実は簡単、肌荒れ予防♪毎日のスキンケアと食べ物でニキビ知らずに!

実は簡単、肌荒れ予防♪毎日のスキンケアと食べ物でニキビ知らずに!

肌荒れ予防といえば、あれこれ試行錯誤しないといけない印象がありませんか?実は、日々のスキンケアや食べ物に少し気をつけるだけで、ニキビが出来にくい肌を作ることができるんです!たったひと手間で美肌が手に入るなら、やらない理由はないですね!

 肌荒れは予防するのがベスト!

肌荒れは、治っても治っても繰り返し起きることがあります。繰り返さないためには、最初から肌荒れしにくい肌を作る必要があるのです。皮膚が乾燥したり、ニキビができたりと、様々な肌トラブルが起こらないよう、余計なことはせず簡単にできる肌荒れ予防を知っておきましょう!

助手アッキー
自分は肌荒れしやすいタイプと思って、諦めている方も多いのではないでしょうか?
編集長はるこ先生
そうねアッキー。きっとそういう方もいらっしゃるはず。
食べ物で肌荒れ予防は可能なのか、そして乾燥すると肌荒れが起こるメカニズムなど、さまざまな角度から肌荒れ予防を見ていきましょう!

 肌荒れ予防のための基本知識

大人の肌荒れの原因

乾燥肌

乾燥肌は、最も肌荒れしやすいタイプです。肌が乾燥しているということは、肌内部の潤いが不足していることになります。肌の潤いが足りないと、バリア機能という外部の刺激から肌を守る力が弱くなってしまいます。

そうすると、紫外線があたったり化粧品が触れたりと、刺激を受けることで肌がすぐに負けてしまい、結果肌荒れを起こすのです。

毛穴が詰まることも

毛穴に皮脂が詰まりニキビができたり肌が荒れたりという話は、油分が多い脂性肌の人だけではありません。実は、乾燥肌でも起こり得ることなのです

肌に潤いが足りないと、皮膚が硬くなってしまいます。皮膚が硬い毛穴も細くなってしまい、ちょっとの皮脂でも簡単に詰まってしまうのです。ですので、脂性肌の人のように油分が多いというわけではないのに、毛穴が詰まりやすくなってしまいます

助手アッキー
肌の潤いが十分で、乾燥が解決すれば、肌の状態は安定します。
そうすると肌のバリア機能も向上するため、ダメージに強くなり、簡単には肌荒れしなくなるんですよ!

 ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮脂の分泌に影響が出て、肌が荒れる原因になります。

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 運動不足

こういった生活習慣が続くと、自律神経がストレス状態になり、男性ホルモンの分泌が活発になります。男性ホルモンは皮脂の分泌を促すため、本来よりも皮脂が過剰分泌され、肌荒れしやすい肌になってしまうのです

過剰な皮脂

皮脂の過剰分泌は、毛穴が詰まることでニキビができたり、吹き出物ができたりと肌荒れの元になります。本来皮脂は肌を外部の刺激から守る天然のクリームとして肌には欠かせない成分ですが、過剰に分泌すると毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

脂性肌のように、元々皮脂の分泌が多いタイプの方もいますが、過度な洗顔やスキンケアで皮脂を洗いすぎてしまうと、皮膚は皮脂が足りないと焦ってしまい、逆に皮脂が増えることもあります

ニキビに赤み・かゆみも乾燥対策で治る

ニキビと乾燥は一見縁が遠いように見えますが、乾燥が原因でニキビができることもあるのです。皮膚には水分と油分があり、それぞれがバランスをとっていますが、乾燥状態のように水分が足りないと油分がバランスを取ろうとして過剰分泌をします。

そうすると毛穴が詰まりやすくなるため、乾燥しているのにニキビができるという結果になるのです。ですのでニキビができている時も潤いを補充する必要があるため、保湿することでニキビを治しやすくすることができます

