ぽつぽつ黒ニキビの治し方~洗顔と保湿重視のスキンケアで解決しよう

黒ニキビを悪化する前に治したい

ポツポツと顔に広がるようにできて気になる黒ニキビ。鼻にできてしまうと、その見た目からいちご鼻なんて呼ばれることもありますよね。見た目もあまりよくはないし、出来ることならひどくなる前に綺麗な肌に戻りたい!そのためには、正しいスキンケアの知識が必要不可欠!

そこで今回は、黒ニキビを改善するのに必要なスキンケア方法を始め、オススメの化粧品や黒ニキビについてなど、詳しくご紹介していきます。

黒ニキビの治し方①スキンケア編

黒ニキビはニキビの初期段階である白ニキビが悪化して出来てしまうもので、まだ炎症を起こしていないけれども毛穴が開き、溜まった皮脂が酸化してしまっている状態です。

この黒ニキビを改善するのに、一番大切な方法は洗顔です!汚れのない清潔な肌を保つことがニキビの改善、ニキビ予防にはなによりも欠かせないのです。

洗顔

綺麗な肌は正しい洗顔から!肌を綺麗にしておけばニキビが悪化するのを防げますし、さらにはニキビ予防にも繋がります。では、早速正しい洗顔方法を見ていきましょう!

正しい洗顔の仕方

洗顔はやりすぎてしまえば肌に負担がかかり逆効果になりますし、洗顔回数を減らしてもテキトーにしていれば、きちんと汚れが落ちずにニキビの原因になってしまいます。なので、少ない洗顔回数で優しく洗えるようにしていきましょう。

綺麗な肌を作る洗顔手順

  • 手を綺麗に洗う
  • 顔を水洗いする
  • 洗顔料を使って顔を洗う
  • しっかり洗顔料を洗い流す
  • 綺麗なタオルで拭く

1 手を綺麗に洗う

まずは手を綺麗に洗いましょう。手が汚れていては、せっかく洗っているのに意味がなくなってしまいます。石鹸を使って綺麗にしてから洗顔を行いましょう。

2 顔を水洗いする

次に水洗いです。洗顔料を使う前に、まずは水だけで顔を洗い汗などの簡単に取れるような汚れを落としておきましょう。できればぬるま湯で洗うといいでしょう。この時にゴシゴシ手で擦るのはアウトです。

3 洗顔料を使って洗う

  1. まずは洗顔料をしっかりもちっと角が立つくらいたっぷり泡立ててください。出来ることなら泡立てネットを使いましょう!
  2. しっかり泡立てたら、まずはTゾーンから洗っていきます。おでこ、鼻にと泡を乗せ、泡だけを肌に触れさせながら円を描くようにして広げていきます。この時も手で肌を擦ってはいけません。泡だけで十分汚れが落ちるので、泡を信じて優しく洗っていきましょう。
  3. Tゾーンの次は頬、あごと同じように泡を塗るような感じで優しく洗い、まぶたや口周りと言った皮膚の薄いデリケートな部分を洗っていきます。

4 しっかり洗顔料を洗い流す

一通り洗えたら、ぬるま湯を使って洗い残しのないように丁寧に洗い流してください。ここでもゴシゴシは禁物です。どうしても何度も洗い流すことになるので面倒かもしれませんが、擦らず水をつけるようにしてしっかり流しましょう。

5 綺麗なタオルで拭く

洗い流せたらあとは綺麗なタオルで拭くだけです。この時も擦るのはアウトです!徹底して肌への摩擦を減らしましょう!そのためにも、タオルは拭くというより水を吸わせるようにして使いましょう。

洗顔料の選び方

洗顔に洗顔料は必要ないともよく言われます。実際、洗顔料は少なからず肌に負担がかかりますし、ものによっては洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで取り除いてしまい乾燥肌の原因になることもあります。

それらが原因でニキビが出来ていることもあるため、できるだけ肌に優しい天然由来成分で出来た洗顔料を選ぶようにしましょう。また、泡立ちのよさも大切です。よく泡立ち、必要な皮脂や水分を残してくれる洗顔料が理想的です。

保湿ケア

ニキビは肌の乾燥が原因で起きている場合が多くあります。そこで、乾燥を防ぐためにも洗顔後、綺麗にした肌をしっかりと保湿ケアを行っていきましょう!

