こめかみニキビの4つの治し方!原因を知り正しく対処すれば怖くない!

こめかみニキビの4つの治し方!原因を知り正しく対処すれば怖くない!

悪化しやすいこめかみニキビは、普段何気なく行っている生活習慣にも原因があるようです。こめかみニキビは繰り返しやすくニキビ跡にもなりやすいですが、ちゃんと対策すれば発生しにくくすることも可能なんですよ♪きちんと対策して美肌を目指しましょう!

こめかみニキビの原因と治し方

何気なく手をやると、こめかみにニキビができている……。

こんな風にきっとほとんどの方が、こめかみニキビに悩んだことがあるのではないでしょうか?

こめかみニキビは気づけば悪化してしまって大きな赤ニキビになってしまったり、さらにはクレーターのようなニキビ跡が残りやすいため、厄介なニキビだというイメージがある方も多いでしょう。

しかし、こめかみニキビの原因は普段の生活の中にも隠れているため、原因を知ってしっかり対策をすることによって、ニキビを発生しにくくすることも可能なようです。

そこで今回は、こめかみニキビの原因や4つの治し方について詳しくお伝えしていきます。

はるこ先生
こめかみニキビは、気づけばすでに炎症を起こして赤ニキビに悪化した状態ということも多く、対策しようにもどうしたら分からないという方が多いようなんです……。
アッキー
確かに!
鏡にも映りにくい部位ですし、ニキビの発生が分かりづらい部位というのも対処が遅れてしまう原因になりますよね。
はるこ先生
でも、大丈夫!
ニキビは発生する前に原因を取り除いてしまえば良いんです!
そのためにも、しっかり原因を知って対策していきましょうね♪

おでこやこめかみニキビの特徴と原因

おでこやこめかみにできるニキビは、急に小さなニキビがたくさん発生することもあれば、大きく炎症したニキビがぽつっとできることもあります。そもそも、なぜおでこやこめかみニキビは発生してしまうのでしょうか?

そこでまず最初に、おでこやこめかみニキビの特徴や原因をチェックしていきましょう。

思春期や脂性肌に多い

思春期の頃、おでこやこめかみニキビに悩まされたという方は多いのではないでしょうか?

この思春期の頃にできるニキビは、第二次性徴期に伴ってホルモンバランスが変化して、皮脂が過剰分泌されることによって、毛穴に皮脂が詰まりやすくなることが原因だと言われています。

また、20代後半以降であっても皮脂の分泌が日常的に盛んな脂性肌の方は、同じく過剰な皮脂分泌によっておでこやこめかみニキビができやすくなってしまうようです。

原因は過剰な皮脂分布

おでこやこめかみはもともと顔の中でも皮脂腺が多いため、べたつきやすい部位の1つでもあるようです。そのため、おでこやこめかみにできるニキビの原因の多くは、過剰な皮脂分布によって毛穴が詰まりやすいことにあると言われています。

また、こめかみは髪が触れやすかったり、洗顔料やシャンプーなどのすすぎ残しが起こりやすい部位でもあります。ですので、肌へのダメージが起こりやすいことも、ニキビ発生の原因になってしまうようです。

また、比較的汗をかきやすい部位でもあるため、発生した汗をそのままにしてしまうことによって不衛生な状態になり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすい肌環境になることが考えられるでしょう。

治らない・増えやすい4つの理由

おでこやこめかみのニキビの大元の原因は過剰な皮脂分泌ということを上記でお伝えしましたが、こめかみニキビが治りにくく増えやすいという特徴があるのには、4つの理由があるようです。

少し意識するだけで取り除くことができる理由もあるため、チェックしていきましょう。

1. 髪の毛が触れやすい

おでこやこめかみという部位は髪の毛が触れやすい部位ですが、この髪の毛の刺激によってもこめかみニキビが発生しやすくなると言われています。

髪はどんなに清潔にしても時間が経つと雑菌が付着したり、整髪料などが肌にとって刺激を起こしてしまうことでニキビなどの肌トラブルに発展してしまうこともあるようです。

髪がこめかみなどにかからないようなヘアスタイルにしたり、ニキビが発生している場合には整髪料を過度に利用しないなど工夫をしてみると良いでしょう。

2. シャンプーなどのすすぎ残し

髪のケアでもう1つ注意したいのが、シャンプーや洗顔料などのすすぎ残しです。

髪を洗い流す際に肌についたシャンプーがすすぎ残しとなって残ってしまうと、汚れや石鹸のカスなどが毛穴に入り込んでしまうことによって毛穴を塞いでしまうと言われています。

また、毎日の洗顔にも注意が必要です。髪の生え際やこめかみ、顎の下にはすすぎ残しが発生しやすく、肌トラブルの原因となるため、すすぎ終わったと感じたら鏡を見てチェックするなど心がけると良いでしょう。

3. 保湿不足

おでこやこめかみのニキビは、保湿不足である可能性も考えられるでしょう。

特にこめかみは鏡に映りにくく、化粧水などのスキンケアアイテムの塗り忘れが発生しやすい部位であるため、スキンケアを行う時に保湿をきちんと行えないケースも多いようです。

そのため、スキンケアを行う場合には顔に髪がかからないようにして、しっかりとこめかみにまでスキンケアを行うことが大切だと言われています。

4. ストレスのサイン

おでこやこめかみニキビに限ったことではないですが、ニキビはストレスによって自律神経のバランスが乱れることで発生しやすいという特徴があるようです。

自律神経には交感神経副交感神経の2つがあるとされていますが、交感神経は身体が緊張した状態の時に優位に働き、副交感神経は身体がリラックスした状態の時に優位に働きます。

通常であれば、この2つの神経は絶妙なバランスを保ちながら健康な生活をサポートしてくれますが、ストレスを感じすぎてしまうと交感神経が活発に働いてしまうことによって男性ホルモンノルアドレナリンなどの物質を分泌しすぎてしまうと言われています。

この男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂分泌を過剰に起こしてしまうという働きがあるため、その結果、毛穴が詰まりやすくニキビが発生しやすくなるようです。

おでこやこめかみニキビの原因をチェック!

