ニキビ跡のクレーターは改善できる!おすすめ化粧品2選と治療法3選

ニキビ跡のクレーターは改善できる!おすすめ化粧品2選と治療法3選

「クレーターニキビ跡が嫌すぎる……。」遠目から見ても目立つクレーターニキビ跡、実はしかるべき対処をすれば改善は可能とされるようです。ここでは改善におすすめの化粧品から治療法まで網羅してみました。どうしても治したいという方は必見です。

​クレーターを治す方法を知りたい!​

「とうとうクレーター状のニキビ跡になってしまった……。もうどうしようもないの?」

ニキビ跡にはさまざまな種類がありますが、クレーター状のニキビ跡はその中でも特に治しにくいと言われており、あなたは絶望してしまっているのかもしれません。

しかし、クレーター状のニキビ跡であったとしてもしかるべき対処をすれば改善させることは可能かもしれません。ここではクレーター状のニキビ跡を治すためにはどうすればいいのか、手術方法にはどのようなものがあるのかなど、ニキビ跡治療方法を集めてみました。

なんとしてでも治したいと思われている方は必見です、

はるこ先生
クレーター状のニキビ跡も治せるかもしれないわ。でも、自分の勝手な判断でニキビ跡処理をしようと思えば悪化してしまう可能性もあるの。ぜひここで紹介されていることをしっかり勉強して、クレーターニキビ跡を少しでも改善してくださいね。

ニキビ跡のクレーターの段階

ニキビ跡にはさまざまな種類がありますが、クレーター状ニキビ跡はその中でも最も治療がしづらいと言われています。クレーター状ニキビ跡にもいくつかの種類があることはご存じでしたでしょうか。

ここではクレーター状ニキビ跡ができるメカニズムから、クレーター状ニキビ跡の種類まで、詳しくご紹介していきましょう。

クレーター状のニキビ跡はなぜできるのか?

クレーター状のニキビ跡というと普通のニキビ跡とは違い、凸凹としていることが大きな特徴です。なぜこのようにクレーター状になってしまうのでしょう?もともとニキビ跡にも3つの種類があるとされています。

具体的にいうと、

  • ​赤みのあるニキビ跡
  • 色素沈着ニキビ跡
  • クレーター状ニキビ跡

の3種類に大きく分けられています。

3種類のニキビ跡のうち、下にいくほど治療が難しくなり、どれだけ上の方の段階でニキビ跡を改善することができるのかといったことが完全治療の大きなカギとなります。

赤みのあるニキビ跡を放っておくと紫外線や外部の最近、ウイルスの影響を受けて色素沈着ニキビ跡となります。

ただし、赤みのあるニキビ跡、色素沈着ニキビ跡はまだ炎症している部分が浅く、肌の角質層の中でも「表皮」と呼ばれる部分までしか炎症が広がっていません。

なので色素沈着ニキビ跡までであれば、それ以上炎症がひどくならないようにするだけでお肌のターンオーバーによって自然と治っていくとされています。

しかし、クレーター状ニキビ跡の場合には炎症が角質層でいう「真皮」と呼ばれる非常に深い部分まで炎症が広がり、真皮の細胞が破壊されてしまっています

真皮は角質層でも土台のような働きをしているため、土台が破壊されてしまうことによって凸凹としたような肌の形になってしまうのです。さらに真皮が完全に生まれ変わる、つまりターンオーバーの周期は6年もの歳月がかかると言われています

なので一度クレーター状ニキビ跡になってしまうとなかなか治すのには時間がかかってしまうため、治療には基本的に手術が最も有効であると言われています。

続いて、クレーター状ニキビ跡の3タイプについて詳しく見ていきましょう。

アイスピックタイプ

アイスピックタイプのクレーター状ニキビ跡というのは、ニキビ跡を輪切りにして見た時にアイスピックのように鋭く尖った形をしていることから名づけられました。

アイスピックタイプの定義は穴の広さが2mm以下であり、キズが角質層の中でも比較的深いところまで届いているニキビ跡のことを指します。アイスピックタイプは穴の広さがそれほどないため、次に紹介する「ボックスカータイプ」「ローリングタイプ」ほど肉眼で見た時に目立ちません。