保湿ケアのポイント

保湿ケアのポイントは3つ!

  • 洗顔をした後すぐに保湿!

洗顔をしたあとは肌が綺麗になっており、皮脂などが落ちた状態にあります。この状態はとても乾燥しやすい状態なので、なるべく早く保湿ケアをしてあげて、肌に水分を与えてあげましょう。

  • 両手で優しく包むように

化粧水を塗る時は500円玉程度の大きさになるくらい手に取り、手のひらを使って優しく肌に押し込むようにして塗りましょう。この時擦ってしまったり叩いてしまうと摩擦が肌にダメージを与えてしまうので、上から押さえつけるだけでOKです。手のひらで押さえて肌に染み込ませることで負担を少なくできますよ!

  • 肌に優しいものを選ぶ

例えばアルコールが含まれた化粧水などはつけると爽快感があり好んでいる人もいるはずです。ですが、アルオールは余計に乾燥を進めてしまうこともあるので避けた方がいい成分です。他にもサリチル酸のようなピーリング効果のあるものも、場合によっては負担が強く余計にニキビを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

ですので、ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸といった美肌に効果のある成分が含まれたものを選ぶといいですよ!

保湿ケアの手順

  1. まずは化粧水をしっかり手に取り、両手を使って肌の奥まで届くように染み込ませます。
  2. 化粧水がしっかり馴染んだら、今度は美容液を2センチ程度手に取り化粧水と同じように手の平を使って顔全体に馴染ませます。
  3. 続いて乳液を2センチ程度取り出して優しく擦らないようにしながら、顔の上を伸ばしていきます。この乳液で染み込ませた水分に蓋をしてあげましょう!
  4. 基本的に3までで十分ですが、どうしても乾燥している場所が気になる場合には、そこにクリームをやはり優しく馴染ませるように塗るといいですよ。

過剰な皮脂を押さえるケア

皮脂が過剰に出ているとそれが毛穴に詰まりニキビの原因に!そこで、過剰に出ている皮脂を抑えるケアをしていきましょう。

朝は水だけで洗顔する

寝起きは汗やほこりなどを落とすために洗顔をする必要がありますが、洗顔料までは必要ないことが多くあります。むしろ洗顔料を使うことで必要な皮脂まで落ちてしまい、身体がもっと皮脂を出さないと!と過剰に皮脂を出してしまうようになります。洗顔料を使うのは夜だけにしてみてはいかがでしょうか?

しっかり保湿する

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌につながってしまいます。そのため、しっかり保湿してあげることで皮脂の量を減らしていきましょう!例えば化粧直しをする時などに、アルコールの入っていないミスト化粧水などで水分を与え乾燥対策をするのもいいですね。

必要なときだけ角質ケアを行う

ニキビを治すのに角質ケアは必要でしょうか?答えは、NOです。基本的に皮脂を抑えるケアをしつつ、洗顔と保湿をしっかりしていれば、時間はかかるものの自然と肌は再生していきニキビはよくなるはずです。

むしろ、それで治らなかったり、繰り返しニキビが出来ている場合は肌のバリア機能が低下している状態にあることが多いため、刺激の強い角質ケアを行うことで逆効果になってしまうこともあります。例えば肌のターンオーバーが乱れて古い角質がたまり肌がゴワゴワとした感触になっている場合には、角質ケアを行うのも一つの方法です。

角質ケアの注意点

 1.何度も行わないこと!

  週に1回など、角質ケアは間をあけておこなうようにしましょう。

 2.角質ケアをしたら保湿をしっかり!

  角質ケアをした後の肌は角質が減りバリア機能が低下している状態にあります。しっかり保湿して守ってあげましょう。

 3.出来る限り優しく行う

  ついついしっかり擦って角質を落とそうとしてしまいがちですが、余分な力をいれずに優しく行うことで肌への負担を減らしてあげましょう。

角質ケアの方法

角質ケアにはエステで行う方法の他にも、自宅で行う方法もあります。ここでは自宅で行う方法の中でも代表的なピーリングジェルとスクラブ洗顔をご紹介します!

