ニキビ跡の赤みをはちみつで消すには?美容方法と食事で摂る方法

はちみつがニキビ跡にも効く!?

ニキビ跡ができてしまうとシミのように消えなくなっては化粧品でカバーしたり、ニキビ薬などでどうにか改善したいと思うもの。しかし、どうにかしてもニキビ跡が消えずにあきらめかけている時に、ふとはちみつで改善できるという情報をキャッチした方も多いでしょう。

そこで実際はちみつがどのようにニキビ跡に作用して目立たなくしてくれるのか、ここでその効果や様々なはちみつを使用した改善法をお伝えします。またたくさんあるはちみつの中でもニキビ跡やニキビ、そしてスキンケアにオススメのはちみつはどれが良いか選び方も含めてお伝えします!


undefined
はるこさん
メラニン生成を抑えるビタミンCを含むはちみつは、ニキビ跡の改善に効果的なのよね。そのほか炎症も抑えてくれるから赤ニキビにもオススメよ!
undefined
あっきー
ハチミツがなかなか消えないニキビ跡に作用するって本当ですか!?その効果や使い方を早く知りたいです!

はちみつがニキビ跡の赤みを消す理由

どうしてはちみつがニキビ跡に効果的なのか、その作用を食べた時の場合と顔につけた場合の2つの方法からアプローチしてみましょう。はちみつにはビタミンB2やビタミンB6など新陳代謝を高めたりターンオーバーを促す成分や、赤みを抑えてくれるビタミンCなどの栄養素が190ほども豊富に含まれているのです。自分にあった方法はどちらか判断して、後にお伝えする改善法を参考にニキビ跡を改善するようにしましょう。

体内に取り入れた時の効果

はちみつは天然の甘味として独特なテイストがありますが、ハチミツがもつ栄養素は豊富で肌に良いビタミンBやビタミンC、ミネラルなどがたっぷり含まれています。ビタミンCはコラーゲンを生成したりメラニン色素の生成を抑えて赤みを軽減し美白効果をしたり、ビタミンB6は肌の再生を促進して毛穴を綺麗に整えながらニキビ予防もしてくれます。

さらに高い殺菌作用のあるはちみつに含まれるグルコン酸は、細菌の侵入をブロックしてくれる大切な成分。そのため体の内側からニキビの炎症を改善するのにも有効です。グルコン酸の殺菌パワーは赤痢菌を10時間以内で退治するほどの効果があるそうです。またグルコン酸が腸内にたどり着くとビフィスズ菌を増やして腸内環境を整えてくれるので、肌に栄養素を送り届けてみずみずしく整えてくれるのもメリットです。

体の免疫力も高めるハチミツには、アミラーゼやホスファターゼなどの酵素が含まれています。酵素は新陳代謝に欠かせない成分で、体の細胞や肌のターンオーバーにも大きな役割をしてくれるのです。さらにはちみつのビタミンとミネラルは酵素の働きを高める補酵素としてサポートしてくれるのでより一層新陳代謝を高めることができるのです。

しかし酵素は熱に弱いため、加熱をしたハチミツよりも非加熱のはちみつを食べることで効果的に酵素を摂取することが大切です。はちみつをそのまま直接食べても良いですし、またヨーグルトや牛乳など様々なレシピに加えてアレンジできる食品なので飽きのこない摂取ができるのも魅力的なポイントでしょう。

外からアプローチした時の効果

多くのスキンケア製品にはちみつが配合されているように、天然のはちみつを顔に直接塗ってスキンケアをするのもオススメです。さらにお風呂に入っている時にパックをすると血行促進もでき、顔色がよくなったりむくみが改善できるでしょう。肌もみずみずしく潤い、毛穴もすっきり整えることができます。

消炎・鎮静効果

ハチミツに含まれているビタミンCは炎症を穏やかにしてくれる作用があります。そのため赤ニキビなどにも作用して改善を促してくれるでしょう。さらにメラニン色素の増加も抑えてくれるので赤みのあるニキビ跡にも効果が期待できるのです。

ピーリング効果

ハチミツには肌のターンオーバーを促すビタミンB6が含まれており、毛穴の老廃物をしっかり排出しながらピーリング効果をもたらしてくれます。角栓や皮脂などを綺麗に除去してくれるのでみずみずしい肌を維持するのはもちろんニキビの予防にも繋がります。 


はちみつの種類の選び方

ハチミツには実に様々なタイプがお店の棚に並んでいるため、ニキビ跡やニキビ改善にはどのタイプが良いのか迷ってしまいます。基本的にはローズマリーやアカシアなどなんでも良いのですが、ちょっとした注意点をここで押さえて効果的にニキビやスキンケアに作用するハチミツを選びましょう!

