肌荒れと水の関係、知ってる?不足しても飲みすぎてもお肌に悪影響!

水をたくさん飲むと肌荒れ・ニキビが治る?!

美容や健康のために良いとされる「水」。水をたくさん飲むだけで肌荒れやニキビが改善するのであれば試す価値は大アリですね。

なぜ改善されるのかというと、水を飲むことで体内全体の流れが良くなるから。どのように飲むと効果的なのか、肌荒れ改善のスキンケア方法も交えてご紹介していきます!

アッキー
水を飲むことで肌がキレイになるなんて、手軽にできて良い方法ですね!
はるこ先生
そうなのよ!主婦の多くが経験している手湿疹と呼ばれるかゆみの出る手の甲の水ぶくれや水泡も水を飲むことで改善するんだから、ぜひ試したいわよね!

肌荒れの原因の1つ「水分不足」

肌荒れには紫外線の影響やストレス、生活習慣の乱れなど様々な原因がありますが、その一つに「水分不足」があります。水分不足はなぜ肌荒れを引き起こすのでしょうか?

体が水分不足だと肌も水分不足に

水分補給に化粧水をたっぷりつけたり、保湿パックをしたり…それでも肌が乾燥するのは体の水分不足が原因。人間の体はほとんどが水分でできていると言われるほど重要なもの。成人は体重の50~60%、新生児では70%も水分が占めているんですよ。そのため、体の水分が不足してしまうと肌も潤いを保つことができず乾燥してしまうのです。

はるこ先生
肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、頬杖をついたり髪の毛が触れるといった何気ない刺激にも肌が敏感になり顎ニキビができやすくなったりします。

血液もどろどろ、肌荒れを起こす

水分が不足すると血液の粘度があがってドロドロの血液になります。すると血液の流れが悪くなってしまい血中の酸素や栄養が肌に届きにくい状態になり、肌荒れを引き起こしてしまうんです。同様にリンパの流れも悪くなり、老廃物が体内に滞ってニキビができやすくなったりします。また、水分不足によってヒスタミンの分泌量が多くなると言われています。ヒスタミンは体内に細菌などの異物が侵入した時に産生される免疫物質で、活性酸素を発生することで異物を死滅させます。増加したヒスタミンは血管を刺激することがあり、水分が皮膚の下に染み出して手などに水泡を作り出してしまいます。これがいわゆる「手湿疹」です。ヒスタミンの分泌量を抑えるには水分不足の解消が必要です。

アッキー
なるほど。じゃあ、水分を摂取すれば肌荒れが治るってことですね!
はるこ先生
ちょっと待って、アッキー。水分摂取はあくまでも肌荒れの原因を解消するのであって、直接肌荒れに作用するわけではないから注意してね!
アッキー
そっか。水は「薬」ではないですもんね。肌荒れの原因を減らすためには水分を適切にとることが大切、ということですね!

水分摂取の肌への効果

水分不足が肌に悪影響なことはわかりましたね。では、水分を摂ることで肌へどういった効果が期待できるのか具体的に見ていきましょう!

肌に栄養が届く

肌に栄養を届ける役割をしているのが、血液。水分を摂取することで血液の量が増えます。すると粘度が下がり血液がサラサラになるので、酸素や栄養が肌に届きやすくなります。水分は血液の材料の一つにすぎませんが、血液中の水分量が減るとドロドロの血液となり、流れが悪くなってしまうんですね。ドロドロの血液では酸素や栄養が十分に行き渡りません。

老廃物の排出

体内の老廃物はリンパや静脈に乗って腎臓まで運ばれます。そして体外へ排出される、という流れなのですがリンパ液の流れを良くするために水分が重要になります。水分はリンパの流れの勢いを高めて老廃物の排出をスムーズにします。

はるこ先生
体に不要なもののデトックス効果を高めることで、日々の健康をサポートしてくれますよ!

便秘の解消

体内の水分が不足すると、排出されようとする便の水分も不足します。水分不足の便は量が少なくなるので腸への刺激も少なくなり、ぜん動運動(腸が便を排出する動き)が低下して便秘になります。しっかりと適量の水分を取れていれば、便が水分を含んで腸の中を移動しやすくなるため、お通じもスムーズに。

アッキー
「毎日水を飲むとやせる」なんていう話も聞きますが、便秘が解消されてお通じのリズムが整えば自然とダイエット効果につながるといえそうですね!

芸能人も水分摂取に気を遣っている

 モデルのローラさんや、山田優さんも美肌のために意識して水分摂取をしているようです。

オリジナルのデトックスウォーターをインスタにアップしているのが、モデルのローラさん。

美意識の高いローラさんも水分補給をしっかりしているんですね。チアシードなどを入れて、美肌効果がより期待できそう!

モデルの山田優さんも、インスタのコメントに、朝からお水を飲んでいる様子をアップしていますね。

はるこ先生
肌のきれいなお二人が積極的に水分摂取しているとは…「美肌を保つにはこまめな水分補給が大切」ということがよくわかりますね!

