産後の肌トラブル4つの原因と対策法!肌荒れ・吹き出物の治し方

産後の肌はトラブルだらけ

可愛い赤ちゃんが生まれたと同時におやっ!鏡をみては肌荒れが起きているということがあります。それはどうしてでしょうか。ここでその原因を解決して適切な改善法を実行しましょう。

産後は育児に追われてスキンケアが怠りがちなのもありますが、赤ちゃんが眠っている間にちょっとここで一息入れて、美肌に整えるレッスンをしましょう。主に起こる症状を自分の肌と見合わせながら効果的な対策法ですべすべに整えてください。またオススメのスキンケア製品も利用していつでもみずみずしい肌を維持しましょう。

アッキー
産後は湿疹ができたりニキビなどがどうしてできやすくなるのですか?はるこ先生、その原因を教えてください!
はるこ先生
肌は体調や生活習慣によってすぐに影響を受けやすいのよ。産後は特にホルモンバランスが変化しやすいから肌荒れが起こりやすくなるのよね。もっと詳しくその原因と対策法をチェックしましょう!

 

 産後肌荒れの主な4つの原因

産後はどうして肌荒れが起こってしまうのでしょうか。ガサガサになっていたり、吹き出物などができても育児に追われては、妊娠前のようにしっかりケアすることができないもの。気づくと授乳などで夜起きたりと不規則な生活が続いたり、食事もおろそかになっては肌に栄養分が不足したりターンオーバーも乱れます。

ここではまず肌荒れの原因を突き止めて、できることから改善するようにしましょう。

ホルモンバランスの変化

産後は妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどが減少するため、肌にも影響を与えやすくなります。

妊娠中は皮脂の分泌を促すプロゲステロンと皮脂を抑制するエストロゲンのバランスによって肌を健やかに保つことができるのですが、産後によりこれらのホルモンが減ってしまうことで皮脂コントロールができなくなると同時に、肌への潤いが一定して維持できなくなるのが主な原因でしょう。

疲れ・睡眠不足

赤ちゃんが生まれてハッピー気分になっているのも束の間、目の前には慣れない育児という山のようなタスクが待っています。夜中の授乳はとりわけ新米ママにとってはハードな仕事となるでしょう。ママの年齢が上がればそれだけにヘビーな仕事になります。さらに赤ちゃんが病気になったときは心配でぐっすり眠ることができません。

そんな日々が続くと精神的に肉体的にも疲れて、新陳代謝が低下して肌もくすんでげっそりとした印象になってしまうでしょう。夜中に寝たり起きたりでは睡眠中に分泌される成長ホルモンが活性化できずに肌が乾燥したり弾力を失う他、ターンオーバーも乱れるため肌がくすんだり吹き出物が起こりやすくなります。

ストレス

肌が受けるストレスには紫外線などの外的ストレスの他に、疲れやイライラなどで起こる内的ストレスがあります。産後のママの肌トラブルに影響を与えるのは、後者の内的ストレスで主に育児によって起こります。ストレスがたまるとホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが多く分泌されるようになり、皮脂がそれだけに多く分泌されるのでしょう。

そのため皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりやすくなり、ニキビなどの吹き出物が起こりやすくなるのです。またストレスは免疫を低下させてしまうので、肌のバリア機能も弱くすることでも乾燥しやすくなったり、シミなどができやすい状態になってしまうのでしょう。

便秘

授乳中に便秘になったということはよく聞かれます。それがどうして肌荒れに関係するのかというと、授乳により水分を排出してしまうからです。そのため体内の水分量が減るため便秘気味になってしまうのでしょう。

また赤ちゃんが生まれるとどうしても赤ちゃん中心の生活になってしまうので、食事も一品料理に偏ってはますます便秘になることもあります。普通分娩でも帝王切開でも出産時の傷の痛みを抑えていきめなくなることでも便が出にくくなってしまうことも便秘の原因でしょう。


