目元のクマの種類や原因は?症状にあわせたアイクリーム5選で解消♪

目元のクマってどうしてできる?

朝、起きて鏡を見ると、知らないあいだに黒ずんだクマができていた!なんてショックを受けたことがある人もいると思います。日頃の睡眠不足や、スマートフォンやパソコンなどの長時間の使用による目の疲れ、ストレスなどが原因でできてしまうクマ。ファンデーションやコンシーラーで隠せばいいかと安易な気持ちで行うも、なかなか隠せないのが事実でもあります。すでに沈着してしまったクマや、加齢が原因でできてしまうクマもあり、実は、種類によって、治し方や対策方法も様々なのです。

はるこ先生
クマがあるだけで、顔の印象が暗くなったり、老け顔に見られがちですよね。化粧で隠したいと思っても、なかなか隠せずについ目についてしまうものです。ここでは、クマの種類に合わせた治し方や改善策を徹底的に解説していきます!頑固なクマとサヨナラしたい人は必見です!

クマに関する知っておきたい豆知識

目の下にクマができる理由

目元にクマができる主な原因は、睡眠不足や疲労、日頃のストレス、体調不良などが影響して、目の周りの血行の流れが悪くなることが1つ挙げられます。その他にも、眼精疲労やドライアイが原因となり、クマができやすくなっています。目の周りの皮膚は、身体の他の部分に比べて、薄くできており、皮膚の下にある毛細血管の色が透けてみえてしまいます。特に、些細なストレスや目の疲れ、睡眠不足が影響することで、目の下の脂肪が前にでてきてしまい、その脂肪が毛細血管を圧迫していき、血行が悪くなっていきます。そして、血行が悪くなることで、血液中の酸素が少なくなっていき、ヘモグロビンが暗赤色になって、皮膚の薄い目の下に現れるようになります。これがいわゆる「クマ」なのです。

クマの種類は3種類

クマには、3つの種類があります。1つは、「青クマ」と言われるもので、主に血行不良が原因でできる目の下のクマです。血行不良は、睡眠不足疲労、ドライアイ、ストレス、冷え、目の疲れや乾燥などから起こります。特に寒い季節である冬には、冷え性になりやすい女性が青クマになることが多いとも言われています。冬の季節は乾燥もしやすく、水分も奪われやすいので、乾燥や冷えが原因となり、血行不良に繋がり、青クマが現れる理由とされています。

そして2つめは、「茶クマ」と言われるもので、主に色素沈着が原因でできるクマです。色素沈着は、目の周りを擦ってしまい、目の周りにある皮膚にメラニン色素が沈着してしまい、茶色っぽく見えることが挙げられています。その他にも、肌の新陳代謝が低下していき、古い角質がはがれずに厚くなることで、肌の透明感が失われていきくすんで見えることが原因ともされています。

最後に3つめは、「黒クマ」と言われるもので、顔の構造上、影のように見えてしまうクマです。黒クマの原因としては、目の下にできてしまうくぼみや、目の周りのある眼輪筋と言われる筋肉がたるむことで、できてしまう影、そして涙袋が影響しています。黒クマは、この眼輪筋を鍛えることで予防できるとも言われています。これら3つの種類のクマをまずはきちんと理解しておくことが、今後の予防策へも繋がっていきます。

クマの見分け方

3種類のクマが存在するとお伝えしましたが、では実際、どのように見分ければいいのか分からない!という人もいると思いますので、簡単な見分け方を紹介していきます。

見分け方の方法としては、まず鏡を見ながら、目の下の皮膚を下に引っ張ります。皮膚を引っ張ったときに、クマ自体が薄くなった場合には「青クマ」です。また、鏡を持ったまま、比較的上の方を向いたときに、クマが薄くなるようでしたら、「黒クマ」の可能性が高いです。どちらも試してみたが、特に何も変わらないという人は、「茶クマ」の可能性が高いです。もちろん、3種類が混じっているという場合も考えられるので、日頃の自分の行動や生活を振り返ってみて、原因が自分のクマに近いなと思われるクマを疑ってみるといいかもしれません。

原因と治し方【青クマ編】

クマの状態

主に、日頃の睡眠不足や疲労、ストレス、冷え、目の疲れなどが影響して、血行不良が原因で起こるクマが「青クマ」です。特に肩こりがひどい人や頭痛持ちの人に多いクマでもあるのです。また、寒い季節である冬になると、乾燥や冷えが厳しいために起こりやすいとも言われています。目の下にある皮膚には無数の毛細血管が存在しています。特に皮膚が薄いため、毛細血管が薄くみえるのが特徴です。日頃のストレスや疲労、睡眠不足によって、目の下の脂肪が前にでてきます。そして、この脂肪が毛細血管を圧迫することによって、血行が悪くなり、血液中の酸素が欠乏すると、ヘモグロビンが暗赤色になり、皮膚が特に薄い目の下が黒ずんで見えるようになるのです。