ピーリングジェル

ピーリングはAHA(フルーツ酸)と呼ばれるような酸によって角質を溶かしていく方法と物理的に角質を剥がしていく方法の二種類あります。ピーリングジェルは前者になります。

  1. まずはパッチテストを行いましょう。使用する前日の入浴後、ピーリングジェルを腕の裏側など目立たない部分の一部につけます。 
  2. 次の日に、痒かったり赤くならなければOKです。
  3. 説明書をよく読んで、その通りの量や頻度を守りながらピーリングを行っていきましょう!
  4. 一通り終えたら、しっかりと保湿ケアを忘れずに!

スクラブ洗顔

ピーリングジェルとは違い、スクラブ洗顔は細かい粒子で肌を磨きより汚れを落とす方法です。磨くことになるため、肌にはとても強い刺激となり注意が必要です。

  1. 洗顔を行う前に、肌を湿らせしっかりと潤いを与える
  2. 説明書などをよく読んで、量や頻度を守りながら洗顔を行いましょう。洗う時は手で擦らないように注意してください。
  3. 基本的には、泡を肌の上で滑らせるようにして馴染ませるだけでOKです。
  4. 使用後は、しっかりと洗い流し、保湿ケアを行いましょう。

角質ケアはやりすぎないこと!

繰り返しになってしまいますが、角質ケアは非常に肌への負担が強く、場合によっては悪影響を及ぼすこともあります。まずは、本当に角質ケアが必要なのかをしっかり考えて、角質ケアを行う場合には、やりすぎないようにしてくださいね。

undefined
はるこさん
角質ケアの頻度が高いと、乾燥や肌荒れが進んでしまうことがあります。そして、それが原因でニキビが出来るなんてことも……!

 黒ニキビの治し方②日常生活編

スキンケア以外にも黒ニキビを治すのに大切なことがあります。それが日常生活です!規則正しい生活スタイルやバランスのいい食事はニキビを治す上でも予防する上でもとっても大切なことなのです!

食べ物に気をつける

偏った食事は健康はもちろん肌にもよくありません。意識して栄養を偏り無く摂るというのも大変だとは思いますが、出来る限りバランスのいい食事を摂るようにしましょう!

黒ニキビを改善する食べ物

ビタミンB2脂質の代謝を整え、皮脂の分泌をコントロールしてくれる
納豆、レバー、卵、うなぎ、きのこなど
ビタミンB6タンパク質の代謝を促し、新しい皮膚を作ってくれる
かつお、まぐろ、いわし、さんま、納豆など
ビタミンC 炎症を抑える働き、抗酸化作用、美肌効果
イチゴ、レモン、キウイ、小松菜、ピーマンなど
ビタミンA皮膚や粘膜の免疫力を高める
レバー類、味付け海苔、ほうれん草、あなご、春菊など
亜鉛肌の新陳代謝を促す
牡蠣、煮干し、するめ、チーズなど

各種ビタミンはそれぞれバランスよく摂ることで、それぞれが働きを補い合いより効果を発揮してくれます。このように栄養はそれぞれが相互に働き合うことが多いので、いろいろなものをバランスよく食べていくのがオススメです。

黒ニキビの原因になる食べ物

逆に黒ニキビの原因になってしまう食べ物もいくつかあります。

  • 甘いもの

 甘いものを食べることによって糖分が摂取されます。糖分は体内でビタミンB群を消費しながらエネルギーや脂肪へと変化していきます。そうして体内に脂肪が溜まると、やがて皮脂の分泌量が増え、それが原因で毛穴が詰まりやすくなってしまいニキビの原因となります。

  • 油っぽいものやお肉

 これらも皮脂を増やす原因になる食べ物です。美味しいからとついつい食べすぎてしまうと、油脂分を過剰に摂取してしまうことになり、皮脂の分泌が増え毛穴づまりの原因になってしまいます。ニキビ対策のためにも、油っぽいものやお肉類の量を減らしてみてはいかがでしょうか?

