大人ニキビが治らない理由とは?即効ケアより長期計画が美肌の近道

20~30代の大人ニキビが治らない理由とは

思春期のニキビができまくる時期は過ぎたはずなのに、大人になっても繰り返しニキビができてなかなか治らない……なんて経験はありませんか?大人ニキビは同じ場所に繰り返しできてしまい、治ったと思ったらすぐに次ができてしまうので、治りづらいですよね。ここでは、治りづらい大人ニキビが治らない理由や、どうすれば治せるのかをお伝えしたいと思います。ここでしっかり学んで、大人ニキビを撃退しましょう!

ニキビが治らない理由【基本編】

まずは、なぜニキビが治らないのかを考えてみましょう。ニキビが治らないのは、様々な要因が絡み合っていることが多いため、「これに気を付ければ絶対に治る!」というわけではありません。自身のニキビが治らないのはなぜなのか、1つ1つ確認して対策をしましょう。

スキンケアが間違っている

ニキビが発生する原因となるのはアクネ菌というのは良く知られているため、「アクネ菌を殺菌すれば、ニキビは治る」という認識がされており、アクネ菌を殺菌する化粧品も数多く存在します。しかし、実はアクネ菌を殺菌しても、ニキビの根本的な解決にはならないのです。アクネ菌は常在菌ですので、肌に必要な菌です。アクネ菌は存在自体が害なのではなく、過剰に増えすぎてしまうことでニキビを発生させてしまうのです。

増えすぎたアクネ菌を減らすケアは必要ですが、アクネ菌を一掃する効果がある化粧品は基本的に刺激が強く、他の常在菌も殺菌してしまうため、肌のバランスが崩れてしまいますし、刺激の強さがさらなる肌荒れを招く原因になることも多いです。また、増えすぎたアクネ菌を一時的に殺菌できたとしても、今あるニキビの炎症を沈めるだけで、ニキビができない肌になるわけではありません。その結果、根本的なニキビ肌を解決することができず、何度もニキビを繰り返してしまうのです。

また、オイルクレンジングなど洗浄力の強い強力なクレンジングで肌をゴシゴシ擦ることや、一日に何度も洗顔をするという落としすぎ・洗いすぎのケアもニキビの解決にはなりません。ニキビの原因は皮脂だと思って、クレンジングや洗顔を繰り返し行う方も多いと思いますが、思春期の皮脂分泌が過剰な時期でなければ、皮脂を取り過ぎるケアは逆効果です。

皮脂を除去しすぎてしまう過剰なクレンジングや洗顔は肌のバリア機能を低下させてしまい、バリア機能の衰えた肌を守るために、角質がどんどん厚くなります。角質が厚くなると保湿成分が肌に浸透しづらくなり、保湿が十分にされず、肌の内部が乾燥することでニキビができやすくなってしまうのです。

また、保湿が十分にされないと、肌は潤いを補おうとしてどんどん皮脂を出すようになります。適度に皮脂を取り除くことは肌のバランスを保つために重要なことですが、あまりにも皮脂を取り過ぎるケアをした結果、過剰に皮脂が分泌されるようになってしまうという悪循環に陥ってしまいます。過剰な皮脂は毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの原因になるのです。

大人ニキビがなかなか治らない原因は、「自分は皮脂が過剰だから、取り除かなくてはいけない」という間違った思い込みによることがほとんどです。皮脂が過剰に出ているから取り除くのではなく、皮脂が過剰に出る原因となっている肌の保湿不足を解消してあげなければいけません。なかなか治らないニキビを根本から治すのであれば、まずは「アクネ菌がニキビの原因だから、殺菌しなければいけない」、「皮脂がニキビの原因だから、徹底的に取り除かなければいけない」という思い込みを捨てましょう。

ホルモンバランスの乱れる病気

ホルモンバランスの乱れがニキビをもたらすというのは知られていますが、詳しいメカニズムはご存知でしょうか?私たちの肌には、皮脂の分泌を促す男性ホルモンと、皮脂を抑制し肌本来のバリア機能を強化する女性ホルモンが作用しています。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが絶妙であれば、皮脂が過剰になることもなく、肌のバリア機能も衰えないため、ニキビもできません。しかし、どちらかのホルモンの働きが過剰になることにより、ニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れと言えば、まず生理を思い浮かべるでしょう。確かに、生理の前はニキビができやすくなりますよね。生理前や生理中は、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの影響により、ニキビなどの肌トラブルが起きやすいです。

他にも、ホルモンバランスを乱れさせる病気にかかっている場合も、ニキビができることがあります。代表的な病気は、多嚢胞性卵巣症候群です。卵巣の中の男性ホルモンが多くなっていることが原因で、排卵がうまく行われない病気とされています。男性ホルモンが多いために毛が濃くなったり、太ってしまったりという体の変化が出やすくなります。男性ホルモンが多いと、皮脂の分泌量が増えるため、ニキビができやすくなってしまいます。

ストレスがたまっている

ストレスがたまると、自律神経が乱れてニキビができやすくなります。自律神経には緊張や興奮時に働く交感神経と、リラックスする時に働く副交感神経という正反対の働きをする2つの神経があるのですが、ストレスがたまるとイライラして興奮状態に陥るため、交感神経が優位に立ち、その影響で男性ホルモンの分泌量が増え、その結果ホルモンバランスが乱れ、ニキビができやすくなってしまいます。また、ストレスによって交感神経が優位に立つと、身体が常に緊張状態になるため、血管が収縮してしまうことで血流が悪くなり、毛穴を詰まらせてしまうため、ニキビができやすくなります。

食生活が偏っている

食生活が偏っている場合も、ニキビができやすくなってしまいます。例えば、油っぽいものが大好きで、揚げ物やポテチなどを頻繁に食べるという方。または、甘いものが止められなくて、ケーキやチョコレート、ジュースなどをたくさん摂ってしまう方。油っぽいものや甘いものは、皮脂の分泌を過剰にして、毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの原因になってしまいます。また、アルコール辛いものを大量に摂取すると、内臓に負担がかかりますし、ニキビの炎症をひどくしてしまいますので、長期的に摂りすぎるとニキビが治らない原因になります。栄養バランスを考えた食事を意識して、皮脂を過剰に分泌させる食べ物は控えましょう。

顔を触る癖がある

ふとした時に手で顔を触る癖がある方は、それがニキビが治らない原因になっている可能性があります。目視では確認できませんが、どんなに頻繁に手を洗っていても、実は手には常に雑菌がついているのです。手で顔を触ることは、顔に手の雑菌を移しているようなものですから、ニキビが悪化する原因になりますし、アクネ菌以外の雑菌が繁殖して肌荒れを起こす原因にもなってしまいます。顔を触る癖があるという方は、「手は汚いもの」という認識を持って、触らない努力をしましょう。

ニキビが治らない主な理由は以上です。冒頭でもお伝えしましたが、ニキビの原因はとても複雑なため、「これだけ気を付けていれば、絶対にニキビはできない!」ということにはなりません。ニキビを根本的に解決したいのであれば、ニキビの原因になっていそうな生活習慣を1つ1つ改めることが必要です。