ファンデーションやコンシーラーなどでも比較的隠すことは簡単であるとされています。

ボックスタイプ

ボックスタイプは穴の直径が4mm以上ですが、穴の深さがそれほど深くないクレーター状ニキビ跡のことを指します。ニキビの炎症がそれほど深くまで行かなかったためにこのような形になったものであると言われています。

ローリングタイプ

ローリングタイプは穴の直径が4mm以上と大きく、さらに穴の深さも深くなってしまうようなクレーター状ニキビ跡の種類です。肉眼でもよく分かるために、コンシーラーやファンデーションでも隠すのは難しいとされています。

ローリングタイプのニキビ跡はアイスピックタイプが集まってできたものであるとの見方もあります。

アッキー
クレーター状ニキビ跡にもこれだけの種類があるんですね!
はるこ先生
そうね、でもどのクレーター状ニキビ跡も適切な対処をすれば改善することは可能かもしれないのよ。次章からは化粧品でクレーター状ニキビ跡を改善する方法について見ていきましょう。

クレーターを化粧品で改善する方法

クレーターのニキビ跡を治す方法にはいろいろな方法がありますが、ここでは化粧品でクレーター状ニキビ跡を解消する方法についてご紹介していきましょう。

ただし、クレーター状ニキビ跡は非常に頑固なニキビ跡ですので、普通は化粧水や化粧品を用いて完全に治すことはできません。

しかし、今までのスキンケア方法ではさらにクレーター状ニキビ跡を悪化させてしまうかもしれませんし、化粧品でお肌に栄養を補給してあげることもクレーター状ニキビ跡を少しでも改善するうえでは非常に大切となります。

ここでは、具体的におすすめの化粧品をご紹介していきましょう。

化粧品の選び方

具体的におすすめ化粧品をご紹介する前に、クレーターニキビ跡を改善することに特化した化粧品の選び方をご紹介していきましょう。クレーター状ニキビ跡を少しでも改善するには、肌のコラーゲン量を増やすことが最も有効であると言えるでしょう。

お肌のターンオーバーにはコラーゲンが必要不可欠であり、コラーゲンがなければターンオーバーは潤滑に行われにくくなってしまいます。では、肌のコラーゲン量を増やすためにはコラーゲンが配合された化粧品を選べばよいのかというと、そういうわけにもいきません。

コラーゲンは分子が大きいため、なかなか肌の奥深くまで届いていかないのです。そこで、肌のコラーゲン量を増やすためのアプローチ方法としておすすめの化粧品をご紹介していきましょう。

日常ケアで取り入れたい化粧品

コラーゲンを配合している化粧品だけでは肌のコラーゲン量は増えないことは説明をいたしました。では、どのようにしてコラーゲン量を増やせばいいのでしょう。

次の2つの化粧品がおすすめです。

化粧水|VCローション(シーボディ)

1つ目におすすめの商品がシーボディの「VCローション」です。VCローションはビタミンCを配合豊富に配合しているローションです。

実はビタミンCは肌の内側のコラーゲンを生成する時には欠かせない成分であると言われており、間接的にコラーゲン量を増やすことができると言われています。

さらにビタミンCはお肌を引き締める効果もあるとされており、クレーター状ニキビ跡の凸凹も多少抑えてくれるでしょう。シーボディのVCローションはまとめ買いをすることで通常価格の8,000円から5%OFF、7%OFF、10%OFF価格にすることが可能です。

一週間たっぷり試せるスターターセットも1,800円なので気になる方はこのセットから試してみるのも良いかもしれませんね。

シーボディ「VCローション」のさらに詳しい情報はコチラ

美容液|QuSomeレチノA(ビーグレン)