肌荒れを防ぐ水の飲み方

水分摂取が美肌を育むのに重要。ではその効果をより実感するにはどうやって水を飲むのが良いのでしょうか?水の飲み方のポイントを押さえていきましょう!

飲み方の基本

1日に飲む量

人間が1日に摂取するべき水の量は1.5Lが目安です。これは人間が1日に排出する水分量から計算された数字です。人間が1日に排出する尿は1~1.5L、便で0.2L、汗や不感蒸泄で0.8L、あわせて2~2.5Lといわれています。1日の平均的な食事から得られる水分量はだいたい1Lとされているので、このほかに1.5Lの水分を補給する必要があるのです。ですが、例えば運動をたくさんして汗を大量にかいた日などはその分摂取する水分量が増えるのも当然です。この1.5Lというのはあくまで目安ですので、人によっては単純に水を1.5L飲むと飲みすぎになる場合があるので注意しましょう。過剰な水分摂取はお腹の調子を崩してしまうことになります。

飲むのは水

水分補給として飲むなら「水」を飲みましょう。余計なものが入っていない水の方が人間の細胞に取り込まれやすいからです。特に硬水よりも軟水をおすすめします。硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多く含まれているので軟水よりも吸収されにくいからです。

水分補給にはお茶やジュースでも良い?

お茶には利尿作用があるので水分補給には適していません。また、ジュースの場合は糖分を多く含むのでジュースで水分補給をすると糖分の過剰摂取になってしまいます。ジュースの場合は果汁100%のものであればビタミンも摂取できますが、やはり果糖を大量に摂取することになるので水分補給としては水がおすすめです。

こまめに飲む

1度に大量の水を飲むと胃の中の消化液が薄められて消化機能が低下したり、体内のナトリウム量が減少して疲労感を引き起こす心配があります。ですので、水分を摂取するのは1日の中で数回に分けてこまめに摂ることが良いでしょう。1度に飲む量はコップ1杯程度が目安です。

  • 起床後…人間は寝ている間にも汗をかいています。失われた水分を補給することで体の機能が目覚め、適切に水分が体に巡っていきます。
  • 入浴の前後…入浴時にも汗をかくので水分が出ていくのに備えてあらかじめ水分補給をしましょう。そして、入浴後にも失われた水分を補給するために水を飲みましょう。
  • 運動する…体を動かすと汗をかきます。運動中や後にこまめに水分補給するのは熱中症の予防にもなるので大切です。
  • 就寝前…寝ている間も汗をかきますが、眠っていると当然水分補給はできません。ですから、寝る前にあらかじめ水分を補給し寝ている間の水分の排出に備えましょう。

気を付けたい飲み方のNG例

冷たい水を飲む

水を飲むときは常温のものを飲みましょう。冷たい水は分子が大きいためお肌の細胞膜へ吸収されにくいので細胞に届かずにそのまま体外へ排出されてしまうからです。細胞の水の入れ替えができないと肌の老化が進んでしまいます。

そして、冷たい水は体自体の冷えの原因にもなりますしお腹を冷やし胃腸の機能を低下させます。胃腸が弱ると便秘や消化不良を起こし、肌荒れを引き起こします。

飲みすぎ

必要以上に水分を摂取すると細胞に吸収されなかった水が細胞の外で滞り冷えやむくみの原因となります。水分を摂取し続けて、冷えやむくみ、胃腸不良などを感じる場合は水分の摂りすぎと言えるので注意しましょう。

顔の肌荒れ、もう1つの原因「水質」

水道水が肌荒れの原因になる

炊事に使うお水はミネラルウォーターや浄水器の水を使うという人でも、洗顔などは水道水を使っているという方も多いのではないでしょうか?

日本の水道水の安全性は世界的にもトップクラスですが、水道水がきれいに保たれているのは残留塩素が含まれているからです。残留塩素は、殺菌や分解しても水中に残ってしまう塩素のこと。

塩素には皮膚を健康的に保つ働きのあるたんぱく質やビタミンCを破壊する作用があるので、水道水で洗顔を行うと肌荒れを引き起こす場合があります。

アッキー
塩素は水道水をきれいに保つには欠かせない成分ですが、水道水で洗顔すると肌荒れを引き起こしてしまうことがあるんですね…。


はるこ先生
塩素はプールの水にも含まれているわよね。プールに通うことで肌荒れを経験したことがある人も少なくないのではないかしら?これもやっぱり水道水での洗顔と同じく塩素の影響によるものなのよ。

 

海外の硬水も肌荒れに危険信号

水にはマグネシウムイオンとカルシウムイオンが含まれています。このミネラル成分が水1,000ml中に溶けている量を表した数値(硬度)によって「硬水」「軟水」に分けられます。

  • 硬水……120mg以上
  • 軟水……120mg以下

(水1,000mlに対して。WHO基準による)

一般的に硬水はアメリカやヨーロッパの水に多く見られ、日本や韓国ではほとんどが軟水です。が、沖縄では一部硬度が高いところがあります。硬水で洗顔すると硬水の中のカルシウムやマグネシウムが石鹸の成分と化学反応を起こし脂肪酸カルシウムなどの石鹸カスと呼ばれる物質が作られます。石鹸カスが肌に付着すると肌の乾燥やツッパリ感が生じて肌トラブルの元になります。