  • アルコールやカフェインといった刺激のあるもの

 これらのものは摂りすぎてしまうと、胃や腸への負担が大きくなり、ホルモンバランスの乱れを起こしたり、カフェインならばビタミンB群の吸収を阻害したりしてしまいます。食べ過ぎ飲み過ぎは健康にもよくないので、適度な量に留めておきましょう!

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れるといいますが、ニキビの場合は、男性ホルモンや黄体ホルモンなどの皮脂を多く分泌するホルモンが多くなってしまう状態を言います。

ニキビが出来る原因の多くは、皮脂の詰まりです。そのため、ホルモンバランスを整えて、男性ホルモンや黄体ホルモンが多くならないようにしてやることで皮脂の過剰分泌を防ぐことが鍵になります。

では、そのためには何が必要かというと、ズバリ!睡眠とストレス発散です!

自律神経を整える

また、自律神経の乱れも、ホルモンバランスの乱れと同様に皮脂を過剰に分泌してしまいます。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、運動したりと身体や心が活発な時に働いているのが交感神経、寝ているときやリラックスしているときなどに働いているのが副交感神経です。このように、この2つの神経はそれぞれが役割を持ち、その人の状態に合わせて交互に働いています。

ですが、過剰なストレスを受けたり、不規則な生活をしていることで、自律神経の働きが乱れ、リラックスしたいのにずっと交感神経が働きリラックスできなかったりしてしまうことがあります。すると皮脂のホルモンの分泌まで乱れてしまい、それが原因で皮脂の分泌量も過剰になってしまうのです。

これらを防ぐためにも、自律神経を整えられるよう、ホルモンバランスを整えるのと同じように、しっかり眠り、ストレスを発散することが大切です。

睡眠時間はキープする

上でご紹介したとおり、とにもかくにも睡眠時間はお肌にとって、とても大切です。しっかり寝ていないとホルモンバランス、自律神経が乱れ、ニキビの大きな原因である皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます!

また、肌を再生させるターンオーバーは寝ている間によく行われています。つまり睡眠不足になるとターンオーバーも満足に行われなくなってしまい、綺麗な肌へと再生するのが遅れてしまうのです。

このように、とにかく睡眠はお肌にとって大切な時間です。特に大切なのは、寝始めの数時間だと言われています。この時間に成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝が活発になるとされています。なので、寝る前にはしっかり心を落ち着かせゆっくりしっかり寝られるようにしておきましょうね。

ストレスを発散する

睡眠時間と合わせて気にしたいのがストレスの発散です!

過剰なストレスを受けていると、人のホルモンバランスは乱れてしまいます。その結果、肌の皮脂が過剰に分泌されるようになってしまったり、場合によってはストレスで鬱状態に……!なんてことも。

ストレスはそもそも過剰に受けないことが一番なのですが、望んでないのに外部から多大なストレスを受けることが多い以上、なかなか防ぐことも難しいですよね。そのため、自分で溜まったストレスを発散する方法を見つけておきましょう。

undefined
あっきー
軽い運動はストレスの発散にもなりますし、好きな音楽を聞いてリラックスするのもいいですね♪とにかく自分の好きなことをしてストレス発散する時間を作ってあげましょう。
undefined
はるこさん
マッサージを受けたりしてリラックスするのも効果的よ♪

 

 黒ニキビの治し方③薬編

 黒ニキビを治す方法に薬で治すという方法もあります。お手軽なのは市販されている薬で治すことですが、オススメなのはやはり皮膚科で薬を貰って治す方です!では早速、それぞれについて見てみましょう。

オロナインなど市販薬で治す

ニキビ用の市販薬を使うのも効果がありますが、使い方に注意が必要な場合があります。その例にオロナインを挙げてみましょう。

オロナインで黒ニキビは治る?

詳しく調べてみたところ、オロナインは黒ニキビにはあまり効果がないという意見が多いようです。というのも、オロナインはたしかにニキビに効果があると書かれているのですが、その効果は炎症を抑えるものです。ニキビの初期段階でもある黒ニキビはまだ炎症を起こしていません。そのため、オロナインは期待通りの効果が見られるとは言えません。

逆に、黒ニキビにオロナインを塗ることで、毛穴を塞ぐことになるため黒ニキビがさらに悪化してしまう可能性があります。オロナインを使う場合には、炎症を起こしている赤ニキビの時にしましょう!

