NO IMAGE

頬の毛穴黒ずみをすっきり解消する方法~原因とタイプも要チェック~

頬の毛穴の黒ずみは気になりますよね。鼻の黒ずみの原因に似たものが多いのが現状です。それぞれの毛穴黒ずみの原因とメカニズム、黒ずみ対策の基本ケア方法や皮膚科による治療を確認して綺麗な肌へ導きましょう。おすすめアイテムも参考にしてみてくださいね

​頬の毛穴黒ずみって鼻と原因は同じ?

頬の毛穴黒ずみの原因は鼻と同じ?と考える人はいますよね。小鼻や頬似できた黒ずみの正体は角栓が関係していることが多く、似たような原因で引き起こされていることがあります。この角栓は酸化して黒くなると毛穴を目立たせてしまうのでイヤな存在になりますよね。角栓を取り除くために様々なお手入れを試している女性・男性は多いですよね。毛穴に角栓ができてしまうのは乾燥や保湿不足、過剰スキンケアが関係しているかもしれませんよ。

頬の毛穴黒ずみの原因

​頬に多い原因は毛穴の開き

頬に多い原因として知られているのが毛穴の開きです。毛穴の開きは肌に分泌される皮脂の量が増えて、毛穴に溜まってしまうことで引き起こされることが多くあります。毛穴にほこり・汚れ・皮脂・角質が詰まってしまうと角栓ができてしまいます。この角栓が空気に触れて酸化すると黒く見えてしまいます。酸化して黒くなった角栓は毛穴を刺激してしまいます。この、刺激から肌を守ろうとする働きがメラニンを生成してしまいさらに黒く見えるという悪循環を引き起こします。

角栓は放置すると、そこに皮脂が絡みつくことでより角栓が大きくなります。毛穴の開きがどんどんとひどくなってさらに角栓ができやすくなるという悪循環も作り出してしまいます。​

乾燥毛穴タイプ

​セラミドなどの保湿成分が肌から不足してしまうと肌が乾燥していきます。肌のキメも粗くなるだけではなく、ターンオーバーもどんどんと早くなっていきます。角質層に不健康になってしまった細胞が多数あることで、毛穴周辺の皮膚がヨレてきてしまいます。結果的に毛穴が開いていく、目立つようになってしまいます。こうなってくると角栓もできやすくなって黒ずみになりやすくなります。

乾燥毛穴チェック

  • さっぱり系のスキンケアが好きか
  • 洗顔料を泡立てていないことが多いか
  • 頬の毛穴が目立つか
  • 冬になると毛穴が目立ちやすくなるか
  • 定期的に毛穴パックをしているか

 これらに当てはまる場合には乾燥毛穴の場合があります。さっぱり系のスキンケアは保湿力が物足りなくなっていることがあり乾燥につながります。定期的に毛穴パックをしている場合も、肌への負担となって乾燥毛穴に繋がっているケースがあります。毛穴の状態に合わせてケアをするのが好ましいですね。

たるみ毛穴タイプ

紫外線に無防備のまま年齢を重ねるごとに目立ってきてしまうのがたるみ毛穴タイプです。開いていた毛穴だけではなく、年齢によってたるんだ肌に引っ張られるように広がってしまうのがたるみ毛穴の特徴です。真皮層の成分は加齢によって減少してしまいます。年齢を重ねるごとに皮膚の土台が緩み、肌のたるみと一緒にたるみ毛穴を引き起こします。たるみ毛穴の場合も角栓ができやすくなるので黒ずみが目立ってしまいます。

たるみ毛穴チェック

  • 小鼻の脇から頬に向けて広がっているか
  • 楕円(だえん)形の毛穴になっていないか
  • 肌を引っ張ると見えなくなるか
  • ストレスをよく感じていないか
  • 紫外線を気にしていなかった時期が多いか

このチェックリストに当てはまる項目が多ければ多いほど、たるみ毛穴と言えます。 ストレスによっても肌の活性酸素によってたるみを引き起こしてしまうので、近年の女性・男性に多い毛穴タイプと言えますね。