ニキビが治らない理由【場所別】

頬やおでこ、顎などの一定の場所に繰り返しニキビができるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、なぜそのパーツのニキビが治らないのかを場所別にご説明します。

眉間

眉間は皮脂腺が多く、ニキビができやすい場所とされています。眉間はシワがよりやすく、狭くてでこぼこが多いパーツのため、クレンジングや洗顔で汚れが落としきれず、溜まった汚れが刺激となってニキビができてしまうことが多いです。また、ホルモンバランスの乱れによって、元々皮脂腺が多いのにさらに皮脂量が増えてしまうと、ニキビができてなかなか治りません。アルコールの摂りすぎや食べ過ぎなどで肝臓が疲れているときにも、眉間にニキビができるといわれています。

顎は大人ニキビがよく発生するUゾーンの一部です。顎のように、男性だとひげが生えるパーツは男性ホルモンの影響を受けやすいため、ホルモンバランスの乱れによってニキビができることが多いです。また、メイクが落としにくく、汚れが溜まりやすい場所のため、落としきれなかったメイクや汚れが刺激になってニキビができることもあります。顎には汗腺はほとんどありませんが、皮脂腺が多く存在するため、一度ニキビができると簡単に悪化し、なかなか治らないことが多いです。

頬は最も大人ニキビができる場所です。ひげが生える場所のため、ホルモンバランスの乱れによってニキビが発生することが多いです。また、乾燥しやすい場所ですので、肌の乾燥が進んでいるとニキビができてしまいます。両頬にニキビができる場合はホルモンバランスの乱れや乾燥が原因のことが多いですが、片側にのみニキビができる場合は、枕や布団などの寝具に繁殖した雑菌が付着している可能性もありますので、頬に触れるものは清潔にしておきましょう。

おでこ

おでこはTゾーンと呼ばれる、思春期ニキビができやすい場所の1つです。Tゾーンは男性ホルモンの影響を受けやすく皮脂分泌量が多いため、思春期にはニキビが大量に出ることも珍しくありません。しかし、皮脂の分泌が落ち着いてきたあとの大人ニキビはあまりできません。大人になってからおでこにニキビができた場合は、シャンプーのすすぎ残しなどが原因のことが多いため、念入りにすすぐようにしましょう。また、胃腸の不調がニキビとして現れることもあります。

鼻も皮脂分泌量が多いTゾーンの一部です。しかし、鼻は思春期だけではなく大人になってからもニキビができやすい場所です。なぜかというと、鼻は顔のパーツの中で最も毛穴が多い場所だからです。ニキビは毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が異常繁殖してできるものですので、毛穴が多い鼻はそれだけニキビのできる可能性が高いのです。また、心理学的に女性はソワソワしているときやドキドキしているときなど、「本音を隠したい」ときに鼻を頻繁に触ることがあります。つい癖で鼻を触ってしまうという方は、手の雑菌を鼻に移すことでニキビができる原因になってしまいますので、なるべく触らないようにしましょう。他には、肝臓や大腸、肺など内臓の不調が鼻のニキビに出ることもあります。

ニキビが治らない理由【10代の場合】

ここまで、ニキビが治らない原因をいくつか見てきましたが、大人ニキビと10代の思春期ニキビは性質が全く異なるものです。ここでは、10代の思春期ニキビが治らない原因を見ていきましょう。

中学生

大量の思春期ニキビに悩まされるのは、大体中学生のころではないでしょうか。小学生高学年から中学生にかけては、男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンという成長ホルモンが分泌され始め、その影響で思春期ニキビができやすくなってしまいます。成長ホルモンが分泌され始めると、大量に皮脂が分泌されるようになり、なかなかホルモンバランスが安定しない状態になるため、ニキビが大量にできてなかなか治らなくなってしまうのです。

高校生

高校生になってからも、ホルモンバランスは安定しないことが多いです。また、進学のための受験のストレスによって、大量にニキビができてしまうこともあるでしょう。まだ体が成長しきっていない高校生のうちは、ホルモンバランスを整えることが非常に難しいです。そのため、むやみにニキビに効果的といわれる化粧品を試すのではなく、正しい方法で洗顔や保湿をして、ホルモンバランスが整うのを待つのが最良の策です。あまり色々な化粧品を試すと、それが肌への刺激になって余計にニキビができてしまうこともあります。

大学生

大学生になると、やっとホルモンバランスが整ってくることが多いです。重い生理痛に悩まされていた方でも、20歳を過ぎると段々痛みが落ち着いてくることもありますし、ホルモンバランスが整うことで、思春期ニキビは自然と減ってくるでしょう。しかし、大学生になるとサークルやバイトなどで睡眠時間が不規則になることが多く、生活習慣の乱れによってニキビを引き起こすことがあります。

顔のニキビの治し方~長期計画が◎

繰り返しできてなかなか治らないニキビは、どうやって治せば良いのでしょうか。根本的に肌質を整え、ニキビができにくい肌にするためには、長期的に頑張る必要があります。今すぐにでもニキビを消したい気持ちはよくわかりますが、とにかく丁寧なケアで長期的に肌質を改善することを心がけましょう。

肌を乾燥させない

ニキビを治すスキンケアとして意外と盲点なのが、乾燥対策です。アクネ菌を殺菌したり、皮脂を抑えたりするケアをニキビ対策として行っている方は、乾燥対策に切り替えるようにしましょう。肌のバリア機能が低下することで、角質肥厚と毛穴の詰まりが起こり、ニキビができてしまうため、乾燥対策をしてバリア機能を正常に整え、ニキビを撃退しましょう。

肌を乾燥させないために特に重要なのが、クレンジング洗顔です。ニキビがあると、余分な皮脂や汚れを落とそうとして、頻繁にクレンジングや洗顔をしてしまいがちですが、何度も顔を洗ったり、ゴシゴシ擦ったりすると、肌に必要な分の皮脂まで落としてしまい、肌のバリア機能が衰えてニキビの原因になってしまいます。

クレンジングと洗顔の両方に共通することとして、事前に必ず手を洗っておくようにしましょう。手を洗わずにクレンジングや洗顔をすると、手についている雑菌が顔に移ってしまい、ニキビを悪化させてしまうことがあります。また、クレンジングも洗顔も、ゴシゴシと強く擦ることで汚れが落ちやすくなるわけではありません。クレンジングはメイクの油分を洗浄剤で乳化させて水で洗い流せるようにするものですし、洗顔は泡の力で顔の汚れを落とすものです。どちらも成分によって汚れを落とすため、余計な力を加えないようにしましょう。擦ってしまうと肌に傷がつき、余計にニキビの原因になります。

クレンジングはなるべく刺激を与えないよう、低刺激のものを選ぶようにしましょう。オイルクレンジングなど洗浄力の強いものや、摩擦が起きてしまうシートタイプのクレンジングは避け、刺激の少ないミルクやクリームのタイプを選びましょう。アイメイクなどを濃くしている方は、ポイントメイクリムーバーで濃いメイクを落とし、肌全体にはミルクやクリームタイプを使うのがおすすめです。

