムを紹介

夏になる前に必ず購入する日焼け止め。日焼け止めとは言っても種類がとても多いから、毎年どれを選べばいいか悩む…なんて人も多いのではないでしょうか?
とりあえず数値が高ければ紫外線もしっかりカットしてくれるだろうから、SPFの数値だけチェックしておけばいいと適当に決めてしまう人もいると思います。 

undefined
はるこさん
SPFの数値が高ければいい…そう思っているあなた、実は肌に負担をかけてしまっているかもしれません。日焼け止めは肌に負担をかけないものやライフスタイルに適した数値を選ぶことが大切!ここでは本当におすすめできる日焼け止めや日焼け止めを選ぶ時にチェックしたいポイントについて解説していきますよ♪

 自分の肌に合った日焼け止めの選び方を知り、その選び方で選んだ日焼け止めを使えば肌を労わりつつ紫外線対策ができます。 

美肌成分などが配合されているもの選べば日中のスキンケア効果も期待できるので、お肌のケアが欠かせない女性には特におすすめ。 

あなたが気になる日焼け止めを見つける事ができるよう、私、水野がお手伝いします! 

すぐにおすすめの日焼け止めをチェックしたい人は日焼け止めのおすすめランキングTOP3からジャンプ! 


結局おすすめの日焼け止めはこの3つでした

日焼け止めは市販のもの、ネット通販限定のものを合わせるととても多くの種類が販売されています。
それらの中から70個ほどの日焼け止めをリサーチした結果、本当におすすめできると判断できたのは3つでした。 

日焼け止めは肌を紫外線から守るために使うものです。 
そのため「SPFとPAの数値が高ければ高いほど良い」「何度も塗り直す手間がない長持ちする日焼け止めが良い」という基準の元、日焼け止めを選ぶ人も多いかと思います。

しかし数値が高いものはそれだけ肌に負担をかける恐れがありますし、朝塗れば一日中持つ日焼け止めというのも残念ながらありません。  

では日焼け止めを選ぶ時はどこを見て選べばいいのか?
選ぶ時に見ておきたいポイントについて、次で紹介していきます。 

日焼け止め選びの5つのポイント

日焼け止めを選ぶ時にチェックしておいてほしいポイントは5つあります。 

日焼け止めを選ぶ時はここをチェック!

  • UVカット力が分かる「SPF/PA」値を確認
  • 刺激が強い成分は避ける
  • 使用可能部位で選ぶ
  • 自分に合うテクスチャーで選ぶ
  • シーンによってはウォータープルーフを

それぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。 

UVカット力が分かる「SPF/PA」値を確認

日焼け止めに必ず表記されている「SPF/PA」値。
数値が高いほど良さそうだけど、これって何を現すの?と疑問を抱いている人も多いと思います。 

ではSPF、PAについて解説しましょう。 

「SPF」とは紫外線防御指数のことで、SPFのあとに続く数値は紫外線を浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間をどれだけ伸ばせるかをあらわしたものです。
1単位で20~25分を指しています。

「PA」とは シワやたるみの元になる紫外線A波からお肌を防御して肌が黒くなるのを防ぐ作用で、PAのあとに続く「+」はどれだけ効果があるかを示したものです。
色素沈着を起こす時間を2から4倍に伸ばすことができると言われています。

SPFの数値、PAの+が多いほど紫外線カット効果は強くなります。
ただその分肌への負担が大きくなるため、シーンに合ったものを選んで使うことが大切です。 

例としては以下です。 

  • 通勤、通学、買い物など軽い外出:SPF10、PA+ 
  • 屋外での軽い運動:SPF10〜30、PA++ 
  • 炎天下の中でのマリンスポーツ、レジャーなど:SPF30〜50+、PA+++、++ 
  • 紫外線が強い場所での長時間の外出:SPF50+、PA++++

刺激が強い成分は避ける

日焼け止めは肌に使う物なので、肌に悪影響となる成分は含まれずに作られています。
ただこれは健康的な肌の場合で、敏感肌やデリケートな子供の肌にが刺激が強すぎる成分もあります。 

刺激が強いと言われている成分には以下のようなものがあります。

  • エタノール 
  • BHT 
  • 紫外線吸収剤 
  • 香料や着色料 
  • 防腐剤 

この中でも特に気を付けたいのが紫外線吸収剤です。 

紫外線吸収剤は肌に降り注ぐ紫外線を吸収して、肌への到達を阻止してくれるものです。
汗に強く、白浮きしない・サラサラの使い心地などのメリットがある一方でデメリットもあります。 