皮脂過剰タイプ

皮脂の本来の役割は肌の潤いを守る、肌のバリア機能を整えるものです。しかし、皮脂腺がなんらかの理由で発達してしまい皮脂過剰が引き起こされてしまうと皮脂の出口も大きくなってしまいます。皮脂の量が増えるだけではなく、毛穴が丸く開いて目立ちやすくなってしまうのです。一般的にオイリー肌の人や混合肌で皮脂が気になりやすい人に多く、毛穴が開いてしまっているので角栓ができやすくなってしまっています。皮脂の酸化も起きやすく黒ずみも目立ちやすいということになりますね。

皮脂過剰チェック

  • 毛穴が丸く開いているか
  • 触るとザラザラしていないか
  • 黒ずみが気になるか
  • 油分が好きか
  • 朝、顔がテカっているか

 皮脂腺が発達しているので毛穴が丸く広がってしまっています。黒ずみにもなりやすく、皮脂の分泌が多いので朝に顔がテカっているというケースもあります。食事での油分摂取が多い人も皮脂過剰が引き起こされるので注意しておきましょう。

酸化し黒ずんだ角栓

​最初は皮脂・角質・汚れなどが混ざってつまり角栓を引き起こします。この角栓が長時間肌に残っていると乾燥して硬くなります。そこから少しずつ酸化がすすむことで黒ずんだ角栓となってしまいます。鼻の周りは空気抵抗などや摩擦を受けやすいので、他の部分よりも酸化が早くなる特徴があるので注意が必要です。

はるこ先生
酸化して黒ずんだ角栓は硬くなって落としにくくなるの!
そこにアクネ菌が大量に発生してしまうと炎症がひきおこされてニキビへと変わってしまうので黒ずみと一緒にニキビに悩んでしまう人が多いのね。

 色素沈着

​ニキビ跡が原因によって引き起こされている色素沈着は赤かったり、茶色かったりするものです。このような色素沈着は炎症性色素沈着とよばれており、放置した分だけ改善が難しくなるので早めの対処が必要となります。紫外線や外部刺激、摩擦による色素沈着の場合はメラニンによって茶色いシミとなってしまいます。日々のスキンケアによって引き起こされている、紫外線対策ができていないという場合には頬の黒ずみの原因となっている場合があります。

アッキー
うーん…毎日のケアだけではなく今までのケアや失敗の蓄積が黒ずみの原因となっているのですね。
僕も考え直さなきゃ…
はるこ先生
どのような黒ずみもいきなりできたものではなく、小さな積み重ねでできているものが多いのね。アッキーも何か当てはまるものがあったかしら?今後の見直しのためにもしっかりと対策を一緒に確認していきましょう!

 黒ずみ対策①毛穴の開き解消

​乾燥させないケアが重要

​毛穴の開きなどの悩みを抱えている人の中には、肌がべたつくのが嫌だからという理由で保湿が十分ではない人もいるようです。また、保湿はできていても、水分を保持できていないケースも考えられます。しかし、毛穴の開きに限らずどのような毛穴の状態も改善するためには保湿が特に重要です。肌トラブルを避けて綺麗な肌に整えるには乾燥させないケアがとても重要となります。

アッキー
年齢だけではなく普段の洗顔などでも肌に負担をかけて潤いを逃しているかもしれないですね…
はるこ先生
良いところに気づいたわねアッキー。潤いを逃している原因には洗顔も大きく関わってくるの。それぞれのやり方や頻度、こだわりといったものがあるわよね?目的は同じでも毛穴の開きや黒ずみに繋がってしまっていることがあるの。
日頃の洗顔を見直すにはまず、基本から確認するのがベストよ!