黒ニキビにオススメの市販薬

黒ニキビにオススメの市販薬をいくつかご紹介致します!

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

Source: アマゾン

レキットベンキーザージャパンから発売されているクレアラシルです。

こちらの薬は、ニキビの原因菌であるアクネ菌の殺菌効果があるイオウが含まれており、さらに腫れや赤みを抑えるグリチルリチン酸ニカリウムや、レゾルシンという炎症を防ぎ角質溶解作用も持つ成分まで含まれており、黒ニキビにも効果が期待できます。

クレアラシル amazon販売ページ

アクネージア

Source: 楽天

アクネージアはメンソレータム社から発売されている市販薬で、サリチル酸というピーリング作用のある成分が含まれており黒ニキビの芯を溶かし毛穴詰まりを解消してくれます。さらにはアラントインという牛の羊膜から見つかった成分によって肌の新陳代謝を高めてくれます!乾燥が原因の大人ニキビに効果があり、黒ニキビだけでなく赤ニキビにも効果がある一品です。

アクネージア 楽天販売ページ

皮膚科の薬で治す

皮膚科で黒ニキビのことを相談すると、いくつかの方法で治療をすることになると思います。その一つに外用薬での治療があります。現在代表的なのはディフェリンゲルという塗り薬です。

ディフェリンゲル

 有効成分は「アダバレン」という成分で、ニキビ専用の外用薬品として現在日本だけでなく世界的にも代表的な薬の一つとされています。

その効果は、黒ニキビなどの毛穴詰まりを改善し、さらには塗ったところの角質が厚くなるのを防ぎ、事前に毛穴詰まりを予防してくれるのです!つまり、ピーリング作用にターンオーバーを正常にしてくれる効果、さらには皮脂の過剰分泌を抑えてくれる効果があるのです!さらに保険も適用されるのが嬉しいですね。

ディフェリンゲルの副作用

そんな黒ニキビにはもってこいのディフェリンゲルですが、使い始めには副作用が出ることが多く、だいたい二週間程度軽い副作用が起こるとされています。

その副作用は、

  • 皮が白くポロポロ剥がれる
  • 赤み、かゆみ
  • ひりひり感
  • 乾燥

などになります。基本的には二週間程度で収まるとされているので、一時的な副作用であり問題はありませんが、もし副作用が出た場合にはお医者さんに相談し、使用を継続していいのか、量は変えなくていいのかなど確認しておきましょう。

黒ニキビの治し方④注意ポイント

黒ニキビを治す上で注意しなくてはならないポイントが3つあります!この注意点を知らないと、せっかくの綺麗な肌に戻すための努力が全部ムダになってしまうかもしれません!

抗炎作用の薬は使わない

まずひとつ目が、抗炎作用の薬は使わないことです!もし黒ニキビでも、すでに痛みやかゆみが出ていた場合は、炎症が起こっているので抗炎症作用を持った塗り薬を使ったので構いません。ですが、通常の黒ニキビは、毛穴が詰まり皮脂が酸化している状態なので、炎症を抑えたところで効果はあまり感じられないはずです。

むしろ、本来必要な菌までも殺してしまい逆効果になる可能性もあります。もし痛みなどがない黒ニキビの場合には、肌の新陳代謝を高め、毛穴づまりを解消してくれる薬を選びましょう。

無理やり潰すのは絶対だめ

次に、ついやってしまいがちですが、無理やり潰すのは絶対ダメです!黒ニキビはポツポツと目立つし、出来る限り早く消し去りたいと思いますよね。ですが、だからといって指や爪で無理やり潰してしまうと、潰した箇所が炎症を起こし悪化してしまうことがあります。下手をすると、そこが跡になってしまうなんてことも……!

