肌荒れ改善には運動不足の解消が必須!効果の理由とおすすめ&NG方法

肌荒れ改善には運動不足の解消が必須!効果の理由とおすすめ&NG方法

高価なスキンケア用品で念入りに手入れをしても改善しない肌荒れの原因は運動不足にあるかもしれません。肌荒れを解消するための運動について見ていきましょう!運動をすることは肌荒れの解消となるだけでなく、体全体の健やかさも保ちますよ。

肌荒れの原因がなんと運動不足!?

化粧品を高価なものに変えたり、保湿パックを念入りにしても改善されない肌荒れ。もしかしたらその原因は運動不足にあるのかも!?

ちょっと日頃の生活を振り返ってみてください。肌荒れ改善のために外側からのケアには一生懸命になっていて、体を動かす機会がほとんどない!なんていうことはありませんか?

美肌を保つには毎日の生活に運動を取り入れることも大切なんですよ!

はるこ先生
肌荒れ対策に重要なのはスキンケア!と思ってましたけど、運動しないことで肌荒れするなんて驚きですね!
はるこ先生
もちろんスキンケアによるお手入れはかかせないことよ!
でも、「運動」と「お肌」、あまり関係がないように思えるこの二つ、実は密接な関りがあるのね~。運動することでお肌にどんな効果があるのか教えるわね!

運動の肌荒れ5大効果

運動することは肌荒れ改善に効果的!実際に肌荒れが治ったと実感している人もいます。

はるこ先生
運動することで具体的には肌にどういう効果があるのでしょうか?そのメカニズムを見ていきましょう!

1.血行促進

体を動かすことで​筋肉がポンプの役割をして全身の血液の巡りが良くなります。血液には細胞に酸素や栄養を運ぶという役割があるので、血行が促進されると体のすみずみ、毛細血管のすみずみにまで十分な酸素や栄養が運ばれます。肌の栄養不足はニキビなどの肌荒れのもととなるので血行を良くすることは大切です。

2.代謝Up

血行が良くなり酸素や栄養が十分に行き届くと肌が新しい角質細胞を生み出す肌のターンオーバーが活性化します。

また、食べ物を消化する際や吸収する際にできてしまう老廃物は真皮細胞にある毛細血管を通して体外へ排出される​仕組みなのですが、血流が滞るとこの流れも滞ります。すると、老廃物が体に溜まってしまうので代謝が低下するということに。運動して血液の流れが良くなることで老廃物の排出がスムーズになり、代謝がアップするというわけです。

3.毛穴すっきり

運動して大量に汗をかくと毛穴の汚れも汗で流されてスッキリするような感覚がありますね。実際に汗をかく程度の運動は毛穴に詰まった角栓をきれいにする効果があります。ですが、実は汗が直接的に角栓を流しているわけではありません。汗の出る汗腺と、皮脂の分泌される毛穴とは別の穴なんです。でも、なぜ運動で毛穴がすっきりしてくるのかというと先程説明した「血行促進」と「代謝Up」が関係してきます。肌荒れの原因である毛穴を詰まらせる角栓はもとは肌に残った古い角質。肌の代謝が低下することで古い角質が肌に残り続けて毛穴を詰まらせてしまうので、運動によって血行促進して代謝をあげることで毛穴の詰まりが解消されます。ですので、運動には毛穴をスッキリさせる効果があるということなんですね。

4.ストレスもすっきり

運動を行っている時は体の動きそのものに意識がいくので抱えているストレスを忘れて没頭することができます。適度に体を動かすことは気分転換になりストレスの解消となるんですね。

人はストレスを感じると男性ホルモンが増加して、皮脂が過剰分泌します。必要以上の皮脂は肌の潤いを保つどころか毛穴の詰まりを引き起こし、ニキビの原因となります。ストレスを解消することでホルモンバランスも整って、肌荒れの原因となる過剰な皮脂分泌も落ち着くのです。

5.成長ホルモンの分泌

肌の弾力を保つのに必要であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する肌細胞を活性化する働きをするのが成長ホルモンです。「寝る子は育つ」といわれるように、この成長ホルモンは睡眠時に分泌が盛んになりますが、運動することでも分泌が促進されるんです。成長ホルモンの分泌量は20歳ごろをピークに急激に減少していくので運動による成長ホルモンの分泌はエイジングケアの面でも​有効と言えます。

