10~20代のほうれい線の原因は乾燥!その仕組みや改善方法とは?

まだ若いのにほうれい線が目立つのはなぜ?

ほうれい線なんて、10代・20代の私たちには関係ないと思っていませんか?実は若い年代の中でも、ほうれい線に悩んでいる人はたくさんいます。まだ若いのにほうれい線ができてしまうのはどうしてでしょうか?果たして、ほうれい線の改善方法はあるのでしょうか?

30代・40代になっても後悔しないように、ほうれい線の原因を知り、いつまでも若々しいお顔を維持できるように対策していきましょう。今回は、10代〜20代のほうれい線に焦点を当てて調査していきます。

はるこ先生
口の周りにファンデーションが溜まっている人ってよく見かけない?私の友達にも結構いるんだよね。どうしても気になっちゃうんだけど、なかなか言えないのがね…(泣)
アッキー
わかります、わかります!僕の友達にもいますよ。あれってどうしてですか?骨格とかの問題ですか??
はるこ先生
んー。それも考えられるんだけど、やっぱり”ほうれい線”が原因だと思うの。若い子でもほうれい線はできるみたいで、結構悩んでる人も多いのよね。今回は10代・20代の若い人にできるほうれい線について紹介していきましょうか。 

10~20代のほうれい線の原因は乾燥

每日しっかりスキンケアを続けていたとしても、目立ってしまうほうれい線。10~20代の若い人にできるほうれい線の原因の多くは【乾燥肌】です。乾燥肌でほうれい線ができてしまう訳ですが、一体なぜでしょうか?

乾燥肌でほうれい線ができる訳

肌の乾燥でほうれい線ができる理由を詳しく説明しましょう。乾燥肌は、角質層の細胞間脂質(セラミド)の皮脂量が少なくなってカサカサしている状態のことを言います。肌の保湿成分が不足して乾燥肌になってしまうと、顔のハリがなくなるだけでなく、外からの刺激も受けやすくなるのです。

乾燥してしまうと、肌の真皮にある線維芽細胞の活動が抑制され、ハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンが不足し顔がたるみやすくなります。このように、ほうれい線は乾燥し顔がたるむことによって出てきます。ちょっとしたほうれい線は誰にでも出てくるものですが、以上に目立っているほうれい線は、肌のハリが失ってできてしまったものなのです!

はるこ先生
若い人にできてしまうほうれい線は、笑わなくてもできちゃうようなもの。
笑ってできるほうれい線は骨格の問題とかも関係してくるんだけど、無表情で笑っていなくてもできちゃうほうれい線はOUT!
みんなも鏡でチェックしてみて下さい。

 口元の乾燥ジワ=ほうれい線?

つまり、乾燥してできてしまった口元のシワは、放っておくと後々ほうれい線になってしまうのです。乾燥が原因になるのはもちろん、それ以外にも様々な要因がありますが、深いほうれい線になってしまわないようにしっかりと対策することが必要となります。まずは大要因である肌の乾燥を防ぐために、洗顔やクレンジング方法を見直さなければいけません。

乾燥が原因のほうれい線の消し方

乾燥が原因でできてしまうほうれい線、若いうちにどうにかしたいですよね。10代〜20代のうちにしっかりケアを行うことで、ほうれい線を消すことが可能です。ここでは、乾燥が原因でできてしまうほうれい線の対策方法を紹介していきます!

セラミドのクリームを取り入れる

ほうれい線対策のために購入した保湿クリーム、【セラミド】は含まれていますか?セラミドは、ほうれい線に効果的な成分と言われています。

  • セラミド・・・皮膚の一番の層(表皮)に存在するセラミドは存在しています。細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の一つとも言われています。セラミドの役割りは水分を蓄えて、肌の保湿を保つこと。それとともに、細胞間をセラミドですき間なく埋め、外部からの刺激をシャットアウトする役目も持ちあわせます。

乾燥肌はこのセラミドが不足している状態にあります。この成分を補うことでほうれい線を消すことができるようになります!
また、セラミド配合の化粧品には多くの種類があります。おすすめは乳液のようなクリームタイプのものです。なぜなら、セラミドは油に溶けやすい脂溶性だからです。

化粧水のようにさらっとしたテクスチャーの場合、セラミドの配合量が少ない可能性があります。セラミド配合の化粧品を購入する際は、種類にも気をつけて選ぶようにしましょう。