続いて洗顔ですが、洗顔料をしっかり泡立ててモコモコの泡を作り、手が顔に直接触れないよう、泡だけを顔につけるイメージで優しく洗いましょう。そして、「ちょっとやりすぎじゃない?」と思うくらい、十分にすすぎます。洗顔後タオルで水気を取る際には、ゴシゴシ擦らず、タオルに水分を吸収させるイメージで顔にポンポンと押し当てましょう。

スキンケア以外に、日常生活で乾燥の原因となるものにも注意が必要です。例えば、冷暖房の使用により、部屋の湿度が下がって乾燥を招きます。部屋の湿度は約40~60%が理想とされているため、乾燥が気になる場合は部屋の湿度をチェックしてみましょう。また、睡眠不足によって細胞の再生が妨げられると、肌の水分を保つ細胞間脂質が十分に作られなくなり、乾燥を招いてしまいます。

保湿ケアは成分にこだわる

ニキビができにくい肌にするためには、基本的な保湿ケアをしっかりと行う必要があります。保湿ケアをする際は、「この化粧水、なんだか潤いそう!」とパッケージやテレビのCMを見て選ぶのではなく、保湿力に優れた成分が配合された化粧品を使うようにしましょう。

おすすめは、最強の保湿物質と呼ばれるセラミドです。セラミドは角質細胞間脂質の一種で、肌が作り出す保湿物質の代表例です。肌の水分量の80%以上は、セラミドなどの角質細胞間脂質が守っています。セラミドは水をサンドイッチ状に挟み込む性質を持っており、その挟み込んだ水は湿度が0%になったとしても蒸発せず、気温が-20℃まで下がっても凍らないため、様々な環境の変化にも対応して乾燥から肌を守ってくれるのです。

そんな心強いセラミドですが、残念ながら加齢に伴ってどんどん量が減ってしまうため、セラミドが配合された化粧品を使って補ってあげる必要があるのです。セラミドにはたくさん種類があり、一見肌によさそうな「植物由来」と謳ったセラミドを配合した化粧品も存在します。しかし、人間の肌に元々存在するセラミドに近いものが配合された化粧品の方が、より保水力に優れています。人間の肌に存在するものは6種類あり、それぞれ「セラミド1、2、3……」と番号がついていますので、配合されている成分一覧に「セラミド1~6」や「ヒト型セラミド」と書かれているものを選ぶのがおすすめです。

セラミド以外にも水分を挟み込む保湿成分がありますので、ここでご紹介します。

スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)ステアリン酸コレステロール

保湿力はややセラミドより劣りますが、細胞間脂質として肌に存在する物質です。

水素添加大豆レシチン

大豆から採れる成分です。

保湿物質には、セラミドのように水分を挟み込んで離さないタイプ以外にも、水分を抱え込むものと、水分を掴むものがあります。水分を抱え込むものは、肌の真皮に元々存在している成分が多いです。周囲の湿度が下がっても抱え込んだ水分を離さず、肌内部の水分量をキープしてくれます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はとても有名な保湿成分ですよね。真皮に存在しているゼリーのような物質で、水分を蓄えておく力が非常に強いです。

コラーゲン

こちらもとても有名です。真皮では肌の弾力を保つ役割を果たしますが、化粧品には保湿成分として配合されています。

エラスチン

保湿力が強く、角質内で水分を抱え込んでくれます。

ヘパリン類似物質

血液中に存在するヘパリンという物質が水分を抱え込む性質を持っていることから、類似の成分を保湿成分として化粧品に配合することがあります。医薬品としても使われることがある保湿効果に優れた物質です。

水分を掴むものは、冬など周りの湿度が低い時には、つかむ力が下がってしまうため、保湿力はやや劣ります。しかし、化粧品の使い心地が良くなるなどの効果も併せ持っているため、化粧品に配合されていることが多いです。

天然保湿因子(NMF)

アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)などをはじめ、約20種類の成分で構成されており角質層にも存在している成分です。

PG(プロピレングリコール)1.3BG(ブチレングリコール)

水分を掴む力に優れている、多価アルコールです。

角質ケアで毛穴のつまりをきれいに

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が異常に繁殖することでできます。古くなった角質が肌に存在していると、詰まった毛穴にフタをしてさらに毛穴を詰まらせてしまいます。角質ケアで詰まった毛穴を綺麗にすることで、ニキビを予防する効果が期待できます。肌がザラついていると感じたり、毛穴が詰まっていると感じたりしたときには、ピーリング酵素洗顔などを取り入れて、余分な角質を取り除きましょう。

毛穴の詰まりを解消してくれる角質ケアですが、やりすぎはNGです。角質ケアをやりすぎると、肌のバリアを傷つけてしまって肌が薄くなったり、乾燥を招いてしまいます。必ず化粧品に記載された使用頻度を守って使いましょう。

メイクは控えめ&油分の少ないもの

メイク用品には基本的に油分が含まれていますので、ニキビを悪化させる原因になってしまいます。ニキビがあるときにはメイクをしないのが一番ですが、ノーメイクで出かけるわけにもいきませんよね。そのため、なるべく厚塗りをせずに控えめなメイクを心がけてください。パフやブラシなどのメイク道具をしばらく洗っていないなど不衛生な状態では、余計にニキビが悪化しますので、清潔な道具でメイクをしてくださいね。

また、ニキビが気になるからと言って、ベースメイクを厚くしてごまかしてはニキビが悪化してしまいます。ニキビをメイクで隠すのは基本的にはNGですが、どうしても隠したい場合は、油分を極力減らして作られた薬用コンシーラーでカバーしましょう。薬用成分や保湿成分が配合されており、ニキビを悪化させることなく隠すことができます。ニキビを隠したいからとこんもり乗せるのではなく、薄く重ねるイメージで使いましょう。コンシーラーを使うタイミングは、パウダーファンデーションを使う場合はファンデーションの前、クリームやリキッドタイプのファンデーションを使う場合はファンデーションを付けた後です。クリームやリキッドファンデーションの後にコンシーラーを使う場合は、仕上げにフェイスパウダーを重ねて肌全体を均一に整えましょう。