基本の洗顔方法と保湿ケア

​乾燥毛穴タイプの人の場合は基本の洗顔方法と保湿ケアを見直してしっかりと潤いを肌に保ってあげるだけでも大きな改善ができます。普段のケアでの保湿が十分にできていない、肌を乾燥させてしまっていることが原因となっているので基本に忠実にすることが綺麗な肌へ繋がるのですね。

洗顔方法

​洗顔で必要なのは汚れを洗い流すというだけではなりません。毛穴の開きや黒ずみ、乾燥を改善する洗顔に大切な要素は肌に負担をかけず潤いを逃さない​というのがとても重要です。そこで必要なのが洗顔料を選ぶという点です。朝と夜の洗顔を基本とすると、朝は肌の潤いを落としすぎて乾燥に繋がってしまう原因となるクレンジングは必要ないとされています。夜の場合はホコリ、化学物質、メイクなどで汚れが溜まっているので適度に落とすためにもクレンジングが必要となります。クレンジングの後は石鹸が洗顔料をよく泡立てて優しく洗いましょう。

乾燥してしまうクレンジング剤の特徴

  • 濃いメイクが簡単に洗い流せるもの
  • 軽く拭くだけで簡単に汚れが落ちるもの
  • 毛穴汚れ・角栓が落ちるもの
  • 濡れた手でも使えるもの

これらの特徴をもったものは肌の乾燥に繋がってしまいます。強すぎるクレンジングは角質層のセラミドなどを洗い流して乾燥させてしまうので見直してみる必要があります。また、洗顔料も洗浄力が強いものがあるので自分の肌に合った洗浄力のものを選ぶのが良いとされています。

はるこ先生
洗顔料を選ぶところから洗顔は始まっているの!
表に肌質別の洗顔料の選び方をまとめてみたから参考にしてみてね。


​普通肌特に肌トラブルを抱えていない人は価格や製品のイメージなど好みのものを選んでも問題ないことが多いです。しかし、洗浄力が強すぎると敏感肌・乾燥肌になることがあるので適度な洗浄力のものを選ぶようにしましょう。普段使っているものが問題なければ、そのままでも良いですね。​
​乾燥肌乾燥肌の人の場合は今以上に乾燥を悪化させないようにしなくてはいけません。おすすめなのはアミノ酸系洗浄成分が使われていて、泡立ちの良いものとされています。洗浄力が強すぎる洗顔よりも、程よい洗浄力のアミノ酸系で汚れを落として保湿につなげていきましょう。​
​敏感肌​敏感肌の人は刺激にもっとも注意しなくてはいけません。多くの洗顔料は刺激が強く悪化してしまうことがありますが、石鹸タイプは低刺激で自然由来成分のものが多いので肌の負担を軽減して汚れを落とせるのでおすすめです。洗顔の段階で敏感肌の改善をしていきましょう。
​脂性肌脂性肌の人の場合は過剰気味の皮脂をしっかりと除去してあげる必要があります。洗浄力が強いものというだけではなく、泡立ちのよさ、毛穴の奥まで入り込んでくれる粒子が細かい泡の洗顔料を使いましょう。洗浄力にこだわりすぎて、石油系の合成界面活性剤のように洗浄力が強すぎるものは避けないといけません。本来の肌のバリア機能や水分まで失うことがあります。
ニキビ肌​​ニキビ肌の人は不要な刺激をできるだけ避けながら、皮脂汚れや角質のつまりの除去が必要です。泡の持ちが良いものやニキビ肌向けに作られている洗顔料から選ぶようにしましょう。皮脂をしっかりと落とせる・刺激の強すぎないものだとアミノ酸系洗浄成分などがおすすめです。

アッキー
なるほど…
肌質に合わせて洗顔料を準備するのも大切なことなんですね。自分の肌に合った洗顔料を選べるように毎日、肌の調子を見ていくのも良いかも。

  具体的な手順や注意点

  1. 手を洗う
  2. 洗顔料を泡立てる
  3. Tゾーンからスタートして洗う
  4. 目元・口元は泡を乗せるだけ
  5. 20回以上すすぐ
  6. タオルで押さえて拭く
  7. すぐに保湿する

これが基本的な洗顔方法です。脂性肌の人はTゾーンの皮脂が多い部分を入念に洗ってしまいますが、それが刺激となってしまい肌トラブルの原因となるので乗せるだけにしておきましょう。どの肌質でも過剰に皮脂を摂りすぎてしまうと、外的刺激から守るために角質が厚くなり、毛穴やニキビが目立つ・皮脂過剰になりやすくなるという状態が引き起こされます。乾燥がひどい場合には夜1回のみの洗顔にするなどの工夫もしてみましょう。

