肌断食にクレンジングが禁止の理由って?メイクは純石鹸で落とそう

肌断食中ってクレンジングは絶対NG?

肌断食中には化粧品を使わないことが知られていますが、ポイントメイクを始め軽いメイクは必要に迫られてしなければならない人も多いものです。そこで、クレンジング剤を使用してメイクを落とすのかどうか?ということが気になるという方も多いようです。肌断食中はお肌にケミカルな化粧品を乗せることは避けたいもの。クレンジング剤と呼ばれるものはとても肌に負担をかけてしまうため、使用しないことをおすすめします。

【肌断食の基本】クレンジングはNG!

肌断食の基本は肌に今まで肌に付けてきた化粧品やスキンケアを断つ美容法。でも目元や口元はメイクをしている、あるいはパウダーをはたいているという程度の軽いメイクを行っている人に知ってほしいのがクレンジングはNGという事です。

洗いすぎが肌の劣化を招く

スキンケアの中でもクレンジングは手に取って肌になじませてマッサージするようにして汚れを浮かせて落とすという人が多く、それだけでもかなり肌をこすっている(刺激を与える)ことになります。その上W洗顔まで行っているとなると洗いすぎで肌には細かいキズが付き乾燥してかゆみなどが悪化。シミやシワの原因となって肌は劣化の一途をたどることになるのです。

それは次に上げるクレンジングの成分に大きな原因があります。

肌に悪い界面活性剤がたっぷり

界面活性剤はあらゆる化粧品や洗浄料などに含まれています。落としにくいメイクや油汚れを溶かして水と油が混ざるようにして楽に落とすという役割を持ち、重宝されているものですが肌断食中の軽いメイクの場合に使用すると成分としての刺激や負担が大きくなっってしまいます。強力な洗浄力の影には必要な皮脂までを奪ってしまう働きもあるためクレンジング剤は最も使用を避けてほしいアイテムなのです。

また、

・ダブル洗顔をやめると肌のツッパリから解されるメリットがある。

丁寧に洗い流しても肌に残ってしまうのが界面活性剤

ということもポイントです。

界面活性剤すべてが悪者ではないけれど、皮膚への負担や害は大きいわ。皮膚に付けないことで肌の健康は守られるの。肌断食をしているいないに関わらず注意したいものですね。

 

メイクした日の洗顔は純石鹸で

肌断食をしている人もメイクの必要に迫られる場面があるものです。そんな時のメイクはぬるま湯だけで落とすのは難しい。しかしクレンジング剤は避けなければならない肌断食中のメイク落としは純石鹸と呼ばれる石けん素地100%の石けんでの洗顔をします。石けん洗顔に変えてお肌の調子が良くなる人も多いのです。

  •  
  • 快適洗顔♪
    5/5
    30代 女性
    目元は季節によってアトピーの症状が出ますが、鼻やら顎はオイリーな両極端な肌質にもかかわらず、快適な洗い上がりです。

    @コスメ

 

肌質を選ばず、快適な洗顔が出来る純石鹸は安心の使い心地。メイクをすることの多い人でも肌の調子が整って行くのです。

  •  
  • シンプルケアが一番
    5/5
    20代 女性
    クレンジング洗顔はこちらですませています スキンケアはこちらとワセリンでおしまい 安くて肌が綺麗になるなんて最高

    @コスメ

 

クレンジングを石鹸でしていたらお肌が綺麗になったというお声です。シンプルで続けやすい、なにより肌の調子が良いのはとても嬉しいですよね。 

 たっぷりの泡で一度洗いが基本

純石鹸での基本の洗顔方法をご紹介します♪

純石鹸を選ぶ

純石鹸=無添加石けんと思う方がいるようですが実は違います。

脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上のもの

のことでいわゆる石けん素地というものになります。これは天然の界面活性剤です。石けんの中には美容成分を添加したものや後からヒアルロン酸やグリセリンを添加したものなどがありますが、あくまでも純石鹸を選ぶことが大切です。


お湯の温度に注意!