紫外線を吸収することで吸収剤の効果が弱まるためこまめに塗り直しが必要ですし、紫外線を吸収する際に化学変化によって熱が出て、その熱によって肌に負担がかかってしまいます。
紫外線が肌に到達することを防げるけど、その分肌に負担がかかってトラブルが起こる可能性があるということですね。 

そのため肌が弱い人は紫外線吸収剤不使用、またはノンケミカルと表記されている日焼け止めがおすすめです。 

undefined
アッキー
肌が弱い人はもちろんですけど、汗をあまりかかない人や外出時間が短い人も紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは避けた方が良さそうですね。
undefined
はるこさん
そうね、紫外線吸収剤のメリットを得られそうになければ含まれていない方がいいわ。でもこれとは逆に、汗をたくさんかいたり外出時間が長い人、時間は短くても紫外線が強い場所に行く場合は別よ。あと紫外線に弱い肌質の人も紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを使った方が安心ね。
undefined
アッキー
使った方が良い人もいるけど、その分肌に負担がかかっちゃうんですよねぇ…。肌につける時間を極力短くして、しっかり落とした後は入念に保湿ケアをしておきましょう!

 

使用可能部位で選ぶ

日焼け止めは種類によって使用可能部位が異なります。
顔にも全身にも使えるものもあれば、どちらか一方だけ使用可能という物もあります。
これは日焼け止めに記載されているので、使用可能部位を守って使用しましょう。 

全身の日焼け止めに使う物はジェルやローション、スプレータイプなどがおすすめ。
全身となると範囲が非常に広いため、伸ばしやすく早めに肌に馴染むものが良いでしょう。
スプレータイプは手の届きにくいところにもサッと日焼け止めを塗布することができるため便利ですよ。 

顔の日焼け止めにはミルクタイプがおすすめ。
ミルクはテクスチャーが柔らかいため肌が弱い人にも安心です。 

また紫外線カット効果が含まれるパウダーファンデーションや仕上げ用パウダーもあるので、日焼け止めではなくメイクで紫外線対策をする方法もあります。 

自分に合うテクスチャーで選ぶ

日焼け止めはいくつかの種類があり、種類によってテクスチャーが異なります。
種類別にテクスチャーや特徴などを紹介していきましょう。 

  • ジェルタイプ:肌馴染みが良くサラサラの肌に仕上がる上に、馴染ませるのに時間がかからないので短時間でサッと塗れる。水分が多く汗や水に弱いため、こまめに塗り直しが必要。
  •  クリームタイプ:汗や水に強く落ちにくく、保湿成分が配合されているものも多いので日中の保湿ケアもできる。落ちにくくなっているため、クレンジングで落とす必要がある。
  • ローションタイプ:ローションタイプ サラサラとしたテクスチャーで伸ばしやすく、肌への負担が少ない。ジェルタイプ同様、水分が多いため汗や水によって落ちやすい。 
  • スプレータイプ:顔や体だけでなく髪にも使えるから全身の日焼け止めとして活躍。拡散しやすいことから塗りムラが出やすく、均一に馴染ませることが難しい。 
  • ミルクタイプ :肌馴染みが良く、肌への負担を最小限に抑えることができる。しっとりとした仕上がりなので、サラサラの仕上がりが好きな人には不向き。
  • パウダータイプ: メイクの仕上げやメイク直しとしても使える上に、肌への負担が少ない。他のタイプに比べてあまり高いUVカット効果は期待できない。

テクスチャーや特徴はそれぞれで異なりますので、自分に合ったテクスチャーの物を見つけて、そのテクスチャーの日焼け止めを選びましょう。 

シーンによってはウォータープルーフを

夏によく運動をする・汗をたくさんかく・海やプールなどによく出かける場合はウォータープルーフタイプの日焼け止めがおすすめです。 

通常の日焼け止めは水に弱いことから、海やプールに入ると落ちてしまいます。
しかしウォータープルーフタイプは耐水性があることから、水に強くなっているので海やプールに入っても簡単に落ちることなく日焼け止め効果が持続します。
水だけでなく汗にもある程度強くなっているので、よく運動をする人や汗っかきの人もウォータープルーフタイプを使うといいでしょう。 

またウォータープルーフにはスーパーウォータープルーフというものもあり、そちらは普通のウォータープルーフよりもさらに高い耐水性が期待できるため、シーンによって通常のものとスーパーのものを使い分けると良いでしょう。 