2つ目におすすめの商品はビーグレンのQuSomeレチノAと呼ばれる美容液です。

ビーグレンではQuSome(キューソーム)と呼ばれる、成分をカプセルに詰め込むことで肌の内側まで各主成分を届け、肌の内側で直接作用させる新技術を使用しています。

QuSomeレチノAでは「レチノール」「レチノイン酸トコフェリル」と呼ばれるビタミンAの一種を使用しており、これらの成分は肌のコラーゲン量生成を助ける働きがあるとされています。

レチノール、レチノイン酸トコフェリルをQuSome技術を使って肌の内側までしっかりと届け、肌のコラーゲン生成をどんどん手伝ってくれるでしょう。

QuSomeレチノA​は5,400円(税抜き)ですが、ビーグレンでは初めての方のためにトライアルセットも用意されています。トライアルセットは様々な肌悩みに対応するセットが各1,620円で試すことができるので非常におすすめです。

ビーグレン「QuSomeレチノA」のさらに詳しい情報はコチラ

クレーターを皮膚科で治療する方法

クレーター状のニキビ跡を本当に改善したいと思われているのであれば、皮膚科での治療をおすすめいたします。皮膚科ではクレーターニキビ跡に対する治療法もしっかりと存在しており、医師がその人に合ったニキビ跡の治療法を提案してくれます。

ここではどのような治療法があるのかについて詳しく見ていきましょう。

レーザー治療

クレーター状ニキビ跡治療の代表格として、レーザー治療があります。レーザー治療では真皮に作用して土台を作り上げたりして、凸凹をフラットにします。レーザー治療にはどのような種類があるのでしょうか。

炭酸ガス(CO2レーザー)

水分に吸収されやすい炭酸ガスを用いたレーザー治療です。炭酸ガスレーザーではクレーターの角の部分を削り、新しい細胞の生成を促すことによって肌を内側から盛り上げ、フラットな肌にすることを目指します。

レーザーを照射したあとの皮膚はかさぶた状態になるので、しばらくの間はガーゼなど患部を覆う必要があります。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは肌に小さな穴をいくつか開けることによって肌の生まれ変わりを促進する治療法です。フラクショナルレーザー治療にもいくつかの種類があり、以下は主な2つです。

フラクセル

フラクセルという方法では、レーザーで穴を開けた部分、開けた部分周辺で作用が違います。レーザーで穴を開けた部分周辺に関しては細胞分裂が活性化してコラーゲンの生成が促されます。

さらに穴を開けた部分の細胞は死に、1週間ほどでかさぶたとなって剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれかわります。1回の照射で約10%程度の皮膚が生まれ変わると言われています。

アンコア

アンコアは従来のフラクセルでは届かない深い部分までレーザーを照射することができるため、深いクレーター状ニキビ跡の治療に効果的とされています。ですが、皮膚の深い部分にダメージを与える分、ケアにも時間がかかります。

サーマクール

サーマクールは電子レンジと同じ機能を利用したクレーター状ニキビ跡に効果的なレーザー治療法です。サーマクールの大きな特徴は2つあります。

  1. ​火を使わずに熱することができる
  2. 内側を熱することができる

そしてサーマクールでは、お肉を焼くと収縮する性質を利用しています。例えばフライパンでお肉を焼いた時などに焼いた面は縮んでいたりした経験があるのではないかと思います。

サーマクールではこのことを利用して表皮を通り越えて内側の角質層を意図的にやけどを負わせ、皮膚を収縮させます。こうすることによってクレーターの原因となっている凸凹を調整し、フラットな肌を目指します。

クールタッチレーザー

レーザーを当てて肌の内側のコラーゲン生成を促す点では他のレーザー治療と変わりありませんが、クールタッチレーザーではレーザー照射と同時に-30℃のガスを瞬間的に噴射します。