おすすめな洗顔【どろあわわ】

​しっかりと汚れを落として、洗顔をしながら潤いを与えてくれるのがどろあわわです。2種類の泥のちからによって毛穴の汚れと黒ずみをしっかりと落とすだけではなく、泡立ちが良いので肌を守りながら洗うことができます。しっかりと洗ったあとは、含まれている成分がしっかりと保湿をしてくれるので普段の洗顔よりもしっとりとした洗い上がりになるのが魅力のひとつです。

どろあわわの公式サイトはコチラ

保湿ケア

​肌を保湿するためには、水分だけではなく肌の水分を保持する働きを持つものを与えてあげる必要があります。細胞間脂質の主成分とされているセラミドは、肌の保湿成分が高いことで知られているのでしっかりと配合されているものを選ぶようにしましょう。セラミドには種類があり、最も保湿効果が高いのがヒト型セラミドとよばれるもの、化粧品成分名にするとセラミド2・セラミド3・セラミド6と表示されているものです。他にも、プロリン、アルギニンといったアミノ酸やPCA(ピロリドンカルボン酸)も高い保湿効果があります。これらの成分が入ったものを選ぶとしっかりとした保湿が可能です。これらの確認ができたら正しく保湿するためにも、化粧水などの順番を確認しておきましょう。

  1. ​​化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

このような順番で保湿していきましょう。保湿をする際にはつけすぎない・塗りすぎないようにしましょう。角質層がふやけて傷つきやすくなります。記載されている量を守るようにしましょう。乳液、クリームの場合は油分が多いのでTゾーンなどは控えめにするようにしておきます。また、肌の状態は季節・体調・年齢によって変化するので付け方を今の状態に合わせて変えられるようにするのがベストです。

おすすめ保湿シリーズ【エトヴォス】

​エトヴォスには人の肌にもともとあるとされているセラミドを配合しているので規則正しいセラミドの配列に近づけてくれます。セラミドが規則正しく並んでいると水分蒸発を防ぐバリア機能を果たしてくれるので角質層の潤いが保たれます。減少したセラミドは化粧品で補えるので、しっかりと化粧品を選ぶのがコツですね。セラミド補給こそスキンケアの基礎という概念から作られているエトヴォスはおすすめです。

【公式】エトヴォスシリーズについてはコチラ

ひどい乾燥タイプは水洗顔を

​ひどい乾燥肌や敏感肌の人の場合は、肌の状況が悪くなっているのにもかかわらず栄養成分や美容成分を重ねていく足し算の美容法を一度見直す必要があります。余計な刺激を一切与えず肌そのものの正常な状態を取り戻すことを目的としているのが水洗顔です。洗顔料の使用を控えて洗い過ぎを防ぎ、ターンオーバーを正常な状態に近づけることができるので自らのちからを取り戻して乾燥肌と敏感肌の改善する効果も期待できます。

実際の方法

​水洗顔を行う場合は朝を基本としておきましょう。夜の洗顔では昼間の汚れやメイク汚れなどを落とす必要があるためです。水洗顔を朝限定の習慣にして、夜は洗顔料を使うという方法でも十分に効果を感じることができます。

  1. 手を綺麗にする
  2. 水で洗顔をする
  3. タオルで押さえながら拭く
  4. 化粧水などは一切使用しない

これだけです。両手で水をすくって顔につける感覚で約20〜30回を目安にすすぐだけでOKです。ベタつきを感じる部分は優しく撫でるようにすると良いですね。水の温度は約​32℃前後が良いとされているので、手で触るとちょっと冷たいくらいという感覚を覚えておきましょう。

たるみタイプにはエイジングケアを+

​たるみタイプの場合はエイジングケアをプラスすることで、肌のハリとツヤを取り戻すのが効果的です。そんな時に役立つのがオルビスユーシリーズです。肌の悩みで化粧品を変えるのではなく、化粧品が肌に合わせて効果を変える次世代スキンケアとして注目されているのがオルビスユーシリーズ。皮膚科学の観点だけではなく、視覚的なものまで考慮して作られているのも人気の秘密です。