もし綺麗に潰すことが出来たとしても、根本が解決出来ていないので再びニキビが出来ることも考えられます。

早く治したいという気持ちは抑えつつ、綺麗な肌のためにも、無理に潰さず出来ることをしながら治るのを待ったほうが賢明です。

無理やり角栓ケアは避ける

ニキビを治す上で大切なのは洗顔です。正しく効果的な洗顔をして、時間をかけることで治ります。なので、無理に黒ニキビを取るための角栓ケアは避けましょう。

特に毛穴パックで角栓を取り除くのは、強い粘着力によって、本来必要な皮膚ごと剥ぎ取ってしまう可能性もあり肌への負担が高まりますし、黒ニキビの角栓も無理に引っ張ることで穴が出来、そこが炎症を起こす可能性も高まります。その結果、またニキビが出来て赤ニキビになってしまうかもしれません。

また、洗顔ブラシも肌への刺激が強くなりすぎてしまうため、出来る限りは使用を控えた方がいいでしょう。

ニキビ肌に優しい洗顔料は、こちらの記事でチェックできますよ。

どうしても黒い芯を取りたい…そんな時の正しい取り方

それでもどうしても!どうしても黒ニキビの芯を取ってしまいたい……!そんな方のために、正しい取り方をご紹介していきます。ですが、やはりオススメは取らずに自然に治るのを待つことなので、あまりオススメはしません!

芯を取る正しい方法

芯を取るにはいくつか道具が必要になりますので、まずはそれを集めましょう。

芯を取る道具

  • コメドプッシャー
  • 消毒液

では、早速やり方をご紹介していきます。

1.洗顔をする

 まずは顔を綺麗に洗いましょう。保湿まで行い綺麗な肌にしておくことが大切です。また、道具も清潔にしておきましょう。 

2.針を使ってニキビの表面に穴を開ける

 ほんのすこしでいいのでニキビの中心部分に穴を開けましょう。垂直にちょんと穴を開けて、少しでも芯を出やすくしてやればOKです。どうしても怖かったり抵抗があればパスして構いません。

3.コメドプッシャーで押し出す

 先程開けた穴にコメドプッシャーをあて、ニキビの芯を押し出しましょう。あまり強く押しすぎないように、軽く押してやるとニュルッと出て来ると思います。無理に出しすぎると逆効果になるので注意してください。

4.消毒する

 芯が取れたら消毒液で消毒しておきましょう。また可能であれば、ニキビケア化粧水などを使ってケアしてあげましょう。アイスパックなどで潰したニキビを冷やしてあげると腫れも引きやすいのでオススメです。

どうしても芯を取りたい時だけにする

白ニキビと黒ニキビならこうして芯を取りだすことも可能ですが、ニキビ跡が残る可能性があったり、菌が入って悪化する可能性があったり、さらにはまた黒ニキビが出来る可能性があったりとデメリットも多くあります。出来る限り、潰さずケアしていく方針にすることをオススメします。

皮膚科でやってもらうのが◎

また、芯を取るのを自力ではなく、皮膚科でやってもらうという手もあります。むしろその方が、芯を取り出していいニキビかどうかなどお医者さんに判断してもらえるため、自分で行うよりいいでしょう。その治療も保険適用になりますし、道具を揃える手間もないので、可能ならば病院で芯を取り出してもらいましょう。

黒ニキビってなに?どうしてできる?

ここまで黒ニキビの治し方を紹介してきましたが、ここで黒ニキビが出来る理由や原因についてご紹介していきます!原因を知れば対策も立てやすくなるはずです!

白ニキビの汚れが酸化したのが黒ニキビ

そもそもニキビというのは、毛穴の中に皮脂などの汚れが詰まることで出来るものです。そうして白くポチッと出来るのがいわゆる白ニキビと呼ばれているものになります。

その溜まった皮脂が空気に触れて酸化するとどんどん黒くなります。すると白かったニキビが黒色へと変化するのです。これが黒ニキビの正体です!