赤みやかゆみ

肌が赤くなったり、かゆくなったりするのは、肌が乾燥して負けやすくなっている状態です。肌の水分が足りないとバリア機能が低下し、刺激をうけることで皮膚が薄くなってしまいます。皮膚が薄くなると、外部からの刺激に弱くなるため、髪の毛が当たるだけでもかゆみや赤みを生じることがあります

まずは肌のバリア機能をあげるためにも、十分な保湿が必要なのです。

編集長はるこ先生
全ての赤みやかゆみが保湿で治るわけではありません。
酷く乾燥しており、肌表面がカサカサしている方は、保湿することで肌が強くなり治る可能性が高いです!
肌が特に乾燥をしていなくて、赤みやかゆみがある場合は、アレルギーの可能性もあります。

 予防の基本編【スキンケア】

クレンジングはできるだけ避ける

クレンジングはメイク落としをするために必要なステップですが、実は肌へ大きな負担をかけてしまいます。クレンジングはどうしても肌を擦るため、摩擦が生じて肌にダメージを与えます

ですが、だからといってメイクを落とさずに洗顔すると、メイクの汚れをきれいにすることはできません。肌への負担を少なくするクレンジングの選び方にはコツがあるのです。

クレンジングの選び方

助手アッキー
クレンジングといっても、種類が多数あります。肌への負担が少ない順に見てみましょう。
  1. クリームタイプ
  2. ミルクタイプ
  3. ジェルタイプ
  4. リキッドタイプ
  5. オイルタイプ
  6. 拭き取りタイプ

最も肌への負担が少ないクレンジングは、クリームタイプです。クレンジングには、界面活性剤という、落とす力が強い反面、肌への負担が大きい化学物質が配合されています。

クリームタイプは界面活性剤が少ないため、肌にも優しい特徴があります。また、クレンジング後も肌がもちもちで、油分水分共に余計に流れていないことがわかります。オイルタイプや拭き取りタイプは、肌への摩擦が非常に高いため、どうしても肌へ負担をかけてしまうのです

クレンジングのコツ

クリームタイプは肌に優しいですが、その分落とす力は少し弱くなります。濃いメイクの日は物足りなく感じるかもしれません。そんな時は、濃いメイクの日用と普段のメイクの日用とクレンジングを分けるようにしましょう。濃いメイクの場合は、オイルタイプが洗浄力が強くよく落ちます。

また、クレンジングによる負担を0にするには、クレンジングが必要ないメイクをするという方法もあります。クレンジング不要のファンデーションなど、お湯で落とすことができる化粧品も販売されています

顔を洗い過ぎない

顔を清潔に保ちたいという思いから、顔を洗いすぎる場合があります。ですが、洗い過ぎは余分な皮脂を流してしまい、皮脂が過剰分泌される原因になります。

洗顔選びや洗い方のコツ

洗顔を選ぶ時は、できるだけ刺激が少ない物を選びましょう。スクラブ入りは肌への摩擦が激しいため、肌が強い人でないと肌荒れの原因になります。乾燥を防ぐためにも、保湿成分が配合されているものを選びましょう

洗顔をするときは、洗顔剤をしっかり泡だてて使うことがコツです。泡をクッションのようにし、手が直接肌に触れないように優しく洗うことで、摩擦を減らしながら洗浄することができます。

敏感肌や酷い乾燥肌の方の場合は、水洗顔もおすすめです。ぬるま湯だけで顔を洗う方法ですが、朝の洗顔であれば寝ている時の汚れを落とすだけですので、水洗顔でも十分洗い流すことができます。

保湿ケア

肌荒れを予防するためには、肌のバリア機能が下がらないようにしないといけません。そのためにも保湿はしっかり行うようにしましょう。

市販化粧品によく配合されている保湿成分

セラミドセラミドは肌の角層にある成分で、細胞の隙間を埋めることで肌の潤いを保つ役割があります。セラミドが足りないと細胞が崩れてしまい、肌のキメが荒くなってしまいます。
ヒアルロン酸粘度が高い成分で、肌の真皮で水分を結びつける役割があります。ヒアルロン酸が不足すると、肌のハリがなくなり、しわの原因になります。
コラーゲンたんぱく質で、肌の組織を作る成分のひとつです。高い保湿効果で、肌の弾力を作ります。