クマの原因

青クマが原因としては、先ほどもお伝えしたような、睡眠不足やストレス、疲労、ドライアイ、眼精疲労、などが挙げられます。目の周りにあるまぶたの皮膚は、身体の他の部分に比べると、薄くできているため、毛細血管がどうしても透けて見えてしまうのです。様々な原因が影響することで、皮膚にメラニン色素が沈着し、その部分だけが黒ずんで見えるようになり、目の下のクマとなって現れるのです。

クマの治し方

青クマができてしまった際の治し方としては、第一に血行を促進することが大切です。血行の流れが良くなることで、青クマだけでなく、他のクマへの改善にも繋がるので、意識して行っていきましょう。

蒸しタオルやマッサージで血行促進

洗顔をした後に、目の周辺を蒸しタオルで温めてから、水でぬらしたタオルを使って冷やすという方法があります。青クマは、血行不良が原因でできるものなので、特に朝起きたら、大きなクマが!なんて人にも、忙しい朝でも簡単にできる蒸しタオルケアです。小さ目のタオルを用意し、軽く濡らしてから、電子レンジで約30秒ほど温めるだけで、蒸しタオルが完成します。温めた直後は、とても熱くなっているので、やけどに注意しながら、目元に当てるようにしましょう。

また、それ以外の方法でも、目の周りを集中的に行うマッサージがおすすめです。まず、両手の指を使い、下まぶたの目じりから目頭、上まぶたのふちへと順番にゆっくりと押して、マッサージをしていきます。このフローを2、3回ほど繰り返していきます。このマッサージを行うだけでも、目元のあたりが気持ちよくなるので、ぜひとも試してみてください。

※目元のマッサージでの注意点ですが、あくまでやりすぎないことが大切です。目の周りの皮膚は他の部分に比べると、とても薄く、敏感なので、刺激を与えすぎてしまうと、色沈着の原因にも繋がります。リラックスしながら、優しく行うことがポイントです。

リンパマッサージ

他にも、血行を促進する上で、おすすめのリンパマッサージもあります。目じりに向かっていくラインに沿って、下から上に向かい、指を動かしていったあと、こめかみまでたどり着いたら、下に指を動かしていき、老廃物を外へ流していくマッサージ方法です。リンパの流れも良くなり、血行が促進されます。

また、下まぶたの目じりから目頭に向かって指を動かしていき、鼻筋を上に向かって通り、上まぶたからまた目頭に向かって、目じりへ戻るというリンパマッサージもおすすめです。内側から外側へ老廃物を流してくれる効果があります。血液の流れが良くなることで、青クマだけでなく、色素沈着による茶クマへの予防にも繋がります。

ツボ

また、リンパマッサージ以外にも、ツボ押しもクマには効果的です。「四白(しはく)」という頭蓋骨の目の縁よりも少し下のあたりにあるツボです。このツボを人差し指で頭の中心に向かって押していきます。そして、左右同時に5秒程押していき、一度指を離します。これを5回繰り返していきます。両頬の血行を促してくれて、むくみも解消してくれるので、おすすめです。青クマだけでなく、むくみが原因でできる黒クマにも効果的なので、ぜひとも試してみてください。

筋肉のストレッチ

目の周りの筋肉を鍛えることで、血行を促進するストレッチもあります。

  • まず、口を「お」という形にして顔全体を上下に伸ばしていきます。
  • その後、目線だけ、上の方にあげていきます。
  • 目を細めていき、また元に戻す動作を繰り返していきます。
  • これを5回程続けていきます。
  • そして目を閉じて、身体全体の力を抜いて、リラックスをしていきます。

※これをだいたい1日に3回ずつ行っていくのがベストです。

ビタミンKの化粧品を使う

目の下のクマに効果的だと言われている化粧品の1つでもある「ビタミンKクリーム」。主に色素沈着や乾燥による小じわ、血管損傷や血管の腫れなどにも有効的です。実際にイランで行われた医学の研究でも、シワの深さが減少したり、目のクマが減少したりと効果も発揮していることが示されています。また、皮膚の弾力もアップしたという点でも、ビタミンKの効果は多くの人から賞賛を得ているのです。

