ピーナッツでニキビが悪化するのは嘘!?噂だった2つの関係を解説

ピーナッツを食べるとニキビは悪化するの?

ピーナッツを食べるとニキビが悪化するイメージはありませんか?ピーナッツを食べた翌日や数日後、ニキビができてしまった経験がある人もいるのでは……?

もし本当にピーナッツでニキビができたり悪化するのなら、食べるのを少しだけ控えたいという人もいるはず。ニキビは一度できてしまうとどんどん悪化する可能性があるからです。見た目も良くないし、痛みや痒みが出たら苦痛ですよね(涙)

そこで今回は私、編集長の水野春子がピーナッツとニキビの関係を徹底紹介していきます!果たしてピーナッツはニキビに良いのでしょうか、それとも悪いのでしょうか……?知っておくと便利な情報が満載ですよ♪

ピーナッツでニキビが悪化する原因とは?

結論から言ってしまうと、ピーナッツを食べたからといってすぐにニキビが発生することは考えにくいです。ですが、ピーナッツを使った商品を大量に食べることでニキビが悪化する可能性は大いにあります!その主な原因を解説していきますね★

調理過程で大量のバターや油を使う

一言にピーナッツと言っても、様々なタイプの商品が販売されています。普段スーパーなどでよく見かけるピーナッツ商品は以下の通り!

  • 味付きのピーナッツ
  • 生ピーナッツ
  • 素焼きのピーナッツ
  • 殻つきのもの(落花生)
  • お菓子に加工されているもの
  • ピーナッツバター など

ピーナッツと落花生の違いって?

ピーナッツも落花生も同じ植物になります。落花生は殻が付いたままのもの、ピーナッツは殻をむいた中身だけを指すことが多いです。また、殻なしで赤い薄皮が付いた状態のものを南京豆と言います。

ピーナッツはスナック菓子に使われることが多い食材です。おやつにもおつまみにもぴったり♪ でもこの美味しさがニキビ悪化のカギを握っています。

市販のピーナッツ商品は、味付けのためにバターなどの油分をたっぷり使っていることが多いんです!

また味付けのために塩分をプラスすることがほとんど。中には「チョコボール」のようにチョコレートでコーティングしている商品もあります。美味しいからといってつい食べ過ぎると、過剰な脂肪分を摂取してしまう可能性があるんです……。

undefined
はるこさん
ポイント!!特に気をつけてほしいのが「バターピーナッツ」です。おつまみの定番でビールとの相性も抜群ですよね!バターピーナッツは一度揚げてからバターに絡めるので、どうしてもカロリーや脂質が高くなってしまいます。

ニキビは何らかの原因によって毛穴に皮脂が溜まることで発生します。よってピーナッツ菓子など脂分の多い食品を食べ過ぎると、皮脂の過剰分泌が起こりニキビが悪化する可能性があります。

特に思春期はホルモンバランスが乱れており、皮脂が多くなりがちなので注意が必要です!

ピーナッツ菓子は添加物が多い

市販のピーナッツ菓子には食品添加物が多く含まれていることがあります。

食品添加物とは保存料、人工甘味料、着色料などのこと。ぜひ手元にあるお菓子のパッケージを見てください。食品添加物がずらっと記載されていませんか?

これは人工的に加えているものなのでピーナッツ自体とは全く関係がありません。食品添加物はお菓子の保存期間を長くしたり、色合いを良くするためにとても重要なもの!その一方で体内に取り込まれた時に活性酸素の生成を促すことが分かっています。

活性酸素って何?

呼吸によって取り込んだ酸素の一部が変化したもの。体にとって良い働きをする一方、増え過ぎると体内の正常な細胞まで酸化させてしまいます。皮膚の老化を早めたり、ガン・動脈硬化・糖尿病などの原因になることも!

皮膚の老化とも深い関わりがある活性酸素。活性酸素が増え過ぎると、肌荒れやニキビが悪化することもあるので要注意です!ピーナッツ自体というよりもその商品に含まれる食品添加物に問題があったなんて盲点ですよね(汗)

カロリーや脂質が高い

ピーナッツ自体よりも、味付けや食品添加物に問題があることを解説してきました。とはいえ、ピーナッツ自体のカロリーや脂質もそれなりに高いので注意が必要です。ピーナッツ(殻付き)のカロリーと脂質は以下の通り!

  • 100gあたりのエネルギー・・・562kcal
  • 100gあたりの脂質・・・47.5g

参考:カロリーSlism

100gで562kcalは多いですよね……(汗)たとえ味が付いていない商品でも注意しなくてはいけません!

脂質を作っている成分を脂肪酸と言いますが、ピーナッツには不飽和脂肪酸が多く含まれています。

植物性の不飽和脂肪酸は、動物性の飽和脂肪酸に比べてニキビの原因になりにくいのが特徴です。ですが油断は禁物!不飽和脂肪酸は高温で加熱され続けると、酸化して一部が過酸化脂質へと変化する性質があります。

過酸化脂質は肌荒れやニキビの原因にもなるので注意が必要なんです!