  • 髪の毛の刺激
  • シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
  • 保湿不足
  • ストレス
はるこ先生
このように、おでこやこめかみニキビの原因は、日常生活の中に隠れている場合もあるんです!
原因が分かったところで、有効な改善策をチェックしていきましょう♪

治し方1:基本は洗顔

スキンケアの基本とも言われている洗顔ですが、洗顔はニキビだけではなくあらゆる肌トラブルの予防&改善には欠かせないスキンケアです。

そこで、洗顔の役割や正しい洗顔方法、おすすめの洗顔料についてお伝えしていきます。

毛穴に詰まった角栓をとる

洗顔の大きな役割は、肌に必要のない皮脂や汗、ホコリ、そして、毛穴に詰まった角栓を除去するということにあります。

ニキビが発生する大きな原因としては毛穴に皮脂や角栓が詰まってしまい炎症を起こしてしまうことにあるため、ニキビを未然に防ぐためにも正しい洗顔は欠かせないでしょう。

洗いすぎは逆効果

洗顔は日常的に行うスキンケアですが、意外にも洗顔が原因で肌に負担をかけてしまい、ニキビを発生させる原因を作ってしまっている方も多いようです。

ニキビ肌の方の多くは、皮脂のベタつきを気にするあまり1日に何度も洗顔してしまったり、ゴシゴシと汚れを落とそうとしているようです。

しかし、これでは肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうことによって肌の乾燥を促し、肌のバリア機能を弱めてしまうことにもなりかねません。

そこで、この機会に正しい洗顔方法をきちんとマスターしましょう。

正しい洗顔方法

  1. 洗顔を始める前に、まずは手を洗って清潔にします。
  2. 洗顔料を適量手にとって、泡立てネットなどを使用して濃密な泡を卵1個分ほど作りましょう。
  3. 泡ができたら、まずは皮脂の多い鼻やおでこなどのTゾーンから泡を乗せてくるくると指先で優しく洗っていきます。
  4. 次に、頬、顎、こめかみを洗い、最後に目元、口元を洗い上げていきます。
  5. 32〜34度ほどのぬるま湯で、しっかりすすぎを行います。
  6. こめかみや顎の下、髪の生え際は泡が残りやすいため、すすぎ残がないかチェックしましょう。
  7. すすぎが完了したら清潔なタオルで水分を抑えるようにして水気を拭き取り、化粧水などで保湿を行います。

おすすめ洗顔料

ニキビができやすい場合、洗顔料の選び方も重要だとされています。

洗顔料の中には洗浄力が強すぎて、肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうものもあるため、この機会に洗顔料をはじめとしたスキンケアアイテムを見直してみるというのも大切でしょう。

そこで、おすすめの洗顔料をお伝えします。

1. クレイウォッシュ:ビーグレン

ビーグレンクレイウォッシュは、泡立たない洗顔料です。

一般的に泡洗顔が良いと言われているのは、毛穴の中の汚れまで泡が入り込んで肌にとって不必要な汚れや皮脂を落としてくれることにあるとされていますが、このクレイウォッシュは天然クレイのモンモリロナイトが持つ汚れだけを吸着する力によって肌を傷めることなく汚れや古い角質を取り除くことにあるようです。

また、肌が本来持っている水分と油分の量のバランスを整える効果があるため、ニキビだけではなくテカリや毛穴トラブル、乾燥など、あらゆる肌の悩みの方におすすめできる洗顔料です。

肌荒れを防いでくれる美容成分であるグリチルリチン酸ジカリウムや、スクラワンなどの保湿成分がたっぷり配合されているため、ニキビ肌でも安心して使用することができます。

ちなみに、ビーグレンでは肌悩みに合わせた8種類のトライアルセット¥1,800で販売されています。

365日間返金保証もついているため、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

注目成分モンモリロナイト、グリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸
容量150g
価格¥3,900

トライアルセット:ビーグレン ¥1,800

2. Non A.:プライマリー

Non A.は医薬部外品の薬用ニキビ専用洗顔石鹸です。

テレビなどのメディアで紹介されていることもあり、製造が間に合わずに1人3個までという個数制限が設けられているほど人気の商品のため、使用したことがある方もいらっしゃるかもしれません。

Non A.の特徴としては、従来の4倍とも謳われているキメ細かい弾力のある泡でしょう。

肌にとって不必要な皮脂などをしっかり洗い流してくれるとともに、ローヤルゼリーなどの保湿成分が潤いを与えてくれるため、さっぱりしつつもしっとり感のある洗い上がりを実感することができるでしょう。

単品価格は¥2,940ですが、3個セットだと10%OFFの¥7,980でお得になっています。

思春期ニキビの方にも大人ニキビの方にも、おすすめですよ。

注目成分グリチルリチン酸ジカリウム、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュア
容量100g
価格単品価格¥2,940、3個セット¥7,980

Non A:プライマリー 単品価格¥2,940、3個セット¥7,980

3. 然 よかせっけん(ジャータイプ):長寿の里

長寿の里の「然 よかせっけん」は、美肌成分である超微細シリカパウダーを豊富に含んだ完全無添加の練り石鹸です。

天然ミネラルを含んだ泡は汚れを吸い付ける力が強く、さらに肌に優しいミネラルも配合しているため、肌に取って不要なものだけを洗浄することができるでしょう。

また、然 よかせっけんの魅力には、洗顔中もへたれることのない弾力のあるもっちり泡、さらに、自然由来の保湿成分が挙げられます。

ちなみにお得な定期コースでは、泡から水素を発生させてくれる泡立てネットがプレゼントされるそうです。一緒に使うことで洗顔力がアップするそうですので、購入時にはぜひ試してくださいね。

