赤ちゃんや子供にできる汗疹の予防・解消法!原因を理解し早急に対処

赤ちゃんや子供にできる汗疹の予防・解消法!原因を理解し早急に対処

赤ちゃんや子供は汗をかくとすぐにあせもができてしまいます。デリケートなお肌にできてしまったブツブツははすぐに治してあげたいですね。しっかりと予防・解決法を知っておけば素早く治せます。赤ちゃんや子

赤ちゃんや子供のあせもの治し方は?

大人よりも汗をかきやすく、お肌も弱い赤ちゃんや子供はすぐにあせもができてしまいます。痒がっている様子を見るといち早く治してあげたくなりますね。

赤ちゃんや子供にできるあせもには種類があり、正しい対処をしてあげれば負担も少なく早く改善してあげることができます。

赤ちゃんのあせもの原因対処法、また新たなあせもができにくくする予防法を知って赤ちゃん、子供のお肌を守りましょう。

赤ちゃん、子供にできるあせもの種類

新陳代謝が活発な赤ちゃんや子供は、汗をかくことで体温を調節します。そのため汗をよくかくのであせもができてしまいますが、あせもにもいくつか種類があります。

水晶様汗疹

一般的にあせもと言えば赤いプツプツとした湿疹がよく見られる症状ですが、水晶様汗疹の特徴は透明、または白っぽい水泡が汗をよくかく部分に密集してできます。

1mm~3mm程度の小さな水泡で痒みがないのが特徴です。水晶様汗疹ができる原因は、汗をかくと皮膚の表面にある汗の出口「汗孔」から汗を外に出しますが、夏の暑さや発熱などで大量に汗をかいた時には汗が皮膚の中から出られず皮膚の中で漏れ出します

その中の塩分が水晶様汗疹としてできます。治療をしなくても数日で自然に治ることが多いあせもです。

紅色汗疹

紅色汗疹はその名の通り赤いプツプツができるあせもで痒みがありあます。紅色汗疹は、汗をかいた後に拭き取ったり着替えをしない時によくできます。

汗をかいた後に老廃物汗腺につまることが原因となります。こまめに汗を拭きとり清潔に保てば自然と改善していきます。

はるこ先生
紅色汗疹は、痒みを伴うので赤ちゃんや子供がかきむしらない様に注意が必要よ!汗をかきやすい首筋や背中、脇の下などによくできるから痒そうな様子なら皮膚科を受診して薬を出してもらいましょう!

深在性汗疹

大量の汗をかいた時に汗が通過する汗管が詰まり、汗が外に出られなくなることが原因で起こります。赤くなったりはせずに皮膚が青白くなった状態で湿疹が現れます。

また、汗を外に出せないので体内に熱がこもりめまいや動機など熱中症のような症状を起こしてしまいます。自然治癒で治ることも多いのですが、症状が長く続いたり痒みが強い場合は皮膚科を受診しましょう

アッキー
深在性汗疹はあせもの中では重症な方です。しかし、ほとんどは熱帯地方だったり高温の中で長時間過ごすなどの状況で起こっているのであまり日本では見られない症状だそうですよ。

子供の汗疹・乳児湿疹との違いは?

赤ちゃんや子供は年齢によってもあせもの原因特徴対処法が違います。新生児の赤ちゃんや1歳頃の赤ちゃんにできるあせもを比較してみましょう!また、生後12ヶ月までの赤ちゃんの場合、乳児湿疹と見分けがつかずに困ることも多いです

生後28日までの新生児

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんはちょっとした異変があるだけでも心配になりますよね。赤ちゃんの体にできた湿疹があせもなのか乳児湿疹なのか不安な気持ちになるママはとても多いです。

新生児の赤ちゃんにできる新生児ニキビは、生後1週間から1ヶ月の間にニキビのような赤いプツプツができて顔全体に広がります。赤ちゃんが母親からのホルモンの影響を受けて皮脂の分泌が多くなることが原因ですが、手で触ったりする刺激が原因となることもあります。

アッキー
生まれて間もない新生児の赤ちゃんでもあせもってできるんですか!?
はるこ先生
そうなのよ~!まだ生まれたばかりの赤ちゃんのお肌にプツプツを見つけたらママは心配になっっちゃうわよね~。

生後28日までの新生児の赤ちゃんも、汗を出して体温調節をするので汗っかきです。寝返りもできず、自分で体をほとんど動かせずに寝ている姿勢がほとんどなので背中にあせもができやすくなります。

はるこ先生
新生児の赤ちゃんはあせもが痒くても、自分でかくこともできないし意思表示するのも難しいから泣いたりぐずったりして、パパやママもなぜ泣いているのか分からずに不安になることもよくあるのよ。
首や背中にあせもができていないかこまめにチェックして、機嫌が悪いようなら痒みがあるかもしれないので皮膚科で薬を処方してもらいましょう。

生後12ヶ月までの乳児

新生児から生後12ヶ月までの間に赤ちゃんは首が座ったり、寝返り、お座り、つかまり立ちなど目まぐるしい成長を見せてくれる時期です。では、あせも乳児湿疹についてはどうでしょうか?