高い耐水性があることで水や汗に強いというメリットがある一方で、ウォータープルーフはシリコンが含まれていることで肌への負担が大きくなっています。
そのため肌が弱い人にはあまり向かないので注意してくださいね。 

日焼け止めのおすすめランキングTOP3

まずは最初に紹介した、本当におすすめできる日焼け止めTOP3を紹介していきます。 

見ておきたいポイントを全て押さえ、さらに保湿や肌への優しさをしっかり実感出来るものを厳選していますので、ランキング全てのアイテムをぜひチェックしてみてくださいね。 

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

\潤いケアをしながら紫外線から肌を守る/

Source: 公式サイト

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98.7点
  • 価格:3,780円(税込)
  • 内容量:50g
  • メーカー:POLA

防腐剤・香料などの刺激成分の他、紫外線を吸収することで肌に刺激を与えてしまう紫外線吸収剤不使用だから、肌への優しさを第一に考えて作られているPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド。 

紫外線から肌を守るためにSPF30 PA++となっており、紫外線散乱剤が含まれていますが、従来のものより40%近く減量しているため肌のきしみや乾燥感を感じることなく紫外線対策ができます。
植物由来の保湿成分が配合されているので日中の保湿ケアもお任せ。 

普段使いしやすいSPF値と肌への負担を最小限にまで抑えた処方となっているため、敏感肌の人にも子供の日焼け止めとしても活躍してくれるでしょう。 

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • モロモロが出てきて使い勝手の悪さ故、低評価です。塗った日焼け止めがカスになって出てくる状態なのでムラになってるような気がしてしまいます。軽いクリーム状のテクスチャー刺激がない点はよいです。

    アットコスメ

  •  
  • つけるぶんには問題ないのですが、その前の基礎化粧品との相性、その後の下地との相性によってかなり汚くヨレます。

    アットコスメ

どちらも日焼け止めを塗ったら後にトラブルが発生しているようですね。 

日焼け止めを顔に塗る場合は、塗る順番を守ることとスキンケアアイテムをしてから少し時間を置くことが大切です。
これを間違えてしまうとカスが出たり、メイクがヨレてしまうため注意してください。 

塗る順番と日焼け止めを塗る時の注意点に関しては後ほど紹介しますので、そちらもしっかりチェックしておきましょう。 

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 赤ちゃんの肌にも使える低刺激、石鹸で使えるとの事なので毎夏購入しています。アトピーの中学生の娘の肌に使用しても問題ないので安心して使っています。

    アットコスメ

  •  
  • 使い心地はノビがあり、塗りやすいです。UVに有りがちなキシキシ感も無くて、クリーミーなテクスチャーです。紫外線吸収剤フリーで、敏感肌でも安心して使えます。専用のクレンジング不要なのも有難いです。普段使いにはピッタリです。

    アットコスメ

デリケートな子供の肌にも使えるほど肌に優しいというのも見逃せないポイントですが、クレンジング不要で石けんで落とす事ができるのも嬉しいですね!
クレンジングは少なからず肌に負担を与えしまうため、落とす時の負担も最小限に抑えることができるでしょう。 

長時間の外出や海・プールなどのレジャーには物足りないかもしれませんが、普段使いとしては最適のSPF値。
軽やかなテクスチャーで使いやすいという声がとても多かったので、テクスチャーにこだわりがある人も納得の日焼け止めと言えるでしょう。 

公式サイトを見てみる

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドの成分と特徴

  • 敏感肌や子供の肌にも使える優しい設計
  • 紫外線吸収剤不使用
  • 保湿成分配合だから日中の保湿ケアも

香料や防腐剤、紫外線吸収剤不使用のため肌への負担を最小限に抑えるよう設計
2歳以上の子どもが実用できるかどうかを確かめるプラクティカルテスト、汗や水によって落ちにくいかどうかを確かめるウォーターレジスタンステスト済みです。 

子どもから大人まで使えるほど肌に優しいのに、汗や水に強いから落ちにくいなどの魅力もあります。 

紫外線から肌を守る3D-UVカットベールは、紫外線散乱剤が肌に均一にあることによって紫外線を跳ね返し、肌への到達をブロック。
肌を守るだけでなく、紫外線によってできやすいシミやくすみの予防にもつながるでしょう。 

アルニカエキスやローヤルゼリーエキスといった保湿成分も配合されているため、日中の乾燥も防いでみずみずしいお肌をキープしてくれます。 

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドを安く買う方法

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドは公式サイト・楽天・amazonで購入出来ます。 

あまり価格に差はありませんが、公式サイトには購入時期によって送料無料のキャンペーン、レビューの投稿でポーラオリジナルコットンプレゼントなどの特典があります。
特典付きで購入できる公式サイトがおすすめです。 

