【ニキビ改善】6種類のクレンジングでニキビ肌が使っていいもの

【ニキビ改善】6種類のクレンジングでニキビ肌が使っていいもの

ニキビ肌はクレンジング無しが肌に優しい?いいえ、それは間違い。ニキビ肌こそキチンと洗い、清潔な肌を保つことが重要です。そこでぜひ使いたいアイテム、あなたのためにたくさん調べてきました。ランキングやクレンジング方法も一緒にチェックしましょう。

ニキビ肌のクレンジング方法

「ニキビには刺激が厳禁だから、クレンジングはしたらいけない」?「ササッと石鹸で優しく洗って終わりにしている」?。もしあなたがそんなスキンケア方法をしているのなら、昨日まででおしまいにしましょう。

あなたがもっとキレイになるために、その方法は封印しなくてはいけないからです。

正しいキレイを継続するために、メイクをしたらクレンジングは必須。「でも、クレンジングってオイルで強力に落とすから、肌に刺激になるっていうし……。」いいえ、極力刺激にならないようなクレンジングもあるのです。

ニキビ肌のクレンジングに、「ゴシゴシ」「刺激」は厳禁。しかしメイク汚れが残ってしまっては、新しいニキビの原因にもなってしまいます。さぁ、しっかり優しくクレンジングして、ニキビケアと同時に美しさのレベルアップもしてしまいましょう。

はるこ先生
ニキビがある時のクレンジングって、どうしてるかしら?できるだけニキビを刺激しないように、石鹸だけでそろ~っと洗ってる?オイルクレンジングで、さっぱり完璧に落としてる?正解は……はい、アッキー!
アッキー
な、なんですかいきなり!無茶ぶりですよ((+_+))えーと、やっぱりニキビがある時でもオイルクレンジングできちんと落とすことは重要なんじゃないですかね。はるこ先生、正解は?
はるこ先生
そうね、「きちんと落とすことが大事」と言うのは、正解よ。でもニキビのできている肌にオイルクレンジングは、刺激が強い場合もあるわ。ニキビで悩んでいる、でもやっぱりメイクはしたい!そんな皆のために、今日はおすすめクレンジングをとことん見ていくことにしましょう。
アッキー
うーん、でも何で石鹸だけじゃダメなんですかね。肌に優しそうなのに……。そのあたりも、僕が一緒にリサーチしていくことにしますね。では皆さん、行ってみましょう。

ニキビ肌にもクレンジングが必要

ニキビがあると、つい汚れを取りたくなってスクラブ洗顔などでゴシゴシ洗っていませんか?スクラブのような刺激は、ニキビ肌には厳禁。なるべく刺激の少ない洗顔方法が望ましいのです。

「じゃあ、クレンジングも刺激になるからやめた方がいい?」いいえ、メイクの汚れは、その日のうちにきちんと落とすことが何よりも大切。メイク汚れは肌の老化にもつながるとされています。

メイクや毛穴の汚れを落とすのに必要

クレンジングは、メイクの汚れを落とすのに必要です。頑固な毛穴汚れも、クレンジングをすることで落しやすくなるでしょう。メイクの汚れは「油性」です油は基本的に、油で落すのが最も効果的。 洗顔料は汗や表面の汚れなどは落とすことができますが、油汚れは簡単に落とすことはできません。

そこで、油性の汚れを落とすためにクレンジングが必ず必要になるのです。洗顔料だけで洗って落ちたつもりになっていても、毛穴にメイク汚れがどんどんたまり、新しいニキビの原因となってしまいます。

はるこ先生
「油は油で落とす」と言うのがあまりピンとこないかしら?でも実は洗剤のほとんどはもとは石油やパーム油脂などの油からできているわ。そこに「界面活性剤」と呼ばれる成分を足すことで洗浄力をアップさせるのね。まさにクレンジングもこれと同じ原理よ。界面活性剤については、後でもう少し詳しくチェックしていきましょう。

クレンジングしないと雑菌が繁殖

クレンジングをせずに洗顔料のみで洗うと、残ったメイク汚れが毛穴に残ってしまいます。すると毛穴をふさぎ、メイク汚れの皮脂などが酸化してそこで雑菌が繁殖。雑菌が繁殖すれば肌はその雑菌と戦うため炎症を起こし、その部位の熱を上げ雑菌に勝とうとします。肌荒れの原因の1つは、この「炎症」が起こっている状態。

そこでアクネ菌が繁殖すれば、ニキビへと変わってしまうのです。ニキビを作らないようにとクレンジングを控えるのは、むしろ逆効果と言うわけです。もちろんメイクを全くせず日焼け止めも使わない日は、石鹸などでの洗顔で充分です。

