洗顔泡立て器で快適な洗顔を!話題のアイテムを検証してみました

洗顔用の泡立て器って?ふわふわ泡で毎日の洗顔を気持ち良く!

泡立て器でモコモコの洗顔フォームを作ってくれるなんて、これはどんな物なのかチェックする必要があります!手のひらや泡だてネットよりも何倍ものふわふわの泡が作れるその秘密はシンプルな泡立て機能によるもの。

敏感肌からオイリー肌までオールスキンにオススメの泡洗顔は、肌に負担をかけずに清潔に洗いあげてくれます。しかも毛穴の汚れや皮脂を優しくしっかりオフしてくれるので、スッキリとつっぱらない洗い上がりが期待できそうです。お手頃価格で購入できるのもメリットである洗顔泡立て器の特徴やオススメの商品などたっぷりまとめてお伝えします!


アッキー
洗顔泡立て器って自宅の泡立て器を使用するのですか?ホイップのような泡が立てられそうですが、洗顔ごとに泡立て器で泡を立てるのは面倒ですよね。


はるこ先生
洗顔泡立て器って料理で使うものとはちょっと違うのよね。簡単に泡が立てられるようになっているから手間いらずよ。泡立ちがよくない洗顔フォームでもこれさえあればモコモコの泡を立てることができるのよ。早速その洗顔泡立て器の特徴をチェックしましょうね!

 


いま話題の「洗顔用泡立て器」とは

泡をしっかり立てたいけれど、手ではうまく立てられないしすぐにペシャッとなってしまうのがオチです。また急いでいると泡を立てるのが面倒になってしまってそのまま洗顔フォームを顔の上で泡立ててしまうこともあるでしょう。

泡立てネットもいいけれど、それよりももっとキメ細かな泡が作れる洗顔泡立て器は実に画期的なアイテムとなります。ビューティー専門人IKKOさんもオススメの話題の洗顔泡立て器はこちらです!

洗顔料をふわふわに泡立ててくれるスグレモノ

通常の洗顔料はどうしても泡が立ちにくく、水で溶かしてはそのまま顔につけて洗顔してしまうもの。しかしそれだけでは肌の表面しか洗浄できず皮脂が毛穴の中に残ってしまい、黒ずみやニキビの原因となります。そこでオススメなのが洗顔泡立て器。

プラスチックのマグのような丸い容器の形の中には取っ手付がついた泡立て器が入っています。取っ手を抜き、洗顔料と水を入れて、再び取っ手を入れて上下に引き上げ下ろしながら泡を作るという仕組みです。

この泡立て器を詳しく説明すると、泡を作る部分は容器の直径と同じ大きさのフラットなプレート状になっており穴がたくさん空いています。ここから空気を送り込んで泡が作れるのでしょう。また下側の穴は固形石鹸を使用する場合削れるように若干突起状になっています。

美容家のIKKOさんもおすすめしているこの洗顔泡立て器はなんと泡立てネットより7倍のきめ細かな泡ができるのが魅力で今女子の間で話題になっている注目洗顔アイテムなのです!

泡立てネットとどう違う?

洗顔泡立て器は泡立てネットとどのような違いがあるのか、それぞれを比較して泡立ちの仕上がりを見てみましょう。洗顔泡立て器は洗顔料と水を入れた容器に、専用の取っ手付きの円盤プレート泡立て器で小刻みに上下させて泡を作ります。その泡のテクスチャーは実に弾力性があり、手にのせても落ちないくらい。

メレンゲのようにキメの細かな泡がスピーディーに作ることができ吸着力も抜群。さらに気持ちの良い洗い上がりでツルツルの肌に導いてくれると評判です。

一方、泡立てネットではまずネットを濡らして水気を切り、洗顔料や固形石鹸をこすりながらつけると泡がモコモコと出始めます。でも泡立てネットを使用しても洗顔フォームのように洗顔料自体に泡立ち効果がないと濃密な泡はそれほど期待できないでしょう。手で泡立てるよりも泡が立つのはもちろんですが、顔につけた時にすぐに泡が消えてしまったり流れ落ちてしまったりすることがあります。

結局洗顔料をもう一度つけなくてはならず、二度手間がかかり無駄遣いにもなってしまうでしょう。また泡立てネットは使用後のしっかり泡を洗い落として乾かすこともしなくてはなりません。しかししっかり濃密な泡を立てるにはオススメのアイテムですので、時間があるときにしっかり汚れを落としたいときに使用すると良いでしょう。

固形石鹸も泡立つの?