産後の肌トラブルの症状

具体的な肌トラブルの症状をチェックしましょう。普段でも頻繁に起こる肌荒れですが、とりわけ産後に重なって現れたり、なかなか改善できない場合は、後にお伝えするそれぞれの症状に合った方法で改善をしましょう。

吹き出物

産後に吹き出物ができるときは主に顎にできやすいと言われています。それは顎の毛穴は他の顔の部分よりも狭いので、皮脂や汚れが詰まりやすいからです。さらに食事をするときにカスがつきやすかったり、雑菌がついた髪が触れやすいことでも吹き出物が起こりやすい部分となります。

またホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌が多くなったりすることや、逆に通常では皮脂の分泌が少ない顎がさらに乾燥してしまってはニキビができやすくなってしまうことがあります。

肌荒れ

肌荒れの原因はまず乾燥です。肌が乾燥してしまう原因は空気や食べ物、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因が考えられます。かさついたり、ザラザラしたりメイクのノリも悪くなってしまい肌のツヤもありません。肌のバリア機能も低下してしまうので、シミやたるみ、シワなども起こりやすくなってしまうでしょう。

かゆみ、湿疹

産後はホルモンのホルモンバランスが乱れるので、肌の皮脂バランスが崩れやすくなります。そのため肌を守っている保護膜がしっかり機能できなくなり、ゆみや湿疹などの肌トラブルが起こりやすくなるのです。さらに育児で疲労やストレスが溜まることでこのような肌荒れが起こりやすくなります。

じゃあ肌荒れはいつまで続くの?

実際産後に肌トラブルを経験したママさん方の口コミによると、産後1〜2ヶ月もすると肌荒れが落ち着くようです。しかし産褥期である産後6週間は体の回復が優先となってしまったり、また育児に追われることで疲れなどがたまりやすく肌荒れの治療に時間がかかりやすくなります。そのため結局肌の回復には1年かかったというママさんが多いのも事実。

しっかりこの間にこそしっかりスキンケアをして、みずみずしい肌を維持するようにすることがゆくゆくの美肌維持に繋がるのです。早く肌荒れを治すために軟膏薬で治療することも可能ですが、授乳中に塗り薬を使用するときは必ず医師に相談して安全な薬を処方してもらいましょう。


原因別の肌をきれいにする方法

ママになってもいつでもおしゃれをして肌も綺麗に維持したいもの。妊娠や出産は病気ではないため、しっかり産後の体調を改善することで、肌の調子も良くなるものです。しかし産後げっそりとした肌を見るのはあまり快適ではないので、肌トラブルの原因を改善してできるだけ早く肌が元気になるようにサポートしましょう。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスが乱れやすい産後のママの体は大きな変化を受けながら通常の体調に戻っていきます。この時期にはホルモンバランスに影響を与えてさらに肌荒れを悪化させないように、ストレスを溜めずにリラックスした時間を過ごしたり、赤ちゃんと一緒に昼寝をして睡眠時間を補ったりして精神を落ち着かせることが大切です。

また大豆イソフラボンやビタミンB6などを含む栄養バランスのとれた食事をしながらホルモンバランスをできるだけ維持して肌改善をしましょう。また肌のバリア機能が低下している時でもあるので、低刺激のスキンケア製品で肌に負担をかけないようにすることも肌を早く回復させるポイントです。

疲れ・睡眠不足

産後は休みたくても育児で一日中横になっている暇もないのが現実。育児と家事でママの体は疲れがたまり、さらに睡眠不足が重なると免疫が低下して肌荒れが起こりやすくなります。そんな時には休日など夫に育児や家事を手伝ってもらうなど協力をしてもらいましょう。

もちろん家庭のライフスタイルに合わせてお互い都合よくオーガナイズすると良いです。特に産後6週間は実家の母親に頼むと気兼ねなく休めるでしょう。

ストレス

産後は思うように活動もできず、育児や家事に追われてストレスがたまりがち。そんな時にはお友達を招待して赤ちゃんを披露したり、電話で話するだけでもストレス発散ができます。