洗顔やクレンジングを見直す

洗顔やクレンジング方法も見直さなければなりません。乾燥肌は、日々の洗顔やクレンジングによって起こる症状です。特にクレンジングは肌に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

洗顔のしすぎはNG?摩擦によるダメージ

洗顔をしすぎると、水分を保持する角質層を直接傷つけてしまう可能性があります。摩擦によって角質層がはがされてしまうと、水分を保持することができなくなります。また、肌が濡れている状態は角質がふやけて剥がれやすくなっている状態なので、泡で優しく洗うように心がけましょう。

クレンジングの洗浄成分、界面活性剤に要注意!

クレンジングオイルには、濃い化粧を落とすために界面活性剤が多く使用されています。界面活性剤は化粧の汚れを落とすだけでなく、肌の水分を保つ角質層のセラミドも洗い流してしまう可能性もあります。
クレンジングを必要以上に使用しないためにも、天然ミネラル100%配合したエトヴォスのミネラルファンデなどを使用することをオススメします。

エトヴォス ミネラルファンデーション 公式サイトへ

紫外線対策をする

紫外線は日焼けするだけでなく、ハリや弾力を低下させ、肌を老化させてしまうことがあります。紫外線から肌を守るためにも、季節関係なく日焼け止めを塗るようにしましょう。日焼け止めを使用するときも、SPF/PAが高いものを選べばいいというわけではありません。

日常生活で使用するのであればSPF~30、PA++を目安にしましょう!数値が高い日焼け止めを使用するとかえって、肌にダメージを与えてしまいますよ。

空気の乾燥に気をつける

空気の乾燥にも気をつけなければいけません。水分は乾燥しているところに流れる傾向があります。空気中の水分が低下すると、肌の水分が空気中に逃げて顔が乾燥しやすくなります。特に冬は気温も下がるので、空気も乾燥してしまいますね。

いつもと同じようなお手入れをしていると口周りが乾燥し、ほうれい線ができやすくなってしまいます。空気中が乾燥しているなと感じたら、いつも以上に保湿を心がけることをオススメします!

運動を取り入れる

運動不足も肌の感想に影響してしまいます。運動を怠ると、体の新陳代謝が落ちていきます。新陳代謝が落ちた体は血行が悪くなり、肌のターンオーバーが正常に維持できなくなってしまいます。血行不良になると肌にうるおいがいきわたらなくなり、肌が乾燥した状態となってしまうのです。

体内のメカニズムを良くするためにも、運動は欠かせません!老廃物がたまった状態では肌はずっと乾燥したままなのです(泣)常に運動を心がけることによって乾燥肌を防ぐことができるのよ♪

 睡眠はしっかりとる

乾燥肌が原因でできてしまったほうれい線は、睡眠不足を解消することで消すことができます。角質層は肌の潤いを保つことで重要な役割りとなります。特に細胞間脂質は、肌の脂質を保つために欠かせないものです。この細胞間脂質はターンオーバーの過程で生成され、角質層の奥深くに届けられます。そのため、このターンオーバーが乱れると十分に角質層まで放出されなくなり、肌の乾燥を招いてしまうのです。

そんなお肌のターンオーバーに働きかけるのが「成長ホルモン」。成長ホルモンの分泌が活性化されるのは睡眠中で、十分な睡眠時間が取れずにいると、分泌量も低下し、肌のターンオーバーが遅れてしまうのです。つまり、睡眠不足は角質層内のセラミドを保つ成分量を減らしてしまうので乾燥肌になってしまうのです。每日、十分な睡眠時間を確保し肌のターンオーバーの活性化を図ることが大切なのです。

食事でも乾燥対策

日々の食事も意識しなければなりません。乾燥肌に効果的な食事成分や、良い栄養素の働きを知り、食事から乾燥対策ができるように心がけましょう!
肌に良いと言われる栄養素は豊富にありますが、特に「乾燥肌に良い」と言われる栄養素は以下の通りとなっています。
<ビタミンA>
ビタミンAは、皮膚や粘膜の水分を保持する働きと、新陳代謝を向上させる働きを持ちます。この成分が多く含まれている食材は、レバーやうなぎ、イワシ、緑黄色野菜が代表して挙げられます。

