しつこいニキビはホルモンバランスの乱れが原因!治療や対処法を解説

しつこいニキビはホルモンバランスの乱れが原因!治療や対処法を解説

20代半ばを過ぎてフェイスラインにできるニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる「大人ニキビ」と言われています。治ったと思ったらまたできる、しつこく繰り返す大人ニキビ。ホルモンバランスを正しく整えて、根本から治療をしましょう。

Uゾーンのニキビはホルモンの影響?

20代半ばを迎えたころから、顎やこめかみなどの「Uゾーン」に、ニキビができやすいと感じたことはないでしょうか。大人になると思春期ニキビとは違ったメカニズムで、繰り返してできる大人ニキビに悩まされるようになります。

Uゾーンに繰り返してできるニキビはホルモンバランスの乱れが大きな原因の一つとも言われていますが、なぜなのでしょうか。ニキビができる原因やメカニズム、そして今日から試すことができる効果的な対処法をお伝えしていきます。

なんでホルモンバランスが乱れるとニキビが出来る?

ニキビはホルモンバランスの乱れで引き起こすことが多いです。ここでは、どうしてなのか「何故」に迫ります。

ホルモンの役割

女性も男性も、それぞれ女性ホルモン・男性ホルモンを合わせて持っています。詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンは、「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの2種類があります。

女性ホルモン分泌量が増える時期役割
エストロゲン1ヶ月の間で生理が終わるころから排卵前に分泌が増える排卵の準備をする
プロゲステロン 1ヶ月の間で排卵後から生理中に分泌される排卵を抑制する作用がある

1ヶ月の間にエストロゲンとプロゲステロンの比率が大きく変わり、女性ホルモンのバランスを整えています。これだけ女性の身体に大きな影響を与えていますが、女性が一生に分泌する女性ホルモンの量は、たったのスプーン1杯程度とされています。

男性ホルモンの働き

男性ホルモンは、「アンドロゲン」というホルモンのことです。「アンドロゲン」は、「テストステロン」、「アンドロステネジオン」、「デヒドロエピアンドロステロン」の3種類が組み合わさりできています。

一般的な男性では、1日に7mg程度の分泌があり、男性らしい体つき・男性的な考えを生み出すホルモンです。

「ホルモンのバランスが乱れる」とは

女性の場合20~30代に分泌量がピークを迎え、50代頃に急激に減少します。身体的、精神的な要因で、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になることが「ホルモンバランスの乱れ」です。

ホルモンバランスの乱れで現れる症状とは

 ニキビ以外にも、ホルモンバランスの乱れにより現れる症状はさまざまあります。

病名症状
月経前症候群(PMS)生理前に精神が不安定になる症状です。イライラ、憂うつなどの心の浮き沈み、腹痛、腰痛など身体にも影響を及ぼします。
月経不順
(月経異常)
周期がずれて長く来ない・早く来る、期間が長い・短い、出血量が多い・少ないなどの異常を指します。
更年期障害 閉経前後に女性ホルモンのバランスの乱れで起こります。イライラ、疲労感、顔のほてり、肩こりなど影響を感じます。

PMSや月経異常は、妊娠しにくい身体を作るなどあらゆる面で、女性の体に影響を及ぼします。

男性ホルモンが優位になるとニキビができやすい

女性も生殖器官と副腎で、毎日一定量分泌されている男性ホルモン。驚いてしまうかもしれませんが、実は健康的な女性で「女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が10倍以上」の分泌がされています。

つまり、「男性ホルモンが女性ホルモンより多い=ニキビができやすい」という訳ではありません。「健康的なバランスが崩れ男性ホルモンが優位になる」と肌トラブルを引き起こしやすくなります。

皮脂の分泌を増すホルモン

皮脂が過剰に分泌されるのは、男性ホルモンの「テストステロン」、「アンドロゲン」。そして、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)であると言われています。

ニキビが出来るメカニズム

上記にあげた男性ホルモン「テストステロン」、「アンドロゲン」、女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌量が増えることでニキビができやすくなります。男性ホルモンが増える原因は生活習慣の乱れ、女性ホルモンが増える原因は生理周期による影響が多いです。

ホルモンバランスの乱れによるニキビの特徴

 ホルモンバランスの乱れによってできるニキビは、大人ニキビと言われているものです。「大人ニキビ」は、10代にできる「思春期ニキビ」とは性質が違います。

大人ニキビができる場所は、男性ホルモンの影響を受けやすいフェイスライン(Uライン)などです。口の周り、あごというと、ヒゲが生えやすい場所です。ホルモンバランスの乱れによる影響を受けやすい場所なので、男性・女性問わずにニキビができやすくなります。

治療方法は?病院は何科に行けば良い?