ぬるま湯洗顔なのですが、その温度は32~35℃とかなり低め。体感的にひんやりするくらいの温度です。そんなぬるま湯であらかじめ顔を洗いましょう。

たっぷりの泡をつくろう

洗顔ネットなどを使ってたっぷりの泡を作ります。泡をTゾーンから乗せ始め、こすらず泡のクッションで洗います。時間をかけ過ぎず泡を乗せて洗う工程は1分程度で終わらせましょう。この石けんの泡で洗う回数は1回のみです。

すすぎは優しくしっかりと

32~35℃のぬるま湯でこすらないように優しく、すすぎ残しのないようしっかりとすすぎましょう。最後に清潔で肌触りの良いタオルで水分を吸い取るようにして水分を拭き取ります。

おすすめ純石鹸

純石鹸の中でおすすめの3つをご紹介します♪

・ミヨシ 無添加白いせっけん

本釜炊き製法で焚き込むこと5日感。じっくりと熟成して作られているので原料が持つ潤い成分がしっかり生きています。スーパーやドラッグストアなどで手軽に購入できるのも魅力のロングセラー。純石鹸の中でも豊かな泡立ちで優しい洗い心地。

MIYOSHI無添加白いせっけん

・坊ちゃん石けん釜焚き1番

赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使いいただけるネーミングもパッケージのマークもユニークな坊ちゃん石鹸は厳選された天然の牛脂とヤシ油から作られている純粋無添加の純石鹸です。肌への刺激が少ないので敏感肌・乾燥肌でお悩みの方にもおすすめ♪

坊ちゃん石鹸

・ねば塾白雪の詩

パームバージンオイルだけを原料にして作られた白雪のように真っ白な石鹸です。色素・香料・エデト酸などは一切添加しておらず安心の純石鹸です。低温でも良くとけるキメの細かいクリーミーな泡で使用しやすい。大き目サイズでコスパの良さでも人気です。

ねば塾 白雪の詩

軽いメイクには布洗顔

肌断食中の人のメイクはお粉をはたく程度であったり、ポイントメイクなどをしてはいるものの肌の状態が良くなればなるほど薄化粧になっていくもの。すると毎回のように石けんを使用して洗顔しなくても(石けんさえも使う必要がないほどの軽いメイクで済むようになるので)良い洗顔方法があります。

それはぬぐい洗顔などと呼ばれているいわゆる「布洗顔」。専用のものが売られているので使用してみると良いでしょう。布を水で濡らして顔をマッサージするだけの手軽さですが、くれぐれも顔をゴシゴシ擦って刺激を与えてしまわないように気を付けましょう。

竹布洗顔クロス


石鹸じゃ落ちない…どうしよう?

久々にリキッドファンデーションでメイクしてドレスアップ。でもこのリキッドファンデや高密着粒子のファンデーションなどは石鹸で落とすのが難しい場合もあります。本来は石鹸で落ちないメイクはするべきではありませんが、必要な時もありますよね?そんな時に使うなら次のようなものを選ぶようにしましょう。

刺激の少ないミルククレンジングを使う

さまざまな種類のあるクレンジングの中で、もっとも低刺激だと言われているのが乳液のようなミルククレンジングです。なぜ低刺激と言われているのかというと「洗浄力が弱い」ということが一番の理由です。そのため、アイメイクなどの濃いポイントメイクはあらかじめ専用のもので落としてから顔全体に行き渡る量を使い、肌への負担を少なく落とすように工夫しましょう。

・オルビスクレンジングリキッド

100%オイルカットでするんとよく落ちるオルビスのクレンジングリキッドは美容液級のうるおいを与えながら落としたいメイクはしっかりと落としてくれる優れもの。肌断食をしていて普段はクレンジングの必要がない方がメイクをして石鹸やミルククレンジングでは太刀打ちできなそう…という時の頼れる存在です。無添加で低刺激なことでも人気のクレンジングです。

濡れた手で使えるもの嬉しいですね♪

オルビスクレンジングリキッド

角質培養に着目したクレンジングもおすすめ

肌断食と同じくらい注目されているのが角質培養です。

・角質培養と肌断食の違い

角質培養肌断食
やり方スキンケアやメイクなどで一番にダメージを受けるのが角質層。そんな角質層を守るには肌を出来るだけ触らない、こすらないことが大切です。それにより角質層を「育てる」ことを角質培養と言います。肌断食とは違い、保湿(セラミドが主)することが許されている。メイクやクレンジング、洗顔、基礎化粧品によるスキンケアすべてを断つこと。週末などを利用したプチ肌断食を始め、肌に優しいメイクをしながらゆるく行なう方法などがある。本来はすべてを断ち、徹底的に肌を休ませることが正道。
目的トラブルのある肌の改善美肌を維持したい。トラブル肌の改善。
どちらも肌のお手入れをやめていくお手入れ法であり、肌本来の力を取り戻すために行なう方法という共通点があるわね!角質培養に着目したお手入れがあるから次に紹介するわね♪