<ビタミンB>
ビタミンBは、新陳代謝を活発にする他、肌が乾燥することで起きる炎症を抑えるのに適した栄養素となっています。多く含まれている食材は、豚肉、レバー、タマゴ、大豆類などです。

<ビタミンC>
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す他、皮膚の老化や活性酸素を除去する抗酸化作用の働きがあります。多く含まれている食材はレモンやピーマンなどの野菜・果物です。

<ビタミンE>
ビタミンEは、お肌のシワやたるみの老化を防ぐ働きを持ちます。新陳代謝を活発にさせる効果や、抗酸化作用もあります。多く含まれている食材は、アーモンド、ごま、ナッツ類、大豆、アボカドです。

<亜鉛>
亜鉛は、細胞分裂に必要な酵素を働かせる働きがあります。多く含まれている食材は、肉、タマゴ、タラコ、牡蠣などです。

顔の乾燥におすすめ基礎化粧品5選

顔の乾燥が原因でほうれい線ができてしまうことは十分に理解できたでしょう。乾燥肌を改善するためのケア法はいくつかありますが、基礎化粧品から見直すことも非常に重要です。ここでは、顔の乾燥に効果的な基礎化粧品を紹介していきます。

どの化粧品も保湿効果がありますが、有効成分の違いやテクスチャーの違いなどもありますので、見比べながら検討していくことをオススメします!

エトヴォス モイスチャーライン

価格内容量効果有効成分セラミドの種類
3,200円(税抜)150ml・高い保湿効果
・低刺激処方
POs-Ca(ホスホリルオリゴ糖Ca)動物セラミド

おすすめポイント

シリコン、パラペン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料なしの「エトヴォス モイスチャーライン」。肌にダメージを与える成分が含まれていないため、乾燥肌・敏感肌・オイリー肌と、どの肌質にも対応することができます。

注目するのは天然由来成分の「POs-Ca」。この成分はお肌の水分蒸発を防ぐタイトジャンクションの形成を促進します。ターンオーバーを正常に保つ効果や、保湿に欠かせないセラミドを生み出す力をサポートします。角質層の奥深くまで浸透し、乾燥を防いでくれますよ!

エトヴォス モイスチャーライン 公式サイトへ

ラミューテ

価格内容量効果有効成分セラミドの種類
6,300円(税抜)100ml・ナノ保湿成分による肌の潤い効果
・肌のハリ、くすみの改善効果
・ナノヒアルロン酸
・ナノコラーゲン
・バイオセラミド
・天然セラミド

おすすめポイント

ラミューテのおすすめポイントは、お肌の潤いを保つヒアルロン酸やコラーゲンがナノ化されていることです。超微粒子ナノ化成分が肌の奥奥まで浸透していきます。芯からしっかり潤いが溢れ、乾燥肌から守ってくれます。

また、ダマスクローズの新規成分が配合されており、肌トラブルを防いでくれます。内側から乾燥を防ぎ、美肌へと導いてくれるのです。パラペン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤が使用されていないので、肌に優しい化粧水だということがわかります。

ラミューテ 公式サイトへ

ディセンシア つつむ

価格内容量効果有効成分セラミドの種類
3,240円(税込)30g・外部からの乾燥を防ぐバリア機能
・浸透保湿効果
・ヴァイタサイクル ヴェール
・ベンナイト
・セラミドナノエマルション
バイオセラミド

おすすめポイント

ディセンシアのつつむフェイスクリームは、独自の技術で開発された「ヴァイタサイクル ヴェール」の有効成分がポイントとなります。

「ヴァイタサイクル ヴェール」は外部刺激から肌を守るバリア機能、浸透力の高いバイオセラミドで乾燥肌を優しく整えます。ほこりや煙など、外部刺激が気になる人はバリア機能の高いつつむフェイスクリームを選ぶといいでしょう。

ディセンシア つつむ 公式サイトへ

ヒフミド

価格内容量効果有効成分セラミドの種類
3,240円(税込)120ml・水分量の向上効果
・美白効果
・人型セラミドⅠⅡⅢ・バイオセラミド

おすすめポイント

美白効果、小じわの解消、肌の保湿効果が期待できるヒフミドの化粧水。3種の人型セラミドを使用しており、肌の水分量を向上させるために最適となっています。効果・効能も評価試験済みなので安心して使用できます。

年齢とともに減っていく水分量を増やし、潤いとみずみずしさのある美しい肌を手に入れてくださいね!