メイクをせず肌を休ませる日は、クレンジングも使わずに肌を休ませましょう。

ただしニキビ肌は注意が必要

メイクしたらクレンジングできちんと落とす。これはキレイを目指すのに大切なことですが、ニキビ肌の場合少し注意が必要です。それは、「刺激を避ける必要がある」と言うこと。

ただでさえニキビと言う炎症を起こしている状態なので、極力刺激を避け、肌が落ち着ける環境を目指していきましょう。あなたのニキビ肌を救えるのは、何よりあなた自身なのです。

アッキー
ニキビ肌は、クレンジングはもちろん洗顔料やメイク用品もできるだけ刺激の少ないものを選んでいきたいですね。顔を触るような癖がある人も、ちょっとだけ気を付けていきましょう。

ニキビ肌OKのクレンジング剤は?

「肌に刺激が少ないクレンジング」一言でこうは言っても、一体何を選んだらいいのか難しいですよね。クレンジング剤には「毛穴すっきり!」などの表記はあっても「ニキビ肌におすすめ」などの表記はないからです。

ニキビ肌に使えるクレンジングは、何より優しさ重視。ではどんなクレンジングが優しく洗えるのか、チェックしてみましょう。

クレンジング剤は主に6種類

クレンジングは、大きく分けて6種類に分けられます。あくまで基本的な分類で、商品によって差が出てきますので参考程度になりますが確認しておきましょう。

クレンジングタイプクレンジング力や刺激洗浄系界面活性剤の量扱いやすさやクレンジングのポイント
クレンジングミルク最も弱い・肌に優しいほぼ無い落とすのに時間がかかる
ふきとり専用
クレンジングクリーム弱い・肌に優しいとても少ない落とすのにやや時間がかかる
ふきとり・洗い流し両用
クレンジングジェル普通少ない落とすのにあまり時間がかからない
オイルフリーのものが多い
クレンジングリキッドやや強め普通落とすのに時間がかからない
オイルフリーのものがほとんど
クレンジングオイル強い・やや刺激ありやや多いサッと落ちる
乳化させる必要がある
シートタイプのクレンジング最も強い・刺激あり多い最も手間がかからない
刺激も強くおすすめできない

肌に優しいとはどういうことかと言えば、多くの場合「界面活性剤の量」で決まります

界面活性剤とは、本来混ざることのない水と油を混ぜる成分。この働きによって、メイク汚れを水の中に引き込むことができるのです。オイルクレンジングとオリーブオイルのような通常のオイルで、メイク落ちが全然違うのはこのためです。

界面活性剤は悪者のように思われがちですが、私たちが日常当たり前に手に取る食品(牛乳やアイスクリーム、マヨネーズなど)や、化粧品などに含まれています。

界面活性剤の中で問題になるのは、「洗浄効果」のある界面活性剤。つまり、単に油と水を混ぜるだけでなく水の中に油を引き込もうとする力が強いほど肌への刺激となります。

逆に言えば洗浄系界面活性剤が多く含まれるほど、手間がなく、するりとメイク汚れが落ちるわけです。もちろん単純にそうではない商品も多くありますが、基本的にはこの順番を抑えておきたいですね。

はるこ先生
ドラッグストアなんかで売っている、とっても安価なのに非常にメイク落ちがいい商品は、肌への刺激も強いと思っておいた方がいいわ。肌への刺激は炎症や乾燥の原因になりがちよ。キレイを維持して肌に優しくするには、やっぱりちょっと手間が必要ってわけね。

ニキビ肌に使える・おすすめなのは3種類

ニキビ肌に使うのにおすすめなのは、上の表で上から3つまでのアイテムです。

  • クレンジングミルク
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングジェル

この3つですね。最もおすすめなのは肌への刺激が非常に少ないクレンジングミルクです。しかしクレンジングミルクは界面活性剤がほぼ含まれないため、メイクを落とすのに時間はかかりますし、濃いメイクを落とすのは困難です。

クレンジングクリームはそこそこのメイク落ちの力もありますが、メイクとなじませてオイル化(転相)→なじんだらぬるま湯を含ませて乳化(転相)→洗い流しと、2回クレンジングの状態を変える必要があり、やや手間がかかります。

ジェルは粘度が高く肌への摩擦刺激が少なく扱いやすいのですが、肌への刺激の点からするとおすすめしきれないところもあります。とは言えシートクレンジングよりはずっとおすすめなので、ニキビ肌の人はこの3つの中から選んでみてください。