動画では洗顔泡立て器の紹介で固形石鹸を使用しているものもありましたが、初心者では洗顔フォームやジェルなどを使用することをオススメします。どうしても固形石鹸を使用するときは、洗顔泡立て器のプレート下側の削る部分がしっかり石鹸を削る構造になっているかチェックしましょう。そうでないと石鹸が十分に取れずに泡がしっかり立ちません。

また固形石鹸は洗顔フォームなどよりも溶けるのに時間がかかったり、石鹸カスが容器の底に残ってしまうこともあり無駄遣いになることもあります。洗顔泡立て器で固形石鹸を使わなくなってしまって勿体無いときは、ボディや手洗い石鹸として使い切るようにしましょう。


はるこ先生
普段から固形石鹸を使っている方は、泡だてネットの方が効率よく泡を立てることができます。もともと泡立ちの良い固形石鹸なら手のひらでも十分泡立てることができるわよ。泡立て器は洗顔フォームでもしっかり泡を立てることができるから、洗顔料に合わせて賢く利用したいわね。また使いやすさなども考慮して、自分のライフスタイルに合わせて使い分けましょう!

 


洗顔はこんなに大事!

今まで泡がしっかり立つ、モチモチ泡など泡をお伝えしてきましたが、そもそも洗顔をすることはどんな意味があるのか、どのように肌に影響を与えるのか基本の基本をここで今一度おさらいしましょう。

さらに健やかな肌に仕上げる正しい洗顔方法も後の項目でチェックしてツルツルの肌に仕上げてください。洗顔は文字通り顔を洗うことですが、パシャっと水を顔に当てると目覚めもよくなり気分転換などの効果も与えてくれます。

汚れやほこりを洗い流す

洗顔をする目的は汚れや埃を取り除くことです。肌を不潔な状態にしておくと、毛穴に汚れが溜まって吹き出物などが発生したりターンオーバーが乱れてしまいます。朝洗顔を省いてしまう方もいるのですが、実は寝ている間には汗や皮脂が分泌されている他、さらに寝具に付着している埃や雑菌などが顔に付いているので朝起きたら目覚めるためにもさっと洗顔をしましょう。

さっと水やぬるま湯で洗顔をすることでも汚れや埃を簡単に落とすことができます。敏感肌や乾燥肌ではメイクをしない場合朝晩ぬるま湯だけでも十分でしょう。さっぱりしたいからと無理にクレンジングや洗顔料をすっぴん肌に使用してしまうと肌を乾燥させてしまうので気をつけてください。洗顔は30秒ほど行い、肌に負担をかけないためにも長時間洗わないことが基本です。

余分な皮脂を取り除く

皮脂は24時間分泌し続けますので朝と夜の洗顔は欠かせないものですが、しっかり洗顔しているようでも完全には除去できないのでスクラブなどで定期的に毛穴ケアをする必要があります。もちろん毛穴の皮脂を絡みとる泡洗顔は毎日の洗顔にオススメで角栓の予防をしてくれるでしょう。

泡洗顔は肌に優しい洗い方できると言われますが、長時間洗いすぎたり泡を1分のせているだけでも肌に必要な潤いまで除去してしまい、つっぱり感やごわつきのある肌に仕上がってしまいます。洗顔時間は手短に30秒ほどで終えるようにしましょう。

またメイクを落とす夜の洗顔では、事前にクレンジングでメイクを落としてから洗顔料をしっかりと泡立てて毛穴の皮脂、メイクやクレンジングの残りをしっかりと除去しましょう。水よりもぬるま湯ですと皮脂やメイクが落としやすくなるのでオススメです。