ヒフミド 公式サイトへ

メディプラスゲル

価格内容量効果有効成分セラミドの種類
1,998円(税込)180g・化粧水、美容液、乳液、クリームのオールインワン
・保湿効果
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・プラセンタエキス
・ビタミンC、E
・玉造温泉水
バイオセラミド

おすすめポイント

化粧水、美容液、乳液、クリームの4つが1本になったオールインワン化粧品「ヒフミド」。コラーゲンやプラセンタエキスなどの美容成分だけでなく、低分子のミネラル成分が含まれた玉造温泉水も含まれています。

1本で4つの役割をはたすため、コスパも大変良くなっています。また、モンドセレクション金賞を受賞した信頼と実績のある化粧品でとても高品質なのです!

メディプラスゲル 公式サイトへ

▼乾燥肌におすすめのスキンケア製品をもっと詳しく知りたい人はこちらをCHECK▼

乾燥肌にスキンケアで潤いチャージ!方法とおすすめブランド15選♪

乾燥対策で治らないほうれい線の原因

ほうれい線を改善するには、乾燥対策は必須です。しかし、中には乾燥対策だけでは治らない、他の原因があることも。ここでは、乾燥以外にほうれい線が起こりうる原因や対処法について確認していきます。

加齢による頬のたるみ

歳を重ねるごとにだんだんと頬はたるんでいきます。頬のたるみの原因は、皮膚の弾力・ハリが低下、紫外線によるダメージ、ムリなダイエットが挙げられます。それぞれ詳しく内容を見ていきましょう。

皮膚の弾力・ハリの低下

肌の弾力やハリがなくなってしまうと、どんどん頬がたるんでしまいます。肌の土台となる真皮は、コラーゲンやエラスチンといった成分によって弾力がキープされています。

紫外線によるダメージ

長時間紫外線を浴び続けていると、肌のコラーゲンやエラスチンが傷ついてしまいます。また、それを作り出す細胞にもダメージを与えてしまうため、徐々に成分が失われてしまうのです。乾燥だけでなく、シワやしみの原因にもなって、肌の老化スピードを加速させてしまうので気をつけましょう。

無理なダイエット

体を動かすことで代謝が上がり、肌が綺麗になると言われていますが、無理なダイエットには注意が必要です。急激に痩せたりすると、顔の皮膚はどうなるでしょうか。無理なダイエットを行い、皮膚が伸びてしまうと、それこそ顔のたるみの原因となってしまいます。

筋力の衰え

笑ったり、怒ったり、泣いたりと人間は感情を様々な表情で表現します。この時使われるのが顔の筋力です。この表情筋の筋力が衰えると、皮膚を支える力がなくなりほうれい線ができてしまうのです。

表情筋が衰える原因は様々ですが、主に加齢によるものと、表情筋を使わないことが考えられます。表情筋も他の筋肉と同じように、使わなくなると段々と衰えてきます。常に人とコミュニケーションを取り、表情に変化をつけている人であれば表情筋は保たれていますが、ポーカーフェイスで口数が少ない人は筋力が衰えてしまっている可能性があります。

アッキー
特に表情筋は笑ったときのほうが付きやすいみたいなの!怒ったり、悲しんだりしていると顔が全体的に下がってしまうから顔がたるんだりすることもあるんですよ!! 

顔の骨格

顔の骨格によって、ほうれい線のシワが目立つこともあります。法令線ができやすい人の骨格の特徴は以下のとおりです。

セルフチェック!ほうれい線ができやすい骨格

  • 顔全体が痩せている
  • 顎が細くて長い
  • 丸顔
  • きゃしゃ
  • 頬骨が高い
  • タレ目
  • 目鼻立ちがくっきりしている
  • 鼻筋が通っている
  • 口角が下がっている
  • 出っ歯

ほうれい線ができやすい骨格の特徴を見ると、きれいな顔立ちの人の条件に当てはまりやすい特徴ですね。つまり、きれいな人の顔立ちの人ほどほうれい線ができやすいので注意しなければいけないのです。

中でも特に注意しなければいけない骨格は「出っ歯」です。出っ歯は前歯や歯茎が前に出ている状態のことをいいます。出っ張った口元、へこんだ頬の高さの差があればあるほどシワになりやすく、歳を重ねていくとほうれい線ができてしまうのです。