実は美肌効果あり!有効成分から見るニキビに良い理由

食べ過ぎるとニキビ悪化に繋がることがあるピーナッツ。その一方、ニキビに有効な成分も含まれているんです。ピーナッツを上手に取り入れることでニキビ改善が期待できますよ♪

ピーナッツの栄養素一覧

ピーナッツに含まれる主な栄養素を紹介していきます。

◎ピーナッツの栄養成分(100gあたり・殻付き)

たんぱく質25.4gナトリウム2mg
炭水化物0.94gカルシウム50mg
脂質47.5g亜鉛2.3mg
ビタミンB10.85mg脂肪酸2.24g
ビタミンB20.1mgアミノ酸27000mg
ビタミンB60.46mg食物繊維7.4g
ビタミンE10.1mg葉酸76μg

【成分別】ピーナッツがニキビに良い理由

では、ピーナッツに含まれる栄養素とその働きを詳しく見ていきましょ♪ ピーナッツがニキビに良い理由が分かりますよ!

ビタミンB1

ピーナッツ100g中に含まれるビタミンB1は0.85mgです。

◎糖質の代謝を助ける

ビタミンB1は、主に糖質をエネルギーに変える手助けをしています。糖質がしっかりと分解されないと中性脂肪をして体内に蓄えられ、結果的に皮脂の過剰分泌が起こります。ようするにビタミンB1をしっかりと摂取していれば皮脂の過剰分泌が抑えられニキビも悪化しにくいというわけ♪

◎肝臓を回復する

ビタミンB1には肝臓を回復する働きもあります。アルコールの飲みすぎなど、疲れによるニキビに大きな効果が期待できますよ!

◎疲労回復に効果あり

ビタミンB1は別名「疲労回復ビタミン」と呼ばれるほど疲労回復に効果が期待できます。ビタミンB1をしっかりと摂取することで筋肉や神経の疲れが和らぎます。

ビタミンB2

ピーナッツ100g中に含まれるビタミンB2は0.1mgです。

◎脂質の代謝を助ける

ビタミンB2は、主に脂質をエネルギーに変える手助けをしています。ビタミンB2が不足すると、脂質のコントロールが上手くいかなくなり皮脂の過剰分泌が起こります。ビタミンB2をしっかりと摂取しておくことで皮脂量のコントロールが上手くいきニキビが悪化するリスクも減りますよ♪

◎新陳代謝を助ける

ビタミンB2は別名「美肌ビタミン」と呼ばれています。細胞の新陳代謝を助け、健康的な肌・髪・爪などを作るために必要不可欠なビタミン!肌のターンオーバーを促す作用もあるのでニキビ予防・改善に効果があります。

肌のターンオーバーとは?

人間の皮膚細胞は一定の周期で生まれ変わっています。この生まれ変わりをターンオーバーと言います。ターンオーバーが乱れると、肌荒れやニキビの原因になるので注意が必要です。

ビタミンB6

ピーナッツ100g中に含まれるビタミンB6は0.46mgです。

◎生理前ニキビに有効

生理前のイライラやだるさに効果的なビタミンB群。中でもビタミンB6は神経伝達に深く関係していて、月経症候群やつわりに有効なビタミンです。生理前になるとニキビができてしまう人には特におすすめですよ★

◎皮脂の分泌を抑える

ビタミンB6には脂質の代謝を助ける働きがあります。脂肪肝を予防したり、血液をサラサラにする効果も!皮脂の分泌を抑える作用もあるのでニキビにも効果的です。

◎肌の新陳代謝を活発にする

ビタミンB6はアミノ酸の代謝にも深く関わっています。ビタミンB6は体中にアミノ酸を配給する働きがあり、肌の新陳代謝へと大きな影響を与えます。皮膚のターンオーバーを正常に行うためにもビタミンB6は重要なビタミンなんです1

ビタミンE

ピーナッツ100g中に含まれるビタミンEは10.1mgです。

◎酸化作用がある

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンの1つ。活性酸素の発生を抑え、体を様々な害から守ってくれます。炎症を抑える効果もあるのでニキビの悪化を防ぐことができます。シミやシワ予防にもおすすめ!