注目成分超微細シリカパウダー、コラーゲン、アロエエキス、ローヤルゼリー、グリチルリチン酸ジカリウム
容量88g
価格通常価格 ¥1,800、定期コース価格 ¥1,705

然 よかせっけん(ジャータイプ):長寿の里 通常価格 ¥1,800、定期コース価格 ¥1,705

アッキー
スキンケアの基本でもある洗顔!思春期ニキビの頃から洗顔を行っている方は多いと思いますが、正しい洗顔方法というのは大人になってからも変わらないため、この機会にしっかりマスターしてくださいね♪

治し方2:乾燥対策に保湿

ニキビが発生しやすい方は、皮脂が多くべたつきやすい肌質であることが多いため「これ以上肌がベタつくから、保湿はしなくてもいいのでは?」と保湿ケアを重点的に行わない方がいらっしゃるようです。

しかし、これは大きな間違いだと言われています。

皮脂は対極にあるイメージの「乾燥」によっても過剰に分泌されることがあるため、ニキビをケアする上で、保湿はとても重要な役割を持っているとされています。

そこで、ニキビを改善する上で欠かせない保湿について、ご紹介していきます。

ニキビに対する保湿の重要性

ニキビの予防&改善において、なぜ保湿が重要だと言われているのかをまずはチェックしていきましょう。

そもそも、ニキビは乾燥が大きな原因を占めていると言われています。乾燥した肌は角質層が硬くなってしまうことによって、毛穴が詰まりやすい肌状態になっています。

毛穴が詰まりやすいということは、毛穴の中で皮脂などが詰まってしまい、アクネ菌が繁殖しやすい肌環境になっているということが言えるでしょう。

また、乾燥した肌をそのままにしておくことによって、肌の持つバリア機能がだんだんと低下してしまうようです。すると、外的刺激などから肌を守ろうとして、身体は角質を厚くしてしまう「過角化」という状態になってしまうとされています。

この過角化によっても毛穴の入り口がふさがれてしまうことによって、ニキビはより一層増えてしまうと言われています。

これら全ての原因を取り除くために、保湿ケアが重要となるというのはお分かりいただけるでしょう。

保湿は肌を柔らかくして毛穴が詰まりにくくしてくれるだけではなく、肌のターンオーバーを促すことでニキビやニキビ跡を効率良く改善する効果が期待できるとされています。

それだけではありません。保湿をすることによって、乾燥によるシワやくすみ、シミを予防して、紫外線などの外的刺激に負けない肌質に改善することもできると言われています。

もしも、保湿ケアを行ってないという方は、この機会にスキンケアの方法を変えてみると良いでしょう。

保湿+ニキビケア成分配合の化粧品

保湿ケアができると謳われている化粧品は、たくさん販売されています。

もちろん、何もしないよりは保湿ケアを行うことでだんだんと肌質が改善され、ニキビが発生しにくい肌を作ることもできるかもしれません。

しかし、現在ニキビに悩まされている場合には、保湿ケアと同時にニキビケアができる化粧品を使用することで、より早く効率良くニキビを改善することができるでしょう。

そこで、ニキビケアにおすすめの成分をお伝えしていきます。

化粧品を選ぶ時に、これらの成分が一緒に配合されているかをぜひチェックしてみてください。

ニキビケアに有効な成分】

成分特徴効果
グリチルリチン酸
  • 甘草由来の抗炎症成分
  • グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸2Kとも呼ばれている
  • アクネ菌の繁殖を防いで、ニキビの炎症を和らげる
ビタミンC誘導体
  • 不安定なビタミンCを人工的に安定させた成分
  • 体内でビタミンCに変化する
  • 炎症の予防
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 皮脂分泌をコントロールする
  • 毛穴の引き締め
  • 美白効果
イソプロピルメチルフェノール
  • 殺菌作用のある成分
  • アクネ菌やマラセチア菌を減少させて、炎症を抑制する
サリチル酸
  • 角質を溶かして柔らかくする働きがある
  • 皮膚科などの医療機関でケミカルピーリングなどの治療に用いられている成分
  • 敏感肌の方には刺激が強い場合がある
  • 古い角質を柔らかくして角栓を除去する
  • アクネ菌の繁殖を防止する
フラーレン
  • 炭素がサッカーボール状に構成された分子
  • 抗酸化作用がある
  • メラニン色素を抑制する
  • 活性酸素の除去を行う
  • 美白効果
  • 毛穴を引き締め
  • バリア機能を向上させる

おすすめニキビに効く保湿化粧水

保湿ができる化粧水は様々なブランドから販売されていますが、ニキビケアをしながら肌に潤いを与えてくれる3つの商品をご紹介します。

この3つの化粧水は全て、ニキビができている場合に効果を発揮する抗炎症成分が配合されている商品のため、ニキビ肌の方でも安心して使用することができるでしょう。

現在お使いの化粧水に満足できていない方、ニキビがなかなか改善されていないという方はぜひチェックしてくださいね。

1. オードムーゲ 薬用ローション:オードムーゲ

オートムーゲオートムーゲ 薬用ローションは、50年以上も前から使用され続けている拭き取り化粧水です。

抗炎症成分であるイソプロピルメチルフェノールグリチルリチン酸ニカリウムがニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌して、ニキビが発生しにくい肌質に改善してくれるようです。