冷却ガスを噴射することによってレーザー治療ではデメリットとなるかさぶたや腫れを抑えます

レーザー治療の相場

レーザー治療法についてさまざまな種類をご紹介してきましたが、これらの治療の相場、治療期間、ダウンタイム(通常通りの生活が送れるようになるまでの期間)などが気になるのではないかと思います。

まずレーザー治療の相場からご紹介していきましょう。レーザー治療の相場は保険適用外の治療にあたるため、1回あたりだいたい3万円~4万円程度であると言われています。

はじめの1回は通常の半額程度で受けられるところがほとんどのようです。ただし、1回あたり3万円~4万円という相場はクレーター状ニキビ跡が500円玉程度の時の話です。

顔全体にレーザーを照射するということになると、1回あたりの費用は8万円~と、非常に高額になります。

レーザー治療の治療期間

レーザー治療の治療期間は約1年~2年程度であり、ゆっくりと時間をかけながら治療をしていきます。治療期間は1年~2年程度ですが、治療を受けに行く間隔はだいたい月に1回程度です。

ですから、1回あたり4万円のレーザー治療であれば、治療完了までにだいたい25万円~50万円程度。1回8万円の治療ともなると、治療完了までに50万円~100万円もの費用がかかります。

ですので、レーザー治療でクレーター状ニキビ跡を治そうと思った場合には30万円~100万円程度の費用はかかることを予想しておくとよいでしょう。

レーザー治療のダウンタイム

レーザーを照射するごとにダウンタイムが発生します。1回のレーザー治療につき、ダウンタイムは7日~10日程度であると言われています。レーザーを当てた後の1時間~2時間程度は強い日焼けをしたときのような熱い感覚になります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングというのはフルーツ酸などを使用して角質層でも一番外側にある表皮と呼ばれる部分を溶かす方法です。市販にもフルーツ酸などのケミカルピーリング剤は販売されていますが濃度が薄く安全な反面、効果も薄くなります。

クリニックなどで処方してもらうものに関しては高濃度のケミカルピーリング剤を使用しているため、高いピーリング効果を得ることができると言われています。

ケミカルピーリングを用いて表皮を溶かすと、ターンオーバーが活性化し、肌の再生力を上げることができるとされています。

ニキビ跡の進行度合いに合わせてケミカルピーリング剤の濃度は調整され、例えば赤いニキビ跡であると濃度の低いものが使用されますが、クレーター状のニキビあとになると濃度の高いものが使用されます。

ただしケミカルピーリングの場合、アイスピックタイプぐらいの軽度のクレーター状ニキビ跡は改善することができてもローリングタイプぐらい重度のクレーター状ニキビ跡になると効果があまりないとされています。

ケミカルピーリングの相場

ケミカルピーリングの相場はレーザー治療よりも安く、1回あたり5,000円~10,000円程度です。

ケミカルピーリングの治療期間

ケミカルピーリングもレーザー治療と同じく1回では劇的な効果を得ることは難しいとされ、複数回にわたってピーリングをする必要があります。一般的には2週間~3週間おきに5回、6回ほど行い、クレーター状ニキビ跡の改善を図ります。

ケミカルピーリングのダウンタイム

ケミカルピーリングでは重度のニキビ跡であるほど高濃度のピーリング剤を使用するため、副作用も大きくなります。主な副作用としては肌のバリア機能が低下するので、乾燥や紫外線に弱くなってしまうといった点があります。

なので、高濃度のピーリング剤を用いた場合には色素沈着などを起こさないように紫外線を徹底的に避けるなどしなければいけません。そのことにさえ気をつけていれば、通常の生活を送れるようになるまでの期間、ダウンタイムはケミカルピーリングの場合ほとんどありません。

培養表皮移植

培養表皮移植はクレーター状ニキビ跡の治療で最終手段と言われている方法です。

この治療では自分の体の一部の皮膚を切り取り、顔の皮膚用に培養します。さらにレーザーを用いてクレーター状ニキビ跡のクレーター部分をなるべく平らに近づけた後、培養した表皮を移植してフラットな肌の実現を目指します。

手術をした後は半年ほどで手術後のキズなどが消え、キレイになると言われています。顔全体に手術をした場合、費用は100万円ほどが相場であると言われています。

薬を使って治療はできる?

