治らない肌荒れは化粧のせい?化粧と肌荒れの関係を徹底検証!

メイクのせいで肌が荒れる…それは間違いかもしれません!

いつでも女性はちょっとしたことで肌荒れに悩まされることが多くありますが、その肌荒れの原因の一つがメイクである、という人も中にはいます。

しかし、本当にメイクが肌荒れの原因なのでしょうか?

もしかすると、原因は別にあるのかもしれません。

この記事では、肌荒れとメイクの関係性についてを徹底的に検証していくとともに、肌荒れの原因となっているものを見つけていきます。

メイクは衣服の代わり?

素肌の上から重ねていくメイクは実は顔における衣服の代わりを務めている、という意見もあります。

一体どのような意見が他にあるのか、見ていきましょう。

ただし、意見であって確定情報ではありませんので、このような意見もある、というくらいでご覧ください。

外部の刺激から守ってくれる

メイクの下地である、ベースメイクの中にはUVカットのものを始めとした、外部の刺激から素肌を守ってくれる成分の含まれたものも多く存在しています。

また、ベースメイクの更にその前に塗ってしまう日焼け止めなどの存在もまた、紫外線という大きな刺激から肌を守ってくれるため、メイクをすることで肌を守ってくれる、という意見もあります。

顔に布をかぶせて覆うわけにはいきませんし、することもできません。

他の体の部位と違って守ってくれるものが極端に少ない顔を守ってくれるのが、メイクであるということもあるのかもしれません。

素肌でいるより乾燥しない

肌の乾燥は、肌荒れにも深く関係している肌トラブルでもあります。

素肌そのままの状態で、保湿するために化粧水を付けたり乳液を付けたりして、しっかりと保湿効果を肌へ届けさせようとしても、素肌のままでは結局すぐに乾燥してしまうという意見も中にはあります。

メイクの下地となるベースメイクに使用するものの中には最近では保湿成分が含まれているものが多く販売されていますし、メイク用品の多くは油分が含まれていることもあります。

朝、洗顔して化粧水などで保湿をした後にメイクを行うことで更に保湿成分を追加したり、油分で保湿成分が逃げないように更に蓋をすることもできるという意見から、素肌でいるよりも乾燥しない、という意見もあるようですね。

保湿成分を多く含むメイク用品を使って、より肌の乾燥を防いで肌荒れを防止する、という方法を取っている人も中にはいるのではないでしょうか?

化粧と肌荒れの関係性①

化粧と肌荒れの関係性として、主になるのがそのクレンジングにあることが多いです。

化粧自体に問題はないのに、それを落とすとなると問題点が多くなって肌荒れに繋がっている人もいるようで、未だに肌に大きなダメージを与えてしまうクレンジングの仕方をしている人もいるのではないでしょうか?

大切なのはクレンジング

肌荒れを引き起こす大きな原因の一つであるクレンジングは、メイクをするうえで決して外せない存在です。

肌荒れを引き起こしてしまうのは、実はメイクではなく「メイクを落とさないで過ごす時間」にあります。

メイクは油分を含んでいるものもありますし、口紅やアイメイクは色素沈着を起こしかねないほど濃い色素を含んでいるものもあります。

こうしたものを長い時間放置しておくことで、肌の毛穴が詰まってしまい、皮脂などを排出することができなくなり、肌荒れに繋がってしまうのです。

帰宅したら、まずクレンジングをして迅速にメイクを落としましょう。

その後、クレンジングで落としきれなかった細かなメイクと、1日を過ごしたことで付着した汚れや埃などを洗顔で落とします。

洗顔が終わったら、顔を洗った時に付いた水分と共に蒸発してしまう肌の水分を保湿で補うために化粧水をつけます。

そして保湿した水分に更に栄養などを与える美容液をつけて、最後に蓋の役目をする乳液やクリームを付けましょう。

洗顔後はなるべく早く化粧水を付けるようにして、少しでも蒸発する肌の水分を少なくしてあげることが大切です。

また、化粧水は手に取った後、そのまま置いて少し温めて、複数回に分けて肌につけてあげると良く浸透します。

クレンジングのタイプは?