はるこ先生
ここで紹介した効果は全て運動をすることで得られる効果です。つまり、運動不足になるとこうした効果を期待できないわけですから肌荒れしやすくなるということなんですね。

おすすめの運動は有酸素運動

アッキー
肌荒れ改善のために具体的にはどんな運動をすると効果的なんですか?
はるこ先生
おすすめは体に過度な負担がかからない有酸素運動よ!
ウォーキングやヨガなど、比較的簡単な運動なのでトライしやすいんじゃないかしら。

有酸素運動がニキビやニキビ跡に効果的なわけ

短距離走や筋力トレーニングなどの無酸素運動は過度に負担がかかり体内に活性酸素を発生させます。活性酸素は体内の酸化を促し肌の老化を促進させる物質なので、ニキビなどの肌トラブルが回復されにくくなります。なるべく心拍数を上げず楽にできる程度の有酸素運動はストレスがかからず全身の血流が良くなるので、お肌の再生やニキビを治すために必要な栄養素や酸素がしっかりと肌細胞に届けられます。そして肌の新陳代謝が活発になり、細胞の生まれ変わりによってニキビ跡が改善されるというわけです。

激しい運動である無酸素運動は肉体的なストレスにもなります。ストレスはホルモンバランスを乱して皮脂を過剰分泌させたり活性酸素を発生させます。ですから肌荒れ改善を目的に運動をするなら有酸素運動がおすすめです。

必要な運動量

肌荒れ改善を目的とした運動としておすすめなのはウォーキングやヨガです。体に負担を掛けすぎない程度に、体がポカポカと温まる程度の量を毎日続けることが理想です。
運動をするための時間を確保するのが難しい場合には、通勤や通学の際にわざと遠回りしてなるべく歩くように心がけたり、朝起きてから、もしくは入浴後、眠る前にベッドの上で簡単なストレッチをするだけでも効果があります。

運動する際の注意ポイント

・水を飲む…運動することで体は汗をかきます。ですので、運動の前にコップ1杯程度の水を飲んで汗をかくための水分補給をしておくと良いですね。汗をかくことで老廃物が排出され新陳代謝がアップするのでしっかり汗をかきましょう。また、運動の後にも失われた水分補給のためにお水を飲むようにしましょう。

・汗の拭き方…汗をタオルでふき取る際はゴシゴシとこすらないように、優しく押さえるように拭きましょう。肌を強くこするとその分、肌に負担となってしまうからです。タオルは綿、麻、マイクロファイバーなど素材は色々ありますが、自分にとって使い心地の良いものを選びましょう。ただし、注意したいのは柔軟剤の使用されていないタオルを使うこと。柔軟剤は汗の吸収が悪くなるので汗拭き用のタオルの洗濯には柔軟剤は使わないようにしてください。

・服装…運動する時に動きやすい服装にすることはもちろんですが、身に着ける衣類はできるだけゆったりとしたものを着用すると服と肌の摩擦が軽減されます。同様に髪の毛による刺激も肌荒れの原因となるので、髪が長ければ髪を束ねるなどしてなるべく顔に髪がかからないようにしましょう。

運動にも好転反応​がある

運動不足であった人が適度な運動を始めたときに肌荒れを起こしてしまう場合があります。実はこれ、肌がきれいになるサイン「好転反応」と呼ばれるものなんです。運動をして体内の循環が促進されることでこれまで体内に蓄積されていた老廃物が一時的に体内を巡ってしまうことになります。これは体が良い状態になろうとして、デトックスされている証拠なんですね。デトックスが効果的に行われると、好転反応​は必ず起きてしまうのですが一時的なものなので、そのあとは肌荒れが改善されていくはず。すぐにあきらめて運動をやめずにしばらく続けて様子を見るようにしましょう。

ニキビを治す体操も試してみよう

ニキビができる原因の一つにリンパの流れが滞っていることがあります。リンパは血管と同じように全身に張り巡​っていて老廃物を流す浄化システムのような働きをしています。