できているニキビが大人ニキビである場合、どのように・どこで治療ができるのかを見ていきます。

皮膚科・産婦人科を受診

大人ニキビの場合は、「皮膚科」もしくは「産婦人科」での受診が基本です。

皮膚科

「皮膚にできたニキビ」なので、多くの方が最初に検討するのが皮膚科になるでしょう。

皮膚科のメリット
  • 初見で通いやすい
  • 適切な薬を処方してくれる
  • 保険適用内ならドラッグストアの薬よりも安いこともある
皮膚科のデメリット内科・婦人科系の病気から来ている場合には、根本原因の治療ができない

皮膚科にはニキビで通院している方も少なくはありません。ニキビ治療を得意としている医師もいますので、初見の場合にはよく調べてから足を運ぶといいでしょう。

皮膚科では、抗生物質など内服薬の処方、アクネ菌の増殖を抑える殺菌剤、肌のターンオーバーを調えるビタミン剤などの診療があります。1回の診察は大体3,000円~5,000円程度が目安です。

産婦人科

ホルモンバランスの乱れからできる大人ニキビは、産婦人科での治療が効果的な場合があります。

産婦人科のメリット
  • PMS(月経前症候群)や生理不順の根本原因を追究できる
  • 低用量ピルなど婦人科系の薬を専門的に処方してもらえる
産婦人科のデメリット初見で足を運びにくい

生理前にUラインのニキビが酷くなるという人は、皮膚科よりも産婦人科の方が適切な処理をしてもらえる可能性が高いとされます。

生理周期が乱れている方は、ニキビの治療を始めるのをきっかけに産婦人科で相談するのが良いでしょう。子供を授かりやすい身体になるため、何十年後かの更年期障害を軽くするためにも、早めにホルモン治療をしておくといいですね。

ホルモン検査

大人ニキビの治療の一環に、ホルモン検査というものがあります。血液検査により数値をはかるホルモン検査は、対象の皮膚科でも産婦人科でも希望により受けることが出来ます。

検査費用は5,000円程度です。初診料、再診料などを合わせて、10,000円でおつりがくる程度でしょう。自分のホルモン量を知ることで、より適切に外科・内科の治療を進めることが出来るので、根本的なホルモンバランスの改善に効果的です。

大人ニキビの治療内容

大人ニキビの治療には、内服薬を処方されることが多いようす、その内容を見ていきましょう。

漢方

東洋医学の漢方は、心と身体の不調を根本から改善する効果があります。産婦人科、皮膚科のどちらでも処方されることがあり、体質に合わせた治療を進めることが出来ます。

低用量ピル

低用量ピルは、男性ホルモンの過剰分泌を抑える効果があるとされます。治療費は1ヶ月分1シートで3,000円程度で、1日分は約100円程でしょう。

女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」を、28日の間でバランスよく補給していく薬です。ピルを飲んでいると生理周期がぴったりと28日で合い、生理痛や出血量が安定します。油っぽかった肌が整い、肌の状態が健やかになることが期待できるでしょう。

副作用やリスク

内服薬にはいくつかの副作用やリスクがあります。

ピルの副作用服用中は妊娠ができなくなる
漢方の副作用体質に合わないことがある。効き目が感じられない、吐き気、腹痛などが起こることもある

薬に頼るということは、何かしらのリスクが伴うことがあります。まずは、薬に頼らずニキビを直す方法を考えましょう。

ホルモンの影響によるニキビの治し方

ホルモンの影響でできてしまったニキビは、薬に頼る前に生活習慣の見直しから始めましょう。

正しい洗顔を実践

化粧をした日も、そうではない日も、正しい洗顔方法で肌の余計な汚れを落とすようにしましょう。正しいやり方をご紹介します。

クレンジング方法

お化粧をした日には、洗顔の前に丁寧なクレンジングをしましょう。

  1. クレンジングを「Tゾーン」→「Uゾーン」→「顔全体」→「目元」→「口元」の順番に馴染ませる
  2. 指の腹で円を描くように優しくなじませる
  3. 優しく30回位繰り返しぬるま湯を使いすすぐ