また音楽やDVDを見たり、読書をすることでも現実から一旦自分を切り離すことができるのでオススメです。また天気の良い日はバルコニーへ出て思いっきり日差しを浴びれば、ホルモンバランスも整いやすくなり肌の回復も高まるでしょう。

便秘

産後にできる便秘の改善法は腸内環境を整えることでしょう。授乳で水分が失いやすいのでこまめに水分補給をすると排出を助けてくれます。便秘には飲み物は食物繊維が豊富なココア、善玉菌を含む牛乳、そして白湯などがオススメです。

また水分であってもコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料や緑茶、赤ワインなどタンニンを含む飲み物は便秘を促進するため避けるようにしましょう。食物繊維を含む食品はこんにゃくやきくらげ、アーモンドなどがあるので、積極的にメニューに取り入れましょう。


アッキー
産後でも簡単にできる改善法で肌を綺麗にすることができそうです。普段のスキンケア製品も低刺激のものを使うことも大切なポイントですね!



改善されない時は皮膚科を受診しよう

肌の改善法を見習っても体調や肌質によってはなかなかよくならないこともあります。そんな時には自己判断でドラッグストアなどで肌の治療薬を購入して使用する前に、皮膚科で受診をして適切な治療薬を処方してもらうことをオススメします。訪問の際には授乳中であればそのこともはっきり伝えて、安全な治療薬で肌を改善するようにしましょう。

そこで皮膚科ではどんな薬をもらえるのかここで事前に豆知識としてチェックしておくと安心です。皮膚科は通院も考慮して近所にあるところを選びましょう。

主な治療内容

皮膚科ではかゆみには抗ヒスタミン剤やステロイド、保湿をするヒルドイドクリームや尿素クリームなどの塗り薬が処方されます。また非ステロイドのかゆみ止め軟膏にはオイラックスやラナケインなどが処方されますが、保湿剤以外の軟膏薬は授乳中の使用は使用することができないようです。

一方、内服薬では中国由来の薬や、保湿効果のあるビタミン剤を処方してくれるようです。いずれにせよ薬を処方してもらう時には、必要に応じて授乳中であることを伝えておくようにしましょう。

授乳中でも皮膚科に行くべき?

授乳中でも肌荒れが自分で改善できない時は、皮膚科で診てもらいましょう。もちろん授乳中であることを医師に告げることで、授乳中でも赤ちゃんに安全な薬を処方してくれるので安心です。ただの肌荒れと軽視して適当な軟膏薬を流用してしまって赤ちゃんに影響を与えてしまうよりも、皮膚科で確実な診断をしてもらって適切な薬を処方してもらう方が心配がありません。

産後のデリケートな肌におすすめの化粧品

産後の肌荒れを改善するには普段の生活習慣や食生活だけでなく、スキンケア製品にも気を配りたいものです。産後は肌のバリア機能が低下しているため、肌に刺激を与えない天然成分を使用したものがオススメ。

肌に負担をかけずに潤いを与えてくれるので、肌荒れを穏やかに整えてくれるでしょう。ここにオススメの3つのスキンケア製品をピックアップしましたので、産後のスキンケアにぜひ利用してください!

HANAオーガニック

世界中から厳選されたオーガニック素材を使用したスキンケアシリーズは産後のデリケートな肌を優しくケアしてくれるでしょう。乾燥やニキビ、敏感肌など産後の肌トラブルに有効な、豊富な花精油やハトムギエキスなどの潤い成分でしっかり保湿をしながら健やかな肌に改善します。

初めて使用する方や旅行にもオススメの7日間トライアルセットクレイ洗顔、化粧水、美容液、美容乳液、UV乳液がセット、一方超乾燥肌にオススメの7日間モイスチャートライアルセットは美容液の代わりに美容オイルがセットでいずれも1,480円で購入できます!