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年6月現在)
公式サイト楽天amazon
3,780円(税込)3,700円(税込)3,900円(税込)

公式サイトを見てみる

RUHAKU 月桃UVボディヴェール

 \肌負担が少ないのに強力な紫外線カット効果/

Source: 公式サイト

RUHAKU 月桃UVボディヴェール

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97.2点
  • 価格:3,960円(税込)
  • 内容量:60ml
  • メーカー:RUHAKU

合成保存料・合成香料・合成着色料・アルコール・石油由来成分・動物由来成分・紫外線吸収剤フリー、肌に優しいのにしっかりとした紫外線カット効果を実感出来るRUHAKU 月桃UVボディヴェール。 

SPF50+ PA++++配合、普段使いには向かないという点がありますが、長時間外にいる人や紫外線が強い場所に行く時には大活躍してくれるでしょう。
保湿成分や肌を整える成分が配合されているため、乾燥・敏感肌にもおすすめ。 

生後6ヶ月の赤ちゃんにも使用できるほど肌への負担を最小限に抑えているため、紫外線をしっかりカットしてさらに肌に優しいものが良いという人はぜひ使ってみてください。 

公式サイトを見てみる

アクセーヌスーパーサンシールドEX

\なめらかに伸びて肌をしっかり守る/ 

Source: 公式サイト

アクセーヌスーパーサンシールドEX

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:4,320円(税込)
  • 内容量:22g
  • メーカー:アクセーヌ

紫外線吸収剤フリー、その他にも香料やアルコールを含んでいない低刺激処方で、化粧下地として使えるから紫外線対策+ベースメイクが一つでできるアクセーヌスーパーサンシールドEX。 

水に落ちにくいウォータープルーフタイプとなっているので汗や水に強くなっていますが、クレンジングを使わなければ落とせないというデメリットも。
しかし肌への負担が優しく、保湿成分も配合されている上にSPF50+ PA++++と最高値の紫外線カット効果が期待できますので、外にいる時間が長い人の強い味方となってくれるでしょう。 

ノンコメドジェニックテスト済みだからニキビが気になる人にもおすすめです。 

※ノンコメドジェニックテスト済み…全ての方にコメドができないというわけではありません。

公式サイトを見てみる

顔に使えるおすすめ日焼け止め

次に体よりもデリケートな顔にも使える日焼け止め3選を紹介していきます。
とにかく顔の紫外線対策をしっかりしたい!という人は要チェックです。 

ニベア サンプロテクト ウォーターミルクマイルド

\肌への負担を最小限に抑えた日焼け止め/

Source: 公式サイト

ニベア サンプロテクト ウォーターミルクマイルド

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:734円(税込)
  • 内容量:30ml
  • メーカー:花王

紫外線吸収剤やアルコール、着色料などの刺激成分を含んでいないから、化粧下地として使える上に体にも使えるニベア サンプロテクト ウォーターミルクマイルド。 

SPF50+ PA++++の最高値のUVカット効果に加え、アセチルヒアルロン酸Naなどの保湿成分も配合されているのでみずみずしいお肌をキープしてくれるでしょう。
ウォータープルーフタイプではないのでこまめに塗り直しが必要ですが、洗顔料や石鹸で落とせるためクレンジングによる負担を抑えることができます。 

公式サイトを見てみる

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

\皮脂を吸収してテカリのない明るい肌へ/

Source: 楽天

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:1,749円(税込)
  • 内容量:24ml
  • メーカー:ファンケル

気になる毛穴を目立ちにくくしながら、皮脂を吸収してテカリにくくするため、UVカットをしながらメイク崩れのしにくい肌をキープしてくれるファンケル スキンケアベース ブライトアップUV。 

紫外線吸収剤などの刺激成分を含んでいないため肌への刺激を考慮した設計となっており、さらにSPF35 PA+++だからUVカットによる負担も抑えています。
化粧下地となっているので体には使えませんが、毛穴カバーや肌のトーンをアップさせるなど嬉しい効果が得られるでしょう。 

公式サイトを見てみる

POLA ホワイティシモ 薬用ブロック シールドホワイトプラス

\美白・美容成分+強い紫外線カット効果/

Source: 公式サイト

POLA ホワイティシモ 薬用ブロック シールドホワイトプラス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:4,104円(税込)
  • 内容量:50ml
  • メーカー:POLA