洗顔方法

化粧をした日はクレンジングの後に、すっぴんの日はステップ1から丁寧に始めましょう。 

  1. 石鹸を使って手を清潔にする
  2. ぬるま湯で顔を予洗いする
  3. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  4. 洗顔料を「Tゾーン」→「Uゾーン」→「顔全体」→「目元」→「口元」の順番にのせる
  5. 優しくすべらせながら汚れを落とす
  6. ぬるま湯で丁寧にすすぐ
  7. 柔らかなタオルで顔を覆い、水気を落とす

正しい洗顔をすることで、余計な皮脂を落とすことが出来ます。また、スキンケアの成分が肌の隅々まで、行き届きやすくなるでしょう。

保湿を心がける

ニキビがあると「保湿がニキビを悪化させる」と勘違いしやすいです。実は、ニキビができているUゾーンは、皮膚がニキビにより傷つき、乾燥しやすくなっています。乾燥する時期はもちろん、1年を通して美容液や保湿クリームを使い、肌を調えることが大切です。

刺激を与えない

肌への過剰な刺激は、ニキビの悪化やニキビを繰り返す原因です。元々皮膚が薄いUゾーンにできているニキビは、デリケートで肌荒れを起こしやすい状態です。

例えば、ゴシゴシ洗顔や、ニキビをつぶすなど、外部刺激を与えることは避けます。また、刺激が強い化粧品、紫外線は、肌に悪い影響を与えていることがあるので気をつけましょう。

清潔を保つ

ニキビができている肌は、清潔に保つことが大切です。まず、ニキビが気になっても触らない事。皮脂、汗、化粧品の汚れをためず、ニキビができにくい健やかな肌を保つようにします。

髪の毛が触れることが刺激となることもあります。長い髪は束ね、整髪剤の使用を控えるようにしましょう。

意外と忘れがちなのが、1日の1/3を過ごすベッド周りです。顔が直接触れる枕、布団などの寝具は、こまめに天日干ししたり、シーツを洗濯したりしましょう。

脂っこい食べ物を控える

ホルモンバランスを整えるためには、毎日の食生活の見直しが大切です。

控えたほうがいい食べ物詳細
カロリーの高い食べ物ファストフード、スナック菓子
油っこい食べ物揚げ物、肉の脂身
添加物が多い食べ物カップラーメン、コンビニのお弁当
アブラナ科の野菜ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、チンゲンサイなど

私たちの生活の中には、カロリーが高く、油や添加物を多く含む食事がたくさんあります。大人ニキビの改善には、5大栄養素と呼ばれる「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」、「ビタミン」、「ミネラル」のバランスを整えて、健康的な食生活を送ることをおすすめします。

ホルモンバランスは何故乱れる?

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると、肌のターンオーバーが乱れて肌トラブルが増えます。

男性ホルモンが増える原因

男性ホルモンが増える原因は、自律神経が乱れることが原因です。この根本的な原因は、女性の男性化した生活があげられます。

例えば、女性の社会進出が活発になることで、仕事、家庭、育児、自身の生活の負担が増え、男性以上にストレスを感じていることがあります。また、炭水化物を抜き肉中心となった食生活、寝不足など不規則な生活も、男性ホルモンの分泌を活発にします。

女性ホルモンが減る原因

女性ホルモンが乱れる原因は、普段の生活習慣の乱れにあります。例えば、乱れた食生活で栄養バランスが崩れていたり、ストレスフルな現代社会で心身共に疲れ切っていたり、冷えや喫煙で身体の巡りが滞っていることがあげられます。

また、50代を過ぎた女性の場合は、加齢により急激に女性ホルモンの分泌量が、必然的に減少することがあるでしょう。

ホルモンバランスを整える方法

それでは、男性ホルモンを減らして女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを整えるにはどうしたらいいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