100%非加熱のものを選ぶ

ミツバチがせっせと花から集めて蜜を熟成させた天然はちみつは、糖分と水の割合が8:2のとなっています。しかし熟成には時間がかかるため完熟しないまま採取しては加熱をして水分を飛ばし大量販売していることが多いものです。

とりわけ花から採取されるはちみつは水分が多いため加熱をして水分を蒸発させてこのバランスを保つようにしています。加熱していると一見消毒されているようでニキビにも安心した使用ができそうですが、加熱されたものは消炎やメラニン色素を押さえてニキビ跡を改善する、ビタミンCの効果をはじめとするはちみつの栄養素を破壊してしまいます。

ビタミンCは熱に弱いためせっかくハチミツを食べてもその効果を実感することができません。そのため購入するときは非加熱のハチミツを選びましょう!

はちみつが有名な産地を選ぶ

ハチミツは国産でも外国産でも生産していますが、それぞれ製造法や採取法が異なるのでしっかりチェックをしてニキビに効果的なハチミツを選びましょう。たくさんの種類のハチミツがスーパーをはじめ様々なショップで見つかるのでこだわりのハチミツを手に入れることができます。

国産のもの

国産のハチミツには、純粋ハチミツ、精製ハチミツ、加糖ハチミツの3つの種類があります。精製はちみつは栄養素がなく、加糖はちみつには人工甘味料がプラスされています。比較的ニキビにオススメのハチミツは純粋ハチミツとなりますが、添加物が入っていなくても、こちらを選ぶときは加熱されていない完熟したハチミツなのかチェックする必要があります。

ドイツのはちみつ純正法のもの

ドイツで生産しているはちみつは、ミツバチが採取して蜜を完熟させた天然ハチミツのみを使用しています。味や香りの添加物などを一切加えていない、まさに自然のハチミツとして販売しているので高価ですがその効果が期待できるでしょう。糖分と水分のバランスのとれた完熟はちみつは加熱をしていないので、栄養素を丸ごと得ることができます。

 ニュージーランド産マヌカハニー

ニュージーランド特有の植物マヌカから採取できるはちみつは、豊富なビタミンやミネラルを含んでおりピロリ菌を抑制するなど高い殺菌作用をします。濃厚なテクスチャーとハーブのテイストが特徴であるマヌカハニーは、現地では高級なハチミツとして扱われ医療機関でも使用され、口内炎や胃の機能維持などにも効果的です。


はちみつパックの方法

ハチミツをスキンケア製品として使用するときにオススメなのがハチミツパックです。肌に潤いを与えたり、血行促進作用もするのでたるみも改善できるでしょう。ニキビ肌にも問題なくできるパックですが、敏感肌や乾燥肌の場合肌に負担をかけることがあるので、一度パッチテストを行ってからパックをすると良いです。ヒリヒリなどを感じてしまったときは使用を控えるようにしましょう。

入浴中に行うとデトックス効果も得られるので効果アップ!セルライトや余分な水分も除去できて小顔も目指せるでしょう。

顔だけでなく唇のガサガサも潤ってくれるハチミツパックはしっとり感をもたらしてくれます。乾燥ニキビも予防することができすべすべの肌が維持できるでしょう。


はちみつのみで行うパック

ハチミツの中でもとろみのあるアカシアタイプなら伸びがよく少量で済むのでオススメです。 

材料

  • サランラップ
  • ハチミツ・・・大さじ1

使用法

  1. 顔の左右それぞれカバーでき大きさの二等辺三角形にサランラップをカットする。二等辺三角形の底辺の長さは頭からあごまでの長さと同じになるようにする
  2. ハチミツを手に取り、あごからこめかみに向けて伸ばす
  3. 両手で頰をリフトアップしながら5分間そのままの状態を保つ
  4. 1のサランラップで顔の両サイドを覆い、両手で軽く押さえ2〜3分放置する
  5. ぬるま湯で洗い流して終了!

ヨーグルト×はちみつパック

ヨーグルトに含まれる亜鉛とハチミツに含まれるグルコン酸によりアクネ菌を退治しながら健やかな肌に整える効果があります。さらにハチミツには保湿効果もあるので乾燥ニキビなどの予防も効果的です。そのまま放置してしまっても殺菌作用によりニキビを悪化させることがないので安心。ヨーグルトはプレーンタイプを使用しましょう。

材料

  • ヨーグルト・・・大さじ4
  • ハチミツ・・・大さじ1

使用法

  1. ヨーグルトとハチミツを混ぜて肌に塗り30分ほど放置する
  2. ぬるま湯ですすいで終了!