化粧を落とすためのクレンジングは多くの種類が販売されており、使う人たちもそれぞれ合った種類を使っています。

ジェル、オイルを始めとした泡立ちは無いものの、肌に密着するため強力にメイクを落とすタイプや、クリームや乳液などの泡立ち、肌に優しいタイプなどから、ポイントメイクを落とすためのクレンジングや素早く落としたい人のためのメイクオフシートなどまで幅広いラインナップが取り揃えてあります。

ジェル、オイルのタイプを使う時は、少し濃い目だったり、強い日焼け止めなどを落とすときに使うと効果的です。

ただし、こうした強力に落とすタイプは水で洗い流すときに中々ジェルやオイル自体が落ちてくれませんので、何度も水で洗い流さなければなりませんので、注意しましょう。

クリームや乳液などの肌に優しいタイプは、ジェルやオイルタイプよりも洗浄力は劣ってしまいますので、先にポイントメイクなどの濃いメイクを先にある程度落としてから使うと良いでしょう。

また、泡立つものを選んだのであればしっかりと泡を立てて、泡を移動させるようにして洗うと肌へのダメージが少なくなります。

ポイントメイクを落とすためのクレンジングは、全体のメイクを落とす前に使用し、周りに広がらないようにして落とすこと、なるべくしっかり落としておくことが重要です。

周りに広げてしまうと、他のメイクと共に落とすときには落としきれない状態になってしまい、しっかり落とせていないと色素沈着の原因になってしまいます。

メイクシートは時間の無い方が使うのに最適ですが、ポイントメイクをきちんと落とすことができませんので、あまりしつこく落とそうとすると、肌を何度も擦ることでひどいダメージを受けてしまい、逆に肌荒れの原因になりますので、気を付けましょう。

肌荒れを防ぐスキンケアを続けよう

肌荒れを防ぐために最初にできることと言えば、スキンケアですが一体どんなものが防いでくれるのでしょうか?

肌荒れを防ぐために続けるのにおすすめなスキンケアをこちらで解説していきます。

ノブAC(NOV)

ニキビなどの悩みを持つ肌の方に特に有名なノブACは、ニキビの原因である炎症を防ぐため、肌荒れにも効果的な成分が含まれています。

肌荒れ以外にも肌トラブルがあるのであれば、こちらのノブACの製品を使うといいでしょう。

保湿成分としてセラミドなども配合されていますので、高い保湿力も保証されていますし、乾燥、肌荒れ、ニキビの種類によっていろいろな製品のシリーズもありますので、自分の肌に合ったものが見つけやすいのもメリットの一つです。

肌荒れと一緒にニキビのケアもしたいのであれば、こちらのノブの製品を一度使ってみてはいかがでしょうか?

トライアルセット1,500円(税抜) 販売元:常盤薬品工業

公式サイトはこちら

ルナメアAC

毛穴から綺麗になるスキンケアを、というキャッチコピーのルナメアACの製品は大人のニキビケアを重点に置いて作られた製品ですので、従来のスクラブよりももっと小さく、入っているかどうかも分からないほどの大きさのファイバースクラブで毛穴の詰まりや古い角質を取り除き、アクネシューターという独自で作られた、グリチルリチン酸ステアリルやビタミンEなどの3つの潤い成分から作った成分でニキビ予防を行います。

また、保湿のために天然成分も配合されていますので、肌に優しく保湿も重視した成分でできています。

肌荒れのために肌に優しいだけではなくて、しっかりと保湿もしたいというのであれば、こちらの製品がおすすめです。

1週間お手入れキット1,000円(税抜) 販売元:富士フイルムヘルスケア ラボラトリー

公式サイトはこちら

オルビスユー

化粧水を重ね付けしてもどうしても乾燥してしまう、化粧のノリが悪い、などという年齢による肌の悩みもあるのであれば、こちらのオルビスが販売している、オルビスユーシリーズを使うと改善できるかもしれません。

オルビスユーはハリ、くすみの根本原因に直接アプローチ濃密ウォータージェリー、低分子ヒアルロン酸などの高保湿成分配合、忙しい女性のために時間効率を考えた使い方ができる化粧品、という嬉しい3つの要素を兼ね備えています。