ニキビ肌が避けるべきは2種類

ニキビ肌が避けたいのは下から数えた2種類です。

  • シートタイプのクレンジング
  • オイルクレンジング

この2点です。先ほど「洗浄系界面活性剤」の話をしましたが、特にこの2つには多く含まれています。なぜ、スッキリメイクを落とせる洗浄系の界面活性剤がたくさん入っているといけないのでしょう。

それは、肌に本来ある脂まで水の中に引き込んでしまうから。界面活性剤の量が多いオイルクレンジングやシートクレンジングを使い続けるとどんどん乾燥肌になっていくように感じるのはこのためです。特にシートタイプは界面活性剤のみを使っているため、要注意です。毎日使うことは到底おすすめできません。

「お風呂の中で使える」「手がぬれていても使える」などと表記のあるオイルクレンジングは、水を油に混ぜるだけでなく、水を油の中に溶かす働きまで持っています。濡れた手で使えるクレンジングはとても便利ですが、肌のことを想うなら避けた方がいいでしょう

マツエクしてるんだけど、どうしたらいい?

リキッドクレンジングを活用しましょう

リキッドクレンジングはオイルフリーなことが多く、マツエクをしている女性の必須アイテムとも言えるでしょう。どうしても必要なときは目のまわりのみリキッドクレンジングを使い、肌はクレンジングクリームを使うなど、上手に活用してください。

刺激が弱いわけではないので、必要な時のみ使うようにしてください。また、リキッドならすべてOKなわけではないので、「オイルフリー」「オイルカット」などの文字を確認すると安心です。

アッキー
うっかりオイルクレンジングで洗うと、顔を拭いたときにマツエクがポロポロ落ちてくるようなホラーなことが起こり得るかもしれません。さすがにそこまでいっぺんに落ちたりはしませんが、キレイなマツエクを維持するためにも、目元にオイル入りのクレンジングを使うのは避けましょう。

市販の人気クレンジングランキング

それでは早速、人気のある市販クレンジングランキングをジャンル別にチェックしていきましょう。ここでチェックしているものはどのジャンルでもニキビケアとしておすすめです。特にその中で、大人ニキビ、毛穴ケア、プチプラの3つに分けて見ていきましょう。

大人ニキビ・ニキビ跡におすすめ

思春期ニキビの人はもちろん、大人ニキビに悩んでいる人にも活用してほしいのはこちらの3アイテム。大人ニキビは乾燥からできる事もあるため、しっかり肌のうるおいを守りながら洗ってくれるアイテムをセレクトしましょう。

【1位】キュレルジェルメイク落とし

キュレルのジェルメイク落としは、肌のうるおい成分「セラミド」を守りながらしっかり優しく洗い上げるクレンジング。ジェルタイプだから、メイク汚れはしっかり落とすのに肌の摩擦刺激は少なく、それでいてさっぱり洗い上げてくれます。こすらなくてもスッと落ちて、メイクのなじみもとてもいいのです。

できるだけ低刺激を実現するために、無着色、無香料、アレルギーテスト済みでアルコール無添加。余計なものは入れずに、必要なものを守る処方となっています。

市販価格は130g税込1,080円前後とお財布にも優しいです。ただし濡れた手では使えません。手を濡らして使うとメイク落ちが悪くなるので避けましょう。

アッキー
ジェルクレンジングは水分が多いので、3カ月以内を目安に使い切るようにしましょう。普段あまりメイクをしない人でも、劣化したクレンジングは使わないようにしてくださいね。

守って洗うキュレルのジェルメイク落とし

【2位】オルビスクレンジングジェル​

2位は「100%オイルカット」でおなじみのオルビスのクレンジングジェル。オイルカットだから、マツエクをしていてもOKなお手軽さが嬉しいのです。オイルカットでも、しっかりとした洗浄力でしっとりもちもちに洗い上げ、あとのスキンケアの邪魔をしません。

オイルカットはもちろん、無香料、無着色、アレルギーテスト済みでノンコメドジェニックテスト済み。ニキビの原因になりにくい処方となっているのです。価格は150gで税込み1,440円。口コミの評価も高い逸品に仕上がっています。

こちらは濡れた手でも使える、お風呂場OKタイプ。チューブ内に水分が入り込まないよう保管には注意してください。

うるおいたっぷり!オルビスクレンジングジェル

【3位】カネボウ ソフニングクリームクレンジング 

こちらはカネボウのクリームクレンジング。アロマティートピアの香りで、クレンジングの時間を華やかで楽しいものにしてくれるでしょう。クレンジングクリームなので、濡れた手は厳禁。なるべくお風呂で使うのも避け、湿気の少ない場所で使いましょう。