ちなみに、よく似たものに粉瘤と呼ばれる皮膚炎があります。これは皮膚の深い位置に垢がたまり黒くなる病気で黒ニキビととても良く似ています。そのため、見分けることが難しく、ある程度大きくなってから痛みや赤みがあるか、しこりや盛り上がりがあるかなどで違いがわかるようになってきます。

黒ニキビのできるメカニズム

ここで黒ニキビが出来るメカニズムを簡単に見てみましょう。

白ニキビ

まず、皮脂などが過剰に分泌されたりすることで、毛穴の入り口が狭まることで、毛穴の中に塊が作られます。それが白くポツッとできることで白ニキビができます。

黒ニキビ

その塊が押し上げられ毛穴が開き、塊が空気に触れるようになります。すると参加して先が黒くなり黒ニキビへと変化します。この段階までは炎症がありません。

赤ニキビ

さらに角栓に皮脂が溜まっていくと、やがて炎症を起こします。これが赤ニキビです。炎症が起きると、跡が残りやすかったりしてしまうため、こうなる前に治るようにしたいですね。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症がさらに進むと膿が出来てしまいます。それが黄ニキビです。赤ニキビ以上に跡が残りやすく、ニキビが治っても凸凹としたクレーターのようになったり色素沈着が起こったりします。

紫ニキビ

黄ニキビからさらに進み、血と膿によって紫になったニキビです。一番重症化してしまった状態で皮膚科での治療が必要になってきます。この段階になる前には手を打っておいた方がいいでしょう。

黒ニキビの出来る原因

黒ニキビが出来る原因は、大きく分けて2つです。

乾燥と皮脂の過剰分泌

乾燥は肌にとって大敵です。乾燥した肌は傷つきやすく、古くなった角質も固くなってしまい毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

さらに肌が乾燥することで、少しでも肌に潤いを与えようと皮脂を分泌し始め、そのせいで毛穴が詰まってしまいニキビの原因となってしまいます。

この2つの原因にうまく対処することで、黒ニキビが出来る原因をなくしちゃいましょう!

【場所別】黒ニキビの原因と対策

黒ニキビができやすい場所はいくつかあります。ここではその原因と治し方を見ていきましょう。

まずは黒ニキビがよく出来る鼻です。ポツポツと出来ていちご鼻に……!なんてこともよく耳にしますよね。この鼻は比較的皮脂が多く、毛穴に詰まりやすい部位でもあります。対策としては、油分の少ないスキンケアを使いつつ、きちんとしたスキンケアで皮脂を抑えるのが効果的です。

頬にニキビが出来る原因はというと、多くが男性ホルモンが増えたせいで皮脂の量が増え、角栓ができやすくなっているためだと言われています。そのため、対策としては、男性ホルモンの増加につながる睡眠不足解消、バランスのいい食事、運動不足解消などが必要になります。

おでこ

おでこも鼻と同様皮脂が多く出やすい部位になります。鼻と合わせてTゾーンともいいますよね。そのため、鼻と同様に肌に負担をかけないようにしすつつ、丁寧にスキンケアを行って皮脂の量を減らしましょう。

背中

背中は意外と皮脂の分泌量が多く、男性ホルモンの影響などによって皮脂が過剰に出やすい部位になります。そのため、黒ニキビもできやすいのです。対策として、顔と同じように背中もスキンケアを行いつつ、通気性、吸湿性に優れた肌着で背中の環境を良くしてあげましょう。

黒ニキビケアにおすすめの化粧品5選

最後に、黒ニキビケアにおすすめの化粧品を5つご紹介させていただきます!どれも黒ニキビには効果的なものばかりなので、是非試してみてください!

洗顔のおすすめ

まずは洗顔のオススメを2種類ご紹介します!

どろあわわ

Source: アマゾン

こちらのどろあわわは、なんといってもクッション性の高いもっちりとした泡が特徴!さらに、2種類の天然泥の吸着成分によって毛穴汚れや古くなった角質をしっかり吸着してくれます。そのため、擦ることなく泡で汚れを落とせるので肌への負担がかなり軽減されるんです。

しかも保湿成分として、豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキスと4種類の成分が配合されているため、洗顔をしながら保湿し肌の環境を整えてくれます。黒ニキビでお悩みの方は肌のバリア機能が低下している可能性が高いため、この優しくしっかり角質を落とせるどろあわわはオススメです!