皮膚科では、クレーターニキビ跡を改善するために薬を処方されることもあるでしょう。一般的に皮膚科などのクリニックでもらえる薬の方が市販のものよりも効果は高いと言われています。しかし、クレーターニキビ跡ともなると劇的な改善は難しいのではないかと思います。もし本当に改善をしたいということであれば、現在のところクリニックで手術を受けるのが最善策であると言えるでしょう。

アッキー
クレーター状ニキビ跡は本当に治療が大変そうですね。
はるこ先生
そうよ、治療をしてクレーターニキビ跡をほとんど目立たない状態にまで改善しようと思えば、上の説明でも書いてあるけど数十万円~百万円ほどの費用は必要になってくるわ。保険適用外というのがかなり痛いわよね……。

皮膚科での治療をした人の口コミ

ここまで、クレーター状ニキビ跡に関してどのような治療法があるのか、どれぐらいの費用がかかるのかなどについてご紹介してきました。ここで、クレーター状ニキビ跡で悩んでいる方がどのような治療を受け、どのように改善をしていったのかという体験談は気になりませんか?

そのことについてご紹介していきましょう。

効果があった人

まず「効果があった!」という方の口コミからです。

  • かなりマシになりました
    跡に一番効果が あったと思うのは フラクショナル レーザー2です。 現在月1の治療で 9回受けてます。 私は医科大学病院で 受けてますが料金は 1万8千円位です。 クリニック的な 所よりも安心で 料金も良心的だと 思いますよ。 (保険はききませんが) ただ即効性を 期待すると×かも。 9回でやっと他人から見て 『あれ?少し良くなった??』 というレベルなので、 私はトータルで 20回は受ける予定です。

    発言小町

この方の場合はフラクショナルレーザーでクレーター状ニキビ跡を改善したということでした。価格を見てみるとかなり価格は安く、1回あたり2万円を切るということでした。

しかし、1回あたりの効果は薄いようで、20回に分けて治療を受けるもよう。ただ、確実に効果は感じられているようです。

  • かなり改善された!
    私の場合相当悩み、あらゆるコスメを使い、ピーリング、皮膚科に通いましたが…。 最終的に 私が選んだのは美容皮膚科クリニックでのレーザー治療でした。 ピクセルレーザーとフラクセルレーザーというものです。 金額はピクセルが顔全体一回あたり約7万弱でフラクセルが頬一部で約3万弱でした。(金額はクリニックによって異なると思います) どちらも3~5回施術が1クールでした。 やはり凹凸が100%治すのは難しいですが、私はお肌全体的にも良くなり治療まえよりダイブ改善されました!

    発言小町

この方は多くの方がされているように、あらゆる手段を試みた結果、最終的に皮膚科での治療をしたということでした。やはり顔全体への治療となるとレーザー治療は高額になり、1回あたり8万円ほどはするようです。

この方の場合は総額で50万円ほどでしょうか?完全には治せていないとしても、かなり症状は改善しているということなので実際にレーザー治療は効果があるようです

  • どんどん改善されていきました!
    いろんなサプリや治療を試して見ましたが、クレーターは全く治りませんでした。 そんなとき、雑誌の広告を見てしったのが、サーマクールという治療法なんです。 美容外科でおこなわれている皮膚治療のひとつなんですが、これがニキビ跡にとても効くそうなんです。 お値段はかなりしましたが、肌のぼこぼこが綺麗になるならと試しにカウンセリングを受けに行ってみたんです。 先生からしっかりと顔をチェックしてもらい、いざ施術をしてみましたが、かなり痛かったですね。 熱を肌に当てていくのでその分痛みがあります。しかし、痛い分、とても効果を発揮して、わたしの汚肌がどんどん改善されていったんです! サーマクールに出会えて本当によかったと思いました!