オートムーゲのような拭き取り化粧水は、一般的に洗顔後に最初に肌に付けるアイテムになります。

普段のスキンケアアイテムを変えずに使用することができるため、気軽にスキンケアに加えてみてくださいね。

注目成分イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ニカリウム
容量160ml、500ml
価格160ml:¥1,300、500ml:¥2,510

オードムーゲ 薬用ローション(500ml):オードムーゲ ¥2,510

2. アクネケア ローションW:dプログラム

肌がデリケートな方でも安心して使用できるブランドとして多くの方に愛用されているdプログラムですが、アクネケアローションWは大人ニキビを予防&改善してくれる化粧水として長年のロングセラーになっている商品です。

肌本来が持つ美肌バリア機能を整えて、透明感のあるすべすべの肌に改善してくれるため、肌のキメが荒く、肌のベタつきが気になる方はぜひチェックしてみましょう。

ちなみに、dプログラムではそれぞれの肌悩みに特化した4つのトライアルセット¥1,512で販売されています。

ニキビケアができるブランドをシリーズで揃えたいという方は、ぜひ試してみてくださいね。

注目成分トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
容量125ml
価格¥3,780

アクネケア ローションW:dプログラム ¥3,780

3. スキンコンディショナー ノーマルタイプ:ルナメアAC

ルナメアACは、大人のニキビを改善してくれると話題のニキビケアブランドです。

このルナメアACのスキンコンディショナーの特徴としては、ニキビ予防有効成分であるグリチルレチン酸ステアリルトコフェロール酢酸エステルが富士フィルムの独自の技術でナノ化、そして潤い成分とミックスしたアクネシューターという成分によって、ニキビ肌の予防&改善を促してくれる所にあるようです。

タイプは、ここでご紹介するノーマルタイプとしっとりタイプの2種類があるため、お好みで選んでみても良いでしょう。

ちなみに、ルナメアACでも1週間分のトライアルセットがお得な価格で販売されているようです。

このスキンコンディショナーもさっぱりしっとりの2つの使用感を試すことができるため、ぜひ購入前に試してみると良いかもしれません。

価格も¥1,080とお手頃価格ですよ。

注目成分グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル、アクネシューター(R)、セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギ抽出液、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキス
容量120ml
価格¥2,376

ルナメアAC 1週間お手入れキット ¥1,080

はるこ先生
保湿はあらゆる肌トラブルを改善してくれる、美肌には必須のスキンケアなんですよ♪
ニキビケアができる成分が配合されているおすすめ化粧品は、肌に刺激なく使える商品ばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

治し方3:食事で身体の中から治す

これまでご紹介してきたこめかみニキビの治し方は、スキンケアなどどれも身体の外側から行う改善方法でした。しかし、忘れてはならないのが、食生活の見直しです。

ここでは、身体の内側から食事によってニキビを改善する方法をお伝えします。

ニキビ肌に重要なビタミンB群

ニキビ肌に有効な栄養素として、ビタミンが欠かせない!というのは多くの方がご存知でしょう。

ビタミンと一言で言っても様々なビタミンがありますが、その中でも重要な役割を占めているのがビタミンB群だと言われています。

ビタミンB群は代謝ビタミンとも呼ばれているほど、身体の中でエネルギーを作るためには欠かせない栄養素です。おもな働きとしては、皮膚や粘膜を健康に保つことや、新陳代謝を促すこと、また、疲労回復をさせてくれる効果もあるようです。

それぞれのビタミンが作用し合うことで相乗効果をもたらして身体に良い影響を与えると言われているため、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB群に属する栄養素は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パンテノン酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミン12、葉酸の8種類だとされています。

そこで、ビタミンB群を含む食べ物をご紹介します。

【ビタミンB群を含む食べ物】

栄養素
ビタミンB1豚肉、レバー、豆類、うなぎ、ハムなど
ビタミンB2うなぎ、魚肉ソーセージ、ぶり、いくら、海苔、レバー、チーズなど
ビタミンB6レバー、ひまわりの種、ピーナッツ、マグロ、カツオ、サケなど
パンテノン酸レバー、卵、納豆、たらこ、うなぎ、いくらなど
ナイアシンレバー、カツオ、マグロ、かんぱち、ぶり、サンマ、海苔など
ビオチンレバー、カレイ、イワシ、大豆、ナッツ類、卵など
ビタミン12しじみ、レバー、あさり、イクラ、たらこ、海苔、イカの塩辛など
葉酸ブロッコリー、枝豆、モロヘイヤ、芽キャベツ、ほうれん草、水菜、アスパラガス、納豆など

便秘解消に食べて欲しいもの

女性に多い症状である便秘ですが、便秘が続いてしまうとニキビのような肌トラブルが発生しやすくなると言われています。

そもそも、便秘というのは腸の中に便が溜まってしまっている状態のことを言います。

本来であれば便として排出されるはずの老廃物や毒素が溜まってしまっている状態のため、腸内環境が悪化して血流の悪化を起こしてしまったり、血中に溶け込んだ老廃物が全身に周ってしまうことによって、ニキビや疲労感、肩こり、イライラなど、様々な不調を起こしてしまうとされています。

慢性的な便秘を改善させるためには、食生活を見直してみるということも大切な対処法でしょう。

栄養素をバランス良く1日3食摂るということはもちろん、腸内環境を整えてくれる乳酸菌、ビフィズス菌、発酵食品、食物繊維を豊富に含む食べ物を積極的に摂ることが大切です。

また、水分を十分に摂ることも忘れないようにしましょう。

ニキビ肌は控えるべき4つの食べ物

ニキビがある時に控えたい食べ物についてもチェックしていきましょう。

1. 糖分を多く含む食べ物

人間が生きるためには必要な糖分ですが、過剰に摂取してしまうとニキビなどの肌荒れの要因になってしまうようです。

糖分はエネルギー源と脂肪分に分解される際に、ビタミンB群を大量に消費してしまうと言われています。また、脂肪分として身体に蓄積された糖分は、皮脂の過剰分泌を促してしまうと言われているため、注意するようにしましょう。