ストレスを溜めない

ホルモンの分泌はストレスが大きく影響することがあります。ホルモンの分泌をする視床下部は、ストレスに弱くダメージを受けやすく、心配事、不安事があると、女性ホルモンの分泌量を増やす指令が適切にいきわたりません。

現代社会は時間や周りからの指示に追われて、「あれも、これもやらないと」とストレスを抱えやすいです。プライベートな時間を大切に持ち、心と体をたまにはリラックスさせましょう。

恋愛のようなドキドキした感情を持つ

「恋をすると肌がきれいになる」ということがあります。この言葉は、決して迷信などではなく、本当にホルモンの分泌量を増やしてバランスを整える作用があることが知られています。

恋愛だけではなくても、本能や感情の赴くまま興味のあることに心から打ちこむと脳や身体にいい影響を与えてくれるでしょう。

質の良い睡眠を取る

良質な睡眠は美容と健康にいい影響を与えます。睡眠時間の目安は最低6時間、スッキリと朝目覚められるということが大切です。

子供のころに「寝る子はよく育つ」と言われたように、寝ている間にホルモンの分泌が活発になります。成長ホルモンだけではなく、女性・男性ホルモンも睡眠中に分泌量が増えます。

女性ホルモンを増やす食べ物を摂取する

大人になって成長をした後でも、食べ物が私たちの身体を作っています。ホルモンバランスを整えるためには、女性ホルモンの分泌を増やす、以下のような食べ物を積極的に補うようにしましょう。

栄養素効果・効能1日分の摂取目安量多く含まれる食べ物
イソフラボン女性ホルモンと似た働きをして、女性ホルモンの分泌量を増やす
40mg~70㎎程度大豆製品(豆腐、納豆、豆乳など)
レソルシル酸ラクトン類女性ホルモンと似た働きをして、女性ホルモンの分泌量を増やす適量ごま、小麦、えんどう豆
ビタミンEプロゲステロンの材料となり、ホルモンバランスを整える6mg程度アーモンド 、かぼちゃ、アボカドなど

これらの食べ物は、女性らしさを保つためにとても大切な栄養素を含んでいます。豆腐には男性ホルモンを減らす働きもあるそう。ただし、1日分の摂取目安量を超えた過剰摂取をすると、逆にホルモンバランスが乱れてしまうことがあるので、注意をしてください。

適度な運動をする

慢性的な運動不足から、自律神経の働きが鈍くなり、ホルモンバランスが乱れることがあります。

適度な運動で身体が疲れて、ゆっくりと体を休ませたくなります。良質な睡眠が取れれば、交感神経と副交感神経のバランスが整い、ホルモンバランスも正常化してことが期待できるでしょう。

体を冷やさない

身体の冷えから、自律神経やホルモンバランスの乱れが起こりやすくなります。女性は四季を問わず冷えを感じやすいです。

例えば、半身浴でぬるめのお湯にゆっくりと浸かる、湯上り後はマッサージやストレッチをする、冷たい飲み物ばかり飲まないなど、冷え性対策を心がけましょう。

大人ニキビのケアに使いたい化粧品3選

Uラインにニキビが目立つ大人ニキビのケアに、特におすすめしたい化粧品を3つご紹介します。

1500円で試せるニキビ対策化粧品「ノブACアクティブトライアルセット」

ノブACアクティブトライアルセットは、にきび肌に効果的なノブのACシリーズをプチサイズで一週間試せるセットです。トラベル用としてもちょうどいいプチサイズ。

ノンコメドジェニックテスト済みで、肌に程よい潤いを与えて、肌のきめを調えニキビができにくい肌を作ります。

セット内容と容量価格主な成分

効果

ACアクティブ クレンジングリキッド(20ml)
ACアクティブ ウォッシングフォーム(15g)
ACアクティブ フェイスローション モイスト(20ml)
ACアクティブ モイスチュアミルク (6ml)
ACアクティブ フェイスローション(2ml×2個)
1,500円(税抜)各種ビタミン、サリチル酸潤いケア、美肌ケア、美白ケア、ニキビ肌の予防
  • 試してみるのをおすすめします。
    5/5
    私には即効性がありました。 使用の次の日、美白効果なのか、 ニキビ跡が薄くなったのか 肌がワントーン明るくなっていました。