食事を見直す

スキンケアに気をつけるだけでは、ニキビ肌を根本的に治すことはできません。ニキビ対策に効果的なスキンケアを行うと同時に、偏った食生活を見直しましょう。

ニキビ対策におすすめの栄養素

ニキビ対策のために積極的に摂りたいのが、ビタミン類です。ビタミンA、B2、B6、C、Eを意識して摂取しましょう。

名称効果含まれる食材

ビタミンA

健康的な肌を保つ

レバー、うなぎ、しそ、モロヘイヤ、にんじん

ビタミンB2

過剰な皮脂を抑える

うなぎ、モロヘイヤ、納豆、卵、とうがらし、チーズ

ビタミンB6

過剰な皮脂を抑える

まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、牛肉、ごま

ビタミンC

コラーゲンの生成を助ける

赤ピーマン、アセロラ、ブロッコリー、キウイ、イチゴ

ビタミンE

体内の酸化を防ぐ

いも類、アーモンド、ホウレンソウ、落花生、かぼちゃ

ビタミンは種類によって吸収率が異なるため、より効率よく吸収するためには、以下に記載したそれぞれの調理方法を参考にしてみてください。

  • ビタミンA:脂溶性ビタミンのため、油で炒めて食べると栄養素の吸収が良くなります。
  • ビタミンB2:調理法によって吸収率に変化はありませんので、好きな方法で食べましょう。
  • ビタミンB6:水に溶けにくく、熱にも強いため、好きな方法で食べましょう。
  • ビタミンC:水に溶けやすく、熱にも弱いため、加熱する場合は短時間で済ませましょう。生で食べられるものは生で摂取するのがおすすめです。
  • ビタミンE:ビタミンCを含む食材と一緒に食べることで、吸収率が上がります。酸化が早いので、食材が新鮮なうちに食べましょう。

胃腸に良い食べ物

頬や額にニキビが繰り返しできるという方は、内臓の機能が衰えていることが考えられます。脂っこいものや砂糖がたくさん使われた甘いもの、アルコールなどの過剰摂取を控えて、胃腸に優しいものを食べて、内臓を労わってあげましょう。おすすめは、うどんやおかゆ、豆腐、バナナ、リンゴ、卵などの消化が良いものです。

ホルモンバランスを整える食べ物

あごのニキビがなかなか治らないという方は、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れていることが考えられます。ホルモンバランスを食べ物で整えるためには、以下のように新陳代謝を上げたり腸内環境を整えたりするものを食べるのが効果的です。

  • 食物繊維が多いもの:緑黄色野菜、きのこ類、ごぼう、玄米など
  • 辛いもの:唐辛子、わさびなど
  • 酸っぱいもの:梅干し、酢、レモンなど
  • 発酵食品:ヨーグルト、キムチ、納豆、味噌など

睡眠はしっかりとる

睡眠不足はホルモンバランスを乱れさせ、男性ホルモンを過剰に分泌し、ニキビができる原因になってしまいます。寝るときに電気をつけたままにする、スマホをいつまでも見るなどは、交感神経が刺激されて質の良い眠りの妨げになってしまいますので、就寝時には部屋を暗くし、寝る直前までスマホを見ないようにしましょう。また、傷んだ肌の修復は夜寝ている間に行われるため、慢性的な睡眠不足になると、肌が修復されずにいつまでもニキビが治りません。できるだけ毎日寝る時間を一定にして、十分な睡眠時間だけではなく質の高い睡眠を取るようにしましょう。

大人のニキビ肌におすすめ化粧品BEST4

ここからは、ニキビが治らないと悩む方に是非おすすめしたい化粧品を4つご紹介します。なぜその化粧品をおすすめするか、配合成分をもとに解説しています。実際に使用した方の口コミも載せていますので、参考にしてみてくださいね。

ニキビの改善におすすめ2選

ニキビの改善におすすめなのは、増えすぎたアクネ菌を抑えてニキビの炎症を抑える効果と保湿効果を併せ持った化粧品です。肌に栄養を与えるビタミン類が豊富に配合されたものもおすすめです。

ノブAC

ニキビ対策に特化したスキンケアラインであるNOV(ノブ)の中でも特におすすめしたいのが、ノブACアクティブのフェイスローションです。有効成分であるサリチル酸には、増えすぎたアクネ菌を殺菌する効果があり、アクネ菌の過剰繁殖を防ぎます。フェイスローションはしっとりタイプのモイストとノーマルがありますので、より保湿力を高めたい方はモイストを利用するのが良いでしょう。また、モイスチュアミルク(乳液)にはセラミド3やヒアルロン酸などの保湿成分が配合されており、ニキビの対策だけでなく、保湿をすることでニキビができにくい肌に導いてくれます。

化粧水や乳液など5つのアイテムが約1週間試せるトライアルセットは、自身の肌に合うかどうかを気軽に試すことができるため、個々のアイテムを購入する前に使ってみるのがおすすめです。ライン使いをするとより効果が高まると謳われていますが、価格はそこそこ高いですので、トライアルセットで気に入ったアイテムを個別で購入するのも賢い選択ではないでしょうか。

商品名ノブACアクティブ フェイスローション
効果肌の保湿とニキビケアを同時に行うことができる
使用感べたつかず、さっぱりとした使い心地
保湿度★★★★☆
おすすめ度★★★★★
メーカー常盤薬品工業
おすすめセットノブACアクティブ トライアルセット
価格1,500円(税別)※初回限定、送料無料
内容量約7日分(メイク落とし20ml、洗顔料15g、化粧水(モイスト)20ml、乳液6ml、化粧水(ノーマル)2ml×2個)
有効成分:サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン
その他の成分:水、エタノール、DPG、ジグリセリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ベタイン、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、リボフラビン、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、BG、EDTA-2Na、ポリオキシエチレンフィトステロール、ラフィノース、水酸化Na、乳酸ナトリウム液、メチルパラベン
  • 顎ニキビが改善した!
    5/5
    20代女性
    30歳を目前にしてもニキビがなかなか改善せず、特に生理前後には 顎周辺に大きなニキビが多数できてしまいます。 前に皮膚科でNOVの洗顔石けんを処方して頂いたことを思い出し 今回この化粧水と乳液を購入しました。 テクスチャーは水のようにさっぱりめ。 使用量は100円玉2個分、きちんと守って使っています。 化粧水の後、同シリーズの乳液、そしてクリーム(シコリーブ)を 目元だけに付けています。 今までのスキンケアから考えると、とてもシンプルなのですが 肌状態(ニキビ)は改善しつつあります。 ニキビだけじゃなく、毛穴が小さくなり こちらのシリーズはピーリング効果もあるからか、明らかに肌が滑らかになりました。 同ラインの乳液も、とてもオススメです。

    @cosme

はるこ
シンプルなケアでニキビができなくなるのは、ノブACアクティブがニキビの原因であるアクネ菌を程よく殺菌すると同時に、保湿もしてくれるからなのよね♪ どちらかに偏ったケアではなく、ニキビケアと保湿を同時にできるのは嬉しいわよね!
  • フェイスラインのニキビがほとんどできなくなった!
    5/5
    10代女性
    フェイスラインにたくさんニキビが出来てしまい、ネットでニキビに良い化粧水と調べたらNOVが出てきて気になったので購入しました。 使ってみるとニキビが出来ることが少なくなり、出来ても悪化したりせず、すぐ小さくなっていく感じです。あと顎にニキビの跡がクッキリあってすごく困っていたのですが、使い始めたら跡がどんどん薄くなっていきました!今ではもう気になりません。ニキビに悩んでいる人は是非使って欲しいです!