どろあわわ 購入ページ

ビーグレン クレイウォッシュ

続いてオススメするのが、ビーグレンのクレイウォッシュです。こちらの洗顔料には、天然クレイのモンモリロナイトが配合されており、必要なものは肌に残しつつ、汚れだけを吸着して古い角質などを取り除いてくれます。

しかも肌にしっかり馴染み、ヒアルロン酸やカモミラエキスなどの効果によって肌の水分を保ちつつ、ターンオーバーを整えてくれる効果があります。

またよくある洗顔料とは違い、このクレイウォッシュは泡立てる必要がありません!クレイウォッシュをさくらんぼ大手にとって両手に馴染ませたら、優しく顔に馴染ませるだけ。あとは洗い流せばOKと泡立てる手間なく、ガシガシ擦ることもせずにすっきりとした洗い心地が実感できます!

ビーグレン クレイウォッシュ公式ホームページ

保湿のおすすめ

続いては保湿にオススメな美容液を2つご紹介致します!

セラミディアル

Source: 公式サイト

こちらはセラミディアル モイスチャライジングセラムです。保湿成分ヒト型セラミドがバランスよく配合された保湿美容液で、人の肌と同じ構造をしているため、非常に肌に馴染みやすく、すぐに浸透し長い時間潤いをキープしてくれます。そんなヒト型セラミドに加えて、トウキンセンカ花エキスやカミツレ花エキスなどの保湿効果、整肌効果のある成分を6種類も加えており、乾燥した肌に潤いを与えてくれます。

乳液としての効果もあるため、肌に与えた水分を逃さないようにもしてくれますし、さらに石油系合成界面活性剤などの肌に負担となる成分が使われていないため、低刺激で優しい美容液となっています。

セラミディアルモイスチャライジングセラム公式ホームページ

ラミューテ

Source: 公式サイト

こちらのラミューテは、セラミディアルと同じように、石油系合成界面活性剤、鉱物油、アルコール、着色料といった肌にとって刺激になる成分を使わず、とことん肌に優しい製品となっています。もちろん保湿にも優れていて、肌へ潤いを補い、守り、作り出すという3つのサイクルを生み出してくれるよう、3種類のセラミドや名のヒアルロン酸、ナノコラーゲン、プラセンタなど有効成分が含まれています。そうすることで、美容液として潤いを与えるだけでなく、肌自身が潤いを保ち、作れるようにしてくれます。またダマスクローズの持つ保湿効果、美肌効果に加えリラックスできる香りがあるのも、この美容液がオススメの理由の一つです。

ラミューテ 公式ホームページ

鼻の毛穴ケアにおすすめ

最後にご紹介するのは、鼻の毛穴ケアにオススメのオールインワン薬用美白美容液です!

ヴェルモア

Source: 公式サイト

こちらのヴェルモアは、鼻や頬の毛穴の黒ずみを解消してくれる薬用美白美容液です。浸透性低分子コラーゲンやヒアルロン酸Na-2など、10種類もの保湿成分が配合されており、しっかりと潤いを与えつつキープしてくれます。さらに、薬用美白有効成分の水溶性プラセンタエキスと天然美白成分であるボタンエキス、プルーン酵素、カッコンエキス、アセチルチロシンによって黒ずんだ毛穴をケアし白く透き通った肌へと導いてくれるのです。

また、こちらの商品が、黒ニキビにオススメの理由として、セイヨウナシ果汁発酵液によって角質を柔らかくしてくれる効果があることです。この効果により、肌への負担を出来る限り減らしつつ、毛穴に詰まった角質や角栓をしっかり落としてくれるのです。またニキビ予防にも効果があるため、いちご鼻や頬に出来た黒ニキビが気になる方にこそ、オススメしたい商品です!

ヴェルモア 公式ホームページ

さらにこちらの記事でも、黒ニキビにオススメの化粧水を紹介しています。

黒ニキビはスキンケアできれいに治そう

ポツポツと目立って気になる黒ニキビ。ついつい、手を出したくなるところですが、ぐっと堪えましょう!ニキビを治すにはなんといって正しいスキンケアから。

毎日継続してしっかりスキンケアを行うことで、気づいたときには元の綺麗な肌に戻っているはずです!焦らず一歩一歩、ニキビのないきれいな肌を目指していきましょうね。