・サッポークレンジングクリーム

合成界面活性剤によってメイク汚れを洗い流すのがメイク落としですが、サッポーのクレンジングクリームはメイク汚れ浮かしという呼ばれ方をしており、角質を落とさず肌に残っても良い成分(12種の油脂成分・6種の水相成分)から作られた洗浄剤を配合しない新発想のクレンジングクリーム。洗い流してもヌルヌルは残りますが、サッポーのソープで後から洗顔することによってしっとりだけどさっぱりした仕上がりに。角質を予定より早く流さないため角質培養を始めてみたい方におすすめです。

サッポー クレンジングクリーム


純オイルでクレンジング

純オイルとは余分な成分を一切含まない純正のオイルのこと。オイルなので、クレンジングに使用するという方もおられます。次にあげるオリーブオイルやアルガンオイルは人間の肌と組成が似ているため肌なじみが良く、保湿しながら皮脂バランスも整えるというメリットがある一方で、水と油を混ぜる働きをする合成界面活性剤が入っていないことから皮膚に強力な油膜を張ってしまうため、洗い流しにくいというデメリットもあります。


オリーブオイル

食用オリーブオイルでクレンジングをするという方もいないわけではありませんが、クレンジングにオリーブオイルを使用している方の多くが日本薬局方のオリブ油を使っているそうです。こちらは皮膚科などでも軟膏に皮膚を保護するものとして処方される、オリーブ油を精製した純度100%のオリーブオイルです。

日本薬局方オリブ油

アルガンオイル

美容に良いオイルとして知られるアルガンオイルもクレンジングに使用できます。オリーブオイルの約2~3倍のオレイン酸やビタミンEという美容成分に恵まれたアンチエイジング効果も高いオイルです。

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル

避けるべきはオイルクレンジング

純オイルは天然の成分から抽出されるため価格的にも高価なものが多いのですが、いわゆるオイルクレンジングとしてドラッグストアなどで売られてものは、大きなボトルなどに入って1000~3000円前後と大変安価です。その理由として実質のオイルよりもとろみ感のある合成界面活性剤によって「オイルのようなテクスチャー」に作り上げらてたクレンジングだからということになります。そのようなオイルクレンジングは界面活性剤の宝庫であり、するするとメイクを落とせるかもしれませんが角質層にダメージを与え、肌にしっかりと残留し蓄積してしまいます。

質の良いオイルは肌にも安心ね。でも肌断食をされている方のメイクは軽いものが多いから、純オイルでクレンジングするならポイントメイクのオフに使用してみるのがおすすめね!肌の負担の大きい「メイク落とし」専用のクレンジングオイルは使わないようにしましょう。



クレンジング不要のおすすめファンデ3選

肌断食をするならやはりクレンジングを使用しないことを守りたいものです。石鹸で落とせるファンデーションならばクレンジング問題で悩むことはなくなりますね!そんなお肌に優しいファンデーションの中から特におすすめのファンデを3つご紹介します♪

エトヴォス

エトヴォスは日本人の肌色に合う厳選された5色展開。天然ミネラル100%なのでつけたまま眠れてしまうほど肌に優しいファンデーション。とても粒子が細かいので毛穴もしっかりとカバーしてくれます。エトヴォスのパウダー状のミネラルファンデには2種類あり、ディアミネラルはツヤ肌仕上げ、マットスムースは接近して見ても美しい陶器肌に。肌にトラブルを抱えた方でも使用でき、美容皮膚科でも実際に使われているファンデーションです。

エトヴォス ファンデーション

レイチェルワイン

国産ミネラルファンデの中ではもっとも色展開の多い12色の中から選べます。無重力ファンデーションの異名を取るふんわり軽い付け心地。パウダーが皮脂の吸着してなじんでいくので時間が経っても崩れにくい。毛穴目立ち、フィットしない、不自然なテカリというミネラルファンデーションに在りがちだったお悩みを一掃してくれるファンデーション。ミネラルメイクでもしっかり綺麗なメイクを叶えます。

レイチェルワイン

ヴァントルテ

肌に優しいミネラルに加えて高い保湿力を誇る天然シルク配合。軽い付け心地なのにカバー力がある。キメの整った透明感ある肌に。シルクには紫外線を防止する効果もあり日焼け止め効果も高いファンデーション。ヴァントルテ独自の特殊コーティングにより夕方まで崩れないミネラルファンデを実現しました。ブラシで付けるミネラルファンデが多い中でこちらはパフを使用してつけるタイプです。カラーは5色展開。