ビタミンKが多く含まれる食材も納豆やパセリなどが挙げられており、出血した際に止血してくれる働きと、血液が固まるのを防いでくれる働きも持ち合わせています。

漢方で体質改善

東洋医学である漢方には、血液の巡りを良くしてくれる漢方薬があります。代表的な漢方薬はこの3つです。漢方薬を利用して、身体の中から体質改善をしていくことも、クマへの予防に繋がります。

漢方薬効果・効能
・加味逍遥散(かみしょうようさん)冷え性、ストレスによる血流悪化に作用。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)血液の巡りの改善の代表的な漢方薬。できてしまったクマだけでなく、血流悪化による手足の
冷えや女性特有の血行不良にも効果的。
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)血をきれいにする作用。血流悪化による肩こりや便秘、頭痛などに効果的。

目に良い栄養をとる

青クマに効果的な食材は、主に血流を促進してくれたり、血液の流れをサラサラにしてくれるものを選ぶといいでしょう。血流を促進してくれる栄養素の鉄分や、血液をサラサラにしてくれる葉酸を多く摂取するのがおすすめです。

  • レバー
  • 昆布
  • ほうれん草
  • ショウガ
  • モロヘイヤ
  • 焼きのり
  • 海草類など

その他にも、カシスに含まれるアントシアニンは、血液の流れを良くし、青クマには効果的な食材です。また、豚や鶏のレバー、モロヘイヤ、焼きのりなどはビタミンAが含まれており、他のクマにも効果をより発揮してくれます。特に茶クマに効果的と言われているビタミンCもどのクマにも非常に良い効果をもたらしてくれるので、赤・黄ピーマンやアセロラ、キウイ、ブロッコリーなども積極的に摂取するようにしていきましょう。

冷え性を改善する

冷え性は、血液の流れを悪くする主な原因にも繋がっているので、冷えを改善していくことがクマへの予防にも繋がります。冷えは、血行不良で起こるものなので、特に寒い季節である冬の時期は、意識して、手足を冷やさないように心がけていきましょう。ビタミン系のクリームを使用したハンドマッサージなども冷えの解消には、効果的なのでおすすめです。その他にも、生活習慣の中で、木綿の手袋を着用し、水洗いをしてみたり、手を洗ったあとには、必ず水分や油分で補っていくなどして、自ら冷えを改善していくことが大切です。

原因と治し方【茶クマ編】

クマの状態

茶クマの状態は、主に目の周りの皮膚にメラニン色素が沈着してしまい、茶色っぽく見えてしまうクマを指します。茶クマは種類が2つあり、1つは表皮自体にできてしまったシミと似たようなものです。そしてもう1つは、真皮が皮膚の奥に沈着してしまったものです。

クマの原因

茶クマができる原因とされていることの1つは、目の周りを擦ることで、目の周りの皮膚にメラニン色素が沈着してしまい茶色いクマとしてみえるようになります。その他にも、角質層のキメが荒れている場合や、古い角質が剥がれずに厚くなってしまうことでのくすんで見える原因も考えられます。また、年齢とともに皮膚に過酸化脂質が増加していくため、くすんでしまい、茶色く見えると言った原因もあります。

クマの治し方

美白ケア

茶クマの原因の1つとも言われる日焼け対策をしっかりと行うことが大切です。日焼けをして、肌が弱まり、シミやくすみが定着することによって、茶クマへ繋がってしまうこともあるのです。まずは、シミやくすみの原因であるメラニンの生成を防ぐ美白ケアがおすすめです。特におすすめなのが、「ハイドロキノン」という成分が配合されている化粧品を使用することです。ハイドロキノンは、皮膚科で処方されている成分であり、すでに発生してしまったシミを薄くする成分とも言われているのです。また、最近では、目元に美白ケアアイテムを使用するのもいいのでは?と思いがちな人もいるのですが、美白ケア化粧品は、刺激が比較的強いものが多く、かえって肌に強い刺激を与えてしまったり、茶クマを悪化させる原因を招く場合もあるので、なるべく使用しないようにしましょう。

摩擦や刺激をさける

なるべく、目元への摩擦や外部からの刺激を避けるように意識していくことが大切です。目元の皮膚は他の部分よりも皮膚が薄く、敏感なので、少しの刺激があるだけでもダメージは大きくのしかかります。日頃のスキンケアの中で、しっかりと保湿ケアを行い、乾燥から肌を守っていきましょう。また、花粉症や風邪気味の時には、目がかゆくなったりする場合もありますが、なるべく強くこすったり、刺激を与えないように注意が必要です。