保湿効果を更にアップさせるコツは、肌の乾燥している部分に合わせて保湿剤の調整をすることです。乾燥しやすい頬は少し厚めに保湿を、皮脂の分泌が多いTゾーンは少し薄めに保湿するなど、少し工夫するだけで肌荒れしにくい保湿ケアをすることができます。

肌の乾燥を薬で予防するなら

肌の乾燥は、薬で予防することも可能です。皮膚科では、以下のような薬が多く処方されています。

白色ワセリン

保湿薬としてメジャーな薬で、赤ちゃんへ処方されることもあるほど安全な保湿剤です。薬局でも購入することができます。肌表面の水分が蒸発することを防ぐ効果があり、肌を外部の刺激から守ることもできるため、万能に使われる保湿剤です。

乾燥しやすい部分に予め塗っておくと予防になります。

ヒルロイド

ぺパリン類似物質という部類の保湿剤で、白色ワセリンと違い肌表面だけでなく、角層まで保湿が浸透します。刺激が少ないため、赤ちゃんの肌荒れに処方されることもあります。酷い乾燥で肌がかさついている時に効果があるため、肌の保水量が低下している時におすすめです

ぺパリン類似物質というのは、保湿や血行促進、更には抗炎症作用という3つの働きがある保湿剤のことで、角層まで浸透力があるため肌の構造から根本的に治すことができます。

市販薬でもぺパリン類似物質を配合しているものがあります。

  • Saiki(小林製薬)

医薬品でスキンケアをする商品です。ローションと乳液があるため、普段のスキンケアを変えるだけで、乾燥肌の治療をすることができます。

Saiki(小林製薬)はこちら

  • HPクリーム(ノバルティスファーマ)

乾燥による肌トラブルを防止し、肌の水分保持力を向上させる効果があります。1日数回乾燥が気になった時に塗るタイプのクリームです。

HPクリーム(ノバルティスファーマ)はこちら

ケラチナミン

尿素の力で肌を柔らかくし、乾燥を防ぎます。尿素配合のクリームや薬には尿素の配合率が書いており、数値が高すぎると肌への刺激がつよすぎて負けてしまうため、塗りすぎには注意が必要です。

顔に処方されることはあまりありませんが、肌が硬くなりごわついている時に効果があります。

へパリン類似物質とセラミドの違いはなんですか?

へパリン類似物質は、肌の細胞に直接働きかけることから、根本的に乾燥肌を治療することができます。セラミドは、元々肌にある成分で、不足することで肌の感想の原因になるため、スキンケアで補充する必要があります。
既に乾燥肌で肌荒れを繰り返している場合は、へパリン類似物質がおすすめです。まだ肌荒れは起こしていないけれど、乾燥しそうなところをカバーしておきたい場合はセラミドがおすすめです。

乾燥が原因の肌荒れ予防におすすめ化粧水3選

ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)

大人ニキビに注目した商品で、高い保湿でニキビを予防することができます。高保湿成分のヒアルロン酸よりも高い保湿力をもつリピジュアという保湿成分を使うことで、肌に潤いを与え、毛穴を詰まりにくくしてくれます。

+α効果

他にも、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体が配合されているため、小鼻のテカリや黒ずみにも効果があります。美白効果もあるため、ニキビケアをしながら美肌作りをすることができるのです。

有効成分セラミド3、リピジュアなど
価格3,240円
ノブACアクティブシリーズトライアルセット初回限定1,500円
コスパ★★☆☆☆
  • 肌がキレイになりました
    急に忙しくなりお肌がボロボロに、ニキビもなおってはできての繰り返しでNOVを試してみることに。使い出してニキビがどんどん消えて行きました、ニキビ跡の赤みも消えてみんなに肌綺麗になったねと言われます!乾燥肌の私ですが乳液のモイストと合わせて使って大丈夫そうです。使い続けていきたいと思います。

    amazon

  