メイク落としを怠るとメイクの添加物が肌に刺激を与えて炎症を起こしたりします。また皮脂を溜まったままにしておくと皮脂を大好物とするアクネ菌が繁殖しやすくなりニキビの原因となるので気をつけましょう。


あなたは間違っていない?正しい洗顔法を教えます

洗顔は単に行うだけでなく正しい方法で行ってこそ健やかな肌に整えることができます。洗顔はシンプルなスキンケアですので、つい自己流になりがちです。しかも間違った方法でも気分が悪くなるなど健康に支障を与えなためますます適当になってしまいます。

しかし、そんな間違ったスキンケアを続けるとシワやたるみができやすくなったりしてしまうのです。若いうちはホルモンの分泌も正常で、ハリや弾力、潤いがあるためすぐに肌は回復できますが、年齢を重ねるごとに他にターンオーバーは遅れ、乾燥しては肌の老化が進んでしまうでしょう。単純だからこそここで正しい洗顔法をおさらいしてください!

適温で洗う

洗顔をするときはまず手を洗って清潔にしてから、顔を水かぬるま湯でさっと濡らします。また水よりも30度程度のぬるま湯で洗うと汚れやメイクが落としやすくなります。冷たい水ですと皮脂や汚れ、メイクなどが落ちにくくなり、逆に熱すぎても肌を乾燥させてしまうので注意しましょう。またオイリー肌ですと脂浮きが気になって、一日に何度も洗顔をしてしまうことがありますが、肌を逆に乾燥させてしまい皮脂がどんどん分泌させる原因となります。洗顔は一日2回までにしましょう。

ごしごしこすっては駄目!

メイクや皮脂などをしっかり落としてさっぱりと肌を整えたいものですが、ゴシゴシと肌をこすってしまっては肌の水分を守っている皮脂まで除去してしまいます。そうなると肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなったり、紫外線からのダメージを受けやすくなり、シミやシワなどが起こってしまうので気をつけましょう。

肌が乾燥してしまってはターンオーバーもスムーズにできなくなるので、毛穴の古くなった角質層やメラニンを排出することができず、蓄積されてはシミになったりくすみやすくなります。毎日肌を摩擦するほどの洗顔を積み重ねていくうちにこのような肌トラブルを招いてしまうので肌タイプに関わらず泡洗顔はくるくると回すように優しく行いましょう。

さらに、肌が水分や皮脂不足になってカサつくと、肌が乾燥から守ろうとして皮脂を過剰分泌させてしまいます。そのため乾燥しているのにベタつく肌になり、いわゆる乾燥ニキビができやすくなります。大人のニキビの典型的な乾燥ニキビはこのように間違ったスキンケアが原因となるのです。

しっかりすすぐ

洗顔をした後にはしっかりすすぐことが大切です。洗顔料には合成界面活性剤が配合されているので、長時間肌に触れているほど負担をかけます。すすぎは30度程度のぬるま湯で長くても40秒以内で泡、浮いたメイクや汚れを完全に落としましょう。すすぎ残しがあると毛穴に添加物やメイクの残りなどが溜まってしまい、ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

特にフェイスラインや生え際は忘れないようにしっかりすすぎましょう。またお風呂場で洗顔をするときはシャワーを顔にあてて一気にすすぎをすると、肌の潤いを守る天然保湿因子を除去してしまうのでガサガサの原因になります。しっかりぬるま湯を手にとってすすぎましょう。

清潔なタオルで優しく拭う

最後に清潔な柔らかいタオルで軽く肌にあてながら肌に残った水分を取り除きます。ゴワゴワのタオルですと肌にフィットしにくいのでつい強くタオルを肌に押し当てたり、ゴシゴシこすってしまいがちです。洗顔後の肌は水分や皮脂が多少失われておりデリケートな状態になっているので、ダメージを受けやすくなっているので優しく拭き取りましょう。

またタオルは汚れが目立たないので、つい洗面所にそのまま何日間も放置しがちですが、洗顔用として毎日取り替える習慣をつけると良いでしょう。バスタオルとは別に使用するとさらに衛生的な使用ができます。

おすすめ洗顔用泡立て器

ここでオススメの洗顔泡立て器を3点ピックアップしました。商品によって価格に差がありますが、価格にこだわらず口コミも参考にして泡だて機能をチェックしましょう。泡だてネットと比べながら泡立ち効果を試してみてみるのも楽しいです。プレゼントにもオススメ!