忙しくて時間ができない、でもしっかりと肌荒れの予防やケアはしたい!という人はこちらのオルビスユーシリーズが向いているかもしれません。

贅沢体験セット2,800円(税抜) 販売元:オルビス

ラミューテ美肌セット

洗う、潤す、補い守るの3つのステップで肌を綺麗にしていくラミューテの美肌セットは、熟成ダマスクローズのローズウォーターを使用した製品です。

他の製品と違うのは、このダマスクローズのローズ由来の天然潤い成分が配合されているのはもちろんですが、このローズの香りが女性ホルモンのバランスも整えてくれるということです。

ホルモンバランスが崩れて調子が悪くなることがたまにある、という人はこちらの製品を使ってみるとまた違った効果を得ることができるかもしれません。

また、この美肌セットはパラペン、石油系合成界面活性剤なども配合されていないので安心して使うことができます。

定期半額コース8,550円(税抜) 販売元:ラ・ミューテ スタイル

公式サイトはこちら

化粧と肌荒れの関係②

肌荒れに関係するのは何もクレンジング関係だけではありません。

メイクに使っている化粧品なども肌に合わなければトラブルのもとであり、肌荒れの原因にもなってしまいます。

その化粧品、肌に合っている?

化粧品の配合されている成分というのは、メーカーによって様々です。

保湿成分だけでもたくさんの種類がある中、メーカーの中でもシリーズによっては配合されているものと配合されていないものもあったりするので、本当に自分に合うものであるかどうか判断するのが難しいところがあります。

しかし、クレンジング、洗顔、スキンケアをしっかりと行い、やり方も問題ないのであれば恐らく化粧品に含まれている成分が肌荒れの原因になっている可能性もあります。

肌荒れが起きた時には、クレンジング、洗顔、スキンケア用品を疑うとともに化粧品の成分も疑ってみるのもいいでしょう。

ちょっと待って!その成分は要注意!

化粧品の中で、この成分には注意しなければならないという成分があります。

大まかに言うと、パラペン、フェノキシエタノール、硫黄、石油系合成界面活性剤、アルコール、収れん成分と呼ばれるこれらの成分が入っているものは肌荒れの原因になりやすいものですので、注意しましょう。

パラペンは「パラオキシ安息香酸○○」という記載で表記されますが、エステルやエチルなど、成分の中でも様々な種類があります。

このパラペンというのは化粧品の防腐剤としての役割があり、少量で大きな効果を発揮してくれるのですが、アレルギーを引き起こしたり、肌荒れや吹き出物を誘発する可能性があるとして、指定成分に記載されています。

フェノキシエタノールは人工だけではなく緑茶などにも含まれている防腐剤の成分です。

天然にも存在している分、パラペンよりも殺菌力などは劣ってしまいますが、元々玉露に含まれている成分でもあるため、パラペンよりも良い印象があります。

しかし、その毒性はパラペンと同程度ありますので、こちらも肌荒れなどを誘発する可能性があります。

硫黄はニキビの予防や美白剤として使われることが多々ありますが、元々は石油の生成過程の脱硫装置から回収されたものです。

また、硫黄には皮脂を抑制して取り去る効果もありますので、肌を守るための最低限の皮脂さえ除去してしまい、肌の乾燥を招いたり、皮脂を過剰に分泌させてしまうことに繋がってしまい、肌荒れが悪化する可能性もあります。

特に大人ニキビに悩んでいる人は使用を注意しましょう。

石油系合成界面活性剤は肌のバリア機能である、角質層を壊してしまう上に肌に残りやすく中々無くならない成分でもあります。

他の天然成分による界面活性剤はともかく、この肌のトラブルを逆に悪化させかねない石油系の合成界面活性剤の配合しているものは使用を控えましょう。

化粧品に品質維持のために配合されるアルコールは、ほとんどが「○○エタノール」などの名称で配合されていますが、こういったアルコール成分が入った化粧品を使用した時に肌が赤くなったりする人はアルコールアレルギーの可能性があります。

日本人の約半数がアレルギーの素養を持っているため、こうしたアルコール成分でアレルギーを誘発する可能性があります。

収れん成分として化粧品に使われることが多いのはクエン酸、コハク酸、塩化ナトリウム、ミョウバンなどがあります。

皮脂分泌を抑えたり、肌を引き締める効果がありますがこうした成分はアルコール成分と共に使われることが多いため、敏感肌の人には強い刺激になりかねません。

自分の肌に合う化粧品を探そう

肌が荒れている時に化粧品を使うことで更に肌荒れが悪化してしまうという悪循環を起こしたことはありませんか?