手のひらになじませてから顔に置き、メイクとなじませて使います。メイクとなじむことで重めのクリームの感触がふわっとオイルの感触に代わった時が「メイクとなじんだ」合図。あとは全体のメイクになじませて使います。

とても柔らかく感触の良いテクスチャーなので、きっと虜になるでしょう。120mlで3,000円と少しリッチな価格ですが、その使い心地と洗い上がりに感動を覚えるに違いありません。 

香りもいい♪カネボウソフニングクリームクレンジング

はるこ先生
大人ニキビは乾燥が大敵!粉拭くような肌では、すぐに肌がごわごわになって毛穴が詰まりやすくなってしまうわ。たっぷりのうるおいで守りながら洗うのがベターよ。乾燥肌の人ももちろんこのジャンルがおすすめ。

毛穴の黒ずみ落としにおすすめ

「毛穴に詰まった汚れは、オイルクレンジングを使わないと落とせない?」。いいえ、そんなことはありません。肌に優しいクレンジングでも、アイテムをしっかり選べば毛穴汚れにもしっかり対抗してくれるのです。

【1位】コスメデコルテAQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム​ 

まるで宝石箱のような美しいフォルムが特徴の、コスメデコルテAQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム。そのテクスチャーは、見た目と同じ繊細さと優しさにあふれています。しっとりととろけるように滑らかなクリームが、メイクとしっかり溶けあってクレンジング。使い続けるほどに、「前よりもキレイ」な輝く肌を目指せるでしょう。

150gで税別10,000円と、「憧れコスメ」に入るかもしれません。しかし1度使ったら虜になってしまうのか、この価格にもかかわらずメイクの口コミサイトでは上位をキープ。クレンジングクリームにもかかわらず、たっぷりの植物エキスがあなたを癒します。

はるこ先生
鏡台にぜひ置いて自慢しちゃいたいくらい、とても可愛い見た目をしているわ。スキンケア用品は使うときの気分も結構大切よね。こんな見た目なら、クレンジングも今までより楽しくなりそうよ。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

【2位】 dプログラム​ マイルドクレンジングジェル​

資生堂ブランドの1つ、dプログラム。その中の「マイルドクレンジングジェル」は、ニキビなどの繊細になっている肌向けのアイテムです。肌を優しくいたわりながら、落としたいメイクはしっかりオフ。ジェルタイプなのでこすらなくてもするんと落ちることが期待できますが、濃いメイクはポイントリムーバーを使うといいでしょう。

厳選された成分で作られた、こだわりの処方。もちろん肌に刺激になる可能性のあるアルコール、鉱物油、香料、着色料などは使っていません。価格は125gで 税別2,500円。敏感肌であることを自覚している人は、dプログラムのスキンケアも一緒に使ってみるのをおすすめします。

dプログラム マイルドクレンジングジェル

 【3位】マナラ ホットクレンジングゲル

美容液成分91.4%配合で、まるで美容液でクレンジングするかのようなアイテムが、マナラ「ホットクレンジングゲル」。メイクとなじませるとほんのり温かくなってきて、メイク汚れや毛穴に詰まった皮脂となじみやすくなるのが特徴です。ホットタオルなどを使って、毛穴を広げたり血流を良くすることと似たような働きが期待できるわけです。

どうして温かくなるの?危険な成分を使っているんじゃないの?

「ホット」になるために、ほとんどすべての化粧水に当たり前に含まれている、安全性の高い成分が利用されています。

このほんのり温かくなると言うのは、「グリセリン」の働きによるもの。グリセリンは保湿成分としてほとんどの化粧水などに使われるもので、高い安全性があります。温まるからと言って、危険はことはありません。

グリセリンは水分と結合する働きがあり、この力を使って水を保持し、保湿剤として使用するのですね。この「水と結合する」ときに、ほんのりと温かくなる性質があります。ホットクレンジングゲルは肌に乗せて肌の水分と混ざることで、温かくなるのです。

マナラホットクレンジングゲルはその他セラミドやヒアルロン酸などの美容液成分をたっぷり配合。まさに保湿しながらクレンジング、と言ったところでしょうか。

価格は通常200gで税込4,104円ですが、定期便にすると税込3,238円で購入できます。20%オフで送料無料なので、とってもお得になりますね。

マナラ ホットクレンジングゲル

アッキー
毛穴詰まりはニキビの原因の1つ。角栓はクレンジングだけで落すのは難しいのですが、新しい角栓を作らないためにも、クレンジングでしっかり今日の汚れとサヨウナラしていきましょう。