  • 肌荒れが落ち着きました
    ここ数年はオーガニックの基礎化粧品で安定していたのですがまた肌荒れがひどくなりトライアルセットを試してみたら肌荒れが落ち着き現品を購入しました。 大きいニキビもなくなり、新しいニキビもありません。 だんだん肌も滑らかになりました。

    アットコスメ

助手アッキー
乾燥からくる肌荒れ予防にピッタリの商品です!ライン使いをすればさらに効果がアップするため、まずはトライアルから試してみるのもいいですね♪

ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)はこちら

  ビーグレン-クレイローション

ニキビや肌荒れで化粧品に刺激を感じやすい人でも使える薬用化粧水です。天然クレイやヒアルロン酸を配合することで、潤いの膜をつくり、乾燥により傷つきやすい肌を刺激から守ります。

+α効果

肌のバリア機能低下を防ぐために、抗炎症作用で炎症を押さえ、肌そのものを強くすることができます。

有効成分ヒアルロン酸、カミツレエキスなど
価格3,330円
乾燥・保湿ケアトライアルセット1,620円
コスパ★★★☆☆
  • ニキビがきれいになりました
    久々にニキビが大量発生し慌てて購入しました。 Uラインの治りにくいニキビも、一か月ほど使用でようやく落ち着いてきました。 これからもQusomeローションとクレイローションを肌の調子に合わせて使い分けたいと思います。

    公式サイト

  • メイクののりがよくなりました
    私はお試しセットを購入して使用してみると、 ローションの吸収力がよく、メイクのノリが良くなっていきました。炎症を起こしていた所が赤みが少し引いてきていたので、 自分に効果が出ると思い1か月セットを購入。 クレイ・クレンジングクリーム クレイローション Cセラム を使用していき、3か月ほどリピート購入いたしました。

    yahoo!知恵袋

編集長はるこ先生
とろみのある化粧水ですので、肌になじみやすく、つけたあともしっとりとする特徴があります。外部の刺激に強い肌を作ることができるところが強みですね!

ビーグレン-クレイローションはこちら

ラミューテ エンリッチ化粧水

敏感肌を根本的から改善することができる化粧水です。ヒト型ナノセラミドという肌への親和性が高いセラミドを配合しているため、普通のセラミドより更に肌に浸透します。浸透力があがれば、肌のバリア機能も向上するため、敏感肌改善に繋がるのです。

+α効果

ダマスクローズを配合しているため、乱れやすい女性ホルモンにリラックス効果をもたらせてくれます。

有効成分ヒアルロン酸、カミツレエキスなど
価格6,300円
コスパ★☆☆☆☆
  • 浸透力がすごいです
    さっぱりテクスチャーなんですが、ナノコラーゲンやヒアルロン酸が入っているせいかすっっっごくツルツルモチモチ!化粧水の浸透の違いはつけて感じました!

    アットコスメ

助手アッキー
容器もおしゃれでテンションがあがりますね!
高級感のある化粧水ですので、ラインを並べているだけで女子力が向上しそうです。さらっとしながらもしっかりと肌内部が潤うところが人気のポイントですよ!

ラミューテ エンリッチ化粧水はこちら

予防の基本編【食べ物】

食事の栄養バランスに気をつける

食事のバランスが悪いと、栄養が偏ってしまい、肌への栄養も十分に届かず肌荒れの原因になってしまいます。脂質や糖質を避けてしまいがちですが、エネルギーにもなりますし、皮膚を作るためにも多少なりとも必要な成分です。野菜やお肉、お米など、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、食事を過度に抜くなどのダイエットも肌荒れの原因になります。ダイエットしようと食事制限をしすぎてしまうと、体重は減るかもしれませんが肌はボロボロになるのです。また、リバウンドもしやすいため、ダイエットで過度に食事制限することは控えましょう。

肌の健康を保つ栄養と食べ物

編集長はるこ先生
いろいろな栄養素がありますが、中でも肌に良いと言われている栄養素をピックアップしました!