フジ 「マイクロバブルフォーマーawahourあわわ」

20秒間上下に取っ手を動かすだけでモッチモチの泡がスピーディーに作ることができます。ローズ、ホワイト、ブルーの3つのカラーがラインアップしており、いずれもロマンチックなデザイン。容器から取っ手を取り出して、3cmほどの洗顔料または固形石鹸をプレートの下側でくるくる10回ほど回してつけます。

クリーミー泡なら容器に記されたメモリ一杯、もちもち泡ならメモリ半分に水を入れてプレートをセットし10秒間ほど初めは小刻みに、そのあとはさらにスピーディーに動かします。さらに20秒続けると小銭も沈まないほどの濃密泡が完成!

価格:1,080円

購入サイトはコチラ


ザ・ダイソー 「ほいっぷるん」

100円で購入できる洗顔泡立て器は30秒でモッチモチのきめ細かな泡が作れます。容器のメモリに合わせて水を入れて洗顔料や固形石鹸をつけて、ポンプを上下に動かすだけ。カプチーノの泡や本格的なメレンゲにもキッチンアイテムとしても利用できる洗顔泡立て器はマルチユースができるので、2つ買って使い分けるのもオススメです!

価格:100円


ベルメゾン 「10秒でもちもち泡 フェイス・クレンジング・フォーマー」

10秒間で弾力性のある濃密泡ができる泡立て器は洗顔料や固形石鹸を円盤プレートにつけて水を目盛りまで注ぐだけで簡単にホイップ状のもちもち泡が作れます。泡だてネットよりもきめ細かな泡が毛穴の汚れをしっかりと落としてくれるでしょう。ピンク、ホワイト、ブルーの3色が利用できます。

価格:1,080円

公式サイトはコチラ

ふわふわ泡洗顔はこんなに気持ちが良い!

 普段の洗顔タイムをワクワクさせてくれる洗顔泡立て器は実際どのような泡ができるのでしょうか。作り方や肌への使用感などじっくり口コミでチェックしましょう!

  •  
  • 濃密な泡
    めちゃめちゃ使いやすくてオススメです!!泡立てネットや普通のプッシュ式の石鹸よりも濃密できめ細かい泡を作ることができます!

    @コスメ

 

  •  
  • 洗顔が楽しくなりました
    5/5
    友人にもこの楽しさをおすそ分けしたく、プレゼントしました。 友人も、楽しんでもらったらしく3回もその日に洗顔をしたそうです。 簡単にもちもちの泡ができるので、予想とおりのできばえで、良かったです。

    アマゾン

 

  •  
  • きめ細かい泡ー
    5/5
    キメの細かい泡が作れるので、肌にやさしい感じがします。洗顔料も少しですむし、経済的でいいですよ!

    アマゾン

 


  •  
  • 水分量に注意!
    4/5
    もっこもこのきめ細かい泡が 簡単にできます(成功時)。 少し水の量が多かったり? 中に水滴が残ってしまってると しゃわしゃわな泡になります…

    @コスメ

もっちりとした泡が簡単にできると満足のコメントがたくさんありました!商品によって価格が異なりますが、効果は同じようなので水分量にも気をつけながらベストな分量を発見して泡だてのプロになりましょう!


気持ちの良い洗顔で毎日を快適に!

肌に負担をかけずにすっきりと洗うことができる泡をスピーディーにもっちりと作ることができる泡立て器で快適な洗顔をしましょう。泡はゴシゴシとこすらなくても毛穴に詰まった汚れや皮脂を除去してくれるので乾燥肌にもオススメです。もっちりとした気持ちの良い泡がクセになって洗顔もしっかり行うことができるでしょう。

またお菓子のメレンゲや牛乳を泡立てるアイテムとしても活用できるので、一つ試してみる価値ありです!