おすすめプチプラクレンジング

「毎日使うものだから、お財布に優しいものがいい。」そんなあなたに、プチプラで購入できるおすすめクレンジングをチェックしていきましょう。

【1位】カウブランド 無添加メイク落としミルク 

カウブランドと言えば、牛乳石けん。昔から私たちのそばで、清潔な肌を守ってきてくれたメーカーです。そんなカウブランドのメイク落としはどれもとても評価が高く、オイル、ミルク、アイメイクリムーバーと口コミ評価でも高い順位を維持しています。

特に無添加メイク落としミルクは人気が高いのです。その理由の1つは何といっても、150ml入りで市販価格わずか500円前後と言うコスパの良さ。ミルククレンジングを使ったことはないけれど、自分の肌に合うか、使い方は自分の生活に合うかどうか、まずは試してみたい人にとてもおすすめのアイテムなのです。

香料、着色料、防腐剤などの気になる添加物は入れていません。うるおい成分としてオリーブスクワランを配合し、しっとり柔らかな洗い心地となっています。濡れた手でも使え、ポンプタイプなのでとても使い勝手がいいでしょう。 

はるこ先生
とってもリーズナブルで、ミルククレンジング入門編としておすすめね。配合されている界面活性剤も、通常の乳液などに含まれるものと同じよ。その分洗浄の力は弱いから、薄化粧の人向けね。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

【2位】 ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム​

使いやすい価格と、詰め替え用がたくさんあってエコであることが人気のちふれ。シンプルなパッケージは、「余計なものはいらない」と言う女性たちにも高い人気があるようです。そんなちふれのウォッシャブルコールドクリームは、とにかく「クリームクレンジングの使い心地を実感してみたい!」人向け。

コスメデコルテのようなハイブランドをいきなり買う勇気はないけれど、クレンジングクリームの「肌へのやさしさ」を試してみたい人にまずおすすめのアイテムです。無香料、無着色、ノンアルコールと肌に優しい処方で、クレンジングクリームでもすっきり洗い流すことができます。

300gで税込650円大容量なのに低コストで、1度使ったら「結局ちふれを使い続けている」と言う人も多いようす。ちなみにクレンジングクリームは水分厳禁です。ジャータイプなので、誤って水分が中に入らないよう注意して使ってください。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

【3位】無印良品 マイルドジェルクレンジング 

スキンケアアイテムが好調の無印良品。化粧品口コミサイトでもいつも上位にいることが多く、今では「コスメショップ?」と思うほど数多くのスキンケアアイテム・メイクアップアイテムが充実しています。

その分種類も非常に豊富になり、「何が違うかわからない……。」と言うこともあるかもしれません。

無印良品では、ミルク、クリーム、ジェル、リキッド、オイル、クレンジングシートとなんとすべての種類のクレンジングが揃っています。「どの種類が自分の肌に合うかな」と迷ったら、無印でミルク・ジェル・クリームの3種類を試してみるというのもありかもしれません。アイメイクアップリムーバーももちろんありますよ。

今回おすすめしたいのは携帯用30gがわずか税込300円からあるマイルドジェルクレンジングももの葉やあんず果汁と言った保湿成分が配合され、優しくスッキリ洗いあがるでしょう。通常タイプは120gで600円、大容量は200gで780円とラインナップも豊富です。

無印良品マイルドジェルクレンジング

アッキー
まだ使ったことが無かったり、久しぶりに使うクレンジング剤ならばプチプラから試してみたいですよね。オイルクレンジングで短時間でスッキリ落としていた人は、特にミルクやクリームクレンジングの「使い心地」をプチプラで試してほしいです。ふかふかの洗い上がりが期待できますよ。

ニキビ肌に優しいクレンジング方法

ニキビ肌のクレンジング方法も、基本的には通常のクレンジング方法と同じです。肌を労わりながら、優しくメイクとなじませ、洗い残しが無いように細かいところも丁寧にクレンジングしましょう。

推奨使用量を必ず守る

クレンジング剤は、たっぷり使ったからと言って落ちやすくなるわけではありません。それどころか、クリームクレンジングではオイル状に変化するまでに余計に時間がかかり、摩擦による刺激を増やしてしまうことに。ジェルクレンジングでも、余分なクレンジングは肌への負担になるでしょう。

どんなクレンジングでも、おおよその推奨使用量が記載されているはずです。「マスカット大」「500円玉大」「ひとすくい分」などの言葉を目安とし、その量を使用しましょう。多くても少なすぎてもいけません

皮脂の多い部分から洗う

クレンジングは皮脂の多い部分から始めましょう。特にTゾーン、フェイスラインなど皮脂の出やすいところから始めます。あとは顔の中心から外側に向かって、クレンジングをなじませていきます。