美白有効成分のビタミンC誘導体や、甘草エキス・クリアモイスチャーなどの6つの美容成分を複合したファンクションCを配合、日中の美白・美容ケアをしてくれるPOLA ホワイティシモ 薬用ブロック シールドホワイトプラス。 

紫外線からしっかり肌を守るために紫外線防止剤・紫外線吸収剤を使用していますが、美白有効成分や美容成分が一緒に含まれているので日中もしっかりスキンケアをしたいという人におすすめです。
SPF50+ PA++++配合で強力なUVカット効果が得られ、顔だけでなく体の紫外線対策&美白ケアもできる薬用美白日焼け止め美容液です。 

公式サイトを見てみる

全身に使えるおすすめ日焼け止め

次にボディ用の日焼け止め3選を紹介します。
顔用の日焼け止めで気になるアイテムを見つけたら、次は体の紫外線対策アイテムもチェックしてみましょう。 

アルビオン スーパー UV カット ファインコンフォート ボディ

\サラサラの肌触りになるから使い心地○/

Source: 公式サイト

アルビオン スーパー UV カット ファインコンフォート ボディ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:3,780円(税込)
  • 内容量:120g
  • メーカー:アルビオン

SPF42 PA+++配合、ある程度紫外線カット効果が高いことから、長めに外出をする時も腕や足などの肌を紫外線から守ってくれるアルビオン スーパー UV カット ファインコンフォート ボディ。 

ヒアルロン酸Naやローズマリーエキスなどの保湿成分が配合されているのでみずみずしいお肌をキープしてくれますが、しっかり馴染ませればサラサラの肌になるから暑い時期の日焼け止めとしてもおすすめ。
120gとたっぷり入っているので、塗る範囲が広いボディ用の日焼け止めとして人気を集めている日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

ニベアサン ウォータージェル SPF50

\石鹸で落とせるから肌に優しく紫外線カット/

Source: 公式サイト

ニベアサン ウォータージェル SPF50

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:990円(税込)
  • 内容量:80g
  • メーカー:花王

SPF50 PA+++配合だから高い紫外線カット効果を期待できる上に、浸透型ヒアルロン酸などの保湿成分が肌を潤して乾燥も防いでくれるニベアサン ウォータージェル SPF50。 

ウォータープルーフタイプではないのでこまめに塗り直さなければなりませんが、石けんで落とせることからクレンジングによる負担を避けることができて、香料などが含まれていない低刺激処方となっています。
長時間外出する時や紫外線が強い場所に行くときはこのSPF50がおすすめですが、SPF35もありますので、シーンに合わせて使い分けることで肌を労わりながら紫外線対策ができるでしょう。 

公式サイトを見てみる

DHC サンカットQ10 EX ジェル

\紫外線カットをしながら美しい肌へと導く/

Source: 公式サイト

DHC サンカットQ10 EX ジェル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:1,944円(税込)
  • 内容量:80g
  • メーカー:DHC

国内最高標準基準値のSPF50+ PA++++を配合することで、高い紫外線カット効果を発揮しながら肌の保湿ケアも欠かさないDHC サンカットQ10 EX ジェル。 

コエンザイムQ10・オリーブバージンオイル・ヒアルロン酸などの様々な美肌成分が含まれているので、日焼け対策をしながら肌を美しく、みずみずしくするためのケアができます。
肌への負担を最小限に抑えることで体だけでなく顔にも使えるようになっており、洗顔料やボディソープで落とす事ができるため、肌を守りながら紫外線対策+美肌ケアができる日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

海やスポーツでも使えるスーパーウォータープルーフタイプ

次にスーパーウォータープルーフタイプの日焼け止め3選を紹介します。
通常のウォータープルーフよりもさらに汗や水に強い処方となっているので、外に出る事が多い人におすすめです。 

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

\汗・水に強いSPF最高値の日焼け止め/

Source: 公式サイト

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:3,240円(税込)
  • 内容量:60ml
  • メーカー:資生堂

汗・水に触れることで紫外線をブロックする膜がより強くなるアクアブースター技術と、服や指が触れることで膜が取れることを防ぐ耐こすれ機能を複合したアクアブースターEX技術を配合しているアネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク。 

この技術を搭載したスーパーウォータープルーフ処方となっているので抜群の落ちにくさを実現しているだけでなく、スキンケア成分を50%配合することで肌を美しくサポート。
石鹸で簡単に落とす事ができるためクレンジングによる負担をなくすことができますし、SPF50+PA++++という高いUVカット効果で日焼けから肌を守ってくれます。 