むくみ

顔がパンパンにむくむことによってほうれい線ができてしまうことも…(泣)顔のむくみは過剰に水分を摂りすぎたり、アルコールを摂取することが原因で出てきてしまいます。また、塩分の摂り過ぎや運動不足、冷え性などが原因で顔がむくんでしまうこともあります。

顔がパンパンにむくんでしまうと、筋力では支えきれなくなってしまい”たるみ”に変わっていくこともあります。顔のむくみやたるみはメイクでカバーできないものなので、日々の生活習慣から改善していく必要があります。

姿勢

姿勢が悪いことでもほうれい線ができてしまいます。特に”猫背”はほうれい線やたるみの原因の1つとして知られているのはご存知でしょうか?猫背になってしまうと、首が自然と曲がってしまい、重さで顔がたるんでしまいます。その他、頭の重みで顔が歪んでしまったり、背筋や背骨が歪んだりと美容や健康にも非常に悪くなっているのです!

猫背を改善するためには、日々の姿勢を意識するのはもちろん、体の柔軟性を良くしたり筋肉をほぐすことも非常に重要となってきます。デスクワークならちょっとした休憩時間を設けたり、軽めのストレッチを行うなど心がけましょう。

運動不足

日々の運動不足でもほうれい線ができてしまいます。前述したとおり、新陳代謝の低下で肌が乾燥してしまったり、顔の筋力を使わないことが原因でほうれい線ができてしまいます。また、顔にたまった老廃物を放出するためにも適度な運動は必須となります。

男性も要注意な生活習慣

日々の生活習慣にも注意しなければなりません。女性だけでなく男性も要注意しないといけないことです。生活習慣の中で気を突けなければいけないのは、「喫煙」「パソコン・スマートフォンのしすぎ」です。
タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害物質が体内に入ると、活性酸素を過剰にしてしまい、ビタミンCを破壊してしまいます。その他、コラーゲン物質やセラミドも失われて顔がたるんだり、くすんだりする原因になってしまうのです。

アッキー
パソコン・スマートフォンのしすぎは、顔の筋力を使わないため筋力が衰えてしまいます。仕事上、仕方ない場合もありますが、こまめに休憩をとったり、エクササイズを心がけるようにしましょう! 

乾燥対策にプラスしたいほうれい線ケア

乾燥対策と一緒にプラスしたほうがいいほうれい線のケアを紹介します!

エイジングケア

みなさんは、エイジングケアを心がけていますか?「そもそもエイジングケアって何?」って思っている人もいるかもしれません。

エイジングケア=肌老化を防ぐためのケアと考えるのが一般的です。

エイジングケアには、しみ・しわ・たるみの改善だったり、毛穴の黒ずみケアなどが考えられます。そんな中でも、一番メジャーなエイジングケアは「抗酸化」と言われています。

抗酸化は肌に与える有害物質を防ごうという活動で、多くの化粧品メーカが取り入れています。エイジングケアを意識し、自分にあった化粧品を選ぶことがほうれい線を解消することにも繋がるのです。

▼アンチエイジングにおすすめの化粧品を知りたい人はこちらをCHECK▼

人気のアンチエイジング化粧品まとめ。気になる悩みは早めにケア

スキンケア

日々のスキンケアがほうれい線対策に大きく繫がります。スキンケアを行う前に、エイジングに必須な成分を知ることも重要なポイントとなります。

★エイジングに有効な成分★

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • レチノール(ビタミンA)
  • ビタミンC
  • セラミド
  • アミノ酸

上記7つの有効成分がエイジングには欠かせないものとして知られます。コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCの成分は有効成分として摂取する人が多くなっていますが、エラスチンやセラミド、アミノ酸はどうでしょうか?意識して摂取していますか?

これらの成分は美容に関する効果があるだけでなく、健康的な肌を生成する効果もあります。スキンケアを行う際は、エイジングに有効な成分が含まれているかどうかもチェックするようにしましょう。

ほうれい線対策におすすめなのは「アスタリフト」と「ビーグレン」

ほうれい線ケアシリーズで有名なのが「アスタリフト」と「ビーグレン」の2つのスキンケア商品です。敏感肌やアトピー肌、乾燥肌にも使用可能な化粧品で、エイジングケアに欠かせない有能成分もたっぷり含まれています。とにかくスキンケア商品で迷ったら、どちらかの化粧品を選ぶことをオススメします!