皮脂の多いところから始めることでメイクとのなじみがよくなり、皮脂の少ない部分の負担を軽くすることができるでしょう。

ポイントメイクは専用リムーバーで

ポイントメイクに濃いメイクをしている場合、ミルクやクリームクレンジグでは落ちきらないことがあります。

濃い目のメイクをしている場合には、専用のポイントメイクリムーバーでオフしましょう。ポイントメイクリムーバーは、クレンジングと同じ場所に売られていることが多いでしょう。

他にも、ネイルリムーバー売り場に置いてある店舗や、コットンと一緒に置いてあることもあります。多くは二層式になっており、水と油で分かれている成分を、よく振って混ぜてから使います。

「濃いメイク」って、どのくらいのメイクのことを言うの?

クレンジングクリームで残ってしまうようなメイクは「濃い」と思いましょう。

濃いメイクと思われる、クレンジングクリームだけでは落としにくいものは、以下のようなものが多いようです

  • 太く濃い漆黒のアイライン
  • 何度も塗り重ねたウォータープルーフマスカラ
  • 素肌っぽさのない重ね塗りしたクリーム・リキッドファンデーション
  • 広範囲に入れた濃い色のアイシャドウ

これらのメイクは落としにくくなるため、専用リムーバーを使いましょう。基本的には専用リムーバーを使うような濃いメイクは避けたいのですが、派手目にメイクを仕上げたい日もありますよね。そんな日のために1つ持っておくと安心です。

クレンジングクリームのような洗浄力の優しいものでは落としきれず、何度もこすってしまうようなことになりかねません。

アッキー
専用リムーバーは洗浄力が特に強いので、「こすり取る」のは避けましょう。クレンジングを含ませたコットンを目元に乗せて、コットンにメイクを染み込ませるイメージで使います。顔全体には使わないでくださいね。

目元口元は優しくなじませる

専用リムーバーが必要なほどの濃いメイクをしていない場合は、クレンジングのみで落としていきましょう。

目元や口元は皮膚が薄く敏感なので、絶対にこすらないようにしてください。あくまでクレンジング剤を「メイクとなじませる」ように使います。

クレンジングクリームはなじむまでに時間がかかりますが、その場合もこすらずにゆっくりとなじませます。一般的な粉状のアイシャドウや、ぬるま湯で落ちるアイライナーならば通常のクレンジング剤で落せるでしょう。

ゴシゴシこすらない

こするとメイク落ちが良くなるような気がしますが、メイクはクレンジング剤となじむことによって落ちるのです。こすったからと言って落ち方がよくなるわけではありません。

それどころか、こすることは肌への刺激となって色素沈着やニキビ等のトラブルの原因に。小鳥や子猫を優しくなでるように、あなたの肌も優しく洗ってあげてください。こすっていいことは何一つなし!です。

ぬるま湯で素早く落とす

メイクとクレンジングがなじんだら、あとはぬるま湯で流すだけ。クリームクレンジングはさらに「乳化」の作業が必要になります。オイルクレンジングでもこの作業が必要になるものがあるので、パッケージ裏面の説明書を読んでおきましょう。

乳化とは、メイクとクレンジングがなじんで油性に傾いているクレンジングに、水を含ませていくことで水性に傾ける事を指します。

油性に傾いたままではぬるま湯で流しても上手く落ちません。油汚れのたっぷりついたフライパンを水で洗っても、水をはじいてしまってほとんど意味が無いことと同じです。

これを避けるため、少しずつぬるま湯を加えて乳化させます。白っぽく濁るのが乳化のサイン。顔全体の乳化が終わったら、ぬるま湯で全体を洗い流しましょう。

はるこ先生
洗い流すときに、熱いお湯で流さないようにしてね。乾燥が進みやすくなるし、肌への刺激にもなるわ。どこまでも肌には優しく!が、モットーよ。

ニキビにダブル洗顔は必要か不要か

「ニキビ肌に、ダブル洗顔は必要?不要?」これは、美容家によっても意見が異なります。

ダブル洗顔とは、クレンジングの後に通常の洗顔料や石けんを使って顔を洗うことです。洗顔を2回行うことではありません。そのダブル洗顔は、ニキビ肌には必要なのでしょうか。

ダブル洗顔する意味

そもそも、なんのためにダブル洗顔するのでしょう。クレンジングはあくまで「メイク汚れを浮かせて落とす」ものとして使います。洗顔料はメイク汚れ以外の汚れ、汗や余分な皮脂、垢(角質)を泡に含ませて落とすことに使います。