さらに、糖分の多いケーキやジュースなどは、GI値が高く、急激に血糖値を上げてしまい、インスリンの分泌を過剰にしてしまうとされています。インスリンにも皮脂の分泌を促す作用があるため、ニキビの原因である皮脂詰まりを起こしやすい肌環境にしてしまうでしょう。

もしも、どうしても糖分を摂取したくなった場合には、失われがちなビタミンB群を食事やサプリから摂取するのも良いようです。

2. アルコール

アルコールによっては、糖分をたくさん含んでいる種類のお酒もあります。

上記でご紹介したように、糖分の摂り過ぎは皮脂の過剰分泌を促してしまうことになるため、ニキビが気になる場合には控えるようにした方が良いでしょう。

また、アルコールは毛細血管を拡張させるという特徴があるため、皮脂線を刺激したり、炎症を悪化させてしまう場合もあるようです。

臓にも負担がかかってしまうと言われているため、ほどほどにしておくことを心がけるようにしましょう。

3. 刺激物

唐辛子などの刺激物新陳代謝をアップさせてくれる働きがあるため、ダイエット中に大量に摂取している方もいらっしゃるようです。しかし、辛い食べ物は胃腸に負担をかけてしまい、消化・吸収の機能を低下させてしまうと言われています。

また、カフェインなどの刺激物はビタミンB群の吸収を低下させてしまうため、控えたり、飲み方を工夫するようにしましょう。

4. 脂っこい食べ物

脂っこい食べ物は、皮脂を過剰に分泌させてしまう原因と言われています。また、脂っこい食べ物の食べ過ぎは、肥満など身体にとっても負担をかけてしまう可能性があります。

動物性脂肪やファーストフード、バターをたくさん使用したお菓子、揚げ物などの摂り過ぎには注意するようにしましょう。

アッキー
偏った栄養バランスの食事ばかりだと美肌を損なってしまうのはもちろん、健康までも害してしまう可能性もあるので、この機会に食生活を見直してみるのも良いですね♪

治し方4:ニキビ吹き出物に効く市販薬

ニキビの程度がひどく、どうにかすぐにでも治したい!という場合には、薬を用いてケアをするというのも有効でしょう。

そこで、ニキビや吹き出物に効果のある市販薬をご紹介します。

これからご紹介する3つの薬はどれもニキビや吹き出物を改善することに特化した薬のようですが、しかし、薬の使い方を間違えてしまったりすると効果を感じられない場合もあるため、用法などはよく読んで用いることが大切でしょう。

1. テラ・コートリル軟膏【指定第2類医薬品】

テラ・コートリル軟膏は、抗炎症作用のある成分であるヒドロコルチゾンと、抗菌作用のあるオキシテトラサイクリン塩酸塩が配合されている市販薬です。

効果が高く、薬局などでもすすめてもらえるニキビ対策市販薬としても有名ですが、含まれているヒドロコルチゾンというのはステロイドの成分のため、長期使用することによって副作用が起きる可能性が考えられるようです。

そのため、ニキビの炎症が起きている部位のみに使うことや、短期間の使用にしておくということが重要でしょう。

成分オキシテトラサイクリン塩酸塩、ヒドロコルチゾン
容量6g
価格¥661

テラ・コートリル軟膏 ¥661

2. チョコラBBプラス【第3類医薬品】

チョコラBBは、肌荒れやニキビ、口内炎に効果があるとして、広く知られている内服薬です。

身体の中の肌細胞の生まれ変わりを助ける活性型ビタミンB2、そして、疲れや肌荒れに効果のあるビタミンB群が高単位で配合されているため、身体の内側からニキビが発生しにくいケアを行うことができるでしょう。

1日量は2錠だとされていますが、毎日続けることでその効果を発揮してくれると言われています。

不摂生でビタミン不足だと感じている方に、おすすめの市販薬です。

成分リボフラビンリン酸エステルナトリウム、ピリドキシン塩酸塩、チアミン硝化物、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム
容量250錠
価格 ¥3,099

チョコラBBプラス ¥3,099

3. ペアアクネクリームw【第2類医薬品】

ペアアクネクリームwは、炎症が起きている赤ニキビなどに効果のある外用薬です。

有効成分であるイブプロフェンピコノールがニキビの生成を抑えて、炎症を鎮めてくれる効果があるようです。

また、現在ニキビがある場合でもアクネ菌を殺菌してくれるイソプロピルメチルフェノールが浸透して、吹き出物やニキビの進行を抑えてくれるでしょう。

肌に伸びやすいクリームタイプで、塗った後には透明になるため、使用した後のメイクもOKです。

朝晩の洗顔後に限らず日中の外出時にもニキビケアができるため、より効率良くニキビの改善に期待できるでしょう。

成分イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール
容量14g、24g
価格14g:¥500、24g:¥989

ペアアクネクリームw(24g) ¥989

はるこ先生
薬局やドラッグストアで購入する場合には、常駐している薬剤師さんやスタッフに使用方法を聞くと安心できるかもしれません。
しかし、これらの薬を使用しても改善が見られない場合や、症状がひどくなってしまう場合には、皮膚科などの医療機関を受診することも大切ですよ!