また、そもそも日本の水は軟水なので軟水に慣れた体に水分補給のため硬水を大量に飲むと腸がびっくりしてお腹の調子を崩すことがあるので気をつけましょう。

水道水で肌荒れするときの対処方法

水道水で肌荒れが起きている場合、自宅で出来る簡単な対処法としてシャワーヘッドの交換があります。肌荒れの原因となる塩素を除去するシャワーヘッドに変えるだけで、水道水中から塩素を 効率良く除去してくれます。

また、海外旅行などで生活用水が硬水である地域に行くときには、なるべく水が肌に触れないようにメイク落としは拭き取りタイプのものにしたり、いつもよりも保湿重視のスキンケアアイテムを持参するようにしましょう。

赤ちゃんの肌荒れも水が原因かも

大人にも様々な影響を与える水。赤ちゃんへの影響も考えたいですね。もし、今、お子さんが肌荒れをしているならもしかしたらそれは水に原因があるかもしれません。

飲み水が原因のケース

ミルクや離乳食で赤ちゃんも水を飲む機会は意外と多いもの。

ミルクや離乳食を作る時に水道水を使うママも多いと思います。しかし、水道水をそのまま飲ませると良くない影響を与えてしまう場合も。

水道水には殺菌や水質を守る目的で薬剤が使われています。 その中の代表的なものが塩素です。この塩素等には発ガン性のリスクもあるとされていて、成長した大人の体には負担が無いとしてもまだまだ未熟な赤ちゃんには大きな負担となり、肌荒れを引き起こしたりすることも。赤ちゃんのためにはウォーターサーバーや浄水器の水を使うようにしたいですね。

水質が原因のケース

水質そのものが原因となることもあります。市販されているミネラルウォーターなら水質も安全と考える人も多いですが、軟水や硬水といった種類には気をつけなくてはいけません。日本の水は軟水ですが、外国の水の中には硬水のものも多く店舗などで手軽に購入できます。何気なく硬水を選んでいるかもしれませんが、実は硬水は軟水よりもミネラル成分が多く含まれていて赤ちゃんの臓器には負担となることが考えられます。内臓機能に負担がかかることで毒素の排出がスムーズに行かず、結果的に肌荒れを引き起こす場合があるんです。ミネラルウォーターを購入する時は、水質もチェックするようにしましょう。


乾燥性の肌荒れ改善にはスキンケアも重要

水分不足解消は肌荒れ改善に役立ちますが、もちろん日頃のスキンケアも大切です。乾燥による肌荒れを改善するためのポイントとは?

水洗顔を取り入れよう

洗顔料は肌の汚れを落とすのに役立つアイテムですが、一方で、肌に必要な皮脂を落としすぎる場合も。そこで洗顔料を使わずに、水だけで洗顔するのが「水洗顔」です。

水と言っても冷たい水では汚れが落ちにくいですし、熱いお湯ではやはり皮脂も落としすぎてしまうので体温よりすこし低めのぬるま湯で行うことがコツです。

肌に必要な皮脂は残しながら洗顔できるので、乾燥肌の改善に役立ちます。

乾燥肌の改善にはセラミドがおすすめ

セラミドは肌の潤いを守る細胞間脂質に含まれる主成分。このセラミドが加齢などで減少することで肌は乾燥しやすくなります。セラミドを十分に保つことで肌の潤いも保たれ肌のバリア機能が正常に働くので乾燥肌が改善します。セラミドはもともと人間の肌の存在する成分なので安全な成分であると言えます。

もちろん、乾燥の改善にはヒアルロン酸やアミノ酸といった保湿成分も重要な働きをします。

これらの保湿成分を一度に補える化粧水に「エトヴォス モイスチャーライジングセラム」があります。セラミドの中でもヒトの肌に存在している「ヒト型セラミド」を配合しているのが特徴で肌なじみや浸透力が抜群です。

ご購入はこちら

化粧水がヒリヒリしみるならワセリンで保湿

乾燥が進むと化粧水がしみるくらい肌が敏感な状態になることがあります。こういう状態では少しの刺激も肌荒れを悪化させるので、まずはワセリンで肌を保護・保湿しましょう。ワセリンは肌に浸透しないので、余計な負担を掛けずに肌のバリア機能をサポートしてくれます。敏感肌になると化粧水による保湿も大切ですが、敏感肌の状態を改善させることが先決です。

肌には飲み水も水質も関わりが深い!

美肌を目指すにはただ水を飲むだけでなく、飲み方のポイントを押さえて効率よく摂取することが大切なんですね。また、意識せずに水を飲んでいた人も水質に気をつけることで肌荒れの改善が期待できるかもしれません。スキンケアを色々試しても改善しない原因不明の肌荒れに悩んでいるという方は、一度「水」そのものを見直してみてはいかがでしょうか?

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事