はちみつ洗顔の方法

ハチミツを洗顔料に加えるだけで、普段の洗顔料が保湿効果をもたらしたり、ニキビやニキビ跡にも作用します。天然のハチミツ入り洗顔料はエイジングケアにもオススメです。

敏感肌や体調によって肌がデリケートな時にはかゆみなどが起こることがあるので最初はパッチテストを行うようにしましょう。またいきなり毎日洗顔することでも、このようなちょっとした肌トラブルが起こることがあるので、肌の様子を見て回数を調整し無理のない洗顔をしてください。

ハチミツ洗顔は無理して行わないようにすれば殺菌をしたり保湿をしたり優れた作用を発揮します。あらゆる角度から肌を健やかに整えてくれるでしょう。

ツルツル肌になれるハチミツ洗顔のコメントは短くてもとても説得力があります。今からハチミツを買いに行って試したくなる人も多いでしょう。


はちみつを入れる量

ハチミツの量はティースプーン1杯ほどで十分です。入れすぎると肌に負担をかけてしまうことがあるので注意しましょう。しっかり混ざることができるとろみのあるハチミツがオススメです。

はちみつ洗顔のポイント

ハチミツ洗顔は自分でオリジナルハニー洗顔料としてこしらえることになります。天然の完熟ハチミツはそれなりに特有の香りがあるので中にはその匂いが苦手!という方もいるでしょう。そんなときはハチミツ入りの洗顔料を使用するのもオススメです。

  1. 清潔な手でぬるま湯でさっと洗顔して汚れを落とす
  2. 洗顔料を泡だてる
  3. ティースプーン1杯のハチミツを泡に混ぜる
  4. 顔に3をつけて皮脂の分泌が多いTゾーンからそっと洗顔する
  5. ぬるま湯でしっかり洗い流す
  6. 清潔なタオルで水分をそっと拭き取る

洗顔の後に使えるニキビ肌にピッタリの化粧水は、こちらの記事で紹介しています。

最も効果あり!?食事で摂る方法

にきびは毛穴の中にアクネ菌が繁殖したりと体の中から起こってしまうものなので、もともと食品として親しまれているハチミツをダイレクトに食べて改善することが期待できます。ニキビを改善や予防に欠かせないターンオーバーを促進したりニキビ跡を目立たなくするビタミン類を丸ごと補給しましょう!

そのまま食べる

ハチミツでニキビを改善する場合、一日大さじ2杯分の量を守りましょう。栄養素たっぷりのハチミツですが、糖分が多く含まれていますのでいくら砂糖より低カロリーであっても過剰摂取をするとニキビを悪化させるので注意しましょう。

ハチミツを食べるタイミングは疲れたときなどのエネルギー補給としていつでも良いですが、夕食後は脂肪燃焼が少なくなるので日中の摂取が良いでしょう。またハチミツを食べれば翌日すぐに効果が出るのではなく、1ヶ月ほどして初めてじわじわと効果が実感できるので根気よく続けてください!

ヨーグルトに混ぜて食べる

ハチミツには独特の香りがあるので、そのまま食べるのが苦手な方はヨーグルトに混ぜて食べるのもオススメです。ヨーグルトはプレーンのものでもハチミツが程よく甘くしてくれるので美味しくいただけます。

また人によってはヨーグルトに含まれる乳酸菌や脂肪などが消化不良を起こすことがあり、本来なら乳酸菌により整腸作用をするヨーグルトが腸の機能を悪くしてしまいます。そうなると肌へ栄養素を送ることができなくなり肌荒れを起こすこともあるあので、そんな時にはハチミツの飴を食べたりするのもオススメです。

食事に合わせてさらにこちらの記事では、ニキビ肌にピッタリのサプリを紹介しています。

はちみつを取り入れて赤みを消そう

ハチミツは手軽に購入・摂取できる栄養満点の食品としてニキビ跡や赤ニキビなどにも効果を発揮してくれるでしょう。ハチミツをそのまま食べたり、パックや洗顔などスキンケアとして使用したり、自分に合った方法で利用することができます。

またニキビやスキンケアなどに必要な栄養を含んだ完熟ハチミツを使用することで初めて効果を実感することができますので、購入の際には製造法にも気をつけてすべすべ肌を目指すようにしましょう!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事