肌の代謝をあげる

色素沈着によるくすみの対策としては、肌の新陳代謝をあげることで、薄くできるのです。肌の新陳代謝が低下してしまうと、古い角質がはがれずに、肌自体の透明感も失われていきます。それによって、くすみといった肌の色が沈着し、茶色っぽいクマとして見られてしまいます。そのためにも、まずは古い角質層をはがし、ピーリングを行うのがおすすめです。ピーリングを行う際には、必ず肌の調子が良いときに行いましょう。その他にも紫外線対策はきちんと行い、水分や脂分の補給も意識していきましょう。また、肌の代謝を高めてくれるビタミンC誘導体を含む化粧水や乳液でスキンケアをすることも忘れないでください。肌の新陳代謝がアップするだけでも、一段と明るく見えるようになるので、心がけていきましょう。

もう一つの茶クマ「発性両側性太田母斑様色素斑」

成人を過ぎてから両頬やおでこ、目の下などにできる青黒いしみのことを「太田母斑様色素斑(おおたぼはんようしきそはん)」と言います。主に、真皮と言う皮膚の奥深くにできるあざのことです。治療法としては、真皮にあるメラニンに向けて行う「Qスイッチレーザー―光線治療」があります。治療の平均回数としては、だいたい約3~5回程度ですが、治療間隔を6ヶ月ほどあけた方が良いともされているので、長期で治療を行う方法の1つです。

原因と治し方【黒クマ編】

クマの状態

黒クマは、他のクマとは異なり、加齢による重力が原因となり、まぶたの下にある皮膚が徐々に薄くなっていき、クマのように影色が見えてくるのが特徴的です。目元にある涙袋が、年齢とともに垂れていき、その垂れた皮膚に影ができて黒いクマとして見えていきます。だいたい肌の曲がり角と言われている25歳前後からでてくる場合があり、または目の周りの筋力の低下や、加齢とともに減少していくコラーゲンの低下が原因とも言われています。

クマの原因

黒クマが知らないあいだにできてしまう主な原因ですが、スマートフォンやパソコンなどの電子機器を長時間見ていることによって、まばたきの回数が減っていきます。その結果、目の周りの筋力が低下していくため、皮膚が垂れていくのです。そのほかにも、特に油分の多い化粧品に配合されている「イソパラフィン」という成分が皮膚の細胞に絡みついてしまい、この重さのせいで皮膚が垂れさがってしまうという現象も起こりうるのです。

クマの治し方

コラーゲンを増やす

では黒クマの治し方はどうやるの?という人に助言しておきたいのが、保湿不足によって、黒クマは出現します。年齢とともに肌の水分量も年々減少していきます。40代になると、半分以下の水分量まで落ちてしまうので、まずは保湿効果の高いコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸が含まれている化粧品を選ぶようにしましょう。外側からは、保湿効果の高い成分配合の化粧品を使うのがおすすめですが、内側からもできればケアをしていただきたいです。最近では、コラーゲン入りのサプリもありますが、あくまで健康食品であり、補うものなので、即効性はあまり期待できません。そのため、おすすめなのは、普段の食事の中でコラーゲンを多く含む食材を摂取していくようにしましょう。主な食材としては、豚足や牛スジ、うなぎ、ふかひれ、すっぽんなどです。ビタミンCを含む食材と一緒に摂ることで、体内でアミノ酸からコラーゲンを生成してくれるので、効果的です。

むくみを解消する

黒クマは、むくみがあるだけでも垂れやすくなるので、まずはリンパの流れを促進し、むくみの解消を行うことが大切です。むくみの解消に効果的と言われている食材が、キャベツやホウレンソウ、葉っぱ類がおすすめです。また、1日2杯程度のクランベリージュースを飲むことでむくみ解消につながったという声もあります。むくみに繋がる原因として、塩分の過剰摂取は気をつけるようにしましょう。

頭皮マッサージ

他にも黒クマを治す方法としては、「頭皮マッサージ」も効果的だと言われています。頭の上に引き上げるような感覚で、頭皮をマッサージし、血液の流れを促進していきましょう。どこでもできる簡単なマッサージ方法を紹介します。

  • 両手の指を使い、指の腹を頭皮につけたまま動かさないようにして押して、回していきます。なるべく爪を立てないように意識していきましょう。
  • 頭皮のコリの部分でもあるので、ゆっくりと痛気持ちいい程度に動かしていきます。
  • その後、軽くぬるま湯で頭皮を洗い流していきます。