公式サイトを見てみる

スキンアクア トーンアップUVエッセンス

\美容成分配合、トーンを上げて明るい肌へ/

Source: 公式サイト

スキンアクア トーンアップUVエッセンス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93.5点
  • 価格:1,080円(税込)
  • 内容量:80g
  • メーカー:ロート製薬

耐水性に優れたスーパーウォータープルーフ処方だから汗や水によって落ちにくく、さらに肌のトーンを上げてくれる色素も配合しているから、紫外線カット効果+明るい肌を実現できるスキンアクア トーンアップUVエッセンス。 

防腐剤や鉱物油を含まずに作られており、弱酸性となっているので体だけでなく顔にも使用できます。
SPF50+PA++++の高いUVカット効果に加えて、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などの保湿・美肌に働きかける成分も配合されているから美肌のためのケアとしてもおすすめの日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

アリィー(ALLIE) エクストラUV ジェル

\汗・水・摩擦に強いから落ちにくい/

Source: 公式サイト

アリィー(ALLIE) エクストラUV ジェル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:2,061円(税込)
  • 内容量:90g
  • メーカー:カネボウ

汗・水・に強いスーパーウォータープルーフ処方、摩擦に強いフリクションプルーフ処方のダブルプルーフで紫外線カット効果を長く保ってくれるアリィー(ALLIE) エクストラUV ジェル。 

ヒアルロン酸やコラーゲンと言った保湿成分を配合しているから保湿・美肌ケアもしてくれますし、SPF50+PA++++配合で紫外線から肌をしっかりと守ってくれます。
さらっとした仕上がりを実現しているので、暑い時期もベタベタとした不快感を感じることなく紫外線対策ができる日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

子供や敏感肌向け!低刺激な日焼け止め

次に子どもや敏感肌の人におすすめの日焼け止め3選を紹介します。
肌が弱い人でも使える低刺激処方の日焼け止めとなっているので、親子で使うこともおすすめです。 

MAMA BUTTER UVケアクリーム アロマイン

\6つの添加物フリーで子供の肌にも優しい/

Source: 公式サイト

MAMA BUTTER UVケアクリーム アロマイン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:1,404円(税込)
  • 内容量:45g
  • メーカー:MAMA BUTTER

外出時はもちろん、しっかりめに日焼け対策をしたいアウトドアや野外フェスの紫外線から守ってくれるオーガニック日焼け止めママバターUVケアクリーム アロマイン。

ナチュラルシアバターが配合されているので、塗ったお肌はベタつかずもっちり潤い、日焼け独特のガサつきや乾燥から肌を守る効果が高いクリームです。
肌に刺激となる恐れのある6つの添加物フリー、SPF25 PA++でUVカットによる負担も最小限に抑えているため、敏感肌の人や肌が弱い子どもの使用にもおすすめの日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト        

\高保湿成分が日中の肌をみずみずしく保つ/

Source: 公式サイト

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:2,484円(税込)
  • 内容量:50ml
  • メーカー:ヴェレダ

紫外線吸収剤を使用せずに天然成分のみでつくられた、シトラス系の日焼け止めと思わせない爽やかな香りのヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト。

保湿成分であるエーデルワイスなどの植物エキスが紫外線ダメージをケアしながら肌に浸透し、お肌を守ってくれます。
生後一カ月の赤ちゃんから使えると言われるほど肌に優しく、白浮きしにくいほんのりとした肌色でメイク下地としても優秀です。 

公式サイトを見てみる

SHIGETA UVスキンプロテクション

\美容液成分配合、化粧下地にも○/

Source: 公式サイト

SHIGETA UVスキンプロテクション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:3,132円(税込)
  • 内容量:40ml
  • メーカー:SHIGETA

紫外線カット効果だけでなく、化粧下地・美容液・フェイス&ボディクリームとしても使えるから、女性にとって嬉しい効果が満載のSHIGETA UVスキンプロテクション。

女性の美を作る成分、ザクロ•ローズヒッピ•クランベリーのオイルを使用しているため、保湿しながら美容液としてパワーを発揮してくれます。
SPF25 PA+++配合、紫外線吸収剤やアルコールなどを含んでいない低刺激処方なので、敏感肌の大人にもデリケート肌の子どもにもおすすめできる日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

メンズ向け!使いやすいおすすめ日焼け止め

最後にメンズ向けのおすすめの日焼け止め3選を紹介します。
スキンケアが面倒と感じる男性のために、使いやすさを重視したアイテムを厳選しています。 

キュレル UVローション

\肌に優しいのに高い紫外線カット効果/

Source: amazon

キュレル UVローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:1,620円(税込)
  • 内容量:60ml
  • メーカー:花王