肌荒れの時だからこそ、自分の肌のための化粧品を使うべき。

ここでは肌荒れの時に使えるメイク用コスメを解説していきます。

リプロスキン トラブル肌用CCクリーム

株式会社ピカイチが販売しているCCクリームですが、肌トラブルを起こしているお肌だけではなく、化粧が崩れやすいというお肌にも使うことができるCCクリームです。

大豆種子エキス、ヨーグルト液を配合したクリームですので、ターンオーバーを整えつつ促進させ、肌荒れの改善をしてくれます。

少量でもすぅっと伸びてくれる使いやすさ、使うことで肌荒れ改善と共に肌をしっとり潤わせてくれるCCクリームは早々ありません。

定期購入4,500円(税抜) 販売元:ピカイチ

公式サイトはこちら

リプロスキン トラブル肌用コンシーラー

ニキビを気にせずメイクを楽しみたい、という人におすすめのコンシーラーがこちらのリプロスキン、トラブル肌用コンシーラーです。

テカリをしっかりと防いでくれるのに、使い心地は決して重くないので、他のメイクと重ねて使う時に苦にならないところが人気です。

また、サリチル酸を配合しているので肌にも優しくも、ニキビの原因であるアクネ菌にもアプローチしてくれます。

定期購入7,500円(税抜) 販売元:ピカイチ

公式サイトはこちら

アヤナスBBクリーム

敏感肌の兆候が見えてしまうという肌の悩みがあるのであれば、しっかりとカバーしてくれるアヤナスのBBクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

保湿やUVケアはもちろん、外部刺激のブロックや毛穴補正など多くのケアをしてくれる高機能のBBクリームですので、これ一本でほとんどのサポートケアをしてくれます。

肌荒れの時にこのクリームを使うことで、肌を健康的に見せてくれるほか、肌にも優しいので気にすることなくメイクも行うこともできます。

期間限定価格3,519円(税抜) 販売元:decencia

公式サイトはこちら

オルビス スムースマットベース

肌荒れになると、メイクをしても毛穴が目立ってしまうというような人は多いでしょう。

そんな人はこのオルビスのスムースマットベースが良いかもしれません。

さらさらとした使い心地で、鼻や頬の気になる毛穴を即刻カバーし、テカリやヨレを防いでもくれます。

絶妙なベージュの配色で、気になる肌の黒ずみもカバーし、植物性の引き締め成分で化粧崩れも防ぐので、化粧崩れも気になるし、毛穴もカバーしたい、という人におすすめの下地です。

1,200円(税抜) 販売元:オルビス

公式サイトはこちら

休みの日はすっぴん?

あなたは休みの日もすっぴんでいますか?それとも簡単なベースメイクをして過ごしますか?

休みの日にベースメイクをするか否かでその肌の刺激も変わってきます。

家の中も刺激でいっぱい!

休日は家の事をゆったりと時間をかけてしたいですよね。

しかし、家の中でも肌に対する刺激はたくさんあります。

掃除や洗濯をするときに舞い上がるホコリは、肌に付着してダメージや汚れの原因になりますし、洗い物をするときの洗剤や油汚れもきちんと落としておかなければ肌へのダメージになりかねません。

休みの日でも軽くベースメイクはしておいて、なるべく肌へのダメージを抑えるようにしましょう。

すっぴんでいるなら贅沢ケアを

いつも化粧をしていて、すっぴんでいるときがほとんどないという人は、ぜひすっぴんでいるのであればいつもはできないお肌のケアをしてみてはいかがでしょう?

ゆっくりと時間をかけて入浴して汗をしっかりかいて新陳代謝を高めたり、マッサージやパックをしてみたりするのもいいでしょう。

また、フェイシャルエステをしてみることもいつもはできない贅沢ケアですね。

肌荒れしない化粧をマスターして美肌の道を!

肌荒れは誰もが悩んでしまう肌トラブルの一つですが、その原因である化粧などの関係をしっかりとマスターしておけばある程度は防いでいけるトラブルでもあります。

クレンジング、洗顔ももちろん大事ですが、肌荒れしないためには肌に合う化粧品などを選んでいくのも大事なことです。

あなたの肌が綺麗な肌でいられるように、肌に合った化粧品や化粧のやり方、洗顔、クレンジングを覚えていきましょう。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事