    @cosme

はるこ
繰り返しできてなかなか治らないフェイスラインのニキビにも、ノブACアクティブは効果を発揮してくれるのね!ニキビがほとんどできなくなるのはありがたいわよね♪

ノブACの購入はこちら

ルナメアAC

ニキビケアと保湿を同時に行えるもう一つのおすすめ商品は、富士フイルムが開発したルナメアACです。ルナメアACのスキンケアラインの中でも特におすすめなのが、サラサラした使い心地なのにしっかり肌を潤し、ニキビ対策をしてくれるジェルクリームです。有効成分であるトコフェロール酢酸エステルは、ビタミンEを効率的に肌に届ける誘導体として肌の新陳代謝を促し、傷んだ肌を再生する効果が期待できます。

また、もう一つの有効成分であるグリチルレチン酸ステアリルには抗炎症作用があり、赤くなってしまったニキビの炎症を抑える働きをしてくれます。さらに、これらのニキビに対する有効成分のほかに、天然ビタミンEや大豆リン脂質といった保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えてくれます。1週間ルナメアACのスキンケアラインが試せるお手入れキットは、ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類の化粧水の他、メイク落としから保湿までが完了するアイテムが揃っていますので、一度試してみてください。

商品名ルナメアAC ジェルクリーム
効果できてしまったニキビの炎症を抑える、肌の血行を促進してニキビを予防する
使用感べたべたせずサラッとした使い心地
保湿度★★★☆☆
おすすめ度★★★★☆
メーカー富士フイルム
おすすめセットルナメアAC 1週間お手入れキット
価格1,080円(税込)※初回限定、送料無料
内容量14回分(メイク落とし3ml×7包、洗顔料15g、化粧水(ノーマルタイプ)30ml、化粧水(しっとりタイプ)3ml×2包、ジェルクリーム12g)
有効成分:トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:天然ビタミンE、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、濃グリセリン、スクワラン、大豆リン脂質、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸デカグリセリル、サラシミツロウ、親油型モノステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、メチルフェニルポリシロキサン、ステアロイルグルタミン酸Na、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル、エタノール、無水エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール
  • ニキビができにくくなって乾燥も改善!
    5/5
    30代女性
    洗顔フォームと、化粧水、そしてこの商品をラインで一月弱つかっています。 3つとも気に入っているのですが、とくにこのジェルクリームはお気に入りです! 潤うのに皮膜感がまったくなく、細胞ひとつひとつがふっくらするようなうるすべもっちりぴたっと肌になります。 顎周りのガサガサになりがちなところが、柔らかくなり、新しいニキビがでてきにくくなりました! 刺激もなく、キメが整い、潤うことで毛穴もより目立たなく。お値段も、アスタリフトに比べてお手頃で、リピしやすいですね。 生理前のニキビがかなり減りました。

    @cosme

はるこ
しっかり潤うのに覆われている感じがしないのは、油分ではなくて保湿成分で潤いを与えている証拠ね!生理前のニキビが減ると、憂鬱な気分も緩和されるわよね♪
  • 保湿もしてくれて、ニキビができにくくなった!
    5/5
    30代女性
    Tゾーン脂っぽい敏感肌。2回リピート。 1プッシュで足ります。 ジェルだしテクスチャーはスルッとしていてこれで潤い閉じ込めてくれるの?と不安になりましたが、きちんと保湿してくれます。つっぱりません。 なのにつけた後はサラッとベタつかない。 ただし、冬場はこれだけだとやはり乾燥が気になる為、冬場はキュレルのクリームも使用しています。 鼻、鼻下、顎にニキビができやすいですが、ルナメアACをライン使いするとニキビができにくくなりました。

    @cosme

はるこ
保湿もしっかりとしてくれるけれど、特に乾燥する冬には潤いが足りないという方もいるみたいね。冬は化粧水をノーマルからモイストに変えるか、保湿力に優れたクリームをプラスするのが良さそうね!

ルナメアACの購入はこちら

乾燥予防におすすめ2選

乾燥がひどく、より保湿を重視してニキビを予防したいという方は、乾燥予防に特化した化粧品を選ぶのがおすすめです。 

ラ・ミューテ

化粧水のあとに取り入れるだけで乾燥対策ができるのが、ラ・ミューテアドバンス保護美容液です。最強の保湿物質であるセラミドの中でも、人の肌に本来備わっているセラミド1、3、6が配合されており、水分を挟み込んで逃がさず保湿ができます。

また、女性ホルモンを整える効果が期待されるダマスクローズの香りが、ホルモンバランスを整える働きをしてくれます。スポイト上で必要な分だけ取り出すことができるため、容器の中に直接手を入れる必要がなく、衛生的です。お試しモニターとして申し込むことで、半額で使用することができます。

商品名ラ・ミューテ アドバンス保護美容液
効果セラミドで肌内部を保湿して乾燥を撃退し、ニキビができにくい肌にする
使用感とろりとしたテクスチャーで、肌に馴染みやすい
保湿度★★★★★
おすすめ度★★★★☆
メーカーラ・ミューテスタイル
おすすめセット半額お試しモニター
価格通常価格7,300円→3,650円(税抜) ※180日間返金保証
内容量30g(約1.5カ月分)
水、グリセリン、BG、グリコシルトレハロース、ダマスクバラ花水、加水分解水添デンプン、温泉水、プラセンタエキス、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド1、ヘキサペプチド-3、フィトスフィンゴシン、コレステロール、メバロノラクトン、スクワラン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、カニナバラ果実油、ローズマリー花/葉/茎エキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ラフィノース、キサンタンガム、カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水酸化K、香料
  • しっかり潤って、ニキビが気にならなくなった!
    5/5
    30代女性
    ダマスクローズの香りがとってもいいです。 美容液はスポイトタイプなので適量を手取りやすく、衛生的です。 半透明の少しとろみのあるサラッとした軽めのテクスチャーの美容液で、こちらも肌馴染みがとてもよく、手のひらでプレスするだけでぎゅーっと入っていきます♪ 化粧水と合わせて使うと、さらに柔らかくもっちりしっとりした仕上がりになります。 美容液で終了しても、物足りなさとか全然感じません。 (中略) 気になっていた大人ニキビや毛穴も気にならなくなって、つるんとしてきた感じ♪ この時期ジメジメしてくると乾燥だけじゃなく、テカリやベタベタで痒くなったりして困るんですが、しっかり潤ってくれてるおかげか気になりません!