ローションタイプの日焼け止めだから肌馴染みが良く、手間をかけずに紫外線対策ができるキュレル UVローション。 

紫外線吸収剤・香料・アルコールなどの刺激成分フリー、赤ちゃんにも使えるほど肌負担が少ないので、乾燥肌・敏感肌の人にもおすすめです。
保湿成分が配合されているためお肌の乾燥を防ぎ、さらに白残りしにくくなっているため男性でも使いやすくなっている日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

UL・OS 日やけ止め50

\紫外線から肌を守って保湿ケアも/

Source: 公式サイト

UL・OS 日やけ止め50

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:1,296円(税込)
  • 内容量:25ml
  • メーカー:大塚製薬

男性スキンケア化粧品ブランドとして人気を集めているウルオスから出されており、紫外線カットと保湿ケアを同時に叶えてくれるUL・OS 日やけ止め50。 

紫外線吸収剤を使用しているため肌負担が気になるところですが、着色料・合成香料・防腐剤フリーで保湿成分が配合されているため、酷い乾燥肌や敏感肌以外の人におすすめ。
ボディソープで落とせるためクレンジングを使う必要もありませんし、SPFは25と50で用意されているのでライフスタイルに合わせて適した数値を選ぶことができます。 

公式サイトを見てみる

ニベアメン UVプロテクター SPF50+

\紫外線カットに加えてテカリも抑える/

Source: 公式サイト

ニベアメン UVプロテクター SPF50+

  • 編集部評価:★★★★★93点
  • 価格:1,997円(税込)
  • 内容量:40ml
  • メーカー:花王

汗や水に強いウォータープルーフ処方で、SPF50+PA++++と高いUVカット効果が期待できるため、外にいる時間が長い人やレジャーに良く出かける人におすすめのニベアメン UVプロテクター SPF50+。 

さらっとしたテクスチャーで保湿成分が配合されているので、乳液としてスキンケア目的で使っても良いですね。
皮脂吸着成分のセリサイトアパタイトが、テカリの気になるメンズ肌をサラサラに保つ効果も期待できる日焼け止めです。 

公式サイトを見てみる

日焼け止めの効果を発揮させる使い方

日焼け止めの高い効果を発揮させるにはいくつかのコツがあります。
ここでは日焼け止めの効果を最大限に実感できる使い方について紹介していきましょう。 

化粧水で保湿させるとより長持ちする

乾燥しているお肌は肌自体が硬くなっており、硬くなった肌はスキンケアアイテムだけでなく日焼け止めも馴染みにくい状態です。
そのため日焼け止めを塗る前に、必ず保湿ケアをして肌を柔らかくしておきましょう。 

保湿ケアは化粧水で終わりではなく、乳液まですることがおすすめ。
乳液で仕上げをすることで肌内部の水分を逃がすことなくとどめておくことができるので、みずみずしい柔らかな肌が持続します。 

ただ一点注意したいのが、保湿ケアをしてからすぐに日焼け止めを塗らないこと。
仕上げに乳液を馴染ませてからすぐに日焼け止めを塗ると、日焼け止めが上手く馴染まないので均一に乗せることができません。

スキンケアから少し時間をおいて、それから日焼け止めを塗りましょう。 

500円玉ほどの量をムラなく塗る

日焼け止めは適量を塗らなければ、しっかりとした効果を発揮できません。 

適量は日焼け止めによって異なりますが、500円玉ほどの量を使うようにしましょう。
この量を肌にムラができないよう均一に伸ばしてください。 

均一に伸ばすことで肌全体が紫外線カット効果を得ることができますが、ムラがあると効果が発揮されないので塗り方と塗る量に注意しましょう。 

メイクをする場合は5分程度馴染ませる

顔の日焼け止めを塗るときは、化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順で塗っていきます。 

日焼け止めはメイクの前に塗りますが、日焼け止めを塗った後はすぐに化粧下地を塗らず、5分程度置いてからメイクを始めましょう。
化粧下地が完全に馴染む前に化粧下地を塗ってしまうと、日焼け止めが肌に馴染まずに落ちてしまうため意味がありません。
そのため少し時間をおいてから化粧下地を塗るようにしてください。 

化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果が含まれる場合は日焼け止めを別で使う必要はありませんので、化粧水→乳液→化粧下地→ファンデーションの順で塗っていきましょう。 