◎血行不良を改善する

ビタミンEには血行を良くする働きがあります。冷え性や肩こり改善はもちろん、美しい肌をキープするのにも効果的です。

血行が良くなると新陳代謝が活発になり、肌に古い角質が溜まることを防げます。ニキビの原因は古い角質や皮脂が溜まることにあるのでニキビの根本的な予防になりますよ!新陳代謝が活発になればニキビ跡もキレイになりやすいので良いこと尽くめですよね♪

ポリフェノール

ピーナッツの薄皮には、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」が含まれています。ワインに多く含まれていることで知られるポリフェノール。強い抗酸化作用があり、血行を良くしたり炎症を抑えてくれます。

食物繊維

ピーナッツ100g中に含まれる食物繊維は7.4gです。

◎腸内環境を整え便秘を解消する

食物繊維が腸内で発酵・分解されると、善玉菌が増えて腸内環境が改善します。腸のぜんどう運動を促す効果もあるので便秘解消に効果的!肌荒れはもちろん、ニキビの改善にも効果が期待できます。

便秘とニキビって本当に関係あるの?

あります!便秘になると自律神経が乱れ、その影響でホルモンバランスが崩れることがあります。すると皮脂量のコントロールが上手くいかなくなりニキビができたり悪化しやすくなるんです。自律神経の乱れは血行不良や食欲低下にも繋がるので、肌に十分な栄養が行き渡らない、新陳代謝が上手くいかないという事態にも……。

不飽和脂肪酸

ピーナッツには、不飽和脂肪酸であるオレイン酸リノール酸が豊富に含まれています。不飽和脂肪酸には体にとって良いことが沢山あるんです。脂肪酸=体に悪いものと思いがちですがそうとも限らないんですよ♪

◎不飽和脂肪酸の主な健康効果

  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 血液をさらさらにする
  • アレルギー症状を緩和する
  • 記憶力を高める

不飽和脂肪酸を摂取することで、血流が良くなり肌に栄養がいきやすくなります。細胞修復もスムーズに行われるようになるのでニキビ改善に効果的!ただし、高温で調理すると肌荒れの原因になる過酸化脂質へと変化するので注意が必要です。

ミネラル

ピーナッツにはカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルがバランス良く含まれています。

ミネラルにはホルモンバランスを整えたり、肌のターンオーバーを促す働きがあります。

ニキビ改善にも効果的!ミネラルは体の中で合成されないので毎日の食事で摂取する必要があります。中には不足しがちなミネラルもあるので、おやつやおつまみのピーナッツで摂取するのも良い方法だと思います。

ニキビを改善!おすすめのピーナッツの食べ方

食べ過ぎや選んだ商品によってはニキビの悪化に繋がることも……。

だけど上手に取り入れればニキビ改善にも効果が期待できるピーナッツ。「じゃあ一体どんな感じで食べればいいの!?」と思っている人も多いはず。

次はニキビ改善におすすめの食べ方を紹介していきますね★

生か素焼きで食べる

ズバリ生か素焼きのピーナッツをおすすめします。

味付きのピーナッツは油や添加物がたっぷり入っていることが多いので要注意!その一方、生や素焼きのものなら余分な脂分や塩分はほとんど含まれていません。

「素焼き」や「無塩」と書かれている商品を探してみましょう♪ 念のためパッケージに書かれている成分一覧をチェックしてください。

食べ過ぎに注意する

生や素焼きのピーナッツでもカロリーや脂質が高いことには変わりません。100gあたりのカロリーは562kcal、脂質が約19gというのはかなりの数値!

食べ過ぎると肥満や肌荒れ、ニキビ悪化の原因になるので注意しましょう。生や素焼きの場合、1日に食べる目安は50gまで。約30個くらいになります。市販のピーナッツの場合は20gまでを目安にしてください。柿ピーなら小さい袋2つくらいまで!

皮ごと食べる

先ほども紹介しましたが、ピーナッツの皮には「レスペラトロール」というポリフェノールが豊富に含まれています。強い抗酸化作用があるのでニキビ予防・改善に効果的です。ぜひ皮ごと食べるようにしましょう。

胚芽(芯)の部分は食べても大丈夫?

食べてもOKです!芯の部分はカロリーが高く、ニキビの原因になるという噂がありますが、これはあまり気にしなくても良いです。カロリーは他の部分とさほど変わりません。むしろ栄養価が高いので積極的に食べてほしい部分です。

【番外編】これってニキビを悪化させる食べ物?

ピーナッツの他にも、ニキビを悪化させるイメージがある食べ物って結構ありますよね!今回はチョコレートとアーモンドについて検証していきます。ニキビ予防のために食べるのを我慢していませんか……?

チョコレート

甘くて脂質もたっぷりのチョコレート。チョコレートを食べるとニキビができやすいと思っている人も多いのでは?

チョコレートがニキビに悪いは嘘!