※力を入れすぎずに適度な強さで行うことが大切です。

クマにおすすめアイクリーム5選

ビーグレン-トータルリペア アイセラム

乾燥やシワ、クマ、くすみ、まぶたのたるみやゆるみなどの目元に現れるトラブルすべてにアプローチしてくれる目元美容液です。目元の薄い皮膚にもしっかりと届く独自の複合成分である「QuSome®アイリペアコンプレックス」がハリと透明感のある目元を作り上げてくれます。また、使い心地ものびが良く、ふっくらとした触り心地がやみつきになります。加齢にともなうまぶたのたるみやゆるみによって起こる黒クマやくすみや色素沈着による茶クマにも効果的です。(販売元:Beverly Glen Laboratories, Inc)

  • 目元のシワ対策!
    4/5
    40代前半
    使い始めて一カ月。確かに少しずつ改善に向かっているような。目元が潤ってシワが以前よりは目立たないような気がする。引き続き使って様子を見たいと思う。

    公式サイト

1ヶ月、たっぷりと使える目元美容液なので、使い始めていくうちに、徐々に目元のハリやふっくらとした肌質を実感することができる人が多いようです。気になるシワや乾燥も予防してくれるので、エイジングケアとして使用する人も多く、人気を集めています。

  • 自信が持てる目元
    5/5
    50代前半
    乾燥しなくなり、クマも気にならなくなってふっくらしています。年齢の割には、自信が持てる目元になっています。

    公式サイト

乾燥や加齢による皮膚のたるみによって、起こる黒クマや茶クマ。すぐにでもケアを始めることで、クマの目立ちが薄くなっていきます。早いうちから念入りに目元ケアをすることが大切なのだと認識させられますね。

目元を内側から引き上げてくれる5つ美容成分

  • 1.肌にハリをもたらしてくれる「アイリジェナー」
  • 2.保護膜を作り乾燥から守る「スキミミックス」
  • 3.肌を若々しく保つ「クロノライン」
  • 4.肌をいきいきさせる「α-グルコシルヘスペリジン」
  • 5.新陳代謝を整える「IFG-2/EDP3」
内容量/価格有効成分対象のクマ総合評価
・15g×1ヶ月分:7,200円(税抜)+全国
どこへでも送料無料
アイリジェナー
スキンミミックス
クロノライン
α-グルコシルヘスペリジン
IGF-2/EDP3

Source: 公式サイト

・黒クマ、茶クマ

・コスパ☆☆☆
・黒クマ効果☆☆☆☆☆
・茶クマ効果☆☆☆☆
・365日返金保証付き
・24時間/365日カスタマーサポート付き

ピーグレン-トータルリペアアイセラムはこちら

キラリエ

目のシワ、クマ、くすみや乾燥、スマートフォンやパソコンなどの電子機器の長時間の使用による目の疲れからくるクマに効果的な「キラリエ」。目元に合う最高品質の成分である、「ペプチド」を3種類配合しており、使用感や使い心地、香りにもこだわって作られているアイクリームです。また、少量でもゆるく伸びが良く、20gの内容量ですが、1~2ヶ月ほどの持ちもよいのです。徹底した安全性と、コスパ重視、そして肌にも優しいアルコール不使用な点を見ても、リピーターが続出するほど多くの人から愛されている商品なのです。(販売元:株式会社オリガミ)

  • 目の下にハリが!
    4/5
    31歳乾燥肌
    ちりめんじわがあまり目立ってなくなってきて目の下にハリが出ました。 お安いのにこんなに即効性のある商品なのはビックリです! ただ、目の下のたるみにも効果が出て欲しいのでとりあえず控えめな評価にしておきます。 使い続けてたるみにも変化がありましたらまた口コミしなおします。

    @cosme

安いわりには、効果もきちんと出てくるので、安心してリピートできる!という嬉しい口コミもありました。つい安いと効果も半滅してしまいがちですが、期待以上にハリやふっくらとした感触に喜んでいる人もいましたね。

  • クマがうっすらと薄くなり
    4/5
    29歳女性
    ほんのりと爽やかな香りのする伸びの良いクリームで、朝晩と塗ってみたところ数日くらいでクマがうっすらと薄くなり目元の乾燥も気にならなくなりました。これは継続して使ってみたらクマが改善するかも?と期待。 1本使い切った時点で濃いグレーのクマがグレーくらいになりましたが 肝心の窪みにはあまり効果を感じませんでした。

    @cosme

キラリエには、ネロりの香りをベースにしたベルガモット果実油やダマスクバラ花油などの高価な精油をブレンドしているので、ほのかに漂う香りで心を落ち着かせることもできるのですね。目元のケアと一緒にリラックス効果も発揮してくれる点がありがたいです。

人気の理由である最高品質の成分とは?