この時期の赤ちゃんは、乳児脂漏性湿疹ができやすく特に生後4ヶ月までの乳児に好発します。原因は新生児ニキビと同じで母親からのホルモンの影響が大きく顔や頭にフケのような黄色っぽいかさぶたができます

アッキー
1歳近くになると、意思表示も上手になって痒がっている様子も分かりやすくなりそうですね~!
はるこ先生
確かに、痒い部分を自分でかいたり触ったりできるので分かりやすくなるんだけど、自分でかけると今度はかきむしってとびひになってしまう心配が出てくるのよ。
アッキー
な、なるほど~!では痒みがあるあせもができれば早めに薬などで対処する必要があるってことですね!

生後12ヶ月までの乳児は、あせもを自分でかきむしってしまう心配がありますので爪を短く切ったり、まめに手を洗って清潔を保つことも必要です。

また、痒みを和らげる外用薬は市販薬でもドラックストアなどで購入できますが、赤ちゃんの年齢やお肌の状態に合わせて安全なものを皮膚科で処方してもらうのが良いでしょう

乳児湿疹との違い

新生児から生後12ヶ月頃の赤ちゃんと言えば、乳児湿疹もできやすい月齢です。乳児湿疹とあせもはとても似ています

見分けるのは難しいのですが、あせもは首、背中、脇の下など汗をかきやすい部位によくできますが、乳児湿疹は顔や頭にできやすいです。

乳児湿疹とあせもは原因も違うので治療方法も違います

素人ではなかなか判断が難しいので症状が長引いたり痒みが強い場合は皮膚科で診断してもらい症状に合った薬を処方してもらいましょう。

赤ちゃんや子供にあせもができやすい3つの理由

大人に比べて赤ちゃんや子供はあせもができやすく、治ったと思っても何度も繰り返すことも多いです。なぜ赤ちゃんや子供にできやすいのかその理由を見ていきましょう。

子供自身で汗を拭けないから

幼児にもなれば汗をタオルで拭くという行動はできますが、暑いお外で遊びに夢中になっている時に汗を拭くというのは難しいでしょう。さらに小さい赤ちゃんであればなおさら、汗を拭くのはもちろん自分で着替えることができません。

眠っている時もまだ寝返りができない赤ちゃんは背中に大量の汗がこもった状態になります。こまめに汗を拭きとれないので汗から出た老廃物や垢がそのまま残り、汗腺を塞いであせもができます

大人に切らべて汗腺が密集してるから

赤ちゃんや子供の汗腺は密集しています。と言っても汗腺が多い訳ではなく大人と同じ位の量の汗腺が表面積の小さい赤ちゃんや子供の体にあるので密集した状態になりたくさん汗をかきます。

また、汗腺が未発達なので汗が汗腺の出口である汗孔に詰まりやすいのもあせもができやすい原因です。

角質層が薄くバリア機能が未発達だから

赤ちゃんや子供の皮膚の角質層は大人に比べてとても薄くバリア機能もまだ十分に発達していません。皮膚が薄いのに加えて皮脂の分泌量が不安定なのでお肌を守るバリア機能も安定していません。

赤ちゃん、子供のあせもの治し方

気を付けていても知らない間にできてしまっている赤ちゃん、子供のあせもはしっかりと対処すれば治ります。あせもの症状によって治し方を解説します。

水晶様汗疹

小さな水泡が密集してできる水晶様汗疹は比較的症状も軽く2、3日で治るものがほとんどです。

汗を拭いて清潔に保つ

外用薬を塗らなくても、水晶様汗疹ができている部分の皮膚が剥がれて自然に落ちて治ります痒みもなくかきむしることもないのでとびひなどになる心配もほとんどありません。

しかし、汗をかいて拭き取らずに放っておくことで汗孔が詰まれば何度も同じ症状を繰り返してしまいます。外出やお昼寝の後はしっかり汗を拭いて着替えをしてあげましょう。

皮膚を清潔に保つことが大切です

紅色汗疹

痒みを伴うこともある紅色汗疹は、赤ちゃんや子供のためにもすぐに治してあげたいあせもです。

ぬるま湯の入浴で清潔にする

熱いお湯はお肌に刺激が強すぎるので、あせもにも良くありません。赤ちゃんや子供にあせもができているときは38℃位のぬるま湯で入浴するようにしましょう。

また、長く入浴してしまうと体温が上昇して痒みが強くなることもあるので湯冷めしない程度に入りましょう。入浴後は赤ちゃん用の低刺激石鹸などで洗い、洗い残しがないようにぬるま湯で洗い流して清潔を心がけます。