チョコレートを食べたからといってすぐにニキビが発生することはありません。

チョコレートを食べた翌日にニキビができたという人は、他の原因でニキビができやすい状態だったことが考えられます。

チョコレートの原料「カカオ」に含まれる脂質はニキビの原因になりにくいことが分かっています。どちらかと言えばチョコレートに含まれる糖分のほうが問題。

またピーナッツと同じように食品添加物を使っている商品もあるので、そのような商品を食べ過ぎるとニキビが悪化する可能性はあります。

ニキビに有効な成分

チョコレートにはニキビに有効な成分が含まれています。チョコレートを食べることで、むしろニキビ改善に繋がるというわけ♪

◎カカオポリフェノール

チョコレート(カカオ分70%以上)には赤ワインの5倍ほどのポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、ニキビの予防・改善に効果が期待できます。

◎カカオプロテイン

カカオに含まれるタンパク質の一種。カカオプロテインは腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれます。腸が正常に働けば、血行が良くなり肌のターンオーバーが促されるのでニキビ改善にも効果的!

食べるチョコレートの種類と量に注意

市販のチョコレート菓子は、甘さを出すためにたっぷりの糖分を使っていることが多いです。そこで、チョコレートを選ぶ時はなるべくカカオ分の高いチョコレートを選ぶようにしましょう。カカオ分70%以上がおすすめ!もちろん食べすぎにも注意が必要です。

チョコレートを食べる時の注意点

  • カカオ分が高い(70%以上)チョコレートを選ぶ
  • 糖質が低い商品を選ぶ
  • 添加物が少ない商品を選ぶ
  • 1日の目安量は25g(板チョコ半分)

アーモンド

ピーナッツと同様、カロリーや脂質が高いアーモンド。こちらの食材もニキビに悪いイメージがあるかもしれませんね。

アーモンドがニキビに悪いは嘘!

アーモンドを食べたからといって、すぐにニキビが発生したり悪化することはありません。

アーモンドがニキビに悪いという説はカロリーや脂質の高さにあるようです。気になるアーモンドのカロリーは100gあたり598kcal、脂質は19.7gです。

確かにアーモンドは高カロリー&高脂質ですが、植物性の脂質なのでニキビに直結することは考えにくいんです。

ただし、市販のアーモンドは油で揚げていたり味付けされているものがほとんど。味付けのための脂分や添加物がニキビに悪い影響を与える可能性があるので注意が必要です。揚げた後でたっぷりの砂糖やバターを絡めている商品は特に危険です!

ニキビに有効な成分

ナッツ類はビタミンや食物繊維が豊富!ニキビにとって良い成分が含まれているので上手に活用してみてはいかがでしょうか?

◎ビタミンE

アーモンド100g中には31mgのビタミンEが含まれています。これはピーナッツの約3倍の量!ビタミンEには強い抗酸化作用があり、ニキビが悪化するのを防いでくれます。血行を良くして肌の新陳代謝を促してくれる効果もありますよ!

◎食物繊維

アーモンドには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、有害物質やコレステロールをスムーズに排出してくれる効果があります。超のぜんどう運動を促し便秘を解消する効果も!腸内環境が良くなればニキビも改善しやすくなりますよ♪

◎ミネラル

アーモンドには亜鉛やカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。肌のターンオーバーを促してくれるので、ニキビやニキビ跡に効果が期待できます。

参考:カロリーSlism

生や素焼きのものを食べよう

市販のアーモンドは油や添加物がたっぷり使われていることがあるので要注意!できる限り、生や素焼きのものを選ぶようにしましょう。

アーモンドを食べる時の注意点

  • 生や素焼きのものを選ぶ
  • 1日の目安量は20粒まで

 

undefined
はるこさん
ポイント!!生や素焼きのアーモンドを料理に活用するのも賢い方法です。炒め物や和え物に使うと美味しくいただけますよ♪ 今話題のアーモンドミルクもおすすめ!調理した場合も1日の目安量(20粒)は守りましょうね。

正しい知識と食べ方が大切!ピーナッツはニキビの敵ではない

「ピーナッツ=ニキビの原因になる」と思っていた人は多いのでは?確かにナッツ類は高カロリーで脂質も高め。ニキビに悪いイメージがあるのは仕方ないような気もします。

でも実際のところ、ピーナッツに含まれる脂質はニキビの原因になりにくいんです♪ 生や素焼きのものを適量食べる分には全く問題ありません。問題なのは油や添加物を使ったピーナッツ商品を大量に食べること。過剰摂取にはくれぐれも気をつけてくださいね!

ピーナッツにはニキビに良い成分がたっぷり含まれています。ビタミンB群やポリフェノール、食物繊維など普段の食生活で不足しがちなものが豊富に含まれているのは魅力ですよね!

ピーナッツを上手に取り入れることで、ニキビが改善していく可能性もあります。正しい知識さえあればピーナッツはニキビの敵ではありません。むしろ味方になってくれるものなんです★ アナタも毎日の生活にピーナッツを取り入れて美肌を目指しませんか……?

▼ニキビをケアするには日頃のスキンケアが重要です。ニキビケアにおすすめの化粧品を知りたい人はこちらをチェック!