  • 世界中で大人気のペプチドを3種類配合!
  • 乾燥とビタミンA不足を解消するレチノールを配合!
  • 目元へのハリにコラーゲンを配合!
  • 保湿力抜群のメープルウォーターを配合!
  • 目元ケアのための4種類のオイルも配合!
内容量/価格有効成分対象のクマ総合評価
・お得な定期コース20g×1本:【40%OFF】1,788円(税込)
・単品購入20g×1本:1,980円(税込)
ペプチド
レチノール
コラーゲン
水溶性プロテオグリカン
メープルウォーター
アボガド油
ローズヒップ油
ヒマワリ種子油
あんず核油

Source: 公式サイト

・青クマ、茶クマ・コスパ☆☆☆☆☆
・青クマ効果☆☆☆☆☆
・茶クマ効果☆☆☆☆
・4大特典プレゼント付き
・送料ずっと無料
・100日間返金保証付き

キラリエはこちら

グラシュープラス

目元の悩みであるシワ、たるみ、くすみ、シミ、美白にも1本で対応できる「グラシュープラス」。皮膚の専門医との共同開発で作られた人気のアイクリームなのです。また、乾燥によるシワを目立たなくする試験である「抗シワ力テスト」でも評価をされており、皮膚科医の監修のもと完成した商品でもあります。「トリプルヒアルロン酸」と「ダブルコラーゲン」を配合しているので、超保湿力を実現でき、さらに保湿成分の王様と言われている「ナノ化セラミド」も配合。肌を乾燥から守り、シワやくすみのない肌へと導いてくれます。(販売元:株式会社イッティ)

  • ハリが出てきた感じ
    4/5
    50代女性
    口コミどおり、1週間ぐらい続けるとだんだん目元の小じわも気にならなくなってきた感じと、ハリが出てきた感じがします。

    公式サイト

使い続けていくうちに、目元のシワやクマが薄くなっていき、ハリが戻ってきたという喜びの声もありました。少しの変化があるだけでも、使ったかいがありますね。

  • 感激しましたね
    5/5
    50代女性
    ファンデは肌を美しく見せるためというより シワの間を埋めるために塗っている。そんな現状です。 でもグラシューを塗ったら翌朝から目元の皮膚の薄いところから ピンと張っているのが実感できて。 ファンデを塗ったら目元がいつもより明るくて、感激しましたね。

    公式サイト

ファンデーションやコンシーラーでシワやくすみ、クマなどをどんなに隠そうとしても、なかなか隠せないものであり、印象も暗く、老け顔に見られがちです。そんなショックを受けないためにも、グラシュープラスに配合されている保湿成分や美容成分に頼り、しっかりとケアをしていくことが大切ですね!

3つの肌ケアにも特化した成分が配合!

  • シミ対策として「ヒメフウロエキス」を配合!
  • くすみ対策として「シルバーバイン果実エキス」を配合!
  • 美白効果を発揮する「美白成分プラセンタエキス」も配合!
内容量/価格有効成分対象のクマ総合評価
・20g×1本:【84%OFF】先着300名様限定1,500円(税抜)
ヒアルロン酸Na
アセチルヒアルロン酸Na
加水分解ヒアルロン酸
ナノ化セラミド
ヒメフウロエキス
シルバーバイン果実エキス
美白成分プラセンタエキス

Source: 公式サイト

・茶クマ、黒クマ
・コスパ☆☆☆☆☆
・茶クマ効果☆☆☆☆
・黒クマ効果☆☆☆
・抗シワ力テスト実施済み
・皮膚専門医との共同開発
・メディアでも取り上げられている

グラシュープラスはこちら

アイキララ

クマの根本的な原因を追求して作られたアイクリーム「アイキララ」。加齢が原因の皮膚痩せを身体の内側から手助けするために、配合したビタミンC誘導体の一種「MGA」。コラーゲンをサポートし、加齢で失われたハリや弾力を蘇らせます。肌を健康的に明るく魅せるだけでなく、肌自体のリズムも整い、肌の内側から働きかけてくれます。(販売元:北の快適工房)

  • 変化が楽しみ
    4/5
    42歳女性
    アイキララを使用して、1ヶ月ぐらいになるかなー。 かなり目の下の暗さが目立たなくなってきました。 あと2~3ヶ月使用してみます。変化が楽しみです

    公式サイト

1ヶ月分たっぷりと使える量が含まれているので、使い続けていくうちに次第にクマが薄くなっていくのが実感できるという人も多いようです。徐々に使っていくことで、毎日変化を楽しめる点でもモチベーションが上がりますね。

  • 騙されたと思って試してみたほうがいい
    5/5
    28歳女性
    本当に感動です!長年悩まされていた目の下が、ワントーン明るくなりました! 普段口コミとか書くタイプではありませんが、書きたくなるくらい実感しました★目の下が暗いとお悩みの皆さん、騙されたと思って試してみたほうがいいです!