    DoctorsMe

この方はさきほどご紹介した電子レンジを応用したニキビ跡解消法であるサーマクールを試してみたということでした。この方の場合、ニキビ跡つぶしたことによってクレーターニキビ跡を発症させてしまいました。

クレーターニキビ跡はやはり市販の薬やサプリメントなどではなかなか治りづらいものです。サーマクールを体験した感想として「熱い」というものがありましたが、実際かなり効果があったようです。

効果を感じられなかった人

治療を受ければ100%ニキビ跡を無くすことができるのでしょうか?続いてクレーター状ニキビ跡に対してニキビ跡治療を行ったにもかかわらず、効果を感じられなかったという口コミを見ていきましょう。

と、ネット上で「効果が感じられなかった」という方の口コミを探してみましたが、参考になるような口コミを見つけることはできませんでした。クレーター状ニキビ跡の手術を受ければかなりの確率でニキビ跡を目立たなくすることができるということでしょうか?

それとも、ニキビ跡の手術にまで踏み出す方がまだまだ少ないのが現状かもしれません。

アッキー
クレーターニキビ跡の手術を実際に受けた人の口コミを見ていると、受けた人はかなり効果を感じてらしゃるようですね。
はるこ先生
そうね、ただ一般の方にとってはかなりの費用がかかってしまうから、なかなか手術までに踏み込めないという人は多いのかもね。

東京や大阪でクレーター治療ができる美容皮膚科

クレーターニキビ跡に対する手術法をご紹介してきましたが、実際、手術ができる場所はどこにあるのか、気になるのではないでしょうか。ここでは東京や大阪においてクレーターニキビ跡の手術ができる美容皮膚科をご紹介していきましょう。

恵聖会クリニック

恵聖会クリニックは大阪心斎橋にあるクリニックであり、ニキビ治療の他にもレーザー脱毛などが人気のクリニックです。

恵聖会クリニックのクレーターニキビ跡治療は主なものとして「サーマクールCPT」というものを使用しており、従来のサーマクールよりも痛みの少ないレーザー治療をすることができると言われています。

その痛み軽減効果は従来のものよりも30%減ほどではないかと言われています。

恵聖会クリニックの口コミ

続いて恵聖会クリニックの口コミを見ていきましょう。

  • にきびが目立たなくなった
    施術した直後は、肌の皮が1枚はがれたような感じで、乾燥していましたが、 翌日なるとプルプルに潤ってきました。 1週間たちましたが、毛穴の開き・黒ずみがおさまり、肌がキメ細かくなったような気がします。 にきびも目立たなくなってきたような感じです。

    美容医療の口コミ広場

この方はケミカルピーリングをされていますが、毛穴の黒ずみや開きはかなり治まったということでした。肝心のニキビ治療も目立たなくなったということで、きちんと効果が現れています。

  • 凸凹がマシになった気がします
    かさぶたは、おでこや皮膚の薄い部分はなっている所もありましたが、頬などは特になにもなくて、1週間程は乾燥が酷かったです。 8日目くらいから、明らかに肌の調子がよくなってきて、くすみがなくなり、こめかみの凹凸が少しマシになってる気がします。

    美容医療の口コミ広場

続いてこの方もクレーターニキビ跡の治療を受け、劇的とまでは言わないまでも確実な効果を実感されているようです。

さらにこの方は治療前に麻酔パウダーのようなものを顔に塗ってから治療を開始したということでした。

痛みに関してかなり気を遣ってくれているようです。

​メニュー・値段​​サーマクールCPT(1回400ショット)350,000円​
​住所​​大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F​
​電話番号​​06-6252-5650​​