    @cosme

はるこ
保湿物質の中でも最強クラスのセラミドが配合されているから、乾燥対策はバッチリね!ローズの香りで癒されれば、女性ホルモンが活性化してよりニキビ対策になりそうよね♪
  • 大人ニキビができにくい肌になった!
    5/5
    30代女性
    治ったと思っても 同じ場所に再発することが多い、 やっかいな大人ニキビ。 10代のころ、Tゾーンに出来てたニキビは 皮脂の過剰分泌が原因でした。 でも20代以降Uゾーンに出来る大人ニキビは ターンオーバーの乱れが原因になってることが多いです。 とは言え、生活習慣の見直しと、 基礎化粧品によるスキンケアで 大人ニキビは治すことが出来る! こちらはとろみのある美容液で プラセンタやヘキサペプチド-3が配合されてます。 1回に6~10滴を使うので、 付けたてはちょっとペタっとするんだけど すぐにすーっと溶け込んでいきます。 しぼんだ肌にハリが出て、 大人ニキビのできにくい環境を整えてくれますよ♪

    @cosme

はるこ
大人ニキビは繰り返しできるから、乾燥肌の改善など根本的な原因を解決しなければいけないのよね。ラ・ミューテのアドバンス保護美容液なら、乾燥に打ち勝つ大人ニキビのできにくい肌に整えてくれるわ♪

ラミューテの購入はこちら

アクアフォース

アルコールや界面活性剤などをフリーにし、肌に優しい化粧品にとことんこだわって作られたのが、2017年にリニューアルしたオルビスのアクアフォースシリーズです。肌に良くないものは徹底的に排除されているため、敏感肌や肌の調子が悪い時にも安心して使うことができます。水溶性の保湿剤のみを配合しているため、界面活性剤を使用していなくても保湿成分が肌に浸透するという仕組みです。コストパフォーマンスにも優れているため、ケチらずに使えることも魅力の一つですね。

トライアルセットではローションの他に、洗顔料と美容液が含まれています。ローションは「しっとり」か「さっぱり」のどちらかを選択することができますので、より保湿力が高いものを使いたい場合は「しっとり」を選択すると良いでしょう。

商品名アクアフォースローション M(しっとり)
効果アルコール・界面活性剤フリーで肌に優しく保湿ができる
使用感水のようにサラサラとした使い心地
保湿度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆
メーカーオルビス
おすすめセットアクアフォーストライアルセット
価格1,296円(税込) ※送料無料
内容量約3週間分(ウォッシュ20g・ローション40mL・モイスチャー14g)
※ローションは「しっとり」か「さっぱり」どちらかを選択可能
【全成分表示】水、BG、グリセリン、DPG、ソルビトール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、グリセレス-12、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
  • さらさらの使い心地でも、潤い補給はバッチリ!
    5/5
    20代女性
    リニューアルされたアクアフォースローションを使ってみました。 テクスチャはとってもさらさらとした水みたいです。 感動するほど浸透がいいです。 ぐんぐんお肌に入り込んでいきます。 はじめて使用した時は「え、もう浸透したの!?」とびっくりしてしまいました。 さらっとしていて浸透がいいので重ね付けしてもベタつきません。 なじませた後は潤ってふっくら肌に。 オイルカットなので、使用中にニキビが悪化することも増えることもありませんでした。 使い続けたいと思える使い心地、みずみずしい潤いの化粧水です。

    @cosme

はるこ
使用感はサラサラなのにしっかり潤いを与えてくれるのは、無駄な油分を与えていないから、ニキビ対策に効果的ね!
  • ハンドプレスでもちもち肌に!
    5/5
    20代女性
    水のようなさらっとしたテクスチャーで とろみがないのでぐんぐんお肌に浸透していきます。 無香料かつ無着色。 お肌がどんなコンディションでも 安心して使える優しい処方。 また、・界面活性剤不使用 ・弱酸性・アルコールフリー(Mタイプのみ) なので敏感肌さんにもおすすめです! しっとり仕上がるMタイプですが 普段から保湿力の高い化粧水を使っていると 物足りなさを感じるかもしれません。 でも最初はさらっとしていても、 じっくりハンドプレスすれば もっちり肌になる使用感が好きです◎ 毛穴、ニキビに悩む私にとって オイルカットな点もお気に入り。 ぜひリピしたいと思ってます(*´Д`)

    @cosme

はるこ
テクスチャーはサラサラだけれど、ハンドプレスで丁寧に浸透させてあげるともちもちの肌になるってことは、それだけ保湿力に優れているのね!

アクアフォースの購入はこちら

ニキビサプリのおすすめ3選

ニキビ対策のためには、栄養バランスの取れた食事を意識して、毎日十分な栄養を摂る必要がありますが、頭ではわかっていてもなかなか実践できないのが、毎日忙しい現代の女性の悩みではないでしょうか。そんな忙しい女性のみなさんも手軽にニキビ対策ができるのが、サプリメントです。ビタミン保湿成分などが含まれたサプリメントを選ぶことで、毎日簡単に栄養が補給できます。十分な栄養を取れている自信がないという方は、特にチェックしてみてくださいね。

きらりのおめぐ実

大人ニキビに悩む女性のために開発されたきらりのおめぐ実は、過剰な皮脂を抑えるビタミンB2B6、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、体内の酸化を防ぐビタミンEと、ニキビ対策に効果的なビタミンが豊富に含まれています。また、ビフィズス菌食物繊維が肌に悪影響を与える不要物をスッキリと一掃してくれます。

定期便で購入すると初回は3,420円もお得に購入することができます。サプリメントにありがちな、解約できるまでの期間の縛りがないため、定期便で購入しても損をすることはありません。自分には合わないと感じたら、いつでも解約することが可能です。

商品名きらりのおめぐ実
効果ニキビ予防に効果的なビタミンを摂取できる、ビフィズス菌や食物繊維の整腸作用で不要物を一掃する
1日の摂取目安量3~6粒
おすすめ度★★★★☆
メーカーファンファレ
価格5,400円→定期便にすると初回1,980円(税込) ※送料無料
内容量360mg×90粒(約1カ月分)
水溶性食物繊維(ポリデキストロース)、ラフィノース、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌末)、クロレラ、マキベリー抽出物、ブドウ抽出物、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンE、クチナシ、ステアリン酸カルシウム、ベタイン、ビタミンB6、ビタミンB2
  • 1週間でお肌に変化が!
    4/5
    ニキビ跡が残っていて気になっていたとき、この商品を見つけました。夜寝る前に欠かさず飲んでいると1週間でお肌に変化がありました!! 気になっていたニキビ跡も消えていて、お肌のハリもよくなっていました!! そのおかげでニキビが出にくくなりました。 きらりのおめぐ実、ほんとにいいです! ニキビが気になる方にはぜひ試してほしいです!

    Amazon

はるこ
1週間で効果が現れるほど、しっかり栄養素が凝縮されているのね!サプリメントは食事で摂りきれない栄養素も効率よく摂取できるのが良いわよね♪
  • 本当につるつるになった!
    30代女性
    30歳を過ぎてから忙しさを理由に、なかなかケアも出来ない状態でした。もともと、何のトラブルもなかったのに鏡を見るとトラブルだらけ! モニターとして「きらりのおめぐ実」を飲み始めましたがすぐにしっとり潤ってツルツル!!いろんなサプリや化粧品を試したけど、こんなに良いのは初めてです!!会社の人や友達に「キレイになったね、何か特別なケアをしているの?」と言われました。 以前の写真を見たら、ショックで声が出ませんでした!