商品の特徴

  • 世界中の厳選されたオーガニック成分を配合
  • 6つの花精油をたっぷり使用
  • 8種類の和漢植物抗炎症成分配合でニキビや肌荒れを抑える
  • 肌のバリア機能を高める
  • 透明感ある肌に導く美白効果
  • 石油系成分フリー
  •  
  • 肌荒れ改善
    1週間ほど使用しましたが、とにかく肌が潤ってきました。化粧してもテカることなく、そして粉ふきもせず、肌荒れもその間ありませんでした。

    esola forest

 こちらは美容液のコメントでしたが、炎症を抑える有効成分もたっぷり配合されており肌荒れやニキビも効果的に抑えてくれるでしょう。透明感も蘇りみずみずしさが倍増します!

公式サイトはコチラ 

 ディセンシア サエル

産後の肌はとってもデリケートな状態。そんな時には、紫外線などもダメージも受けやすくシミやシワなどができやすくなります。ディセンシアは肌のバリア機能を高めながらワントーンアップした肌に導いてくれるのが特徴。

独自のホワイトサイクルシステムにより、通常のセラミドよりも4倍の浸透パワーがあるセラミドナノスフィアがしっかり肌を保湿してターンオーバーを促進します。さらに抗炎症成分アルニカエキスや抗酸化作用成分ムラサキシキブエキス、そして敏感肌を落ち着かせるコウキエキスも配合しており、肌荒れを改善しながら内側から潤いや透明感を感じることができるでしょう。

商品の特徴

  • セラミドナノスフィアが4倍の浸透力で肌を潤おう
  • 抗炎症成分や抗酸化作用成分で肌荒れを予防・改善
  • 肌のバリア機能アップ
  • 透明感アップ
  • 敏感肌を強くして健やかに整える
  •  
  • 敏感肌にオススメ
    どんなに肌が弱っていても、まぶたが荒れていても しみたりせず保湿力も抜群です。

    @コスメ

産後の肌荒れにもこれなら刺激を与えずにスキンケアができそうです。まぶたにつけてもしみないのでしっかり保湿もでき、目元もパッチリと輝くでしょう。 

公式サイトはコチラ 

ラ・ミューテ美肌セット

低刺激のスキンケアシリーズは、ダマスクローズやナノコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が肌を潤いながら、内側からしっとりと産後の肌を潤ってくれます。育児の疲れや睡眠不足でしぼみ気味な肌にハリと弾力を与えてくれるでしょう。

さらに肌のバリアを守る3種類のセラミドやスクワラン、肌が自然にハリをもたらし潤いを維持することができるパワーを与えるプラセンタやヘキサペプチド-3の配合によりホルモンバランスで影響を受けた肌を健やかに整えてくれます。

商品の特徴

  • ナノヒアルロン酸、ナノコラーゲン、ダマスクローズの保湿成分が肌の角質層までしっかり浸透して保湿
  • 3種類のセラミドとスクワランにより肌のバリアを高める
  • プラセンタヘキサペプチド-3により若々しさを自ら維持するパワーを肌に与える
  •  
  • ふっくら
    5/5
    優しい使い心地で内側からふっくらと潤うのを感じ 赤いブツブツの吹き出物が綺麗になってきました。

    @コスメ

肌を若々しく維持するのに欠かせない美容成分がたっぷり配合されている、スキンケア製品なら肌荒れ、乾燥、ニキビなど幅広い肌トラブルを改善してくれるでしょう。すべすべな仕上がりになるこちらは美容液についてのコメントでした。


公式サイトはコチラ 

ひどい肌荒れが長引くときは皮膚科で相談してみよう

産後に体調が変化すると肌荒れが同時に起こりやすくなります。原因を改善する対策法を実行したり、低刺激のスキンケア製品を使用することで肌への改善が期待できるでしょう。しかし症状が良くならない、また悪化してしまう時には皮膚科で診てもらい適切な薬で治療することが大切です。

産後による肌荒れは時間が経てば徐々に自然に改善していくものですが、より良い肌を維持するためにもせめてスキンケアで保湿をしっかりしておくことで肌トラブルを軽減することができます。