オルビスユーシリーズの特徴

  • ヒートショックプロテイン配合
  • 潤いとハリを与える
  • くすみやたるみの改善
  • 多くの肌トラブルの改善
  • トータルケアができる

肌の本当の弱点を見つけてケアをするので、エイジングケアのみならず様々な肌の悩みに効果的です。トライアルセットもあるので、自分に合った化粧品なのかどうかを確認できるのも良いですね。

はるこ先生
たるみ毛穴の人の場合は肌のハリが失われていることが多いの。普段のケアにエイジングケアを取り入れることで肌本来のちからを取り戻してあげるのが効果的ね!

オルビスユートライアルセットについてはコチラ

皮脂過剰タイプにはビタミンC誘導体を+

​皮脂過剰タイプの場合にはビタミンC誘導体をプラスすることで、保湿成分や美容成分をしっかりと届けてあげるだけではなくニキビケアが効果的とされています。そこでおすすめなのがシーボディVCローションです。大人ニキビや思春期ニキビ、ニキビ跡といった多くのニキビ関係に効果的なだけではなく、ニキビが出来にくい肌へと導いてくれます。シーボディVCローションに配合されているビタミンC誘導体は安定していて浸透も早く、効率的になっているので他のものと比べても良いと人気です。

シーボディVCローションの特徴

  • こだわりの美容液成分をたっぷり配合
  • 幅広いニキビケア
  • ニキビの予防にも効果的
  • 負担のかかる成分を徹底除去

ニキビに有効的な成分をビタミンC誘導体によってしっかりと肌に届けてくれるので肌質の改善と代謝リズムを取り戻す効果が期待できます。敏感肌の人にも嬉しい負担のかかる成分を出来る限り除去しているので安心してつかうことが出来るとして人気が出ています。

アッキー
皮脂過剰の人はインナードライの可能性もありますが、しっかりと潤い肌質の改善をしてくれるのでニキビだけではなくインナードライへの効果も期待できそうですね。普段のケアから見直してみましょう。

シーボディVCローションについてはコチラ

黒ずみ対策②黒ずみ角栓の除去

​黒ずみ角栓の除去は基本の洗顔・保湿ケアができている状態から初めてみましょう。しっかりと基本ができている状態から始めると黒ずみの除去の負担が減るだけではなく、最も効果的に行うことができます。また、基本の方法は肌質の改善につながりターンオーバーを正常化してくれます。角栓は本来ならばターンオーバーによって正常に排出されるものなので無理に除去する必要はありません。つまり、ターンオーバーが正常であれば予防にも効果が期待できるだけではなく黒ずみ角栓の除去にも効果が期待できるということになりますね。

アッキー
基本の方法で角栓が除去できるならば黒ずみ角栓の除去は必要ないと感じるのですがどうなんでしょうか?
はるこ先生
アッキーいい質問ね。実は時間の経ってしまった黒ずみ角栓は基本の洗顔と保湿では除去できないものがあるの。
そんな時に+αで出来るケアの出番ね!気になる黒ずみ角栓を除去してしまいましょ。

 ピーリング

古くなった角質や黒ずみ角栓の除去に効果的なのがピーリングと言われています。蓄積してしまうと肌のくすみやざらつきだけではなく、化粧品の浸透まで低下してしまうからこそ+αとして活躍します。ピーリングオフすることで美容成分や保湿成分が角質層に浸透しやすくなるほか、黒ずみやくすみなどに効果的なのが知られています。ピーリングはエステなどでもできますが、ホームケアで行う方法もあります。難しそうと感じるかもしれませんが、簡単にできるおすすめなアイテムとしてピールローションがおすすめです。

ピールローションの特徴

  • 高濃度果実抽出液配合
  • 6種のフリー処方で肌に優しい
  • いつもの洗顔にプラスするだけ

コットンなしでも使うことができるのでエイジングケアにも簡単に使えます。他のピーリングと違って刺激が少なく毎日使うことができるので期間などの心配もありません。初心者でも簡単に扱えることから芸能人やモデルの人でも愛用の人が多くいます。

はるこ先生
従来のピーリングは連続しての使用で肌に負担がかかるものが多くあるの。このピールローションなら普段の基本的な洗顔にプラスするだけで簡単につかえるのが大きなメリットね!