    きらりのおめぐ実販売サイト

はるこ
毎日忙しい女性は、ニキビ対策に効果的な栄養素を摂れる食事を毎日摂ることも難しいわよね。そんな時はサプリメントの力を借りて、効率的に栄養素を摂取しましょう!きらりのおめぐ実にはビタミンも豊富に入っているから、ニキビ対策におすすめよ♪

きらりのおめぐ実の購入はこちら

緑の知恵

ニキビなどの肌荒れ改善のために作られた緑の知恵は、ビタミンB2B6CEといったニキビ対策に有効なビタミン各種が、1日に推奨される摂取量分配合されており、食事で摂りきれない栄養素もしっかり補うことができます。また、大豆イソフラボンを配合しており、女性ホルモンに作用してホルモンバランスを整えることができるため、ホルモンバランスの乱れによるニキビを予防する効果も期待できます。

定期コースで注文すると初回は3,600円もお得に購入することができる上に、2回目以降も1,500円安く購入することができます。解約できるまでの期間縛りもなく、合わないと思ったらいつでも解約できるので、定期購入でも損をすることはありません。

商品名緑の知恵
効果ニキビ対策に効果的なビタミンを摂取できる、大豆イソフラボンがホルモンバランスを整える
1日の摂取目安量3粒
おすすめ度★★★★☆
メーカー株式会社サン・クラルテ製薬
価格5,400円→定期コースにすると初回限定1,800円 ※2回目以降は3,900円
内容量90粒(約1カ月)
シソ葉エキス,アスパラガス,キウイ抽出物,米由来セラミド,大豆イソフラボン,テアニン,クロレラ,ビタミン
  • 心が軽くなりました!
    20代女性
    今まで試したビタミンなどのサプリメントではいまいち効果が実感できなかったので、半信半疑でしたが、飲み始めて3週間くらいした時に、「あれ?そういえば最近できてない!」と思ったんです。 とにかく今あるのを何とかしたいと思って飲み始めたんですが、痕が残ってしまったところも、すこ~し薄くなっているような… 今は3カ月くらいが経ちましたが、もう悩まなくていいんだ!って心が軽くなりました。

    緑の知恵販売サイト

はるこ
ビタミンが1日の推奨摂取量分配合されているから、飲み続けることで身体の細部にまで栄養が十分に行き渡るのね!ニキビができずに心が軽くなると、毎日楽しく過ごせるわよね♪
  • 忙しい毎日でも続けられる!
    30代女性
    職場の人に「最近きれいになってきたね!化粧品何使ってるの?」って聞かれたんです。飲むだけで簡単だし、忙しい人にはぴったりだと思います。

    緑の知恵販売サイト

はるこ
忙しい女性にとっては、毎日バランスの良い食事で十分な栄養を摂ることが大事だとわかっていても、なかなか実現できないわよね。緑の知恵はビタミンもイソフラボンも手軽に補給できるから、毎日の習慣にしてみてはどうかしら?

緑の知恵の購入はこちら

TURURI;BB

TURURI;BBは、ビタミンCB2B6をはじめとした12種類のビタミンが、1日2粒の摂取で補える栄養機能食品です。肌にハリを与えてくれるコラーゲンヒアルロン酸も配合されており、肌の保湿力を高めてニキビができにくい肌に導いてくれます。

定期コースを利用すると初回は500円で購入することができ、さらにニキビ専用の贅沢美容液「ホワイトファージンピール」がついてきます。定期コースに申し込む場合は4カ月の継続が条件となっており、5回目以降からはいつでも休止や再開、解約をすることができます。120日間全額返金保証がついているため、解約が可能な5回目の商品が発送される7日前までに電話で連絡をすれば、1回目~4回目のお金は返ってきます。もし自分には合わないと思っても、返金保証を利用できるため無駄にはなりません。

商品名TURURI;BB
効果ビタミンを補ってニキビの予防をする、肌の保湿力を高めて乾燥を撃退する
1日の摂取目安量2~4粒
おすすめ度★★★☆☆
メーカー株式会社ミーロード
価格4,400円→トクトクコース(定期コース)で初回は送料相当の500円のみ、2回目以降は3,960円(税込)
内容量60粒(約1カ月分)
野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、ハトムギ末、殺菌乳酸菌体、クロレラ、ザクロエキスパウダー、トウモロコシ胚芽抽出物、コエンザイムQ10、α-リポ酸、大豆抽出物、フィッシュエラスチン、アムラ抽出エキス、MSM、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、豚プラセンタエキス、デキストリン、アサイー(果肉)、カムカム果汁パウダー、マキベリー果汁パウダー、大豆ペプチド、結晶セルロース、ビタミンC、抽出ビタミンE、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、貝殻焼成カルシウム、V.A、ヒアルロン酸、酸化マグネシウム、葉酸、グルコン酸亜鉛、ビオチン、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、V.D、V.B12、[原材料の一部にやまいも、りんご、乳を含む]
  • 隠さなくてよくなった!
    30代女性
    長年の悩みがキレイに! もう化粧で隠さなくてもよくなりました。

    TURURI;BB販売サイト

はるこ
肌にニキビがあると、どうしてもメイクや髪で顔を隠してしまいがちだけど、それが余計にニキビを悪化させる原因になってしまうのよね。化粧で隠す必要がないくらい、ニキビに悩まされることが減ったのはすごいわね!
  • 人前もOK!
    20代女性
    人前に出ることが苦手でしたが、今は絶好調だから、むしろ見せたい。

    TURURI;BB販売サイト

はるこ
ニキビに悩んでいるときって、人前に出ることも嫌になるわよね。ニキビ対策に有効なビタミンや、保湿成分が配合されたTURURI;BBなら、毎日手軽に栄養を摂取して、人前に出る自身が持てる肌に導いてくれるわ!

TURURI;BBの購入はこちら

できた赤ニキビは薬で治す

ニキビができてしまったので、市販の薬を使って治したい!という方もいらっしゃるかと思います。もし、あなたが治したいと思っているニキビが炎症を起こして赤くなっている赤ニキビであれば、市販の薬で治すことができます。言い換えると、赤ニキビが悪化して膿が溜まり、中央が白く盛り上がっている黄ニキビや、さらに悪化してニキビに血が溜まった状態になる紫ニキビには、市販の薬はあまり効果が期待できません。

なぜかというと、黄ニキビや紫ニキビは市販の塗り薬だけでは治らないくらいニキビが悪化した状態だからです。黄ニキビや紫ニキビはアクネ菌を殺菌したり炎症を抑えたりする塗り薬だけでは治らず、溜まった膿や血液を適切に処理しなければ痕が残ることがあります。赤ニキビの状態であれば、毛穴の中で起きている炎症を抑える効果のある市販の薬を使用することで改善することが可能です。自然治癒ではなく薬を使うことで、増えすぎてしまったアクネ菌の働きを抑えたり、炎症を鎮めたりする有効成分が効率よく届き、早く治すことができます。赤ニキビを治すためにおすすめしたいのが、以下の3つの市販薬です。

