泡洗顔・ぬるま湯洗顔の正しい方法とメリットを徹底検証!おすすめ洗顔料も紹介します!

侮れない毎日の洗顔!洗顔次第で肌質が改善する?!

間違った洗顔は、肌荒れの原因になることを知っていますか?高い化粧品を使っていても、洗顔方法が間違っていれば、効果を台無しにしてしまっている可能性も。毎日の洗顔次第で、肌はキレイにもなるし荒れることもあります

例えば、洗顔で皮脂を落とし過ぎ乾燥肌や脂性肌を招いている場合は、洗顔方法や洗顔料を変えるだけで、改善されることもあると言われています。

今回は、泡洗顔、ぬるま湯洗顔のそれぞれのメリットや正しい洗顔方法を徹底検証しました。この二つの洗顔は、どちらも良いという意見がありますが、大切なのは自分に合った肌質の洗顔をすること

洗顔はお肌の状態を左右する、重要なスキンケアです。毎日行う洗顔を自分の肌質に合った方法に変え、肌をキレイにしていきましょう!

洗顔による効果

毎日行う洗顔、することが当たり前になって何気なく行っている人が多いのでは?洗顔は、お肌の状態を左右する重要なスキンケア。おろそかにすると肌荒れなどを招くこともあるため、手抜きはNGです。ここでは、洗顔による効果について解説します。

汚れやほこりを洗い流す

生活をしていると、顔には空気中のほこりや排気ガス、タバコの煙などが知らない間に付き、それに加えて顔からは汗や皮脂が分泌され、古い角質も生まれます。

それらが混ざり合うと、顔の汚れになり、顔の汚れはそのままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなりニキビなどの肌トラブルの原因になります

また、菌は皮脂をエサにして皮脂を酸化させ、その際臭いが発生することもあるよう。そのため、顔ついた汚れやほこりなどは、しっかり洗顔して洗い流すことが大切だと言われています。

余分な皮脂を取り除く

洗顔は、汚れやほこりを洗い流すほかに、余分な皮脂を取り除く効果もあります。しかし、洗い過ぎは禁物。1日に何度も洗顔をするなどして洗い過ぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまうため要注意です。

肌にとって必要な皮脂までなくなると肌が乾燥し、その乾燥を防ごうと余計に多く皮脂が分泌されるため、内側の肌は乾燥しているのに表面は皮脂でテカテカになるインナードライ肌になることもあると言われています。

気分がすっきりする

朝起きてすぐに洗顔をすれば、眠くてもスッキリ目覚められるという人も多いのでは?また、疲れて帰宅すると早く化粧を落としてすっきりさせたいと思うもの。

洗顔は、ただ汚れや皮脂を落とすだけではなく、朝は一日のはじまりの気分になれる、夜は化粧を落として身も心もすっきりできるという効果もあります。

泡洗顔かぬるま湯洗顔か

泡洗顔とぬるま湯洗顔、どちらにもメリットがあり良いという意見を耳にします。

それぞれのメリットや正しい洗顔方法をここから詳しく解説します。

泡洗顔

泡を使って洗顔する泡洗顔は、泡がクッションの役割をしてくれるので、摩擦が少なく強く擦らなくても汚れを落とすことができます。

また、泡洗顔はきめ細かい泡が、毛穴の奥にある汚れや古い角質などをしっかり吸着するため、普通の洗顔より毛穴の奥の汚れが落としやすいというメリットもあります。

そのため、泡洗顔をする時はしっかり泡を立てることがポイント。たっぷりの泡で優しく洗えば、肌へかかる負担も少なく、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすことができます。

正しい泡洗顔の方法

  1.  最初に手を洗う。
  2. 35℃以下のぬるま湯で顔を洗う。
  3. 洗顔料をしっかり泡立てる。
  4. 皮脂の多いTゾーンから優しく洗う。
  5. 次に頬を洗い、最後に目や口の周りを洗う。
  6. すすぎ残しがないように、ぬるま湯でしっかりすすぐ。
  7. 清潔なタオルで、押さえるようにして水分を取る。

泡洗顔をする前は、最初に必ず手を洗います。こうすることで雑菌が顔に付くことを予防でき、さらに泡立ちも良くなると言われています。手を洗った後、洗顔料を使う前に、次はぬるま湯で顔を洗います。

ぬるま湯で顔洗えば、汚れが落ちやすくなりますが、冷たい水で顔を洗うと、汚れが付着した毛穴がその状態で閉じてしまうため、かえって汚れが落ちにくくなる可能性があるため要注意。

そのため、顔を洗う時のお湯の温度は、35℃以下のぬるま湯が調度良いでしょう。ぬるま湯で顔を洗い、汚れを落ちやすくなったら洗顔料を泡立てます。細かい泡をしっかり泡立てたら皮脂の多いTゾーンから、優しく洗い始めましょう。