つまり、油性の汚れはクレンジングに、水性の汚れは洗顔料にそれぞれ任せたいのです。汗やほこりはぬるま湯のみでも落ちますが、これが皮脂と混じってしまうとぬるま湯だけで流すのは困難です。洗顔料をしっかりと泡立て、泡でからめとって落としましょう。

そのためにも、多くの人にダブル洗顔は必要と言えます。しかし、「ダブル洗顔はいらない」の声も無視できません。ではそれぞれどうして必要、不要の意見になっているのでしょう。次の項目で確認しましょう。

ダブル洗顔は必要派vs不要派

「クレンジング剤が残っているようで気になるから洗う」と言う人もいれば、「クレンジングだけで充分汚れは落ちるでしょう?」と言う人もいて、女性たちの間でも意見の分かれる「ダブルクレンジングの必要性」。では、それぞれどのような意見を持っているのかちょっと口コミを覗いてみましょう。

ダブル洗顔は必要派の意見

まずは「必要」派の意見です。

「ダブル洗顔することでニキビが減った」や、「ダブル洗顔をやめたらニキビが増えた」など、ダブル洗顔をしないことで余計な油分や皮脂が肌に残り、ニキビの原因となってしまったことが考えられます。

このように「しっかりクレンジングをしても油分が残る」と言う人や「顔のざらつきが気になる」と言う人、今ダブルクレンジングをしていて特にトラブルが無い人などは、ダブルクレンジングをした方がいいでしょう。多くの人にダブル洗顔は推奨です。

ダブル洗顔は不要派の意見

次に、「ダブルクレンジングはいらない」と言う不要派の意見です。 

こちらはダブルクレンジングが不要と言うよりは、ダブルクレンジング不要であるクレンジングを使っているケースが目立ちました。海外ではこのようなダブルクレンジング不要のアイテムが多く、1回で洗顔を終わらせる人がほとんどなようです。しかし海外に多いからと言って、それが日本人の肌やあなたの肌に合っているかはわかりません。

ダブルクレンジングをしない場合は「ダブルクレンジング不要」と書いてあるものを使ったり、しばらく様子を見ましょう。吹き出物やニキビなど肌のトラブルが起きた時は、ダブルクレンジングありに変えていきましょう。

ダブル洗顔するなら低刺激な洗顔料で

余分な皮脂やほこり、角質をすっきり落とすためにも、ダブルクレンジングをすることがおすすめです。しかし洗浄力の強いスクラブ入り洗顔料などで洗うことは避け、低刺激性の洗顔料を使うのがいいでしょう。気になる毛穴汚れに効果的と言われるアイテムも気になりますね。早速チェックしていきましょう。

Non A.(ノンエー)

Non A.(ノンエー)は、ニキビ専用の洗顔せっけん。泡立ちの弾力は従来品の4倍と言われるモチモチさ。洗顔料は手で洗うのではなく泡で洗うので、弾力性の高い泡を作ることはとても重要です。Non A.ならば、キメの細かいふんわり泡が作れ、ニキビ肌も低刺激にスッキリと洗うことができるでしょう。

うるおい成分としてローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアを配合し、肌の水分を守りながら洗います。さらに初回購入者には泡立てネット、石けんサンプル、化粧水サンプル、保湿ジェルのサンプルもついてきます。ライン使いを試せるので、Non A.の良さが実感しやすい点が嬉しいですね。

Non A.は税込2,940円。さらに、サンプルのみの使用なら全額返金保証つき。定期コースではないので、まずは1つのお試しから始めてみてはいかがでしょうか。口コミもチェックしましょう。

  • 思春期ニキビの息子用に購入しました。
    使い始めてなんとなくおでこの酷かった赤ニキビが小さくなって落ち着いてきたような気がします。続けてみようと思います。

    楽天市場

  • デコルテに吹き出物が大量にできてしまい
    お試しサイズで試してみたところ5日ほどで荒れが落ち着いてきました! 付属のネットですぐに泡立ち、泡もすごいモコモコで濃密で弾力があり洗い上がりはサッパリ! 気になるデコルテは泡でしっかりパックしてます! 何かくすみまで取れてる気になります(笑)

    楽天市場

はるこ先生
洗い上がりはさっぱりタイプのようね。大人ニキビの気になる人にはもちろん、思春期ニキビにもおすすめよ。家族みんなで使える商品じゃないかしら。まずはサンプルから使用して、使い心地を確かめてね。