この体全体のリンパの流れを良くすることがニキビの改善に役立ちます。

おすすめは椅子に座ってできる「リンパ体操」

リンパ体操のやり方

1.つま先は床につけたまでかかとを上げ下ろしする​。左右10回程度。
■ふくらはぎを動かすことでリンパ液をポンプのように押し上げる効果があります。​

2.左足を椅子にのせて、左手でひざをささえながら右手で足首をつかんで横に倒して戻す。両足10回ずつ。
■足の付け根にもリンパ節があり、ここを刺激することで足全体のむくみが解消されます。

3.肩に軽く手を添えてひじを肩の高さに上げる。左側の脇を絞って、右の肘を上がる所まで上げる。左右交互に10回上げ下げする。

■なるべる首を動かさないようにすることで、首周りのリンパも刺激されより効果的。

【重要】ニキビ悪化を招く運動方法

運動をすることは肌荒れ改善につながる一方で、運動によって肌荒れが悪化した、という声も多く聞かれます。

アッキー
運動することで美肌を作れると思いきや、​運動による肌荒れを経験している人もいるとは驚きですね。そういえば、運動部など体を動かす機会も多いであろう10代に思春期ニキビが多いのも不思議なようにも思えます。運動することで本当にニキビが治るんでしょうか?

はるこ先生
たしかに、運動で肌荒れ改善を実感する人と悪化に悩む人の両方が存在するわ。どうやらその原因は肌荒れを悪化させる間違った運動の仕方をしていることにあるようなの。ニキビの悪化をさせる間違った運動方法について調べてみたわ。


化粧をしたまま運動する

最近は仕事帰りにジムに行って運動する女性も多いですよね。他人の目もあるし、メイクを落としてすっぴん状態で運動することに抵抗がある人も多いかもしれませんが、化粧をした状態で運動をするのは肌には悪影響です。運動すると体温が上昇してその熱を放出するために毛穴が広がります。するとファンデーションなどが毛穴の奥深くまで入り込んでしまい汗とまじりあって毛穴を詰まらせます。ですので、運動の前には必ず化粧を落としましょう。それでも、どうしてもノーメイクでの運動に抵抗がある、という人は運動した後にできるだけ早くメイクを落とすことと保湿ケアをしっかりすることを意識しましょう。

運動後の汗を放置する

運動によって汗をたくさんかくことは良いことですが、それをそのまま放置するのは肌荒れを招きます。汗をそのままにしておくと汗にホコリや雑菌など汚れが付着しますし、放置した汗はアンモニアを発生させます。これらが原因で肌に刺激となり、肌トラブルに発展してしまうのです。運動の後は吸水性の良いタオルですぐに汗を拭き取ることが大切です。

激しい運動

筋力トレーニングなど体に負荷のかかる激しい運動によって息を激しく吸うと活性酸素が大量に発生します。活性酸素というのは細胞を酸化させる働きがあり老化を促進するとされています。運動することによって呼吸量が増え活性酸素の増加するので、同じ運動でも短距離走や筋力トレーニングではなく、それほど呼吸の荒くならないウォーキングやヨガなどの運動をするようにしましょう。また、適度な運動はストレス解消に役立つ一方で、激しい運動はかえってストレスとなる場合もあります。ストレスによる肌への悪影響は「運動の肌荒れ5大効果」で、説明した通りです。

屋外で運動

外で体を動かすことはとても気持ちが良いですが、気をつけたいのは紫外線の影響です。紫外線はA波とB波の種類があり、それぞれ肌の表面と肌の奥の真皮に悪影響を及ぼします。紫外線によってダメージを受けた肌細胞は、メラニンを増加させシミの原因を作ったり肌の乾燥を引き起こしたりします。そんな肌への紫外線の影響を防ぐのに役立つのが日焼け止めです。しかし、運動中は汗によって日焼け止めが流れ落ちやすくなるのでこまめな塗り直しが必要です。また、紫外線は瞳からも入ってくるので、屋外で運動する場合にはサングラスを着用することをおすすめします。