    公式サイト

特に睡眠不足などが原因でもないクマに悩んでいる人には、アイキララがおすすめのようです。皮膚の内側からアプローチしてくれるケアを徹底できるので、根本的な茶クマや黒クマを予防するにも最適です。

内容量/価格有効成分対象のクマ総合評価
・10g×1本:【10%OFF】お試しコース2,682円(税抜)
・人気の3ヶ月毎お届け基本コース:【15%OFF】2,533円(税抜)
・お得な年間コース:【20%OFF】2,384円(税抜)
MGA(ビタミンC誘導体の一種)

Source: 公式サイト

・茶クマ、黒クマ・コスパ☆☆☆☆
・茶クマ効果☆☆☆☆
・黒クマ効果☆☆☆
・2016-2017年モンドセレクション金賞
・全額返金保証付き
・医学誌に掲載

アイキララはこちら

アテニア アイエクストラ セラム

まぶたの痩せ、目の下のたまり、目じりのこわばりの3大ポイントに意識して作られ、見た目年齢を「-5歳」と実現させてくれる目元美容液です。重力にも負けない肌に立て直し、くぼまない目元へと導いてくれます。また、目の下の溜まった老廃物にも着目し、よどまない目元へ作り上げます。表情ジワをしなやかにゆるめて、目じりのこわばりをほぐしてくれます。たった1本で目元ケアが叶ってしまう優れもの美容液です。(販売元:アテニア)

  • 目元のたるみも気にならなくなって
    5/5
    今まで目元の化粧品は2種類くらい他社のもの使いましたが、エクストラセラムは伸びが良くて少量で両目使えます 使い始めて小じわもあまり気にならなくなり、アテニア化粧品を使い始めてから肌の調子が良く、目元のたるみも気にならなくなって来ました しかも年齢が−10歳に見られた時は嬉しかったです

    公式サイト

とにかく伸びも良く、使い心地が抜群!といった声が多く見受けられました。アイクリームは優しいだけでなく、長く使えるかどうかという点では重要なポイントですよね。

  • やっぱりないと困る
    4/5
    一時期使用を辞めていました。すると、目尻や下瞼のシワが目立つ様になりました。 また、塗り始めたらなんとなく目立ちにくくなった気がします。 口元サイドや額のシワにも優しく塗っています。 顕著な結果ではないですが、『やっぱりないと困る』と、言う効き目の仕方が良いと思います。

    公式サイト

目元のケアだけでなく、皮膚が比較的薄目の口元や額のシワにも使っているという人もいました。血行を促進し、透明感あふれる肌へと導いてくれるので、使い続けることで、見た目の明るさも一段と変化していくようです。

内容量/価格有効成分対象のクマ総合評価
・15g×1本:3,291円(税込)
セイヨウキズエキス
コメヌカ油
マイオキシノール
アロエエキス
シトルリン

Source: 公式サイト

・黒クマ
・茶クマ
・コスパ☆☆☆
・黒クマ効果☆☆☆☆
・茶クマ☆☆☆
・アレルギーテスト済み
・アルコールフリー
・ベストコスメアワード第2位

アテニア アイエクストラ セラムはこちら

おすすめのアイクリームをもっと知りたい人はこちらをチェック!

クマを隠す方法

コンシーラーで隠す

青クマ

青クマを目立たないようにするためには、オレンジ系の色が入ったコンシーラーがおすすめです。コンシーラーを選ぶ際には、自分の肌よりも明るくすぎないものを選ぶことが大切です。ついコンシーラーをつけた時に、目元の部分だけ見た目が薄くなってしまい、かえって青クマを目立たせることになってしまいますので注意が必要です。また、青クマにコンシーラーを使う際には、比較的柔らかい触り心地のリキッドコンシーラーや筆ペンタイプがおすすめです。

中でも「ポーラ オーガ コンシーラー&ベール」は、目の下のクマをカバーする淡いオレンジ系のコンシーラーが付属しており、毛穴の凹凸や目元の小じわも目立たなくさせてくれる、なめらかな補正料ベールのセットです。