【公式】ピールローションについてはコチラ

酵素洗顔

​酵素洗顔は美容クリニックで行うピーリングやピーリングコスメのように、角栓などの毛穴つまりの除去効果があります。タンパク質を分解する働きがあるので、古い角質や皮脂つまりを剥がれやすくして洗い流すという原理があります。植物性の酵素を配合して作られた洗顔で、パウダー状のものが多く販売されています。適量を手にとって良く泡立ててからつかうもので、通常の洗顔と同じような方法で使えることから人気があります。

注意点として通常の洗顔よりも汚れは綺麗に落ちますが、その分刺激が強いので場合によっては肌に合わないというケースも出てきます。また、よく泡立ててから使わないと肌への刺激が強すぎてしまうこともあります。強くこすらず優しく洗うようにするのも大切です。酵素洗顔を行ったあとは通常の洗顔と同じようにしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。

【要注意】間違った顔の黒ずみの取り方

角栓を無理にとろうとすると逆に肌を傷めてしまい、トラブルになってしまうこともあります。​黒ずみはどうしても目についてしまうものなので、様々な取り方がインターネットなどでも紹介されていますよね。確かに角栓を取り除く方法は色々ありますが、そもそもその方法で取れるのかどうかなど不安が多くありますよね。 方法によっては顔の黒ずみが取れてもデメリットがあるケースも多くあるものです。どのような方法で取ったとしても基本的な解決をしなければ効果はありません。基本的な解決になる方法を行うようにしましょう。以下で紹介するものはデメリットが大きく間違った黒ずみの取り方の代表例です。

オロナイン

​オロナインパックで鼻の毛穴もすっきり取れるという話を聞いたことがありますか?気軽にチャレンジできるので多くの人が試したとされている方法です。これはオロナイン軟膏に含まれているオリーブ油によって毛穴の角栓を乳化して取り除いてくれるためです。角栓の除去とオロナイン軟膏本来の殺菌・抗菌作用によって綺麗に取り除くことができるので、オロナインのあとに鼻パックなどを行いごっそりと角栓を除去することも可能です。

ここで問題になるのが、角栓がごっそりとれた後の肌の状態です。角栓が取れた肌には大きな角栓がなくなった跡である穴の空いた状態となります。角栓を抜いただけでは毛穴は簡単に小さくなってくれないだけではなく、またそこに角栓が出来る可能性がとても高くなります。また、角質や角栓だけではなく表皮をも剥がしてしまう可能性も高くなります。本来の使い方ではないオロナインの使い方によって肌にいる常在菌まで殺菌してしまいバリア機能の低下を招くこともあります。毛穴ケアの商品ではないということをしっかりと覚えておきましょう。

綿棒

​綿棒とオリーブオイルなどを使って気になる黒ずみの部分を直接くるくるとなじませるだけで取れるという方法です。この方法ではオイルが少なすぎると肌への負担が大きくなり赤くなるだけではなく悪化してしまうことがあります。また、力加減を間違えて綿棒を使うと同じように肌を傷つけてしまうことがあります。綿棒を使って角栓を押し出してしまうのも無理に除去することとなり毛穴が広がってしまいます。確かに黒ずみは除去できますが、その後の肌の状態は今後また角栓が出来る状態のままになってしまうのでおすすめできません。

はるこ先生
オロナインの場合は正しい使い方ではありません。また、綿棒を使った方法も肌に負担をかけてしまうの。根本的な肌質の改善をしないとまた黒ずみができてしまうので一時的な効果しかないのね!
普段のケアから基本的な解決をしていくようにしましょ。

 黒ずみ対策③色素沈着を改善

​色素沈着を改善する方法も基本の洗顔・保湿ケアに+αで行えるものなのでしっかりと基礎を作ってから行うようにしましょう。基本的な洗顔、保湿ができていればターンオーバーが正常化しているので色素沈着も少しずつ綺麗になっていきます。シミやくすみにも効果があるのですが、濃くなってしまった色素沈着やくすみ、シミなどには+αのケアでアプローチしてみましょう。