寝る前に運動

眠る前に軽くストレッチをする程度なら問題ありませんが、寝る前に汗をかくほどの運動は体の体温を上昇させ脳や身体が興奮状態となります。すると眠り自体が浅くなり安眠できません。本来、睡眠中には細胞を修復する作用のある成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝を促すのですが眠りが浅くなると十分な修復作業が行われず日々の肌ダメージが蓄積されてしまいます。寝る前に激しい運動をすると睡眠の質が下がるので、どうしても行う場合は寝るまでに3時間以上あけるように時間の調整をしましょう。

運動にプラスしたい肌荒れ対策

アッキー
肌荒れ改善のための運動のやり方もわかったし、さっそく僕も有酸素運動をはじめます!
はるこ先生
それは良いわね!ただし、もちろん運動だけすれば美肌になれるということでないことは改めて知っておいてね!運動することは肌荒れ改善に役立つけど、正しいスキンケアや食事内容、睡眠などは美肌を保つために欠かせません!

 美肌の基本のスキンケア

まず美肌を保つために大切なことは「肌の保湿」です。正常な肌は角質細胞が潤いで満たされて隙間なく並ぶことで、ホコリや紫外線などの外部刺激から守っています。これを肌のバリア機能と言います。しかし肌が乾燥すると角質細胞が乱れて肌のバリア機能が低下してしまうのです。肌の乾燥状態が続くと髪の毛や衣類が当たったりする外部からの少しの刺激でも炎症を起こしやすくなる敏感肌へと症状が進みます。また、潤い不足になった肌を保湿しようと必要以上に皮脂が分泌することでニキビの原因にもなります。まずはしっかりと保湿のケアをしましょう。

おすすめスキンケアライン

■ノブAC
肌荒れや乾燥、さらに大人ニキビに悩める肌を低刺激性の優しい処方で潤いバランスの整った肌に導きます。リピジュアやヒアルロン酸などの保湿成分を配合しつつ、肌荒れ予防成分も入っているので敏感肌のためのニキビケアラインとなっています。​
​アイテム名有効成分​​効果​内容量​価格(税抜)
ACクレンジングジェル・感光素201号
・グリチルリチン酸2K​
ジェルタイプのメイク落として肌の潤いを守りながらやさしくメイクオフします。ニキビができにくいオイルフリー処方&アクネ菌の生育を抑える​抗菌成分を配合。110g2,000円​
​ACウォッシングフォーム・感光素201号
・グリチルリチン酸2K​​
​きめ細かくモチモチした泡で肌に優しく潤いを守りながら古い角質や毛穴の汚れ​を落とします。ニキビや肌荒れを防ぐ洗顔料です。​90g​2,000円
​ACフェイスローション・​感光素201号
・アラントイン
・塩酸ピリドキシン​
​ニキビのできにくいオイルフリー処方で肌に優しく潤いを与え、ニキビを防ぎます。肌荒れや乾燥、ニキビができやすい肌のことを考えた化粧水です。​120ml2,200円
​ACモイスチュアジェル​・​感光素201号
・アラントイン
・塩酸ピリドキシン​​
​肌を潤いのヴェールで守ってしっとり柔らかに整えます。伸びの良いオイルフリーの保湿ジェル。​40g​2,500円

■ラミューテ
「洗う」「潤す」「育み守る」、この3つのシンプルなステップでハリがあり潤った本来の美肌に導いてくれるスキンケアライン。女性ホルモンと肌の関係に着目して内側から美しく整えてくれるスキンケアは心まで癒してくれます。厳選した原料からオリジナルの蒸留・熟成法で作り上げた、美容成分が豊富で芳醇な香りが特徴の熟成ダマスクローズウォーター​が全ての製品に配合されています。
​アイテム名有効成分​​効果​内容量​価格(税抜)​
​ビオリズム洗顔フォーム・ナノコラーゲン
・ナノヒアルロン酸
・ダマスクウォーター​
​天然洗浄成分タルクで肌に負担を掛けずに汚れを落とし、肌の潤い200%アップ。​120g(約1.5~2ヶ月分)3,500円​
​エンリッチ化粧水​・ナノコラーゲン
・ナノヒアルロン酸
・ダマスクウォーター​​
・メバロノラクトロン
​ナノ化した保湿成分で肌のすみずみまで潤い補給。​100ml(約1.5~2ヶ月分)​​6,300円
​アドバンス保護美容液​・3種セラミド
プラセンタ
・ダマスクウォーター​​​
・ヘキサペプチド
・メバロノラクトロン​
肌に近い状態で配合した美容成分で肌を乾燥や刺激から守ります。さらに、​豊富な美容成分の働きによってハリや弾力を高めまて、その差、弾力値1.4倍に。翌朝のハリ感が違います。​30g(約1.5~2ヶ月分)​​​7,300円