次に洗う、頬や目、口の周りは、Tゾーンより皮脂が少ない部分であるため、力の入れすぎに注意。ゴシゴシ擦らず、泡を乗せるだけでも汚れは落ちると言われています

ぬるま湯洗顔

ぬるま湯洗顔は、黒木瞳さんや石田ゆり子さん、梨花さんなど多くの芸能人が実践していることで、最近注目されている洗顔方法です。方法として、夜は洗顔料を使ってしっかり汚れを落とし、朝のみぬるま湯洗顔をする人が多いようです。

洗顔料を使わずにぬるま湯のみで顔を洗えば、肌に与える負担を減らすことができると言われています。

特にお肌の弱い敏感肌の人は、洗顔料に含まれる界面活性剤などが刺激となり肌荒れなどを起こしてしまうこともあります。また、洗顔料を使って顔を洗うと必要な皮脂まで取り過ぎてしまい乾燥肌の原因になる場合もあります。

さらに、洗顔によって皮脂を取り過ぎると、乾燥を防ごうと余計に皮脂が分泌され、内側の肌は乾燥しているのに顔の表面はテカテカのインナードライ肌になる可能性もあるそう。

洗顔料を使うのをやめてお湯のみで顔を洗えば、皮脂の取り過ぎを予防することができるめ、乾燥肌の改善も期待できます。また、洗顔料を使わなくなると、スキンケアアイテムが1つ減るので経済的。さらに、旅行に行く時も荷物が少なくなるというメリットもうまれます。

正しいぬるま湯洗顔の方法

  1. 最初に手を洗う。
  2. 手の平に水を溜める。
  3. 溜めた水を顔の中心から外側にパシャパシャかける。
  4. この動作を20回程度繰り返す。
  5. 清潔なタオルで、押さえるようにして水分を取る。

ぬるま湯洗顔をする時も、まず最初に手を洗います。手を洗って雑菌を落としたら手の平に水を溜めて洗顔していきます。この時のお湯の温度は、35℃以下がベスト

これぐらい温度のお湯は、手で触ってもちょっと冷たく感じる温度ですが、35℃以上のお湯で顔洗うと肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまいます

そのため、ぬるま湯洗顔は必ず35℃以下のお湯で行いましょう。また、洗顔をする時は、ゴシゴシ強い力で肌を擦すらないように注意することが大切。

泡洗顔をする時は、泡がクッションになるため摩擦を少なくできますが、ぬるま湯洗顔をする時はクッションになる泡がありません。その状態で肌をゴシゴシ擦ってしまうと、肌に刺激を与えてしまうため要注意です。

泡派?ぬるま湯派?

泡洗顔、ぬるま湯洗顔には、それぞれメリットがあり、良いと言う意見があるため、どちらの洗顔が良いのか悩んでしまう人も多いはず。ここでは、泡派とぬるま湯派の口コミをチェックしてみましょう。


進藤明人
春子先生、口コミを見ても、泡洗顔とぬるま湯洗顔どっちも良さそうじゃないですか。結局、どっちを選べば肌にとって一番いいのかな…。

 

水野春子
そうよね、これを見ると悩んじゃうわよね。でもね、泡洗顔とぬるま湯洗顔にはそれぞれメリットがあるから、自分の肌質に合った洗顔法を選ぶことが大切よ。例えば、オイリー肌や混合肌の人は余分な皮脂をしっかり落としたほうがいいから、泡洗顔がおすすめね。逆に、乾燥肌の人は洗顔で必要な皮脂まで落としすぎている可能性もあるから、ぬるま湯洗顔をすれば乾燥肌が改善される場合もあるのよ。

 

肌に良くないNG洗顔

洗顔は、お肌の状態を左右する重要なスキンケア。やり方次第で美肌にもなれますが、間違った洗顔をしていると肌に負担をかけ続けることになり、肌トラブルの原因になる可能性もあります。ここでは、肌に良くないNG洗顔について解説します。

冷たい水・高温のお湯で洗う

冷たい水で顔を洗うと、汚れが付着した毛穴がその状態で閉じてしまうため、汚れをしっかり落とすことが出来なくなります。また、冷たい水で洗うと急激に肌が冷えるため、毛穴が引き締ままりますが、その効果は一時的なもので長続きはしないそう。

さらに、冷たい水で急激に肌を冷やすと、赤ら顔を招いてしまったり乾燥の原因になることもあるため要注意です。

また、逆に高温のお湯で洗うと、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥肌などの原因になる場合があります。そのため、洗顔に適したお湯の温度は35℃以下だと言われています。