ビタミンA

肌の新陳代謝を活発にする効果があるため、肌再生力があり乾燥を防ぐこともできます

  • うなぎ
  • レバー
  • しそ
  • かぼちゃ

ビタミンB群

ビタミンB1やビタミンB2などビタミンBをまとめた総称をビタミンB群といいます。ビタミンB群が不足していると、皮脂の分泌が過剰になり、肌荒れの原因になってしまいます。安定した皮脂バランスを保つためにも、必要な成分です。

  • わかめ
  • 納豆
  • マグロ
  • レバー

ビタミンC

ビタミンCは、皮脂が過剰に分泌されることを防ぐ効果があるため、ニキビができにくい肌を作ることができます。また、メラニンの生成を抑えることもできるため、美白効果も期待できます。

  • 赤ピーマン
  • レモン
  • イチゴ
  • ブロッコリー

ビタミンE

ビタミンEには、血行促進や肌の細胞を守る力があるため、肌のバリア機能を向上させる効果があります。ビタミンEの場合は、過剰摂取に注意が必要です。摂りすぎてしまうと、皮脂の分泌が増えてしまうため、極端に意識して食べることは控えておきましょう。

  • アボカド
  • にんじん
  • アーモンド
  • うなぎ

食物繊維

腸内環境を整える食物繊維は、ニキビや吹き出物にも効果があります。便秘状態が続くと、血行が悪くなります。そうすると栄養が肌へ回らなくなるため、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

  • いも
  • ごぼう
  • 豆類
助手アッキー
他にも肌にはいろいろな栄養素が関わってきます。
・たんぱく質を作る【亜鉛】
・血行を良くする【マグネシウム】
こういった栄養素を意識するだけで、肌への影響も変わってきます。ぜひ食事に取り入れるようにしましょう!

油分・糖分・アルコールなどは控える

油分が多い食べ物は、皮脂の分泌が増えるため、ニキビの原因になります。そして糖分は肌に必要なビタミンB群を消費してしまい、肌の皮脂バランスが崩れてしまいます。

アルコールも同様で、お酒には糖質が多く含まれています。また、内臓への負担も大きく、分解できなかった毒素が肌荒れの元になることもあるのです。

  • スナック菓子
  • チョコレート
  • 揚げ物
  • お酒

これらの食べ物・飲み物には注意が必要です。絶対に食べてはいけないというわけではないですが、毎日多量を摂取したり、ご飯の代わりに摂取したりとバランスを崩すような食べ方は控えましょう

おすすめサプリ2選で簡単栄養補助!

編集長はるこ先生
栄養を補助するために、サプリを使うという方法もあります♪
ですが、サプリはあくまで補助です。サプリだけで肌荒れ予防はできないので、日頃から食事には気をつかうようにしましょう。

きらりのお恵み

体の内側から美をつくるためのサポートをしてくれます。ビタミンはもちろん、ビフィズス菌や食物繊維など、あらゆる角度から食生活をサポートしてくれます。レスベラトロールなど、今話題の美容成分も配合されているため、食事のサポートだけでなく美肌作りもすることができます。

有効成分ビフィズス菌、レスベラトロールなど
飲みやすさ直径8mm程度なので、普通のビタミン剤と変わらない大きさです。
価格5,400円
定期コース初回限定1,980円
コスパ★★★☆☆
  • 肌がきれいになりました
    ニキビ跡が残っていて気になっていたとき、この商品を見つけました。夜寝る前に欠かさず飲んでいると1週間でお肌に変化がありました!! 気になっていたニキビ跡も消えていて、お肌のハリもよくなっていました!! そのおかげでニキビが出にくくなりました。 きらりのおめぐ実、ほんとにいいです! ニキビが気になる方にはぜひ試してほしいです!

    amazon

  

  • むくみに効果がありました
    1週間位たった頃から、休日は外食が多いため塩分の取りすぎて浮腫みが顔に出てることがあり気になってましたが飲み始めてから気にならなくなってきました。むくみ対策だけでなく、美容と健康のサポートもしてくれるのも嬉しいポイント。

    アットコスメ

助手アッキー
あらゆる女性の悩みをサポートしてくれる優秀なサプリです。
肌荒れ予防だけでなく、むくみや便秘解消など、さまざまな効果を得ている人が多いです!