ヴァントルテ

石鹸で落とせるファンデもいろいろあるけどこの3つ、本当におすすめです。それぞれ使用感や色味は違うので是非試してみましょう。あなたの肌にあうファンデーションを見つけて肌断食を楽しく継続していきましょう♪

 


失敗しない肌断食方法

皮膚が持つ構造や生理に基づいた安全な美容法の肌断食ですが、一方で挫折経験がある方も多いと言われています。スキンケアをいきなりやめてしまうのはとても不安なもの。無理をすればそれだけ反動も起こりやすいため段階を踏んで肌断食を行えば失敗は少ないと言えるでしょう。

短期間からスタートする

平日はメイクが必須という方は多く、そんな人たちがいきなり素肌をさらけ出すというのは勇気がいります。週末を利用してプチ肌断食はいかがでしょうか?土日や連休を使ってメイクしない日をつくってみるのです。週末メイクやスキンケアをしない自分の肌の状態がどうなるか、まずは実験的に行ってみるのもおすすめです。

段階を踏んで化粧品を減らす

肌断食は一朝一夕に効果の出る美容法ではありません。ゆっくりと時間をかけてこそ効果がわかる美容法であり「一生もの」の肌を守る正しい道です。今までお手入れし続けてきたけれど肌トラブルがある、効果を感じられなかった方こそ肌断食を行うチャンスです。


①ファンデーションがリキッドの人はパウダータイプに変えましょう。

リキッドファンデーションを使用している人はミネラルファンデーションやおしろいなどのパウダータイプのファンデーションに切り替えて下さい。リキッドファンデは油分を始め、界面活性剤やツヤを出すポリマーなどが含まれており肌に大きな負担が。ミネラルファンデや白粉では心もとないという方はパウダリーファンデーションを薄めにつけると良いでしょう。選ぶ基準は石けんで落とせるパウダーファンデーションという事です。

②夜のクレンジングを純石鹸に変えましょう。

朝は肌の状態によってぬるま湯洗顔や石鹸洗顔にし、化粧水や乳液、日焼け止め、パウダーファンデ、メイクという流れで行います。そして夜使用しているクレンジング剤の使用を減らします。そして純石鹸を泡立ててぬるま湯で洗顔する方法に変えましょう。アイメイクをしっかりとしている方は先にポイントメイクを落としてから行います。クレンジング回数を減らし、やがてクレンジング剤の使用をやめていきます。


③寝る前のケアも減らそう

寝る前などの美容液や栄養クリームなども減らしていきます。「つけないと次の日大変なことになりそう!」と思うかもしれませんが、化粧水や乳液程度にとどめてみるのです。化粧水や乳液だけという方は乳液を省いてみるなど自分のペースで一品でも使用アイテムを減らすということからでOKです。

④ワセリンのみを洗顔後に塗る

最終的には化粧水もやめます。そのため、肌を保護する意味でワセリンを米粒1つ程度を伸ばして顔に塗ります。化粧水は界面活性剤が入っているわけではないので急いでやめる必要はないという声もありますが、化粧水に入っている保湿剤などが逆に肌の乾燥を進めてしまっている可能性は否めません。最初はつっぱりを感じるしれませんが、肌断食では最終的にワセリンをうすく塗るだけで十分なお肌を目指します。


最終的にはワセリンのみですか!?化粧水派の人は辛くないですかね?
徐々にスキンケアアイテムを減らしていくことね。焦りは禁物よ。化粧水派の人の中にはワセリンの前にハトムギ粉に水道水を入れて1週間冷蔵庫に置いたものの上澄みの部分を塗るという方もいるわ。ハトムギ化粧水は昔から肌に良いと言われているの。おすすめよ。

 ※市販のハトムギ化粧水を購入する際には添加物や美容成分に注意して購入しましょう。

 


肌断食期間はクレンジングの要らないメイクを

肌断食は難しいと思っていた方もクレンジング要らずのメイクを習慣づければ、続けて行くうちに素肌もキレイになっていうという嬉しい効果がついてきます。最初は抵抗を感じるかもしれませんが、自分の素肌の調子が良くなると気持ちもアップします。肌も心もリラックスできる肌断食で快適な素肌生活を目指しましょう。