美白ケア

​美白ケアを行うことで綺麗な肌へ導いてあげることも必要となってくると思います。そこで、有効的な代表成分を覚えておくと化粧品選びが楽になるのでまずは確認してみましょう。

​アルブチン
メラニン生成の抑制効果​
エラグ酸​メラニン生成の抑制効果・肌の老化を防ぐ​
カモミラET​シミの原因となるエンドセリン抑制​
t-AMCHA​紫外線によるシミの予防​
トラネキサム酸​メラニン色素沈着の予防・肝斑にも効果アリ​
ビタミンC誘導体​抗酸化作用・チロシナーゼの抑制・シミやそばかす予防​
​プラセンタエキス​メラニン生成の抑制効果・代謝UP・アンチエイジング効果
​リノール酸​メラニン生成促進効果のチロシナーゼを抑制
​ルシノールメラニンの生成酵素を阻害・シミや黒ずみの予防​

これらの成分は厚生労働省に認められている美白成分なので自分の目的にあった成分が含まれている美白化粧品を選ぶようにしてみましょう。これらの成分が含まれている美白化粧品でおすすめなのがビーグレン-QuSomeホワイトエッセンスです。紫外線のダメージを肌に残さないように処方されており、日中から使えるハイドロキノン効果として注目されています。シミ・そばかす・肝斑・色素沈着に効果的なので透明感のある肌へ導いてくれます。

ビーグレンについてはコチラをチェック!

皮膚科で毛穴の黒ずみを取る方法

​ケミカルピーリング

​ケミカルピーリングとは効果的なニキビのち療法のひとつとして知られている方法です。毛穴の黒ずみに効果的な理由はグリコール酸や乳酸、フルーツ酸等の薬剤を肌に塗って毛穴の中に詰まっている角栓老廃物や古い角質を溶かして取り除くためです。肌の代謝も良くなり、綺麗な皮膚への肌サイクルを整えてくれるだけではなく、ニキビ・シミ・たるみにも効果があるとして注目されています。

ケミカルピーリングは受ける場所によって費用も変わってきます。皮膚科の場合は保険適応内で施術を受けることができます。一番安くケミカルピーリングを受けられる可能性が高い場所ですね。場合によっては保険適応外の可能性もあるので事前に確認しておくとスムーズに受けられます。価格は平均で約10,000円〜20,000円程度です。何度か受けることになるのでもっとかかる可能性もあるので、説明はしっかりと受けておきましょう。デメリットとしては回数通わなければいけない、費用がかさんでしまうという点が考えられます。

レーザー

​毛穴が開いてしまった肌はなかなか治らないものとして考えられたのがレーザー治療です。毛穴の黒ずみや開きにとても効果があるものとして知られています。肌を入れ替えるレーザーや黒ずみを除去するレーザーなどの種類を使用して日頃のケアでは届かないところまでしっかりと治療をおこなうことができます。また、黒ずみが起きにくくなるだけではなく毛穴がしまった美肌へと改善が期待できます。

レーザーでの治療は即効性があり、短時間で悩みの解決ができるという長所があります。施術の内容によっては保険適応になりますが、場合によっては保険適応外になることもあるので事前に確認しておきましょう。価格は平均で約5,000円から10,000円程度です。レーザー治療の場合も何度か受けることになりますが、ケミカルピーリングよりも回数がすくなく費用と時間が抑えられます。術後のアフターケアを徹底しなければいけないデメリットがあります。

おすすめの皮膚科

​中島皮フ科

ホームケアだけではカバーできない肌ダメージに効果的な専門的なケアが受けられるとしておすすめなのが中島皮フ科です。乾燥・シミ・シワ・たるみなどに効果のある専門的なケアによって結果的に毛穴へのアプローチも期待できます。普段のケアではどうしても対処しにくい部分のケアを独自のビタミンA導入治療によって改善してくれるだけではなく、専門ならではの意見を聴くことができるのも人気の秘密です。