ポーラ オーガコンシーラー&ベール

茶クマ

茶クマを目立たなくさせるためには、イエロー系のコンシーラーを選ぶといいでしょう。自分に合うものがどれだか分からないという人は、自分の肌よりも比較的明るくすぎない色合いのコンシーラーを選ぶのがおすすめです。茶クマも青クマの人と同様、リキッドタイプか筆ペンタイプのコンシーラーを選ぶようにしましょう。

中でもおすすめのものが、「ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー」です。明るくハリのある目元を作ってくれて、美容液タイプの目元用コンシーラーです。ハイライトとしても使用できるので、おすすめのアイテムです。

黒クマ

黒クマは、他のクマとは異なり、すでに濃くなっている状態であると、コンシーラーを使用してもなかなか薄くなりません。現在の段階で、まだ比較的薄目の黒クマであれば、パール感の入ったコンシーラーがおすすめです。その他にもベージュ系やオークル系のコンシーラーを使用することで、目立たなくすることも可能です。

中でも黒クマにおすすめのコンシーラーが「ポーラ ミュゼル アイゾーン コンシーラー」です。みずみずしく滑らかな感触の筆ペンタイプの美容液コンシーラーです。明るく透明感のある仕上がりになり、「メリッサエキス」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」といった肌の保湿成分も配合しており、メイクをしながらハリのある目元へと導いてくれます。

▼クマ隠しにおすすめのコンシーラーをもっと詳しく知りたい人はこちらをCHECK▼

クマ隠しにおすすめコンシーラー9選!クマの種類に合う色を選ぼう

メイクや髪型で目線をそらす

コンシーラー以外にも、目元から意識を逸らしてもらえるように、色合いの明るいチークや口紅で華やかなメイクを演出してみたり、濃いめのアイシャドウを付けて、相手の視線をずらせるような工夫をすることもおすすめです。また、メイクだけでなく、髪型にも少し工夫を凝らして、アップに上げてみたり、ヘアアレンジをして、意識を髪型に逸らしてもらえるような試みをしてみるのもいいかもしれません。

目のクマのQ&A

目元にはアイクリームじゃないとダメ?

目元ケアをする際には、アイクリームだけでなく、目の下やまぶたを内側からハリヤ保湿効果を持たせたいという人におすすめなのが美容液です。アイクリーム自体は、目の下やまぶたに特化して作られていますが、美容液は主に顔全体に使用できるアイテムです。特にシワが気になる目の下やほうれい線にも効果的です。美容液を使用することで、肌の質感がふっくらとするのでおすすめです。

目薬はクマに効果あり?

目薬の基本的な効果は、目の疲れや血行の流れを良くしたり、代謝を良くするために使われます。クマを作る原因である疲れ目や慢性的な疲労、緊張からくる目のケアを行うと、間接的には目のクマを予防することができます。それに加えて、お風呂などで血行の促進を促してあげることが大切です。クマは身体の冷えが原因により、血流が悪くなってできるものなので、まずは血流の流れを良くしてあげることが始めてみるのがおすすめです。

目頭にもクマってできる?

目の周りには、無数の毛細血管が通っています。まぶたの皮膚は身体の他の部分に比べると比較的薄くできているため、皮膚の下の毛細血管も透けて見えます。特に睡眠不足が続いたり、疲れが溜まって血行が悪くなるだけでも、血液中の酸素が不足していき、クマとなって目の下や目の周りに現れます。まずは日頃の生活習慣の見直しをしていくことで、クマへの改善に繋がります。

目元用のシートパックってクマにも使える?

目元用のシートパックの効果は主に目元の乾燥や、乾燥によるシワが気になる人向けに作られているアイテムです。保湿効果を目的として行う際にはおすすめですが、根本的なクマを消すことはできません。目元のクマは、眼輪筋という筋肉の動きの悪さが原因ともなっているので、血行不良へと繋がってくるのです。まずは、筋肉を動きを良くし、血行不良を予防することがクマへの対策にもつながります。

種類別のケアで目立つクマとサヨナラ

クマには実はいくつかの種類があったのですね。種類によっても治し方や予防策は異なってくるということ、また日頃の睡眠不足や生活習慣からも対策はできるので、改めて見直していくことが大切ですね。きちんと対策を練っていくことで、治りづらい、くすんでしまったクマや、老け顔に見られがちなクマも、事前に予防ができるのです。相手の第一印象ともなる目元のケアはしっかりと行っていきましょう。クマができてからの治療よりも、できないようにするための工夫や予防を意識していくことが、クマができない生活へと導いてくれます。

はるこ先生
毎朝、鏡を見てテンションが下がることもなく、表情を明るく見せたいものですよね。クマのない生活を送るためにも、今からきちんと対策を練っていきましょうね!!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事