また日中はメイク直しの際に日焼け止めを塗ると思いますが、ファンデーションの上から日焼け止めを塗るとファンデーションがヨレてしまうので注意しましょう。
スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めであればファンデーションがヨレることなくメイク直しも日焼け止めの塗り直しもできますよ。 

屋外にいるならこまめに塗り直す

一日屋外で過ごす時は、約3時間おきに日焼け止めを塗り直すようにしましょう。 

屋外にいる時はどうしても汗をかきやすくなってしまいますので、汗によって日焼け止めが落ちてしまうからです。
また汗を拭くことでも日焼け止めは落ちてしまうため、こまめに塗り直すことで長時間紫外線をブロックできます。 

屋内にいる場合は汗をかく量が屋外に比べて少ないですし、紫外線に当たる時間も短いため朝一度塗るだけでOKです。 

ワンシーズンで使い切る

日焼け止めは大体夏になる前位に購入すると思いますが、購入したらワンシーズンで使い切るようにしましょう。 

日焼け止めには日焼け止めの腐敗を防ぐために防腐剤が配合されていますが、開封されればどうしても酸化によって腐敗が進んでしまうため、トラブルの原因になる恐れがあります。
開封していなければ長く持ちますが、開封してしまったものは大体半年~1年が使用期限となっているので、期限を守って使いましょう。 

ここで紹介した添加物の少ない日焼け止めは防腐剤自体配合されていないものもあり、配合されていない場合はさらに使用期限が短くなります。 

一度購入したらワンシーズンで使い切り、残ったとしても翌年に持ち越すのは止めておきましょう。 

日焼け後のアフターケアも大事

日焼け止めをしっかり塗っていても、場合によっては日焼けをしてしまう事もあります。
日焼けをしてしまったらどうしよう!?と焦ってしまうかもしれませんが、そんな時は日焼け度のアフターケアを行うことが大切。 

どんなアフターケアをすればいいのかについて紹介していきましょう。 

まずは体を冷やす

日焼けをしてしまった肌は炎症を起こしている状態となっているので、赤みやヒリヒリといった症状が出やすくなります。
炎症をケアするために、まずは日焼け部分を冷やしましょう。 

濡れたタオルや保冷剤をタオルに巻いて、患部に15分程度あてます。
長時間冷やすと肌がふやけてしまい、トラブルが悪化する恐れがあるので時間に注意してくださいね。 

そして日焼けをした後の肌は、非常にデリケートな状態となっているので再度紫外線に当たるのはNG。
だからといってその肌に日焼け止めを塗るのもあまり良くありませんので、外出するのであればストール・日傘・アームカバーなどを活用しましょう。 

また紫外線は目からも入り、それはシミの原因にもなると言われているので、サングラスで目をしっかり守ることも大切です。 

食べ物やサプリで内側から予防

日焼けをしてしまった肌は紫外線によるダメージを受けているため、シミやくすみなどのトラブルだけでなく肌の老化にも気を付けておきたいところ。
肌の老化は乾燥を招くだけでなく、シワやたるみといった年齢サインの原因にもなりかねません。 

スキンケアアイテムを年齢ケアができるものに変えてもいいのですが、外からケアするのであれば内側からもケアすることがおすすめ。 

肌の老化を起きにくくする働きを持つ成分が含まれるにんじん・トマト・オレンジ・ナッツ類などを毎日の食事に取り入れるようにしましょう。
この働きを持つ成分としてはビタミンA・C・E・ポリフェノールがあり、これらの栄養素はサプリで摂ることも可能です。 

毎日の食事に食品を取り入れることが難しい場合は、これらの栄養素が摂取できるサプリメントを服用するようにしましょう。 

日焼け止めで焼けない肌対策を

紫外線カットをしてくれるだけでなく、肌負担を抑える・保湿成分が配合されているなどの嬉しい効果を含む日焼け止めを紹介してきましたが、気になるアイテムは見つかりましたか? 

日焼け止めはSPFの数値が高ければ高いほど紫外線からしっかり肌を守ってくれますが、肌への負担もそれなりに大きくなるため誰にでも数値が高いものがおすすめ!ということはありません。
毎日の外出時間や紫外線が強い場所に行くかどうかによっても適切な数値が異なるため、自分のライフスタイルに合った数値の優しい日焼け止めを選ぶことが大切です。 

あなたにピッタリの日焼け止めを見つけて、日焼け・シミ・くすみの予防をし、大切な肌を焼くことなく美しく保ってください! 

もう一度おすすめの日焼け止めをチェックしたい人はこちらからジャンプしてみてくださいね♪