スキンケア商品正規価格
アスタリフト月々約16,000円
ビーグレン月々約29,400円

アスタリフト 公式サイトへ

ビークレン 公式サイトへ

食べ物でケア

每日の食生活を意識するだけでもほうれい線は改善されます。栄養成分に気をつけるだけでも改善できますが、「抗酸化」成分のある食べ物を中心に摂取すると効果的です。抗酸化成分は、細菌・ウイルスなどの外部ダメージから身を守る効果があります。人間の体内には元々「抗酸化力」というものが備わっていますが、ストレスや農薬、放射線の影響で低下するため、食べ物で補う必要があるのです!

抗酸化成分が多く含まれている食べ物

  • 豆乳、豆、豆腐などの大豆類
  • りんご、みかん、あんずなどの果物
  • ほうれん草、かぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜
  • イワシ、牡蠣の魚介類

 顔の運動やマッサージ

顔の血行を良くしたり、たるみやむくみを改善させるためには顔の運動やマッサージが欠かせません。いくつか紹介していきますので、是非参考にご覧ください!

顔のエクササイズ

顔の血行を良くしたり、たるみやむくみを改善させるためには顔の運動やマッサージが欠かせません。いくつか紹介していきますので、是非参考にご覧ください!

顔の表情金を鍛えるためにも、エクササイズは欠かせません。顔の運動に適したエクササイズは以下の2つです。暇があれば積極的に実践してみましょう。
舌回し

  • 口を閉じて、舌の表面で歯茎をなぞるように回していきます。
  • 約1分間ほど繰り返して行います。

ペットボトルを使ったエクササイズ

  • 空のペットボトル(500ml)に五分の一ほど水を入れます。
  • 顔を下に向け、葉を使わずに唇でペットボトルを持ち上げます。
  • そのまま10秒間キープし、3セット行います。

▼ほうれい線ケアにおすすめのエクササイズをもっと知りたい人はこちらをCHECK

ほうれい線に効果ばっちりエクササイズ7選~やりすぎには要注意~

ほうれい線を消すツボ

顔には、ほうれい線を消すツボがいくつか存在します。

  1. 巨りょう(こりょう)・・・鼻の両脇、小鼻の外と黒目からまっすぐ下に下ろした線が交わう場所。
  2. 地倉(ちそう)・・・口角の外側。
  3. 下関(げかん)・・・耳の付け根から頬骨に沿って、指3本分辺りに存在する骨のくぼみ

ツボを押すときは、『ゆっくり』『やさしく』押すのがポイント!強く押しすぎると返って肌にダメージを与えてしまう可能性があるから気をつけて。

マッサージ

顔のリンパマッサージも効果的な方法です。ここでは、「ためしてガッテン」でも紹介されたマッサージ方法を紹介します。

  1. 肩を回して鎖骨を大きく動かします。
  2. 鎖骨の内側に手の平を乗せ、円を描くようにマッサージしていきます。
  3. 一箇所につき、3回ほど行っていきます。

▼ほうれい線ケアにおすすめのマッサージをもっと知りたい人はこちらをCHECK

ほうれい線を消す12のマッサージ方法、表情筋を鍛えて若返り♪

笑うのも◎

表情筋を鍛えてほうれい線を消すには”每日笑顔を心がける”ことも非常に重要となってきます。口角が上げて笑うと自然と表情筋が鍛えられ、ほうれい線が徐々に薄くなっていくのです。意識しなくとも、コミュニケーションを増やすことによってできる方法でとっても簡単ですよ!

ほうれい線ケアは若い内から始めよう

皆さんも一度、鏡で自分の表情をチェックしてみて下さい。もしかしたら、うっすらとほうれい線が出てきているかもしれません。ほうれい線は若いうちからケアしておくことが大事で、「まだ目立っていないから大丈夫!」って思うと危険です。ほうれい線ができるメカニズムを知り、しっかりと対策できるように心がけましょう。

はるこ先生
日々の生活習慣が重要なポイントになりそうね!エイジングを意識したスキンケアも大事だけど、日々の生活習慣を見直すことから始めてみてね♪
アッキー
そうそう、男性だってほうれい線が出てくるから気をつけてください!喫煙や飲み過ぎは顔の老化につながるみたいですよ。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事