きらりのお恵みはこちら

緑の知恵

製薬会社の研究で作られた、繰り返す肌荒れに効果があるサプリです。しそ葉エキスやキウイ種子エキスなど、自然エキスを使用することで、自然の力で肌のバランスを整え、バリア機能を向上させることができます。

有効成分しそ葉エキス、キウイ種子エキスなど
飲みやすさ7mm程度で飲みやすいです。味に少し癖があります。
価格5,400円
定期コース初回限定1,800円
コスパ★★★★☆
  • ニキビに効果があります
    ニキビやニキビ跡に効きます^^ 内側からニキビに働きかけてくれています^^ 一緒にニキビに効く化粧水もサンプル入れてくれていたので 併用しています(゜∀゜)ノ 中から外から効いてくれているように感じます^^

    アットコスメ

  • ニキビの量が減りました
    実際に飲み始めてみると1週間位でニキビの量が減りました。前はニキビが出ない日はないくらいだったんですけど、何日かに1度たまにできるくらいになり、さらに飲み続けるとニキビができる日のほうが珍しくなりました。 今は飲み始めて1ヶ月ほどたちますが、だんだん肌質が変わってきたのかニキビがほとんどできていません

    緑の知恵大人ニキビサプリ

編集長はるこ先生
体の内側から徹底的にニキビにアプローチしていきます。定期便の初回についてくる、ニキビ予防ができる緑の知恵化粧水サンプルも人気ですよ!

緑の知恵はこちら

予防の基本編【生活習慣】

睡眠

睡眠と肌は密接な関係があります。寝ている間は、肌の新陳代謝が活発になり、肌が生まれ変わる大切な時間です。成長ホルモンが分泌される時間でもあることから、質の良い睡眠をとる必要があります。

長く寝ればよいというわけではなく、いかに質の良い睡眠をとるかが重要になります。寝る前にスマホを触ったり、テレビをみたりと刺激を受けると睡眠が浅くなり、新陳代謝にも影響が出てきます。寝る前1時間程度はできれば電子機器は触らず、部屋を暗くしてぐっすり眠りやすい環境を作りましょう

運動

運動不足になると、血行が悪くなり、肌への栄養が届きにくくなります。また、老廃物もたまりやすくなるため、便秘にも繋がり、結果的に肌荒れすることになってしまいます。

日頃からデスクワークが多く体を動かす機会がなかったり、すぐ近くの距離でも車に乗ったりすると、どんどん血行不良になってしまいます。肌荒れだけでなく肩こりや不眠症の元にもなるため、デスクワークの合間にストレッチや、短距離であれば歩いて移動するなど少しでも体を動かすように意識しましょう。

ストレス

ストレスをため込むと、自律神経が常に緊張状態になります。そうすると性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の分泌が増えてしまうのです。

ストレスがたまりすぎて睡眠不足になったり、食生活が荒れてしまったりすると更に肌が荒れてしまいます。カラオケやショッピングなどストレスを解消する方法を見つけておきましょう。

肌荒れ予防の応用編

生理前の肌荒れ

排卵日~黄体期は肌荒れの危険期間

生理前に肌が荒れた経験がある人は多いと思います。排卵日~黄体期にかけては、女性ホルモンのプロゲステロンが多く分泌され、皮脂の分泌が増えるようになっています。そのため毛穴にも詰まりやすくなり、ニキビなど肌トラブルが起こりやすくなるのです。