恵聖会クリニックのさらに詳しい情報はコチラ

シロノクリニック大阪

シロノクリニック大阪では主要なニキビ跡治療として「フラクセルレーザー」と呼ばれるものを使用しています。他にも5種類のレーザー治療があり、計6種類のレーザーを患者の症状に合わせて使い分けて最善を尽くしてくれるでしょう。

シロノクリニック大阪の口コミ

続いてシロノクリニック大阪の口コミを見ていきましょう。

  • さすがです
    結婚式までにニキビ跡をどうしても消したくて、慌ててクリニックを探しました。 そこで出会ったのがシロノクリニックだったのですが、選んで正解でした! さすがドクターシーラボのクリニック。 1ヵ月に1回ペースで通っていたんですが、半年くらい通ったあたりでほとんど目立たなくなりました。 結婚式にも無事間に合いました!感謝しています。さすが、評判通りですね。

    セキララ美容クリニック口コミNAVI

この方はシロノクリニックにおいてケミカルピーリングとあともう一つ「ヒアルロン酸注入」と呼ばれるニキビ跡治療をされています。

ピーリングをしてクレーターニキビ跡の凸凹をできるだけフラットにし、さらにヒアルロン酸注入で凹んだ部分の矯正をしています。

合計で半年ぐらい通ったようですが、結果としてはほとんど目立たなくなったということでレーザー治療だけでなく、ピーリングも効果があるようですね。シロノクリニックは大阪だけではなく、東京や横浜にもあり同等の治療を受けることは可能です。値段など少々の違いはありますので事前にこちらから確認していただくと良いでしょう。

​メニュー・値段​​フラクセル2レーザー
顔全体 340,000円(5回)
​住所​​大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F​
​電話番号 ​​06-6348-1403​​

シロノクリニック大阪のさらに詳しい情報はコチラ

フェミークリニック

フェミークリニックは東京や大阪梅田・大阪心斎橋にあるクリニックです。脱毛を専門としていますが、ニキビ・ニキビ跡治療にも力を入れています。

フェミークリニックの特徴として、レーザー治療、ケミカルピーリングのお試し体験をすることができます。お試し体験は9,800円程度であり、もし一度治療を試してみたいという方には特におすすめできるクリニックです。

フェミークリニックの口コミ

フェミークリニックの口コミを見ていきましょう。

  • 一回行ってみるべき!
    ニキビで悩んでいる方は一度体験だけでも受けてみるといいと思います。スタッフの方がとても親身になって話を聞いてくれたので、安心して相談ができ、施術を受けることができました。今後どうどうするか迷っていた時も、ずっと一緒に考えてくださっていろんなプランの提案をして頂きました。そのおかかで、通うことに踏み切ることができました。スタッフの方、ありがとうございます!

    美容医療の口コミ広場

この方はフェミークリニックでケミカルピーリングを受けていらっしゃいますが、かなり満足されているようです。痛みはそこまでなく、1週間ほどで治療は完了したということでした。

他にもフェミークリニックはよかったという口コミが多かったです。

​メニュー・値段 ​​ケミカルピーリング(顔全体) 1回18,000円 5回80,000円 10回140,000円
​住所​(大阪梅田院)​大阪府大阪市北区梅田1-12-17-2F​
(渋谷院)東京都渋谷区神南1-22-8-8F
​電話番号​(大阪梅田院)​0120-3888-67​​
(渋谷院)0120-3888-76

梅田フェミークリニックのさらに詳しい情報はコチラ

渋谷フェミークリニックのさらに詳しい情報はコチラ

悩みに合わせて化粧品や治療に頼ろう

ここまでクレーター状ニキビ跡の治し方についてさまざまな情報をご紹介してきましたがいかがでしたか?クレーター状ニキビ跡ははっきりと言って治しやすい症状ではありません。

しかし、しかるべき治療をしさえすれば、完治も不可能な症状でもありません。ぜひここでご紹介している方法を参考に、あなたのニキビ跡が少しでも改善することを心より応援しております。