【公式】中島皮フ科についてはコチラをチェック

体の中からも毛穴対策

​食事で対策

角栓などができにくくなる食事として心がけたいのが野菜中心の食生活です。炭水化物も元をたどると糖質なので摂りすぎてしまうと皮脂の分泌を促してしまいます。ラーメンなどは油っぽいものが多いので角栓などの原因となってしまうことがあります。野菜中心の食生活を心がけながらビタミンC、ビタミB2、ビタミンB6を中心に栄養素を摂っていきましょう。ビタミンCの場合はコラーゲンの分泌を高めてくれる効果も期待できます。

ビタミンC​いちご・ほうれん草・カリフラワー・柿・小松菜・ブロッコリー​
​ビタミンB2​納豆・牛レバー・豚レバー・鶏レバー・うなぎ・鯖
ビタミンB6​​牛乳・豆腐・バナナ・かつお・鮭

​これらの栄養素が食事からが難しい時はサプリメントで補給するのも効果的です。逆に皮脂の分泌を過剰にしてしまう食べ物として油っぽい食べ物があります。フライドポテト・唐揚げなどの揚げ物、ポテトチップスなどのスナック菓子やナッツ類は避けるようにしましょう。また、糖分を多く含むものも皮脂過剰を引き起こします。ケーキ・チョコレートなどの甘いものには気をつけてくださいね。

睡眠で対策

​睡眠が十分ではない場合には肌トラブルの原因となります。肌と睡眠には密接な関係があり、の良い睡眠は美肌づくりに必須なので夜10時から深夜2時の間には十分な睡眠をとるようにしましょう。睡眠が大切だからといっても寝すぎてしまうと体のリズムを悪くしてしまうので毎日規則正しい睡眠時間と適切な睡眠量をとれるようにしましょう。

アッキー
日常生活でも対策ができますよ。
毛穴などが気になるときにも手で触らない、化粧直しにはナチュラルメイクを心がける、Tゾーンの油がきになったら優しくオフしておくなどのことがありますね。
普段の生活から美肌作りを楽しんで行うのも良いかも!

 他にもある、頬が黒ずむ原因

​病気

頬が黒ずむ原因には病気が隠されているケースもあります。代表的なものは黒色表皮種と呼ばれる黒い肌になってしまう色素沈着の発疹です。良性・悪性・仮性のものがあり肥満の人に多いのが仮性黒色表皮種とされています。血中のインスリン濃度で不適当に高い場合は皮膚細胞が異常増殖してしまい黒い肌になってしまいます。内蔵悪性腫瘍になっている可能性があるので皮膚科の受診が勧められています。

肥満

​先程少し触れましたが肥満の人には黒色表皮種によって肌が黒いケースがあります。ホルモンバランスを崩した場合、血中のインスリン濃度が高い人の場合は黒色表皮種の可能性が高いとされています。糖尿病なども黒色表皮種を引き起こす要素となります。また、血流やリンパの流れが悪いので血行不良を引き起こしてうっ血していることもあります。肥満の改善や皮膚科による治療で治るケースが多くあるのでまずは自分の状態を書くにしてもらいましょう。

男性に多い埋没毛

​男性が特に多いとされているのが埋没毛です。脱毛、剃毛、除毛などの処理のあとに何らかの原因によって皮膚内で体毛が成長してしまった状態です。皮膚内で成長している毛によって皮膚が黒いように見えてしまいますが、正しい処理によって綺麗に治すことも可能とされています。男性の場合は顔の毛も濃いことからこの埋没毛が引き起こされやすいのでもしかしたら黒ずみの原因となっているかもしれません。

毛穴の黒ずみタイプをしっかり見極めて

​自分の毛穴の黒ずみのタイプを見極めてその状態に合った方法のケアをすることが重要となってきます。普段のスキンケアを見直すだけではなく、+αの方法や病気による可能性もしっかりと見極めてあげる必要があります。頬の黒ずみが気になってもすぐにケアが出来るものは少ないので時間をかけてゆっくりと肌を育ててあげるようにしましょう。