内臓の不調でもこめかみニキビ

暴飲暴食をした後や胃腸の調子が良くない時に、ニキビや肌荒れが起こりやすいと感じたことがある方は多いでしょう。

実は、内臓の不調によってもニキビは起きてしまうと言われています。

そこで、内臓の不調がニキビの原因となるメカニズムをお伝えするとともに、顔のパーツ別に見る内臓の不調についてご紹介します。

内臓の不調は重篤な病気の引き金となる可能性もあるため、ニキビがいつも同じ部位にばかり発生しているという方は、ぜひチェックしてみましょう。

内臓不調がニキビとなるメカニズム

ニキビが発生する大元の原因は、皮脂などが毛穴に詰まってしまうことだと言われているのはこれまでご紹介してきたとおりです。

この皮脂が過剰分泌されるのは、不規則な生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレス、間違ったスキンケアなどの様々な要因が考えられますが、内臓不調がニキビとなるのはおもに不規則な生活習慣による寝不足、偏った食生活などが挙げられるでしょう。

このような生活を続けていると、知らず知らずのうちに内臓に疲れが溜まっていってしまい、胃腸や肝臓などに影響を及ぼしてしまうようです。

具体的には、胃腸の機能が疲れによって低下することによって消化や吸収の働きが落ちてしまい、消化できなかった栄養分が毒素となって身体の老廃物として溜まってしまったり、肌にとって必要な栄養素が吸収できないことによっても本来持つ肌の機能が低下することでニキビができやすい肌環境になってしまうとされています。

また、血液を綺麗にしてくれる働きのある肝臓の機能が低下することによって、老廃物が溜まったドロドロの血液になり、栄養素を肌まで十分に運べないことや、また、腎臓の機能が低下することによって身体の中の毒素や老廃物を解消しにくくなることによっても、肌トラブルなどに影響すると言われているようです。

顔のパーツ別に見る内臓の不調

内臓と言っても様々な臓器がありますが、顔にニキビなどができた場合にはどの臓器に不調を来しているのかということについてもお伝えします。

ニキビは様々な原因によって起こるため断定はできないものの、目安として把握しておくと良いかもしれません。

1. おでこ

思春期ニキビができやすい位置としておでこが挙げられますが、中国医学によると消化器官の小腸大腸に不調がある場合におでこにニキビができやすいと言われているようです。

暴飲暴食便秘下痢などの症状がある場合に、ニキビが発生しやすい場所のようです。

2. 目元やこめかみ

目元やこめかみのニキビは、おもに肝臓に不調がある場合に発生しやすいようです。

肺の不調というと、おもにタバコを吸う方に考えられやすいと言われているようです。

肝臓は身体の代謝や解毒作用に深く関わりがある臓器とされていますが、アルコールの分解なども行う働きがあるのは知られているところでしょう。

そのため、アルコールの過剰摂取をはじめ、油っぽいものや糖分の多いものを摂り過ぎたり、また暴飲暴食を行ってしまうことで肝臓に負担がかかり、代謝や解毒ができていない場合にニキビができてしまうことがあるとされています。

3. 鼻

にニキビが起こる場合には、心臓肝臓腎臓への臓器に負担がかかっている可能性があるでしょう。血圧が正常ではない方、ストレスが過度にかかっている方は起こりやすいと言えます。

4. 頬

にニキビが発生する原因は、呼吸器(鼻、気管支、喉、肺など)や肝臓心臓などの臓器に問題がある可能性があるようです。

風邪や喉の痛みなどの呼吸器の他、アルコーの過剰摂取や暴飲暴食ストレスからくる心の乱れなどがニキビとなって肌に現れていると言えるでしょう。

5. 口の周り

口の周りのニキビは、小腸に不調がある場合に発生しやすいようです。

暴飲暴食によって消化・吸収の働きがうまく行えていなかったり、偏った食生活が続くことで栄養素が不十分な場合に起こりやすいと言われています。

6. あご

大人ニキビが発生しやすいあごのニキビは、子宮などの婦人科系の臓器、またの不調によって起こりやすいようです。

あごのニキビは、ほとんどがホルモンバランスの乱れから生じると言われています。

ホルモンバランスの乱れはストレスや不規則な生活習慣からも起こってしまいますが、他にも生理前や妊娠中などホルモンバランスが崩れやすいタイミングであごにニキビが発生することもあるでしょう。

また、が弱っている可能性も考えられるようです。

対処法は内臓を休ませること

内臓の不調を改善するためには、内臓を休ませるということが何よりの対処法でしょう。

そのため、乱れた食生活や偏食などの生活習慣を見直してみると良いとされています。

具体的には、脂っこいものやインスタント食品、糖分の多い食品は控えるようにすることや、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取に気をつけるということが大切です。

また、血液の流れを良くするために1日1.5〜2リットルほどの水分を摂取したり、血液をサラサラにするDHA・EPA・ポリフェノール・クエン酸などの栄養素を食事の中で積極的に摂るというのも有効でしょう。

こめかみニキビに悪影響を与える3つのクセ

次に、ニキビに悪影響を与えてしまう気をつけたい3つのクセについて、チェックしていきましょう。

クセは無意識に行ってしまうためなかなか改善できないものではありますが、知っておくことで意識することはできるはずですよ。

1. 前髪やもみあげをいじるクセ

無意識に前髪やもみあげをいじるクセはありませんか?