  • テラ・コートリル軟膏a
  • フルコートf
  • ペアアクネクリームW

治らないニキビの皮膚科治療

どうしてもニキビが治らず困っているという方は、皮膚科で治療を受けてみるのも良いでしょう。皮膚科では市販薬よりも強力な塗り薬をもらうことができますし、黄ニキビなども適切に潰してくれます。しかし、皮膚科治療はあくまで「出来てしまったニキビを治すこと」が目的のため、ニキビが出来てからの対処療法になってしまいます。皮膚科に通うだけでは、繰り返し出来てしまうニキビの根本的な解決にはならないため、ニキビ肌から脱出したいのであれば、スキンケアやサプリメントなどで肌質や身体の内部を整えましょう。

ニキビ治療の塗り薬

皮膚科で治療を受けると、ニキビを治すための塗り薬が処方されます。ニキビの段階によって治し方も違うため、処方される薬も異なります。

白ニキビ・黒ニキビ

毛穴が詰まっているだけで、まだ炎症を起こしていない状態の白ニキビ黒ニキビには、ディフェリンゲルが効果的です。炎症を抑える抗生物質ではなく。ニキビの原因である毛穴の詰まりを解消する効果がある薬です。赤ニキビなどのように炎症を起こす前であれば、ディフェリンゲルで毛穴の詰まりを治すことで悪化を防げます。ただ、副作用として肌が乾燥しやすくなり、カサカサになってしまうため、ニキビがある場所以外への広範囲の使用や、適切な期間を超えた長期間の使用は止めましょう。

赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビ

炎症している赤ニキビや、アクネ菌やブドウ球菌が増えすぎてしまった黄ニキビ紫ニキビなどの重症化したニキビには、多くの場合抗生物質が用いられます。中でも代表的なのがアクアチムクリームで、ナジフロキサシンという成分がニキビの炎症の原因となっているアクネ菌やブドウ球菌の過剰繁殖を抑え、炎症を鎮めてくれます。アクアチムクリームには副作用はほとんどないと言われていますが、抗生物質のため、長期間の使用をしてはいけません。長期間使用してしまうと、身体にその薬に対する抗体ができてしまい、いくら使っても効果が出ず、ニキビがいつまでも治らないという悪循環に陥ってしまいます。

ニキビ痕

黄ニキビや紫ニキビなど重症化したニキビの場合、本体が治っても痕が残ってしまうことがあります。ニキビ跡を治すための塗り薬としては、ディフェリンゲルが処方されることが多いようです。アダパレンという成分が含まれており、ピーリング作用によって肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。しかし、副作用として乾燥や赤み、ヒリつきなどが報告されているため、肌に合わないという方も多いでしょう。また、ニキビ痕はそもそも塗り薬のみで改善することが難しいため、理想通り綺麗に治らない場合も多いです。

ニキビ治療の内服薬

ニキビの治療に使われる薬は外用薬の塗り薬の他に、飲み薬である内服薬があります。

ビタミン剤

ニキビに効く栄養素としてビタミン類がおすすめとお伝えしましたが、そのビタミンを効率的に摂取するために処方されるのがビタミン剤です。皮脂を抑える働きがあるビタミンB2B6、コラーゲンの生成を助けるビタミンCなどを補うことで、ニキビの改善や予防に効果が期待できます。

抗炎症剤

悪化したニキビの炎症を抑えるために抗生物質とともに処方されることが多いのが、抗炎症剤という飲み薬です。代表的なものはミノマイシンルリッドなどで、炎症を鎮める効果のある抗菌薬として処方されています。外用薬の抗生物質と同様に、長期間服用すると身体に抗体ができてしまうため、決められた期間を超えた服用は止めましょう。

ホルモン治療

ニキビができる原因の1つとして、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰に分泌されることが挙げられますが、このホルモンバランスの乱れを解決するために、ホルモン治療が行われることがあります。代表的なのは、避妊をするための薬としても知られるピルを服用することです。ピルを服用することでエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンを補給し、男性ホルモンの働きを弱めることでニキビの予防や改善につながると言われています。

ピルを服用することで避妊効果やニキビ治療が期待できる他、月経困難症が改善したり、生理周期をコントロールすることでお出かけの予定が立てやすくなったりと、様々なメリットがあります。一方で、ピルは種類によって身体に合うかどうかが異なり、合わないピルを服用することで頭痛や吐き気を引き起こす、胸が張る、食欲が増すなどのデメリットが生じる場合があります。また、体質によってはピルを服用しない方が良いと診断される人もいるため、誰にでも有効なわけではありません。

ケミカルピーリング

保険治療外ですが、ニキビ治療の中でも効果が高いとされているのがケミカルピーリングです。肌の表面に酸性の薬剤を塗ることで、古い角質や詰まった角栓などを溶かして取り除く治療方法です。肌表面の不要な角質を取り除き、肌のターンオーバーを促して再生させるため、毛穴の詰まりや余分な角質が原因のニキビ治療に効果があります。毛穴の詰まりが解消されるため、初期の白ニキビや黒ニキビなどが悪化することを防げますし、古い角質を取り除くことで肌のバリア機能が回復してニキビ肌から脱出できます。

レーザー

黄ニキビの内部に溜まった膿を取り出して回復を早めたり、ニキビをできにくくしたりニキビ痕を改善する効果が期待できるのがレーザー治療です。どんな治療を行うかによって使用するレーザーの種類も異なります。化膿したニキビの中から膿を出すためには、手術時にレーザーメスとしても使われる穴を開けるのに適した炭酸ガスレーザーを使用し、ニキビの治癒を早めて痕が残らないようにします。ニキビ痕の赤みを改善したい場合はロングパルスYAGレーザーを用いてピーリング効果を利用しニキビ痕を目立たなくします。クレーター状の比較的重症なニキビ痕には、フラクショナルCO2レーザーを用いて、ダメージを受けた肌を少しずつ新しい皮膚に入れ替えることができます。

治らなくても潰すのは我慢

大人ニキビが繰り返しできてしまう原因や対策について、わかっていただけたでしょうか。ニキビの原因は人それぞれで、治し方もたくさんあります。どの方法が自分に適しているのかを考えながら、根本的なニキビの改善に努めていきましょう。ニキビがなかなか治らないと焦ってしまい、つい潰してしまいたくなるかもしれませんが、ニキビは正しい方法で潰さなければ痕が残る原因になってしまいます。自己判断で潰すのは避け、スキンケアや摂取する栄養素を見直し、長期的な改善を目指しましょう。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | 化粧水

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2018.08.21 | ニキビ

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.07.30 | クリーム

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2018.07.04 | 化粧水

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | シミ

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | 美容液

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.09.20 | コスメ・基礎化粧品

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2018.10.25 | 化粧水

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | コスメ・基礎化粧品

Post thumbnail 185351

美顔器おすすめランキングTOP10!口コミで人気の商品を徹底比較【2018年最新版】

2018.11.05 | 小顔

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | 美白・くすみ

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2018.08.22 | サプリ

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | 美白・くすみ

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2018.09.01 | コスメ・基礎化粧品

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.09.06 | 毛穴・角栓

feature

特集記事