ご購入はこちら


食べ物で体内からサポート

外側からだけでなく、毎日の食事で体の内側からも肌荒れ対策をすることは大切です。基本的にニキビなど肌荒れを起こしている人は便秘傾向にあることが多いので、腸内環境を整える栄養素がポイントとなってきます。抗酸化作用のあるポリフェノール肌のターンオーバーを整えるビタミン類なども積極的に摂りたい栄養素です。基本的にはタンパク質や野菜類をバランスよく摂る食生活が大切となってきますが、バランスの良い食事を摂ることがなかなか難しい場合にはサプリメントを上手にとり入れてみましょう。

サプリメントで手軽に肌荒れ対策

■きらりのおめぐ実

腸内環境を整えるビフィズス菌、そのビフィズス菌の働きをサポートするオリゴ糖、とうもろこし由来の食物繊維と豊富な栄養を含むクロレラで内側からキレイに。さらに強い還元力のあるクチナシの実、美容に欠かせないポリフェノールの一種レスベラトロールスーパーフルーツのマキベリーで内側からの強さを手助けします。美容を取り戻すビタミンも絶妙バランスで配合しているので、手軽に毎日のキレイをサポート。

​内容量​価格(税抜)​​お得に購入
​90粒(約1ヶ月分)​5,000円​定期コース申し込みで初回1,980円(税込み)

ご購入はこちら

■緑の知恵

悩みにアプローチする「しその葉エキス」、ポリフェノール豊富な「キウイ種子エキス」、イライラを癒す「アスパラガス」、美容成分「米セラミド」、そしてスッキリをサポートする「乳酸菌」「食物繊維」。さらにビタミン大豆イソフラボンなど素材そのままの力で、整え、守り、癒すというキレイのループを生み出します。

​内容量​価格(税抜)​お得に購入
​90粒​5,400円​定期コース申し込みで初回1,800円(税抜)
  • 効果あり
    30歳・女性
    ニキビに良いそうですが、私には便秘にも効きました。 効果ありだと思います。おすすめ。

    @cosme

  • 40歳・女性
    ニキビやニキビ跡に効きます。 一緒にニキビに効く化粧水もサンプル入れてくれていたので 併用しています。 中から外から効いてくれているように感じます^^

    @cosme

ご購入はこちら

毎日ぐっすり眠ろう

睡眠不足が肌荒れの原因となることは多くの方が知っていますよね。なぜ睡眠をしっかりとることで美肌になれるかというと、質の良い睡眠によって成長ホルモンをたくさん分泌させるからです。成長ホルモンには細胞を修復する働きがあるので肌のターンオーバーを活性化します。特に深い眠りの時に成長ホルモンの分泌が増加するのですが、人は眠りに入って3~4時間後に深い眠りに入るとされています。そのため、睡眠時間をしっかりと確保してぐっすりと眠ることが大切です。

ホルモンバランスにも気をつけて

肌荒れにはホルモンバランスを整えることも大切です。男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、女性ホルモンには皮脂を抑える働き、肌本来のバリア機能を強くする性質があるので、このふたつが理想的なバランスを保つことで肌荒れは改善します。しかし、ホルモンバランスはストレスや睡眠不足、生理などで簡単に乱れてしまいます。​ストレスを上手に解消しながら規則正しい生活を心掛けましょう。

適度な運動で肌荒れ改善しよう

肌荒れ改善のために効果的とされる有酸素運動はウォーキングやヨガなど、運動が苦手な人にも比較的簡単に取り入れられる運動です。時間がある時には集中的に運動して、忙しい時には短時間のストレッチをするなど無理なく続けることが大切です。適度な運動は体全体の健康にも役立ちますから、習慣づけて肌荒れ改善を目指しましょう。