一説によると、髪を触るという行為は不安や緊張などの心理状態を表すとまで言われているようですが、それほど、髪を触るクセがある方は多いようです。

しかし、上記で挙げたこめかみニキビの原因でも触れましたが、こめかみはどうしても髪が触れやすい部位です。

手に付着した雑菌以外にも、整髪料や髪についた雑菌ホコリが、髪を触れば触るほど皮膚に付着しやすい状態になってしまい、ニキビを悪化させてしまう原因になるため注意しましょう。

クセを手っ取り早く改善する方法としては髪を短く切ってしまうという方法がありますが、女性の場合には前髪やもみあげの髪を気にならない程度にまで短くするのは難しいことです。

そのため、前髪をピンで留めたり、オールバックにして結んでしまうようなヘアスタイルに挑戦するなど、髪を触らないような工夫をしてみると良いでしょう。

2. ニキビを潰す・触るクセ

こめかみニキビに限ったことではないですが、ニキビが発生すると気になってつい潰したり触ってしまうクセがある方も多いでしょう。

しかし、皆さんご存知の通り、ニキビは刺激を与えないということが改善への第1歩だと言われています。

ニキビを潰してしまうと患部の傷から雑菌が入り込んで炎症を悪化させてしまったり、なかなか治りにくい色素沈着が発生してしまうこともあるようです。

中には、クレーターのようにデコボコとしたニキビ跡にまで悪化してしまい、セルフケアでは改善されにくい状態になってしまうケースもあるため注意が必要です。

意識してもどうしてもニキビを潰したり触ったりすることをやめられない!という方は、ニキビが発生した場合に絆創膏やガーゼで保護しておくのも予防になるかもしれません。

3. 額の汗をこするクセ

夏場など暑い時に限らず、こめかみは汗をかきやすい部分だと言われています。しかし、汗をかいたからといって、額の汗を手や腕でぬぐってしまっていませんか?

額の汗をこするクセは、手などについている雑菌を肌に直接つけてしまうため、ニキビの炎症の原因になってしまうようです。そのため、清潔なタオルを持ち歩いたり、濡らしたコットンで拭き取るなどのケアを怠らないようにしましょう。

また、近年、メイクをしたままでも使用できる顔専用の汗拭きシートなども販売されているため、上手に活用して汗を手でこすらないように気をつけましょう。

大きくて硬いできものは「硬結」かも?

一見ニキビのように赤く腫れる大きくて硬いできものは、「硬結ニキビ」の可能性があるようです。治りにくいと言われている「硬結ニキビ」とは、一体どんなニキビのことを言うのでしょうか?

硬結(こうけつ)ニキビとは

硬結ニキビとは、ニキビの炎症が悪化してしまいしこりのように硬くなってしまうニキビのことだとされています。

ニキビの炎症が悪化してしまった状態だと言われていて、触ると硬くしこりのように硬いのが、この硬結ニキビです。

また、触ると痛く、普通のニキビのように芯が見つかりにくいというのも特徴として挙げられるでしょう。

ニキビが改善してもしこりは存在してニキビ跡やシミのようになることもあるため、ニキビの中でも厄介な状態だと言えるようです。

ニキビのなかでも重症な状態

ニキビと一言で言っても、様々な種類があるというのをご存知でしょうか?

おもなニキビの種類として、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビが挙げられますが、白→黒→赤→黄色と悪化するごとにニキビは変化していくと言われています。

この硬結ニキビは黄色ニキビがさらに悪化してしまったニキビのため、ニキビの中でも重症な状態だとされています。

硬結ニキビが発生するメカニズム

どんなニキビも、はじめは皮脂が毛穴に詰まることによって発症すると言われています。

そして、詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖することによってだんだんとニキビが悪化していくとされていますが、この時、血液中では好中球と呼ばれるの白血球の1種アクネ菌を刺激している状態になっているようです。

このことによって、赤く膿を持つ炎症ニキビが発生してしまうと考えられています。

この状態でニキビが沈静化すれば良いですが、ニキビの程度がひどい場合には好中球がアクネ菌をそのまま刺激し続けてしまうことがあるようです。

すると、毛穴の壁を壊してしまい、毛穴の周りにまで炎症が広がり、熱を持つしこりのような硬結ニキビが発生してしまうとされています。

自力ケアで改善しないときは皮膚科へ

硬結ニキビが厄介だと言われる理由は、炎症が収まって見た目には完治したように見えてもしこりのみが残ってしまうことにあるでしょう。

一旦しこりができてしまうと自力ケアではなかなか改善しにくくなってしまい、肌質によっては生涯残ってしまう可能性もあるようです。

そのため、硬結ニキビは皮膚科などの医療機関の手を借りてケアをするというのが最も効率の良い改善策かもしれません。

はるこ先生
「硬結ニキビ」は跡になりやすいニキビのため、可能であれば硬結ニキビにまで悪化する前に適切なケアや治療を行って、ニキビの悪化を防ぐケアをすることがベストかもしれませんね!

大量・痛い・かゆいは病気の可能性も

ニキビには様々な大きさや色などがありますが、もしも突然大量にニキビが発生したり、痛みかゆみを伴う場合には、皮膚の病気の可能性もあるようです。

そこで、ニキビと間違われやすい3つの皮膚疾患について見ていきましょう。

めんちょう

めんちょう(面疔)とは、顔にできる皮膚感染症の1つだとされています。

昔は「めんちょうが鼻から眉間にできると死の可能性がある」と言われていたようですが、めんちょうが悪化してしまうと目や脳への障害が起こることもあり、そう言われていたのでしょう。

めんちょうの症状と原因

めんちょうの症状は強い硬さのある大きなできものができて患部が紫色〜赤黒くなり、数日経つとが出てくるのが特徴のようです。

鼻や頬にできやすく痛みやかゆみの症状が現れることもあり、一般的にかゆみが見られる場合には悪化しやすいという傾向があるとされています。

めんちょうの原因は毛穴などから黄色ブドウ球菌という細菌が感染することによって起こると言われていますが、この黄色ブドウ球菌は常在菌の1つでどんな人の肌にも存在する菌のようです。

ニキビと間違われやすい疾患ですが、ニキビとの大きな違いはめんちょうには芯がないということでしょう。

ニキビと勘違いして潰してしまい、かえって悪化してしまうケースも多くあるようですので、自己判断には注意が必要です。

めんちょうの治療法

小さな傷や皮膚が湿っている状態が続くことによって感染、増殖すると考えられていますが、治すためには医療機関で処方された抗生物質による治療が基本となるでしょう。

内服薬や外用薬によって1〜2週間ほど経つとだんだんと腫れが引いていくと言われていますが、めんちょうが悪化して治りが遅い場合には患部を切開する手術が行われることもあるようです。