タオルでごしごし拭く

洗顔した後、顔をタオルでごしごし拭いていませんか?顔をタオルでごしごし拭くとと、摩擦が刺激となって色素沈着などを起こすともあるため要注意。

また、せっかく優しく洗顔しても、最後にタオルでごしごし拭いてしまったらすべて台無しになり、乾燥などの肌トラブルを招く可能性もあります。そのため、洗顔した後はタオルでポンポンと優しく押さえるようにして拭きましょう

 洗顔後の放置

洗顔後、何もつけずにそのまま肌を放置していると、水分が蒸発し肌はどんどん乾燥していきます洗顔後は、できるだけ早く肌を保湿して守ってあげることが大切だと言われています。

また、洗顔後、およそ20秒で水分の蒸発は始まるそう。お風呂場で洗顔する人は、お風呂場に化粧水を持っていき、その場ですぐに保湿できるように準備しておくほうが良いでしょう。

おすすめ洗顔料

ここでは、おすすめの洗顔料を厳選して4つご紹介します。自分の肌悩みに合った洗顔料を見つけましょう。

ビーグレン-クレイウォッシュ

 乾燥・ニキビ肌におすすめ

ビーグレン-クレイウォッシュは、泡洗顔とは違う吸着洗顔。泡洗顔は、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまう場合がありますが、ビーグレン-クレイウォッシュは泡立てずに優しく汚れを落とすことができる洗顔料です。

柔らかいクリーム状の洗顔料の中には、天然クレイ、モンモリナイトが含まれています。この、天然クレイ、モンモリナイトが、毛穴に詰まった汚れや古い角質をだけをしっかり吸着し落としてくれるため、ニキビ肌の改善にも効果的だと言われています。

さらに、抗酸化作用がありニキビにも効果的なグリチルリチン酸ジカリウム、保護膜を作り肌の潤いをキープするスクワラン、肌のターンオーバーを促すカモミラエキス、肌の乾燥を防いで潤いを保つヒアルロン酸などの4種類の美容成分もしっかり配合。

これらの美容成分の働きで、潤いを残しながらしっかり汚れを落とすことができる洗顔料です。


主な成分グリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸、モンモリロナイト
効果
  • 肌に負担をかけずに、毛穴に詰まった汚れや古い角質のみを落とす
  • 肌が潤い、毛穴が目立たなくなる
  • ニキビを改善する
価格3,800円(税抜)
内容量150g

商品はこちら

Non A.(ノンエー)

万能おすすめ石鹸

薬用ニキビ石鹸、Non A.(ノンエー)は、きめ細かい泡がたっぷり立つのが特徴。泡洗顔で大切なことは、出来るだけたっぷりの泡で優しく洗うことですが、Non A.(ノンエー)の泡は、普通の石鹸の約4倍もの弾力があるそう。

きめが細かく弾力のある泡は、肌にしっかり密着し毛穴の奥の汚れをしっかり落とすため、ニキビの予防や改善にも効果があると言われています。

また、洗顔で必要な皮脂まで取り除いてしまうと乾燥肌やインナードライ肌を招いてしまう可能性があります。

しかし、Non A.(ノンエー)には、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアといった天然のうるおい成分がたっぷり配合されているため、洗顔後の肌のつっぱり感もなく、潤いのある肌に導かれます


主な成分ロイヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュア、グリチルリチン酸ジカリウム、ダイズエキス、クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、ヒアルロン酸ナトリウム、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン
効果
  • きめ細かい弾力のある泡が毛穴の奥の汚れをしっかり落とす
  • 潤いのある肌になる
  • ニキビを予防、改善する
価格2,940円(税込)
内容量100g

商品はこちら

どろあわわ

大人におすすめ

 手を逆さにしても落ちない、濃密な泡がしっかりクッションの役割をしてくれるため、肌に負担をかけずに洗顔できるどろあわわ。

洗顔料の中には、天然の泥であるマリンシルト、ベンナイトが配合されているため、毛穴の奥の汚れや皮脂、なかなか取れない角栓もしっかり吸着して落としてくれるそう。

また、年齢を重ねると肌はくすみやすくなりますが、毛穴の汚れや古い角質をしっかり落とせば、くすみが取れて肌がトーンアップする効果も期待できるため、くすみの気になる大人の女性にもおすすめの洗顔料です。

さらに、美肌の効果の高いイソフラボンを濃くなじみやすくした豆乳発酵液、高い保水力のあるヒアルロン酸、肌にハリをもたらすコラーゲン、うるおいをキープする黒砂糖エキスなどの保湿成分もたっぷり配合されているため、洗い上りの肌がしっとりモチモチになると言われています。 