弱いステロイド剤を塗る

ステロイドが入っている外用薬はあせも治療に即効性がありとても効果があります。しかし、ステロイドには副作用があるという話もよく聞くので使うのをためらう方も多いのが現状です。

ステロイドの主な副作用としては、皮膚が薄くなる、細菌に感染しやすくなる、皮下出血を起こしやすくなるなどがあり、ごくまれに経皮呼吸による全身的副作用もあるとされています。

そのため、使いたくないという意見も多くありますが、あせもが重症化した場合長期間にわたり強いレベルのステロイドを使用しなくてはならない可能性を考えると早いうちに弱いレベルのステロイド剤を処方してもらう方が良いと考える医師も多いようです。

ステロイド剤最も副作用が出やすいのは大量に長期間使用した時だと考えられています。早いうちに用法、用量を守って使用すれば副作用の心配も少なくて済むのではないでしょうか。

安全に使うためにも、皮膚科を受診して使用を相談して決めましょう。

アッキー
小さな赤ちゃんや子供のデリケートなお肌って、薬を塗るだけでも心配になってしまいますね……
はるこ先生
そうね~。でも慎重に治療を進めるのはとてもいいことよ!対処法で不安なことがあったり、悪化させてしまわないか心配な時は遠慮せずに皮膚科で専門医に相談するといいわよ!

赤ちゃん・子供のあせもの予防法5選

汗をかくとすぐにできてしまうあせもですが、日ごろのちょっとした心がけで予防することができます。赤ちゃん・子供は自分であせもを予防することはできないのでこまめに様子を確認してあげましょう。

快適な温度を保つ

赤ちゃんや小さな子供にとっては「暑い」「寒い」を訴えることは難しいことです。大人にとっては適温でも体温が高く代謝の良い赤ちゃん、子供には暑いことも多く気づかないうちに汗をかいて体温調整しているケースも多くあります。

部屋の温度は汗のかき方を見ながら子供にとっての適温を知っておきましょう。また、暑い時には長時間の外出を避けてこまめに汗を拭いて外出後は着替えさせてあげましょう。

おむつや下着はこまめに変える

おむつや下着は、しっかりとお肌を覆うので汗をかきやすくなります。とくにおむつの場合は湿疹ができていてもおむつかぶれとの見分けがつきにくくあせもに気づかないこともあります。

判断が難しいかもしれませんが、おむつが皮膚に当たっている部分だけにできている場合はおむつかぶれであることが考えられますが、おむつが直接当たっていない部分にも赤いプツプツがあればあせもを疑った方がいいでしょう。

対処法としてはおむつや下着も汗をかいたらこまめに変えるようにして下さい。

こまめに汗を拭く

単純な予防法に思えて効果があるのがこまめに汗を拭きとることです。遊んでいる時など子供が嫌がって汗を拭かせてくれないこともあるかもしれませんが、背中脇の下おでこなどは清潔なタオルでこまめに拭き取りましょう

お風呂上りや眠っているときなど拭いてもすぐに汗が出るときは何度も拭き取るのが大変ですが、背中に汗を吸い取るガーゼなどを入れて対策するのもいいですね。

吸水性や速乾性の高い服を着る

あせもの対策には吸水性、速乾性機能がある素材を使用した服を着るのもおすすめです。こまめな汗ふき、着替えは必要ですが外出時などは汗をかくたびに着替えることは難しいので汗をしっかり吸い取ってくれる吸水性機能の高い服で背中などの汗を吸い取るのも効果的です

さらに速乾性機能がある服であれば、吸い取った汗をすぐに乾かしてくれるのでさらにあせもの予防効果が高まります

ベビーパウダーを塗る

赤ちゃんのあせも対策として長く愛されているベビーパウダーは、主にとうもろこしから取れる「コーンスターチ」や粘土鉱物の一種の「タルク」が主成分となっています。効果がないと言われることもありますが正しく使えばあせもの予防に効果的です

お風呂上がりの清潔なお肌に薄く塗るのがいいのですが、しっかり水分、汗を拭きとらないとダマになって本来の効果が発揮できません

また、すでにあせもができてしまっている時には使用しないようにしましょう。ベビーパウダーが汗孔を塞いで症状が悪化したり治りにくくなる恐れがあります。ベビーパウダーはあくまでもあせもの予防だと考えておきましょう。

顔に塗る時には赤ちゃんが吸い込んで呼吸器官に入ったり目に入ることがないように注意しましょう。

子供のあせもは清潔にすることがポイント!

赤ちゃんや子供のあせもは予防するのも治すのも清潔にすることがポイントです!汗を放っておかずにこまめに拭き取ってお肌の表面に汗を残さないようにしましょう。

夏場は拭き取るだけでなく、たくさん汗をかいた後はシャワーで洗い流したり清潔な服に着替えるようにもしたいですね。

あせもは特別な治療をしなくても治るケースが多いのですが、症状が長引いたり痒がる様子があれば皮膚科で外用薬を処方してもらいましょう