できるだけ早い治療が必要となるため、できるだけ早く病院を受診することが肝心でしょう。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎とは、マラセチア真菌というカビが毛穴で増殖することによって発生すると言われています。

赤ニキビのように小さくポツポツとしていてニキビと似ていますが、一般的なニキビの原因菌とは違う菌によって起こるため適した治療を行うことが大切なようです。

そもそも、マラセチア菌というのは皮膚に存在する常在菌の1つでいくつかの種類がありますが、マラセチア・ファーファーという種類の菌が原因になると考えられています。

マラセチア毛包炎​の症状と原因

症状としては、赤く小さなポツポツとしたニキビのようなできものが大量に発生するのが特徴のようです。軽度のかゆみが起こることもあり、おもに胸、背中などに多く発生しやすいという特徴があるようです。

高温多湿の夏場や、汗をかきやすい環境で起こることが多く、免疫力の低下など、様々な要因によって発生しやすいと言われています。

ニキビとの違いは、均一的に現れるかどうかということに注目して見てみましょう。

ニキビの場合には均一性がなく、対してマラセチア毛包炎は毛穴と一致して均一的に現れやすいようです。

また、マラセチア毛包炎の場合には炎症性が低く、大きく腫れあがることがないのもニキビとの違いと言えるでしょう。

マラセチア毛包炎​の治療法

改善策としては肌を清潔に保ち、規則正しい生活を行って体調を整えることによってだんだんと改善される場合が多いようですが、まれに症状が繰り返してしまうこともあるため、注意が必要です。

医療機関の治療では、抗真菌薬などの外用薬や内服薬を使用しての治療となるようです。

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)とは、皮膚の良性腫瘍の1つだとされています。

なんらかの原因によって皮膚の中に嚢胞と呼ばれている袋のような形のものができてしまい、その中に古い角質などが溜まってしまったものだと言われています。

粉瘤(アテローム)​の症状と原因

粉瘤(アテローム)は身体中どこでも発生すると言われていて、数mmのものから数十cmに膨れ上がってしまうこともあるようです。

初期の頃には触れるとしこりを感じる程度ですが、角質などの老廃物などが溜まっていくことによってだんだんと大きくなってきてしまいます。

粉瘤の原因ははっきりとは明らかになっていないようですが、生まれつきの体質によって粉瘤が発生しやすい方もいらっしゃるそうです。

粉瘤の大きな特徴としては、膨れ上がった中央に黒い点のようなものができる場合があることでしょう。

これは、ヘソとも呼ばれていますが、粉瘤の開口部となっていて、周囲を圧迫することによって中身が出てくることがあるようです。

また、粉瘤は触っても痛みやかゆみを感じないことがほとんどですが、粉瘤の中に細菌が繁殖してしまうと膿を持って赤く腫れ上がって痛むことがあるとされています。

粉瘤(アテローム)​の治療法

粉瘤の改善方法としては、全ての場合手術が行われるようです。

切開をして嚢腫を引っ張り出した後に縫合する「小切開摘出術」という手術や、粉瘤に穴を開けて内容物を出した後に嚢胞も全て取り除く「くり抜き法」という手術がよく見られる手術方法でしょう。

傷跡は半年〜1年ほどで目立たなくなると言われていますが、顔などの傷跡が目立ちやすい部位には特殊な縫合などによって傷跡が残らないような処置をしてくれる医療機関もあると言われています。

こめかみニキビにはこんなジンクスも…

学生時代など、ニキビができる場所によってニキビ占いをしたことがある方は少なくないでしょう。「想い想われ振り振られ」というフレーズは、多くの方に知られていますよね。

ニキビはできない方が良いというのは当たり前のことですが、こめかみニキビには恋愛におけるジンクスがあるようなのです。

ニキビが発生してしまったと悲観的になる前に、こんなジンクスで気を紛らわせて前向きにニキビ改善に取り組んでみると良いかもしれません。ニキビの種類によっても意味が変わってくるため、ぜひ参考にしてくださいね。

右のこめかみニキビのジンクス

【白ニキビ】

  • 恋愛運がアップする
  • 運命の人にめぐり合えるチャンス

【赤ニキビ】

  • 自分を取り巻く環境が悪化する
  • 悪い噂が広まる可能性もある

左のこめかみニキビのジンクス

【白ニキビ】

  • 出会い運がアップする
  • 告白の成功率が高くなる

【赤ニキビ】

  • 恋人と喧嘩するなど、トラブルの予感

こめかみブツブツにきびは潰さず治す

こめかみニキビの原因や対処法についてお伝えしてきました。こめかみニキビは悪化しやすく繰り返しやすいという厄介な特徴があるため、一度発生してしまうと悩みの種になっていた方も多いでしょう。

しかし、こめかみニキビはご紹介してきたような適切なケアをすることによって、悪化させずに改善することも可能になるはずです。

こめかみはつい触ってしまう部位でもありますが、ニキビは潰してしまったり刺激を与えてしまうことによっても悪化してしまい、硬結ニキビやクレーター跡の原因となる可能性が考えられるようです。

また、悪化してしまうことでセルフケアでは対処することが難しくなってしまうケースもあるため、正しいケアを知って早期に対策していくことが肝心でしょう。

また、ニキビに似た症状の病気内臓の不調によってもニキビは発生してしまうこともあるため、たかがニキビだと軽視せずに病院を受診してみることも大切です。ぜひ、参考にして理想の美肌を作ってくださいね。