主な成分ヒアルロン酸、コラーゲン、豆乳発酵液、マリンシルト、ベンナイト
効果
  • 吸着性のある天然泥が毛穴の奥の汚れをしっかり落とす
  • くすみが取れて肌がトーンアップする
  • ハリと潤いのある肌になる
価格2,980円(税別)
内容量110g

商品はこちら

ファーストクラッシュ

若い子/思春期肌ににおすすめ

ファーストクラッシュは、洗顔後の化粧水や乳液が不要になる洗顔料1本で、洗顔、化粧水、乳液の3つの効果が得られるため、毎日のお手入れが楽になります。

また、洗顔料の中に配合されている、サリチル酸には古い角質を柔らかくしてくれる作用があるため、毛穴に詰まった汚れや皮脂、古い角質をしっかり落とすことができます。

毛穴の汚れや詰まりはニキビの原因になることもあるため、特に思春期ニキビの予防や改善に効果あると言われています。

さらに、グレープシードオイル、シトラスオレンジピールオイルなど8つの天然植物成分も配合。これらの成分が肌をしっかり保湿してくれるため、洗顔後の化粧水や乳液は不要になるそう。

また、オイルフリーで着色料も使われていないため、刺激が少なく優しく汚れを落とすことができると言われています。

しかし、化粧水や乳液は不要と言われていますが、場合によっては必要であることも。特に、20歳以上の女性や肌の乾燥が酷い人は、何もつけないと肌がつっぱり乾燥を招いてしまう場合もあるため要注意です。

そのため、肌の状態に合わせて必要であれば化粧水などをつけるのがおすすめです。


主な成分グレープシードオイル、シトラスオレンジピールオイル、カモミールフラワーエキス、ティーツリーリーフエキス、ローズマリーリーフエキス、ユチャリーフエキス、エゾウコギ根エキス、クマコケモモリーフエキス
効果
  • 毛穴に詰まった汚れや古い角質をしっかり落とす
  • 8つの天然保湿成分が肌を保湿してくれるため、化粧水や乳液が不要になる
価格3,714円(税抜)
内容量

180g

商品はこちら

洗顔後のスキンケアを忘れずに

洗顔後は、できるだけ早く肌を保湿することが大切。そのまま何もしないでいると、水分が蒸発し肌はどんどん乾燥していきます。そのため、洗顔後は、化粧水、美容液、乳液またはクリームでお肌を素早くケアしましょう。

また、これらのスキンケアにはそれぞれ違う役割があるため、正しい順番で行うことが重要だと言われています。ここでは、スキンケアの役割と正しい順番について解説します。

化粧水

洗顔後、最初に使用するのは水溶性の保湿成分が多く含まれる化粧水です。化粧水には、肌の角質層に水分を与え、その後に使用する基礎化粧品の浸透率をUPさせる効果があります

しかし、最初に油分の多い乳液やクリームなどを使用し、その後水溶性の化粧水を使用すると、化粧水の浸透率が悪くなると言われているため要注意。

また、時間を置いてから化粧水を使用した場合も、化粧水の浸透率が悪くなるそう。そのため、肌の乾燥を防ぎ、化粧水を肌の角質層までしっかり浸透させるためには、洗顔後できるだけ早く化粧水をつけることが大切だと言われています。

美容液

「通常のスキンケアでは、物足りない」、「集中的にケアしたい」という人は、化粧水の後に美容液を使用するのがおすすめです。化粧水の後に美容液を使用すれば、浸透率がUPして有効成分が角質層までしっかり届きやすくなります

また、美容液には様々な種類があるため、保湿や美白、しみ、しわなど目的に合わせて選べば、気になる箇所を集中してケアすることができます。

ただし、美容液の種類によっては、化粧水の前に使用するものもあります。使用方法を間違えると、効果が減ってしまう可能性もあるため要注意です。

乳液またはクリーム

スキンケアの最後に使用するのが、乳液またはクリームです。油分を多く含む乳液やクリームは、化粧水や美容液が肌に与えた成分を逃がさないように肌に閉じ込める働きがあります。

また、乳液とクリームはどちらも同じ役割をしますが、乳液よりも油分が多く含まれているものがクリーム。最近では保湿成分などが含まれているクリームも多くあるため、役割は同じですが自分の肌質に合わせて乳液もしくはクリームを選ぶのがおすすめです。

毎日の洗顔を大切にして美肌になろう!

泡洗顔とぬるま湯洗顔、それぞれにメリットがあるため自分の肌質に合った洗顔法を選ぶことが大切です。また、洗顔はお肌に状態を左右する、重要なスキンケアであるため、間違った洗顔法すると、その後に使用する化粧水や美容液の効果が減ってしまう可能性もあります。

美肌を目指すうえで洗顔は、最も重要なスキンケアです。毎日の洗顔を大切にして、美肌になりましょう!