ニキビ専用薬用石けん「Non A.」

ビーグレン クレイウォッシュ

ナチュラルクレイ「モンモリロナイト」を配合した洗顔料がビーグレンのクレイウォッシュ。洗い流すだけでなく汚れを吸着して落とす力で、肌に負担をかけにくくすっきり落とすことができます。モンモリロナイトはマイナスのイオンを持っていて、逆に多くの汚れ(皮脂、古い角質、残ったメイク汚れなど)はプラスのイオンを持っています。

お互いが引き付け合うことで、肌のバリア機能や保湿力に影響が非常に少なくてすむのです。さらにビーグレンクレイウォッシュは、泡立たない洗顔。クリーム状のクレイに吸着させるように汚れを落とすので、乾燥する心配も非常に少ないのです。

ビーグレンクレイウォッシュは税込3,790円。365日返品・返金保証付きで、定期購入でもありませんから安心して始められます。口コミをチェックしましょう。

  • 洗っている時に泡立たないから、
    あれっ?って思ったけど、洗ってすぐなのに、しっとり、つるつるで、今迄の洗顔と違った感触にびっくり! 最近仕事の疲れからか、顔に少しニキビができたりで、いつも使っている洗顔では物足りなさを感じてた時だったのでいいタイミングでした。 使ってから、毛穴がきれいになってきたし、肌の調子もいい感じ♪

    ビーグレン公式サイト

  • これを使わないと化粧水の浸透が悪く感じます。
    クレイウォッシュでしっかり汚れが落ちてるから、化粧水の浸透もよく感じるということがわかりました。擦りすぎないのもいいですね。肌への負担がなく、しっかり落とせるんですもん 友達にも紹介しました!

    ビーグレン公式サイト

アッキー
保湿成分もたっぷりなので、乾燥に悩むことは少なそうです。汚れはきちんと落としたいけどうるおいは守りたい、そんなあなたにおすすめですよ♪ちょっと高級品ですが、肌のためにもぜひ試してみてほしいアイテムです。

泡立たない洗顔!?ビーグレンクレイウォッシュ

然(しかり)よかせっけん

「泡の弾力も、泥の吸着成分もどっちも気になるんだけど……。」そんなあなたには「然(しかり)よかせっけん」がおすすめ。たっぷりモコモコな泡がやさしく肌を包むうえ、配合された火山灰のシリカ成分が気になる汚れを吸着します。非常に小さなシリカの粉末は肌の隅々に届きやすく、汚れをしっかり吸着します。

この働きにより、くすみや古い角質のケアにもピッタリ。泡はたっぷりモチモチで、5分間逆さまにしても落ちないという強力な弾力を持っています。コラーゲンやアロエエキス、ローヤルゼリーと言った美容成分も入っていて、贅沢な仕上がりになっています。

価格は定期コースが送料無料で88g税別1,705円。石けんとは言え固形石鹸ではなく練りタイプの石けんなので、ジャーの中に水分が入らないように気を付けて使用してください。口コミはどうでしょうか。

  • 大好きで3回リピートしてます!
    また今日、届きます(笑火山灰からできたシリカパウダー配合で、毛穴の中の細かい汚れも取り除かれて、小鼻の毛穴や黒ずみもキレイになって、お肌のくすみもなくなりました! 使い始めは確かにお肌が慣れてないのか、つっぱってピリピリしました。少し。でも、すぐに慣れてそこからは使うのが楽しみになるぐらい気持ちいいです。

    @コスメ

  • モッコモコのクリーミーな泡です。
    なのでもったいないから私は適量の3分の1くらいで洗顔しています。それでも泡が顔だけでは余るので手の甲に泡パック状態で洗顔できます。香りは特に感じず、刺激も全くなく 泡のクッションで肌をこすらずに優しく洗えます。 お流しした後のお肌はとてもスッキリしていて汚れがスッキリ落ちた感じがします。

    @コスメ

はるこ先生
スッキリ気持ちよく落とすことができて、オイリー肌の人にはおすすめね。逆に、乾燥肌の人は長時間泡を肌に乗せておかない方がよさそうよ。目安として30秒以内ですすぐのがいいみたい。

完全無添加!然(しかり)よかせっけん

極力刺激の少ないクレンジングを

クレンジングは、メイクをした肌には必要不可欠です。必要ではあるのですが、肌にとっていいものではありません。しかし種類をきちんと選び、ダブル洗顔などと組み合わせ自分に最も合うタイプのクレンジングが出来たなら、肌にほとんど負担をかけずにメイクも汚れもキレイに落とせるでしょう。

キレイ肌を維持するためには、どうしてもちょっと手間がかかるものです。ニキビ肌を優しくいたわるためにも、少し億劫に感じても優しいクレンジングを心がけていきましょう。毎日のクレンジングの積み重ねが、未来のあなたのキレイ肌を作るのです。