    @cosme

  • 使い始めてから全くニキビがなくなった
    5/5
    ニキビができないのもそうなのですが、 使ってから肌を触った時のつるつる感は素晴らしいです。 今後も使い続けていくと思います。 ニキビに悩んでいる人はこちらのセットで一回試してみるのもいいと思います。

    @cosme

 ノブのスキンケアがお得に試せるトライアルセットなので、1つ試してみて損はないという口コミが多く寄せられています。

ノブACアクティブトライアルセット

顎やフェイスラインのニキビに「メルライン」

顎やフェイスラインのニキビが気になる人には、ニキビに効果的な全10種類の美容成分を配合している「メルライン」がおすすめです。

ジェル状のクリームはぴったりと肌になじみ、健康的な肌に導きます。ビオカタライザープラセンタ、天然ビタミンEは、肌のターンオーバーを正常化させる役割があります。

容量価格主な成分

効果

55g本体 7,000円(税抜)
定期購入 4,980円(税抜)
全10種類の徹底保湿成分肌にうるおいを与える、肌サイクルを正常にする
  • 大人ニキビに悩まされていた日々が嘘みたい
    5/5
    1個目は1.5ヶ月くらいで使いきり2個目は2ヶ月くらいで使い切る感じ 到着時期を調整してもう少し使い続けて、にきび跡がキレイになるまでは続けたいと思います。 現在は色素沈着したひどいニキビ跡との戦いは続きますが、 とにかく大元のニキビが出来なくなったことだけでも本当に泣けるし感動ものです!!!

    @cosme

  • 昼間はスッピンで外出できる程に
    5/5
    ニキビ跡も綺麗になり今ではコンシーラーも使わない位 私には合っていました☆ ちょっとニキビが出来始めた時もメルラインをたっぷり塗って寝れば それ以上酷くもならないし落ち着きます これからもお世話になる事間違いなしのヒットです

    @cosme

これからできるニキビの予防をするだけではなく、ニキビ跡がきれいになったという口コミが寄せられています。顎回りなどUラインの大人ニキビに悩んでいる人におすすめです。

メルライン

女性ホルモンのバランスに着目した「ラミューテ アドバンス保護美容液」

ラミューテのアドバンス保護美容液は、たっぷりの美容成分を含んでいるのが特徴です。エイジングによる肌の衰えも感じさせない、きめの整った柔らかい肌を作り出します。

容量価格主な成分

効果

30g7,333円(税抜)熟成ダマスクローズ、ヘキサペプチド3、プラセンタ、セラミド、スクワラン肌のきめを調える
  • 大人ニキビに効果的
    5/5
    化粧水のあとへの馴染みがとてもよく、とろっとしたテクスチャーの美容液!これだけだと乾燥してしまうので、クリームだけ足しましたが、すごく水分のある美容液でした! ニキビがこれのおかげなのか、三点の効果かわかりませんが、減ったと思います!ずっと大人ニキビになやんでたので本当に嬉しいです!

    @cosme

  • ダマスクローズがにいやされる美容液。
    5/5
    とろみのあるテクスチャーで肌に膜を張る感じ。 塗った直後は肌になじんでないのですぐにメイクアップすると 下地がよれるので少し待ちます。 待てば問題なし。 これを使って大人ニキビがおさまったのは本当に嬉しいです。

    @cosme

とろみのある美容液は、ほんのりと優しいダマスクローズの香りに癒されるという声が寄せられています。たっぷりの美容成分を肌に与えることで、大人ニキビがすっかりとおさまるようです。

ラミューテ アドバンス保護美容液

ホルモンバランスを整えることは美肌にも繋がる

大人ニキビはホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。現代社会を送る女性は、知らないうちに心身共に大きなストレスを感じていることが多いです。

ホルモンバランスを整えることは、ニキビだけではなく肌のキメまでも整える効果が期待できます。女性らしさを保つために欠かせないことですので、ニキビ肌の改善を機に治療を始めませんか。

生活習慣を見直すこと、市販のスキンケア商品を使うのもいいですし、皮膚科や産婦人科で医師の診断を受けるのもいいでしょう。ホルモンバランスを整えて、女性らしくはつらつとした生活を送ってください。