肌荒れを予防する方法

生理前は、肌の保湿を特に意識しましょう。ダメージを受けやすい状態のため、保湿をして肌を守る必要があります。また、睡眠をしっかりとり、女性ホルモンのバランスが崩れるのを最小限にすることも予防に繋がります。

男性の肌荒れ対策

男性の肌も肌荒れしやすい

男性の場合、女性に比べて皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすい肌質になっています。また、女性のように紫外線対策やスキンケアをする機会が少ないため、肌もダメージを受けやすいのです。

肌荒れを予防する方法

男性も、女性と同じように日焼け止めなどを使い、紫外線対策することをおすすめします。男性用の日焼け止めも多く販売されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

助手アッキー
食生活でビタミンを意識することも、皮脂バランスを整えるためおすすめです。男性は野菜や果物よりもボリューム重視の人が多いため、少しでもビタミンを摂取するように心がけましょう!

マスクでの肌荒れ

マスクは肌を乾燥させる

 マスクを使用していると、マスクと肌の間で摩擦が起き、その刺激で肌の潤いが奪われて乾燥してしまいます。他にも、マスクの中が蒸れてしまい雑菌が繁殖し、肌荒れに繋がる場合もあるのです。

一見外部の刺激から守ってくれるように見えますが、マスクで肌荒れ予防や対策をすることは逆に肌荒れの原因になる可能性があります

マスクでの肌荒れを防ぐ方法

  • 衛生面に気をつける
  • 保湿を忘れない

マスクが蒸れている気がしたり、汚れている気がしたりする場合は、新しいマスクに入れ替えましょう。前日使ったマスクを再利用することは雑菌繁殖の元にもなるため、やめましょう。

また、肌摩擦からくる乾燥を防ぐために、マスクが触れるところにワセリンなど保湿剤をつけておくとダメージを減らすことができます。

花粉での肌荒れ

花粉は花粉症だけでなく肌荒れの原因に

花粉症といえば、鼻や目がむずむずする症状が多くみられますが、皮膚に接触することでアレルギーを起こし、肌荒れする場合もあります。また、鼻をかむ時にティッシュで何度も拭くと皮膚がめくれてしまい、荒れる原因にもなります。

花粉での肌荒れを防ぐ方法

花粉が肌に付着することを避けるために、いくつかの予防方法があります。

  • マスクや防止を着用する
  • 帰宅したらすぐにシャワーで洗い流す
  • 外出時に着用した服をいろんな部屋に持ち込まない

他にも、肌のバリア機能が向上すれば、花粉の影響も少なくなります。しっかりと保湿をし、紫外線の刺激を避けるためオールシーズン日焼け止めの使用を心がけましょう。

それでも肌荒れした場合に役立つ薬

オロナインH軟膏

昔から肌荒れ治療薬として広く使われている薬です。かゆみや腫れ、乾燥にも効果があるため、肌荒れで傷ついた肌に効果があります。

・薬タイプ 塗り薬

・価格 440円~

オロナインH軟膏はこちら

チョコラBBプラス

ビタミンB群が高配合されているため、肌の新陳代謝を向上させ、肌細胞を活発にします。顔だけでなく全体の肌荒れや口内炎にも効果があります。

・薬タイプ 錠剤

・価格 1,382円~

チョコラBBプラスはこちら

編集長はるこ先生
本来であれば、体の内側や生活習慣から予防をしていきたいところを薬に頼るため、肌自体の力が弱くなる可能性があります。
先々いろいろな肌トラブルを回避するためにも、薬だけに頼るのはやめておきましょう。
どうしても肌荒れが治らない時の助っ人として考えるようにしましょうね!

丈夫な肌なら肌荒れしてもすぐ治る!

肌が丈夫になれば、少しの刺激にも強くなりますし、肌荒れしても治りが早くなります。食生活、生活習慣などを見直して、バリア機能の高い丈夫な肌を作りましょう!